マツダデミオの値引き、新車値引き情報

トップ車値引きオールアルバムマツダ新車値引き情報>デミオ値引き

デミオの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート



 ここでは、マツダ デミオの限界値引きを達成するための値引き交渉テクニックや、毎月のデミオ値引き目標金額、デミオのグレード別リセールバリュー、デミオの実燃費やモデルチェンジ情報、デミオの残価設定ローン購入シミュレーションなど、デミオのお得情報を紹介しています。
 これを読んだ皆さんが、デミオの限界値引きを達成できますように。

 

デミオ取り扱いディーラー

マツダ店 マツダアンフィニ店 マツダオートザム店
デミオ月販目標台数:5000台

 

新型デミオ今月の値引き相場

デミオ値引き難度:普通
車両本体値引き:15万円
オプション値引き:20~30%
デミオの限界値引き:15~20万円

 以前は強気な売り方で、値引きも「基本5万円」などといった販売店が多かったマツダ デミオですが、年度末決算期に入って多少緩みがちな兆候が現れており、攻め方次第では大幅値引きの突破口が見えてきます。

 デミオの値引き交渉では、他メーカーのライバル車を競合させて条件を詰めていき、最後は別経営のマツダ販売店(行ける範囲にあれば)でデミオ同士の決勝戦に持ち込むのがセオリーとなります。

 競合の候補としては、トヨタのアクアやヴィッツ、日産のノートやマーチ、ホンダのフィットやスズキのスイフトなどが挙げられるので、これらの販売店をじっくりと回って、相性のいいセールスマンを見つけて納得できる値引き条件を引き出して行きましょう。

 ちなみに、既存グレードも特別仕様車も値引き条件はほとんど変わらないため、値引き率≒お得感を高めたいなら、既存グレードで攻めるといいでしょう。

 

デミオの安全装備・システムは?

 

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 追従型

 

新型デミオの納期は?

デミオの納期:1ヵ月~2ヵ月

 マツダ デミオの納期は、グレードによって1~2ヶ月の納期となっています。
※生産・受注状況や、一部仕様・オプション等の事情により、別途納期が延びる事もあるため、実際の納期についてはマツダ店までお問い合わせください。

 

新型デミオの価格は?

 

デミオのグレード名 価格(税込) 燃費(km/L)
1.3 13C 1,393,200 24.6
1.3 13S (MT) 1,490,400 21.8
1.3 13S 1,490,400 24.6
1.3 13S ツーリング (MT) 1,717,200 21.8
1.3 13S ツーリング 1,717,200 24.6
1.3 13S テーラードブラウン 1,755,000 24.6
1.3 13S ノーブルクリムゾン 1,776,600 24.6
1.3 13S ツーリング Lパッケージ (MT) 1,776,600 21.8
1.3 13S ツーリング Lパッケージ 1,776,600 24.6
1.5 15MB (MT) 1,560,600 19.2
1.5 XD (MT) 1,814,400 30.0
1.5 XD 1,814,400 26.4
1.5 XD ツーリング (MT) 1,998,000 30.0
1.5 XD ツーリング 1,998,000 26.4
1.5 XD テーラードブラウン 2,035,800 26.4
1.5 XD ノーブルクリムゾン 2,057,200 26.4
1.5 XD ツーリング Lパッケージ (MT) 2,057,200 30.0
1.5 XD ツーリング Lパッケージ 2,057,200 26.4
1.3 13C 4WD 1,598,400 20.6
1.3 13S 4WD 1,695,600 20.6
1.3 13S ツーリング 4WD 1,922,400 20.6
1.3 13S テーラードブラウン 4WD 1,960,200 20.6
1.3 13S ノーブルクリムゾン 4WD 1,981,800 20.6
1.3 13S ツーリング Lパッケージ 4WD 1,981,800 20.6
1.5 XD 4WD 2,019,600 22.8
1.5 XD ツーリング 4WD 2,203,200 22.8
1.5 XD テーラードブラウン 4WD 2,241,000 22.8
1.5 XD ノーブルクリムゾン 4WD 2,262,600 22.8
1.5 XD ツーリング Lパッケージ 4WD 2,262,600 22.8

 

新型デミオは機械式の立体駐車場に入る?

 マツダ デミオの車体寸法は、

 全長4,060mm
 全幅1,695mm
 全高1,500-1,525mm

となっており、ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています(横幅は1,850mm)。

 デミオの全高は1,500-1,525mmなので、機械式の立体駐車場に停められます。

 

新型デミオの実燃費は?

【デミオの実燃費】
 渋滞を含む街中の燃費:15-16km/L
 流れの良い一般道・幹線道路の燃費:19-20km/L
 高速道路の燃費:21-22km/L
 デミオの平均実燃費:17-18km/L

【デミオ ディーゼル車の実燃費】
 渋滞を含む街中の燃費:15-17km/L
 流れの良い一般道・幹線道路の燃費:21-22km/L
 高速道路の燃費:23-25kmL/
 デミオ ディーゼル車の平均実燃費:18-20km/L

 

  マツダ デミオの実燃費は、気温が高いほどよくなる傾向にありますが、夏はエアコンを使うので電気=燃料の消費が大きく、秋よりも燃費が悪くなりがちです。
 これを図にすると、デミオの実燃費は以下のようになります。

【燃費 悪い:冬 < 夏 < 秋 <春:よい

 他にも運転(アクセルワークなど)がやさしいほど燃費もよくなりますから、常日頃からやさしい運転を心がけましょう(運転が荒いと、実燃費にも悪影響です)。

 

デミオの最新モデルチェンジ

・2017年11月9日 マツダが特別仕様車「ノーブルクリムゾン」を設定!

 マツダはデミオに先進安全技術「Ii-ACTIVESENSE(アイ・アクティブセンス)」の採用を拡充すると共に、インテリアをレッドベースに仕上げた特別仕様車「Noble Crimson(ノーブル・クリムゾン)」を新設定。全国のマツダ販売店にて同日予約開始、12月7日からの発売を発表しました。

 今回の商品改良では、車両も歩行者も検知できる先進安全ブレーキ「アドバンストSCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)」はじめ「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「ハイビーム・コントロール(HBC)」を全グレード標準装備とし、既存の「AT誤発進抑制制御(前進時)」との組み合わせで経産省・国交省の普及推進する「安全運転サポート車」の最上級クラス「サポカーS・ワイド」に適合しています。

 また、ボディカラーに「ソウルレッドクリスタルメタリック」を新設定、更なる質感の向上を図ると共に、特別仕様車「Noble Crimson」では、文字通り「高貴な深紅」のカラーシートが純白の車内空間を鮮烈に彩ります。

 そして専用ボディカラー「セラミックメタリック」を採用、先行の特別仕様車「Tailored Brown(テイラードブラウン)と合わせて多彩なカーライフスタイルを提供します。

希望小売価格(消費税込み)
 1,393,200-2,262,600円
特別仕様車
 1,755,000-2,241,000円

 

デミオの競合車は?

・日産 ノート

低燃費を実現した日産『ノート』
2016年にマイナーチェンジが行われ、日産独自のハイブリッドシステムである「e-パワー」が搭載されました。

より電気自動車に近い車として注目を集めています。

エンジンは発電するために使用され、低燃費化が実現されています。電気でモーターを始動させ走行をアシストしてくれるため、EV走行が可能となります。
電気とガソリンの両方を使用することで、航続可能距離も長くなっていますから、燃料代も節約できます。
デミオにはディーゼル車が用意されており、燃料代を抑えることができますが、燃費が良くガソリン代も抑えられるノートと競合させるのもいいですね。

ノートの限界値引きはこちら

 

・トヨタ ヴィッツ

低燃費コンパクトハッチバックカーであるトヨタの『ヴィッツ』
2017年にマイナーチェンジが行われ、ハイブリッド車が追加されました。

これまでは、コンパクトなボディが魅力で取り回しのしやすさが人気でした。

今回ハイブリッド車が導入されたことにより、低燃費を実現することができ、これまで以上の人気となっています。
ハイブリッドを導入したことにより、ヴィッツの燃費は約34.4km/Lとなりました。

一方、デミオはガソリン車で約24.6km/L、ディーゼル車で約26.4km/Lとなっています。

ガソリン車で比較すると10km/Lもの差が出てきますから、購入後の維持費にも大きく影響してきます。
デミオとヴィッツとで、車両本体価格にほとんど差はありませんが、燃費で大きな差が出てきます。

この部分を引き合いに出して、値引き交渉を進めてみましょう。

ヴィッツの限界値引きはこちら

 

・ホンダ フィット

最新の安全技術を詰め込んだホンダの『フィット』
コンパクトカーブームにより、ライバル車たちの追い上げに少し押され気味のフィットですが、「ホンダセンシング」を搭載し、安全面を重視した一台となっています。
車線維持支援システムやアダプティブクルーズコントロールなど、ホンダの持つ安全技術が十分に詰め込まれています。

デミオにも安全機能が装備されていますが、フィットに搭載されている技術と比較するとやや劣ります。

家族を乗せることが多い方や運転が苦手な方は、安全技術を交渉材料に値引きを進めるのがオススメです。
また、ホンダ車が持つ力強い走りができるフィットですから、走行性能について比較するのもアリですね。

デミオにはディーゼル車が用意されており、非常にトルクフルな走りが可能です。このような両車に違いがある『走り』についても交渉材料にできます。

フィットの限界値引きはこちら

 

・スズキ スイフト

車内空間と走りを重視したスズキの『スイフト』
コンパクトでありながら、走りを楽しむことができるスイフトは、多くのユーザーから支持を得ています。

また、国内だけでなく海外でも人気で、オセアニアやアジア諸国でも販売されています。
現在発売されている車の多くはAT車ですが、スイフトは発売当初からMT車を継続的に販売しています。

「車を動かしている」という操作性を楽しめるのもスイフトの魅力ですね。
また、小さなボディですが、後部座席の車内空間は、デミオと比較してもスイフトの方が広く確保されています。

頭上スペースもしっかりあるので、窮屈さを感じないのも好印象です。
デミオもコンパクトでありながら、十分な走行性能を持っていますから、スイフトを競合車に選んでも十分に戦えます。

走行性能や車内空間を引き合いに出して値引き交渉してみましょう。

スイフトの限界値引きはこちら

 

新型デミオの限界値引き交渉術!

安全性能について交渉する

デミオには「i-アクティブセンス」という安全機能が装備されています。

誤発進抑制制御や車線逸脱警報システムなどが搭載されており、安全面も強化されています。

ただ、競合車である日産ノートやホンダフィットには歩行者も検知できるシステムが導入されており、デミオよりも精度が高いです。

また、ホンダセンシングには、アダプティブクルーズコントロールが装備されていますから、他の競合車よりも優れています。
デミオにも装備されている安全機能を引き合いに出して、値引き交渉すると効果的ですね。

収納や車内空間を交渉材料にする

収納や後部座席の広さ、使い勝手の良さを値引き交渉の材料にしてみるのもアリです。
デミオの収納は必要最低限のものしか装備されておらず、やや使い勝手が悪く感じます。

競合車であるフィットは、エアコンの吹き出し部分にドリンクホルダーが装備されていたり、ラゲージルームにアンダーポケットが確保されていたりと使い勝手がいいです。
また、車内空間においてもスイフトの後部座席はデミオよりも広く、窮屈さを感じない作りになっています。

車内の使い勝手や広さを引き合いにだして、デミオの値引き交渉を進めてみてください。

オプションの値引き交渉をする

車両本体価格からの値引きが難しい場合、オプションからの値引きを狙ってみましょう。

人気の車種は値引きをしなくても売れてしまう傾向にありますから、車両本体価格からの値引きを渋ることがあります。

このような時は、オプションからの値引きを引き出します。
デミオにナビを取り付けるとなると、マツダコネクトのナビ機能に限られてしまいます。

社外ナビの取り付けもできないことはないのですが、コマンドコントローラーが無駄になってしまうので、純正ナビを勧められます。

社外ナビの取り付けが難しいことなどを交渉材料にしてみるのも効果的ですね。
また、フロアマットやサイドバイザーなどの細かなオプションの値引きをしてもらったり、ETCの取り付け工賃をサービスしてもらったりとオプションからの値引きを引き出しましょう。

 

デミオのグレード別リセールバリューは?

 3年後、どのグレードがよりお得に売れるのか?3年落ちデミオのリセールバリューを、グレードごとに調査しました。
 マツダ デミオの購入時、グレード選びの参考になればと思います。

デミオのグレード名 買取相場 価格(税込) リセール
1.3 13C 75万円 1,393,200 53.8%
1.3 13S (MT) 86万円 1,490,400 57.7%
1.3 13S 87万円 1,490,400 58.3%
1.3 13S ツーリング (MT) 94万円 1,717,200 54.7%
1.3 13S ツーリング 95万円 1,717,200 55.3%
1.3 13S テーラードブラウン 99万円 1,755,000 56.4%
1.3 13S ノーブルクリムゾン 104万円 1,776,600 58.5%
1.3 13S ツーリング Lパッケージ (MT) 95万円 1,776,600 53.4%
1.3 13S ツーリング Lパッケージ 96万円 1,776,600 54.0%
1.5 15MB (MT) 88万円 1,560,600 56.4%
1.5 XD (MT) 100万円 1,814,400 55.1%
1.5 XD 101万円 1,814,400 55.6%
1.5 XD ツーリング (MT) 118万円 1,998,000 59.0%
1.5 XD ツーリング 119万円 1,998,000 59.5%
1.5 XD テーラードブラウン 123万円 2,035,800 55.9%
1.5 XD ノーブルクリムゾン 124万円 2,057,200 60.2%
1.5 XD ツーリング Lパッケージ (MT) 123万円 2,057,200 59.7%
1.5 XD ツーリング Lパッケージ 124万円 2,057,200 60.2%
1.3 13C 4WD 83万円 1,598,400 51.9%
1.3 13S 4WD 103万円 1,695,600 60.7%
1.3 13S ツーリング 4WD 101万円 1,922,400 52.5%
1.3 13S テーラードブラウン 4WD 116万円 1,960,200 59.1%
1.3 13S ノーブルクリムゾン 4WD 116万円 1,981,800 58.5%
1.3 13S ツーリング Lパッケージ 4WD 105万円 1,981,800 53.0%
1.5 XD 4WD 122万円 2,019,600 60.4%
1.5 XD ツーリング 4WD 137万円 2,203,200 62.1%
1.5 XD テーラードブラウン 4WD 145万円 2,241,000 64.7%
1.5 XD ノーブルクリムゾン 4WD 148万円 2,262,600 65.4%
1.5 XD ツーリング Lパッケージ 4WD 141万円 2,262,600 62.3%


 デミオのリセールバリューはグレードごとに50~65%となっており、3年落ち普通乗用車のリセールバリュー平均値が50~55%なので、デミオは買い替えに有利めなクルマと言えます。

 中でも4WD車は高リセール(60%以上)なグレードが上位に集中しているため、お得な買い替えを視野に入れたデミオ購入の参考になるでしょう。

 また、MT(マニュアル)車が設定されているグレードでは、オートマの方が若干リセールも高くなる傾向があります。

※デミオの買取相場は絶えず変動していますから、実際にデミオを売却する時は、買取店で査定して貰って、より有利な可能性を開拓しましょう。

 

新型デミオを残価設定ローンで購入すると?

 マツダ デミオを残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

デミオ13S

車両本体価格 1,490,400円
車両本体値引き ▲140,000円
メーカーオプション価格 32,400円
ディーラーオプション価格 113,200円
ディーラーオプション値引き ▲22,000円
諸費用 163,410円
支払総額 1,637,410円
頭金 0円
ローン元金 1,637,410円
支払回数 37回払い
(3年)
61回払い
(5年)
金利 2.99% 2.99%
初回 27,055円×1回 21,822円×1回
2回目以降 27,058円×35回 21,822円×59回
最終回(残価) 775,000円×1回
(52.0%)
493,000円×1回
(33.0%)
金利を含む支払総額 1,911,085円 1,963,317円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。また、販売店の金利によっても支払額は変わります。
 上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

 

下取り車があれば、さらに新車が安く買える

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙さるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

●当サイト新車購入参考リンク

  • 限界まで車を高く売る方法
  • 新車を安く買う!新車値引き交渉の仕方
  • 新車購入・新車の買い方
  • 車維持費の節約方法
  • 車のガラスコーティングなら神奈川の早野ぴっかり工房へ

  • パーツ・カー用品を通販で安く買うなら!
  • -- デミオ --
    モデルチェンジ情報


    モデルチェンジ予想

    2018年10月
    一部改良

    モデルチェンジ推移
    2017年11月9日最新モデルチェンジ日
    一部改良、特別仕様車「Noble Crimson」
    2017年4月20日
    一部改良
    2016年10月14日
    一部改良、特別仕様車「Tailored Brown」
    2015年12月24日
    一部改良、特別仕様車「ブラック レザー リミテッド」
    2015年9月24日
    グレード追加
    2015年4月23日
    特別仕様車「ミッド・センチュリー」「アーバン・スタイリッシュ・モード」
    2014年9月26日現行モデル登場日
    フルモデルチェンジ
    2013年12月21日
    一部改良、特別仕様車
    「13-SKYACTIV シューティングスター
    スポルト ダイナミックルーフ」
    「13-SKYACTIV シューティングスター マゼンタ」
    2013年7月11日
    一部改良、特別仕様車
    「13-SKYACTIV シューティングスター スポルト」
    「13-SKYACTIV シューティングスター グレイス」
    2012年12月12日
    特別仕様車「13-SKYACTIV
    SHOOTING STAR」
    2012年5月30日
    一部改良
    2012年4月3日
    一部改良
    2012年3月1日
    特別仕様車
    「13C-Vスマートエディション」
    2011年11月28日
    特別仕様車
    「13-SKYACTIV スマートスタイリッシュ」
    2011年6月9日
    マイナーチェンジ
    2010年7月29日
    特別仕様車
    「13C-V HID EDITION」
    2008年11月17日
    一部改良
    2008年7月14日
    一部改良
    2007年12月20日
    特別仕様車「Chiara(キアラ)」
    2007年7月5日
    フルモデルチェンジ
    2006年11月21日
    特別仕様車
    2005年12月19日
    特別仕様車
    2005年4月13日
    マイナーチェンジ
    2004年10月22日
    特別仕様車
    2004年8月31日
    特別仕様車
    2004年4月23日
    一部改良
    2003年11月27日
    一部改良

    2003年7月7日
    限定車

    2003年3月27日
    一部改良
    2002年8月7日
    フルモデルチェンジ

    マツダ デミオ口コミ評価サイト

    新車値引き情報!

    トヨタ新車値引き情報

    レクサス新車値引き情報

    日産新車値引き情報

    ホンダ新車値引き情報

    マツダ新車値引き情報

    三菱新車値引き情報

    スバル新車値引き情報

    スズキ新車値引き情報

    ダイハツ新車値引き情報

    スポンサーリンク

    ↑ PAGE TOP