今までの愛車たち、車買取り


Dreams!夢あるカーライフ-新車値引き&車の買い方                    車値引きと維持費節約

トップ>今までの愛車たち


-- 今までの愛車たち --

ここでは管理人が乗り継いできた愛車たちを紹介します。みんな良い車たちでした。いつの日かまた・・

昭和56年式のスターレットです。
型式はKP61。FRのスターレットです。

免許を取って初めての愛車でした。峠を走りたい!いつかはドリフトしたい!と思ってFRの車を選びました。

当時中古で26万だったと思います。
初めて持った自分の愛車だったので、うれしくて毎日夜中まで走らせていました。

ただ運転するだけで楽しかった時代ですね。

 

平成元年式のシルビアです。グレードはNAエンジンの
QS’。型式はS13です。

初めての新車でした。当時シルビアは大人気で、注文してから納車まで3ヶ月掛かりました。

スタイルがとても気に入っていて、かっこ良かったですね。

これも駆動方式はFR。ドリフトの練習も良くやりました

 

 

画像のカウンタックは本物ですが、所有していたのはカウンタックのレプリカです。^^;

ポンティアック フィエロと言う車がベースで、アメリカで作られていました。

ミッションはATでした。最初は注目も浴びて楽しかったのですが、故障も多くて1年も経たないうちに売ってしまいました。。

 

平成4年式のRX−7です。型式はFD3S。
2台目の新車です。この車が一番長く乗った車で、約6年間乗りました。

この車は速かったですね。初めて峠に行った時にはそのコーナリング性能に驚き、感動しました。

まさにカミソリのような切れるコーナリングです。

私の腕では乗りこなせなかったでしょうが、楽しく一番思い出のある愛車です。

 

平成10年式のトヨタガイアです。
子供が生まれてFDでは狭くなり、購入した車です。

これまで乗ってきた車の中で一番室内が広かったので、快適でした。

しかし運転しているとちっとも面白くない。。

乗り心地やスペースユーティリティなど、ミニバンの中では一番気に入っていましたが、またマニュアルのスポーツカーに乗りたい!という私のわがままで、1年足らずで我が家を去っていきました。。

 

平成11年式のシビックタイプRです。
型式はGF−EK9。

4人がゆったり乗れて、なおかつスポーティな車を探していたらこの車に行き着きました。

後席はシビックと言う事で結構広いです。インテRの4ドアよりも広く感じました。

初めてのホンダ車でしたが、すっかりVTECエンジンの虜になってしまいました。サイコーです、VTECは。

泣く泣く手放しましたが、また乗りたい車です。

 

平成2年式のアルトワークスです。

シビックRを売って、ヤフオクで購入しました。

足回りはヘタっていましたが、エンジンは元気でした。
燃費も街中で15K/L走って、サイフに優しかったです。

タイミングベルトが切れて、ヤフオクで売ってしまいました。

 

アルトワークス、下のライフと同時所有していた平成3年式のホンダビートです。ヤフオクで手に入れました。
私の通勤の足としてもよく走ってくれました。

初めてのオープンカーでしたが、オープンカーは最高に気持ちいいです。

遅くても車は楽しいと言う事をビートに教わりました。

自分なりにDIYでよくいじってました。工具もいろいろ揃えましたね。

ビートに乗ったことで、オープンカーの魅力を教えてもらった貴重な1台です。

 

平成14年式のホンダライフです。
シビックR以来の新車です。アルトワークスが故障して購入しました。

新規格の軽ですが、軽でもファーストカーとして十分ですね。街乗りでは最強です。

2人目の子供が出来て、4人乗ったらベビーカーを積むのも苦しいと言う事で、ビートと一緒にステップワゴン購入のため手放してしまいました。

 

現在の愛車、平成14年式のステップワゴンです。

高速での乗り心地がイマイチですが、室内も大変広くカミさんと子供に大好評です。

ただ片側スライドドアはやはり不便です。子供をチャイルドシートに乗せる時に特に不便さを感じますね。

次期ステップワゴンは10人乗りになるとか・・バスになっちゃいますね。(この話はボツになったようです)

私としては、ガイア以来のスポーツな車を所有していない時期でした。
マニュアルに乗りたい衝動に駆られた日々でした。。(セカンドカーが欲しかった・・)

 

現在の2台目の愛車、平成17年式のS2000です。

ビート以来、2年半ぶりのスポーツな車をやっと手に入れました。
外装・内装のスタイル、気持ちよく入るミッション、雰囲気、オープン、どれをとっても最高に気に入ってます。

早く慣らしを終わらせて、VTECのハイカムゾーンを味わいたいですね。

今後はさりげなくパーツを交換していく予定です。

 

 

スポンサードリンク


トップページへ

 

Dreams!夢あるカーライフの掲載内容の無断転用は固く禁じます。
Copyright ©2004-2016 Dreams!夢あるカーライフ All Rights Reserved