フィットの限界値引きとリセールバリューの高いグレード&カラーをレポート

フィットの限界値引きとリセールバリューの高いグレードを紹介

フィット/フィットハイブリッドから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、業者間オークションの相場から算出したリセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、フィットの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、フィット/フィットハイブリッド購入の参考にしてみてください。

この記事の目次

フィット取り扱いディーラー

ホンダ全店

フィット月販目標台数:15000台

新型フィット今月の値引き相場

フィット値引き難度:普通
車両本体値引き:16万円
オプション値引き相場:20~30%引き
オプションからの値引きを含む限界値引き:20~25万円

フィットは、2019年にフルモデルチェンジが予定されている末期モデルの車のため、値引きは緩んでいます。

しかしモデル末期とは言え、人気のコンパクトカーという事もあり、フィット&フィットハイブリッドの値引きは10万円台でストップする事が多く、限界値引き達成にはハードルが幾分高めです。

フィットから限界値引きを引き出すには、まずはライバル車との競合で揺さぶりをかけましょう。

フィットのガソリン車ならデミオやノート、ヴィッツ、スイフトなどをぶつけましょう。

フィットハイブリッドには、ノートe-POWERやアクア、デミオディーゼルなどが有効です。

これらのライバル車と迷っっている素振りで商談を進めて、「価格が安いことも重要」としならが値引き交渉をして行きます。

ライバル車との値引き交渉で一番シンプルなやり方は、「アクアが総額〇〇万円で買える。それよりも安くなればフィットに決めたい」とライバル車の値引き条件を先行させて、フィットから値引きを引き出します。

ライバル車との競合でフィットからある程度値引きを引き出したら、経営違いのホンダディーラーへフィット同士の競合に持ち込んで、さらに値引きの上乗せを目指す事で、フィットの限界値引きが達成出来るでしょう。

新型フィットの限界値引き交渉術!

値引きの神様にお願い

ホンダディーラー同士の競合で限界値引きを目指す!

同じホンダディーラーでありながらも、地域ごとに会社経営が異なるため、値引き額やサービスしてくれるものが異なります。

そのため、経営が異なるホンダディーラー同士で競わせるのも手段です。

東京都内なら、「ホンダカーズ 東京」と「ホンダカーズ 東京中央」は会社名が異なり別会社になるため、競合させることが可能です。

同じ地域のディーラーで競合させる他に、東京と神奈川・千葉・埼玉などといった県をまたいで比較してみても、競合効果が増すのでおススメです。

経営違いのディーラーを見分ける方法はこちら

購入時期は「決算時期」がベスト

フィットの購入時期のタイミングとしては「決算時期」が一番です。

ホンダのみならず、各メーカーの自動車ディーラーには毎年度の売り上げの締めくくりとなる「決算時期」というものがあります。

新車を大きく値引きするだけでなく、様々なサービスをお得に提供してくれるなど、お得が目白押しです。

その時期は年度末決算なら1月~3月末まで中間決算なら8月後半~9月末までお得な決算セールを開催しています。

この決算期にフィットを購入すれば、通常よりも大きい値引き額が期待できます。

2回目以降の終盤の商談で車両値引きやオプション値引きを狙う

初回の商談の時に、ざっくりとした値引きを聞き見積書を出してもらった後は、ライバル車のディーラーへ行くなどして、比較・競合させます。

そして2回目のフィットの商談の際に、ライバル車の値引き条件を伝えながら、フィットの車体価格の値引きや、ディーラーオプションからの値引きを要求します。

純正ナビの値引きは、カーショップなどの社外品ナビの価格と比較しながら、同等価格になるように、値引きしてもらうと良いでしょう。

契約前には必ず「端数カット」

ある程度フィットの値引きに満足したら、最後は総支払額からの端数切り捨てです。

例えば「2,325,670円」という総支払額なら「2,300,000円」になれば契約します、と伝えてみましょう。

値引きのダメ押しとなるだけでなく、ローンを利用する時でも使える方法です。

直接値引きを要求するよりも、最後に端数の切り捨てなら、通りやすい値引き要求となります。

コウさん
コウさん

フィットの値引きポイント

オプション値引きを含んだフィットの値引き総額は、20万円を超えれば特上の条件だ。さらにオプションを30~40万円以上たっぷりと付けたなら、値引きの総額30万円を超えることもあるぞ。

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずフィットの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

カーナビ

ホンダ 純正ナビ カロッツェリア 社外ナビ
本体 エントリー インターナビ(ケンウッド) サイバーナビ AVIC-CZ901
画面大きさ 7インチ 7インチ
価格 105,840円 96,208円
(Amazon)
バックカメラ 22,680円
(リアカメラdeあんしんプラス)
10,743円
(Amazon)
ナビ工賃 27,494円 29,800円
(Amazon)
合計額 156,014円 136,751円
純正との価格差 -19,263円
ETC最安 17,280円 6,455円
(Amazon)
ETC2.0 33,480円 13,980円
(Amazon)
ケンウッド 彩速ナビ

フィットの純正ナビはシンプルに機能が凝縮されたエントリー インターナビ(ケンウッド製)を選択、その廉価さと相対的にコスパが高く、多くのフィットユーザーから選ばれる人気ナビです。

そこへ後方の死角をカバーするリアカメラdeあんしんプラスとナビの取りつけ工賃を加え、合計で約15.6万円となりました。

対する社外品ナビには、こだわりの新次元サウンドと直感的な操作性で多くのフィットユーザーから好評を博するカロッツェリアのサイバーナビ、そして対抗馬として高画質とレスポンシブな扱いやすさで人気を集めているケンウッドの彩速ナビを選択。

こちらもバックカメラとナビ取りつけ工賃をプラスして、トータル約13.6万円と、純正品よりも約1.9万円割安となっており、実質的に値引きしてもらったとの同じ効果を得られます。

その他、ETC類なども社外品の方が多く割安となっているので、これらの社外品をフル活用しながら、フィットのトータルコストを切り下げていきましょう。

フロアマット

フィット純正フロアマット

  • プレミアム 28,080円
  • スタンダード 17,280円

社外品フィット用フロアマット


・純正品との差額 0.8万~1.9万円以上

フィットに装備するフロアマットをこちらの社外品を選ぶと、純正品の定価に対して8千円から2万円弱の割安となるため、交渉の労力なくそれだけの値引きを勝ち取ったのと同じになります。

この社外品フロアマットは12色から選べる上に、純正品にも見劣りしない高品質なのでコストパフォーマンスの面でも優秀です。

フィット位の大きさであればフロアマットの取りつけはそんなに大変でもないので、自分でつけてしまってもいいでしょう。

ドアバイザー

フィット純正ドアバイザー

  • ドアバイザー 16,200円

社外品フィット用ドアバイザー


・純正品との差額 0.9万円以上

フィットを購入する時、この社外品ドアバイザーにすると純正品の定価より9千円ほど割安で購入でき、そのぶん値引きして貰えたのと同じ効果があります。

ドアバイザーは自分で取りつけてもいいですが、少しコツがあるので苦手な方はディーラーへ持ち込んで取りつけをお願いし、交渉が上手くいけば工賃が値引きor無料サービスになるチャンスがあります。

ドライブレコーダー

フィット純正ドライブレコーダー

  • フロント用(ナビ連動、駐車時録画機能) 30,240円
  • フロント用(ナビ連動) 27,000円
  • フロント用(GPS、液晶モニター付き) 27,000円
  • フロント用(液晶モニター付き) 21,384円
  • リア用 27,000円
  • ドラレコパッケージ(フロント各種+リア) 47,304円~56,160円(各1,080円値引き)

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 1.5万~2.4万円以上

フィットのドライブレコーダーにはホンダの純正品もいいですが、スペック的に純正品と比肩し、かつ価格が割安でコスパにすぐれた社外品を選ぶと、フィットの支払総額をおさえられます。

慣れない方が社外品ドライブレコーダーを取りつけるのは難しいので、フィットを新車購入するタイミングでディーラーに取りつけをお願いしつつ、工賃の値引きや無料サービスを交渉しましょう。

コウさん
コウさん

フィットの値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

フィットの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 全車速追従型

新型フィットの納期は?

フィットの納期1ヵ月~2ヵ月

フィットの納期は、在庫車やディーラーの見込み発注分に希望の仕様があれば、1ヶ月以内に納車可能です。

新たにメーカーへ発注となると1~2ヶ月の納期となっています。

フィットの価格と各グレードのリセールバリューは?

価格と各グレードのリセールバリューは?

フィットでは、どのグレードが売却時により高く売れるのか?3年落ちフィットのリセールバリュー(残価率)を、グレードごとに調査しました。

※3年落ち走行3万キロ前後、修復歴なし、色白黒、年式なりの車両状態のデータです

フィットのグレード名 3年後の買取相場 新車価格(円) リセールバリュー
1.3 13G・F(5MT) 70万円 1,428,840 49.0%
1.3 13G・F 72万円 1,428,840 50.4%
1.3 13G・F コンフォートエディション* –万円 1,461,240 %
1.3 13G・L Honda SENSING 82万円 1,653,480 49.6%
1.3 13G・S Honda SENSING 83万円 1,790,640 46.3%
1.5 15XL・Honda SENSING 88万円 1,853,280 47.4%
1.5 RS・Honda SENSING(6MT) 126万円 2,050,920 61.4%
1.5 RS・Honda SENSING 103万円 2,050,920 50.2%
1.3 13G・F 4WD 85万円 1,623,240 52.3%
1.3 13G・F コンフォートエディション 4WD* –万円 1,655,640 %
1.3 13G・L Honda SENSING 4WD 109万円 1,847,880 59.0%
1.3 13G・S Honda SENSING 4WD –万円 1,985,040 %
1.5 15XL・Honda SENSING 4WD 109万円 2,015,280 54.0%
1.5 ハイブリッド 90万円 1,699,920 52.9%
1.5 ハイブリッド・F 96万円 1,815,480 52.8%
1.5 ハイブリッド・F コンフォートエディション* –万円 1,847,880 %
1.5 ハイブリッド・L Honda SENSING 102万円 2,079,000 49.0%
1.5 ハイブリッド・S Honda SENSING 120万円 2,205,360 54.4%
1.5 ハイブリッド 4WD –万円 1,894,320 %
1.5 ハイブリッド・F 4WD 122万円 2,009,880 60.7%
1.5 ハイブリッド・F コンフォートエディション 4WD* –万円 2,042,280 %
1.5 ハイブリッド・L Honda SENSING 4WD 131万円 2,241,000 58.4%
1.5 ハイブリッド・S Honda SENSING 4WD 140万円 2,367,360 59.1%

*特別仕様車

3年落ちフィットのリセールバリューの傾向は、まずガソリン車とハイブリッドの比較では、ハイブリッドの方がリセールバリューが高いです。

さらにガソリン車とハイブリッドに共通して言えるのが、2WDよりも4WDの方がリセール価値が高くなっています。

3年落ち普通乗用車の平均リセールは50~55%なので、フィットのリセールは、ガソリン車では平均値を下回るグレードもありますが、ハイブリッドでは概ね平均値、グレードによっては上回っている物もあります。

フィットの人気グレードとリセールバリューから見たおすすめのグレードは?

フィットの売れ筋人気グレードは、ガソリン車の「13G F(特別仕様車含む)」が一番流通量が多く、次いでフィットハイブリッドの「ハイブリッドL ホンダセンシング」の流通量が多く、それぞれ売れ筋の人気グレードとなっています。

リセールバリューから見たおすすめグレードはハイブリッド Lホンダセンシング 4WD

フィットの3年落ちリセールバリューのトップは、1.5RSの6速マニュアルですが、さすがに一般的なグレードではないので、ここではハイブリッドLホンダセンシングの4WDをおすすめします。

フィットハイブリッドの売れ筋は、Lホンダセンシングの2WDですが、あえて4WDをすすめるのは、リセールが良いため3年後の損失額(新車価格ー買取相場)が、FFよりも少ないためです。

また、ハイブリッドF 4WDの方がリセールが良いですが、センシングを付けると、Lとほぼ価格が変わらなくなる事、ハイブリッドF 4WDにセンシングを付ける事で初期費用が上がりリセールも落ちる事から、ハイブリッドLホンダセンシング4WDがおすすめとなります。

ホンダセンシングが必要なければ、ハイブリッドF 4WDでも良いでしょうね。

また、価格が高くなるし4WDは必要ない、のであれば上記表を参考に損失額を計算しながらグレード選びをすると良いでしょう。

個人的には、古くなっても査定価値が残るホンダ車の4WDはおすすめできます。

リセールバリューから見たフィットのおすすめカラーは?

リセールバリューから見たおすすめカラーは、プラチナホワイトパールクリスタルブラックパールです。次点でブリリアントスポーティブルーメタリックとなります。

やはりホワイトパールとブラックのリセールが安定しており、シルバーや赤と比べると3年落ちで5~15万円ほど高い査定相場となっています。

ブリリアントスポーティブルーメタリックも上記2色とほぼ変わらない落札価格の時が多いですが、それでも時々安く落札されている事があるので、リセールの安定感で言えば上記2色がおすすめとなります。

リセールバリューから見たフィットのおすすめオプションは?

  • ホンダインターナビ

フィットの3年落ちの相場では、ナビが付いていると5~10万円のプラス査定となっています。

比較的高年式で売却するなら、高年式の価値が残りやすいメーカーオプションのインターナビを選択すると良いでしょう。

フィットは機械式の立体駐車場に入る?

フィットの車体寸法は下記になります。

全長3990-4045mm
全幅1695mm
全高1525-1550mm

機械式の立体駐車場の高さ制限は1,550mmが主流ですので、フィットは機械式の立体駐車場に停めることができます。

高さ制限の1550mmは多少の余裕を見ているので、高さ1550mmであれば入るケースがほとんどですが、念のため入庫前に機械式駐車場のスタッフに確認しましょう。

フィットの実燃費は?

フィット13G Fの実燃費は?

カタログ燃費:24.6km/L

渋滞を含む街中の燃費:12-14km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:16-18km/L
高速道路の燃費:18-20km/L
フィットの平均実燃費:16.5-17.5km/L

フィットハイブリッドLの実燃費は?

カタログ燃費:34.0km/L

渋滞を含む街中の燃費:17-19km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:23-25km/L
高速道路の燃費:21-23km/L
フィットハイブリッドの平均実燃費:21-22km/L

フィットの燃費性能は、季節によって以下のような傾向になります。

悪い:冬<夏<秋<春:良い

冬場は始動時にエンジンを早く温めようと、燃料を多く必要とするため、実燃費が一番悪いです。次いでエアコンを頻繁に使う夏、そして秋、春の順で実燃費数字は良くなります。

フィットの最新モデルチェンジ

2018年7月26日 新コンプリートカー「FIT Modulo style」を発売

ホンダ フィット

Modulo styleは、デザインに特化した専用のカスタマイズパーツを装着したドレスアップコンプリートカーです。

・専用フロントグリル&バンパー
・専用LEDフォグライト
・専用15インチアルミホイール
・本革巻きステアリングホイール
・ステンレス製スポオーツペダル

ボディカラーは全8色を設定。

フィットのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

2019年6月 フルモデルチェンジ

モデルチェンジ推移

2018年7月26日グレード追加「Modulo style」
2018年5月17日特別仕様車「COMFORT EDITION」
2017年6月29日マイナーチェンジ
2016年9月8日特別仕様車「FINE EDITION」
2015年12月17日特別仕様車「Fパッケージ コンフォートエディション」
2015年9月17日一部改良
2014年10月9日一部改良
2013年9月5日フルモデルチェンジ
2012年10月4日特別仕様車「ファインスタイル」
2012年5月24日マイナーチェンジ
2011年10月13日特別仕様車「13G・10th アニバーサリーII」「RS・10th アニバーサリー」
2011年8月22日特別仕様車「13G・10th アニバーサリー」
2010年10月8日マイナーチェンジ
2010年5月17日特別仕様車「シーズ」「スポーティ エディション」
2009年11月26日一部改良
2009年5月21日特別仕様車「スマートスタイル エディション」
2008年6月19日特別仕様車「ハイウェイ エディション」
2007年10月18日フルモデルチェンジ
2007年6月14日特別仕様車1.3A「HID エディション」「HDDナビ HID エディション」、1.5A「コンフォート エディション」「HDDナビ コンフォート エディション」
2006年12月21日特別仕様車 グレード追加
2006年7月6日特別仕様車
2005年12月8日一部改良
2004年12月16日特別仕様車
2004年6月10日マイナーチェンジ
2003年12月25日小変更
2003年10月21日一部改良
2003年4月10日小変更
2002年11月14日一部改良
2002年9月12日追加モデル
2001年6月21日デビュー

 

コウさん
コウさん

フィットの値引きポイント

フィットが改良やモデルチェンジされるタイミングで、現行フィットの値引きは大きく緩むぞ。新しくなるモデルに拘らなければ、フィットを限界値引きで購入するチャンスだ。

フィットの競合車は?

トヨタ ヴィッツ

トヨタヴィッツ

累計販売台数200万台という人気を誇るトヨタのコンパクトカー、ヴィッツです。

2010年に登場した3代目ヴィッツは、空力性能に優れたスタイリングとなり、2013年のマイナーチェンジでは新設計のエンジンとアイドリングストップ機能の導入により、優れた燃費性能も実現しました。

ガソリン仕様の他にハイブリッドモデルやMTミッションのスポーツモデルも揃えているのも特徴です。

ホンダ側としても非常に意識しているライバル車なので、激しい競合となります。

ヴィッツの限界値引きはこちら

マツダ デミオ

マツタデミオ

マツダ・デミオの最大の特徴は、人と車の一体感を重視したパッケージにあります。

流線型のエクステリアに、ドライバーが自然体となって運転できる体勢を作り出すシートデザインを含めた車内設計、さらに環境性能に優れた圧倒的トルクを生み出すクリーンディーゼルエンジンを搭載するなど、フィットにはない魅力を持つコンパクトカーとして人気を博しています。

デミオの限界値引きはこちら

日産 ノート

日産ノート

日産・ノートも国産コンパクトカーとして根強い人気があります。

注目はエンジンで、1.2 L直列3気筒とスーパーチャージャーを合わせることで、小排気量エンジンとは思えないほどの力強い加速感を得られます。

2トーン仕様を含めて、15色以上ものボディカラーを揃えているのも非常に魅力的です。

ガソリン仕様車の他に、電気駆動システムを搭載した話題の「ノートe-POWER」もありますが、こちらは「フィット ハイブリッド」と競合させると良いでしょう。

ノートの限界値引きはこちら

スズキ スイフト

スズキスイフト

ワゴンRなど数々の軽自動車を生み出したスズキにも、スイフトという素晴らしいコンパクトカーがあります。

2016年に登場したばかりの4代目スイフトは、車両重量が1トンを切るという圧倒的な軽さと、環境性能に特化した1.2L自然吸気エンジンとハイブリッドシステムを組み合わせて、JC08モード燃料消費率が最高で32.0km/Lという燃費性能を実現しました。

2017年にはスポーツモデルである「スイフトスポーツ」も登場し、人気が急上昇しているコンパクトカーです。

スイフトの限界値引きはこちら

新型フィットを残価設定ローンで購入すると?

フィットを残価設定ローンで購入した場合の、月々の支払額です。

3年と5年でシミュレーションしてみました。

グレード名 13G・Lホンダセンシング
車両本体価格 1,653,480円
車両本体値引き ▲150,000円
メーカーオプション価格 75,600円
ディーラーオプション価格 176,752円
ディーラーオプション値引き ▲35,350円
諸費用 148,970円
支払総額 2,054,802円
頭金 185,350円
ローン元金 2,054,802円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 1.9% 1.9%
初回 35,887円×1回 25,410円×1回
2回目以降 34,000円×34回 24,400円×58回
最終回(残価) 752,470円×1回
(36.6%)
544,340円×1回
(26.4%)
金利を含む支払総額 1,944,357円 1,984,950円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

コウさん
コウさん

フィットの値引きポイント

残クレで購入すると、据え置いた残価にも金利が掛かるので、支払う利息手数料は多くなってしまう。その分クレジット会社からディーラーへ入るバックマージンは多くなるので、値引きが緩くなるんだ。残クレでフィットを買うなら、限界まで値引きを引き出そう!

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!弊社で買取る事はしないので、だからこそ本当の相場をお伝えします 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら ...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
ガラスコーティング・ポリマー加工・車磨きなら横浜エリア・平塚の早野ぴっかり工房へ