当サイト(夢あるカーライフ)に掲載している情報やデータの根拠について

当サイトの情報やデータの根拠

新車の値引き額は2002年から毎月欠かさず情報収集

当サイトでもっとも歴史の古いページが、各車ごとに掲載している新車の値引きデータページです。

新車の値引きは買う人によって金額が異なり、簡単に数十万円もの差額となってしまいます。

当サイトでは新車購入で損しないように、各車の値引き相場を毎月掲載しています。

その値引き額の根拠ですが、雑誌(月間自家用車など)のデータをベースに、より信憑性高めるため実際に新車を購入した人のレポートを募集して掲載しています。

弊社が運営する値引きレポート募集サイト

弊社が運営する値引きレポート募集サイト

弊社運営の値引きレポートサイトでは、2004年からこれまでに1600件以上の値引きレポートを送っていただきました。ありがとうございます。

 

値引きレポートのメール投稿画面

値引きレポートのメール受信画面

応募いただいた値引きレポートのメールフォルダです。

中には実際の見積書を添付してくれる方もいるので、値引きの根拠としてこれ以上の物はありませんね。

 

価格コムの値引き情報収集中

値引きレポートの他に、価格コムのユーザー掲示板や5ちゃんねる、ツイッター、フェイスブックなどからリアルな値引きの口コミを毎月収集しています。

現在新車で販売されている車種のうち、全体の9割位の車種は調査しています。

2002年から毎月末に欠かさず調査していますが、対象の車種をすべて調査するのに毎月丸2日~3日は費やしています・・・

しかし、時間を掛けてでもこの調査をする事で「あの車種はまだ値引きが渋い」「この車種は値引きが緩んできた」「予約段階だけど意外と値引きが出ているな」など、車種ごとに現在の値引きの傾向が見て取れます。

それらの情報を当サイト及び弊社の各クルマメディアの値引きページに落とし込んでいきます。

 

実例値引きデータの記録

情報収集した値引きデータは、車種ごとに実例の値引きとしてまとめています。

他にも弊社運営の各自動車メディアには、ユーザーからの値引き情報が届いています。これらも値引きデータに入力していきます。

自身で購入した新車は19台、中古車は10台以上の商談経験から情報を分析

よく「ネット上の値引き情報はウソばかりで当てにならない」と言われますが、確かにウソの情報もあるかもしれませんが、本当の情報も多々あります。

毎月弊社運営サイトに送られてくる値引きレポートや雑誌をチェックしたり、添付される見積書などを見続けていると、ネットに掲載される値引き情報が本当なのかウソなのかが分かるようになってきます。

また、自分でも新車を19台購入(2019年9月現在)していますが、そのたびにライバル車のディーラーも含めて実際に値引き交渉して値引き相場を調べます。

ついでに他の車種の事も聞いて情報収集します。冷やかし商談ではなく実際に新車を買う事が前提なので、営業さんの本心(買うなら実際どこまで値引き出来るのか、など)を聞き出す事が出来ます。

なので、ここぞとばかり営業さんに聞けることは何でも聞き来ます(^^;

すると、メーカーごとの特徴や、値引き出来る時期やタイミング、妥当な値引き金額などが、経験値から肌感覚で身に付いてきます。

直近では、スバルのWRX STIを契約しました。F型で最後のEJ20エンジン、最後の?6速MT車です。

購入前に弊社サイトで記録してきた値引き相場を調べましたが、インプレッサ時代も含めてWRX STIの最高値引きは、62.8万円でした。

50万円台も複数あったので「モデル末期だし、オプション盛り盛りだし、50万円台の値引きは十分可能だろう」と思い値引き交渉したところ、実際の値引き総額は54万円でした。

スバルWRX STIの値引き

交渉事ではありますが、実際の値引き相場が分かれば、相場を知らない人と比べてお得に買える可能性が高い事は間違いありません。

中古車の買取相場やリセールバリューは実際の中古車オートオークションのデータがベース

当サイト(夢あるカーライフ)のコンテンツ、車値引きオールアルバム車査定オールアルバムでは、各車種のグレード毎のリセールバリューや買取相場を掲載していますが、その根拠は買取店が査定額を出す際に参考にする中古車オートオークションの取引データから算出しています。

中古車オートオークションの最大手はUSSですね。

オートオークションのご案内| USS
USSは、中古車オークションにいち早くITを導入し、公正かつ効率的な「USSオートオークション」を実現しました。その後、衛星TV回線による「グローブネットワーク」やインターネットによる「インターネット・ライブ」を加え、全国どこからでも参加できる、利便性の高い、日本最大規模の中古車オークションを提供しています。

2019年3月には、出品台数293万台を誇っています。

ちなみにカーセンサーやグーネットに掲載されている中古車は40~45万台なので、全国の中古車相場は間違いなくオートオークションで形成されています。

買取店が買い取った中古車は、ほとんどこれらの中古車オートオークションへ転売されます。ディーラーも下取り車や登録しただけの未使用車などを出品しています。

このUSSを含めた中古車オートオークションが、中古車の買取相場の基準となっているのですが、その取引データは一般ユーザーには見る事が出来ません。

オークション会員にならないと見れないのですが、会員になるには法人限定や連帯保証人が必要など様々なハードルがあり、一個人では難しいです。

しかし、弊社では中古車販売も行っているので、中古車を仕入れるためにオートオークションの会員になって利用しています。

もちろん、オークション相場も閲覧できるので、各車の本当のリセールバリューを調べる事が出来ます。

当サイトに掲載している買取相場やリセールバリューは、調査時点でのリアルな数字だと言う事を約束します。

※匿名で査定相場を調べる無料サービスも行っています。是非ご利用ください。

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】今あなたの車がいくらで売れるのか?オークション相場から調べて査定額をお伝えする無料サービスです 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!1台1台オークション相場から調べて今の買取金額をお伝えする無料サービスです ※...

中古車オートオークション

※↑パソコンで見れるオークション会場の取引画面です。会場の規約により公開は出来ません。。

実車レポートはサーキット走行の経験から的確にユーザー目線でレポート

車の運転が好きで、以前は上場企業の役員運転手を10年やっていた事もありました。

また、サーキット走行も好きで、多い時は年間で80回以上サーキットに通っていた時期もあります。

※その時のインカ―映像(youtube)はこちらです。

自分で購入した車や新型車の試乗インプレ、レンタカーを借りた徹底インプレッションなど、この時の経験が役に立っていると思います。

以上が、当サイト(夢あるカーライフ)内の情報やデータの根拠となります。

今後とも、ユーザーに役立つ情報をインターネット上で発信していきます。

ツイッター

Facebook

文責:株式会社アイディーインフォメーション代表 川崎浩二

運営者情報

ほか弊社運営メディア