新車の見積もりをもらう、見積書の諸費用解説

新車の見積もりをもらったら諸費用をチェックしよう!

欲しい車種やオプションが決まったら、諸費用も含めて全部で幾らになるのか?新車の見積もりしてもらう事で正確な金額が分かります。

おおよその予算を決める上でも早めに見積もりを取るといいでしょう。

また新車の見積書に記載されている諸費用の内訳も解説します。

新車の見積書を入手するには?

新車の見積書は、ディーラー・販売店に行って、「○○の見積もりを下さい」と営業マンに言えば、喜んで作ってくれるでしょう。

展示車のチェックや試乗の後に、見積もりを作ってもらうケースが多いです。

しかしディーラーなどで見積もりを作ってもらう前に、事前にインターネットで見積もりを取って予備知識を入れて行ったほうが良いでしょう。

後々値引き交渉をする場合、総額でいくらになるのか分かっていたほうが自分のペースで交渉できます。

特に初めて新車を買う人は、諸費用を含めた総支払額が分かっていないと、営業マンのペースで交渉が進んでしまい、余分なセットオプションやJAFの入会費用などが計上されてしまいます。

事前に簡単なネット見積もりを取って予備知識を入れて行けば、値引き交渉する際に有利でしょう。

> 新車の無料見積ならオートックワン!

住所、電話番号の記入が不要!ネット上で見積もりが確認できます。

※まだ今乗っている愛車の下取り価格を確認していない方はこちら【愛車の下取り価格をチェック】

新車見積もりの諸費用を解説

新車は車両本体価格だけでは買えません。消費税、自動車所得税、登録費用など諸々の諸費用が掛かります。

ここでは諸費用の内訳を紹介します。

【自動車税】

毎年4月に払う税金です。年度の途中で車を買うときは、月割りで年度分を納税します。

【自動車所得税】

車を買う時だけ課税されます。

車両本体価格(標準価格)の90%から1000円未満を切り捨てた額に、5%(軽自動車は3%)を掛けた額がおおむね課税されます。

【自動車重量税】

車購入時と車検毎に課税されます。

【消費税】

車両本体価格とオプションの金額、ディーラーの手続き代行費用などに8%課税されます。

【自賠責保険】

自賠責保険(強制保険)に加入しないとナンバー登録できません。登録時と車検毎に更新します。

【納車費用】

車を準備してユーザーの自宅まで車を届けてくれる費用です。自分でディーラーへ取りに行けば、掛からない費用です。

【OSS申請代行費用】

OSS(ワンストップサービス)の略で、陸運局へ出向かなくてもパソコン等を使ってネットワークで手続きが行えます。

陸運支局でナンバーを取得するための手続き代行費用と車庫証明の取得代行費用も含まれています。

検査登録代行費用

OSS申請ではなく、従来通り陸運支局で手続きをするタイプの方法で手続きを代行する費用です。

車庫証明手続き代行費用

警察署へ出向いて車庫証明を取得のための手続き代行費用です。自分でも比較的簡単に取得出来るので、自分で取ればカットできる費用です。

手続きによる違いのみで、検査登録代行費用+車庫証明手続き代行費用の合計と、OSS申請代行費用は、ほぼ同額です。

【ナンバープレート代金】

各都道府県で金額は異なりますが、ナンバープレートの代金は1500円位です。

【預かり法定費用】

検査登録や車庫証明の印紙代です。

新車総額に対しての概算の諸費用

 


車両本体価格

諸費用

車両本体価格

諸費用

100万円
(軽)

約12万円

350万円

約29万円

150万円

約18万円

400万円

約32万円

200万円

約22万円

450万円

約33万円

250万円

約25万円

500万円

約35万円

300万円

約28万円

550万円

約35万円

※ハイブリッドは減税によりおよそ8~20万円ほど諸費用が安くなります。

車に掛かる各種税金・保険

排気量別自動車税一覧


登録月

年額

4月

5月

6月

7月

8,月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

総排気量(cc)

~660

7,200













661~1000

29,500

27,000

24,500

22,100

19,600

17,200

14,700

12,200

9,800

7,300

4,900

2,400


1001~1500

34,500

31,600

28,700

25,800

23,000

20,100

17,200

14,300

11,500

8,600

5,700

2,800


1501~2000

39,500

36,200

32,900

29,600

26,300

23,000

19,700

16,400

13,100

9,800

6,500

3,200


2001~2500

45,000

41,200

37,500

33,700

30,000

26,200

22,500

18,700

15,000

11,200

7,500

3,700


2501~3000

51,000

46,700

42,500

38,200

34,000

29,700

25,500

21,200

17,000

12,700

8,500

4,200


3001~3500

58,000

53,100

48,300

43,500

38,600

33,800

29,000

24,100

19,400

14,500

9,600

4,800


3501~4000

66,500

60,900

55,400

49,800

44,300

38,700

33,200

27,200

22,100

16,600

11,000

5,500


4001~4500

76,500

70,100

63,700

57,300

51,000

44,600

38,200

31,800

25,500

19,100

12,700

6,300

自賠責保険料


37ヶ月 36ヶ月 25ヶ月 24ヶ月 13ヶ月 12ヶ月

軽自動車
35,610 34,820 25,880 25,070 15,960 15,130

自家用自動車
36,780 35,950 26,680 25,830 16,380 15,520

自動車重量税

車両重量
0.5t以下
車両重量
1t以下
車両重量
1.5t以下
車両重量
2t以下
車両重量
2.5t以下
車両重量
3t以下
自家用
軽自動車
新車(3年) 12,300 24,600 39,600 49,200 61,500 73,800  9,900
継続車検(2年) 8,200 16,400 24,600 32,800 41,000 49,200  6,600
本則税率(3年) 7,500 15,000 22,500 30,000 37,500 45,000  7,500

※エコカー減税により、上記より重量税が安くなる車種やグレードがあります

下取り車の金額で絶対に損しないためにすること【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】今あなたの車がいくらで売れるのか?オークション相場から調べて査定額をお伝えする無料サービスです 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!1台1台オークション相場から調べて今の買取金額をお伝えする無料サービスです 夢...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...