究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー

神奈川の早野ぴっかり工房にミニのコーティングを依頼

神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼

新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今回もお願いしました。

車のコーティングは、新車でも中古でも早野ぴっかり工房に任せておけば何の問題もありません。毎回、完璧にぴっかりさせてくれます。

その仕上がりは究極のガラスコーティングと言ってもいいでしょう。もう10年以上前から言ってますが(笑)

あれこれ素人が言っても説得力がないので、実際のコーティングの工程と仕上がりを今回依頼した新車のミニで紹介したいと思います。

さらに、気になるコーティングの持ち期間や、おすすめのコーティングオプション、新車でも傷がある?など、気になる事を店主の早野さんに突撃インタビューしてみました!

頼んだコースはガラスコーティング・クオーツパーフェクトコース

早野ぴっかり工房には、ガラスコーティングとポリマーコーティングがありますが、おすすめは断然クォーツガラスコーティングです。

ほとんどのお客さんもガラスコーティングを選ぶそうです。

コースは磨きレベルによって5コース用意されています。

  • 新車コース(1日)
  • 準新車コース(1日)
  • Tryコース(半日~1日)
  • Faceコース(2~3日)
  • Pertectコース(3~4日)

詳しい内容は早野ぴっかり工房のHPを見てもらうとして、今回のミニは新車で走行距離500キロ以内なので、新車コースでお得に済ませてもいいのですが、そこは毎回パーフェクトコースを選んでいるので、今回もクォーツガラスコーティング・パーフェクトコースです。

何故なら仕上がりがパーフェクトだからです(笑)

丁寧な磨き(3~5行程)とボディコーティング、さらにホイールのコーティングに加えて、ドアやトランクの開口部までガラスコーティングしてくれるので、車の隅々までガラスコーティングの滑らかさとぴっかり具合が反映されます。

と言う訳で、今回もガラスコーティングのパーフェクトコースでお願いしました。

コーティングのオプションは窓撥水

早野ぴっかり工房のコーティングオプションは、「ホイールコーティング」「窓撥水」「エンジンルームクリーニング」がありますが、パーフェクトコースにはホイールコーティングが含まれるため、今回は窓撥水を追加しました。

窓撥水しておくと汚れやしつこい虫の跡も簡単に落とせますし、高速道路では雨を弾くのでその分視界が確保され安全にも繋がります。

エンジンルームクリーニングはさすがに新車でピカピカなので、今回は施工しません。数年後、メンテナンスの時に頼むといいと思います。

MINIのガラスコーティング1日目

ミニのガラスコーティング1日目は、洗車・鉄粉除去・ホイール汚れ落とし等です。

早野ぴっかり工房のブログには、コーティングの施工状況がアップされるので、自分の車が今どのような状況なのか分かるのがうれしいですね。

以下早野ぴっかり工房のブログから、ミニの施工状況の転載です。


ミニのコーティング ホイール

ホイール施工前。

330キロ程度の走行での汚れ具合です。ブラックなので遠目で見るとうっすら汚れている程度に見えたりしますが、綺麗にするとやっぱり汚れているなと思いますね。

 

ミニのコーティング ホイール

施工後。

スッキリしました。オプションの19インチですので内側も洗いやすかったです(笑)

他には窓撥水の下処理、全体の洗車、鉄粉はほぼなかったですね。


ホイールがぴっかりになりました。

コーティングは下地が大事なので、ホイールの汚れも完璧に落としてくれます。

ジョンクーパーワークスのロゴが入ったキャリパーがカッコいいですね。

MINIのガラスコーティング2日目

2日目から磨き行程に入ります。

この磨きが”早野ぴっかり工房の真骨頂”と言いますか、この磨きがないとコーティング後の、あの「つるぴかスベスベ状態」にはなりません。

磨きもそうですが、どんな些細な傷も発見してしまう所が凄いと思います。

では以下転載です。


おはようございます。

本日2日目です。今日から磨き作業です。

ミニのコーティング ボンネット

ボンネット施工前。

ライトの左上に擦り傷がありました。周辺には似たような傷がありましたので、保管時に何か当たったのでしょうか?

右下の白いのは天井が映り込んでいるので傷ではありません。

 

ミニのコーティング ボンネット

施工後。

問題なく落とせました。ルーフには洗車傷と思われる些細な傷多数ありました。


ボンネットに写りこんだライトの左側が傷です。

ミニが納車されてから洗車も何もしていないので、もちろん傷を付けた覚えはありません。

車が工場で完成してからディーラーへ運ばれるまで、長い道中の間のどこかで付いた傷でしょうか。

MINIのガラスコーティング3日目

3日目も磨き行程です。

新車なのにそんなに磨くところある?と思うかもしれませんが、新車でも傷って付いているんですよね・・

では以下転載です。


 

おはようございます。

本日3日目です。引き続き磨き作業です。

ミニのコーティング ボンネット

ヘッドライト周辺 施工前。

運転席側ヘッドライトの近くの画像です。ライトの左上に擦ったような傷がありました。

大きさは5×2cmくらいで、ぱっと見は分かりにくい傷なのですが、一度気が付くと大きさがそこそこあるので目立っていましたね。

 

ミニのコーティング ボンネット

施工後。

綺麗に解消です。場所がちょうど角なので、何か当ててしまったのでしょうかね。

サイドステップの一部が塗装してあるのですが、そこも細かい傷が目立っていました。場所が場所なので仕方ないんでしょうね。


サイドステップは、走行中の巻き上げでどうしても傷は付いてしまうのでしょう。

ヘッドライト近くの曇りキズは気が付きませんでした。て言うか全ての傷に気が付いていません(笑)

こう言った肉眼では分かりずらい傷も見つけて、丁寧に磨いて消してくれます。

深い傷は無理ですが、円を書いたような細かい洗車傷はほぼきれいに落としてくれます。

落とせる範囲内のありとあらゆる傷を除去してから、コーティング作業に入るので、仕上がりは本当にきれいです。

そして何と言ってもツルツルの手触りが最高に気持ちいいです。

MINIのガラスコーティング4日目

4日目はいよいよコーティング作業です。

通常、コーティング作業中は写真が撮れないのでブログにも載りませんが、今回は特別に画像を提供してもらえました。

早野さんの奥さんが撮ってくれたそうです(笑)ありがとうございます!

 

ミニのコーティング 実際のコーティングを噴射している施工作業

シュ~っとボンネットにガラスコーティングを施工中。

ボンネットの上から貼ったボンネットストライプにも、ガラスコーティングをかけてくれます。表面のつやつや感やシートの色持ちが良くなるでしょう。

 

ミニのコーティング 実際のコーティングを噴射している施工作業

ドアノブにもシュ~っと吹きかけます。

磨きの時にはマスキングされていた樹脂の部分も、ガラスコーティングされます。

 

ミニのコーティング 実際のコーティングを噴射している施工作業

ドアの開口部にもガラスコーティング。

汚れが溜まりやすい部分ですが、ガラスコーティングのおかげでサッと汚れが落とせます。

さらにボディと一緒でツルツルな感触が、洗車後の満足感を高めてくれます。

 

ミニのコーティング 実際のコーティングを噴射している施工作業

ドアヒンジにもシュ~っと。

グリスが塗ってあって汚れを呼びやすい部分ですが、きれいさっぱりにした後、ガラスコーティングされます。

早野ぴっかり工房の丁寧な仕事が分かる!施工中の画像

他にも通常ブログには載せていない画像をいただいたので、ここで紹介します。

早野さんの丁寧で愛情のこもった仕事ぶりが伺えますよ~。

 

ミニのコーティング 丁寧なマスキングです

ミニのコーティング 運転席の保護

作業場内を移動させるので早野さんが座るのですが、車内を汚さないよう丁寧にカバーされています。

 

ミニのコーティング リアのステッカー

リアガラスに貼ってある環境基準達成のステッカーですが、窓撥水するので剥がしてもらいます。

もちろん残す事も出来ます。

 

ミニのコーティング ステッカーはがし後

すっきりして、無い方がいいですね。

 

ミニのコーティング 窓撥水の作業中

こちらはフロントガラス。窓撥水の下地処理中です。新車でも油膜が付いている事があるので、窓用のコンパウンドで下地処理されています。

 

ミニのコーティング 丁寧なマスキングです

エンジンルームもマスキングされます。磨きで研磨剤等のゴミが入らないようにですかね。とても丁寧です。

 

ミニのコーティング 丁寧なマスキングです

磨き前のマスキングされたミニです。なんかかわいいですね(笑)

ここまで丁寧にマスキングされた後、磨き作業に入ります。

自分ならこのマスキング作業だけで、ギブアップですね。。。

 

ミニのコーティング 丁寧なマスキングです

モール部分もマスキングされます。

こうして不要な部分は全てマスキングされて、ボディの磨き作業に入るので、ボディ以外の部分(樹脂とか)に磨き傷が入る事もないですし、当然汚れも付きません。

集中して磨ける環境を作る事で、あの完璧な仕上がりを生んでいるのでしょう。

自分が全幅の信頼を置いて愛車を預ける事が出来ると言うことが、分かっていただけるでしょうか?(^^)

ミニのコーティング完了!気になる仕上がり具合は?

こうして、ミニのガラスコーティングの施工が終わりました。

その仕上がり具合を見てみましょう!

ミニのコーティング 仕上がり具合

車を引き取りに行って、MINIが目に入った瞬間、あまりのピカピカ具合に「うおっ!」と声を発してしまいます。

ウソじゃなくて本当ですよ?(笑)そのくらい車がきれいでピカピカで、何か別のオーラを放っているように見えます。いつもの愛車が違って見えます。

 

ミニのコーティング 仕上がり具合

白と黒のコントラストがより映えて、新車なんですが、新車以上の輝きを放っています。

大袈裟じゃなくて、本当にそう思うと思いますよ?

 

ミニのコーティング 仕上がり具合

天井の蛍光灯の光がくっきりと映り込んでいます。まさに傷一つない状態です。

 

ミニのコーティング 仕上がり具合

今回は新車なのでヘッドライトのレンズはもちろん綺麗なのですが、経年劣化した曇ったレンズも磨いてきれいにしてくれます。

 

ミニのコーティング 仕上がり具合

ほぼ実物大の画像を切り取ってみました。

右ヘッドライトとボンネットの部分ですね。このつるぴか具合が伝わるでしょうか?

触れると本当にツルツルなんですが、何と言うかしっとり感まで感じられます。ガラスの被膜で塗装を守っている感触と言うのでしょうか、触ると伝わってきますよ。

 

ミニのコーティング 仕上がり具合

ミニのコーティング 仕上がり具合

と言う訳で、今回のミニのコーティングも大満足の仕上がりでした!

ぴっかり工房の施工場はライトで照らされているので、いつも以上にきれいに見えるかもしれませんが、本領発揮は普段ある場所に車を停めた時です。

見慣れている構図なので違いがよく分かると思いますが、そのつるぴか具合にビックリすると思いますよ!?

早野ぴっかり工房への問い合わせや予約はこちら

早野ぴっかり工房に直撃インタビュー!コーティングの持ちや期間、長持ちさせる秘訣など聞いてみました

自分の知る限りでは、ここまできっちり仕事してくれるコーティング屋さんはありませんが、そんな早野ぴっかり工房の秘密?を探るべく、色々インタビューしてきました。

色々参考になるお話を聞けたので、今後コーティングをされる方は参考にしてみて下さい。

黒太字が質問内容です

コウさん
コウさん

早野さん、今回もありがとうございました!色々聞きたいことがあるのですが、インタビューしてもよろしいでしょうか?

早野さん
早野さん

いつもありがとうございます。はい!何でも聞いてください。

早野ぴっかり工房のコーティングについて

コウさん
コウさん

コーティングを検討している人が一番気になる部分だと思いますが、コーティングの持続期間はどの位ですか?

 

早野さん
早野さん

お車の使用状況、保管場所、手入れの仕方、によって変わってきますので一概には言えません。例としてガレージ保管、汚れてきたらすぐ洗車、でしたら廃車にするまで効果は持続すると思われます。

外保管、毎日通勤、3か月に1回洗車するかしないか。ですと2~3年
あくまで一例です。

 

コウさん
コウさん

ガレージ保管でマメな洗車は必要ですが、廃車まで効果が持続って凄いですね。外保管で通勤で使っても2~3年持つと言うのも、ある意味凄いと思います。

 

コウさん
コウさん

では、おすすめの施工オプションはありますか?

 

早野さん
早野さん

ホイールコーティングがお勧めです。次点で窓撥水です。ホイールコーティングがオプションの人気ナンバー1です。ホイールの内側も施工していますので、内側も気になる方は洗うもの楽になりますのでお勧めです。

窓撥水は、ワイパー面はワイパーの使用状況によって落ちてしまいますが、ワイパー使用しない面は3年程度持続しますので、維持が楽ですし、視界確保出来ると安全につながります。

 

コウさん
コウさん

確かにホイールにコーティングされていると、洗う時楽ですよね~。汚れがきつくなければ、洗剤を付けなくてもスポンジと水洗いで楽に落とせます。

窓撥水も何度も体感してますが、汚れが落ちやすいので、よりクリーンな視界を維持できますね。

 

コウさん
コウさん

次に、コストパフォーマンスの高い施工コースはありますか?

 

早野さん
早野さん

施工に何を求めるかによって変わりますが、単純にお得感で言うと新車コースになります。

ただ求めている物が違うと他のコースでやり直しになる可能性がありますので、コースで悩んだ場合はご相談下されば最適なコースのご提案を致します。

 

コウさん
コウさん

クォーツガラスコーティングとポリマーがありますが、おすすめはどちらですか?

早野さん
早野さん

クォーツガラスコーティングです。値段重視の方以外はクォーツガラスコーティングをお勧めしております。値段差はそれ程ありませんが、効果の持続期間は全く違います。

 

コウさん
コウさん

では、そもそもなんですが、新車をコーティングする時に磨きは必要ですか?新車だから傷はないのでは?と思う人は多いと思いますが。

早野さん
早野さん

新車でも全く傷がない車はほぼありません。その傷があるまま施工しても大丈夫な方はそのまま施工でよいと思いますが、些細な傷でも気になる方は磨き入れた方がよいと思います。

コウさん
コウさん

確かに、毎回新車でお願いしても、些細なキズはありますからね。せっかくのコーティングなので、磨いてもらってからコーティングした方が、仕上がりも全然違うと思います。

ガラスコーティングを持続させるコツ、洗車のコツ、洗車機で洗っても大丈夫か?など

コウさん
コウさん

コーティング効果を出来るだけ長く持続させるにはどうすればいいですか?

早野さん
早野さん

駐車する場所に気を付ける。木の近くはNG。水道水で洗車したら早くふき取る。晴天時は洗車を控える。最低でも月に1回は洗車をする。

以上を守れば気にしていない場合と持続期間は違ってくると思います。

 

コウさん
コウさん

では、洗車のコツはありますか?

 

早野さん
早野さん

ホイールは先に洗う。(ボディをぬれたまま放置がよくない為)

水道水で洗ったら早くふき取る。(イオンデポジット防止)

なるべく水分をボディに残さない。(イオンデポジット防止と水垢防止)

拭き取る用のタオル類はきれいな物を使う。(意外と使い込んだ物を大事に使っている人が多い。数百円のタオルより数百万の車を大事にしましょう)

 

コウさん
コウさん

なるほど。タオルはつい長く使ってしまうので、早速きれいなタオルと交換します・・

では、コーティングしてもらった車を洗車機で洗っても大丈夫ですか?傷やコーティングの持ちは変わりますか?

 

早野さん
早野さん

洗車機で洗ってもコーティングが落ちることはありません。ただ洗車傷はどうしてもつきます。洗車傷のつき方も洗車機次第なのでどれ位かは使ってみないと分かりません。

月1回程度の使用でしたらコーティングの持続期間は変わらないです。むしろ全く洗わないで放置より表面の汚れを落としている状態が続きますので持続期間長くなると思います。

コウさん
コウさん

そうなんですね。寒くなると洗車が億劫になって洗車機で洗いたくなる時がありますが・・汚れて放置よりコーティングの持続期間が長くなるなら、洗車機も一考ですね。

車を預ける時の注意点、コーティング作業に関してなど

コウさん
コウさん

これは答えにくい質問かもしれませんが、自動車メーカーによって塗装の状態に違いはありますか?

早野さん
早野さん

違います。詳しくは施工時にお話し致します。

コウさん
コウさん

私も聞きましたが、へ~、そうなんだ~、なるほどね~と思う話です(笑)面白いので是非聞いてみて下さい。

コウさん
コウさん

では、ボディカラーによって磨きやコーティングの労力は変わりますか?

早野さん
早野さん

変わります。ボディカラーによって傷が見え難くかったりしますし、コーティングの仕上がりの状態を確認するのも、ボディカラーによって確認にかかる時間が変わります。

コウさん
コウさん

作業で一番大変な部分、気を使う部分はどこですか?

早野さん
早野さん

単純に言うと大きな車はやはり大変です。気を使うのは大事なお車をお預かりしていますので、万が一にも傷や凹みを預かっている間に付けないように気を付けています。(内装、外装どちらも)

 

コウさん
コウさん

長く仕事していて職業病のような物はありますか?

 

早野さん
早野さん

ありますね。腱鞘炎と目がやられます。目は傷を探す時に色々な種類のライトを照らして見るので・・

腰もあぶないので、予防に普段から筋トレをしています。

 

コウさん
コウさん

なるほど・・普段の私生活にも影響が出そうで大変ですね。自分は今蛍光灯の光で見るだけでも、目がチカチカしてきます。色々な種類のライトをあてて、肉眼では見難い細かな傷も発見してしまうんですね。

ミニのコーティング 早野ぴっかり工房の作業場ライト

 

コウさん
コウさん

では、コーティング依頼に来る車はどんな車が多いですか?

早野さん
早野さん

各メーカーかたよりなく来て下さっていると思います。ボディ形状で言うとスポーツカータイプが多い気がします。

コウさん
コウさん

スポーツタイプの車は、やっぱり車が好きでこだわりを持っている人が多いからなんでしょうね。自分を含めて(笑)

 

コウさん
コウさん

お客さんは地元の人が多いですか?遠方からも来ます?

早野さん
早野さん

地元も多いですが都内、横浜辺りからが多いです。遠くは四国や新潟からも来て下さっていますし、静岡県、愛知県、埼玉県なども多いです。

コウさん
コウさん

四国から!それは凄いですね。私も群馬からなので、まあまあ遠くから来てる客になりますね(笑)

 

コウさん
コウさん

早野ぴっかり工房に車を預ける時の注意点とかありますか?

 

早野さん
早野さん

ありきたりですが、車内に貴重品やカギをお忘れにならないように気を付けていただきたいです。

良くあったのが、車のキーホルダーにご自宅のカギを付けたまま、置いて行ってしまう事です。お互いに大変困るので気を付けましょう(笑)

良いコーティング屋さんを見つけるアドバイス

 

コウさん
コウさん

良いコーティング屋さんを探す時のアドバイスをいただけたら・・ぴっかり工房に預けるのが一番ですが遠方の人も居ると思うので。

 

早野さん
早野さん

そうですね、まず施工場が整理整頓されている事です。散らかっていると、作業の邪魔だけでなく、物が落ちたり動いたり、つまずいたりして、万が一にもお客様の車に傷をつけてしまう可能性が出てしまいます。

作業スペースが狭い所も、同じように傷つけてしまうリスクが高いので、敬遠した方がいいかもしれません。

 

早野さん
早野さん

あと時々見かけるのが、施工場のシャッターを全開にして作業している所がありますが、ゴミや埃が付く可能性が高いのでNGです。

この場合磨きをする時に、ゴミや埃を巻き込んでしまうと、新たな傷を作ってしまう可能性があります。

また、コーティング時にタオルやスポンジで塗り込んで施工するコーティング剤を使っている所も、塗り込む時やふき取る時にタオルやスポンジにゴミや埃が付着していたら傷つく可能性があるので、シャッターを開けっ放しにしていたり、外で施工しているお店は止めた方がいいでしょう。

こう言った所は、直接お客さんを取る所ではなく、ディーラー等の下請け業者に多・・ゴニョゴニョ。

 

 

コウさん
コウさん

これは、大変参考になるアドバイスをありがとうございました。ちょっと突っ込んだ部分もありましたが(笑)以上の点を気を付けるだけでいいコーティング屋さんが見つかりそうですね。

確かに早野さんの所はいつ来てもきれいで整理整頓されていて、置かれている物も最小限ですからね。

余談

コウさん
コウさん

次に、早野ぴっかり工房の今後のサービス展開は何かお考えですか?

早野さん
早野さん

ホームページのリニューアルをする予定(うふふ)

コウさん
コウさん

ギク!頑張ります・・

 

コウさん
コウさん

では最後に!早野さんが思う夢あるカーライフとは?

早野さん
早野さん

運転を楽しむ車はもっているので、普段使いの車をグレードアップしたい。中古でいいので(笑)

コウさん
コウさん

グレードアップしちゃいましょう!(笑)今日はありがとうございました!

 

以上、早野ぴっかり工房の店主、早野さんへのインタビューでした。

色々参考になるお話ばかりだったと思います。これからコーティングを検討している方は、是非参考にしてみて下さい。

早野ぴっかり工房に行くと、つい車談議で長話してしまうくらい、早野さんは人柄もよく信頼できる人なので、安心して愛車を預ける事が出来ますよ。

早野ぴっかり工房への問い合わせや予約はこちら