ホンダフリードの値引き、新車値引き情報

トップ車値引きオールアルバムホンダ新車値引き情報>フリード値引き

フリードの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

ホンダフリードから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、リセールバリューの高いフリードのグレード、フリードは立体駐車場に入るのか?フリードの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローンで月々いくらでフリードが買えるのか?など、フリード購入の参考にしてみてください。

 

フリード取り扱いディーラー

ホンダ全店

フリード月販目標台数:2500台

 

新型フリード今月の値引き相場

フリード値引き難度:普通

18万円(車両からの値引き)

オプション値引き相場20~30%引き

20~30万円(オプションからの値引きを含む限界値引き)

フリードの値引き交渉では、シエンタ、ウィッシュ、アイシス、プレマシー、ラフェスタ、NV200バネットなどと競合させるといいでしょう。交渉終盤では経営の違うホンダ同士の争いに持ち込み、値引きを引き出しましょう。

人気車なので値引きのガードは固めですが、他社との競合や同士競合で値引きの上乗せは狙えるでしょう。

 

 

フリードの安全装備・システムは?

 

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 全車速追従型

 

新型フリードの納期は?

フリードの納期:1ヵ月~2ヵ月

フリードの納期は、グレードによって長めの納期となっています。

 

新型フリードの価格は?

 

フリードのグレード名 価格(税込) 燃費(km/L)
1.5 B [6人乗り] 1,880,000 19.0
1.5 G [6人乗り] 1,980,000 19.0
1.5 G [7人乗り] 2,001,600 19.0
1.5 G・ホンダセンシング [6人乗り] 2,100,000 19.0
1.5 G・ホンダセンシング [7人乗り] 2,121,600 19.0
1.5 ハイブリッド B [6人乗り] 2,256,000 27.2
1.5 ハイブリッド G・ホンダセンシング [6人乗り] 2,496,000 27.2
1.5 ハイブリッド G・ホンダセンシング[7人乗り] 2,517,600 27.2
1.5 ハイブリッド EX [6人乗り] 2,656,000 26.6
1.5 B [6人乗り] 2,096,000 17.6
1.5 G [6人乗り] 2,212,200 17.6
1.5 G・ホンダセンシング [6人乗り] 2,332,200 17.6
1.5 ハイブリッド B [6人乗り] 2,472,000 25.2
1.5 ハイブリッド G・ホンダセンシング [6人乗り] 2,728,200 25.2

 

新型フリードは機械式の立体駐車場に入る?

フリードの車体寸法は下記になります。

全長4265mm
全幅1695mm
全高1710mm~1735mm

機械式の立体駐車場の高さ制限は1,550mmが主流ですので、フリードは機械式の立体駐車場に停めることができません。

ハイルーフ対応の機械式立体駐車場の場合は、高さ幅共に制限内のため、問題なく入ります。

 

新型フリードの実燃費は?

渋滞を含む街中の燃費:10~12km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:13~14km/L
高速道路の燃費:14~16km/L
フリードの平均実燃費:13.1km/L

 

新型フリードハイブリッドの実燃費は?

渋滞を含む街中の燃費:12~14km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:15~18km/L
高速道路の燃費:19~23km/L
フリードの平均実燃費:17km/L

フリードの燃費性能は、季節によって以下のような傾向になります。

悪い:冬<夏<秋<春:良い

冬場は始動時にエンジンを早く温めようと、燃料を多く必要とするため、実燃費が一番悪いです。次いでエアコンを頻繁に使う夏、そして秋、春の順で実燃費数字は良くなります。

 

 

フリードの最新モデルチェンジ

2016年9月16日 フリードをフルモデルチェンジして発売

新型フリードは、「7days Wonderful Mobility」をコンセプトに、「いつでも」、「どこでも」、「だれでも」用途に応じて思い通りに使えるコンパクトミニバンとして開発されました。

さまざまなシーンに対応する多彩なシートアレンジが可能な、コンパクトミニバンクラストップの広い室内空間を確保し、先代フリードで好評の「ちょうどいい」を、さらに進化させたクルマとなっています。

 

フリードの競合車は?

・トヨタ シエンタ

フリードと同じ、5ナンバーサイズの3列シート車としてラインナップするトヨタ・シエンタはまさに、フリードの最大のライバルと言っても過言ではありません。

同じようなボディサイズに大人6人が余裕持って過ごせる快適な室内空間、そして圧倒的な低燃費を誇るハイブリッドシステムを搭載しています。

ただ、サードシートの居住性であったり乗り心地に若干差異が生じたりしているなど、細かなところで比べてみると良いでしょう。

シエンタの限界値引きはこちら

・スズキ ソリオ

長きにわたってスズキの代表的な軽自動車のワゴンR。

その派生モデルとして、大人5人が快適に過ごせるモデルとして誕生したのが、ソリオです。

ワゴンRから受け継いだ比較的小さいハイトール型ボディデザインと、それに相反するように窮屈さを全く感じさせない広い車内空間が特徴的です6人もしくは7人乗りの「フリード」とは乗員人数が異なるので、5人乗り仕様の「フリード+」と競合する車種となりそうです。

ソリオの限界値引きはこちら

・マツダ プレマシー

6人もしくは7人乗れるミニバンというカテゴリならば、マツダ・プレマシーもライバル車とも言えます。

フリードよりも一回り大きい3ナンバーサイズですが、 室内の広さやラゲッジスペースの許容性はフリードよりも優れています。

そしてモデルチェンジを行ってから随分経っているので、大幅な値引きが期待が出来ます。

プレマシーの限界値引きはこちら

・トヨタ プリウスα

日本国内のみならず世界中で売れているハイブリッドカー「プリウス」に、サードシートの追加やラゲッジスペースを拡大させてミニバンスタイルとして誕生したのが「プリウスα」です。

特徴は何といっても、駆動システムは「プリウス」のまま流用しているので、燃費性能はフリードよりも上です。

車両価格がフリードよりも高めというデメリットがありますが、購入後の維持費等を含めて考えればプリウスαも手強いライバル車です。

プリウスαの限界値引きはこちら

 

新型フリードの限界値引き交渉術!

フリードの購入時期は「決算時期」がねらい目

ホンダを始め各自動車メーカーのディーラーには、1年分のの売り上げを総決算する「決算時期」というものがあります。

年度の売り上げを左右する非常に大事な時期なので、新車の車体価格を通常よりも大幅に値引きしてくれるほかに、カタログギフトやキャッシュバックなど様々なサービスを提供してくれるなど、お得なことばかりです。

メーカーや地域によって異なりますが、決算時期は1月~3月頃に集中しています。

この時期にフリードを購入すれば、お得に購入できます。

 

ディーラー同士で競い合わせる

ホンダのディーラーは「ホンダ カーズ」という名で全国統一されていますが、地域によって経営するディーラーが異なっています。

東京都内だけで比較すると、「ホンダカーズ 東京中央」「ホンダカーズ 東京」「ホンダカーズ 武蔵野」など、地域名が異なっていると別法人のディーラー扱いとなります。

法人が異なるディーラーであれば、同じホンダでも値引き額が異なります。

フリード同士で競い合わせてみるのも作戦のひとつです。

また、近くに別法人のホンダディーラーが存在しなければ、県が違えば法人も変わるので、東京と神奈川などといった他県をまたいで比較するのも方法のひとつです。

 

最初の商談では競合車は「検討中」と伝える

フリードの最初の商談の際には、シエンタやソリオなどといった競合車はあくまで「なんとなく探している」といった匂わせる程度にしてください。

いきなり競合車の見積書を出してしまうと、あまりいい印象を与えられず、値引きに影響する事もあります。

「フリードは有効な購入対象車両」という意思をちゃんとディーラーの担当者に伝えてください。

オプション品の無料サービスは2回目以降の商談で

1回目の商談の時には、フリードの車体価格の値引きを要求してみます。

こうすることで、「このお客さんは本気でフリードを購入するかもしれない」とセールスさんがその気になり、さらなる値引きが期待できます。

商談の2回目もしくはそれ以降において、ドアバイザーやETC車載器などといった小物のオプションを無料サービス、もしくは純正ナビの値引き、そして納車時のガソリン満タンなどを頼みこめば、たいていのディーラーはサービスしてくれます。

 

値引きのダメ押しとして「端数切り落とし」

様々な作戦を用いてフリードを値引きすることに成功した場合でも、油断してはいけません。

ここでダメ押しとなる、合計金額の端数を切り捨ててもらいましょう。

というのは「2,345,670円」という金額から「2,300,000円」にするといったものです。

また端数切捨ての旨を伝える前にあらかじめ「230万円になれば契約します。」という事を伝えておけば、担当者の方は間違いなく頑張って値引きをしてくれます。

 

フリードの各グレードのリセールバリューは?

 

フリードの新車から2年経過後の各グレードのリセールバリューです。

どのグレードが2年後に高く売れるのか?グレード選びの参考にしてください。

フリードのグレード名 3年後の買取相場 当時の新車価格 リセールバリュー
1.5 B [6人乗り] 156万円 1,880,000 --
1.5 G [6人乗り] 178万円 1,980,000 89.8%
1.5 G [7人乗り] -- 2,001,600 --
1.5 G・ホンダセンシング [6人乗り] 183万円 2,100,000 87.1%
1.5 G・ホンダセンシング [7人乗り] -- 2,121,600 --
1.5 ハイブリッド B [6人乗り] 173万円 2,256,000 76.6%
1.5 ハイブリッド G・ホンダセンシング [6人乗り] 204万円 2,496,000 81.7%
1.5 ハイブリッド G・ホンダセンシング[7人乗り] -- 2,517,600 --
1.5 ハイブリッド EX [6人乗り] 201万円 2,656,000 75.6%
1.5 B [6人乗り](4WD) 187万円 2,096,000 --
1.5 G [6人乗り](4WD) 192万円 2,212,200 90.4%
1.5 G・ホンダセンシング [6人乗り](4WD) 207万円 2,332,200 88.7%
1.5 ハイブリッド B [6人乗り](4WD) 187万円 2,472,000 75.6%
1.5 ハイブリッド G・ホンダセンシング [6人乗り](4WD) 207万円 2,728,200 75.8%

 

2年落ちフリードでは、4WDの買取相場が高水準となっています。

6人乗りと7人乗りとでは7人乗りの方が高値で買取られる傾向です。

全体的にフリードは70%台~90%台の平均以上のリセールバリューがあるため、中古車市場でも人気車種ということがわかりますね。

※買取相場は常に変動します。実際に売却される際は、買取店での査定をおススメします。

 

新型フリードを残価設定ローンで購入すると?

フリードを残価設定ローンで購入した場合の、月々の支払額です。

3年と5年でシミュレーションしてみました。

ハイブリッドGホンダセンシング

 
車両価格 2,496,000円
車両値引き ▲180,000円
メーカーオプション価格 340,200円
ディーラーオプション価格 59,810円
ディーラーオプション値引き

▲11,962円

諸費用 99,570円
支払総額 2,803,618円
頭金 0円
ローン元金 2,803,618円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 3.5% 3.5%
初回 49,629円×1回 38,630円×1回
2回目以降 47,300円×34回 37,100円×58回
最終回(残価) 1,365,579円×1回
(48.7%)
945,401円×1回
(33.7%)
金利を含む支払総額 3,023,408円 3,135,831円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

 

下取り車があれば、さらに新車が安く買える

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙さるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

●当サイト新車購入参考リンク

  • 限界まで車を高く売る方法
  • 新車を安く買う!新車値引き交渉の仕方
  • 新車購入・新車の買い方
  • 車維持費の節約方法
  • 車のガラスコーティングなら神奈川の早野ぴっかり工房へ

  • パーツ・カー用品を通販で安く買うなら!
  • -- フリード --
    モデルチェンジ情報


    モデルチェンジ予想

    当面の間予定なし

    モデルチェンジ推移
    2017年12月14日
    グレード追加「Modulo X」
    2016年9月16日現行モデル登場日最新モデルチェンジ日
    フルモデルチェンジ
    2015年5月28日
    特別仕様車「プレミアムエディション」
    2014年4月17日
    一部改良
    2013年11月7日
    特別仕様車
    「Gジャストセレクション+」
    「Gエアロクールエディション」
    2012年11月22日
    一部改良
    2012年4月5日
    グレード追加
    2011年10月27日
    マイナーチェンジ
    2010年11月4日
    一部改良
    2010年5月17日
    特別仕様車
    「ハイウェイ エディション」
    2009年5月21日
    一部改良
    2008年5月29日
    フリードを発売
    2006年7月20日
    特別仕様車
    2005年12月15日
    一部改良
    2005年9月1日
    特別仕様車
    2004年1月15日
    マイナーチェンジ
    2003年5月15日
    一部改良 特別仕様車
    2002年12月19日
    一部改良
    2001年12月21日
    モビリオを発売

    ホンダ フリード口コミ評価サイト

    新車値引き情報!

    トヨタ新車値引き情報

    レクサス新車値引き情報

    日産新車値引き情報

    ホンダ新車値引き情報

    マツダ新車値引き情報

    三菱新車値引き情報

    スバル新車値引き情報

    スズキ新車値引き情報

    ダイハツ新車値引き情報

    スポンサーリンク

    ↑ PAGE TOP