ノートの限界値引きとリセールバリューの高いグレード&オプションをレポート

日産ノートの限界値引きとリセールバリュー

ノートから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、業者間オークションの相場から算出したリセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、ノートの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、ノート購入の参考にしてみてください。

この記事の目次

ノート取り扱いディーラー

日産全店
ノート月販目標台数:10000台

新型ノート今月の値引き相場

ノート値引き難度:普通
車両からの目標値引き:23万円
オプション値引き相場:20~30%引き
オプションからの値引きを含む限界値引き:25~35万円

日産ディーラーの営業マンによると「お客を逃がさないよう、会社の意向よりも緩めの値引きを出している」との事で、ノートの値引きに対するガードは緩め傾向にあります。

日産ノートはライバル車が豊富なので、値引き交渉では競合車を含め多くのディーラーを回って競合させるといいでしょう。

値引き競合の候補としては、ホンダのフィットやトヨタのヴィッツ、マツダのデミオやスズキのスイフト等が挙げられますが、e-POWERなら「e-POWERかハイブリッドかで迷っている」などと揺さぶりをかけ、これらのハイブリッド車を競合させるといいでしょう。

ライバル車との競合で値引き条件が煮詰まって来たら、別経営の日産ディーラーがあれば最後はノート同士の頂上決戦に持ち込むのが理想的な筋書きです。

新型ノートの限界値引き交渉術!

値引きの神様にお願い

ノートの購入時期は「決算時期」がねらい目

日産を始め各自動車メーカーのディーラーには、毎年の売り上げの締めくくりとなる「決算時期」というものがあります。

年度の売り上げを左右する非常に大事な時期なので、通常よりも新車の車体価格を大幅に値引きしてくれるだけでなく、様々なサービスをお得に提供してくれるなど、盛りだくさんです。

ディーラーや地域によって異なりますが、日産の年度末決算セールは1月初旬~3月末、中間決算セールは8月のお盆明け~9月末まで行っています。

この時期にノートを購入すれば、通常よりもよりお得に買えるでしょう。

ディーラー同士で競い合わせる

日産ディーラーは東京都内だけで比較してみても、東京日産自動車、日産自動車販売株式会社、日産プリンス東京販売株式会社を始め、細かく分類されています。

取り扱っている車種は同じですが、ディーラーごとによって値引き額や提供してくれるサービスが異なります。

同じ地域の別法人のディーラーでノート同士で競い合わせてみるもの作戦のひとつです。

また近くに別系列のディーラーが存在しなければ、東京と神奈川などといった他県をまたいでノートの値引き条件を比較するのも方法のひとつです。

最初の商談では競合車はあくまで「候補を検討中」

ノートは日産を代表するコンパクトカーとして、売れ行きも高い人気車種です。また世間でもコンパクトカーの需要が高く、ノートの競合車も多いです。

ですがノートの最初の商談の際には、トヨタ・アクアやヴィッツ、ホンダ・フィットなどといった競合車はあくまで「なんとなく探している」といった程度に抑えてください。

いきなり競合車の見積書を出してしまうと、良い印象を持ってもらえません。

「ノートは有力な候補だが、他に迷っている車もある」とディーラーの担当者に伝えてください。

オプション品の無料サービスは2回目以降の商談で

1回目の商談の時には、ノートの車体価格の値引きをしてもらいます。

値引き交渉する事で、本気でノートを購入すると言う意思が担当セールスさんに伝わって、金額はともかくある程度値引きに協力してくれるでしょう。

商談の2回目もしくはそれ以降において、ドアバイザーやETC車載器、フロアーマットなどといった小物のオプションを無料サービスしてくれるように頼んだり、納車時のガソリン満タンなどを頼みこめば、たいていのディーラーはサービスしてくれます。

値引きのダメ押しとして「端数切り落とし」

様々な作戦を用いてノートを値引きすることに成功した場合でも、値引きのダメ押しとなる、購入代金合計額の端数を切り捨ててもらいましょう。

というのは「2,345,670円」という金額から「2,300,000円」にするといったもので、「この金額であれば契約します。」という旨をあらかじめ伝えておけば、端数切り捨てによる値引きは成功しやすくなります。

コウさん
コウさん

ノートの値引きポイント

ライバル車との競合で値引きを引き出したら、最後は経営違いの日産ディーラー同士で競合させれば、値引きの上乗せが狙えるぞ。(経営違いの日産ディーラーの見分け方はこちら)

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずノートの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

カーナビ

日産 純正ナビ ケンウッド 社外ナビ
本体 ワイド2DINメモリーナビ MJ118D-W 彩速ナビ MDV-Z905W
画面大きさ 7インチ 7インチ
価格 128,604円(工賃込み) 82,800円
(Amazon)
バックカメラ 36,000円 7,890円
(Amazon)
ナビ工賃 –円 29,800円
(Amazon)
合計額 164,604円 120,490円
純正との価格差 -44,114円
ETC最安 18,823円 5,673円
(Amazon)
ETC2.0 41,886円 13,468円
(Amazon)
パナソニック ストラーダナビ

ノートの純正ナビには、欲しい機能が厳選されたユースフルな最廉価グレードを選択、バックカメラや工賃などを合計して約16.4万円とお手頃価格となっています。

一方で社外品ナビにはサウンドスペックの高さとスマホライクな操作感で多くのノートユーザーから選ばれているケンウッドの彩速ナビと、比較対象には丁寧なルート案内とクリアで分かりやすい高画質で好評なパナソニックのストラーダナビを選択。

こちらもバックカメラと工賃を合わせて約12.0万円と、純正品で揃えたパターンに対して約4.4万円も割安となり、この差額は値引きを削り出したのと同じ効果が得られます。

その他、ETC類も純正品より割安な社外品が多く出ているため、賢く選ぶことでノートのトータルコストを下げていきましょう。

フロアマット

ノート純正フロアマット

  • デュアルカーペット(e-POWER専用) 24,300円
  • エクセレント(e-POWER専用) 20,906円
  • デュアルカーペット 23,220円
  • エクセレント 20,906円
  • NISMO専用フロアマット 29,700円

社外品ノート用フロアマット


・純正品との差額 1.1万~1.9万円以上

ノートのフロアマットに上記の社外品を選択した場合、純正品の定価に対して1万~2万円前後の割安となり、その差額はノート本体から値引きして貰ったのと同じ効果になります。

こちらの社外品フロアマットは14のカラーを選べる上に品質面でも純正品と肩を並べるクオリティとなっており、相対的に好コスパと言えるでしょう。

フロアマットの取りつけは新車購入時にディーラーでお願いしてもいいですが、作業は簡単なので、自分でやってしまえばてっとり早いでしょう。

ドアバイザー

ノート純正ドアバイザー

  • プラスチックバイザー 19,851円
  • NISUMO専用プラスチックバイザー 24,192円

社外品ノート用ドアバイザー


・純正品との差額 1.5万~1.9万円以上

ノートのドアバイザーに上記の社外品を選んだ場合、純正品の定価に比べて1万~2万円前後の割安となり、交渉の手間なく確実に値引き効果を得ることができます。

取りつけは少しコツがいるため、ノートの新車購入時にディーラーと交渉して工賃サービスor値引きを契約条件に盛り込めるとgoodです。

ドライブレコーダー

ノート純正ドライブレコーダー

  • 純正ドライブレコーダー(DJ4-D) 39,000円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 3.3万円以上

最近、悪質な「あおり運転」報道など、多発する交通トラブル対策として需要が高まっているドライブレコーダーに社外品を選ぶと、純正品の定価に対して割安な分だけ値引き効果が得られます。

ドライブレコーダーを取りつけるのは慣れていないと大変なので、新車でノートを購入する時にディーラーと交渉して、工賃サービスor値引きでやってもらうといいでしょう。

コウさん
コウさん

ノートの値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

ノートの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 追従型

新型ノートの納期は?

ノートの納期2ヵ月~3ヵ月

ノートの納期は、メーカーへ見込み発注しているグレードがあれば1ヵ月前後、新たにメーカーへ発注となると約2ヵ月ほどの納期となっています。

ノートの価格と各グレードのリセールバリューは?

価格と各グレードのリセールバリューは?

ノートでは、どのグレードが売却時により高く売れるのか?1年落ちノートのリセールバリューを、グレードごとに調査しました。

※1年落ち走行1万キロ前後、修復歴なし、色白黒、年式なりの車両状態のデータです

ノートのグレード名 1年後の買取相場 新車価格(万円) リセールバリュー
1.2 S 80万円 142.1 56.2%
1.2 X 99万円 152.4 64.9%
1.2 X ブラックアロー –万円 163.8 %
1.2 メダリスト X 116万円 173.5 66.8%
1.2 X DIG-S 109万円 176.7 61.6%
1.2 メダリスト X ブラックアロー –万円 180.6 %
1.2 X DIG-S ブラックアロー –万円 183.8 %
1.2 e-POWER S –万円 190.2 %
1.2 e-POWER X 148万円 202.2 73.1%
1.2 メダリスト 115万円 209.2 54.9%
1.2 e-POWER X ブラックアロー –万円 211.5 %
1.2 NISMO 143万円 212.2 67.3%
1.2 メダリスト ブラックアロー –万円 216.3 %
1.2 e-POWER メダリスト 158万円 235.3 67.1%
1.2 e-POWER メダリスト ブラックアロー –万円 242.5 %
1.2 X FOUR 4WD 122万円 174.0 70.1%
1.2 X FOUR ブラックアロー 4WD –万円 185.4 %
1.2 メダリスト X FOUR 4WD 137万円 195.1 70.2%
1.2 メダリスト X FOUR ブラックアロー 4WD –万円 202.2 %
1.2 e-POWER X FOUR 4WD –万円 223.8 %
1.2 e-POWER X FOUR ブラックアロー 4WD –万円 233.1 %
1.2 e-POWER メダリスト FOUR 4WD –万円 256.9 %
1.2 e-POWER メダリスト FOUR ブラックアロー 4WD –万円 264.1 %
1.2 AUTECH * 126万円 174.5 72.2%
1.2 X シーギア * –万円 179.4 %
1.2 X シーギア Limited * –万円 180.5 %
1.2 e-POWER X シーギア * –万円 225.9 %
1.2 e-POWER X シーギア Limited * –万円 227.0 %
1.2 e-POWER AUTECH * 163万円 226.5 71.9%
1.6 NISMO S * 162万円 232.9 69.5%
1.2 e-POWER AUTECH スポーツスペック * –万円 245.4 %
1.2 e-POWER NISMO * 223万円 248.8 89.6%
1.2 e-POWER NISMO S * –万円 267.1 %
1.2 AUTECH FOUR 4WD –万円 196.1 %
1.2 X FOUR シーギア 4WD –万円 201.0 %
1.2 X FOUR シーギア Limited 4WD –万円 202.0 %
1.2 e-POWER X FOUR シーギア 4WD –万円 247.5 %
1.2 e-POWER AUTECH FOUR 4WD –万円 248.1 %
1.2 e-POWER X FOUR シーギア Limited 4WD –万円 248.6 %

*特別仕様車

ノートe-POWERとガソリン車のリセールバリューを比較するため、e-POWERの相場が確認できる1年落ちノートのリセールバリューを調べてみました。

リセールバリューの傾向は、ガソリン車とe-POWERの比較では、やはり人気のe-POWERの方がリセールが高くなっています。

ガソリン車は、スーパーチャージャーのDIG-Sよりもノーマルエンジンの価格が安いグレードの方が、リセールバリューが高くなっています。

ガソリン車の2WDと4WDでは、4WDの方がリセールが高く、e-POWERの4WDの相場はまだ確認出来ませんが、ガソリン車と同じく4WDの方が若干リセールは高くなると予想されます。

オーテック等の特別仕様車は、同じパワートレインで比較すると特別仕様車の方がリセールが高くなっています。

ノートの人気グレードとリセールバリューから見たおすすめグレードは?

ノートの売れ筋人気グレードは、ガソリン車の「1.2X」が最も流通量が多く、売れ筋グレードとなっています。

次いで「ノートe-POWER X」の流通量が多く、人気のグレードとなっています。

リセールバリューから見たおすすめグレードはノートe-POWER ニスモ

リセールバリューから見たノートのおすすめグレードは、e-POWERニスモです。

ノートの査定相場表を見る限り、1年落ちでは抜けて高いリセールとなっています。ガソリン車よりリセールが高いe-POWERベースに加えて、スポーティな特別感のあるグレードなので、中古車需要にマッチしているようです。

しかし、e-POWERニスモはコンパクトカーとしては価格が高いので、もう少し価格を落とすなら、次におすすめはリセール2位の「ノートe-POWER X」です。

ただ、リセールが低くても初期費用が安ければ、売却時の損失額(新車価格-買取相場)がそれほど差が無くなってくるので、その点も踏まえてノートのグレード選びをするといいでしょう。

リセールバリューから見たノートのおすすめカラーは?

リセールから見たノートのおすすめカラーは、「ブリリアントホワイトパール」「スーパーブラック」です。

グレードがe-POWERだと、3年以内の売却でシルバーやオレンジと比べると15万円前後高く売れるでしょう。

売却金額が100万円を切ってくれば、色による査定価格の差は小さくなって行きますが、価値が残っている間は、色の差により査定相場に差が出るでしょう。

コウさん
コウさん

ノートの値引きポイント

同じ値引率でも、廉価グレードと上位グレードでは、価格の高い上位グレードの方が値引きは多くなる。ノートの上位グレードを購入するなら、上限値まで値引きを引き出そう。

下取り車があるなら相場を調べておこう

値引き相場や欲しいグレードが決まってこれからディーラー巡りをするなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るでしょう。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。


新型ノートは機械式の立体駐車場に入る?

日産ノートの車体寸法は、

全長4,100mm
全幅1,695mm
全高1,520-1,535mm

となっており、ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています(横幅は1,850mm)。

ノートの全高は1,520-1,535mmなので、機械式の立体駐車場には停められます。

新型ノートの実燃費は?

ノート1.2Xの実燃費

渋滞を含む街中の燃費:11-13km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:16-18km/L
高速道路の燃費:18-20km/L
ノートの平均実燃費:16-17km/L

ノート e-POWERの実燃費

渋滞を含む街中の燃費:16-18km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:19-21km/L
高速道路の燃費:23-25kmL/
ノート e-POWERの平均実燃費:20-21km/L

日産ノートの実燃費は気温によって大きな影響を受け、寒いほどエンジン暖機に燃料を消費するため、実燃費は悪くなります。

また、夏はエアコンを使うので電気=燃料の消費が大きく、冬に次いで実燃費が悪くなってしまいます。
これを図にすると、以下のようになります。

燃費悪い:冬 < 夏 < 秋 <春:よい

他にも、運転の仕方(アクセルワーク等)によっても実燃費は大きく変わるため、日頃からアクセルワークを意識しましょう(急発進・急加速は実燃費が悪くなります)。

ノートの最新モデルチェンジ

2018年12月10日 ノートに特別仕様車「C-Gear Limited」を設定

日産 ノート

今回の特別仕様車「C-Gear Limited」は昨年10月発売の「C-Gear(ノート シーギア)」をベースに、ステアリングスイッチやGPSアンテナなどをセットにした「日産オリジナルナビ取付パッケージ」や、スポーティなデザインの「ルーフスポイラー(車体色)」を標準設定としつつ、お求めやすい価格としました。

ノートのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

当面予定なし

モデルチェンジ推移

2018年12月10日特別仕様車「C-Gear Limited」
2018年9月25日グレード追加
2018年7月5日一部改良、グレード追加
2017年10月30日特別仕様車「C-Gear(シーギア)」
2017年9月1日一部改良
2016年12月8日グレード追加
2016年11月2日マイナーチェンジ
2016年5月11日特別仕様車「V セレクション+SafetyⅡ」」
2015年11月11日一部改良、特別仕様車「ブランナチュール インテリア」
2015年7月7日マイナーチェンジ
2014年10月10日マイナーチェンジ、特別仕様車「Vセレクション+Safety」
2013年12月25日一部改良
2013年7月2日特別仕様車「エアロスタイル」
2013年1月17日特別仕様車「アクシス」
2012年8月28日フルモデルチェンジ
2011年10月5日特別仕様車「ライダー ブラックライン」
2011年6月30日特別仕様車「15X SV+プラズマ」「15X FOUR SV +プラズマ」
2010年12月1日一部改良
2010年4月22日特別仕様車「エアロスタイル プラスナビHDD」
2009年12月17日特別仕様車「エアロスタイル」
2009年10月20日特別仕様車ライダー「プラスナビHDD」
2009年4月23日一部改良
2008年12月17日期間限定車「プラス ナビHDD Safety」
2008年10月7日特別仕様車「15ブラウニーインテリア」「エアロスタイル」グレード追加「16X/16RZ」
2008年5月27日期間限定車「プラスナビHDD SP」
2008年1月9日マイナーチェンジ
2007年6月5日特別仕様車
2006年12月25日一部改良
2006年10月4日特別仕様車
2006年5月29日限定車追加
2006年5月10日特別仕様車
2005年12月22日一部改良
2005年1月20日デビュー

 

コウさん
コウさん

ノートの値引きポイント

ノートが改良やモデルチェンジされるタイミングで、古くなる現行モデルの値引きが拡大するんだ。新しいモデルに拘らなければ、ノートを限界値引きで購入出来るチャンスだぞ。

ノートの値引きの効く競合車は?

トヨタ アクア

トヨタ アクア

自動車メーカーの最大手であるトヨタが誇る人気コンパクトカーであり、日産・ノートの最大のライバルと言っても良いでしょう。

トヨタのコンパクトカーと聞くと、ヴィッツと思い浮かべる人もいるかもしれませんが、アクアに搭載されている低燃費を実現するハイブリッドシステムは、電気駆動の「ノート e-POWER」の格好のライバルです。

最近登場した「ヴィッツ ハイブリッド」と競合させてもよいですが、特に「ノート e-POWER」を購入検討している方は、より人気のあるアクアを競合させた方が値引きに期待が出来ます。

アクアの限界値引きはこちら

ホンダ フィット

ホンダフィット

低燃費コンパクトカーというカテゴリなら、ノートと同じくらい人気のあるホンダのフィットも負けてはいません。

2017年6月にマイナーチェンジしたばかりのフィットは、コンパクトカーらしからぬスポーティなスタイリングとホンダが独自に開発した運転支援システム「ホンダ センシング」を搭載し、人気の高いモデルとなっています。

またフィットには、ハイブリッド仕様も用意しているので、「ノート e-POWER」の競合車としても十分に対抗できるスペックを誇ります。

フィットの限界値引きはこちら

スズキ スイフト

スズキスイフト

2017年にフルモデルチェンジしたスズキ・スイフトは、ノートよりも若干小さいボディサイズながらも、1.0L直噴ターボエンジン「ブースタージェットエンジン」搭載により、パワフルなパワーとトルクを合わせ持つ高い動力性能が自慢です。

そして価格帯も低めの約150万円~約210万円とノートと充分に競い合えるポテンシャルを持っています。

スイフトの限界値引きはこちら

マツダ デミオ

マツダ デミオ

マツダ・デミオの最大の武器は何といっても内外装における豪華さにあります。

コンパクトサイズに収まった流線型ボディに、高級感のある本革仕様や車の情報をまとめて画面に伝えてくれるシステム「マツダ コネクト」は、他メーカーにはない魅力的なポイントです。

また、5万円弱の追加費用を払うだけでマツダコネクトにナビ機能を持たせることが出来るので、オプションナビにかかる費用の面ではノートよりも割安です。

デミオの限界値引きはこちら

新型ノートを残価設定ローンで購入すると?

日産ノートを残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

グレード名 ノート e-POWER X
車両本体価格 2,021,760円
車両本体値引き ▲180,000円
メーカーオプション価格 140,400円
ディーラーオプション価格 281,004円
ディーラーオプション値引き ▲56,000円
諸費用 108,859円
支払総額 2,316,023円
頭金 0円
ローン元金 2,316,023円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 4.90% 4.90%
初回 50,294円×1回 42,640円×1回
2回目以降 48,300円×34回 34,500円×58回
最終回(残価) 864,000円×1回
(42.7%)
648,000円×1回
(32.0%)
金利を含む支払総額 2,556,494円 2,691,640円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。

また、販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

コウさん
コウさん

ノートの値引きポイント

残価設定ローンでの契約なら、数年後の代替え需要が見込めるので、ディーラーは値引きを緩めて来るぞ。残クレでノートを購入するなら、限界値引きで契約しよう!

下取り車の金額で絶対に損しないためにすること【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】今あなたの車がいくらで売れるのか?オークション相場から調べて査定額をお伝えする無料サービスです 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!1台1台オークション相場から調べて今の買取金額をお伝えする無料サービスです 夢...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...