シャトルの限界値引きとリセールバリューの高いグレード&オプションをレポート

シャトルの限界値引きとリセールバリューの高いグレードを紹介

シャトルから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、業者間オークションの相場から算出したリセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、シャトルの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、シャトル購入の参考にしてみてください。

この記事の目次

シャトル取り扱いディーラー

ホンダ全店

シャトル月販目標台数:2500台

新型シャトル今月の値引き相場

シャトル値引き難度:普通
車両からの値引き:13万円
オプション値引き相場:20~30%引き
オプションからの値引きを含む限界値引き:20~25万円

フィットベースのワゴン車シャトルです。

シャトル/シャトルハイブリッドの値引き相場は、フィットと同じく車両本体から15万円前後が限界値となっています。

シャトルの限界値引きを達成するには、ライバル車との競合に加えてシャトルの値引き条件を競わせる「ホンダディーラー同士の競合」が必要です。

また、商談時期・契約時期など、シャトルの値引き交渉を有利に展開できる時期的要因もあるので、全てを上手く回してシャトルの限界値引きを勝ち取りましょう!

新型シャトルの限界値引き交渉術!

値引きの神様にお願い

シャトルとライバル車を競合させる

シャトルのライバル車は、トヨタのカローラフィールダー、スバルインプレッサスポーツ、マツダアクセラスポーツなどです。

一番のライバルは、やはり同じステーションワゴンでハイブリッドも用意されている、カローラフィールダーでしょう。

カローラフィールダーはモデル末期ですが、販売台数では常にシャトルの上を行っています。

また、モデル末期のため値引きも出ているので、値引き額や総支払額でシャトルと比較して、値引き交渉を進めると良いでしょう。

フィールダーのハイブリッドが総額〇〇万円で買える。これよりも総額で安くなれば、シャトルを契約したい」などと値引き交渉すると効果があります。

もちろんフィールダー以外に、シャトルと本当に迷っているライバル車があれば、そのライバル車と競合させた方が、よりリアリティが伝わります。

シャトルの購入時期は「決算時期」がねらい目

ホンダを始め各自動車メーカーのディーラーには、年度の売り上げの締めとなる「決算時期」というものがあります。

年度の売り上げを左右する非常に大事な時期なので、通常よりもシャトルの車体価格を大幅に値引きしてくれるだけでなく、様々なサービスを提供してくれるなど、お得が盛りだくさんです。

一番決算セールが盛んになる、1月中旬~3月末までの年度末決算時期は、シャトルの限界値引きが多発します。

また、9月の中間決算期も8月後半~9月末まで決算セールが行われるので、この時期も交渉次第でシャトルの限界値引きが期待できるでしょう。

決算時期の週末はホンダディーラーでイベント等が開催され、通常よりも値引き枠が期待できるため、週末に契約のタイミングで商談を進めると、成功しやすいです。

同じ「シャトル」で違うホンダディーラー同士を競合させる

ホンダのディーラーは「ホンダ カーズ」という名で全国展開をしてますが、店名の地域名が異なっていると別法人のディーラー扱いとなります。

東京都内だけで比較すると、「ホンダカーズ 東京中央」「ホンダカーズ 東京」「ホンダカーズ 武蔵野」などです。

これらは全て別会社なので、それぞれのディーラーでシャトルの値引き条件を競合させる事が出来ます。

別会社のディーラーを見分ける方法はこちら

ディーラーが異なれば、提供されるサービスや新車購入時の値引き額も異なります。

同じシャトルで違うディーラー同士で競い合わせると、限界値引き達成が見えてくるでしょう。

また、東京の他に神奈川や埼玉・千葉などといった県をまたいでも会社が変わるので、他県のホンダと比較するのも値引き交渉のひとつです。

オプション品の無料サービスもシャトルの値引き

基本はシャトルの車両本体からの値引きを交渉しますが、続いてディーラーオプションからの値引きも要求していきましょう。

ディーラーオプションの純正ナビやコーティング、メンテパックからの値引きや、ETC車載器、フロアマット、ドアバイザーなどといった小物のオプションを無料サービスにしてくれるよう交渉してみましょう。

最後にダメ元で納車時のガソリン満タンをお願いしても良いでしょうね。満タンが駄目でも半分位は入れてくれるかもしれません。

何も言わなければ、納車後すぐにガソリンスタンドに直行しないと不安になる位しか入っていません。。

ほとんどのディーラーで、車両値引きに加えてオプション値引きやサービスをしてくれるので、しっかりと希望を伝えましょう。

値引きのダメ押しとして「端数切り落とし」

値引き交渉の最後のダメ押しとなる、シャトルの総支払額の端数を切り捨ててもらいましょう。

例えば、「2,528,567円」が総額なら、端数をカットしてもらい「2,500,000円」で契約する、と言った事です。

最後の最後にダメ押しとして使えば、契約目前まで来ているので、セールスマンに直接的な値引き金額を要求するよりも言い易いですし、「ここまで来れば・・」とセールスマンもOKしてくれる流れが多いです。

コウさん
コウさん

シャトルの値引きポイント

シャトルの平均値引きは、オプションからの値引きを含めても15万円程度が一般的だ。しかし、上記の値引き交渉術を用いる事で、値引きの総額20万~20万円台後半も可能なので、限界値引き目指して交渉を頑張ろう!

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずシャトルの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

カーナビ

ホンダ 純正ナビ ケンウッド 社外ナビ
本体 エントリー インターナビ(ケンウッド) 彩速ナビ MDV-M705
画面大きさ 7インチ 7インチ
価格 105,840円 58,850円
(Amazon)
バックカメラ 22,680円
(リアカメラdeあんしんプラス)
7,525円
(Amazon)
ナビ工賃 16,046円 29,800円
(Amazon)
合計額 144,566円 96,175円
純正との価格差 -48,391円
ETC最安 17,280円 5,970円
(Amazon)
ETC2.0 33,480円 20,322円
(Amazon)
パナソニック ストラーダナビ

シャトルのカーナビに、純正品と社外品をそれぞれ入れた場合の金額を比較してみましょう。

純正の方には厳選された基本機能でシンプルに使いやすいケンウッドのエントリー インターナビを選択、センサーでバック時の死角をカバーしてくれるリアカメラdeあんしんプラスと、ナビの取りつけ工賃を含めて合計およそ14.4万円。

対する社外品ナビにはスマホ感覚で操作できる便利さと、画質の高さでシャトルユーザーから人気を集めているケンウッドの彩速ナビ、そして比較対象にフルセグやCD録音、オプションなしでステアリングスイッチと接続連動できて、こちらも好評なパナソニックのストラーダナビを選択。

バックカメラとナビ工賃を合わせて約9.6万円、純正品で揃えた場合に比べて約4.8万円も割安となり、実質的に値引きと同じ効果が得られます。

その他、ETC類も純正品より社外品の方に割安なものが多く、これらの差額を合わせていくことでシャトルの支払総額を大きく下げていけるでしょう。

フロアマット

シャトル純正フロアマット

  • デザインタイプ 49,680円
  • プレミアム 34,560円
  • スタンダード 22,680円

社外品シャトル用フロアマット


・純正品との差額 1.3万~4.0万円以上

シャトルに敷くフロアマットを純正品からこちらの社外品に変えると、純正品の定価に対して1万~4万円以上も割安なぶん、同額の値引きを削り出したのと同じ成果が交渉の手間なく得られます。

こちらは2色を選べる上に品質も安心の日本製、純正品に引けをとらない出来なので、コストパフォーマンスではより優れていると言えるでしょう。

取りつけもシャトルくらいの車格であれば大した手間ではないため、自分でやってもよし、面倒なら新車購入時にディーラーにお願いすれば、気持ちよく工賃サービスで引き受けてくれることも多いです。

ドアバイザー

シャトル純正ドアバイザー

  • ドアバイザー 16,200円

社外品シャトル用ドアバイザー


・純正品との差額 1.0万円以上

シャトルの窓に装着するドアバイザーをこちらの社外品にすると、純正品の定価に対して1万円以上の割安となるので、それだけ値引きして貰ったのと同じ効果があります。

取りつけも自分でやれば手っ取り早いですが、少しコツがいるため苦手な方やめんどくさい方は新車でシャトルを購入するときにディーラーへ持ち込み、工賃の無料サービスor値引きを交渉してコスパをより高めたいところです。

ドライブレコーダー

シャトル純正ドライブレコーダー

  • フロント用(ナビ連動、駐車時録画機能) 30,240円
  • フロント用(ナビ連動) 27,000円
  • フロント用(GPS、液晶モニター付き) 27,000円
  • フロント用(液晶モニター付き) 21,384円
  • リア用 27,000円
  • ドラレコパッケージ(フロント各種+リア) 47,304円~56,160円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 1.5万~2.4万円以上

最近報道されている「あおり運転」問題によって需要が急上昇しているドライブレコーダーですが、こちらの社外品を選ぶと、純正品の定価に対する差額分だけ値引きして貰ったのと同じ効果が得られます。

ドライブレコーダーの装着は慣れないと難しいので、新車でシャトルを購入するタイミングでディーラーに持ち込み、工賃のサービスor値引きを交渉して、トータルコストを少しでも下げていきたいところです。

コウさん
コウさん

シャトルの値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

シャトルの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 全車速追従型

新型シャトルの納期は?

シャトルの納期1ヵ月~2ヵ月

シャトルの納期は、ディーラーの見込み発注車の中に希望の仕様があれば、納期は1ヶ月程度で可能です。

新たにメーカーへ発注となると、1~2ヶ月ほどの納期となっています。

シャトルの価格と各グレードのリセールバリューは?

価格と各グレードのリセールバリューは?

シャトルでは、どのグレードが売却時により高く売れるのか?3年落ちシャトルのリセールバリュー(残価率)を、グレードごとに調査しました。

※3年落ち走行3万キロ前後、修復歴なし、色白黒、年式なりの車両状態のデータです

シャトルのグレード名 3年後の買取相場 新車価格(円) リセールバリュー
1.5 G 108万円 1,699,920 63.5%
1.5 G・Honda SENSING –万円 1,770,120 %
1.5 ハイブリッド 119万円 2,009,880 59.2%
1.5 ハイブリッド・Honda SENSING –万円 2,080,080 %
1.5 ハイブリッド X 126万円 2,239,920 56.2%
1.5 ハイブリッド X・Honda SENSING 133万円 2,310,120 57.5%
1.5 ハイブリッド Z 147万円 2,399,760 61.2%
1.5 ハイブリッド Z・Honda SENSING –万円 2,469,960 %
1.5 G 4WD –万円 1,894,320 %
1.5 G・Honda SENSING 4WD –万円 1,964,520 %
1.5 ハイブリッド 4WD –万円 2,204,280 %
1.5 ハイブリッド・Honda SENSING 4WD –万円 2,274,480 %
1.5 ハイブリッド X 4WD –万円 2,434,320 %
1.5 ハイブリッド X・Honda SENSING 4WD 177万円 2,504,520 70.6%
1.5 ハイブリッド Z 4WD 173万円 2,561,760 67.5%
1.5 ハイブリッド Z・Honda SENSING 4WD –万円 2,631,960 %

3年落ちシャトルのリセールバリューは、全てのグレードのリセールは台数が少なく調査出来ませんでしたが、それでも傾向がつかめます。

まず、ガソリン車とハイブリッドと比較すると、新車価格が低い事もありガソリン車の方が若干リセールが高くなっています。

ホンダセンシング有りと無しでは、ほぼリセール数値に差がないので、好みで選択すると良いでしょう。

2WDと4WDでは、需要に対して供給(流通台数)が少ないため、4WDの方がリセールバリューが高くなっています。

ガソリン車の4WDは確認出来ませんでしたが、同じく2WDより4WDの方がリセールは高いでしょう。

シャトルの人気グレードとリセールバリューから見たおすすめのグレードは?

シャトルの売れ筋人気グレードは、「1.5ハイブリッドX」です。ハイブリッドXの流通台数が一番多く、売れ筋の人気グレードとなっています。

次いで1.5ハイブリッドZが売れ筋となっています。

リセールバリューから見たおすすめグレードは1.5ハイブリッドX 4WD

リセールバリューから見たシャトルのおすすめグレードは、リセール1位のハイブリッドX ホンダセンシング 4WDです。

4WDは2WDに比べて20万円弱新車価格が高いのですが、2WDに比べてリセールが高く、売却時の損失額(新車価格ー買取相場)が2WDよりも少なくなるため、価格は高いのですがおすすめです。

もちろん、4WDが必要なければ無理に高い4WDを買う必要はないので2WDで十分ですが、4WDが必要であればシャトルはとてもおすすめ出来る車と言えます。

出来るだけ初期費用を落としたいなら、リセール数値が高く新車価格も安くなるガソリン車がおすすめです。

ガソリン車も4WDの方がリセールバリューは高い事が予測出来るので、必要な方を選ぶと良いでしょう。

リセールバリューから見たシャトルのおすすめカラーは?

リセールから見たシャトルのおすすめカラーは、「ホワイトオーキッドパール」と「クリスタルブラックパール」です。

他色と比較して3年以内の売却で、5万~15万円ほど高い査定相場となっています。

ブルーや紫系でも黒・パールホワイトと同等の取引価格になっているケースもありますが、相場が安定しているのはやはり上記2色となっています。

リセールバリューから見たシャトルのおすすめオプションは?

  • スマートキー

ハイブリッドには前車標準装備ですが、ガソリン車ではメーカーオプションになるスマートキーです。

中古車市場でも非常に需要が高い装備なので、後から付けられないメーカーオプションと言う事もあり、プラス査定になります。

新型シャトルは機械式の立体駐車場に入る?

シャトルの車体寸法は、

全長4400mm
全幅1695mm
全高1545mm(2WD)1570mm(4WD)

となっています。機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmのものが多いです。

シャトルの2WDは入庫可能ですが、4WDは全高1570mmのため寸法上では機械式の立体駐車場に止めることができません。

ただ、多少余裕がある作りになっているので、寸法を伝えて入庫可能かどうか、確認してみると良いでしょう。

また、機械式駐車場によっては、全高1570mmや1600mmまでOKと言うところもあるので、駐車場の制限寸法を確認してみましょう。

シャトルの実燃費は?

シャトル ガソリン車の実燃費は?

カタログ燃費:22.0km/L

渋滞を含む街中の燃費:12-14km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:17-19km/L
高速道路の燃費:19-21km/L
シャトルの平均実燃費:17-18km/L

シャトルハイブリッドXの実燃費は?

カタログ燃費:32.4km/L

渋滞を含む街中の燃費:17-19km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:23-25km/L
高速道路の燃費:20-22km/L
シャトルの平均実燃費:21-22km/L

シャトルの燃費性能は、季節によって以下のような傾向になります。

悪い:冬<夏<秋<春:良い

始動時にエンジンやハイブリッドシステムを早く温めようと、燃料を多く必要とするため、冬の実燃費が一番悪くなります。次いでエアコンを頻繁に使う夏、そして秋、春の順で実燃費数字は良くなります。

シャトルの最新モデルチェンジ

2017年9月14日 シャトルを一部改良

今回の一部改良では、Honda SENSINGを搭載し安心装備を大幅に強化させたほか、クラストップの燃費をさらに向上させるなど、さまざまな領域でより一層、商品力を高めました。

シャトルのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

2018年10月 一部改良

モデルチェンジ推移

2017年9月14日一部改良
2016年8月4日一部改良
2015年12月17日特別仕様車「スタイルエディション」
2015年5月15日シャトルを発売
2013年12月19日特別仕様車「クールエディション」
2013年8月22日マイナーチェンジ
2012年10月4日特別仕様車「ファインライン」
2012年6月25日一部改良
2011年6月16日フィットシャトルを発売

 

コウさん
コウさん

シャトルの値引きポイント

シャトルは商品力を維持するために、今後モデルチェンジや改良が行われる。そのタイミングで現行モデルの値引きが拡大するんだ。新しくなるモデルに拘らなければ、現行シャトルを限界値引きで購入できるチャンスだぞ。

シャトルの競合車は?

トヨタ カローラフィールダー

トヨタカローラフィールダー

シャトルと同じ、5ナンバーサイズの5人乗りワゴンであるトヨタ・カローラフィールダーはまさに、シャトルの最大のライバルと言っていいでしょう。

長きにわたってトヨタの看板を背負う「カローラ」という名がついてるだけにあって、知名度や販売台数はカローラフィールダーが上です。

フィールダーの使い勝手の良さなどをシャトルと比較させながら、シャトルよりも優れているポイント・シャトルよりも好きなポイントなどを挙げて、値引きの材料にしましょう。

カローラフィールダーの限界値引きはこちら

スバル XV

卵型ボディデザインの5人乗りというシルエットから、同じようなエクステリアとしてスバル・XVと競合させるユーザーも多いようです。

最大の武器は、各国の安全基準を最高評価で受賞している安全性能の高さにあります。

スバルでおなじみの「アイサイト Ver.3」や歩行者保護エアバッグなど、非常に充実しています。

カテゴリとしてはSUVになってしまいますが、シャトルと共に候補として挙げる方が多い車種です。

また、XVとベースが同じであるインプレッサスポーツとも競合出来ます。

XVの限界値引きはこちら

トヨタ プリウスα

何といっても、世界的大人気ハイブリッドカー「プリウス」の駆動システムをそのままに、サードシートの追加やラゲッジスペースを拡大させて、ミニバンとしての使いやすさを引き出した車です。

価格帯はシャトルよりも上ですが、プリウスαはモデル末期のため、大幅な値引きが可能です。

プリウスαの総支払額をぶつけて、クラス上のプリウスαがシャトルと同等の価格で買えることをアピールしながら、シャトルの円引きを引き出しましょう。

プリウスαの限界値引きはこちら

新型シャトルを残価設定ローンで購入すると?

シャトルを残価設定ローンで購入した場合の月々の支払額です。

3年と5年でシミュレーションしてみました。

グレード名 シャトルハイブリッド ホンダセンシング
車両価格 2,080,080円
車両値引き ▲130,000円
メーカーオプション価格 75,600円
ディーラーオプション価格 189,626円
ディーラーオプション値引き ▲37,925円
諸費用 99,110円
支払総額 2,444,416円
頭金 0円
ローン元金 2,444,416円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 3.5% 3.5%
初回 44,124円×1回 33,848円×1回
2回目以降 42,500円×34回 31,800円×58回
最終回(残価) 958,080円×1回
(39.1%)
658,680円×1回
(26.9%)
金利を含む支払総額 2,447,204円 2,536,928円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

コウさん
コウさん

シャトルの値引きポイント

シャトルを残クレで購入すると、数年後の代替需要まで見込めるので、ディーラーの値引きが甘くなるぞ。残価設定クレジットでシャトルを買うなら、限界まで値引きを引き出そう!

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!弊社で買取る事はしないので、だからこそ本当の相場をお伝えします 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら ...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
ガラスコーティング・ポリマー加工・車磨きなら横浜エリア・平塚の早野ぴっかり工房へ