あなたのノートを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

ノートのガチな査定相場を紹介!

ノートの無料ネット査定

あなたのノート、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがノートの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

ノートの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のノートの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

ノートのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのノートを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のノートの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】ノートの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

ノートで査定が高くなる組み合わせは?

ノートの高額査定を期待できる組み合わせは?

ノートで高い査定が出るグレードはコレ!

ニスモS
1.2メダリストX
eパワーニスモ
eパワーメダリスト
eパワーX

ノートの中で、特に高額査定が期待できるグレードはこちらです。

スポーティーな外装でアグレッシブなドライビングが楽しめるニスモSは、ノートの中でもアクティブなユーザーからの人気が高く、中古車市場での引き合いも多いため、高額査定が期待できます。

洗練されたインテリアとやわらかで落ち着いたデザインが女性や中高年ユーザーに人気の高いノート 1.2メダリストXは、ノートの中でも売れ筋の一つで、こちらも高額査定が期待できます。

そして、従来のハイブリッド車と一線を画すノート eパワーシリーズは、電気自動車の強みである静寂性と環境性能、そして従来のネガティブ・イメージを一新する低回転でのトルク感を実現。

更に特徴の一つであるワンペダルドライビングはアクセル・ブレーキの踏み間違いによる事故防止に大きく寄与し、その安全性から人気を呼び、ノートの新車販売台数が伸びています。

ノートを購入する時は、高額査定で売却する事も視野に入れて、これらのグレードをおススメします。

ノートで高い査定が出る人気色はコレ!

ノートの高額査定を期待できる人気カラー

ブリリアントホワイトパール
スーパーブラック

ノートの中で、より高額の買取査定が期待できるカラーは、こちらの人気2カラーです。

清潔感と明るさを演出するホワイト、落ち着きと信頼感を演出するブラックの2カラーは昔から日本人の人気が高く、奇抜なカラーに比べて売れ残るリスクが低いため、中古車販売店も積極的に仕入れます。

そのため、買取査定も他カラーに比べて上乗せしてくれることが多く、ホワイト&ブラック系カラーのノートと、他カラーのノート(もちろん、カラー以外の条件は概ね似たような車両)を比べてみると、およそ5万~20万円の金額差が出ていました。

そういう事から、安定した査定相場が期待できるホワイト&ブラック系カラーをおススメします。

ノートで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

インテリジェント アラウンドビューモニター
プレミアムホワイトインテリアパッケージ

ノートに装着するメーカーオプションの中で、買取査定のアップが期待できるものは、こちらになります。

ノートの高額査定を期待できる人気オプション・アラウンドビューモニター

自分のノートを上から見下ろすような視界が得られるインテリジェント アラウンドビューモニターは、縦列駐車はもちろん、周囲の安全確保に効果を発揮するため、高い人気に比例して買取査定アップにつながります。

ノートの高額査定を期待できる人気オプション・プレミアムホワイトインテリアパッケージ

プレミアムホワイトインテリアパッケージ(本革巻ステアリング、合皮シート等)はノートの車内を明るくし、ハイグレード感を演出するため、買取査定にプラスの影響が見込まれます。

ただ、ホワイト色調は汚れが目立ちやすく、キズやシミ等を作ってしまうと、かえってマイナス査定ともなりかねないため、ノートの高額査定を狙うのであれば、日頃から大切に乗ることが前提となります。

ノートの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

ノートの査定ダウンにつながる不人気カラー

ブリリアントシルバー
オリーブグリーン

ノートの買取で、残念ながらマイナス査定となってしまいがちなカラーはこちらです。

単体で見ればどのカラーリングもキレイで魅力的なのですが、いざ「自分が」「普段使いに」乗ることを考えてしまうと、どうしても敬遠されてしまいがち。

それが結局は「不人気」という評価、そしてノート買取のマイナス査定につながってしまうため、ホワイト&ブラック系以外のカラーはあまりおススメできません。

実際にノートの査定相場を調べてみると、人気2カラーに比べて、不人気カラーは5万~20万円の買取査定ダウンとなっていました。

とは言え、せっかくカラーバリエーション豊富なノートに乗るのですから、自分の好きな・おしゃれなカラーでカーライフを彩りたいという思いも、個人的には大切にしてほしいと思います。

修復歴による査定の減額

査定ダウンにつながる修復歴

事故や故障などのトラブルで修復歴アリに該当してしまうノートは、ダメージにもよりますが、買取査定がダウンしてしまいます。

似たような条件(グレード、年式など)のノートをピックアップ、その査定相場を調査・比較してみたところ、5年以内の売却で10万~30万円の金額差=買取査定ダウンが見られました。

一瞬の油断や不注意で数十万円の損害を出して泣きを見ることがないように、普段からセーフティードライブを心掛けることをおススメします。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

ノートの査定相場に影響するモデルチェンジ

過去10年間にわたってノートの査定相場を調べていくと、モデルチェンジの前後で査定相場に落差が生じているのがわかります。

モデルチェンジによる査定相場への影響は、元の査定金額が高く、年式が新しいノートほど大きく表れる傾向にありますから、価値を残してノートを売る時は、注意が必要です。

ちなみに、ノートの査定相場はモデルチェンジの行われる3ヶ月年ごろから下がり始めるため、事前に情報を仕入れ、モデルチェンジの3か月前までにはノートが売れるようにしましょう。

輸出によるノートの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

現行(2012年8月~) 30万~50万円
初代(2005年1月~2012年8月)
新車登録から5年以内 5万~15万円
新車登録から7年以内 5万円前後
新車登録から7年超過 ほぼ廃車

過走行や修復歴などにより、国内市場では敬遠されてしまうようなコンディションのノートであっても、輸出買取相場に出せれば上記の底値で買い取って貰えるチャンスが残されています。

ただし、あまりに年式が古い旧モデルのノートだと、輸出買取相場にも出せずに廃車という選択を迫られてしまう事もあります。

とは言え、まれに7年落ちでトータル走行距離1万km以内という初代ノートが20万~30万円で買い取られたケースもなくはないので、よほど大切に乗ってきたノートであれば、まだワンチャンス残されているかも知れません。

ちなみに、ノートを輸出買取相場に出すためには、ディーラー下取りではなく買取店で査定して貰う必要があります。

ディーラー下取りだと「価値ゼロ+処分料」という「弱り目に祟り目」状態のノートでも、中古車買取店なら上記の底値で買い取って貰える可能性があるため、過走行で修復歴のある旧モデルのノートでも、最後まで諦めずに査定してもらうようにしましょう。

ただし、完全に動かなくなるまでノートを乗り潰してしまうと、値段がつかなくなってしまう事も多いため、少しでも査定相場を残すことを心掛けて、ノートを大切に乗るようにしましょう。

ノートの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

ノートの査定相場とリセールバリュー

ここでは、当サイトが業者オークションデータを元に独自査定したノートの査定相場とリセールバリューの推移をまとめています。

皆さんがノートを売却するタイミングの参考にしてください。

現行型(2代目)ノートの査定相場(2018年7月査定)

現行型(2代目)ノートの査定相場とリセールバリュー

2012年8月~販売中

ノート1.2X DIG-S/色:白黒/修復歴なし/新車価格176.6万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ 115万円 65.1% 88万円
2017年 1.2万キロ 100万円 56.6% 75万円
2016年 1.9万キロ 84万円 47.5% 65万円
2015年 2.8万キロ 63万円 35.6% 42万円
2014年 3.8万キロ 55万円 31.1% 38万円
2013年 4.9万キロ 42万円 23.7% 26万円
2012年 6.1万キロ 35万円 19.8% 19万円

現行型(2代目)ノートの中でも売れ筋グレードである1.2X DIG-Sの査定相場を、年式ごとにまとめました。

マイナーチェンジ(2015年7月)を境に、それ以降の高年式では約15万~20万円、それ以前の低年式では約5万~15万円の幅で値下がりしています。

普通乗用車の残価水準を計る指標の一つである3年落ちリセールバリューですが、ノートの3年落ちリセールバリューは35.6%と平均値(50~55%)を下回っており、あまり売却に有利なクルマとは言えないようです。

しかし、先ほど輸出相場の項目でも紹介したとおり、海外市場で人気の高いノートは、きちんと走れる状態であれば、装備やボディカラー等によって30万~50万円の査定相場が底値として残るので、希望を捨てず大事に乗りましょう。

初代ノートの査定相場(2018年7月査定)

初代ノートの査定相場とリセールバリュー

2005年1月~2012年8月生産モデル

ノート 1.5X/色:白黒/修復歴なし/新車価格139.8万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2012年 5.2万キロ 24万円 17.1% 4万円
2011年 7.1万キロ 23万円 16.4% 2万円
2010年 7.9万キロ 6万円 4.2% 1万円
2009年 8.7万キロ 7万円 5.0% 0万円
2008年 10.8万キロ 7万円 5.0% 0万円
2007年 12.6万キロ 0万円 0.0% 0万円
2006年 –万キロ –万円 –% 0万円
2005年 15.7万キロ 0万円 0.0% 0万円

(※)査定相場は0万円でも、廃車業者に売れば鉄の相場によって約1~2万円で売却する事が可能です。

初代ノートの売れ筋グレードである1.5Xの査定相場とリセールバリューを、年式ごとにまとめました。

7年落ち・2011年式までは輸出相場(新車登録から7年以内)によって5万円前後の底値(※サンプルは条件の良いものを選択)があるものの、8年落ち・2010年以前の旧年式車は底値がなくなり、廃車のリスクが高まっています。

2009年式・2008年式は純正ナビが装着されていることで、純正ナビのついていない2010年式よりも若干査定相場と年式を逆転しています。

その後、どこまで査定相場が残っているか調べていったところ、マイナーチェンジ(2008年1月)が境界線らしく、2007年以前の前期型ノートの査定相場はありませんでした(そもそも流通台数も少ないですが)。

10年以上乗るのであれば、もう査定相場は残らないものと覚悟して、とことん乗り倒すことで元を取り、お得感を限界まで引き出していきたいところです。

現行型(初代)ノートeパワーの査定相場(2018年7月査定)

現行型(初代)ノートeパワーの査定相場とリセールバリュー

2016年11月~販売中

ノート1.2 eパワーX/色:白黒/修復歴なし/新車価格202.1万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 158万円 78.1% 137万円
2017年 0.9万キロ 154万円 76.1% 134万円
2016年 2.0万キロ 152万円 75.2% 127万円

ここでは、2016年11月にデビューした現行型(初代)ノートeパワーの査定相場とリセールバリューを、年式ごとにまとめました。

注目の新パワートレインという事で、当年モデルから2年落ちまで70%台後半をキープしており、次のモデルチェンジまでは、この高水準での残価=ごく穏やかな値下がりが見込まれます。

ところで、これまで表の右端にノートをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べて、5万~25万円前後も安くなっているのがわかります。

これはディーラーが既定のマニュアルによって機械的に査定する(人気カラーやオプション等はあまり考慮してくれない)せいで、ディーラー下取り査定を鵜呑みにすると、大損してしまうリスクを意味しています。

本当にその査定金額で損していないか、後悔しないか、買取店でもノートを査定&確認することをおすすめします。
買取店へ査定してもらうならこちら

12年落ち&10万キロ超?古い・過走行のノートでも売れるのか?

古くても過走行でも、ノートは売れるのでしょうか。

ここでは、業者が利用しているオークションの実データから、低年式(10年落ち超)&過走行(走行距離10万キロ超)のノートを1台ピックアップ。

合わせて中古車市場トレンドも分析し、ノートの査定相場が残る可能性について検証していきます。

過走行&旧年式のノートにも、査定相場が残っているか?
2006年式 初代ノート 15S FOUR 107,000㎞ シルバー 修復歴なし 5万円前後

ノートの査定相場が残る可能性について中古車市場を調査したところ、低年式&過走行の両条件を満たしたノートの生存率はほぼ0%でした。

そこで、低年式と過走行、それぞれのノートに査定相場が残りやすい傾向について、以下にまとめます。

【低年式ノート】
査定相場が残っているのは全体の約2.5%(40台に1台が生き残り)
走行距離は7万キロ台がほぼ限界(上記サンプルはあくまで特異例)【過走行ノート】
査定相場が残っているのは全体の約34.7%(3台に1台が生き残り)
高年式(2011年~2013年式)では30万キロ超でも6万~11万円の査定相場
年式は10年落ち・2008年式が査定相場の残る限界【共通】
ボディカラーはホワイトパール&ブラックが有利
2WDよりも4WDの方が有利

これらの条件を総合すると、ノートの査定相場は走行距離よりも年式に大きく左右されやすいことがわかります。

ただし、これらの査定相場が残る初代ノートでも、ディーラー下取りに出したら、年式や走行距離を理由に「ゼロ円+処分手数料」と査定されてしまうかも知れません。

それを鵜呑みにしたら5万~10万円以上も損してしまう事になるので、買取店でも査定して貰い、適切かどうか比較検討した方がいいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら