新型ヴェゼルが2021年4月にいよいよ発売!好調トヨタSUVの牙城を崩せるか?注目はパノラマルーフ!?

2021年2月18日、ホンダは新型ヴェゼルを世界初公開した。

現行型がデビューして以来、足掛け8年目にして初のフルモデルチェンジで、この4月に発売が予定されている。

ここでは新型ヴェゼルの概要について徹底解説するので、参考にして欲しい。

新型ヴェゼルのグレード

新型ヴェゼルのグレード体系は、基本的に以下の4タイプ。

  • G
  • e:HEV X
  • e:HEV プレイ
  • e:HEV Z
  • G 4WD
  • e:HEV X 4WD
  • e:HEV Z 4WD

e:HEV プレイのみFF専用グレードで、それ以外のグレードにはFFのほか4WDも設定されている。

またGのみがガソリン車となり、それ以外の3グレードは全て「e:HEV (イーエイチイーブイ)」と呼ばれるハイブリッド車である。

先代はガソリン車4グレード、ハイブリッド車4グレードだったので、新型ヴェゼルは時流に乗りハイブリッドメインになったことが特徴だ。

新型ヴェゼルのエクステリア

新型ヴェゼル

honda.co.jp/VEZEL

新型ヴェゼルはクーペ風SUVというコンセプトを踏襲しながらも、エクステリアデザインは一新された。

「スリーク&ロングキャビン」をコンセプトに、ルーフラインが延長されると同時にボディの縦の厚みが薄くなり、伸びやかなフォルムに変貌。

ボディサイズは先代とほとんと変わらないとされるが、一回り大きくなったかのような印象を受ける。

また、先代と比べAピラーの角度が立てられた一方で、Cピラーが寝かされたことも相違点のひとつだ。

フロントマスクのデザインも大きく変わり、グリルが大型化されると同時にボディ同色でペイントされるのが特徴。

リア回りの造形も一新され、左右がつながった水平基調のリアコンビランプが印象的だ。

全体的な印象として、先代より洗練され大人っぽいイメージになった。

一方で、マツダのCXシリーズを彷彿とさせるフロントマスクはオリジナリティに欠ける。

また、グリルがボディ同色である点も賛否が分かれるところだろう。

ただしグリルはディーラーオプションが用意されているので、そちらに交換する手がある。

新型ヴェゼル

honda.co.jp/VEZEL

総合的に見て、先代より万人受けするデザインになった反面、ホンダらしい個性が薄れてしまった点は残念だ。

新型ヴェゼルのインテリア

新型ヴェゼル

honda.co.jp/VEZEL

新型ヴェゼルではインテリアのデザインも一新された。

インパネが水平基調になり、非常にスッキリしたイメージに変貌。

メーターパネルは、グレードによりフルデジタル式が採用される。

質感も大幅にアップし、ヤリスクロスやキックス等のライバル車に対するアドバンテージになるだろう。

ただしデザイン的には、エクステリア同様マツダ車に似通っている点がいささか気になる。

前方視界は大変良く、角度の立ったAピラーやドア本体に取り付けられたドアミラーのお陰で死角も少ない。

デザインに独自性が欠ける点に目をつむれば、かなり完成度の高いインテリアと言える。

室内空間に関しては、先代と比べ後席の足元スペースが拡大された一方で、後席使用時の荷室容量は縮小された。

ホンダ独自のセンタータンクレイアウトが踏襲されたため、後席のチップアップ機構やダイブダウン機構もそのまま受け継がれている。

後席の広さや室内の使い勝手の良さは、ライバルに対する大きな強みとなるに違いない。

新型ヴェゼルのメカニズム

パワートレインは1.5L直4ガソリンエンジンと、1.5L直4ガソリンエンジンに2つの電動モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「e:HEV」の2種類が用意される。

詳細は発表されていないが、ガソリンエンジンは現行型からのキャリオーバー、e:HEVはフィット用ユニットの流用と推測。

最高出力・最大トルクなどのスペックは不明だが、e:HEVにはフィットにはない3モードのドライブモードセレクターや、減速を4段階に調整できる減速モードセレクターが備わる点が特徴である。

駆動方式はFFのほかに、「プレイ」を除くグレードに「リアルタイムAWD」と呼ばれる機械式の4WDを設定。

最低地上高が先代より高められたので、悪路や雪道での走破性には期待が持てる。

また、急な下り坂でも一定の低速を維持できる「ヒルディセントコントロール」が搭載されたことも朗報だ。

新型ヴェゼルの装備

新型ヴェゼルには、先代にはなかった以下の装備が新たに採用された。

新型ヴェゼルの快適装備

パノラマルーフ (※プレイに標準装備)

新型ヴェゼル

honda.co.jp/VEZEL

後席までカバーする大開口のパノラマルーフをプレイに標準装備。

太陽光の熱を大幅にカットするLow-Eガラスの採用により、解放感と車内環境の快適性を両立しているのが特徴だ。

そよ風アウトレット

新型ヴェゼル

honda.co.jp/VEZEL

インパネの左右に、そよ風のような心地良い風を吹き出す「そよ風アウトレット」を装備。

セレクターにより通常のエアコンレジスターからの送風と切り替えることが可能で、エアコンの風が苦手な女性に喜ばれるだろう。

新型ヴェゼルの安全装備

後方誤発進抑制機能

新型ヴェゼル

honda.co.jp/VEZEL

先代ヴェゼルでは、ペダルの踏み間違いによる暴走を防ぐ誤発進抑制機能が前進時にしか働かなかった。

しかし新型ヴェゼルは後退時にも動作する後方誤発進抑制機能が付いたので、バックで駐車する時も安心だ。

近距離衝突軽減ブレーキ

新型ヴェゼル

honda.co.jp/VEZEL

前進時・後退時に、センサーが障害物を検知している状態でアクセルを強く踏み込んでしまった場合、自動ブレーキを掛けて衝突被害を軽減する機能である。

誤発進抑制機能はパワートレインの出力を抑制する機能だが、自動ブレーキを掛けるこの機能がプラスされたことで、万が一ペダルを踏み間違えてしまった時の安心感が高まった。

渋滞追従機能付ACC (アダプティブクルーズコントロール)

新型ヴェゼル

honda.co.jp/VEZEL

先行車に自動で追従走行するACCは先代ヴェゼルにも装備されていたが、新型ヴェゼルでは新たに渋滞追従機能が追加された。

先代ヴェゼルのACCが約30km/h以上でないと作動しなかったのに対し、新型ヴェゼルのACCは渋滞でのゴー・ストップまで対応したことで、実用性が大幅に向上。

オートハイビーム

新型ヴェゼル

honda.co.jp/VEZEL

ハイビームで走行中、対向車や先行車を検知すると自動でロービームに切り替え、相手への幻惑を防ぐ機能。

装備されているのが当たり前になりつつある機能だが、意外にもヴェゼルでは初採用となる。

新型ヴェゼルのまとめ

新型ヴェゼル

honda.co.jp/VEZEL

新型ヴェゼルは内外装デザインが大幅に変更され、装備も充実化された。

ハイブリッドシステムが従来のワンモーター式から、最新の2モーター式に変更されたこともポイント。

一方で、内外装デザインの独自性が薄く、マツダ車に似ている点は気になる。

とは言え商品力は高いので、恐らくベストセラーになるだろう。

新型ヴェゼルの限界値引きとリセールバリューの高いグレード&オプションをレポート
ヴェゼルから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、業者間オークションの相場から算出したリセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。 また、ヴェゼルの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、...