日産ノートの値引き、新車値引き情報

トップ車値引きオールアルバム日産新車値引き情報>ノート値引き

ノートの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート


 日産ノートから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、リセールバリューの高いノートのグレード、ノートは立体駐車場に入るのか?ノートの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローンで月々いくらでノートが買えるのか?など、ノート購入の参考にしてみてください。

 

ノート取り扱いディーラー

日産全店
ノート月販目標台数:10000台

 

新型ノート今月の値引き相場

ノート値引き難度:緩い
車両本体値引き:23万円
オプション値引き:20~30%引き
ノートの限界値引き:25~35万円

 日産ディーラーの営業マンによると「お客を逃がさないよう、会社の意向よりも緩めの値引きを出している」との事で、ノートの値引きに対するガードは緩め傾向にあります。

 日産ノートはライバル車が豊富なので、値引き交渉では多くのディーラーを回って競合させるといいでしょう。

 値引き競合の候補としては、ホンダのフィットやトヨタのヴィッツ、マツダのデミオやスズキのスイフト等が挙げられますが、e-POWERなら「e-POWERかハイブリッドかで迷っている」などと揺さぶりをかけ、これらのハイブリッド車を競合させるといいでしょう。

 かくしてライバル車との競合で値引き条件が煮詰まって来たら、別経営の日産ディーラーがあれば最後はノート同士の頂上決戦に持ち込むのが理想的な筋書きです。

 

ノートの安全装備・システムは?

 

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 追従型

 

新型ノートの納期は?

ノートの納期:2ヵ月~3ヵ月

 ノートの納期は、グレードによって2~3ヶ月の納期となっています。
※生産・受注状況や、一部仕様・オプション等の事情により、別途納期が延びる事もあるため、実際の納期については日産ディーラーへお問い合わせください。

 

新型ノートの価格は?

 

ノートのグレード名 価格(税込) 燃費(km/L)
1.2 S 1,399,680 23.4
1.2 X 1,502,280 23.4
1.2 X ブラックアロー 1,616,760 23.4
1.2 メダリスト X 1,634,040 23.4
1.2 メダリスト X ブラックアロー 1,705,320 23.4
1.2 X DIG-S 1,745,280 26.2
1.2 X DIG-S ブラックアロー 1,816,560 26.2
1.2 メダリスト 1,991,520 26.2
1.2 メダリスト ブラックアロー 2,062,800 26.2
1.2 e-POWER S 1,901,880 37.2
1.2 e-POWER X 1,965,600 34.0
1.2 e-POWER X ブラックアロー 2,090,880 34.0
1.2 e-POWER メダリスト 2,329,560 34.0
1.2 e-POWER メダリスト ブラックアロー 2,400,840 34.0
1.2 X FOUR 1,718,280 18.2
1.2 X FOUR スマートセーフティエディション 1,833,840 18.2
1.2 X FOUR ブラックアロー 1,832,760 18.2
1.2 X FOUR スマートセーフティエディション ブラックアロー 1,905,120 18.2
1.2 メダリスト X FOUR 1,850,040 18.2
1.2 メダリスト X FOUR スマートセーフティエディション 1,936,440 18.2
1.2 メダリスト X FOUR ブラックアロー 1,921,310 18.2
1.2 メダリスト X FOUR
スマートセーフティエディション ブラックアロー
2,007,720 18.2

 

新型ノートは機械式の立体駐車場に入る?

 日産ノートの車体寸法は、

 全長4,100mm
 全幅1,695mm
 全高1,520-1,535mm

となっており、ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています(横幅は1,850mm)。

 ノートの全高は1,520-1,535mmなので、機械式の立体駐車場には停められます。

 

新型ノートの実燃費は?

【ノートの実燃費】
 渋滞を含む街中の燃費:10-14km/L
 流れの良い一般道・幹線道路の燃費:17-19km/L
 高速道路の燃費:20-22kmL/
 ノートの平均実燃費:14-16km/L

【ノート e-POWERの実燃費】
 渋滞を含む街中の燃費:15-18km/L
 流れの良い一般道・幹線道路の燃費:23-25km/L
 高速道路の燃費:26-28kmL/
 ノート e-POWERの平均実燃費:19-22km/L

 

 日産ノートの実燃費は気温によって大きな影響を受け、寒いほどエンジン暖機に燃料を消費するため、実燃費は悪くなります。
 また、夏はエアコンを使うので電気=燃料の消費が大きく、冬に次いで実燃費が悪くなってしまいます。
 これを図にすると、以下のようになります。

【燃費悪い:冬 < 夏 < 秋 <春:よい

 他にも、運転の仕方(アクセルワーク等)によっても実燃費は大きく変わるため、日頃からアクセルワークを意識しましょう(急発進・急加速・スピードの出し過ぎは実燃費が悪くなります)。

 

ノートの最新モデルチェンジ

・2017年10月30日 ノートに特別仕様車「ノート C-Gear」追加!

 日産はノートに特別仕様車「ノートC-Gear(シーギア)」の設定を発表。アウトドアウェアを街で着こなすような遊び心を刺激するアクティブ感が楽しめるモデルとなっています。

 スタイリングカラーにはホイールアーチガーニッシュにダークメタリックカラーを、専用シートクロスにグリーンカラーをあしらい、専用デザインのアルミホイールで足元を固めたSUVテイストに仕上がりました。

 また「e-POWER X」に「ツーリングパッケージ」を設定、オリジナルデザインの16インチアルミホイールやファインレスポンスVCM等を採用することでより伸びやかなパワーフィールと快適なドライビングを提供します。

 日産はクルマの電動化・知能化に向けた「ニッサン インテリジェント モビリティ」を推進。環境問題や交通事故など、クルマにまつわる社会課題の解決を目指し、クルマとユーザーの関係をよりワクワクするものへと進化させていきます。

【希望小売価格】
特別仕様車:1,772,280-2,235,600円(消費税込み)

 

ノートの競合車は?

・トヨタ アクア

 自動車メーカーの最大手であるトヨタが誇る人気コンパクトカーであり、日産・ノートの最大のライバルと言っても良いでしょう。

 トヨタのコンパクトカーと聞くと、ヴィッツと思い浮かべる人もいるかもしれませんが、アクアに搭載されている低燃費を実現するハイブリッドシステムは、電気駆動の「ノート e-POWER」の格好のライバルです。

 最近登場した「ヴィッツ ハイブリッド」と競合させてもよいですが、特に「ノート e-POWER」を購入検討している方は、より人気のあるアクアを競合させた方が値引きに期待が出来ます。

アクアの限界値引きはこちら

・ホンダ フィット

 ノートと同じくらい人気のある低燃費コンパクトカーというカテゴリなら、ホンダのフィットも負けてはいません。

 2017年6月にマイナーチェンジしたばかりのフィットは、コンパクトカーらしからぬスポーティなスタイリングとホンダが独自に開発した運転支援システム「ホンダ センシング」を搭載し、人気の高いモデルとなっています。

 またフィットには、ハイブリッド仕様も用意しているので、「ノート e-POWER」の競合車としても十分に対抗できるスペックを誇ります。

フィットの限界値引きはこちら

・スズキ スイフト

 2017年にフルモデルチェンジしたスズキ・スイフトは、ノートよりも若干小さいボディサイズながらも、1.0L直噴ターボエンジン「ブースタージェットエンジン」搭載により、パワフルなパワーとトルクを合わせ持つ高い動力性能が自慢です。そして価格帯も低めの約150万円~約210万円とノートと充分に競い合えるポテンシャルを持っています。

スイフトの限界値引きはこちら

・マツダ デミオ

 マツダ・デミオの最大の武器は何といっても内外装における豪華さにあります。
 コンパクトサイズに収まった流線型ボディに、高級感のある本革仕様や車の情報をまとめて画面に伝えてくれるシステム「マツダ コネクト」は、他メーカーにはない魅力的なポイントです。また、5万円弱の追加費用を払うだけでマツダコネクトにナビ機能を持たせることが出来るので、オプションナビにかかる費用の面ではノートよりも割安です。

デミオの限界値引きはこちら

 

新型ノートの限界値引き交渉術!

ノートの購入時期は「決算時期」がねらい目

 日産を始め各自動車メーカーのディーラーには、毎年の売り上げの締めくくりとなる「決算時期」というものがあります。

 年度の売り上げを左右する非常に大事な時期なので、通常よりも新車の車体価格を大幅に値引きしてくれるだけでなく、様々なサービスをお得に提供してくれるなど、盛りだくさんです。

 ディーラーや地域によって異なりますが、年度末決算セールは1月~3月頃に集中しています。

 この時期にノートを購入すれば、通常よりもよりお得になります。

ディーラー同士での競い合わせるのもあり

 日産ディーラーは東京都内だけで比較してみても、東京日産自動車、日産自動車販売株式会社、日産プリンス東京販売株式会社を始め、細かく分類されています。

 取り扱っている車種は同じですが、ディーラーごとによって値引き額や提供してくれるサービスが異なります。

 同じ地域の別法人のディーラーでノート同士で競い合わせてみるもの作戦のひとつです。

 また近くに別系列のディーラーが存在しなければ、東京と神奈川などといった他県をまたいで比較するのも方法のひとつです。

最初の商談では競合車はあくまで「候補を検討中」

 ノートは日産が誇るコンパクトカーとして、売れ行きも非常に高い人気車種です。また世間でもコンパクトカーの需要が非常に高く、ノートの競合車も多いです。

 ですがノートの最初の商談の際には、トヨタ・アクアやヴィッツ、ホンダ・フィットなどといった競合車はあくまで「なんとなく探している」といった程度に抑えてください。

 いきなり競合車の見積書を出してしまうと、良い印象を持ってもらえません。

 「ノートは有力な候補だが、他に迷っている車もある」とディーラーの担当者に伝えてください。

オプション品の無料サービスは2回目以降の商談で

 1回目の商談の時には、ノートの車体価格の値引きをしてもらいます。

 価格交渉する事で、本気でノートを購入すると言う意思が担当セールスさんに伝わって、金額はともかくある程度値引きに協力してくれるでしょう。

 商談の2回目もしくはそれ以降において、ドアバイザーやETC車載器、フロアーマットなどといった小物のオプションを無料サービスしてくれるように頼んだり、納車時のガソリン満タンなどを頼みこめば、たいていのディーラーはサービスしてくれます。

値引きのダメ押しとして「端数切り落とし」

 様々な作戦を用いてノートを値引きすることに成功した場合でも、値引きのダメ押しとなる、購入代金合計額の端数を切り捨ててもらいましょう。

 というのは「2,345,670円」という金額から「2,300,000円」にするといったもので、「この金額であれば契約します。」という旨をあらかじめ伝えておけば、端数切り捨てによる値引きは成功しやすくなります。

 

ノートのグレード別リセールバリューは?

 3年後、どのグレードがよりお得に売れるのか?3年落ちノートのリセールバリューを、グレードごとに調査しました。
 ノート購入時、グレード選びの参考になればと思います。

ノートのグレード名 買取相場 価格(税込) リセール
1.2 S 60万円 1,399,680 42.8%
1.2 X 65万円 1,502,280 43.2%
1.2 X ブラックアロー 77万円 1,616,760 47.6%
1.2 メダリスト X 76万円 1,634,040 46.5%
1.2 メダリスト X ブラックアロー 82万円 1,705,320 48.0%
1.2 X DIG-S 71万円 1,745,280 40.6%
1.2 X DIG-S ブラックアロー 89万円 1,816,560 49.0%
1.2 メダリスト 84万円 1,991,520 42.1%
1.2 メダリスト ブラックアロー 109万円 2,062,800 52.8%
1.2 e-POWER S 94万円 1,901,880 49.4%
1.2 e-POWER X 106万円 1,965,600 53.9%
1.2 e-POWER X ブラックアロー 101万円 2,090,880 48.3%
1.2 e-POWER メダリスト 115万円 2,329,560 49.3%
1.2 e-POWER メダリスト ブラックアロー 125万円 2,400,840 52.0%
1.2 X FOUR 84万円 1,718,280 48.8%
1.2 X FOUR スマートセーフティエディション 102万円 1,833,840 55.6%
1.2 X FOUR ブラックアロー 96万円 1,832,760 52.4%
1.2 X FOUR スマートセーフティエディション ブラックアロー 100万円 1,905,120 52.4%
1.2 メダリスト X FOUR 97万円 1,850,040 52.4%
1.2 メダリスト X FOUR スマートセーフティエディション 105万円 1,936,440 54.2%
1.2 メダリスト X FOUR ブラックアロー 102万円 1,921,310 53.0%
1.2 メダリスト X FOUR
スマートセーフティエディション ブラックアロー
107万円 2,007,720 53.3%


 3年落ち普通乗用車のリセールバリューは、50~55%が平均値と言われますが、日産ノートの3年落ちリセールバリューは半数以上のグレードで40%台となっており、あまり買い替えに有利なクルマとは言えなそうです。
 そんな中でも4WD車(FOUR)が健闘して50%前半(7/8グレード)、今回最も高リセールを記録したのは、55.6%と平均値をやや上回った1.2X FOURスマートセーフティエディションでした。
 その他、2WDで50%以上のリセールは1/9グレード、e-POWERでは2/5グレードとなっていました。

 ※日産ノートの買取相場は常に変動しています。また、走行距離や状態によっても大きく異なりますから、実際にノートを売却する時は、買取店で査定して貰うようにしましょう。

 

新型ノートを残価設定ローンで購入すると?

 日産ノートを残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

ノート e-POWER X
車両本体価格 1,965,600円
車両本体値引き ▲230,000円
メーカーオプション価格 37,800円
ディーラーオプション価格 197,472円
ディーラーオプション値引き ▲39,000円
諸費用 97,359円
支払総額 2,120,000円
頭金 0円
ローン元金 2,120,000円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 1.90% 1.90%
初回 39,644円×1回 31,956円×1回
2回目以降 37,800円×34回 26,900円×58回
最終回(残価) 881,000円×1回
(45.0%)
661,000円×1回
(34.0%)
金利を含む支払総額 2,384,075円 2,431,387円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。また、販売店の金利によっても支払額は変わります。
 上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

 

下取り車があれば、さらに新車が安く買える

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙さるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

●当サイト新車購入参考リンク

  • 限界まで車を高く売る方法
  • 新車を安く買う!新車値引き交渉の仕方
  • 新車購入・新車の買い方
  • 車維持費の節約方法
  • 車のガラスコーティングなら神奈川の早野ぴっかり工房へ

  • パーツ・カー用品を通販で安く買うなら!
  • -- ノート --
    モデルチェンジ情報


    モデルチェンジ予想

    当面の間予定なし

    モデルチェンジ推移
    2017年10月30日
    特別仕様車「C-Gear(シーギア)」
    2017年9月1日最新モデルチェンジ日
    一部改良
    2016年12月8日
    グレード追加
    2016年11月2日
    マイナーチェンジ
    2016年5月11日
    特別仕様車「V セレクション+SafetyⅡ」」
    2015年11月11日
    一部改良、特別仕様車「ブランナチュール インテリア」
    2015年7月7日
    マイナーチェンジ
    2014年10月10日
    マイナーチェンジ、特別仕様車
    「Vセレクション+Safety」
    2013年12月25日
    一部改良
    2013年7月2日
    特別仕様車「エアロスタイル」
    2013年1月17日
    特別仕様車「アクシス」
    2012年8月28日現行モデル登場日
    フルモデルチェンジ
    2011年10月5日
    特別仕様車
    「ライダー ブラックライン」
    2011年6月30日
    特別仕様車
    「15X SV+プラズマ
    15X FOUR SV +プラズマ」
    2010年12月1日
    一部改良
    2010年4月22日
    特別仕様車
    「エアロスタイル プラスナビHDD」
    2009年12月17日
    特別仕様車
    「エアロスタイル」
    2009年10月20日
    特別仕様車
    ライダー「プラスナビHDD」
    2009年4月23日
    一部改良
    2008年12月17日
    期間限定車
    「プラス ナビHDD Safety」
    2008年10月7日
    特別仕様車
    「15ブラウニーインテリア」
    「エアロスタイル」
    グレード追加
    「16X/16RZ」

    2008年5月27日
    期間限定車
    「プラスナビHDD SP」

    2008年1月9日
    マイナーチェンジ
    2007年6月5日
    特別仕様車
    2006年12月25日
    一部改良
    2006年10月4日
    特別仕様車
    2006年5月29日
    限定車追加
    2006年5月10日
    特別仕様車
    2005年12月22日
    一部改良
    2005年1月20日
    デビュー

    日産 ノート口コミ評価サイト

    新車値引き情報!

    トヨタ新車値引き情報

    レクサス新車値引き情報

    日産新車値引き情報

    ホンダ新車値引き情報

    マツダ新車値引き情報

    三菱新車値引き情報

    スバル新車値引き情報

    スズキ新車値引き情報

    ダイハツ新車値引き情報

    スポンサーリンク

    ↑ PAGE TOP