ノートは高くてコスパが悪い?最大のライバル、フィットと徹底比較!

ノート

電動パワートレイン「e-POWER」ならではのドライバビリティーの高さが魅力の日産・ノート!

しかしネット上では、価格が割高でコストパフォーマンスが悪いという声も上がっている。

そこでキャラクターがノートに近く、最大のライバルとも言えるホンダ・フィットと徹底比較、ノートのコストパフォーマンスを検証してみた。

価格設定はノートの方が大分高い

まず、ノートとフィットの価格設定を比較してみよう。

フィットにはガソリン車もあるが、ノートがハイブリッド車 (e-POWER) のみの設定なので、フィットもハイブリッド車のe:HEVのみをピックアップ。

ノート

1.2 S  2,029,500円
1.2 F  2,054,800円
1.2 X  2,186,800円
1.2 オーテック  2,504,700円
1.2 S 4WD  2,288,000円
1.2 X 4WD  2,445,300円
1.2 オーテック 4WD  2,763,200円

フィット e:HEV

1.5 e:HEV ベーシック  1,997,600円
1.5 e:HEV ホーム  2,068,000円
1.5 e:HEV ネス  2,227,500円
1.5 e:HEV クロスター  2,288,000円
1.5 e:HEV リュクス  2,327,600円
1.5 e:HEV ベーシック 4WD  2,195,600円
1.5 e:HEV ホーム 4WD  2,266,000円
1.5 e:HEV ネス 4WD  2,425,500円
1.5 e:HEV クロスター 4WD  2,486,000円
1.5 e:HEV  リュクス 4WD  2,536,600円

  • ノート 2,029,500円~2,763,200円
  • フィット e:HEV  1,997,600円~2,536,600円

ノートはフィット e:HEVより31,900円~226,600円高い

ノートの価格設定は、フィット e:HEVよりも大分高いことが分かる。

ただ、必ずしも価格が高い=コストパフォーマンスが悪い、とは限らない。

以下で、項目ごとにノートとフィットを比較検証していく。

エクステリアは灯火類とホイールの設定でノートが劣勢

まず、ノートとフィット e:HEVのエクステリアから比較してみよう。

ノート (X) のエクステリア

ノート

nissan.co.jp/note

フィット e:HEV (ホーム) のエクステリア

ノート

honda.co.jp/Fit

画像は、共に売れ筋グレード (ノートはX、フィット e:HEVはホーム) のものを選んでいる。

ボディの加飾などに大きな違いはなく、どちらもコンパクトカーらしいベーシックな仕上げだ。

どちらが上質でどちらがチープ、というようなことはない。

ただ、灯火類やホイールの設定には違いがある。

ノートはLEDヘッドランプが標準装備されるのはオーテックのみで、それ以外のグレードはメーカーオプションになってしまう。

一方、フィット e:HEVは全車LEDヘッドランプが標準装備だ。

また、ノートでLEDフォグランプが標準装備されるのはやはりオーテックに限られるが、フィット e:HEVはネスとリュクスに標準装備される。

灯火類の設定では、フィット e:HEVの優位は明らかだ。

そしてホイールの設定についてだが、ノートでアルミホイールが標準装備されるのはオーテックのみとなる。

それに対し、フィット e:HEVはネス、クロスター、リュクスの3グレードにアルミホイールを標準装備。

ホイールの設定に関しても、ノートはフィット e:HEVに劣っている。

このように、エクステリア面ではノートはいささか分が悪い。

内装の質感もノートは見劣り

続いてノートとフィット e:HEVの内装を比較してみよう。

画像はエクステリアと同様にノートはX、フィット e:HEVのものだ。

ノート (X) のインテリア

ノート

nissan.co.jp/note

ノート

nissan.co.jp/note

フィット e:HEV (ホーム) のインテリア

ノート

honda.co.jp/Fit

ノート

honda.co.jp/Fit

メーターはどちらも全車デジタルメーターで、ナビはいずれも全車オプションとなる。

インパネは、ノートの場合上級グレードも含め全般的にプラスチッキーで、高級感に乏しい。

一方、フィット e:HEVは最廉価グレードのベーシックを除きインパネとコンソールニーパッド等にソフトパッドが張られ、上質感のある仕上がりだ。

また本革巻ステアリングホイールは、ノートでは最上級グレードのオーテックにしか付かないが、フィット e:HEVは画像のホームとリュクスの2グレードに付く。

このように内装の質感においても、ノートはフィット e:HEVと比較しやや分が悪くなっている。

走行性能ではノートが優位!

次は走行性能の比較だ。

ノートはエンジンを専ら発電用に使い、走行は全てモーターで賄う。

一方、フィット e:HEVは高速巡行時に限りエンジンで走行するが、それ以外のシチュエーションではモーターで走行する方式だ。

フィット e:HEVもメインはモーター走行となるので、2台のモーターのスペックを比較してみよう。

ノート 最高出力116ps / 最大トルク28.6kg・m (4WD車は最高出力68ps / 最大トルク10.2kg・mのリアモーターも搭載)

フィット e:HEV   最高出力109ps / 最大トルク25.8kg・m

ノートのモーターはフィット e:HEVよりも最高出力で7ps、最大トルクで2.8kg・m勝っている。

さらにノートの4WD車の場合、強力なリアモーターがプラスされるので、フィット e:HEVとのスペックの差は圧倒的だ。

車両重量はノートの方が10~60kg重いものの、モーターのスペックで勝る分動力性能も優れている。

また操縦安定性や乗り心地の面でも、ノートはフィット e:HEVに対し優位に立つ。

全般的な走行性能において、明らかにノートがフィット e:HEVに勝っている。

快適装備はノートが一歩リード!

次に、ノートとフィット e:HEVの快適装備を比較してみよう。

機能 / 車名ノートフィット e:HEV
フルオートエアコン
運転席・助手席シートヒーター
ステアリングヒーター
リアヒーターダクト
PTCヒーター×

〇:全車に標準装備
△:グレード別装備
×:設定なし

室温を自動で設定温度に保つフルオートエアコンは、2台とも全車標準装備だ。

シートの座面と背もたれを暖める運転席・助手席シートヒーターと、ステアリンググリップを暖めるステアリングヒーターは、共にグレード別装備となるがその内訳はかなり異なる。

ノートは4WD車の全車に標準装備され、FF車はどのグレードもメーカーオプションだ。

一方、フィット e:HEVは運転席・助手席シートヒーターはリュクスに標準装備、ステアリングヒーターはリュクスの4WD車に標準装備、同FF車にメーカーオプションとなる。

フィット e:HEVの場合、リュクス以外のグレードでは運転席・助手席シートヒーターやステアリングヒーターをオプションで付けることもできない。

後席に温風を送るリアヒーターダクトは、ノートは4WD車の全車に標準装備、FF車の全車にメーカーオプションとなる。

対するフィット e:HEVは、駆動方式を問わず全車標準装備となるので、この装備に関してはノートの分が悪い。

だが、ノートはフィット e:HEVには設定のない装備として、エアコン暖房を補助して室内を素早く暖めるPTCヒーターが用意されている。

PTCヒーターは4WD車全車に標準装備、FF車全車にメーカーオプションだ。

快適装備を総括すると、リアヒーターダクトの設定ではフィット e:HEVに分があるが、それ以外はノートの方が充実していると言えるだろう。

予防安全装備はフィットの方が充実!

最後に2台の予防安全装備を比較してみよう。

機能 / 車名ノートフィット e:HEV
自動ブレーキ
誤発進抑制機能 (前進時)
誤発進抑制機能 (後退時)×
車線維持支援システム
アダプティブクルーズコントロール

〇:全車に標準装備
▲:メーカーオプション
×:設定なし

2台の予防安全装備を比較すると、フィット e:HEVは誤発進抑制機能が前進時・後退時とも働くのに対し、ノートは前進時にしか作動しない。

ノート

フィットの後方誤発進抑制機能 (honda.co.jp/Fit)

バックでペダルを踏み間違える可能性もあるので、ここは心配な点だ。

また、フィット e:HEVは車線中央を走行するようステアリング操作を支援する車線維持システムと、先行車に自動追従走行するアダプティブクルーズコントロールが標準装備される。

一方、ノートはこの2つの機能を統合した「プロパイロット」が用意されているものの、全車オプション扱いとなってしまう。

ノート

ノートのプロパイロット (nissan.co.jp/note)

プロパイロットは日産のセールスポイントと言える機能で、運転の疲労や事故リスク軽減に大きな効果を発揮するだけに、標準装備されないのはいただけない。

オプションを選ばない状態での予防安全装備では、ノートはフィット e:HEVに後れを取っている。

ノートは総合的なコストパフォーマンスでフィットに見劣り!

ノート

nissan.co.jp/note

ここまで、ノートとフィット e:HEVを様々な観点から比較してきた。

内外装はフィット e:HEVの方が上質で、安全装備でもノートは見劣りが否めない。

ノートもオプションの追加でフィット e:HEV同等にグレードアップすることは可能だが、LEDヘッドランプは99,000円もするし、プロパイロットに至っては420,200円の高額なセットオプションになってしまう。

一方で、走行性能や快適装備ではノートに分がある。

だがノートの方が車両価格が高く、追加オプションの価格も非常にかさむことを考慮に入れると、コストパフォーマンスはフィット e:HEVが断然優位に立つ。

走行性能重視で選ぶならノートだが、どちらがお買い得かと言えばフィット e:HEVに軍配が上がる。