日産セレナの値引き、新車値引き情報

トップ車値引きオールアルバム日産新車値引き情報>セレナ値引き

セレナの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

  このページでは、日産セレナの限界値引きを実現する値引き交渉テクニックをはじめ、毎月のセレナ目標値引き金額(相場)、セレナの基本データ(取り扱いディーラー、納期、安全システム、グレード、価格、実燃費、最新モデルチェンジ等)、セレナのライバル・競合車、セレナのグレード別リセールバリューや残価設定ローン購入シミュレーションなど、セレナのお得情報を紹介していきます。

 これらの情報を活用して、皆さんがセレナの限界値引きを実現できますように。

 

セレナ取り扱いディーラー

日産全店
セレナ月販目標台数:8000台

 

新型セレナ今月の値引き相場

セレナ値引き難度:緩い
車両本体値引き:30万円
オプション値引き:20~30%引き
セレナ限界値引き(合計):35~45万円

 初売りでは30万円オーバーの値引きも目立ったセレナですが、最近は20万円でストップをかけてくる事もあるため、トヨタのハイブリッド車をぶつけて揺さぶるのが攻略の第一歩です。

 セレナの値引き交渉はトヨタのヴォクシー3兄弟(ヴォクシー、ノア、エスクァイア)やホンダのステップワゴン等との競合で条件を詰めていき、別経営の日産ディーラーが近くにあるなら、セレナ同士の頂上対決に持ち込むのが理想です。

※セレナのOEM車(別メーカー販売の同車種)であるスズキのランディを競合の候補に考える方もいますが、セレナにぶつけてしまうとスズキ側があっさり引き下がってしまう事もあり、あまりアテになりません(苦笑)

 また、オプションをたくさんつけると値引き率も大きく上昇、40万円以上の値引きにも手が届くようになってきます。

 

セレナの安全装備・システムは?

 

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者 ×
クルーズコントロール 全車速追従型

 

新型セレナの納期は?

セレナの納期:1ヵ月~3ヵ月

 セレナの納期は、グレードによって1~3ヶ月となっています。
※生産・受注状況や、一部仕様・オプション等の事情により、別途納期が延びる事もあるため、実際の納期については日産ディーラーへお問い合わせください。

 

新型セレナの価格は?

 

セレナのグレード名 価格(税込) 燃費(km/L)
2.0 B 231.7 15.0
2.0 S 243.5 15.0
2.0 X 248.9 17.2
2.0 B 4WD 260.4 15.8
2.0 ハイウェイスター 267.8 16.6
2.0 X 4WD 273.4 15.8
2.0 G 284.8 16.6
2.0 ハイウェイスター 4WD 296.6 15.8
1.2 e-POWER X 296.9 26.2
2.0 ハイウェイスターG 301.1 16.6
1.2 e-POWER XV 312.9 26.2
2.0 G 4WD 313.5 15.0
1.2 e-POWER ハイウェイスター 317.8 26.2
1.2 e-POWER ハイウェイスター V 340.4 26.2
2.0 NISMO 341.9 --

 

新型セレナは機械式の立体駐車場に入る?

 日産 セレナの車体寸法は、

 全長4,690-4770mm
 全幅1,695-1740mm
 全高1,865-1,875mm

となっており、ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています(横幅は1,850mm)。

 セレナの全高は1,865-1,875mmなので、残念ながら機械式の立体駐車場には停められません。

 

新型セレナの実燃費は?

【セレナの実燃費】
 渋滞を含む街中の燃費:8-11km/L
 流れの良い一般道・幹線道路の燃費:15-17km/L
 高速道路の燃費:18-20kmL/
 セレナの平均実燃費:12-14km/L

 

 日産セレナの燃費は気温が高いほどよくなりますが、例外として夏はエアコンを使うため、電気=燃料の消費が大きくなります。
 これを図にすると、次のようになります。

【燃費悪い:冬 < 夏 < 秋 <春:よい

 

セレナの最新モデルチェンジ

・2018年1月12日 セレナ「オーテック(AUTECH)」を発売!

 日産の関連会社(株)オーテックジャパンは、セレナをベースとした新型カスタムカー「オーテック」を設定。2月1日より日産ディーラーを通して全国一斉発売されます。
セレナ オーテックはカスタムカーづくりの中で培った職人魂(Craftsmanship)を結晶させたプレミアムスポーティブランドとして、細緻にこだわって作りこんだディテールで先進性を演出。

 エクステリアには2トーンを含む8ボディカラーをラインナップ、インテリアにはセレナ オーテックのトレードカラーであるブルーを絶妙にあしらうことでクールかつハイグレード感あふれる空間を創出。シートにはセレナ唯一となる本革仕様の選択も可能です。

 更にこだわりを追求した「プレミアムスポーティミニバン」として、人・車・路面の一体感をチューニングしたセレナ「オーテック スポーツ スペック」も設定。

 17インチにアップしたタイヤ、サスペンションとボディのバランス強化など、優れた走行性能と快適性能の両立を実現しています。

希望小売価格(消費税込み)
特別仕様車:2,985,120-3,567,240円

 

セレナの競合車は?

・トヨタ ノア

 セレナの競合車として真っ先に挙げられるのが、トヨタ・ノアです。

 車両の価格帯もほぼ一緒で、パッケージングも同じ5ナンバーサイズのミニバンとして、非常に似ています。

 セレナハイブリッドが出れば、ノアとその兄弟車のヴォクシー、エスクァイアのハイブリッド車と競合出来るでしょう。

ノアの限界値引きはこちら

・ホンダ ステップワゴン

 長きにわたってその「四角いシンプルなスタイル」を継承しつつも、後方から乗車できる「わくわくゲート」やハイブリッド仕様、安全技術「ホンダ・センシング」を搭載するなどといった、最先端の技術を取り入れるホンダ・ステップワゴン。

 売れ筋の5ナンバーサイズミニバンとして、セレナとステップワゴンはよく競合します。

 ステップワゴンを引き合いに出せば、値引き交渉の成功率も上がるでしょう。

ステップワゴンの限界値引きはこちら

・三菱 デリカD:5

 三菱が誇る高い悪路走破性と、大型でミニバンらしい箱型パッケージから生まれる高い快適性能がメリットのデリカD:5も、競合車のひとつです。デリカD:5はミニバンだけでなく、RVのカテゴリにも入りますが、セレナと同じ箱型のミニバンとして、ユーザーはデリカD5を比較対象にしています。

デリカD:5の限界値引きはこちら

 

新型セレナの限界値引き交渉術!

ディーラー同士で値引き額を競い合う

 日産のディーラーと言っても、各都道府県名が頭につく日産店に、日産サティオ、日産プリンスという3種類に分類されています。取り扱っている車種は同じですが、値引き額やサービスは各販社によって異なります。

 なので、同じ地域の違う種類のディーラーと競わせても良いでしょう。

 ただし経営する法人が同じだと、同じ会社という事で顧客情報を共有している可能性があります。

 A店の日産ディーラーにて値引きした見積書を出してもらい、B店の日産ディーラーに持っていっても拒まれることもあるという事です。

 なので、経営する法人を日産のHPで調べて、別法人同士の日産ディーラーを競合させるか、東京と神奈川などといった他県をまたいで競合した方が当サイトとしてはおススメです。

購入時期は「マイナーチェンジ前」がベスト

 自動運転システム「プロパイロット」のみならず、様々なグレードや特別仕様車が登場するたびに改良を施してきました。

 そして2017年10月ごろに再び一部改良、ハイブリッド追加を行うとの情報があります。

 ディーラーとしては、マイナーチェンジ前のモデルを何とか売切ろうという気持ちですから、大幅な値引きをしてくれるに違いありません。

競合車を引き出す作戦は必ずしも有効ではない?

 セレナは日産が誇るミニバンとして非常に人気が高い車種ではありますが、人気車種ゆえに競合する車種も非常に多いです。

 トヨタ・ノアもしくはヴォクシー、ホンダ・ステップワゴンなど、豊富に揃っています。

 セレナを購入したユーザーには競合車の見積書を出すと値引きしてくれたという声がありますが、逆にほとんど値引きしてくれなかったという声もあります。

 なので、セレナを購入する際に競合車を出す作戦は、不確定要素もあると考えておいた方がよさそうです。

2回目以降の商談では「オプション品の値引きサービス」

 1回目の商談の時には、簡単なもので結構ですのでセレナの車体価格の値引きをした見積書を出してもらいます。

 そして他県の日産ディーラーや他の自動車メーカーと比較しながら、もう一度2回目の商談をしてもらいます。

 この時に次なる作戦として、「オプション品の値引きサービス」をしてもらいましょう。

 メーカー純正ナビの値引きだけでなく、ドアバイザーやフロアマットなどといった小物のオプションも交渉次第では無料で付けてくれます。

何度もディーラーへ行き「粘り強く値引き作戦」

 度々ディーラーへ商談しに行くと、担当の方が精一杯頑張ってくれるので、最初の見積書よりも値引き額を大きくしてもらえます。

 ある程度値引きが出れば車両価格の値引きよりも「オプションの無料サービス」を重点的に攻めていった方が、30万円近くの大幅な値引きをしてもらえる可能性が大きいです。

 1回の商談で満足することなく、値引き額の限界まで攻めることが大切です。

 

セレナのグレード別リセールバリューは?

 日産セレナの新車から3年落ちのグレード別リセールバリューです。
 どのグレードが3年後により高く売れるのか?グレード選びの参考にしてください。

セレナのグレード名 買取相場 価格(税込) リセール
2.0 S 121万円 2,435,400 49.6%
2.0 X 129万円 2,489,400 51.8%
2.0 X Vセレクション 137万円 2,674,080 51.3%
2.0 G 143万円 2,847,960 50.2%
2.0 ハイウェイスター 167万円 2,678,400 62.3%
2.0 ハイウェイスター Vセレクション 180万円 2,934,360 61.3%
2.0 ハイウェイスター G 182万円 3,011,040 61.4%
2.0 X 4WD 151万円 2,733,480 55.2%
2.0 X Vセレクション 4WD 159万円 2,918,160 54.4%
2.0 G 4WD 174万円 3,135,240 55.5%
2.0 ハイウェイスター 4WD 180万円 2,965,680 60.7%
2.0 ハイウェイスター Vセレクション 4WD 196万円 3,194,640 61.3%


 セレナのリセールバリューをグレード別に見ていくと、ハイウェイスター系に集まった人気がそのまま買取相場に反映され、60%以上の高リセールとなっているため、売却も視野に入れたセレナ購入時の参考になるでしょう。
 一方、最下級グレードの2.0Sはスペック・装備で中間グレードに引けをとりながら、新車価格もそこまで安くないため人気が集まらず、リセールバリューで平均以下(※)となってしまいました。
(※)3年落ち普通乗用車のリセールバリューは50~55%と言われます。
その他のグレードはどれも50~55%台に収まっているため、高リセールを狙うならハイウェイスター系、安く買いたいならその他のグレードを選べば概ね大丈夫でしょう。

※セレナの買取相場は常に変動し、走行距離や状態によって大きく違ってきますから、高リセールのグレードでも油断は禁物ですし、低リセールのグレードでも、交渉次第で高額買取を狙うことができますから、実際にセレナを売る時は、買取店で査定して貰うようにしましょう。

 

新型セレナを残価設定ローンで購入すると?

 日産セレナを残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

セレナ ハイウェイスター Vセレクション
車両本体価格 2,934,360円
車両本体値引き ▲310,000円
メーカーオプション価格 43,200円
ディーラーオプション価格 226,774円
ディーラーオプション値引き ▲45,000円
諸費用 181,759円
支払総額 3,031,093円
頭金 0円
ローン元金 3,031,093円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 1.90% 1.90%
初回 45,917円×1回 39,429円×1回
2回目以降 44,400円×34回 35,000円×58回
最終回(残価) 1,607,000円×1回
(55.0%)
1,161,000円×1回
(39.5%)
金利を含む支払総額 3,518,610円 3,586,522円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。また、販売店の金利によっても支払額は変わります。
 上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙さるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

●当サイト新車購入参考リンク

  • 限界まで車を高く売る方法
  • 新車を安く買う!新車値引き交渉の仕方
  • 新車購入・新車の買い方
  • 車維持費の節約方法
  • 車のガラスコーティングなら神奈川の早野ぴっかり工房へ

  • パーツ・カー用品を通販で安く買うなら!
  • -- セレナ --
    モデルチェンジ情報


    モデルチェンジ予想

    当面の間予定なし

    モデルチェンジ推移
    2018年2月28日
    グレード追加「e-POWER」
    2018年1月12日
    特別仕様車「AUTECH」「AUTECH SPORTS SPEC」

    2017年11月21日

    グレード追加「NISMO」

    2017年5月24日
    特別仕様車「X Vセレクション」
    「ハイウェイスター Vセレクション」
    「ライダー Vセレクション」「ライダー Vセレクション ブラックレザー」
    2016年11月30日
    特別仕様車「25thスペシャルセレクション」
    2016年8月24日
    フルモデルチェンジ
    2015年11月25日最新モデルチェンジ日
    一部改良
    2015年7月15日
    一部改良、特別仕様車「ハイウェイスター Vセレクション+Safety Ⅱ」、 「ハイウェイスター Vエアロモード+Safety Ⅱ」、「20X Vセレクション+Safety」
    2014年10月24日
    特別仕様車
    「ハイウェイスター エアロモード」
    2014年10月1日
    特別仕様車
    「Vセレクション+Safety(プラスセーフティ)」
    2014年5月8日
    特別仕様車「ライダー ブラックライン ZZ」
    2013年12月25日
    マイナーチェンジ

    2013年6月26日
    特別仕様車
    「ハイウェイスター Vセレクション」
    「ハイウェイスター Vエアロモード」

    2012年11月29日
    特別仕様車
    「ハイウェイスター エアロモード」
    2012年8月1日
    一部改良、特別仕様車「クロスギア」
    追加モデル
    S-HYBRID(スマートシンプルハイブリッド)
    2011年12月20日
    特別仕様車
    「ハイウェイスターVエアロセレクション」
    2011年10月5日
    特別仕様車
    「ライダー ブラックライン」
    「ライダー パフォーマンススペック」
    2011年9月7日
    特別仕様車
    「ハイウェイスターVセレクション」
    2011年2月9日
    特別仕様車
    「Highway STAR J パッケージ」
    2010年11月8日現行モデル登場日
    フルモデルチェンジ
    2010年4月26日
    特別仕様車
    「ハイウェイスター
    Vエアロセレクション プラスナビHDD」
    2009年10月20日
    特別仕様車
    ライダー「プラスナビHDD」
    2009年9月30日
    特別仕様車
    「ハイウェイスター Vエアロセレクション」
    「20S Vセレクション」
    2009年4月23日
    一部改良
    2008年12月18日
    一部改良 特別仕様車
    「ハイウェイスター Vセレクション」
    2008年7月1日
    特別仕様車
    「20S ナビプラスステップセレクション」
    2008年5月7日
    特別仕様車
    「20S ナンバーワンエディション
    ナビパッケージ」
    2007年12月19日
    マイナーチェンジ
    2006年12月19日
    小改良 特別仕様車
    2006年6月13日
    追加モデル 特別仕様車

    2005年12月27日
    一部改良

    2005年5月31日
    デビュー


    日産 セレナ
    値引き・口コミサイト

    新車値引き情報!

    トヨタ新車値引き情報

    レクサス新車値引き情報

    日産新車値引き情報

    ホンダ新車値引き情報

    マツダ新車値引き情報

    三菱新車値引き情報

    スバル新車値引き情報

    スズキ新車値引き情報

    ダイハツ新車値引き情報

    スポンサーリンク

    ↑ PAGE TOP