新型ヴェゼルの価格が判明!旧型やライバルと比較して高くなった!?

新型ヴェゼル

2021年4月23日に発売が予定されている新型ヴェゼル。

先行情報サイトでは価格が公表されていなかったが、このたび価格が判明した。

車両価格やオプション価格など入手できた情報を公開するので、参考にしてもらえれば幸いだ。

新型ヴェゼルの車両価格は227.9万円から!

新型ヴェゼルの車両本体価格は、以下のとおり。

  • 1.5 G  2,279,200円
  • 1.5 e:HEV X  2,658,700円
  • 1.5 e:HEV Z  2,898,500円
  • 1.5 e:HEV プレイ  3,298,900円
  • 1.5 G 4WD  2,499,200円
  • 1.5 e:HEV X 4WD  2,878,700円
  • 1.5 e:HEV Z 4WD  3,118,500円

新型ヴェゼルの価格 2,279,200円~3,298,900円

旧型ヴェゼルの価格 2,113,426円~2,956,800円 (モデューロXは3,467,200円~3,617,900円)

新型ヴェゼルは旧型ヴェゼルより165,774円~342,100円高い (※モデューロXを除く)

新型ヴェゼルは最低グレードのGが唯一のガソリン車で、e:HEV X / e:HEV Z / e:HEV プレイはハイブリッド車となる。

最高グレードのe:HEV プレイはスタイリッシュな内外装にこだわったグレードで、4WD車の設定がない。

旧型ヴェゼルと比較すると最低グレード同士で165,774円、最高グレード同士で342,100円新型ヴェゼルの方が高い。

なお、旧型ヴェゼルに設定のあったスポーティグレード「モデューロX」は新型には設定がないので、比較の対象から除外している。

ヴェゼルは大衆車クラスのSUVなので、約16~34万円もの価格アップはかなり大きい。

車としての完成度が上がり、装備の充実化も図られているとは言え、購入のハードルが高くなってしまった点は残念だ。

新型ヴェゼルの価格はライバルに対しては妥当

旧型から価格がアップした新型ヴェゼルだが、ライバル車に対しても高額になってしまったのだろうか?

ここでライバルのC-HR、ヤリスクロス、キックス、CX-3と価格を比較してみよう。

新型ヴェゼル

ヤリスクロス (toyota.jp/yariscross)

新型ヴェゼル

キックス (nissan.co.jp/kicks)

  • 新型ヴェゼル 2,279,200円~3,298,900円
  • C-HR 2,382,000円~3,145,000円
  • ヤリスクロス 1,798,000円~2,815,000円
  • キックス 2,759,900円~3,114,100円
  • CX-3  1,892,000円~3,162,800円

新型ヴェゼルと最も価格帯が近いのは、C-HRだ。

ヤリスクロスは新型ヴェゼルと同じ1.5L級エンジンを搭載しているが、価格レンジは新型ヴェゼルの方が50万円ほども高い。

旧型ヴェゼルはC-HRだけでなくヤリスクロスとも競合関係にあったが、新型ヴェゼルの主要な競合相手はC-HRに一本化されたと言えるだろう。

キックスは最低グレードの価格が新型ヴェゼルよりかなり高いが、これはキックスにはガソリン車の設定がないためだ。

新型ヴェゼルのe:HEV (2,658,700円~) とキックスの比較なら、決して新型ヴェゼルが割高というわけではない。

CX-3は新型ヴェゼルより低めの価格設定になっているが、極端な価格差はないので、十分競合の対象となるだろう。

新型ヴェゼルは旧型より価格帯が上がり、こと最高グレードの価格はライバル車より高くなった。

だが、平均価格はライバル車と比較しても特に割高というほどでもなく、妥当な範囲と言えるだろう。

新型ヴェゼルのオプション価格を紹介

新型ヴェゼルに設定されているメーカーオプション、ディーラーオプションのうち、一部の価格が判明した。

以下で紹介しよう。

新型ヴェゼルの有料ボディカラーの価格は?

新型ヴェゼルの有料ボディカラーの価格は以下のとおり。

モノトーン (G / e:HEV X / e:HEV Zに設定)

  • プラチナホワイト・パール 38,500円
  • メテオロイドグレー・メタリック 38,500円
  • サンドカーキ・パール 38,500円
  • プレミアムサンライトホワイト・パール 60,500円
  • プレミアムクリスタルレッド・メタリック 60,500円

※クリスタルブラック・パール 無料

ツートーン (e:HEV プレイに設定)

  • メテオロイドグレー・メタリック&ブラック 27,500円
  • ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー 27,500円
  • サンドカーキ・パール&ブラック 27,500円
  • プレミアムサンライトホワイト・パール&ブラック 49,500円

※クリスタルブラック・パール&シルバー 無料

一般的な傾向と異なり、新型ヴェゼルではモノトーンの有料色よりツートーンの有料色の方が安価なのが特徴だ。

モノトーンもツートーンも、クリスタルブラック・パール系が唯一の無料色となる。

黒が苦手な人にとっては、有料色を選ばざるを得ないのは辛いところだろう。

新型ヴェゼルのオプションの価格は?

新型ヴェゼルに設定されているオプションで、価格の判明した物を紹介しよう。

まずはメーカーオプションから。

  • 9インチホンダコネクトディスプレー+ETC2.0車載器 220,000円 ( e:HEV プレイは標準装備)
  • マルチビューカメラ 127,600円

続いてディーラーオプション。

  • フロアマット スタンダード 30,580円
  • ドアバイザー 25,740円
  • カーナビ 102,740円~203,940円
  • ドラレコパッケージ (前後) 90,970円

メーカーオプションの9インチホンダコネクトディスプレーはナビ機能を持っているので、これを選んだ場合はディーラーオプションのナビは不要だ。

新型ヴェゼルは決して視界の悪い車ではないが、駐車に苦手意識があるならマルチビューカメラは付けておいた方がいいだろう。

ドラレコパッケージは結構高額なので、コストパフォーマンスを重視するなら社外品がおススメだ。