CX-5の限界値引きとリセールバリューの高いグレード&オプションをレポート

CX-5の限界値引きとリセールバリューを紹介

CX-5から限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、業者間オークションの相場から算出したリセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、CX-5の納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、CX-5購入の参考にしてみてください。

CX-5取り扱いディーラー

マツダ店 マツダアンフィニ店 マツダオートザム店

CX-5月販目標台数:2400台

新型CX-5今月の値引き相場

CX-5値引き難度:渋い~普通
車両からの目標値引き:23万円
オプション値引き相場:20~30%
オプションからの値引きを含む限界値引き:25~35万円

CX-5の値引きは、徐々に拡大してきましたが、車両価格からすると物足りない値引きで推移しています。

やはり近年マツダの値引きは引き締められているので、各ディーラーの値引きに対するガードは固いです。

しかし、タイミングや交渉次第ではCX-5から割安な値引きも可能です。

値引き交渉のセオリーとしては、日産エクストレイルやスバル フォレスター、あるいは上級グレードならトヨタのハリアーなど、他メーカーのライバル車と競合させて値引き条件を煮詰めていき、最後は別経営のマツダ販売店が近くにあれば、CX-5同士の最終決戦に持ち込めると理想的です。

別経営のマツダディーラーの調べ方はこちら「競合車の設定とディーラー同士競合のやり方」をご覧ください。

下取り車があれば、ディーラー査定だけでなく買取店でも査定して貰い、値引き交渉の材料に使うもよし、高額査定だったら買取店へ売却してもよし、少しでもCX-5の総支払額を下げるように活用しましょう。

コウさん
コウさん

CX-5の値引きポイント

新型になったスバルのフォレスターは、マツダの営業マンも意識している車種だ。値引き交渉の時は「新しいフォレスターと迷っている」としながら商談を進めると、値引きが出やすくなるぞ。

新型CX-5の限界値引き交渉術!

値引きの神様にお願い

安全性能を交渉材料にする

どのメーカーも最近は安全装備を充実させる傾向がありますから、各メーカーの車に搭載されている安全機能を比較して値引き交渉すると効果的です。

CX-5には、「i-アクティブセンス」という安全機能が装備され、車線逸脱警報システムや誤発進抑制制御機能など搭載されています。

競合車のスバルには「アイサイト」、日産には「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」等が搭載されているので、非常に比較しやすいですね。

CX-5の安全装備の内容は、多くの車種に搭載されている機能なので、目新しさがなく精度もやや低く感じます。

一方スバルのアイサイトは、非常に精度が高く、万が一の時でもしっかりと止まってくれると評判です。

また、エクストレイルのプロパイロット機能(インテリジェントクルーズコントロール・ハンドル支援)もこれまでの車に搭載されたことがない機能ですから、非常に魅力的ですね。

このような部分を引き合いに出して、CX-5の値引き交渉するといいです。CX-5にはない技術をアピールして比較させるのが効果的ですね。

使い勝手の良さを比較する

CX-5には、使い勝手の良い「パワーリフトゲート」が装備されています。

スイッチひとつで開閉することができるので、非常に使い勝手がいい装備ですね。

ただ、最上級グレードであるLパッケージのみ標準装備で、その他のグレードにはオプションでつけるしかありません。

この装備がエクストレイルにもあります。

エクストレイルには、ベースグレード以外のすべてのグレードに標準装備されていますから、CX-5と比較してもお得感があります。

また、エクストレイルはハンズフリー機能でリアバンパーの下に足先を入れるだけで、自動で開けられるのも魅力ですね。

同じパワーバックドアでも、装備されているグレードや機能に違いがありますから、この部分をうまく利用して値引き交渉を進めてみましょう。

燃費について交渉する

ディーゼル車が用意されているCX-5は、非常にトルクフルな走りができ、快適に走行することができます。

また、燃費に関してもC-HRは約30.2km/Lと非常に良い燃費を持っています。

CX-5のディーゼル車では燃料代を安くできますが、C-HRとでは10km/L以上燃費に差が出ますから、この部分も交渉材料にすることができますね。

C-HRはハイブリッド車ですが、CX-5との車両本体価格に大きな差がないので値引き交渉もしやすいです。

C-HRだけでなく、ハリアーハイブリッドやエクストレイルハイブリッドと比較させても効果的ですね。

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずCX-5の総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

ETC

CX-5純正ETC

  • デンソー 24,543円
  • デンソー(グローブボックス植毛加工有) 29,187円
  • 三菱電機 24,542円
  • 三菱電機(グローブボックス植毛加工有) 29,186円

社外品CX-5用ETC

・純正品との差額 1.7万~2.2万円以上

CX-5のETCを純正品から社外品に変えると、両者の差額である2万円前後が交渉の労力なしに値引き効果として得られます。

性能的には社外品も純正品とほとんど違いがないため、CX-5の支払総額を下げる上にコストパフォーマンスも向上できます。

フロアマット

CX-5純正フロアマット

  • ラグジュアリー 31,104円
  • オールウェザーマット 15,336円

社外品CX-5用フロアマット


・純正品との差額 ~1.6万円以上

CX-5のフロアマットを純正から社外品にすると、純正品の定価に対して1.6万円ほど割安となり、実質的な値引き効果が得られます。

こちらの社外品フロアマットは、14カラーより選べて機能面でも遜色がありません。

加えてフロアマットは簡単に取りつけできるので、自分で作業すると手っ取り早いです。

ドアバイザー

CX-5純正ドアバイザー

  • アクリルバイザー 26,676円

社外品CX-5用ドアバイザー


・純正品との差額 1.9万円以上

CX-5の窓につけるドアバイザーを社外品にした場合、純正品より1.9万円以上も割安となり、交渉の手間なしで同じ金額ぶんの値引き成果が得られます。

慣れている方は自分でつけてもいいでしょうが、不安な方は無理せずCX-5の新車購入時にディーラーへ持っていき、工賃サービスor値引きを交渉するといいでしょう。

ドライブレコーダー

CX-5純正ドライブレコーダー

  • 純正ドライブレコーダー 32,184円
  • ドライブレコーダー(デンソーテン) 40,824円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 2.6万~3.4万円以上

最近、問題になっている「あおり運転」などから防犯ニーズが高まっているドライブレコーダーに、割安な社外品を装備すれば、純正品との価格差だけ同額の値引き成果を得られます。

慣れないとドライブレコーダーを取りつけるのは大変なので、無理せずディーラーに持ち込んで工賃の値引きやサービスを交渉すると、CX-5の支払総額を下げるチャンスが生まれます。

コウさん
コウさん

CX-5の値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

CX-5の安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 全車速追従型

新型CX-5の納期は?

CX-5の納期2ヵ月~3ヵ月

マツダCX-5の納期は、グレードによって2~3ヶ月の納期となっています。

CX-5の価格と各グレードのリセールバリューは?

価格と各グレードのリセールバリューは?

CX-5の新車から1年経過後の各グレードのリセールバリューです。どのグレードが売却時に最も高く売れるのか?グレード選びの参考にしてください。

※1年落ち走行1万キロ前後、修復歴なし、白黒、年式なりの車両状態の相場データです

CX-5のグレード名 1年後の買取相場 新車価格(円) リセールバリュー
20S –万円 2,570,400 %
20S プロアクティブ 244万円 2,802,600 87.0%
25S Lパッケージ 255万円 3,018,600 84.4%
25T Lパッケージ –万円 3,326,400 %
25T エクスクルーシブモード* –万円 3,650,400 %
2.2 XD 235万円 2,883,600 81.5%
2.2 XD (MT) –万円 2,883,600 %
2.2 XD プロアクティブ 266万円 3,115,800 85.3%
2.2 XD プロアクティブ (MT) –万円 3,115,800 %
2.2 XD Lパッケージ 293万円 3,331,800 87.9%
2.2 XD Lパッケージ (MT) –万円 3,331,800 %
2.2 XD エクスクルーシブモード* –万円 3,655,800 %
2.2 XD エクスクルーシブモード (MT)* –万円 3,655,800 %
25S 4WD –万円 2,797,200 %
25S プロアクティブ 4WD –万円 3,029,400 %
25S Lパッケージ 4WD 261万円 3,245,400 80.4%
25T Lパッケージ 4WD –万円 3,553,200 %
25T エクスクルーシブモード 4WD* –万円 3,877,200 %
2.2 XD 4WD –万円 3,110,400 %
2.2 XD (MT) 4WD –万円 3,110,400 %
2.2 XD プロアクティブ 4WD 281万円 3,342,600 84.0%
2.2XD プロアクティブ (MT) 4WD –万円 3,342,600 %
2.2 XD Lパッケージ 4WD 310万円 3,558,600 87.1%
2.2XD Lパッケージ (MT) 4WD –万円 3,558,600 %
2.2 XD エクスクルーシブモード 4WD* –万円 3,882,600 %
2.2 XD エクスクルーシブモード (MT) 4WD* –万円 3,882,600 %

*特別仕様車

※買取相場が抜けているグレードは流通量が少なく、相場を確認出来ませんでした。

CX-5のリセールバリューの傾向は、ガソリン車2000ccモデルのリセールが高く、次いでディーゼルの2.2XDシリーズ、一番リセール値が低いのがガソリン車の2500ccモデルです。

コウさん
コウさん

CX-5の値引きポイント

最安の20Sと最高値XD Lパッケージでは約100万円の価格差がある。同じ値引率であっても値引き金額は上位グレードの方が多く出来るので、上位グレードのCX-5が購入対象ならしっかりと値引きを引き出そう。

CX-5の人気グレードとリセールバリューから見たおすすめグレードは?

CX-5の売れ筋人気グレードは、ディーゼルモデルの「2.2XD Lパッケージ」が一番台数が多く、僅差で「2.2XD プロアクティブ」が2番人気となっています。

リセールから見たおすすめグレードは、20S プロアクティブ

リセールバリューから見たCX-5のおすすめグレードは、「20S プロアクティブ」です。

新車価格が安く、査定相場も高値な事から相対的に他グレードよりリセール数値は良くなっています。

また、ディーゼルに比べて燃料費は掛かりますが2000ccのため自動車税が安くなるので、中古車市場での需要が高くリセールは今後も安定するでしょう。

ただ、ガソリンよりもディーゼルが欲しい、と言う事であれば「XDプロアクティブ」がおすすめです。

XD Lパッケージより初期費用が安く済むため、売却時の損失額はLパッケージよりも少なく済むでしょう。

リセールバリューから見たCX-5のおすすめカラーは?

リセールバリューから見たCX-5のおすすめカラーは、「スノーフレイクホワイトパールマイカ」「ジェットブラックマイカ」「ソウルレッドクリスタルメタリック」の3色です。

他色と比べると、3年以内の売却で10~25万円ほど高く売れるでしょう。

ただ、マシーングレープレミアムメタリックは、そこまで大きなリセール差は出ないかも知れませんが、上記3色の方が現状では安定したプラス査定が期待できます。

リセールバリューから見たCX-5のおすすめオプションは?

  • Boseサウンドシステム

オプション代金の元は取れませんが、比較的プラス査定が大きいメーカーオプションのBoseサウンドシステムです。

元は取れないのでリセール狙いで付ける必要はありませんが、所有している間は良い音で聴きたいならおすすめのオプションです。

  • パワーリフトゲート

こちらもプラス査定が見込める、メーカーオプションのパワーリフトゲートです。

ワンタッチでリアゲートが開閉できるのは、一度体感すると離れられない便利なメーカーオプションです。

  • 電動スライドガラスサンルーフ

メーカーオプション代金以上のプラス査定が期待できる、電動ガラスサンルーフです。

中古車市場でも需要のある装備で、比較的サンルーフが付いているCX-5は少ないので、中古車ではさらに希少価値が増して、オプション代金以上のプラス査定になる場面も見られます。

  • フルエアロキット

ディーラーオプションで装着できる、ダムドケンスタイルのエアロキットがCX-5に付いているとプラス査定が期待できます。

フロントのみ単体とかではなく、フロント&サイド&リヤまでのフルキットで付いている方が相乗効果でよりプラス査定となります。

ただ、大幅なプラス査定は期待できますが、オプション代金の元までは取れないので、予算と好みでCX-5にエアロが必要か判断するといいでしょう。

下取り車があるなら相場を調べておこう

値引き相場や欲しいグレードが決まってこれからディーラー巡りをするなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るでしょう。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。


新型CX-5は機械式の立体駐車場に入る?

マツダ CX-5の車体寸法は、

全長4,545mm
全幅1,840mm
全高1,690mm

となっており、ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています(横幅は1,850mm)。

CX-5の全高は1,690mmなので、機械式の立体駐車場には停められません。

新型CX-5の実燃費は?

CX-5 2.0ガソリン車の実燃費

カタログ燃費:16.0km/L

渋滞を含む街中の燃費:7-9km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:10-12km/L
高速道路の燃費:13-15km/L
CX-5 2.0ガソリン車の平均実燃費:10.5-11.5km/L

CX-5 ディーゼル車の実燃費

カタログ燃費:17.4km/L

渋滞を含む街中の燃費:9-11km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:13-15km/L
高速道路の燃費:15-17kmL/
CX-5 ディーゼル車の平均実燃費:13-14km/L

マツダCX-5の実燃費は、気温が低いほどエンジン暖機に燃料を消費するため、燃費が悪くなる傾向が見られます。

一方、夏はエアコンを使うため電気=燃料の消費がかさみ、こちらも冬に次いで燃費が悪くなりがちです。
これを図にしたCX-5の実燃費は、以下のようになります。

【燃費 悪い:冬 < 夏 < 秋 <春:よい】

他にも、運転(アクセルワーク等)によって実燃費が大きく変わってきますから、常日頃からソフトな運転を心がけましょう(運転が荒いと、実燃費にも悪影響です)。

CX-5の最新モデルチェンジ

2018年10月11日 マツダCX-5を一部改良、「25T L Package」を追加。特別仕様車「Exclusive Mode」を設定

マツダ CX-5

今回の一部改良の主な改良点

  • 2.5リッター直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を国内で初採用
  • クリーンディーゼルエンジンに6速MT「SKYACTIV-MT」を設定
  • 自動ブレーキに夜間歩行者検知機能を追加
  • エアコンパネルデザインと各種スイッチ・ダイアルのデザインを一新

など

特別仕様車「Exclusive Mode」

  • シート素材に、滑らかな感触のナッパレザーを採用するとともに、インテリア上部に黒、下部には深みのある、ディープレッドという専用のカラーコーディネーションを設定
  • 本物の木を素材とする「本杢」の加飾パネルを採用し、温かみのある洗練された世界観を表現
  • 鏡面側の縁取りをなくしたフレームレスインナーミラーにより、視野拡大と見た目のすっきり感を向上
  • 19インチアルミホイールに、専用の高輝度ダーク塗装を特別採用し、落ち着きと精悍さを表現
  • 前席シート両側に、体との間にこもる不快な熱気を吸い出す「シートベンチレーション」機能を搭載
  • メーター中央に7インチTFTメーターを採用。運転に必要な情報を整理して見やすく表示
  • 室内照明をすべて白色LEDで統一。前席と後席にフットランプとイルミネーション機能を標準装備

CX-5のモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

当面予定なし

モデルチェンジ推移

2018年10月11日一部改良、「25T L Package」追加、特別仕様車「Exclusive Mode」
2018年2月8日一部改良
2017年8月3日一部改良
2016年12月15日フルモデルチェンジ
2014年11月20日マイナーチェンジ
2013年9月19日一部改良、特別仕様車「2013アニバーサリー」
2012年12月12日一部改良
2012年2月16日デビュー

 

コウさん
コウさん

CX-5の値引きポイント

CX-5は上記のように一部改良やマイナーチェンジ、フルモデルチェンジが定期的に行われ新しいモデルが出るんだ。新しいモデルに拘らなければ、モデルチェンジのタイミングで古くなってしまうCX-5を対象に値引き交渉すれば、限界値引きが出やすいぞ。

CX-5の競合車は?

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー

高級感と上質な乗り心地を兼ね備えたトヨタの『ハリアー』

1997年から販売されており、洗練されたシャープなボディーラインが人気で、多くのユーザーから支持を得ています。

2013年にフルモデルチェンジがされ、先代モデルよりもややコンパクトになったハリアーは、数あるSUV車の中でも街乗りに適したボディサイズなのが特徴です。

日本の道幅の狭い道路でも無理なくスムーズに走行できます。

また、車内は非常にラグジュアリー感が強く、使用されている内装パーツにも上品さを感じます。乗り心地も良く、長距離移動もストレスなく移動できますね。

上質な内装デザインや雰囲気が良いので、CX-5と比較させて値引き交渉するのも効果的です。
また、ハリアーにはハイブリッド車も用意されており、CX-5とでは燃費の面で競合させることができます。

ディゼル車のあるCX-5の燃料代を抑えることとハリアーの燃費の良さを比較させて、「どちらにするか迷っている。価格も重要なので安い方から買いたい」とやるのもいいですね。

ハリアーの限界値引きはこちら

日産 エクストレイル

日産 エクストレイル

最新技術を搭載した日産『エクストレイル』

2017年にマイナーチェンジが行われ、自動運転機能である「プロパイロット」が搭載されました。

エクストレイルは、安全面を重視した作りとなっているで、家族を乗せてドライブに出かけても安心できます。

また、4WDの性能も優れており、オフロードでの走破性も十分です。キャンプやアウトドアに家族で出かける方にオススメな一台ですね。

エクストレイルは日本だけでなく、世界でも販売されており、力強い走りが魅力となっています。

本格派SUVとして高い評価を得ているエクストレイルとCX-5を競合させるのであれば、両車のパワーを比較させると効果的です。

走破性のあるエクストレイルとディーゼル車特有のトルクフルな走りを比較させて、交渉を進めてみましょう。

エクストレイルの限界値引きはこちら

スバル フォレスター

スバルフォレスター

オフロード走行も楽しめるスバル『フォレスター』

街乗りでの走行よりもオフロード走行を重視したモデルです。

スバル独自の技術を余すことなく詰め込んだ一台となっています。

「水平対向エンジン」や「シンメトリカルAWD」を搭載し、オフロードでもしっかりとした走りを可能としています。車の重心を低くし、左右の重量バランスが優れた構造となっているので、どんな道でも安定した走行ができます。

SUVブームにより、どのメーカーからも街乗りをメインとしたモデルが多く販売されていますが、フォレスターはどちらかというとオフロード走行寄りに開発されています。

運転席の高いアイポイントで雪道や悪路走行も周囲の状況を確認しやすくのが特徴です。

CX-5ディーゼルのトルクフルな走りができる部分と比較させて、値引き交渉するのもいいですね。

フォレスターの限界値引きはこちら

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR

コンパクトSUVで人気No.1のトヨタ『C-HR』

発売当初から非常に人気があり、予想受注台数を大きく上回る台数となっています。

これまでにない斬新なボディラインや先進的な内装デザインが人気の理由です。

安定した走りに加え、乗り心地のマイルドさも好印象です。

また、ハイブリッド車も用意されており、デザイン・走行性能・燃費性能において非常に高い評価を得ています。

CX-5よりは、ややコンパクトな作りになっており、収納スペースなどの部分でやや劣ってしまいます。

しかし、CX-5とは、燃費の面で競合させるのが効果的です。

C-HRのハイブリッド車とCX-5のディーゼル車と車両本体価格を比較すると非常にいい勝負ですから、同じ価格帯のグレードで比較させ値引き交渉の材料にしてみましょう。

燃費を気にするユーザーが多いですから、最大限の値引き額を引き出せる可能性があります。

C-HRの限界値引きはこちら

新型CX-5を残価設定ローンで購入すると?

マツダ CX-5を残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

グレード名 CX-5 XD プロアクティブ
車両本体価格 3,115,800円
車両本体値引き ▲230,000円
メーカーオプション価格 216,000円
ディーラーオプション価格 253,868円
ディーラーオプション値引き ▲50,000円
諸費用 137,210円
支払総額 3,442,878円
頭金 0円
ローン元金 3,442,878円
支払回数 37回払い
(3年)
61回払い
(5年)
金利 2.99% 2.99%
初回 58,053円×1回 46,288円×1回
2回目以降 58,048円×35回 46,275円×59回
最終回(残価) 1,586,000円×1回
(50.9%)
1,009,000円×1回
(32.3%)
金利を含む支払総額 3,675,733円 3,785,513円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。

また、販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

コウさん
コウさん

CX-5の値引きポイント

ディーラーは残価設定ローン終了後の代替え需要が期待できるため、残クレで契約するなら値引きを緩めて来るぞ。残価設定ローンでCX-5を購入するなら、しっかりと値引き交渉して最大値引きで契約しよう。

下取り車の金額で絶対に損しないためにすること【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!弊社で買取る事はしないので、だからこそ本当の相場をお伝えします 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら ...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...