プリウスαの値引き、新車値引き情報

トップ車値引きオールアルバムトヨタ新車値引き情報>プリウスα値引き

プリウスαの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート


 このページでは、トヨタ プリウスαの購入時に限界値引きを達成するための値引き交渉テクニックや、毎月の目標値引き金額、リセールバリューを考えたグレード選び、プリウスαの納期や実燃費データ、残価設定ローンを組んだシミュレーションなどについて紹介しています。

 皆さんがプリウスαを購入する際のご参考にどうぞ。

 

プリウスα取り扱いディーラー

トヨタ店 トヨペット店 カローラ店 ネッツ店
プリウスα月販目標台数:4800台

 

新型プリウスα今月の値引き相場

プリウスα値引き難度:普通
26万円(車両からの値引き)
オプション値引き相場20~30%引き
30~40万円(オプションからの値引きを含む限界値引き)

 初売りでは15万円程度の値引きスタートとなるケースが目立ちましたが、春を前に気合を入れ直している時期ですから、油断は禁物です。

 値引き交渉では、最初は類似する他メーカーライバル車(ホンダのフリード、フィットシャトル、マツダのプレマシー、エクシーガ等)と競合して条件を詰めておき、最後はプリウスα同士の決戦で勝負に出るのがセオリーです。

 プリウスαはトヨタ全販売店で取り扱いがあるため、プリウスα同士の競合がとてもやりやすくなっていますが、露骨に競合を煽り立てるスタイルよりも、複数店との商談を通して長く・気持ちよくお付き合いできそうなディーラー・営業さんを見つけて「あなたから買いたいから」と値引きをお願いするスタイルが効果的です。

 乗り換えであれば、前の車はそのままディーラー下取りに出す前に、買取店でも査定して貰って少しでも高いところに売りたいものですが、下取り車を値引き交渉に使えることもあるため、総合的な利益を差し引きして比較検討しましょう。

 

プリウスαの安全装備・システムは?

 

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者 ×
クルーズコントロール 全車速追従型

 

新型プリウスαの納期は?

プリウスαの納期:2ヵ月~3ヵ月
 プリウスαの納期は、グレードや販売店の状況等によって長めとなっています。

 

新型プリウスαの価格は?

 

プリウスαのグレード名 価格(税込) 燃費(km/L)
1.8 S "Lセレクション" (5人乗り) 2,565,000 26.2
1.8 S (5人乗り) 2,708,640 26.2
1.8 S (7人乗り) 2,914,920 26.2
1.8 S "tune BLACK II" (5人乗り) 2,783,160 26.2
1.8 S "tyne BLACK II" (7人乗り) 2,989,440 26.2
1.8 S "ツーリングセレクション" (5人乗り) 3,017,520 26.2
1.8 S "ツーリングセレクション" (7人乗り) 3,222,720 26.2
1.8 G (5人乗り) 3,054,240 26.2
1.8 G (7人乗り) 3,259,440 26.2
1.8 G "ツーリングセレクション" (5人乗り) 3,259,440 26.2
1.8 G "ツーリングセレクション" (7人乗り) 3,465,720 26.2

 

新型プリウスαは機械式の立体駐車場に入る?

トヨタ プリウスαの車体寸法は、

 全長4,630-4,645mm
 全幅1,775mm
 全高1,575-1,600mm

となっています。ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています。(横幅は1,850mm)

 プリウスαの全高は1,575-1,600mmなので、残念ながら機械式の立体駐車場に停められません。

 

新型プリウスαの実燃費は?

【プリウスαの実燃費】
  渋滞を含む街中の燃費:15-17km/L
  流れの良い一般道・幹線道路の燃費:21-23km/L
  高速道路の燃費:24-25kmL/
  プリウスαの平均実燃費:18-20km/L

 プリウスαの燃費は気温が高いほどよくなり、気温が低いほどエンジン暖機のため悪くなります。
 例外的に夏はエアコンを使うので電気=燃料の消費が激しく、冬に次いで燃費が悪くなります。
 これを図にすると、以下のようになります。

【燃費悪い:冬 < 夏 < 秋 <春:よい

 

プリウスαの最新モデルチェンジ

・2017年11月21日 プリウスαに一部改良~トヨタセーフティセンスPを全車標準装備~

 トヨタはプリウスαに一部改良を実施。新型プリウスαは全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて12月1日から発売されます。

 今回の一部改良では、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスP」を全車に標準装備し、ボディカラーについては新カラーであるダークレッドマイカメタリック、スティールブロンドメタリックを含む全9カラーを設定。

 その他、内外装にブラックを基調とする新デザインの特別仕様車S“チューンブラックⅡ”を設定(ベース車:S)、ウェルキャブ車(メーカー完成特装車)についても、ベース車同様に改良されています。

 

※希望小売価格
 2,565,000-3,465,720円(消費税込み)
※特別仕様車
 2,783,160-2,989,440円 (消費税込み)

 

プリウスαの競合車は?

・ホンダ フリードハイブリッド

 ホンダで人気車種のハイブリッドカー。
 6人乗り、7人乗りタイプと選ぶ事が出来ます。
 コンパクトなデザインにも見えますが、ファミリーカーとしては、室内の広さは十分でユーザーからの満足度も高いですね。

 又、価格も高すぎずディーラーオプションのハンズフリースライドドアも好評で、スライドドアの無いプリウスαにとってはライバル車と言えるでしょう。

フリードハイブリッドの限界値引きはこちら

 

・スバル レヴォーグ

 プリウスαと少しタイプは異なりますが、スバルのレヴォーグも競合になりがちな車種ですね。
 レヴォーグの売りは、やはりAWD駆動による安定性のある力強い走りが出来るという事。
 人を乗せて走る機会も多いが、走りに対して拘りを持つ方は必ずレヴォーグは検討するので、商品力で比較するとプリウスαにとってはある意味脅威な車種ですね。

レヴォーグの限界値引きはこちら

 

・ホンダ ジェイド

 知名度は、プリウスαに劣るホンダのジェイドですが、ホンダのユーザーからは愛着を持たれる車です。
 ハイブリッド車もあり、ホンダの先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」も装備されているので、安全面の信頼度も高い車種となっています。

 金額面でも、プリウスαとそんなに離れた設定価格では無いので、値引き次第では十分に競合出来るライバル車になります。

ジェイドの限界値引きはこちら

 

新型プリウスαの限界値引き交渉術!

 プリウスαの限界値引きを引き出すためには、競合させる事が確実性がありますが、この車種はトヨタ全店で取り扱っているので、トヨタ同士の競合もかなり有効になっています。

 値引きを渋られても、すぐには諦めず違う方法で値引きを引き出す策を考えましょう。

商談中に競合させるポイント

 まず、値引き交渉をする時にどのタイミングで競合車種を伝えて、どのような交渉をすれば良いのか。
 一番気になる所だと思います。
 今回は、フリードハイブリッドを競合車種として、交渉の参考例を紹介したいと思います。

 その1:「フリードハイブリッドの良さ」

 まず、フリードハイブリッドとプリウスαを比較してそれぞれの良さを割り出して下さい。
 トヨタは結構商品力で最後まで推し通してくる事が多いので、事前に切り返せるようにしましょう。

 例えば…

スタッフ:「フリードハイブリッドよりプリウスαの方が居住性も良く、ラゲージ容量もシートアレンジも多彩ですよ!?」

 商品力で推してきたと思ったらこう切り返しましょう。
⬇︎
「フリードハイブリッドは後席がスライドドアで、乗り降りしやすい仕様になっているし、金額もそんなに高くないからね。スライドドアには拘りがあるから、どっちにするかかなり迷っている。もう少しプリウスαが安くなればね・・・」

 プリウスαには無い商品力で比較させる事で、トヨタ側も切り返しが難しくなります。

その2:「金額の比較」

 商談内容も深くなり、そろそろ攻め所と思ったらストレートに値引きの交渉をしてみましょう。

スタッフ:「この条件ではご納得頂けませんか?」

私:「とても良い条件なのは分かってます。でもどうしてもまだフリードハイブリッドが気になっててね?
ホンダもかなり値引き頑張ってくれてるから気持ちが決まらない。
26万円まで値引きを頑張ってくれたら、もうプリウスαに決めるよ。
無理なら諦めるしかないかな。」

 ここはもうお構いなし、攻めても大丈夫です。
 恐らく20万円前後までは、値引きは自然に上がってくるので、残りの数万円でフリードハイブリッドに負けるくらいならと、この交渉にトヨタも納得してくれる可能性は高いですね。

トヨタ同士の競合も有力!

「値引き交渉に失敗してしまった。。」

「結局希望額に届かなかったけど、プリウスαが欲しいから契約してしまおう…」

 まだ早いです!!

 仮に、値引き交渉が失敗してもプリウスαに関しては簡単に引き下がらなくても大丈夫です。

 このような時は、トヨタ同士で競合をさせましょう。
 トヨタには「トヨタ店」「トヨペット店」「カローラ店」「ネッツ店」と系列の違う店舗が多くあります。

 それぞれがプリウスαを販売している状況ですが、経営方針もそれぞれ違うディーラー同士なので、仮にトヨタ店で納得の出来る条件が出てこなかったら、トヨペット店に行って相談をしてみると条件が上がる可能性は高いです。

 例えば…

「先程、トヨタ店でプリウスαを検討したんだけど、後○万円値引きをしてくれたら決めるって言ってからオッケーして貰えなくてね…。ここでその条件を出して貰えるなら注文したいと思ってるのですが…」

と交渉をしてみるとすぐに対応してくれる事もあります。

 プリウスαはライバル車もいれば、トヨタ同士のライバルディーラーも多いので、最大限界値引き額を引き出すまでにそう遠くはありませんよ!

 

プリウスαの各グレード別リセールバリューは?

 トヨタ プリウスαの新車から3年経過後の各グレードのリセールバリューです。
 どのグレードが3年後により高く売れるのか?グレード選びの参考にしてください。

プリウスαのグレード名 3年後の買取相場 当時の新車価格 リセールバリュー
1.8 S "Lセレクション" (5人乗り) 151万円 2,565,000 58.8%
1.8 S (5人乗り) 163万円 2,708,640 60.1%
1.8 S (7人乗り) 181万円 2,914,920 62.1%
1.8 S "tune BLACK II" (5人乗り) 176万円 2,783,160 63.4%
1.8 S "tyne BLACK II" (7人乗り) 196万円 2,989,440 65.8%
1.8 S "ツーリングセレクション" (5人乗り) 190万円 3,017,520 62.9%
1.8 S "ツーリングセレクション" (7人乗り) 198万円 3,222,720 61.4%
1.8 G (5人乗り) 193万円 3,054,240 63.1%
1.8 G (7人乗り) 203万円 3,259,440 62.2%
1.8 G "ツーリングセレクション" (5人乗り) 190万円 3,259,440 58.3%
1.8 G "ツーリングセレクション" (7人乗り) 204万円 3,465,720 58.8%


 どのグレードも概ね60%台で横並びとなっており、一段下がる1.8S Lセレクションや1.8Gツーリングセレクションも58%台、全体のリセールバリュー差は7.5%程度にとどまっています。

 3年落ち普通乗用車のリセールバリュー平均値は50~55%となっており、それに照らせばプリウスαは買い替えに有利なクルマと言えます。

※もちろん、プリウスαの買取相場は常に変動し、走行距離や状態によって大きく違ってきますから、実際にプリウスαを売却する時は、買取店で査定して貰うようにしましょう。

 

新型プリウスαを残価設定ローンで購入すると?

 トヨタ プリウスαを残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

プリウスα 1.8S(5人乗り)
車両本体価格 2,708,640円
車両本体値引き ▲260,000円
メーカーオプション価格 140,400円
ディーラーオプション価格 226,206円
ディーラーオプション値引き ▲45,000円
諸費用 114,537
支払総額 3,149,970円
頭金 0円
ローン元金 2,797,786円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 3.90% 3.90%
初回 56,221円×1回 44,159円×1回
2回目以降 55,500円×34回 42,600円×58回
最終回(残価) 1,083,456円×1回
(40.0%)
622,987円×1回
(23.0%)
金利を含む支払総額 3,283,131円 3,394,400円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

 

下取り車があれば、さらに新車が安く買える

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙さるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

●当サイト新車購入参考リンク

  • 限界まで車を高く売る方法
  • 新車を安く買う!新車値引き交渉の仕方
  • 新車購入・新車の買い方
  • 車維持費の節約方法
  • 車のガラスコーティングなら神奈川の早野ぴっかり工房へ

  • パーツ・カー用品を通販で安く買うなら!
  • -- プリウスα --
    モデルチェンジ情報


    モデルチェンジ予想
    当面の間予定なし
    モデルチェンジ推移
    2017年11月21日最新モデルチェンジ日
    一部改良、 特別仕様車「S“tune BLACK Ⅱ”」
    「S“ツーリングセレクション GR SPORT”」
    2016年5月13日
    特別仕様車
    「S“tune BLACK Ⅱ”」
    2014年12月22日
    特別仕様車「G's」
    2014年11月17日
    マイナーチェンジ
    2013年8月1日
    小改良、特別仕様車
    「チューンブラック」
    2012年10月22日
    グレード追加
    2011年5月13日現行モデル登場日
    プリウスαを発売


    プリウスα値引き口コミ

    ハイブリッドカー情報サイト

    新車値引き情報!

    トヨタ新車値引き情報

    レクサス新車値引き情報

    日産新車値引き情報

    ホンダ新車値引き情報

    マツダ新車値引き情報

    三菱新車値引き情報

    スバル新車値引き情報

    スズキ新車値引き情報

    ダイハツ新車値引き情報

    スポンサーリンク

    ↑ PAGE TOP