CX-60の人気グレードを比較!話題のPHEVやグレードの違いを分析、アクセルの踏み間違い防止機能の付いたおすすめも紹介

CX-60の人気グレードを徹底比較

CX-60はパワートレインが4種類もあり、グレード体系もやや分かりにくいためグレード選びで迷っている人も多いことでしょう。特に、

  • 25S Sパッケージと25S Lパッケージはどこが違う?
  • XD エクスクルーシブモードと25S エクスクルーシブモード、お買い得なのはどっち?
  • PHEVとXDハイブリッドのどちらを選ぶべきか?

などが悩みどころではないでしょうか。

ここではそんな悩みを解決できるよう、CX-60の人気グレード同士の装備の違いや価格差が妥当か等を分析。

更に、ペダルの踏み間違いによる暴走事故を抑制するアクセル踏み間違い防止機能の付いたおすすめグレードも紹介します!

また当社中古車販売店ならではの、業者オートオークション取引台数から割り出した、売れているグレードの人気ランキングと、3年後のリアルなリセール予測も紹介しているので、CX-60のグレード選びの参考にどうぞ。

CX-60のグレード一覧

グレード名価格(円)WLTCモードカタログ燃費(km/L)
25S Sパッケージ2,992,00014.2
25S Lパッケージ3,415,50014.1
25S エクスクルーシブモード3,844,50014.1
XD3,239,50019.8
XD Sパッケージ3,580,50019.8
XD Lパッケージ4,004,00019.8
XD エクスクルーシブモード4,433,00019.6
25S Sパッケージ 4WD3,217,50013.1
25S Lパッケージ 4WD3,641,00013.0
25S エクスクルーシブモード 4WD4,070,00013.0
XD 4WD3,465,00018.5
XD Sパッケージ 4WD3,806,00018.5
XD Lパッケージ 4WD4,229,50018.5
XD エクスクルーシブモード 4WD4,658,50018.3
XDハイブリッド エクスクルーシブスポーツ 4WD5,054,50021.1
XDハイブリッド エクスクルーシブモダン 4WD5,054,50021.1
XDハイブリッド プレミアムスポーツ 4WD5,472,50021.0
XDハイブリッド プレミアムモダン 4WD5,472,50021.0
PHEV Sパッケージ 4WD5,390,000
PHEV エクスクルーシブスポーツ 4WD5,846,500
PHEV エクスクルーシブモダン 4WD5,846,500
PHEV プレミアムスポーツ 4WD6,264,500
PHEV プレミアムモダン 4WD6,264,500
ジュン君
ジュン君

CX-60のグレード一覧を見ても価格が分かるだけで、グレードの違いや装備は分かりませんね。ここから気になる人気グレードの違いを詳しく説明します!

CX-60の売れ筋グレードを比較!グレード間の装備の違いと価格差は妥当か?

CX-60の装備は、マツダ 発表の公式装備一覧表を基にしています。

CX-60 25S Lパッケージと25S Sパッケージの違い

比較項目25S Lパッケージ
アダプティブLEDヘッドライト
レーンキープアシストシステム
緊急時車線維持支援
降車支援機能
右直事故回避アシスト機能+交差点事故回避アシスト機能付スマートブレーキサポート
前側方接近車両検知
クルージング&トラフィックサポート
ドライバー異常時対応システム
ドライバーモニタリング
デイタイムランニングライト
IRカット&スーパーUVカットガラス
自動防眩機能 / リバース連動機能付電動格納ドアミラー
ヘッドランプ内&リヤコンビユニット内シグネチャーLEDランプ
ハンズフリー機能付パワーリフトゲート
グローブボックス内植毛加工&LEDイルミネーション
リッド付フロントカップホルダー×2
ステアリングヒーター
サイドカーゴネット
運転席・助手席パワーシート&ドライビングポジションメモリー機能
運転席・助手席・リアシートヒーター
運転席&助手席シートバックポケット
4:2:4分割可倒式リアシート&リモコンレバー
タイプC USB端子×4+HDMI端子
グリルシャッター
20インチアルミホイール+235/50R20タイヤ
レザーシート
価格3,415,500円
比較項目25S Sパッケージ
装備の違いハイビームコントロールシステム
スマートブレーキサポート
電動格納ドアミラー
フロントカップホルダー×2
運転席&助手席シートリフター

6:4分割可倒式リアシート
タイプA USB端子×4
18インチアルミホイール+235/60R18タイヤ
クロスシート
価格2,992,000円

価格差:25S Lパッケージの方が423,500円高い

CX-60・2WD車の25S Lパッケージと25S Sパッケージの比較です。

ワングレードの違いですが価格は25S Lパッケージの方が423,500万円高く、その分25S Sパッケージと比べ安全装備や快適装備類が格段に充実しています。

コウさん
コウさん

あると特に便利な装備を赤字で示したぞ。以下で解説しよう!

クルージング&トラフィックサポート

※25S Sパッケージに99,000円でメーカーセットオプション設定

高速道路や自動車専用道において、先行車に自動追従する機能と車線に沿って走行するようステアリング操作を支援する機能を統合した装備です。

停止状態から高速域まで作動するので、渋滞に巻き込まれた場合も含め運転の負担や疲労が軽減されます。

更にオプションのナビゲーション用SDカードアドバンス2を装着すると、速度標識を取り込んで法定速度通りに走行する標識連動車速調整機能が使えるので、安全運転対策は万全になるでしょう。

IRカット&スーパーUVカットガラス

※25S Sパッケージに93,500円でメーカーセットオプション設定

フロントガラスに赤外線を大幅にカットするIRカット機能、フロントドアガラスにIRカット機能と紫外線を約99%カットするスーパーUVカット機能が付きます。

赤外線は室温上昇の、紫外線は日焼けの原因になるので、この2つの機能は車内の快適性向上に大変効果的です。

Sパッケージではフロントガラス、フロントドアガラスとも紫外線を約90%カットするUVカット機能しか付かないので、車内が暑くなりやすく、日焼けを防ぐ効果も若干劣ります。

ハンズフリー機能付パワーリフトゲート

mazda.co.jp/cx-60

※25S Sパッケージに82,500円でメーカーセットオプション設定

スイッチひとつで電動開閉するパワーリフトゲートに、バンパー下に足をかざすだけで電動開閉するハンズフリー機能をプラス。

両手が荷物で塞がっている時に大変重宝する装備です。

運転席・助手席パワーシート&ドライビングポジションメモリー機能

mazda.co.jp/cx-60

※25S Sパッケージに82,500円でメーカーセットオプション設定

運転席の前後・上下・リクライニング・座面前端上下・ランバーサポートが電動調整できる10ウェイパワーシートと、助手席の前後・上下・リクライニング・座面前端上下が電動調整できる8ウェイパワーシートを装備。

体を使わず、スマートにきめ細かい調整ができるのは思いのほか便利です。

また運転席には、シート位置・アクティブドライビングディスプレイ・ドアミラー角度を2つまで記憶できるドライビングポジションメモリー機能も装備。

家族に複数の運転免許所有者がいる場合もワンタッチで記憶した位置を呼び出せるので、いちいち調整し直す煩わしさがありません。

運転席・助手席・リアシートヒーター

※運転席・助手席シートヒーターを25S Sパッケージに82,500円でメーカーセットオプション設定

運転席・助手席及びリアシートを温めるシートヒーターを装備。

温度設定を3段階に調整できるので、どんな状況でも快適に過ごせます。

またオートエアコンと連動して自動で温度設定が変わる機能も付くので、大変便利です。

レザーシート

mazda.co.jp/cx-60

mazda.co.jp/cx-60

上質感と肌触りの良さが魅力のレザーシートを採用。

色は画像上のグレージュと下のブラックから選べます。

 

コウさん
コウさん

25S SパッケージはCX-60で唯一300万円以下で買える点が魅力だが、装備には割り切りが必要だ。価格は約42万円アップするが、装備の圧倒的な差を考えれば25S Lパッケージを選んだ方が断然満足できるぞ!

CX-60 XD エクスクルーシブモードと25S エクスクルーシブモードの違い

比較項目XD エクスクルーシブモード
パワートレインの違い3.3Lディーゼルターボエンジン
装備の違いパノラマサンルーフ
AC150W電源
価格4,433,000円
比較項目25S エクスクルーシブモード
パワートレインの違い2.5Lガソリンノンターボエンジン
装備の違いグリルシャッター
価格3,844,500円

価格差:XD エクスクルーシブモードの方が588,500円高い

CX-60・2WD車のXD エクスクルーシブモードと25S エクスクルーシブモードの比較です。

両グレードの最大の違いはエンジンで、XD エクスクルーシブモードは3.3Lディーゼルターボ、25S エクスクルーシブモードは2.5Lガソリンノンターボです。

装備面では同じエクスクルーシブモードながら、XDの方が若干充実しています。

とは言え、588,500円の価格差の多くをパワートレインの違いが占めていることは間違いありません。

コウさん
コウさん

赤字で示した装備について、以下で解説しよう!

パノラマサンルーフ

mazda.co.jp/cx-60

※25S エクスクルーシブモードに121,000円でメーカーオプション設定

後席部分までカバーする大開口のパノラマサンルーフは、室内を開放感で満たします。

電動スライドするだけでなく、電動チルトアップ機構も付くので室内の換気に利用することも可能です。

AC150W電源

mazda.co.jp/cx-60

リアベンチレーター下にAC100V / 150Wの電源コンセントを装備 (画像は輸出向けモデルのため220V仕様)。

ちょっとした家電品を車内で使えるので、レジャーの際などに重宝します。

 

コウさん
コウさん

XD エクスクルーシブモードは25S エクスクルーシブモードより60万円近く高額だが、エンジンが圧倒的にパワフルで加速性能は断然優れている。しかも燃費も優れているので、予算に余裕があるならXD エクスクルーシブモードをおススメしたい。

CX-60 XDハイブリッド プレミアムスポーツとXDハイブリッド エクスクルーシブスポーツの違い

比較項目XDハイブリッド プレミアムスポーツ
装備の違いパノラマサンルーフ
ドライバーパーソナライズ (自動設定復元 / 自動ドライビングポジションガイド / エントリーアシスト)
ナッパレザー / レガーヌシート
レガーヌ・インパネデコレーションパネル&ドアトリム
価格5,472,500円
比較項目 XDハイブリッド エクスクルーシブスポーツ
装備の違いドライバーパーソナライズ (自動設定復元)
ナッパレザーシート
合成皮革インパネデコレーションパネル&ドアトリム
価格5,054,500円

価格差:XDハイブリッド プレミアムスポーツの方が418,000円高い

CX-60のXDハイブリッド プレミアムスポーツとXDハイブリッド エクスクルーシブスポーツの比較です。

価格はXDハイブリッド プレミアムスポーツの方が418,000円も高いものの、装備の違いは思ったほど多くありません。

価格差のかなりの部分を、内装の違いが占めていると見て良いでしょう。

コウさん
コウさん

赤字で示した装備について、以下で解説しよう!

ドライバーパーソナライズ (自動ドライビングポジションガイド / エントリーアシスト付)

※XDハイブリッド エクスクルーシブスポーツに55,000円でメーカーセットオプション設定

どちらのグレードにもドライバーパーソナライズの自動設定復元 (顔認識によりドライバーが好む車両設定やオーディオ、空調などを自動的に復元する機能) は備わりますが、自動ドライビングポジションガイドとエントリーアシストはXDハイブリッド プレミアムスポーツにしか標準装備されません。

自動ドライビングポジションガイドは、ドライバーが入力した身長情報やカメラの情報を元に、シートやステアリング、アクティブドライビングディスプレイ、ドアミラーの角度を自動で調整する機能です。

またエントリーアシストは、乗車時にシートとステアリングの位置を自動で調整し、乗り降りをスムーズにする装備です。

mazda.co.jp/cx-60

 

コウさん
コウさん

XDハイブリッド プレミアムスポーツのみに標準装備されるドライバーパーソナライズの機能は確かに便利だが、必須というほどでもない。また内装も一段と上質になるが、XDハイブリッド エクスクルーシブスポーツも十分に上質だ。40万円以上の価格差があるので、XDハイブリッド エクスクルーシブスポーツの方がお買い得感がある。

PHEV プレミアムモダンとXDハイブリッド プレミアムモダンの違い

比較項目PHEV プレミアムモダン
パワートレインの違いガソリンエンジン+モーター
装備の違いAC1500W電源
給電機能
EVモード
価格6,264,500円
比較項目XDハイブリッド プレミアムモダン
パワートレインの違い3.3Lディーゼルターボエンジン
装備の違い
価格5,472,500円

価格差:XDハイブリッド プレミアムモダンの方が792,000円高い

両グレードの最大の違いはパワートレインで、PHEV プレミアムモダンはガソリンエンジン+モーターのプラグインハイブリッドシステム、XD プレミアムモダンは3.3Lディーゼルターボエンジンを搭載します。

装備面では、PHEV プレミアムモダンはバッテリー+モーターの機能を生かしたAC1500W電源や給電機能、EVモードが付くのが特徴です。

 

コウさん
コウさん

赤字で示した装備について、以下で解説しよう!

AC1500W電源

大容量のバッテリーを搭載するPHEVは、ラゲッジルームにAC100V / 1500Wの電源コンセントを装備します。

1500Wの容量があれば、電子レンジや電気ポッド、ドライヤーなどの使用も可能です。

車中泊やキャンプなどのレジャー時に役立ちます。

給電機能

大容量バッテリーを生かし、住宅に電源を供給することが可能です。

災害で停電になった時も、CX-60 PHEVがあれば電気のある生活が送れます。

 

コウさん
コウさん

PHEVは現状ではスペックが未発表なのが気になるが、静粛かつスムーズは走りが期待できそうだ。XDハイブリッドよりも80万円近く高額だが、給電機能などに魅力を感じるならPHEVの選択もありだぞ。

アクセル踏み間違い防止機能の付いたCX-60のグレードは?

CX-60は全車にアクセル踏み間違い防止機能の「AT誤発進抑制制御 (前進時 / 後退時)」が標準装備されます。

CX-60の売れ筋人気グレードランキング

CX-60のグレードがなかなか決められない場合、売れ筋の人気グレードや販売比率を参考にするのも良いでしょう。

ここでは、実際の受注台数を調査してCX-60の人気グレードをランキングにしてみました。

※売れ筋グレードランキングの根拠は、過去3か月間の中古車オートオークション(USS,TAA,HAA,CAA,JU,アライ,ベイオーク,ミライブ他)での合計取引台数を元にランキングしています。

順位グレード名1年後のリセール
1位PHEV エクスクルーシブスポーツ
2位XDハイブリッド プレミアムスポーツ
3位XD Lパッケージ
4位25S Sパッケージ
5位25S Lパッケージ
6位PHEV エクスクルーシブモダン
7位XD エクスクルーシブモード
8位XDハイブリッド エクスクルーシブスポーツ
9位XD Sパッケージ
9位25S エクスクルーシブモード

CX-60 PHEV エクスクルーシブスポーツの受注台数が最も多く、売れ筋グレードランキングの1位です。

続いてXDハイブリッド プレミアムスポーツがランクインするなど、高価格なグレードが人気を集めています。

CX-60のおすすめグレードはコレ

mazda.co.jp/cx-60

  • CX-60 XD Lパッケージ
  • CX-60 PHEV エクスクルーシブスポーツ

CX-60 XD Lパッケージのおすすめの理由

CX-60のグレード展開は基本的にガソリン車が3タイプ、ディーゼル車が4タイプ、ディーゼルハイブリッドが4タイプ、プラグインハイブリッドが5タイプの全16タイプのラインナップになっています。

コストパフォーマンスを重視するなら、ディーゼル車の中間グレード「XD Lパッケージ」がおすすめです。

ひとつ下のXD Sパッケージと比べ装備が圧倒的に充実しているので、約42万円の価格差があってもむしろお買い得に感じられます。

またガソリン車の25S Lパッケージと比べると60万円近く高額ですが、動力性能やドライバビリティが断然勝り、経済性も優れているので割高感などありません。

ディーゼルハイブリッドやプラグインハイブリッドも魅力的ですが、500万円以上するのでコストパフォーマンスならやはりディーゼルのXD Lパッケージがベストです。

CX-60 PHEV エクスクルーシブスポーツのおすすめの理由

人気重視の観点でCX-60のおすすめグレードをあげるなら、売れ筋グレードナンバーワンの「PHEV エクスクルーシブスポーツ」になります。

皆が選んでいる安心感だけでなく、PHEVならではのパフォーマンスや経済性・環境性能も魅力です。

上から2番目に高いグレードだけに装備も大変充実しているので、その意味でも期待を裏切ることはないでしょう。

600万円近い車両価格ですが、価格に見合った満足度が得られるはずです。

CX-60おすすめグレードの乗り出し価格は

CX-60のおすすめグレードの見積シミュレーションです。

値引きや人気オプションを含めたリアリティのある乗り出し価格なので、参考にしてみて下さい。

CX-60 XD Lパッケージの乗り出し価格

グレード名CX-60 XD Lパッケージ (2WD)
車両本体価格4,004,000円
メーカーオプション名ロジウムホワイトプレミアムメタリック
地デジチューナー+ボーズサウンドシステム+パノラマサンルーフ
メーカーオプション価格280,500円
ディーラーオプション名ナビ用SDカードアドバンス2
ETC2.0
ドライブレコーダー
アクリルバイザー
フロアマット (スポーツ)
ディーラーオプション価格266,842円
諸費用142,710円
車両目標値引き▲150,000円
オプション値引き▲53,000円
乗り出し価格4,265,552円

メーカーオプションは人気ボディカラーのロジウムホワイトプレミアムメタリックとパノラマサンルーフ等を選択、ディーラーオプションは今や必須のドライブレコーダー等を選び、値引きを含め乗り出し価格426.5万円となりました。

CX-60 PHEV エクスクルーシブスポーツの乗り出し価格

グレード名CX-60 PHEV エクスクルーシブスポーツ
車両本体価格5,846,500円
メーカーオプション名ロジウムホワイトプレミアムメタリック
ドライバーパーソナライズ+パノラマサンルーフ
メーカーオプション価格231,000円
ディーラーオプション名ナビ用SDカードアドバンス2
ETC2.0
ドライブレコーダー
アクリルバイザー
フロアマット (スポーツ)
ディーラーオプション価格266,842円
諸費用135,910円
車両目標値引き▲150,000円
オプション値引き▲53,000円
乗り出し価格6,277,252円

メーカーオプションはパノラマサンルーフ等を選択、ディーラーオプションは先ほどと同じものを選び、値引きを含め乗り出し価格627.7万円となりました。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円の差額・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、ナビクル車査定です。

1分ほどの入力で買取店への査定申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

リセールの低い車種やグレード・カラーは、逆を言えば中古車では割安で買える事になります。

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しの事ならなんでも相談してみるといいでしょうね。

【中古車のガリバー】中古車購入

 

タイトルとURLをコピーしました