あなたのインプレッサを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

インプレッサスポーツのガチな査定相場を紹介!

インプレッサの無料ネット査定

あなたのインプレッサ、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがインプレッサの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

インプレッサの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のインプレッサの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

インプレッサのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのインプレッサを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定の利用実例」として車両情報と車の画像をサイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のインプレッサの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

インプレッサの無料ネット車査定の事例とご利用者の口コミ

インプレッサ ネット車査定の事例/東京都 ガナさん

インプレッサの無料ネット車査定の事例 斜め前画像

インプレッサG4 2.0i-S アイサイト4WD 査定相場 195万~202万円
コウさん
コウさん

お乗りのインプレッサG4の中古車流通台数はまだまだ少なく、現在のところオークションで該当グレード6台を確認出来ました。

上記の査定相場で売却できれば、損のない金額となります。

参考までにカラーがホワイトパールやブラックになると、プラス10~15万円ほど高い相場となっていました。

 

高値の売却を目指すなら、複数の買取店で査定してもらい、相場の上限値を出す買取店を見つけられるといいでしょう。

また、高年式・低走行の車両は、再販のための手入れが最小限で済むため、中古車販売店の需要が高いです。

ユーザーが参加できる買取オークションでの売却なら、直接小売りする中古車販売店が多く参加しているので、上記相場より高値での売却の可能性があります。

ネット車査定利用者プロフィール ガナさん・東京都
車名・グレード名 インプレッサG4 2.0i-S アイサイト4WD
車両データ 平成29年(2017年)式・走行6,500㎞・クォーツブルーパール
ディーラーの査定相場 170~180万円(当サイト予測値)
ネット車査定の相場 195万~202万円
実際に売れた売却金額 –万円
ネット車査定利用者のコメント

インプレッサで査定が高くなる組み合わせは?

インプレッサの高額査定が期待できる組み合わせ

インプレッサで高い査定が出るグレードはコレ!

1.6i-Lアイサイト
2.0i-Sアイサイト
4WD

インプレッサの高額査定を目指すなら、購入時のグレード選びが重要です。

全体的に査定相場が高水準にあるインプレッサですが、中でも高額査定が期待できるのが、上記グレードとなります。

先進技術による安全性能と充実した装備のコストパフォーマンスに優れた1.6i-Lアイサイトは、インプレッサの中でも人気が高く、中古車市場でも引き合いが多くなり、中古車販売店も積極的に仕入れたがるため、高額査定が期待できるグレードとなっています。

インプレッサスポーツの最上位モデルである2.0i-Sアイサイトは、そのスポーティかつハイグレード感あふれるスタイルが、ユーザーにクルマを愛する悦びと、ドライビングの愉しみを約束。インプレッサの中でも抜群の満足感が、高い人気≒高額査定につながっています。

また、4WDは雪道や悪路などで安定した走行性を発揮し、一定の需要がありながら販売台数が少ないため、その需給バランスか査定取相場が安定。インプレッサの買取でも高額査定が期待できるため、必要な方にはおススメです。

インプレッサの購入時は、高額買取も視野に入れたこれらのグレード・仕様をおススメします。

インプレッサで高い査定が出る人気色はコレ!

インプレッサの高額査定が期待できる人気カラー

クリスタルホワイト・パール
クリスタルブラック・シリカ

インプレッサの高額査定を目指すなら、ボディカラーの選択も重要になってきます。

ボディカラーはインプレッサの第一印象を決めます(遠くから見た時、シルエットは判らなくても色は判ります)から、パッと見て「カッコいい!」ボディカラーは、当然人気が高く、売れ残るリスクが低いため、中古車販売店も積極的に仕入れたがるので、高額査定につながるのです。

(要するに、高額査定のコツはあなたのインプレッサを「他のユーザーが欲しがる」≒「中古車販売店が仕入れたくなる」状態に持っていく事にあります。そういう視点を持つと、どんなクルマでも高額査定が狙えるようになります)

清潔感と開放感で見る人の気分を明るくしてくれるホワイトと、重厚感と高級感が見る人に落ち着きと信頼を与えるブラックは、昔から日本人の感性にフィットし、海外でも嫌いな人は少ないため(輸出時の重要ポイント)、インプレッサのボディカラーとしても多く選ばれています。

「ボディカラーだけで、そんなに違うの?」

そう思ってインプレッサの中古車市場を調べてみたところ、ホワイト&ブラック系の人気2カラーとその他カラー(もちろん、走行距離や状態など、他の条件はほとんど同じ)の差額は概ね10~30万円以上

インプレッサの高額査定を目指すためにも、ボディカラーはホワイト&ブラック系の人気2カラーをおススメします。

インプレッサで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

LEDハイ&ロービームランプ
キーレスエントリーシステム
本革シート

インプレッサの高額買取を狙うためには、新車製造時に作りつけるメーカーオプションの選択も重要なカギとなります。

(後付け不可能なため、ディーラーオプションや社外品と比べて買取査定アップにつながりやすいのです)

インプレッサの目元をクールに演出するLEDハイ&ロービームランプは、その安全性(視認性)と経済性(省エネ&長寿命)から人気が高く、買取査定アップにつながりやすいため、おススメオプションの一つです。

インプレッサの高額査定が期待できる人気オプション・キーレスエントリーシステム

いちいちキーを取り出さずにインプレッサを始動できるキーレスエントリーシステムは、管理人も実際に使うまでは「こんなの必要か?」と思っていましたが、いざ使ってみるとその便利さに手放せなくなりました(笑)

インプレッサの高額査定を狙う上ではもちろん、自分で乗る上でも是非ともつけておきたいオプションです。

インプレッサの高額査定が期待できる本革シート

インプレッサの車内をハイグレードに演出する本革シートは、買取査定アップに加えて、自分で乗る上でもおススメしたいオプションの一つです。

合成皮革や織物シートでは敵わないデリケートな感触と座り心地(長く乗るほど高まるフィット感をぜひ)は、多少メンテナンスの手間をかけるだけの価値があります(ただし、冬は最初冷たいため、個人的にはシートヒーターも併せておススメです)。

インプレッサの高額査定を目指すなら、こうしたメーカーオプションも無駄なく活用したいところです。

インプレッサの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

インプレッサの査定が下がってしまうかも知れない不人気カラー

アイスシルバー・メタリック
ピュアレッド

先ほど「人気カラーのインプレッサは高額査定が期待できる」と紹介しましたが、となれば当然、そうでないカラーのインプレッサは、相対的に買取査定がダウンしてしまう事になります。

新車では人気の高いシルバーですが、中古車市場では購買層の変化によりニーズが弱くなる(若者はあまりシルバー系カラーを好まない)ため、査定相場がダウンしてしまう事になります。

これらのカラーは、ホワイト&ブラック系の人気2カラーのインプレッサと比べて10~30万円の査定金額差が出ているので、お得を追求するためには、これらのボディカラーは避けた方が無難です。

修復歴による査定の減額

インプレッサの査定ダウンにつながってしまう修復歴

全体的に買取査定の高いインプレッサですが、事故などによる「修復歴」があると、査定相場に与えるダメージはとても大きなものとなります。

高年式・低走行の「査定相場の高いインプレッサほど、ダメージ(買取相場ダウン)が大きくなる」傾向があります。

ダメージにもよりますが、修復歴アリのインプレッサとノーダメージのインプレッサでは、中古車市場を調べてみると。その査定相場に30~50万円以上の金額差が出ています。

一瞬の油断で、数十万円の大損害。

インプレッサはダメージに対してシビアなクルマですから、手放す瞬間まで気を抜くことなく、セーフティドライブを心がける必要があります。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

インプレッサのモデルチェンジが査定相場に与える影響

モデルチェンジはインプレッサの査定相場に大きく影響を与えますから、買い替えを検討する際の大きな目安となります。

モデルチェンジの前後でインプレッサの査定相場を見ると、マイナーチェンジでは10~30万円、フルモデルチェンジでは30~50万円以上の影響が生じています。

モデルチェンジを大分すると、フルモデルチェンジとマイナーチェンジの2つがあり、それぞれ意味合いやインプレッサの査定相場に与える影響が違って来ます。

インプレッサの内外装やエンジン等の仕様を一新し、完全な別モデルとして生まれ変わらせるのがフルモデルチェンジで、インプレッサの一部を改良し、内外装のデザインやエンジン等の仕様を更新するのがマイナーチェンジです。

インプレッサの査定相場に与える影響としては「フルモデルチェンジ>マイナーチェンジ」となります。

これらのモデルチェンジは、インプレッサの見た目や性能、乗り心地や使い勝手に至るまで大きく変わることから、ユーザーの人気が移って新旧インプレッサの査定相場に上記のような影響を与えるのです。

つまり、モデルチェンジのタイミングを逃してしまうと、インプレッサの査定金額に大きなダメージ(損失)を受けてしまうリスクが高まるのです。

フルモデルチェンジによって旧式となるインプレッサの査定相場が下がり始めるのは、一般的にモデルチェンジの入る3ヶ月前からと言われています。

フルモデルチェンジのタイミングでインプレッサを買い替えるのであれば、事前から出ている情報をつかみ、モデルチェンジの入る3か月前を目安にインプレッサを売れるようにしましょう。

輸出によるインプレッサの査定相場の底値は?

インプレッサの輸出相場を査定

現行(2016年10月~) 不明
4代目(2011年11月~)
 2.0(2,000㏄) 50~100万円
 1.6(1,600㏄) 30~50万円
3代目(2007年6月~) 5~10万円

過走行や修復歴によって国内市場では敬遠されてしまうようなコンディションのインプレッサでも、海外市場ではニーズがあるため、輸出買取相場に出せれば上記の底値で買い取って貰えるチャンスがあります。

2,000㏄と1,600㏄では、2,000㏄の方が需要もより高く、高額査定が期待できるでしょう。

ちなみに、インプレッサを輸出買取相場に出すためには、ディーラーではなく買取店で査定して貰う必要があります。

ディーラーの下取りに出すと「価値ゼロ+処分手数料」と査定されてしまうようなインプレッサでも、海外市場では十分に査定相場が残っているため、諦めないで買取店へ持って行きましょう。

ただし、完全に動かなくなってしまったインプレッサでは、さすがに輸出買取相場でも底値を割ってしまうかも知れません。

インプレッサは基本的に国内市場で回っているクルマですから、高額査定を実現するためと思って、少しでも「価値を残す」ことを意識した安全運転が大切です。

10年間のインプレッサの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

インプレッサのリセールバリュー

当サイトで実際に業者間オークションの相場を見て出した、インプレッサの査定相場推移です。

皆さんがインプレッサを売るタイミングの参考にしてください。

現行型インプレッサの査定相場(2018年7月査定)

5代目現行型インプレッサのリセールバリュー

2016年10月~販売中

インプレッサ1.6i-Lアイサイト 4WD/色:白黒/修復歴なし/新車価格216.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 192万円 88.8% 180万円
2017年 1.0万キロ 158万円 73.1% 143万円
2016年 1.7万キロ 156万円 72.2% 139万円

2018年7月時点における現行型インプレッサの中古車相場を独自査定、年式ごとにまとめました。

当年モデルから1年落ちの落差は大きなものの、2年落ち以降は年式相応に緩やかな下降を示しています。

今後、モデルチェンジが入らなければこのまま穏やかに推移していくでしょう。

ちなみに、表の右端にインプレッサをディーラー下取りに出した場合の査定金額を乗せていますが、買取店での査定額に比べて、約15万円ほど安くなっているのがわかります。

この差額を、手続きや車両の移送など一切合切の代行コストと考えられなくもありませんが、少しでも手元にお金を残したい方は、ディーラーに丸投げより、買取店でも査定して貰い、比較検討するといいでしょう。

4代目インプレッサの査定相場(2018年7月査定)

 

4代目インプレッサのリセールバリュー

2011年11月~2016年10月生産モデル

インプレッサ1.6i-L 4WD/色:白黒/修復歴なし/新車価格176.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2016年 1.6万キロ 124万円 70.4% 81万円
2015年 3.0万キロ 123万円 69.8% 75万円
2014年 3.8万キロ 118万円 67.0% 68万円
2013年 4.5万キロ 76万円 43.1% 54万円
2012年 6.5万キロ 75万円 42.6% 41万円
2011年 7.4万キロ 56万円 31.8% 35万円

2018年7月現在における4代目インプレッサの中古車相場を当サイトで査定、年式順にまとめています。

インプレッサ1.6i-L 4WDの3年落ちリセールバリューは69.8%と3年落ち普通乗用車の平均値(50~55%)を上回っているため、価値を残しやすいクルマと言えるでしょう。

ただ、2014年11月のマイナーチェンジによる影響を大きく受けているのか、5年落ちとなる2013年にリセールバリューの下落が顕著となっています。

以降は概ね年式相応に、穏やかな下落傾向を示しています。

ちなみに、ディーラー下取り金額を年式で見ていくと、マイナーチェンジ等の影響はほとんど見られず、年式に従って段々と下がっているのがわかります。

これはディーラーが年式など表面的なデータのみでインプレッサを査定しており、ボディカラーやグレード、オプション等のプラス要素を見ていないことを示しています。

せっかくプラス査定が見込めるインプレッサがそんな風に下取りされては非常にもったいないので、やはり買取店でも査定して貰うようにしましょう。

3代目インプレッサの査定相場(2018年7月査定)

3代目インプレッサのリセールバリュー

2007年6月~2011年11月生産モデル

インプレッサ1.5i-L 4WD/色:白黒/修復歴なし/新車価格156.4万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2011年 7.4万キロ 38万円 24.2% 25万円
2010年 8.5万キロ 28万円 17.9% 23万円
2009年 8.9万キロ 25万円 15.9% 8万円
2008年 10.6万キロ 18万円 11.5% 7万円

2018年7月に査定した3代目インプレッサを、年式別の一覧表にしました。

7年落ち以降になるとリセールバリューも25%を割り込み、値下がり幅も5万~10万円前後とごく穏やかになります。

ここまで来ても、輸出の底値である5万~10万円の査定相場までまだ余裕があるため、お得感を享受しながら売却してもよし、もっと乗り続けても更なるお得感が引き出せるでしょう。

ただ、言うまでもなく輸出相場はちゃんと乗れる・走れる状態のインプレッサが対象なので、くれぐれも事故など起こさないよう、大切に乗るようにしましょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

15年落ちオーバー、過走行でもインプレッサは売れるのか?

インプレッサは古くなっても、過走行でも査定相場が残っているのか、以下のインプレッサを例に見てみましょう。

初代インプレッサのリセールバリュー
20年落ち 初代インプレッサWRX 307,000㎞ グレー 修復歴あり 
10万円前後

この20年落ちとなる初代インプレッサWRX(現行型より4代前)をオークション価格から査定したところ、10万円前後の査定相場が残っていました。

※WRXやSTIは特に相場が残る傾向が強く、他にも2、30万~5、60万円台のクルマが出ています。

このクルマの内容は「下回りサビ」「外装ペイント剥げ」「エンドパネル歪み切れ」「左Rコーナーパネル腐食穴」「エンジン廻りオイル漏れ」など、かなりダメージを受けていながらこの査定相場、流石はWRXです。

また、修復歴なしで走行距離20万キロ代前半なら15万円前後の査定相場がついているので、WRX、STIならまず廃車という結末は免れるでしょう。

ただし、先ほども紹介した通り、ディーラーは車種や年式くらいしか見ていない(少なくとも表面上は)ため、20年落ち・20万キロオーバーなんて言ったら「お値段がつけられないので、廃車手数料をサービスします」などと言われてしまうでしょう。

そんな事になったら大損なので、買取店でも査定して貰って、大切なインプレッサをお得に売却したいですね。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら