ホンダシャトルの値引き、新車値引き情報

トップ車値引きオールアルバムホンダ新車値引き情報>シャトル値引き

シャトルの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

ホンダシャトルから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、リセールバリューの高いシャトルのグレード、シャトルは立体駐車場に入るのか?シャトルの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローンで月々いくらでシャトルが買えるのか?など、シャトル購入の参考にしてみてください。

 

シャトル取り扱いディーラー

ホンダ全店

シャトル月販目標台数:2500台

 

新型シャトル今月の値引き相場

シャトル値引き難度:普通

13万円(車両からの値引き)

オプション値引き相場20~30%引き

10~20万円(オプションからの値引きを含む限界値引き)

フィットベースのワゴン車シャトルです。シャトル、シャトルハイブリッドの値引き交渉では、カローラフィールダー、オーリス、ウイングロード、インプレッサ、アクセラスポーツなど他社のワゴン系、ハッチバック系の車種と競合させると有効でしょう。ハイブリッドにはカローラフィールダーハイブリッド、プリウス、XVハイブリッドなども有効です。

発売当初は値引きも引き締め傾向ですが、経営の異なるホンダ同士の競合で値引きの上乗せを狙いましょう。

 

シャトルの安全装備・システムは?

 

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 全車速追従型

 

新型シャトルの納期は?

シャトルの納期:1ヵ月~2ヵ月

シャトルの納期は、通常の納期となっています。

 

新型シャトルの価格は?

 

シャトルのグレード名 価格(税込) 燃費(km/L)
1.5 G 2,288,520 22.0
1.5 G・ホンダセンシング 2,455,920 22.0
1.5 ハイブリッド 2,540,160 34.4
1.5 ハイブリッド・ホンダセンシング 2,661,120 34.4
1.5 ハイブリッド X 2,862,000 32.4
1.5 ハイブリッド X・ホンダセンシング 2,731,320 32.4
1.5 ハイブリッド Z 2,852,280 29.8
1.5 ハイブリッド Z・ホンダセンシング 3,051,000 29.8
1.5 G(4WD) 3,136,320 19.6
1.5 G・ホンダセンシング(4WD) 3,300,480 19.6
1.5 ハイブリッド(4WD) 3,350,160 27.8
1.5 ハイブリッド・ホンダセンシング(4WD) 3,559,680 27.8
1.5 ハイブリッド X(4WD) 2,547,720 27.8
1.5 ハイブリッド X・ホンダセンシング(4WD) 2,715,120 27.8
1.5 ハイブリッド Z(4WD) 2,777,760 26.0
1.5 ハイブリッド Z・ホンダセンシング(4WD) 2,898,720 26.0

 

新型シャトルは機械式の立体駐車場に入る?

シャトルの車体寸法は、

全長4400mm
全幅1695mm
全高1545mm(2WD)1570mm(4WD)

となっています。機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmのものが多いです。

シャトルの全高は1545mm~1570mmなため、4WDは機械式の立体駐車場に止めることができません。

ハイルーフ対応の機械式立体駐車場の場合、高さ幅共に制限内のため、問題なく入ります。

 

新型シャトルの実燃費は?

渋滞を含む街中の燃費:12~15km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:16~18km/L
高速道路の燃費:19~21km/L
シャトルの平均実燃費:16.8km/L

 

新型シャトルハイブリッドの実燃費は?

渋滞を含む街中の燃費:17~19km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:20~22km/L
高速道路の燃費:23~25km/L
シャトルの平均実燃費:21km/L

シャトルの燃費性能は、季節によって以下のような傾向になります。

悪い:冬<夏<秋<春:良い

始動時にエンジンやハイブリッドシステムを早く温めようと、燃料を多く必要とするため、冬の実燃費が一番悪くなります。次いでエアコンを頻繁に使う夏、そして秋、春の順で実燃費数字は良くなります。

 

 

シャトルの最新モデルチェンジ

2015年5月15日 新型コンパクトステーションワゴン「シャトル」を発売

ガソリン車には軽快な走りを提供する1.5L直噴DOHC i-VTECエンジンを、ハイブリッド車には環境性能とスポーティーな走りを融合したハイブリッドシステム「スポーツ ハイブリッド」をそれぞれ採用。

ハイブリッド車はクラストップとなる34.0km/Lという優れた燃費性能を達成しました。

また、5ナンバーステーションワゴンのハイブリッド車として初めて4WDを設定しています。

 

シャトルの競合車は?

・トヨタ カローラフィールダー

シャトルと同じ、5ナンバーサイズの5人乗りワゴンとしてラインナップするトヨタ・カローラフィールダーはまさに、シャトルの最大のライバルと言っても過言ではありません。

長きにわたってトヨタの看板を背負う「カローラ」という名がついてるだけにあって、知名度や人気はカローラフィールダーが上です。

ステーションワゴン型のボディデザインから生まれる、余裕持って過ごせる快適な室内空間とラゲッジスペースの広さは伊達ではありません。

カローラフィールダーの限界値引きはこちら

・スバル XV

卵型ボディデザインの5人乗りというシルエットから、同じようなエクステリアとしてスバル・XVと競合させるユーザーも多いようです。

最大の武器は、各国の安全基準を最高評価で受賞している安全性能の高さにあります。

スバルでおなじみの「アイサイト Ver.3」や歩行者保護エアバッグなど、非常に充実しています。

カテゴリとしてはSUVになってしまいますが、シャトルと共に候補として挙げる方が多い車種です。

XVの限界値引きはこちら

・トヨタ プリウスα

シャトルにはハイブリッド仕様も用意されていますが、そのライバル車として挙げるならば、トヨタ・プリウスαは欠かせません。

何といっても、世界的大人気ハイブリッドカー「プリウス」の駆動システムをそのままに、サードシートの追加やラゲッジスペースを拡大させて、ミニバンとしての使いやすさを引き出した車です。

価格帯はシャトルよりも上ですが、シャトルの値引きを狙うのであれば、競合車としてプリウスαを検討している事を伝えてシャトルの値引きを狙ってみましょう。

プリウスαの限界値引きはこちら

 

新型シャトルの限界値引き交渉術!

最初の商談でライバル車の見積書は出さない

シャトルの最初の商談の時には、カローラフィールダーなどの見積書は出さずに、「ほかの車種と迷っている」と伝える程度に抑えてください。

いきなり競合車の見積書を出してしまうと、印象の悪いお客と思われてしまい、反対に値引きを抑えられてしまったり、最悪の場合商談に掛け合ってくれない場合もあります。

あくまで「シャトルも有効な検討車だ」という意思をちゃんとディーラーの担当者に伝えることが大切です。

シャトルの購入時期は「決算時期」がねらい目

日産を始め各自動車メーカーのディーラーには、年度の売り上げの締めくくりとなる「決算時期」というものがあります。

年度の売り上げを左右する非常に大事な時期なので、通常よりも新車の車体価格を大幅に値引きしてくれるだけでなく、様々なサービスをお得に提供してくれるなど、盛りだくさんです。

メーカーや地域によって異なりますが、決算時期は1月~3月頃が一番集中しています。

この時期にシャトルを購入すれば、通常よりもお得になります。

同じ「シャトル」で違うディーラー同士で競合させる

ホンダのディーラーは「ホンダ カーズ」という名で全国展開をしてますが、店名の地域名が異なっていると別法人のディーラー扱いとなります。東京都内だけで比較すると、「ホンダカーズ 東京中央」「ホンダカーズ 東京」「ホンダカーズ 武蔵野」などといったものです。

異なるディーラーであれば、提供されるサービスや新車購入時の値引き額も異なります。

同じシャトルで違うディーラー同士で競い合わせてみるのもありです。

また、東京の他に神奈川や埼玉・千葉などといった他県をまたいで比較するのも作戦のひとつです。

 

2回目以降の商談ではオプション品の無料追加

1回目の商談の時には、シャトルの車体価格の値引きをしてもらいます。

ある程度値引きしてもらった後、ライバル車や違うディーラーの見積書を出して競合させます。そしてシャトルの2回目の商談では、メーカー純正ナビの値引きやETC車載器やフロアーマットなどといった小物のオプションを無料にしてくれるように頼んだり、納車時のガソリン満タンにするように頼みましょう。

ほとんどのディーラーでは値引きやサービスはしてくれるので、粘り強く交渉しましょう。

 

値引きのダメ押しとして「端数切り落とし」

様々な作戦を用いてシャトルを大幅に値引きすることに成功したとしても、ここで満足してはいけません。

最後のダメ押しとなる、シャトルの購入代金合計額の端数を切り捨ててもらいましょう。

例えると、「2,234,567円」という数値を「2,200,000円」にするといったものです。

最後の作戦としても使ってもよいですが、最初の商談の際にあらかじめ「この金額であれば契約します。」という旨を伝えておけば、担当者の方は本気で値引きをしてくれるだけでなく、端数切り捨てによる値引きは間違いありません。   

 

シャトルの各グレードのリセールバリューは?

 

シャトルの新車から3年経過後の各グレードのリセールバリューです。

どのグレードが3年後に高く売れるのか?グレード選びの参考にしてください。

シャトルのグレード名 3年後の買取相場 当時の新車価格 リセールバリュー
1.5 G 60万円 1,699,920 35.9%
1.5 G・ホンダセンシング 65万円 1,770,120 36.7%
1.5 ハイブリッド 75万円 2,009,880 37.5%
1.5 ハイブリッド・ホンダセンシング 80万円 2,080,080 38.4%
1.5 ハイブリッド X 95万円 2,239,920 42.4%
1.5 ハイブリッド X・ホンダセンシング 100万円 2,310,120 43.2%
1.5 ハイブリッド Z 103万円 2,399,760 42.9%
1.5 ハイブリッド Z・ホンダセンシング 108万円 2,469,960 43.7%
1.5 G(4WD) 87万円 1,894,320 45.9%
1.5 G・ホンダセンシング(4WD) 92万円 1,964,520 46.8%
1.5 ハイブリッド(4WD) -- 2,204,280 --
1.5 ハイブリッド・ホンダセンシング(4WD) -- 2,274,480 --
1.5 ハイブリッド X(4WD) -- 2,434,320 --
1.5 ハイブリッド X・ホンダセンシング(4WD) -- 2,504,520 --
1.5 ハイブリッド Z(4WD) -- 2,561,760 --
1.5 ハイブリッド Z・ホンダセンシング(4WD) -- 2,631,960 --

※シャトルの3年落ちはないので、上記は3年落ちフィットシャトルの買取相場です

3年落ちシャトルでは、新車価格に比例して買取相場が推移しています。

3年前に丁度フィットシャトルからフィットへ変わったこともあり、型落ちとなる3年落ちシャトルの買取相場は全体的に低調です。

人気のハイブリッド車にも関わらず、リセールバリューはかなり低いので、3年落ちのフィットシャトルはお買い得のクルマです。

自動ブレーキを含むホンダセンシング搭載車は、通常モデルよりも、プラス査定が付いています。

※買取相場は常に変動します。実際に売却される際は、買取店での査定をおススメします。

 

新型シャトルを残価設定ローンで購入すると?

シャトルを残価設定ローンで購入した場合の、月々の支払額です。

3年と5年でシミュレーションしてみました。

ハイブリッド ホンダセンシング

 
車両価格 2,080,080円
車両値引き ▲130,000円
メーカーオプション価格 75,600円
ディーラーオプション価格 189,626円
ディーラーオプション値引き

▲37,925円

諸費用 99,110円
支払総額 2,444,416円
頭金 0円
ローン元金 2,444,416円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 3.5% 3.5%
初回 44,124円×1回 33,848円×1回
2回目以降 42,500円×34回 31,800円×58回
最終回(残価) 958,080円×1回
(39.1%)
658,680円×1回
(26.9%)
金利を含む支払総額 2,447,204円 2,536,928円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。


下取り車があれば、さらに新車が安く買える

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙さるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

●当サイト新車購入参考リンク

  • 限界まで車を高く売る方法
  • 新車を安く買う!新車値引き交渉の仕方
  • 新車購入・新車の買い方
  • 車維持費の節約方法
  • 車のガラスコーティングなら神奈川の早野ぴっかり工房へ

  • パーツ・カー用品を通販で安く買うなら!
  • -- シャトル --
    モデルチェンジ情報


    モデルチェンジ予想

    当面の間予定なし

    モデルチェンジ推移
    2017年9月14日最新モデルチェンジ日
    一部改良
    2016年8月4日
    一部改良
    2015年12月17日
    特別仕様車「スタイルエディション」
    2015年5月15日現行モデル登場日
    シャトルを発売
    2013年12月19日
    特別仕様車
    「クールエディション」
    2013年8月22日
    マイナーチェンジ
    2012年10月4日
    特別仕様車「ファインライン」
    2012年6月25日
    一部改良
    2011年6月16日
    フィットシャトルを発売

     

    シャトル値引き体験談の口コミ

    新車値引き情報!

    トヨタ新車値引き情報

    レクサス新車値引き情報

    日産新車値引き情報

    ホンダ新車値引き情報

    マツダ新車値引き情報

    三菱新車値引き情報

    スバル新車値引き情報

    スズキ新車値引き情報

    ダイハツ新車値引き情報

    スポンサーリンク

    ↑ PAGE TOP