セレナの限界値引きとリセールの高いグレード&オプションをレポート

日産 セレナ

セレナから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、業者間オークションの相場から算出したリセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、セレナの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、セレナ購入の参考にしてみてください。

この記事の目次

セレナ取り扱いディーラー

日産全店

セレナ月販目標台数:8000台

新型セレナ今月の値引き相場

セレナ値引き難度:緩い~渋い
車両からの目標値引き:28万円(e-POWER 20万円)
オプション値引き相場:20~30%引き
オプションからの値引きを含む限界値引き:30~45万円

セレナの値引き交渉はトヨタの5ナンバーミニバン3兄弟(ヴォクシー、ノア、エスクァイア)やホンダのステップワゴン等との競合で値引きを引き出すのが常套手段です。

やはり販売台数を競っているライバル車と競合させれば、セレナの値引きが可能ですが、限界値引きまで届くかは、確証が持てません

そこで値引きの上乗せに効くのが、日産ディーラー同士でセレナの値引き条件をぶつけ合って、競合させる事です。

特にまだ値引きが渋いセレナe-POWERが対象なら、ライバル車との競合に乗ってこなくても、日産同士の競合なら純粋に価格勝負となってしまうため、契約を取るためなら限界まで出すセールスマンやディーラーはあります。

※セレナのOEM車(別メーカー販売の同車種)であるスズキのランディを競合の候補に挙げるケースもありますが、セレナにぶつけてしまうとスズキ側があっさり引き下がってしまう事もあり、あまり有効な方法ではありません。

ライバル車との競合で目安となる値引きを引き出してから、日産同士の競合で限界値引きを目指しましょう。

セレナの値引きポイント

日産同士の競合を仕掛けるなら、経営違いのディーラー同士を競合させよう。同じ会社同士のディーラーを競合させても意味がないぞ。経営違いのディーラーが分からない人は、競合車の設定とディーラー同士競合のやり方を見てみよう。

新型セレナの限界値引き交渉術!

値引きの神様にお願い

ディーラー同士で値引き額を競い合う

日産のディーラーと言っても、各都道府県名が頭につく日産店に、日産サティオ、日産プリンスという3種類に分類されています。取り扱っている車種は同じですが、値引き額やサービスは各販社によって異なります。

なので、同じ地域の違う種類のディーラーと競わせても良いでしょう。

ただし経営する法人が同じだと、同じ会社という事で顧客情報を共有している可能性があります。

A店の日産ディーラーにて値引きした見積書を出してもらい、B店の日産ディーラーに持っていっても同じ会社なので拒まれることもあるという事です。

なので、経営する法人を日産のHPで調べて、別法人同士の日産ディーラーを競合させるか、東京と神奈川などといった他県をまたいで競合するようにしましょう。

限界値引き達成は「モデルチェンジ前」がベスト

自動運転システム「プロパイロット」のみならず、様々なグレードや特別仕様車が登場するたびに改良を施してきました。

ディーラーとしては、一部改良やフルモデルチェンジ・マイナーチェンジ前のモデルを何とか売切ろうという気持ちですから、セレナから大幅な値引きをしてくれるに違いありません。

2回目以降の商談では「オプション品の値引きサービス」

1回目の商談の時には、簡単なもので結構ですのでセレナの車体価格の値引きをした見積書を出してもらいます。

そして他県の日産ディーラーや他社と比較しながら、もう一度2回目の商談を行います。

この時に、「オプション品の値引きサービス」をしてもらいましょう。

純正ナビの値引きだけでなく、ドアバイザーやフロアマットなどといった小物のオプションも交渉次第では無料サービスで付けてくれます。

何度もディーラーへ行き「粘り強く値引き作戦」

一度だけでなく、複数回ディーラーへ商談しに行くと、セールスマンも情が湧くのか値引きを頑張ってくれるケースが多く、最初の見積書よりも値引き額を大きくなるケースが多々あります。

ある程度値引きが出れば車両価格の値引きよりも「オプションの無料サービス」を重点的に攻めていった方が、トータルで30万円以上の大幅な値引きになる可能性が大きいです。

1回の商談で満足する値引きが出なければ、複数回ディーラーへ通って値引き額の限界まで攻めることが大切です。

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずセレナの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

カーナビ

日産 純正ナビ アルパイン 社外ナビ
本体 メモリーナビ MM318D-L ビッグX EX11Z-SE
画面大きさ 9インチ 11インチ
価格 240,288円(工賃込み) 202,220円
(Amazon)
バックカメラ 39,744円 12,130円
(Amazon)
ナビ工賃 –円 29,800円
(Amazon)
合計額 280,032円 244,150円
純正との価格差 -35,882円
ETC最安 27,648円 6,758円
(Amazon)
ETC2.0 44,712円 32,689円
(Amazon)
カロッツェリア サイバーナビ

セレナに装着する純正カーナビにはワイドな9インチ大画面とスムーズな操作性で人気の高いMM318D-Lを選択、バックカメラやナビ工賃を含めて約28.0万円となっています。

片や社外品ナビには分かりやすいルート案内や便利な音声操作などで好評なアルパインのビッグXナビと、比較対象としてクリアな画面や高画質、ストレスフリーなドライブアシストで多くのセレナユーザーから支持されているカロッツェリアのサイバーナビを選択。

バックカメラやナビ工賃も含めて合計およそ24.4万円、純正品で揃えた場合に対して約3.5万円の割安となり、実質的な値引き効果が得られる上に、2インチ大きな画面も満足感が高いでしょう。

その他にも、ETC類など割安な社外品が多くあるので、賢く選んでセレナの総支払額を下げていきたいところです。

フロアマット

セレナ純正フロアマット

  • スタンダード 52,704円
  • エクセレント 63,504円
  • e-POWER専用 64,584円
  • NISMO専用 74,088円

社外品セレナ用フロアマット


・純正品との差額 1.1万~3.3万円以上

セレナのフロアマットにこちらの社外品を選ぶと、純正品の定価に対して1万~3万円以上の割安となるため、実質的な値引き効果が得られます。

こちらの社外品フロアマットは6色2パターンを選べる上に品質面でも見劣りせず、相対的に好コスパな点も魅力です。

フロアマットの取りつけは単純作業ですが、3列シートのミニバンともなるとこれが意外と重労働になるので、新車購入時にディーラーでお願いすれば工賃サービスでやってくれることが多いです。

ドアバイザー

セレナ純正ドアバイザー

  • プラスチックバイザー 27,216円

社外品セレナ用ドアバイザー


・純正品との差額 2.1万円以上

セレナのドアバイザーに上記の社外品を装着すると、純正品の定価に対して2万円以上の割安となるため、値引き交渉の手間なくセレナのトータル支払を下げられます。

セレナの新車購入時なら、ディーラーに持ち込んで工賃をサービスor値引きしてもらえるよう交渉するといいでしょう。

ドライブレコーダー

セレナ純正ドライブレコーダー

  • 純正ドライブレコーダー 39,000円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 3.3万円以上

昨今「あおり運転」報道などにより、ドライブレコーダーのニーズが高まっていますが、セレナに社外品ドライブレコーダーを装着すると、純正品との差額で値引き効果が得られます。

新車購入時なら契約条件に取りつけ工賃サービスを契約条件に追加するよう交渉して、セレナの支払総額をもっと下げるチャンスもあります。

コウさん
コウさん

セレナの値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

セレナの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 定速型

新型セレナの納期は?

セレナの納期:1ヵ月~3ヵ月

セレナの納期は、e-POWERの納期は長めですが、ガソリン車なら在庫やメーカー見込み発注分があれば、1ヵ月ほどで納車が可能です。

セレナの価格とグレード別リセールバリューは?

価格と各グレードのリセールバリューは?

日産セレナの新車から2年落ちのグレード別リセールバリューです。どのグレードが2年後により高く売れるのか?グレード選びの参考にしてください。

※2年落ち走行2万キロ前後、修復歴なし、色白黒、年式なりの車両状態データです

セレナのグレード名 2年後の買取相場 新車価格(円) リセールバリュー
1.2 e-POWER X –万円 2,968,920 %
1.2 e-POWER XV –万円 3,128,760 %
1.2 e-POWER ハイウェイスター –万円 3,178,440 %
1.2 e-POWER ハイウェイスター V –万円 3,404,160 %
2.0 B –万円 2,331,720 %
2.0 S 164万円 2,440,800 67.2%
2.0 X 196万円 2,504,520 78.2%
2.0 X VセレクションⅡ 212万円 2,662,200 79.6%
2.0 G 196万円 2,853,360 68.6%
2.0 ハイウェイスター 226万円 2,683,800 84.2%
2.0 ハイウェイスター VセレクションⅡ 241万円 2,874,960 83.8%
2.0 ハイウェイスター G 228万円 3,016,440 75.5%
2.0 NISMO –万円 3,424,680 %
2.0 B 4WD –万円 2,619,000 %
2.0 X 4WD 224万円 2,748,600 81.5%
2.0 X VセレクションⅡ 4WD 234万円 2,906,280 80.5%
2.0 G 4WD 250万円 3,140,640 79.6%
2.0 ハイウェイスター 4WD 234万円 2,971,080 78.7%
2.0 ハイウェイスター VセレクションⅡ 4WD 250万円 3,135,240 79.7%

セレナのリセールバリューの傾向は、2WDに限ってみると、ノーマルグレードよりもハイウェイスター系の方がリセールが高くなっています。

そして4WDに限って見ると、今度は反対にノーマルグレードの方が気持ちリセールが高く、ハイウェイスター系の方がリセールが弱くなっています。

これは、カッコ良さを求めるユーザーは、必要が無ければ4WDよりも当然価格が安くなる2WDを選択するため、中古車市場でも人気が高いエアロボディのハイウェイスターの相場が高くなっています。

4WDを選ぶユーザーは、外観よりも実用で選ぶため、ハイウェイスターまでは必要がなく、ノーマルグレードに需要が集まり、ハイウェイスター4WDのリセールが下がる傾向のようです。

セレナの値引きポイント

セレナの価格が上がる上級グレードほど、値引きできる金額は多くなるんだ。営業マンは正直にそんな事は言わないだろうけど・・上級グレードを買うなら、しっかりと値引き交渉して限界値までセレナの値引きを引き出そう!

セレナの人気グレードとリセールバリューから見たおすすめグレードは?

セレナの人気グレードは、中古車オークションの流通台数を確認すると、ガソリン車のセレナハイウェイスターVセレクションが最も多く、売れ筋の人気グレードと言えます。

まだ中古車市場には出ていませんが、セレナe-POWERハイウェイスターも良く売れているため、売れ筋の人気グレードです。

リセールから見たセレナのおすすめグレードはセレナハイウェイスターVセレクションⅡ

リセール1位は、セレナハイウェイスターですが、両側パワースライドドアにはオプションでも出来ないなど、VセレクションⅡとは装備差が結構あります。

であれば、価格は高くなりますが、リセールは大差ない一つ上のセレナハイウェイスターVセレクションⅡの方が、価格と装備のバランスが取れるのでおすすめと言えます。高いですけどね・・・

セレナe-POWERのリセールもハイウェイスターが強い

e-POWERのリセールはまだ分かりませんが、ノートe-POWERの相場を見る限りですが、ガソリン車と比べて特別高くなる事はおそらく無く、ガソリン車とほぼ同等のリセールとなるでしょう。

ただ、セレナe-POWERも標準よりハイウェイスターの方がリセールが高いので(新古車のe-POWERでXV:83% ハイウェイスターV:85%)e-POWERを買うならハイウェイスターがおすすめとなります。

リセールバリューから見たセレナのおすすめカラーは?

中古車オークションの相場を見ると、カラーによって相場が異なります。

現行型セレナで相場が高い人気のカラーは、「ブリリアントホワイトパール」「ダイヤモンドブラックパール」です。

1年落ちの相場を見る限り「マルーンレッド」も高い相場でした。

上記3色はツートンルーフも含めて相場が高かったので、新車で買うならおすすめのカラーとなります。

反対に中古車相場が安いカラーは、「ブリリアントシルバーメタリック」で、上記のカラーから10~20万円ほど安い相場となっています。

台数が少なく確認出来ませんでしたが、カシミヤグレージュやブルー系もリセールは弱くなるでしょう。

リセールバリューから見たセレナのおすすめオプションは?

インテリジェントアラウンドビューモニターとナビ

ディーラーオプションのナビは、社外品と比べると少々割高なのは否定できません。

ナビの値引きもあるので、値引き後の支払額と社外品ナビを入れた場合との総額を比較をして、損得勘定するといいでしょう。

元は取れませんが、リセールバリュー的には、アラウンドビューモニターが付いていると、プラス査定になります。

プロパイロット込みのセーフティパックBはリセール的には微妙・・

セレナに乗るなら付けたいプロパイロットですが、そのためには243,000円のセーフティパックBを付けなければいけません。

現状ではセーフティパックBが付いた相場と、付いていない相場では、プラス10万円ほどの違いしかありませんでした。(グレードはハイウェイスターVセレクション)

数年後の売却では、プラス査定に勘定されるのは間違いないですが、そのプラスが10万円以上になるのかと言ったら、まず無理でしょう。

特段必要なければ、セーフティパックAで妥協するか、思い切って価格重視でセーフティパックを付けない選択肢もありです。

リセールだけでなく、所有している間の満足度もあるので、もちろんセーフティパックBを付けても良いと思います。

予算とお好みで選択すると良いでしょう。

セレナの値引きポイント

セレナのグレードの中でもリセールの良いグレードを限界値引きで購入出来れば、かなりお得感が強くなるぞ。限界値引きで初期費用を抑えられれば、売る時の差額(損失額)が少なくなるためだ。値引き交渉を頑張ってセレナを安く買おう!

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新型セレナは機械式の立体駐車場に入る?

日産 セレナの車体寸法は、

全長4690-4770mm
全幅1695-1740mm
全高1865-1,875mm

となっており、ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1550-1600mmとなっています(横幅は1850mm)。

セレナの全高は1,865-1,875mmなので、残念ながらハイルーフ非対応の機械式立体駐車場には停められません。

ハイルーフ対応の機械式立体駐車場には問題なく収まります。

新型セレナの実燃費は?

セレナの実燃費

渋滞を含む街中の燃費:7-9km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:11-13km/L
高速道路の燃費:12-14kmL/
セレナの平均実燃費:11-12km/L

セレナe-POWERの実燃費

渋滞を含む街中の燃費:12-14km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:18-20km/L
高速道路の燃費:17-19kmL/
セレナe-POWERの平均実燃費:16-17km/L

日産セレナの燃費は気温が高いほどよくなりますが、例外として夏はエアコンを使うため、電気=燃料の消費が大きくなります。
これを図にすると、次のようになります。

燃費悪い:冬 < 夏 < 秋 <春:よい

セレナの最新モデルチェンジ

日産 セレナ

2018年9月6日 セレナを一部改良、特別仕様車「X VセレクションⅡ」「ハイウェイスター VセレクションⅡ」を発売

今回の一部改良では、S-HYBRID車およびガソリン車において安全装備の充実を図りました。

  • ハイビームアシストの採用、及び標識検知機能の向上
  • 踏み間違い衝突防止アシスト機能に前方歩行者検知を加え、安全性を向上

上記の安全装備に加え、両側「ワンタッチオートスライドドア」など使い勝手のいい人気アイテムを装備した特別仕様車「X VセレクションⅡ」「ハイウェイスター VセレクションⅡ」を設定しました。

「セレナNISMO」においても、基準車と同様にハイビームアシストを標準化した他、各種先進安全装備の充実を図りました。

セレナのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

当面予定なし

モデルチェンジ推移

2018年9月6日一部改良、特別仕様車「X VセレクションⅡ」「ハイウェイスター VセレクションⅡ」
2018年2月28日グレード追加「e-POWER」
2018年1月12日特別仕様車「AUTECH」「AUTECH SPORTS SPEC」
2017年11月21日グレード追加「NISMO」
2017年5月24日特別仕様車「X Vセレクション」「ハイウェイスター Vセレクション」「ライダー Vセレクション」「ライダー Vセレクション ブラックレザー」
2016年11月30日特別仕様車「25thスペシャルセレクション」
2016年8月24日フルモデルチェンジ
2015年11月25日一部改良
2015年7月15日一部改良、特別仕様車「ハイウェイスター Vセレクション+Safety Ⅱ」、「ハイウェイスター Vエアロモード+Safety Ⅱ」、「20X Vセレクション+Safety」
2014年10月24日特別仕様車「ハイウェイスター エアロモード」
2014年10月1日特別仕様車「Vセレクション+Safety(プラスセーフティ)」
2014年5月8日特別仕様車「ライダー ブラックライン ZZ」
2013年12月25日マイナーチェンジ
2013年6月26日特別仕様車「ハイウェイスター Vセレクション」「ハイウェイスター Vエアロモード」
2012年11月29日特別仕様車「ハイウェイスター エアロモード」
2012年8月1日一部改良、特別仕様車「クロスギア」追加モデルS-HYBRID(スマートシンプルハイブリッド)
2011年12月20日特別仕様車「ハイウェイスターVエアロセレクション」
2011年10月5日特別仕様車「ライダー ブラックライン」「ライダー パフォーマンススペック」
2011年9月7日特別仕様車「ハイウェイスターVセレクション」
2011年2月9日特別仕様車「Highway STAR J パッケージ」
2010年11月8日フルモデルチェンジ
2010年4月26日特別仕様車「ハイウェイスターVエアロセレクション プラスナビHDD」
2009年10月20日特別仕様車ライダー「プラスナビHDD」
2009年9月30日特別仕様車「ハイウェイスター Vエアロセレクション」「20S Vセレクション」
2009年4月23日一部改良
2008年12月18日一部改良 特別仕様車「ハイウェイスター Vセレクション」
2008年7月1日特別仕様車「20S ナビプラスステップセレクション」
2008年5月7日特別仕様車「20S ナンバーワンエディションナビパッケージ」
2007年12月19日マイナーチェンジ
2006年12月19日小改良 特別仕様車
2006年6月13日追加モデル 特別仕様車
2005年12月27日一部改良
2005年5月31日デビュー

 

セレナの値引きポイント

これまでのモデルチェンジ推移を見ると、セレナは改良やマイナーチェンジを繰り返して、大体6年周期でフルモデルチェンジしている。この改良やマイチェン、フルチェンの前は、古くなってしまう現行セレナの値引きが大幅に緩むので、安く買うなら改良前はチャンスの時期だ。

値引きに効くセレナの競合車は?

トヨタ ノア

トヨタノア

セレナの競合車として真っ先に挙げられるのが、トヨタ・ノアです。

車両の価格帯もほぼ一緒で、パッケージングも同じ5ナンバーサイズのミニバンとして、非常に似ています。

セレナハイブリッドが出れば、ノアとその兄弟車のヴォクシー、エスクァイアのハイブリッド車と競合出来るでしょう。

ノア/ヴォクシー/エスクァイアの限界値引きはこちら

ホンダ ステップワゴン

ホンダステップワゴン

長きにわたってその「四角いシンプルな箱型スタイル」を継承しつつも、後方から乗車できる「わくわくゲート」やハイブリッド仕様、安全技術「ホンダ・センシング」を搭載するなどといった、最先端の技術を取り入れるホンダ・ステップワゴン。

売れ筋の5ナンバーサイズミニバンとして、セレナとステップワゴンはよく競合します。

ステップワゴンを引き合いに出せば、セレナの値引き交渉の成功率も上がるでしょう。

ステップワゴンの限界値引きはこちら

三菱 デリカD:5

三菱デリカD5

三菱が誇る高い悪路走破性と、大型でミニバンらしい箱型パッケージから生まれる高い快適性能がメリットのデリカD:5も、競合車のひとつです。デリカD:5はミニバンだけでなく、RVのカテゴリにも入りますが、セレナと同じ箱型のミニバンとして、ユーザーはデリカD5を比較対象にしています。

デリカD:5の限界値引きはこちら

新型セレナを残価設定ローンで購入すると?

日産セレナを残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

グレード名 セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ
車両本体価格 2,874,960円
車両本体値引き ▲310,000円
メーカーオプション価格 43,200円
ディーラーオプション価格 501,980円
ディーラーオプション値引き ▲100,000円
諸費用 181,759円
支払総額 3,191,899円
頭金 0円
ローン元金 3,191,899円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 4.9% 4.9%
初回 57,449円×1回 49,284円×1回
2回目以降 55,400円×34回 43,400円×58回
最終回(残価) 1,604,000円×1回
(55.7%)
1,167,000円×1回
(40.5%)
金利を含む支払総額 3,545,049円 3,733,484円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。また、販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

セレナの値引きポイント

残価設定ローンでセレナを購入すると値引きが甘くなるぞ。月々の支払額を抑えられるが、残価まで金利が掛かるので払う利息手数料は少なくない。だが、ディーラーへクレジット会社から入るマージンも多くなるので、その分値引き出来ると言う訳だ。

残クレ終了後はディーラーへ返却する前に買取店で査定してもらおう

残クレ終了時は、ディーラーへ車を返却するのが当然と言ったイメージがありますが、そうではありません。

ディーラーの残価よりも高く売れる所があれば、そこへ売って構わないのです。

おすすめは、買取店の無料査定サイト「かんたん車査定ガイド」です。

申し込み後の概算相場で、ディーラーの残価と簡単に比較できますし、無料で複数の買取店へ一括査定を依頼できます。

複数の買取店が査定額を競い合う事で、高値での売却が可能です。

かんたんに45秒で申し込みが可能、その後すぐに概算相場が表示されます。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!弊社で買取る事はしないので、だからこそ本当の相場をお伝えします 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら ...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
ガラスコーティング・ポリマー加工・車磨きなら横浜エリア・平塚の早野ぴっかり工房へ