インプレッサスポーツの限界値引きとリセールバリューの高いグレード&オプションをレポート

インプレッサスポーツの限界値引きとリセールバリューの高いグレードを紹介

インプレッサスポーツから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、業者間オークションの相場から算出したリセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、インプレッサスポーツの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、インプレッサスポーツ購入の参考にしてみてください。

この記事の目次

インプレッサスポーツ取り扱いディーラー

スバル店

インプレッサスポーツ月販目標台数:2200台

新型インプレッサスポーツ今月の値引き相場

インプレッサスポーツ値引き難度:普通
車両からの目標値引き:13万円
オプション値引き相場:30~40%引き
オプションからの値引きを含む限界値引き:30~40万円

インプレッサスポーツの値引きはガードが固めで、地方では「車両本体の値引きは10万円が限界」などと主張しながら、その代わりにオプション値引きのアップをするパターンが目立ちますが、大都市部は比較的ガードが甘く、割安な値引きが狙えます

インプレッサスポーツの値引き交渉は、他メーカーのライバル車と競合させて値引き条件を引き出し、最後に別経営のスバル販売店でインプレッサスポーツの決勝戦に持ち込むのがセオリーです。

ただし、スバルの正規ディーラーは都道府県に1社しかないため、スバル同士の競合には越境するか、あるいはサブディーラーを活用する選択肢もあります。

インプレッサスポーツはオプション値引きが大きく取りやすいため、車両本体からの値引きが限界に近づいたら、自分が欲しいオプションを付けつつ、オプションからの値引きを引き出していきましょう。

新型インプレッサスポーツの限界値引き交渉術!

値引きの神様にお願い

ライバル車の燃費の良さを交渉材料にする

インプレッサスポーツの値引き交渉をする際は、燃費について比較させると効果的です。

インプレッサスポーツの燃費は、1.6で17.0-18.2km/L、2.0で15.8-17.0km/Lとなっていますが、競合車であるカローラフィールダーやカローラスポーツ、シャトルにはハイブリッド車が用意されています。

非常に良い燃費性能を持っていますから、比較させるには最適ですね。

これらの競合車は、どれも車両本体価格に大きな差がないため、燃費の違いで比較しやすいです。

購入後の燃費による維持費の差を引き合いに出して、インプレッサの値引き交渉してみましょう。

燃費を気にするユーザーが多い事はセールスマンも承知しているので、比較的楽に値引きを引き出せる可能性があります。

走りの良さを交渉材料にする

走りに定評があるインプレッサスポーツですから、ライバル車の走りを比較させて値引き交渉してみましょう。

アクセラスポーツにはディーゼル車が用意されていて、トルクフルな走行性能で、ユーザーも走りを楽しむことができます。

一方インプレッサスポーツは、レシプロエンジンらしく、どの回転数でもその速度に見合った加速ができ、思い通りの走りができますが、トルクではアクセラのディーゼルに一歩引けを取ってしまいます。

また、ディーゼル車のアクセラスポーツは、ガソリンよりも安い軽油のため燃料代を抑えることができます。

インプレッサスポーツには無いライバル車の良い部分を引き合いに出して、ライバル車と迷っているとしながら、値引き交渉をしていきましょう。

使い勝手の良さを比較する

カローラフィールダーやシャトルはステーションワゴンなので、ラゲージルームが広く多く荷物を載せることができます。

インプレッサスポーツも十分なラゲージスペースが確保されていますが、カローラフィールダーやシャトルと比較するとやや不利です。

インプレッサスポーツのラゲージルームは、左右のタイヤハウスの張り出しが大きく、フィールダーやシャトルと比べると、多くの荷物を積むために積み方を工夫する場面もあります。

このようにライバル車と比較して、少し欠点に思う部分を値引きの材料にして交渉を進めてみるのもいいですね。

その他にも運転席や助手席の収納やアンダーボックスの有無などの収納スペースを比較させて、「ライバル車のココがインプレッサよりも優れているので迷っている」と商談するのが効果的です。

スバル同士の競合・サブディーラーを活用

スバルのディーラーは、各都道府県に1社のみなので、同じ県内にあるスバルディーラー同士を競合させることは出来ません。

しかし県を跨げば、経営する会社が変わるので、スバルディーラー同士の競合が可能になり、インプレッサスポーツの値引き条件を互いにぶつけて、さらに値引きの上乗せを狙うことが出来ます。

競合出来るディーラーの見分け方はこちら

また、スバルディーラーの値引きが渋ければ、サブディーラーへ行って「スバルディーラーの値引きが渋くて困っている。インプレッサの値引きは出来ませんか?」と正規ディーラーの値引きが渋いことを伝えれば、値引きに応じてくれるサブディーラーは多いです。

ライバル車との競合で値引きを引き出して、同士競合やサブディーラーを活用することで、インプレッサスポーツの限界値引きが獲得できるでしょう。

コウさん
コウさん

インプレッサの値引きポイント

インプレッサの車両本体の値引きは低いが、オプションからの値引きを含めれば、25万円以上の値引きは十分可能だ。中にはオプションを50万円以上付けた状態で、値引きの総額35万円以上の実例もあるぞ。

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずインプレッサスポーツの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

カーナビ

スバル純正ナビ パナソニック 社外ナビ
本体 ケンウッド 彩速ナビ ストラーダ CN-RX05D
画面大きさ 7インチ 7インチ
価格 150,000円 106,568円
(Amazon)
バックカメラ 23,760円 10,603円
(Amazon)
ナビ工賃 18,040円 29,800円
(Amazon)
合計額 191,800円 146,971円
純正との価格差 -44,829円
ETC最安 18,252円 5,650円
(Amazon)
ETC2.0 40,824円 13,518円
(Amazon)
カロッツェリア サイバーナビ

純正ナビには使いやすくて音質に評判のあるケンウッドの彩速ナビを選択、バックカメラやナビ取りつけ工賃を含めて約19.1万円とクオリティ相応な価格となります。

一方の社外品ナビは、Amazonで買える人気のパナソニック ストラーダナビを選択、同じく使いやすさと画面の見やすさで人気のあるカロッツェリアのサイバーナビをチョイス。

社外品もナビ本体に加えてバックカメラや工賃チケットを購入、合計で約14.6万円となりました。純正品で揃えた場合と比べて約4.4万円ほど割安に購入できます。

※工賃チケットとは、Amazonと提携しているカーショップなどでAmazonで購入した社外品を取りつけてくれるサービスです。

ここでもっとお金を浮かせたい方は、ナビ等を新車契約時に取りつけ工賃サービスを契約条件に追加して貰うといいでしょう。

他にETC類も、社外品の方が純正品よりも安く購入できるため、こうした一つ一つの差額を積み上げて、インプレッサスポーツの支払総額を安くしていきましょう。

フロアマット

インプレッサスポーツ純正フロアマット

  • フロアカーペット 30,780円

社外品インプレッサスポーツ用フロアマット


・純正品との差額 2.1万円以上

楽天市場で購入出来る社外品フロアマットは、純正に比べて2万円ほど安く買える事に加えて、6カラーのバリエーションから選べて消臭抗菌加工もされています。

フロアマットは比較的簡単に取り付けできるため、社外品のマットを購入するだけで交渉の手間なく2万円の値引きと同等の成果を得られるでしょう。

ただ、フロアマットくらいならディーラーで工賃無料で付けてくれる事も多いので、契約時に持ち込み工賃無料で取り付けてもらうよう、交渉してもいいでしょうね。

ドアバイザー

インプレッサスポーツ純正ドアバイザー

  • ドアバイザー 20,520円

社外品インプレッサスポーツ用ドアバイザー


・純正品との差額 1.0万円以上

楽天市場で買える社外品のドアバイザーは、純正に比べて10,000円前後安く買う事が出来ます。

更に自分で取りつけて工賃も浮かせたいところですが、ドアバイザーの取りつけにはちょっとコツがいるので、苦手な方は新車契約時にディーラーで取り付けてもらうよう交渉するといいでしょう。

持ち込み工賃をサービスできれば、純正品との差額と合わせて、お得な値引きとなります。

ドライブレコーダー

インプレッサスポーツ純正ドライブレコーダー

  • 純正SAAドライブレコーダー 37,800円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 31,000円以上

近年人気急上昇中のドライブレコーダーですが、社外品なら純正品よりも3万円前後安く買う事が出来ます。

それだけで3万円の値引きと同じ効果を得られますが、インプレッサにはアイサイトが付いているので、フロントガラスに取り付ける範囲に制限があります。

その点が不安なら、通販よりもオートバックス等のカーショップで購入・取り付けしてもらうといいでしょう。

スバル純正のドライブレコーダーよりも安く、アイサイトに取り付けの実績もあるので安心感もあり、インプレッサスポーツの総支払額を下げる事ができます。

コウさん
コウさん

インプレッサスポーツの値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、スバルの場合、純正オプションからの値引きが多くなるので、最終的にトータルでどちらが得なのか、値引き交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

インプレッサスポーツの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 全車速追従型

新型インプレッサスポーツの納期は?

インプレッサスポーツの納期2ヵ月~3ヵ月

スバル インプレッサスポーツの納期は、ディーラーの見込み発注車に希望のグレードがあれば、およそ1ヶ月で納車可能です。

新たにメーカーへ発注となると、2~3ヶ月の納期が掛かっています。

インプレッサスポーツの価格と各グレードのリセールバリューは?

価格と各グレードのリセールバリューは?

どのグレードがより高く売れるのか?1年落ちインプレッサスポーツのリセールバリューを、グレードごとに調査しました。

※1年落ち走行1万キロ前後、修復歴なし、白黒、年式なりの車両状態の相場データです

インプレッサスポーツのグレード名 1年後の買取相場 新車価格(円) リセールバリュー
1.6 1.6i-L EyeSight 182万円 1,944,000 93.6%
1.6 1.6i-L EyeSight S-Style* –万円 2,106,000 %
2.0 2.0i-L EyeSight 204万円 2,181,600 93.5%
2.0 2.0i-S EyeSight 209万円 2,397,600 87.1%
1.6 1.6i-L EyeSight 4WD 195万円 2,160,000 90.2%
1.6 1.6i-L EyeSight S-Style 4WD* –万円 2,322,000 %
2.0 2.0i-L EyeSight 4WD 228万円 2,397,600 95.1%
2.0 2.0i-S EyeSight 4WD 246万円 2,613,600 94.1%

*特別仕様車

インプレッサスポーツのリセールバリューの傾向は、現行型の中古車流通台数がまだ少ないので、装備や色による相場のブレがありますが、概ね上記の残価率となっています。

2.0i-Sアイサイトの2WDを除けば、概ね横並びのリセールですが、2WDと4WDを比較すると、やや4WDの方がリセール有利かなと見て取れます。

インプレッサスポーツの人気グレードとリセールバリューから見たおすすめのグレードは?

インプレッサスポーツの売れ筋人気グレードは、「1.6i-Lアイサイト 4WD」です。流通台数が一番多く、売れ筋の人気グレードとなっています。

リセールバリューから見たおすすめグレードは2.0i-Lアイサイト 4WD

リセールバリューから見たインプレッサのおすすめグレードは、「2.0i-Lアイサイト」です。

2WDでも同等のリセールですが、年数が経過するに連れて4WDの方が価値が残りやすいため、ここでは4WDをおすすめします。

とは言え、インプレッサスポーツのグレード間によるリセールの差は少ないので、基本はどのグレードを選んでも損はないでしょう。

同等のリセールであれば、初期費用が安いほど売却時の損失は少なく済むので、そう言った意味では1.6もおすすめできます。

ただ、1.6ではエンジンのパワー不足、トルク不足を感じるので高速メインで走るなら、また、より楽に運転したいなら2.0がおすすめです。

リセールバリューから見たインプレッサスポーツのおすすめカラーは?

リセールから見たおすすめカラーは、「クリスタルホワイトパール」と「クリスタルブラックシリカ」です。

他色と比べて15~20万円前後高い査定相場となっているので、特別こだわりの色が無ければ、無難ですが上記2色をおすすめします。

リセールバリューから見たインプレッサスポーツのおすすめオプションは?

  • スマートキー

1.6i-Lのみオプションですが、スマートキーは中古車市場での需要が高いので、装備されていればプラス査定です。

内装パーツやLEDライナーなどのディーラーオプションよりも、よほど査定額が上がるので、余裕があれば付けておきたいオプションです。

  • LEDヘッドライト+ステアリング連動ヘッドランプ

こちらは2.0i-S以外のグレードでメーカーオプションですが、後から付けることが出来ないメーカーオプションと言う事で、付いているとリセール価値が上がります。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

インプレッサスポーツは機械式の立体駐車場に入る?

スバル インプレッサスポーツの車体寸法は、以下の通りとなっています。

全長4,460mm
全幅1,775mm
全高1,480mm

ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています(横幅は1,850mm)。

インプレッサスポーツの全高は1,480mmなので、機械式の立体駐車場に停められます

インプレッサスポーツの実燃費は?

インプレッサスポーツ1.6(4WD)の実燃費

カタログ燃費:17.0km/L

渋滞を含む街中の燃費:10-12km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:12-14km/L
高速道路の燃費:14-16km/L
インプレッサスポーツ1.6の平均実燃費:13-14km/L

インプレッサスポーツ2.0i-S(4WD)の実燃費

カタログ燃費:15.8km/L

渋滞を含む街中の燃費:8-10km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:11-13km/L
高速道路の燃費:13-15km/L
インプレッサスポーツ2.0の平均実燃費:11-12km/L

スバル インプレッサスポーツの実燃費は気温と密接な関係にあり、通常、気温が低いほど実燃費は悪くなります(エンジン暖機に燃料消費が多くなります)。

一方、夏はエアコンを使う関係で、電気=燃料消費が多くなるため、冬に次いで燃費が悪くなりがちです。

これを図にすると、インプレッサスポーツの実燃費と季節(気温)の関係はこのようになります。

燃費 悪い:冬 < 夏 < 秋 <春:よい

インプレッサスポーツの最新モデルチェンジ

2018年10月11日 インプレッサスポーツを一部改良

スバル インプレッサスポーツ

今回の一部改良では、ドライバーの疲労軽減、運転の快適さを向上させました。

信号待ちや一般道での渋滞など、ブレーキペダルを踏み続けるシーンで、ブレーキペダルから足を離しても自動的に車両の停止を保持する、オートビークルホールド機能を追加しました。

インプレッサスポーツのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

当面予定なし

モデルチェンジ推移

2018年10月11日一部改良
2018年2月26日特別仕様車「1.6i-L EyeSight S-style」
2017年9月11日一部改良
2016年11月28日グレード追加
2016年10月13日フルモデルチェンジ
2015年10月6日一部改良
2015年6月19日ハイブリッドを追加
2015年4月14日特別仕様車「Proud Edition」
2014年11月25日マイナーチェンジ
2013年12月24日特別仕様車「2.0i-S Limited/2.0i-S Limited EyeSight」
2013年10月29日一部改良
2013年5月14日特別仕様車「アイボリーセレクション」
2011年11月30日インプレッサスポーツ発売
2010年12月21日特別仕様車「1.5i-S Limited」「2.0i-S Limited」
2010年6月24日一部改良
2009年9月2日一部改良
2009年4月16日特別仕様車「Comfort Selection II」
2008年10月8日一部改良
2008年5月8日特別仕様車「15S Comfort Selection」
2007年11月14日特別仕様車「BEAMS EDITION」
2007年6月5日フルモデルチェンジ
2006年6月19日一部改良
2005年6月マイナーチェンジ
2004年6月一部改良
2003年9月一部改良
2002年11月マイナーチェンジ
2001年9月一部改良
2000年8月23日デビュー

 

コウさん
コウさん

インプレッサスポーツの値引きポイント

インプレッサは、ほぼ毎年改良やモデルチェンジが行われる。このタイミングで現行モデルの値引きが一気に緩むんだ。新しいモデルに拘らなければ、改良前の現行インプレッサを限界値引きで購入できるチャンスだぞ。

値引きに効くインプレッサスポーツの競合車は?

マツダ アクセラスポーツ

マツダアクセラ

スカイアクティブテクノロジーが搭載されたマツダの『アクセラスポーツ』

走る・曲がる・止まるといった車の基本動作をスムーズに行うことができ、高い走行性能を実現させる技術が詰まった一台となっています。

ストレスなく運転できるように、ドライバーの運転姿勢やしっかりとした走りができるためにボディの剛性を高めたり、軽量シャーシを採用するなど、完成度の高い車です。

また、アクセラスポーツにはディーゼル車が用意されており、トルクフルな走りを体感することができます。

走りに定評のあるスバルインプレッサスポーツと比較するには最適な車種ですね。

加速性能や走行の安定性などを引き合いに出して、値引き交渉してみましょう。

アクセラスポーツの限界値引きはこちら

トヨタ カローラスポーツ

トヨタ カローラスポーツ

オーリスの後継車、カローラスポーツです。

スポーティなハッチバックモデルとして、インプレッサスポーツと競合できます。

1.2Lダウンサイジングターボやハイブリッドなど、インプレッサにはないパワートレインがあるので、迷っているとしながら、値引き交渉を進めましょう。

カローラスポーツの限界値引きはこちら

トヨタ カローラフィールダー

トヨタカローラフィールダー

広いラゲージスペースと低燃費が特徴のトヨタ『カローラフィールダー』

大容量のラゲージスペースが特徴で、多くの荷物を載せることができます。

後部座席のシートを倒せば、長尺なものや自転車なども載せることができるので、使い勝手がいいですね。

シートアレンジが多彩で、ボディサイズに比べるとラゲージスペースが広いことが多くのユーザーから好まれる理由です。

また、カローラフィールダーにはハイブリッド車が用意されており、燃費に関して非常に優れています。

カタログ燃費では約33.8km/Lとなっており、インプレッサスポーツと比較すると10km/L以上の差になります。

車を選ぶ際に燃費は非常に重要な項目ですから、この部分を交渉材料にして、値引き交渉すると効果的です。

カローラフィールダーの限界値引きはこちら

ホンダ シャトル

ホンダシャトル

進化し続けているホンダの『シャトル』

使い勝手が良く、先進的なデザインが特徴的です。フォグランプがLEDに変更されたり、スマホアプリとの連動が可能となったりと、注目を集めています。

また、ホンダ独自の安全技術である「ホンダセンシング」が標準装備されるなど、安全面の強化もされました。

安全技術の評価が高いスバルの「アイサイト」と比較して、値引き交渉すると効果的です。

踏み間違いによる事故や追突事故などが多くなっている中で、安全面を重視するユーザーも増えています。

このような安全に関しての技術を値引き交渉の材料として、交渉を進めてみましょう。

シャトルの限界値引きはこちら

新型インプレッサスポーツを残価設定ローンで購入すると?

スバル インプレッサスポーツを残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

グレード名 インプレッサスポーツ 2.0i-L EyeSight 4WD
車両本体価格 2,397,600円
車両本体値引き ▲180,000円
メーカーオプション価格 32,400円
ディーラーオプション価格 309,312円
ディーラーオプション値引き ▲61,000円
諸費用 181,080円
支払総額 2,679,392円
頭金 0円
ローン元金 2,679,392円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 3.90% 3.90%
毎月支払額 50,219円×35回 37,206円×59回
最終回(残価) 1,147,000円×1回
(47.8%)
832,000円×1回
(34.7%)
金利を含む支払総額 2,904,665円 3,027,154円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。また、販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

コウさん
コウさん

インプレッサスポーツの値引きポイント

ディーラーは残価設定ローンの契約なら、数年後の代替需要まで見込めるため、値引きを緩めて来るぞ。残クレでインプレッサスポーツを購入するなら、限界まで値引きを引き出そう!

残クレ終了後はディーラーへ返却する前に買取店で査定してもらおう

残クレ終了時は、ディーラーへ車を返却するのが当然と言ったイメージがありますが、そうではありません。

ディーラーの残価よりも高く売れる所があれば、そこへ売って構わないのです。

おすすめは、買取店の無料査定サイト「かんたん車査定ガイド」です。

申し込み後の概算相場で、ディーラーの残価と簡単に比較できますし、無料で複数の買取店へ一括査定を依頼できます。

複数の買取店が査定額を競い合う事で、高値での売却が可能です。

かんたんに45秒で申し込みが可能、その後すぐに概算相場が表示されます。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!弊社で買取る事はしないので、だからこそ本当の相場をお伝えします 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら ...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
ガラスコーティング・ポリマー加工・車磨きなら横浜エリア・平塚の早野ぴっかり工房へ