ヴォクシーの限界値引きとリセールの高いグレード&オプションをレポート

ヴォクシーの限界値引きとリセールバリューの高いグレードを紹介

ヴォクシーから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、業者間オークションの相場から算出したリセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、ヴォクシーの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、ヴォクシー購入の参考にしてみてください。

当サイトはリンク・引用フリーです
当サイトのリンクやデータ・数字・記事内文章は、ブログやまとめサイト、SNSなどで引用OKです。その際は当サイト(夢あるカーライフ)のサイト名とURLを掲載の上ご利用くださいませ。
>>当サイトに掲載している情報やデータの根拠について

この記事の目次

新型ヴォクシー今月の値引き相場

ヴォクシー値引き難度:緩い~普通
車両からの目標値引き:28万円
オプション値引き相場:20~30%引き
オプションからの値引きを含む限界値引き:40~50万円
販売ディーラー:ネッツ店

ヴォクシーの値引き交渉には、同じミニバンクラス同士の競合が有効です。

交渉序盤では他メーカーのホンダ ステップワゴンや日産 セレナ、三菱 デリカD5を競合させて値引きを詰めていきながら、終盤の煮詰まって来たタイミングで、同じトヨタの兄弟車であるノア、エスクァイアを交えての「三つ巴」を切り出すのが有効です。

近くにカローラ店があればノア、トヨタ店かトヨペット店があればエスクァイア、同じネッツ店でも経営が異なっていればヴォクシーをそれぞれ競合に引き出し、もちろんそれらが複数あれば丹念に回って、最後までより良い値引き条件を追求しましょう。

ジュン君
ジュン君

次にヴォクシーの1年間の値引き推移と、実際にヴォクシーを購入した人の実例値引きデータを紹介するよ

ヴォクシーの1年間の値引き推移

ヴォクシーの1年間の値引き推移グラフ

ヴォクシーの値引き推移(車両からの目標値引き額)は、25万~28万円で推移しています。

2019年1月に値引きが少なくなっているのは、同月7日に一部改良と特別仕様車煌Ⅱが発売されたためで、一時的に値引きが引き締められました。

しかしその後、2ヵ月も経たないうちに元の値引き水準まで戻っています。

2017年7月にマイナーチェンジも済んでいるので、今後は2020年中のフルモデルチェンジまでヴォクシーの値引きは緩い傾向が続くでしょう。

実際の値引きはいくら?ヴォクシーの実例値引き

1年間の実例値引き件数=38件
ディーラーオプション額の平均:52.2万円
オプションを含んだ1年間の平均値引き:48.3万円

※実例値引きは、毎月価格コム・ツイッターなどネット上・SNS上での口コミ収集や雑誌の値引き情報、当サイト(夢あるカーライフ)に寄せられる値引き報告を含めたものです。

毎月コツコツと情報収集しているヴォクシーの実例値引きは、ヴォクシー煌を含めて1年間で38件の値引き口コミが集まりました。

38人のユーザーが付けたディーラーオプションの平均額は52.2万円、そのオプションからの値引きを含めた値引き総額の平均は48.3万円となりました。

ディーラーオプションを沢山付ければ、その分値引きの総額も多くなりますが、オプション50万円以上付けたら値引きの総額50万円前後は、交渉次第となりますがヴォクシーで十分獲得可能な値引きと言えます。

ヴォクシーの値引きが拡大中!?

ヴォクシーの値引きポイント

ヴォクシーはノア・エスクァイアと一緒に2017年7月にマイナーチェンジされたんだ。これから2020年~2021年頃のフルモデルチェンジまで値引きが引き締められる事はないので、兄弟車との競合を活用しながら、ヴォクシーの限界値引きを目指そう!現状でオプションの値引き込みで50万円オーバーの値引きが狙えるぞ。

新型ヴォクシーの限界値引き交渉術!

値引きの神様にお願い

ヴォクシーハイブリッドもガソリン車も値引きは変わらない

2014年のヴォクシーハイブリッドの出始めこそ、ハイブリッドはガソリン車に比べて値引きが引き締められていましたが、2016年に入ってからはガソリン車と変わらない位の値引き相場となっています。

最初はハイブリッドの特別感と人気もあり、セールスさんは「ハイブリッドは値引き出来ない」と商談していましたが、現在では全くそんなことはありません。

ヴォクシーハイブリッドを買うなら、ガソリン車同様に限界値引きを目指しましょう!

ヴォクシーの値引きが渋いなら競合交渉かディーラーを変える

ディーラーやセールスさんによっては、実例値引き相場よりもヴォクシーの値引きを渋る事があります。

多くは地域性も含めたディーラー(販売会社)の方針による所ですが、ただ「値引きしてください」と訴えるだけでは、ヴォクシーの限界値引きは出てきません。

ヴォクシーから限界値引きを引き出すには、大きく分けて2つの方法があります。

ライバル車との競合でヴォクシーの値引きを引き出すか、兄弟車のノア・エスクァイアとの競合を仕掛けるか、です。

一番効果的なのは、同じトヨタのノア、エスクァイアとの競合です。

車の性能や価格はほぼ同じ、単純に価格勝負で値引き交渉出来ます。

ただ、最初から同じトヨタ車で競合を仕掛けると、「トヨタ車を買う事は間違いない。しかし値引き目当てが見え見えなので、他のディーラーの出方を見てから条件を出そう」とディーラーが警戒して、中々ヴォクシーの値引き金額が伸びて来ないケースも見られます。

ライバル車との競合なら、ヴォクシーとライバル車との装備の違いや乗り心地、使い勝手、運転のしやすさ、デザインなど、比較競合出来る部分が多々あるので、トヨタのセールスさんは「車の内容でヴォクシーを買ってくれないなら、値引きで勝負!」となりやすいです。

ライバル車との競合である程度ヴォクシーから値引きを引き出し、さらに値引きを積み重ねるには、トヨタ同士の競合が有効になってきます。

ヴォクシーの値引き条件をノアに伝えてノアの値引き条件を引き出し、その条件をヴォクシーのネッツ店へ伝えて、「ノアが総支払額○○万円で買える。これよりも安くなれば、この場でヴォクシーを契約したい」と詰めの交渉をすると値引きの上乗せが狙えます。

また、ヴォクシーを扱うネッツ店は、同地域に複数の経営が異なるディーラーが存在している場合が多いので、経営違いのネッツ店同士の競合も有効です。

経営違いのディーラーの探し方はこちら。

競合車の設定とディーラー同士競合のやり方
基本的に、値引き交渉には競合が必要です。 他車との競合をあおる事によって販売店・営業マンの競争心を奮い立たせ、大幅値引きを勝ち取る事が出来ます。 ここでは有効な競合車の設定の仕方を紹介します。 他メーカーのライバル車 これが...

ヴォクシー煌の最大値引きは40万円50万円60万円?限界値引き達成は「モデルチェンジ前」と「決算期」がベスト

大人気の特別仕様車「ヴォクシー煌」の値引きは、実例を見ても40万、50万、中には60万円以上の値引きを獲得した実例があります。

そんなヴォクシー煌の最大値引きを達成するには、購入する時期を選ぶのも一つの方法です。

なぜなら年間の中でも値引きが緩みやすい時期、と言うのがあるからです。

基本は「セールスマンが売りたいタイミング」が最も値引きが期待できるのですが、そのタイミングが時期によって左右されるため、年間で見ると値引きが緩む時期が見えてきます。

代表的なのは、決算期でしょう。

ディーラーで行われる年度末決算セール(1月中旬~3月末まで)と中間決算セール(8月中旬~9月末まで)では、メーカーとしても販売台数が欲しい時期なので、おのずと販売会社→セールスマンのノルマはきつくなります。

決算の時期に値引き交渉を進めれば、「ノルマまであと少し」で達成するディーラーやセールスマンに当たりやすいので、ヴォクシー煌の限界値引きが比較的楽に実現できるでしょう。

また、決算の反動で新車の販売が落ち込む4~6月や、週末セールの締め日にあたる日曜日(それも閉店が近い日曜夕方)マイナーチェンジ・フルモデルチェンジ・一部改良の1~2ヵ月前などに狙って値引き交渉をすれば、ヴォクシーを安く買えるチャンスとなります。

ヴォクシーGRスポーツには値引きがあるか?

ヴォクシーGRスポーツ

toyota.jp/voxy/grade/gr_sport

持ち込み登録が必要なヴォクシーのスポーツグレード「GRスポーツ」の値引きは、標準モデルや煌シリーズと比べると、セールスマンのガードはやや固めですが、値引きは十分可能です。

オプションを50万円前後付けたら、値引きの総額40万円台は可能なので、セレナNISMOやステップワゴンモデューロ、ノアGRスポーツなどと競合させて、値引きを引き出しましょう。

下取り車を損なく売って値引きを最大化する!

下取り車を本来ある中古車相場の上限で売って、さらに値引きもMAXまで引き出せれば、これ以上ないお得な車の買い替えに成功していると言えます。

ただ、値引きで成功したと思っても、下取り車で損してしまう人がとても多いのが現状です。

損してしまう多くの例として「これ以上の値引きは見積書に出せないので、下取りの方で調整させてください」と言われる事です。

ここで、当初の下取り額から5万でも10万でもアップすれば、「10万もアップするなら、その分支払額が減るのでかなりの得だな」と思ってしまい、多くのユーザーはそのまま契約してしまうでしょう。

ただ、その当初の下取り額が本来の中古車相場を反映した物なら問題ありませんが、そうじゃない場合、逆に5万、10万を簡単に損してしまう状況になります。

10万円アップしても、本来の中古車相場から見たら「まだまだ、あと20万は行けるでしょ?」などと言う事例は数多くあります。

しかし、一般ユーザーは中古車相場を的確に見分ける事が難しいので、多くの人が下取り車で損をしてしまうのが現状です。

下取り車で損=10~20万円以上の損失を避けるためには、1店舗でもいいので「買取店に査定してもらう」事です。

買取店はディーラーと違い、実際の中古車相場(業者オークション相場)から査定額を算出するので、買取店の査定額と比較すれば、ディーラーの下取り額が妥当なのか?判断する事が出来ます

また、事前に下取り車の相場が分かれば、買い替えの予算も検討出来るでしょう。

おすすめは下記の査定サイトです。買取店の査定は無料、さらに無料で出張査定にも来てくれます。

ネットで申し込み後に、おおよその査定相場もすぐに分かります。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずヴォクシーの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

カーナビ

トヨタ 純正ナビアルパイン 社外ナビ
本体T-Connectナビ NSZN-Z68TBIG Xナビ EX11Z-VO
画面大きさ10インチ11インチ
価格292,680円209,900円
(Amazon)
バックカメラ22,302円14,000円
(Amazon)
ナビ工賃20,088円29,800円
(Amazon)
合計額335,070円253,700円
純正との価格差-81,370円
ETC最安10,800円5,539円
(Amazon)
ETC2.032,400円20,322円
(Amazon)
カロッツェリア サイバーナビ

せっかくヴォクシーに乗るなら、純正カーナビには迫力大画面の10インチモデルT-Connectナビを選択、バックカメラやナビ工賃と合わせて約33.5万円と、さすがのグレード感です。

その一方で、社外品ナビにはもっと大きな11インチ大画面と使いやすさで多くのヴォクシーユーザーから満足感を得ているアルパインのビッグXナビと、比較する対象に10インチ画面ながら先進感の高いデザインとユースフルな機能性で人気の高いカロッツェリアのサイバーナビを選択。

これにバックカメラとナビ工賃を合わせてトータル約25.3万円と、純正品で揃えた場合に比べて約8.1万円も割安となり、車両本体から値引きしてもらったのと同じ効果が得られます。

他にもETC類など割安な社外品がたくさんあるので、賢く探し出してヴォクシーの支払総額を下げていけるとベターです。

フロアマット

ヴォクシーの純正フロアマット

  • デラックス 50,760円
  • ラグジュアリー 62,640円

社外品ヴォクシー用フロアマット


・純正品との差額 2.5万~3.7万円以上

ヴォクシーに敷くフロアマットをこちらの社外品にすると、純正品との差額で2万~3万円以上の割安となるため、それだけ値引きしてもらったことと同じになります。

それでいて品質面でも純正品に引けを取らないため、コスパ的にはより有利と言えるでしょう。

フロアマットの取りつけは簡単ですが、さすがに3列シートともなると意外に重労働なので、新車でヴォクシーを購入するタイミングでディーラーに持ち込んでお願いすると、たいていは工賃サービスで取りつけてくれます。

ドライブレコーダー

ヴォクシー純正ドライブレコーダー

  • カメラ一体型 21,060円
  • カメラ一体型(ナビ連動) 42,660円
  • 安心機能付き(一体型) 40,500円
  • 安心機能付き(別体型) 53,460円
  • カメラ別体型(ナビ連動) 62,100円
  • カメラ別体型(スマホ連動) 62,100円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 1.5万~5.6万円以上

近ごろ問題視される「あおり運転」などの運転トラブル対策として需要が高まっているドライブレコーダーを、上記の社外品にすることで純正品との差額ぶん値引き効果が得られます。

ドライブレコーダーの取りつけは知識がないと難しいため無理しないで、ヴォクシーの新車購入時にディーラーと交渉して工賃を無料サービスor値引きしてもらえるとグッドです。

コウさん
コウさん

ヴォクシーの値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

ヴォクシーの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール定速型
アクセル踏み間違い防止機能

※各安全装備は、グレードによって標準装備、又はメーカーオプションとなっています

新型ヴォクシーの納期は?

ヴォクシーの納期:1~2ヶ月

ヴォクシーの納期は在庫車やメーカー見込み発注分があれば1ヵ月以内で納車可能です。

新たにメーカーへ発注、またGRスポーツのような注文生産では、1~2ヶ月の納期となっています。

ヴォクシーの価格とグレード別リセールバリューは?(2019年7月調査)

価格と各グレードのリセールバリューは?

新車から3年経過したヴォクシー/ヴォクシー ハイブリッドの買取相場とリセールバリューを一覧表にしました。

3年後、どのグレードがより高く売れるのか? グレード選びのご参考にどうぞ。

※3年落ち走行3万キロ前後、修復歴なし、年式なりの車両状態データです

新型ヴォクシーのグレード名3年後の買取相場新車価格(円)リセールバリュー
1.8 ハイブリッド X(7人乗り)173万円3,003,48057.6%
1.8 ハイブリッド V(7人乗り)203万円3,160,08064.2%
1.8 ハイブリッド ZS(7人乗り)227万円3,286,44069.0%
1.8 ハイブリッド ZS 煌 Ⅱ(7人乗り)*235万円3,380,40069.5%
2.0 X(8人乗り)–万円2,509,920%
2.0 X(7人乗り)152万円2,540,16059.8%
2.0 ZS(8人乗り)–万円2,762,640%
2.0 V(8人乗り)–万円2,773,440%
2.0 ZS(7人乗り)184万円2,792,88065.9%
2.0 V(7人乗り)172万円2,803,68061.3%
2.0 ZS GR SPORT227万円3,246,48069.9%
2.0 ZS 煌 Ⅱ(8人乗り)*–万円2,856,600%
2.0 ZS 煌 Ⅱ(7人乗り)*203万円2,886,84070.3%
2.0 X(8人乗り) 4WD155万円2,715,12057.0%
2.0 X(7人乗り) 4WD–万円2,745,360%
2.0 ZS(8人乗り) 4WD–万円2,957,040%
2.0 V(8人乗り) 4WD–万円2,978,640%
2.0 ZS(7人乗り) 4WD219万円2,987,28073.3%
2.0 V(7人乗り) 4WD181万円3,008,88060.1%
2.0 ZS 煌 Ⅱ(8人乗り) 4WD*–万円3,051,000%
2.0 ZS 煌 Ⅱ(7人乗り) 4WD*230万円3,081,24074.6%

*特別仕様車

ヴォクシーの値引きポイント

ヴォクシーは価格帯の上がる上級グレードほど、値引きできる枠が大きくなる。上級グレードを買うなら、しっかりと値引きの上限値まで引き出そう。大人気の「煌」は特別仕様車だからと言って、値引き出来ない事はない。オプション値引きを含めれば50万円以上の限界値引き達成が十分可能だ。

 

3年落ち走行3万キロ前後のヴォクシーのリセールバリューは、ハイブリッド車、ガソリン車共に特別仕様車の「ZS煌」のリセールが一番高い結果となりました。

ハイブリッドとガソリン車では、ZSや煌なら概ね同等のリセールですが、他グレードでが僅かにハイブリッドが有利かな、と言う印象です。

ガソリン車の4WDと2WDを比較すると、ZSや煌きはやや4WDの方がリセールが強くなっています。

4WDのXとVは流通台数が少ないため、オークションの取引台数も少なく、相場がブレる可能性が高いです。売却時は提示額がお店によってばらつきが出るので、複数のお店で査定してもらいましょう。

ヴォクシーの人気グレードとリセールバリューから見たおすすめのグレードは?

ヴォクシーの人気グレードはガソリン車の「ZS煌」

ガソリン車の特別仕様車「ZS煌」は、中古車の流通台数が一番多く売れ筋のグレードとなっています。次いでガソリン車の「ZS」、「ハイブリッドV」が同等の流通台数で続いています。

リセールから見たヴォクシーのおすすめグレードは「ZS煌」

ハイブリッド・ガソリン車で共通しているのは、ZS煌のリセールが最も高く、おすすめ出来るグレードです。

中でも「ガソリン車のZS煌」が最もリセールが高くおすすめです。3年後の損失額で見ても、ハイブリッド煌より損失は少なく済みます。

新車価格-買取相場=損失額
ハイブリッド煌:338万-235万=103万円
ガソリン煌:288.6万-203万=85.6万円

ただ、4WDも含めて煌ならどれも高リセールなので、好みのパワートレインや駆動方式で選ぶと良いでしょう。

リセールバリューから見たヴォクシーのおすすめカラーは?

3年落ち・3万キロ前後の相場では、色による査定金額に差が出ます。

ヴォクシーのカラーの中でリセールの高いカラーは、ホワイトパールクリスタルシャインブラックです。

シルバーやブロンズメタリックと比較すると、15~20万円以上高い査定金額が付くので、査定相場が多く残っている3年~5年落ち以内の売却を想定するなら、上記2色を選ぶと損失を抑えられます。

ブラキッシュアゲハはシルバーやブロンズよりも高いですが、上記2色と比べるとリセールはやや弱くなってしまいます。

リセールバリューから見たヴォクシーのおすすめオプションは?

  • ツインムーンルーフ

ツインムーンルーフは、ガソリン車のZSシリーズとVにしか装着できませんが、オプション代金(118,800円)以上にプラス査定が期待できるメーカーオプションです。

実際3年落ちで同じグレード・状態で15~20万円前後の差が見られるケースがあるので、価値が多く残る高年式のうちに売却する可能性があるなら、付けておきたいオプションです。

  • スマートキー(スマートエントリーシステム)

スマートキーは、キーをポケットやバッグから取り出すことなく、ドアの開閉やエンジンのON・OFFが可能な便利な装備です。

中古車市場でも需要の高い装備なので、スマートキーの有り無しでリセールに差が出てきます。

ガソリン車のXは標準装備ではないので、メーカーオプション(37,800円)で選択しておきたいですね。

  • 両側電動スライドドア

両側電動スライドドアも、ファミリーユースが多いミニバンでは特に重宝される装備です。

中古車市場での需要が高いため、そのままリセール価値に反映されます。

メーカーオプション価格は6万円前後なので、乗っている間の利便性も向上する事から、是非付けておきたいおすすめのオプションです。

  • メーカーオプションナビ

ヴォクシーのメーカーオプションナビ(TコネクトSDナビゲーションシステム)は、35.5万~37.2万円もする高価なオプションですが、売却時はそれなりにプラス査定になります。

特に3年以内の短期での売却だと査定評価が高くなるので、短期での乗り換え前提なら検討しても良いかもしれません。

長く乗る前提なら、ディーラーオプションナビやアルパインなどの社外品ナビの方が、機能的にもコストのバランスが取れていておすすめ出来ます。

ヴォクシーの値引きポイント

ヴォクシーはグレードによってリセールバリューに差がある。出来るだけ値引きをしてもらって初期費用を抑えれば、リセールの高いグレードなら損失額を少なく出来るので、お得感は高いぞ。

下取り車があるなら相場を調べておこう

値引き相場や欲しいグレードが決まってこれからディーラー巡りをするなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るでしょう。

買取店の査定はもちろん無料、さらに無料で出張査定にも来てくれます。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。


新型ヴォクシーは機械式の立体駐車場に入る?

トヨタ ヴォクシーの車体寸法は、以下の通りとなっています。

全長4,695-4,710mm
全幅1,695-1,735mm
全高1,825-1,870mm

ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています。(横幅は1,850mm)

ヴォクシーの全高は1,825-1,870㎜なので、ハイルーフ非対応の機械式立体駐車場には停められない寸法となっています。

最近徐々に増えつつあるハイルーフ対応の機械式立体駐車じょうには、問題なく停められます。

新型ヴォクシーの実燃費は?

ヴォクシーガソリン車の実燃費

渋滞・街中の実燃費 7-9㎞/L
スムーズな一般道・幹線道路の実燃費 10-12㎞/L
高速道路の実燃費 12-14㎞/L
ヴォクシーの平均実燃費 10-11㎞/L

ヴォクシー ハイブリッドの実燃費

渋滞・街中の実燃費 11-13㎞/L
スムーズな一般道・幹線道路の実燃費 17-19㎞/L
高速道路の実燃費 19-21㎞/L
ヴォクシー ハイブリッドの平均実燃費 16-17㎞/L

燃費と季節&速度の関係

燃費悪い: 冬 < 夏 < 秋 < 春 :燃費よい

冬はエンジンが暖まるまでエンジン保護により燃料を多く吹くため、燃費が悪くなります。

次いでエアコンを使用する夏の燃費が悪く、春が年間で一番実燃費が伸びる時期です。

ヴォクシーの最新モデルチェンジ

2019年1月7日 ヴォクシーを一部改良、特別仕様車「ZS煌(きらめき)Ⅱ」を発売

トヨタ ヴォクシー

今回の一部改良では、衝突回避支援パッケージToyota Safety Senseにおいて、昼間の歩行者も検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)を採用しました。

また、駐車場などでのアクセルとブレーキのペダル踏み間違い時における衝突被害軽減に寄与する先進の安全機能インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を新たに設定しました。

特別仕様車「ZS煌(きらめき)Ⅱ」の特別装備

  • ロアグリルに黒艶塗装
  • 内外装の随所にメッキやシルバー塗装
  • 外板色には、ブラックを含む全4色を設定

ヴォクシーのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

当面予定なし

モデルチェンジ推移

2019年1月7日一部改良、特別仕様車「ZS“煌(きらめき)Ⅱ”」
2017年11月24日特別仕様車「ZS“煌(きらめき)”」
2017年9月19日グレーッド追加「GR SPORT」
2017年7月3日マイナーチェンジ
2016年7月6日特別仕様車「ZS“煌(きらめき)Ⅱ”」
2016年4月20日ヴォクシー ZS G’sを発売
2016年1月6日一部改良、グレード追加
2014年11月20日特別仕様車「ZS“煌(きらめき)”」
2014年1月20日フルモデルチェンジ
2013年5月13日特別仕様車「ZS“煌(きらめき)Z”」
2012年10月1日特別仕様車「ZS“煌(きらめき)III”」
2011年10月4日特別仕様車「ZS“煌(きらめき)Ⅱ”」
2010年9月30日特別仕様車「 ZS“煌(きらめき)”」
2010年4月27日マイナーチェンジ
2009年6月8日特別仕様車「ZS“煌(きらめき)II”」
2008年6月23日特別仕様車「 ZS“煌(きらめき)”」
2007年6月27日フルモデルチェンジ
2005年8月2日一部改良
2005年4月特別仕様車
2004年8月マイナーチェンジ
2003年8月一部改良 特別仕様車
2002年12月特別仕様車
2002年7月特別仕様車
2001年11月16日デビュー

ヴォクシー月販目標台数:5000台

ヴォクシーの値引きポイント

ヴォクシーは今後一部改良を行いながら、2020~2021年頃に次回のフルモデルチェンジを迎えるんだ。この改良やフルモデルチェンジのタイミングで、在庫車や生産予定数を消化して新型を売る必要があるため、現行モデルの値引きが大きく緩むぞ。最新型に拘らないなら、ヴォクシーを安く買うチャンスだ!

ヴォクシーの競合車は?

日産 セレナ

セレナ

人気のセレナが目下のところ最大のライバルになります。

燃費でも低床化でもヴォクシーより劣るセレナが注目され実際に売れているのは、一部の自動運転を可能にした「プロパイロット」によるところが大きいですが、根強い人気があるのも事実です。

そんなセレナと競合させれば、ヴォクシーから値引きを引き出すきっかけとなるでしょう。

セレナの限界値引きはこちら

ホンダ ステップワゴン

ホンダステップワゴン

ダウンサイジングされた1.5Lターボは燃費も良く走行性能も文句なし。

税制でもライバルより有利であり、リアからのデザインは賛否両論ありますが、便利なわくわくゲートを備えて人気が高いです。

ハイブリッドも追加されたので、ヴォクシーのグレードによって、競合させるステップワゴンのグレードを選択しましょう。

ステップワゴンの限界値引きはこちら

トヨタ ノア/エスクァイア

トヨタノア

ヴォクシーの兄弟車である、ノアとエスクァイアです。

それぞれ販売するディーラーが異なるので、トヨタ同士の競合が可能な車種です。

エスクァイアは上級志向で価格が割高ですが、ノアとは外観が異なるだけでほぼ同じ車、価格帯も同じです。

エスクァイアも値引きが大きいので、エスクァイアとノアの値引き込みの総額をヴォクシーへぶつけると良いでしょう。

ノア/エスクァイアの限界値引きはこちら

新型ヴォクシーはいくらで買えるのか?残価設定ローンで購入シミュレーション

ヴォクシー煌めきは総額いくらで買えるのでしょうか。ヴォクシーを残価設定ローンで購入した場合の、月々の支払額を3年と5年でシミュレーションしてみました。

グレード名ヴォクシー 2.0ZS”煌”
車両本体価格2,886,840円
車両本体値引き▲260,000円
メーカーオプション価格32,400円
ディーラーオプション価格664,460円
ディーラーオプション値引き▲133,000円
諸費用242,777円
支払総額3,433,477円
頭金0円
ローン元金3,433,477円
支払回数36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利4.3%4.3%
初回63,995円×1回46,871円×1回
2回目以降62,000円×34回44,900円×58回
最終回(残価)1,587,762円×1回
55.0%)
1,299,078円×1回
(45.0%)
金利を含む支払総額3,759,757円3,950,149円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。また、販売店の金利によっても支払額は変わるので上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

ヴォクシーの値引きポイント

残クレは月々の支払額を安く出来るが、残価分にも金利が掛かるので利息手数料は多くなる。しかしその分ディーラーへクレジット会社からマージンが入るから、残クレでヴォクシーを契約すると値引きは多くなる傾向だ。値引き交渉でしっかりと上限値まで値引きを引き出そう!

下取り車の金額で絶対に損しないためにすること【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約につなげる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円の差額・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも査定してもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分ほどの入力で買取店への査定申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】今あなたの車がいくらで売れるのか?オークション相場から調べて査定額をお伝えする無料サービスです 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!1台1台オークション相場から調べて今の買取金額をお伝えする無料サービスです ※...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...