新型ヴェゼルの装備は充実している?快適装備・安全装備をライバル車と徹底比較!

新型ヴェゼル

2021年4月に発売が予定されている新型ヴェゼルは、いま多くの人から熱い視線を浴びている。

この新型ヴェゼルに備わる快適装備や安全装備に関して、気になっている人も多いのではないだろうか?

そこで、新型ヴェゼルの快適装備・安全装備をライバル車と徹底比較してみたので、新車注文時の参考にして欲しい。

新型ヴェゼルのグレード別装備を紹介!

新型ヴェゼルには、上位グレードから順に「e:HEV Z」「e:HEV プレイ」「e:HEV X」「G 」の4グレードがラインナップされている。

グレード名の頭にe:HEV (イーエイチイーブイ) が付くのがハイブリッド車で、唯一Gのみがガソリン車だ。

駆動方式はFFの他、e:HEV プレイを除くグレードには4WDも設定されている。

新型ヴェゼルの装備はグレードによりこれだけ違う!

新型ヴェゼルの各グレードの快適装備・安全装備を表にまとめたので、ご覧いただきたい。

装備 / グレード名Ge:HEV Xe:HEV プレイe:HEV Z
ホンダセンシング
ブラインドスポットインフォメーション××
フルLEDヘッドライト
LEDフォグライト
LEDアクティブコーナリングライト×××
LEDシーケンシャルターンシグナルランプ××
ヒルディセントコントロール
ホンダコネクトフォーギャザズ+ナビ装着用スペシャルパッケージ
ホンダコネクトディスプレー+ETC2.0車載器×××
パノラマルーフ×××
充電用USBジャック (2個)××
ワイヤレス充電器×××
e:HEV プレイ専用コンビシート&専用インテリア×××
運転席&助手席シートヒーター〇 (4WD車)〇 (4WD車)
本革巻ステアリングホイール××
ステアリングヒーター××
チップアップ&ダイブダウン機構付6:4分割可倒式リアシート
ハンズフリーアクセスパワーテールゲート××
静電タッチ式LEDルームランプ
e:HEV プレイ専用エクステリア×××
16インチアルミホイール××
18インチアルミホイール××
減速セレクター

オートレベリング機構付、G / e:HEV X / e:HEV プレイはマニュアルレベリング機構

この表から、Gとe:HEV Xの装備が同じであることがお分かりいただけるだろう。

また上位グレードのe:HEV プレイとe:HEV Zを比較すると、e:HEV プレイだけに付く装備とe:HEV Zだけに付く装備があり、単純にどちらが最上級グレードとは断言できない点が興味深い。

購入を検討している人にとっては、悩ましいポイントになると思う。

新型ヴェゼルでは新たに10種類の装備を追加!

先ほどの表であげた装備のうち、新型ヴェゼルで新たに採用された装備は以下の10種類ある。

  • 斜め後方の死角にいる車両を検知するとインジケーターで注意を促すブラインドスポットインフォメーション
  • ステアリングを切った方向を照らすLEDアクティブコーナリングライト
  • 流れるウインカーのLEDシーケンシャルターンシグナルランプ
  • 急な下り坂でもブレーキを踏まず一定の低速度を維持できるヒルディセントコントロール
  • 通信サービスのホンダコネクトに対応したホンダコネクトディスプレー
  • 車内を解放感で満たすパノラマルーフ
  • スマホを置くだけで充電できるワイヤレス充電器
  • ステアリングのグリップ部を暖めるステアリングヒーター
  • 触れるだけで点灯・消灯ができる静電タッチ式LEDルームランプ
  • アクセルペダルを離した時の減速の強さを調整できる減速セレクター

旧型ヴェゼルと比べ、装備がかなり充実していることが分かるだろう。

新型ヴェゼルは、より安全に、より快適に使える車になったことは間違いない。

新型ヴェゼルの装備をライバル車4台と徹底比較!

旧型ヴェゼルと比べ装備が充実した新型ヴェゼルだが、ライバル車と比較した場合はどうだろうか?

ここで、ライバルのヤリスクロス、キックス、CX-3と快適装備・安全装備を比較してみよう。

ヤリスクロス

キックス

CX-3

新型ヴェゼルとライバル車の装備を表で比較!

 

装備 / 車名新型ヴェゼルヤリスクロスキックスCX-3
自動ブレーキ
誤発進抑制機能
車線維持支援システム×
アダプティブクルーズコントロール
LEDヘッドライト
LEDアクティブコーナリングライト×××
LEDシーケンシャルターンシグナルランプ×××
ヒルディセントコントロール××
パノラマルーフ×××
運転席&助手席シートヒーター
ステアリングヒーター
運転席パワーシート××
ディスプレイ
電動パーキングブレーキ
ハンズフリーアクセスパワーテールゲート××
アルミホイール

〇:全車標準装備
△:グレード別装備
▲:オプション設定
×:設定なし

新型ヴェゼルの安全装備はライバルより充実!

予防安全装備を比較すると、自動ブレーキ、誤発進抑制機能、車線維持支援システム、アダプティブクルーズコントロールの4つの装備が全グレードに装備されるのは、新型ヴェゼルとキックスの2台だ。

ヤリスクロスは予防安全装備が一切付かないグレードがあり、CX-3は車線維持支援システムの設定がない。

新型ヴェゼルは、予防安全装備の充実度でヤリスクロスやCX-3をリードしている。

キックスと比較した場合、キックスの誤発進抑制機能がエンジン出力の抑制のみなのに対し、新型ヴェゼルはエンジン出力の抑制に加え自動ブレーキを掛ける機能「近距離衝突軽減ブレーキ」も備わるので、総合的な安全性はキックスより新型ヴェゼルに分がある。

新型ヴェゼル

honda.co.jp/vezel

また灯火類を比較しても、一部グレードに限られるとはいえ新型ヴェゼルにはライバルにはにいLEDアクティブコーナリングライトが装備されるので、ライバルを一歩リードしていることは間違いない。

新型ヴェゼルは快適装備でもライバルをリード!

新型ヴェゼルは、快適装備においてもライバルにはない美点を持っている。

まず、このクラスでシーケンシャルターンシグナルランプの設定があるのは新型ヴェゼルだけだ。

実用上のメリットがあるわけではないが、流れるウインカーのカッコよさは格別と言える。

また、オフロード走行時などに威力を発揮するヒルディセントコントロールが全車に装備されることも、新型ヴェゼルのメリットだ。

ヤリスクロスにも「ダウンヒルアシストコントロール」の名称で4WD車に装備されるが、FF車には装備されない。

そして新型ヴェゼルの快適装備のハイライトとも言えるのが、e:HEV プレイに装備されるパノラマルーフだ。

新型ヴェゼル

honda.co.jp/vezel

ライバル車では決して味わえない解放感が味わえるのは、大きな魅力と言える。

この装備だけで、新型ヴェゼルのe:HEV プレイを選びたくなる人もいることだろう。

さらに、リアバンパー下に足をかざすだけでテールゲートの開閉ができるハンズフリーパワーテールゲートが標準装備されるグレードがある点も、ヴェゼルのメリットだ。

ヤリスクロスにも設定はあるが、有料のメーカーオプションとなってしまう。

ただ、新型ヴェゼルの装備面で唯一の弱点となっているのが、運転席パワーシートの設定がないことだ。

旧型ヴェゼルは上級グレードに装備されていたが、コストダウンのためか残念ながら省かれてしまった。

ヤリスクロスやCX-3では上級グレードに運転席パワーシートが装備されるだけに、ここは見劣りが否めない。

とは言え、トータルで見れば新型ヴェゼルの快適装備はライバルを間違いなくリードしている。

新型ヴェゼルの装備はライバルを一歩リード!

新型ヴェゼルの装備は旧型よりかなり充実化が図られ、特に上級グレードのe:HEV プレイやe:HEV Zはかなり充実したものとなっている。

ライバル車と比較しても安全装備で勝り、快適装備でもメリットが多いことが分かってもらえたと思う。

装備重視の観点なら、新型ヴェゼルはかなりおススメできるクルマと言って間違いない。