トップ究極のボディコート発見!>ぴっかり後の洗車




 〜ぴっかり後の洗車〜

早野ぴっかり工房でクオーツガラスコーティングを施工してもらってから、洗車は本当に楽になりました。ワックスを掛ける必要がないので、最初はワックス掛けが出来なくなって少し寂しい気持ちもしましたが、短時間の洗車でワックス掛け後の状態と変わらないくらいのピカピカ状態を再現できるので、洗車後の満足度も高いです。

ここでは、ぴっかり後に管理人が行っている洗車方法を紹介します。


 汚れ度チェック

ボンネットです。画像だとイマイチ分かりませんが、結構汚れています。

フロントフェンダー部分。雨の中走ると巻き上げによる汚れが凄いです。
リアバンパー横
フロントホイールも黒いです。ブレーキダスト&泥汚れですね。


 1.タイヤ・ホイールの洗車

洗車道具です。
左から、ホイール他下回り用の洗車スポンジ。ボディ用スポンジ。シャンプー。水滴拭き取り用セーム革。

まず、タイヤ・ホイールから洗います。バケツにカーシャンプーを少量入れて、

高い位置からバケツへ水を勢いよく出して、泡立てます。

スポンジで洗う前に、ホイールに水を掛けて、積もった汚れを流します。

そしてスポンジに泡をよく含ませて、

ホイールを洗います。

クオーツコーティングのおかげで、あまり力を入れなくてもダスト汚れが簡単に落ちていきます。

このようにきれいに落ちていきます。

ついでにタイヤを洗います。タイヤがあんまり汚れていたら、ブラシで専用洗剤をつけてゴシゴシ洗います。

スポンジで汚れを落としたら、水で洗い流します。

タイヤ・ホイールを4本洗ったら、余った洗剤でマフラーを洗います。

ステンレスなので、きれいにしておくとピカピカ光って気持ちがいいですよ。


 2.幌の洗車

次に幌を洗います。ソフトトップ専用のシャンプーを使います。おなじみのモータウンです。

まず、幌に水を掛けてホコリを落とします。

シャンプーを直接幌に吹きかけます。

そして、水を含ませたスポンジでゴシゴシ洗っていきます。リアガラスも洗ってしまいます。

一通り洗ったら、水を掛けて洗い流します。

洗い流したら、よく水分を拭き取ります。

この後、ボディや内装を洗車するのでその間乾燥させる事ができます。



 3.ボディの洗車

いよいよボディの洗車です。まずボディ全体に水を掛けて、ホコリを流します。余計なゴミやホコリが残ったままスポンジでこすると洗車キズの原因になってしまいます。

サイドも泥やホコリを巻き上げているので、よ〜く流します。

次にバケツにシャンプーを適量入れ、

強い水流でよく泡立てます。この泡がキズを付きにくくしてくれます。

洗う前にまず、スポンジを絞るようにして、泡立てたシャンプーをボディに付着させます。

その後、さらに十分にスポンジに泡を含ませてから力を入れすぎないように、スポンジを滑らすように、ボディをなでるようにして洗っていきます。こうする事によって洗車キズが付きにくくなります。(早野さん談)

ボンネット、トランク、窓ガラス、F・Rバンパー、ドア、前後フェンダー、などボディ全体を洗ったら、最後にバンパーやフェンダーアーチの耳の部分を洗います。

そして水を掛けてよく洗い流します。

よ〜く洗い流します。

早野ぴっかり工房で窓撥水施工しているおかげで、1年過ぎてもこのように水はじきバッチリです。


 4.拭き取り

泡を流し終わったら、次は拭き取りです。乾いたセーム革はゴワゴワしているので、一度濡らしてよく絞ってから使います。

まずは窓ガラスから。撥水施工のおかげで、水滴がほとんど残っていません。

サイドも。

ガラスが終わったら、次はボディです。太陽が出ていたら、日が当たっているところからすばやく拭き取っていきましょう。ただしあまり力を入れすぎずに、ボディを撫でるように。

面積の広いところなら、このように広げて両手でとゆっくり滑らすと一気に拭き取れます。

トランクを少し上げておくと水が切れます。

ドアも2,3度、開け閉めするとドアノブや、ドアミラーなどの隙間の水が切れてくれます。

ドアの下周りもよく拭き取ります。この部分は汚れが残っているので、ボディに使うセーム革ではなく、他のタオルを使います。

ドアを開けたこの部分も水滴が残っているので拭き取ります。

ドアヒンジの部分も拭き取り。

サイドシルも拭き取ります。

ウエザーストリップの水気も拭き取ります。

ピカピカになりました。

トランクのふちの水気も拭き取ります。

ここも拭き取り。

ここも。

排水路ですが、ここも拭き取っておきます。

リアバンパーとトランクの境です。ここも汚れが溜まり易いので拭き取ってしまいます。

ボンネットの裏の水滴も拭き取ります。

こんな所や、

こんな所にも水滴が付いているので、よく拭き取ります。

もちろんボディ側の水滴も拭き取ります。

給油口の中も拭き取ります。

ボディ全体が終わったら、フェンダーアーチの耳の部分を拭いて、

ホイールの水滴も拭いて、

洗車完了です。(^^)

ホイールもピカピカになりました。ホイールのクオーツ施工効果は絶大です。

幌もきれいになりました。
洗車すると車に対する愛着も、より沸いてきますね。









施工画像(1)へ / 施工画像(2)へ / 施工画像(3)へ / 内装・本革シートの洗車(番外編)


究極のボディコート発見!へ戻る

トップへ








Dreams!夢あるカーライフの掲載内容の無断転用は固く禁じます。
Copyright c2004-2006 Dreams!夢あるカーライフ All Rights Reserved