C-HRの値引き、新車値引き情報

トップ車値引きオールアルバムトヨタ新車値引き情報>C-HR値引き

C-HRの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

 ここでは、トヨタC-HRの限界値引きを達成するための値引き交渉テクニックや毎月の値引き動向&目標額、C-HRの基本データ(取扱ディーラー、納期、実燃費など)、リセールバリューの高いC-HRのグレード選び、モデルチェンジ推移、残価設定ローンのシミュレーションなどを紹介しています。

 C-HRを購入する時の参考にどうぞ。

 

C-HR取り扱いディーラー

トヨペット店 ネッツ店 カローラ店 トヨタ店
C-HR月販目標台数:6000台

 

新型C-HR今月の値引き相場

C-HR値引き難度:渋い~普通
25万円(車両からの値引き)
オプション値引き相場20~30%引き
30~40万円(オプションからの値引きを含む限界値引き)

 発売当初は「値引きはあまり出来ないが、早く買わないと納期がどんどん遅れますよ?」などと強気だった販売姿勢が、最近は一転。

「決めてくれるなら(≒大幅に)値引きします!」などと売り込むよう(低姿勢?)になり、値引き交渉も張り合いがあるので、値引き成果はもちろん、交渉の過程を楽しむ余裕をもって臨めます。

 値引き交渉に際しては、半年~1年以上経過したC-HRについては他メーカーのライバル車(ホンダのヴェゼル、マツダのCX-3、CX-5など)を競合させて条件を詰めてから、最後はトヨタのライバル店(トヨペット店、ネッツ店、カローラ店、トヨタ店)同士でC-HR同士の競合に持ち込むのがセオリーです。

(※C-HRはトヨタ全販売店で取り扱いがあるので、こういう時に競合させやすくて便利ですが、同県内だと地域によっては値引き情報を共有していることもあるため、無理がなければ越境し、県をまたいでC-HRを競合させるといいでしょう)

 値引き目標額はC-HR本体で25万円以上、オプション料金20~30%で合計30~40万円を成功ラインに設定。

 オプションは多くつけた方が値引き率も上がりやすいので、上手に活用していきましょう。

 

C-HRの安全装備・システムは?

 

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者 ×
クルーズコントロール 全車速追従型

 

新型C-HRの納期は?

C-HRの納期:1ヵ月~2ヵ月

 トヨタC-HRの納期は、およそ1~2ヶ月となっています。

 

新型C-HRの価格は?

 

C-HRのグレード名 価格(税込) 燃費(km/L)
1.8 S 2,646,000 30.2
1.8 S "LED Edition" 2,670,000 30.2
1.8 G 2,905,200 30.2
1.8 G "LED Edition" 2,929,200 30.2
1.2 S-T 4WD 2,516,400 15.4
1.2 S-T "LED Edition" 4WD 2,540,400 15.4
1.2 G-T 4WD 2,775,600 15.4
1.2 G-T "LED Edition" 4WD 2,799,600 15.4

 

新型C-HRは機械式の立体駐車場に入る?

トヨタC-HRの車体寸法は、

全長4,360mm
全幅1,795mm
全高1,550-1,565mm

となっています。ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています。(横幅は1,850mm)

 C-HRの全高は1,550-1,565mmなので、残念ながら機械式の立体駐車場には停められない寸法となっています。

 

新型C-HRの実燃費は?

【C-HRの実燃費】
  渋滞を含む街中の燃費:9-11km/L
  流れの良い一般道・幹線道路の燃費:14-15km/L
  高速道路の燃費:16-17km/L
  C-HRの平均実燃費: 12-13km/L

【C-HRハイブリッドの実燃費】
  渋滞を含む街中の燃費:17-19km/L
  流れの良い一般道・幹線道路の燃費:23-27km/L
  高速道路の燃費:28-30km/L
  C-HRハイブリッドの平均実燃費:20-22km/L

 C-HRの燃費は気温が低いほど悪く、気温が高いほどよくなる傾向にありますが、例外としてエアコン=電気=燃料を大量に消費する夏は冬に次いで悪くなります。

 これを図にすると、以下のようになります。

燃費悪い:冬 < 夏 < 秋 <春:よい

 

C-HRの最新モデルチェンジ

・2017年11月2日 特別仕様車“LEDエディション”発売

 トヨタは11月2日、C-HRに設定した特別仕様車“LEDエディション”を全国のトヨタ店、トヨタカローラ店、トヨペット店、ネッツ店で発売しました。

 今回の特別仕様車“LEDエディション”は、光源すべてをLED化した大型ヘッドランプに加え、シーケンシャルターンランプ(いわゆる「流れるウィンカー」)を特別装備、近未来的なイメージを演出しました。

 さらにはリヤコンビネーションランプもLED化、アウトサイドドアハンドルのメッキ加飾と組み合わせたことで感性に訴えかけるC-HRのデザインに磨きをかけています。

 ボディカラーにはブラック×センシュアルレッドマイカ等2トーンカラー4パターン、メタルストリームメタリック等モノトーン4カラーの全8タイプを設定、カーライフスタイルに合わせたチョイスが楽しめます。

・希望小売価格(消費税込み)
2,540,400-2,929,200円

 

C-HRの競合車は?

・マツダ CX-5

 車のサイズは一回り大きいのですが、価格はC-HRの上級グレードとダブることや、同時期にフルモデルチェンジされたことなどで比較されることの多いモデルです。

 室内スペースと荷室スペースは当然のようにC-HRを上回り、動力性能も1クラス上の貫禄を見せつけます。

 あとはスタイリングの好みとなりますが、最近のマツダ車のデザインは非常に良くて質感も高いのです。

 C-HRに負けているのは燃費だけというところです。

CX-5の限界値引きはこちら

・マツダ CX-3

 マツダのSUVで、クラス的にC-HRに近いのはこのCX-3。

 SUVとしては全高の低いスタイリッシュなデザインも似た方向性と見てとれます。

 自慢の1.5Lクリーンディーゼルエンジンはホンダヴェゼルに比べると割高なので不利でしたが、C-HRに比べると安く感じてしまいます。

 また、走行性能には定評があり、Gベタリングを装備していたり、ディーゼルエンジンのノイズを打ち消すなどの地道な改良も加えられその魅力は常にキープされています。

CX-3の限界値引きはこちら

・ホンダ ヴェゼル

 C-HRの当面のライバルとされたのが、国内のSUV販売台数トップとなっていたヴェゼルです。フィット譲りの使い勝手がSUVに乗るかべを低くして大ヒットとなりましたが、C-HRの登場でかなり台数を食われたようです。

 それでも年配の方や主婦層がC-HRを選ぶ可能性は低く、やはりこのヴェゼルの評価は下がることはありません。

 今はC-HRに抜かれていても、飽きの来ないスタイリングはいずれC-HRの人気に追いつくはずです。

ヴェゼルの値引きはこちら

 

新型C-HRの限界値引き交渉術!

トヨタ同士で競合させる

 C-HRは、トヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店の全販売店で取り扱いがあり、C-HRという車種名もスペック、ディーラーオプションもすべて同じです。

 そこで、C-HRの見積もりをとる時、グレードやオプションを同じにすれば、どの販売店でも見積もり金額は(理論上)まったく同じになるため、販売店ごとの値引き金額がハッキリわかります。

 時間が許せば(経営資本の違う)すべての販売店で見積もりをとって、手っ取り早く済ませたいならその中で一番安い販売店から買ってもいいですし、更に値引き交渉を進めて最大限の値引きを目指すのも可能です(管理人はこちらがおススメ!)。

 同じトヨタでも、販売チャンネルが違えば経営資本が違うため、お互いにライバルですから、うまく競合に持ち込むことで最大値引きを達成してC-HRを少しでも安く購入しましょう。

 

4WDやパワーの違いで交渉を進める

 他メーカーのライバル車と競合させる場合、ホンダのヴェゼルやマツダのCX-3、スズキのエスクード等を引き合いに出すのも一策です。

 これらの車種には4WD車があり、C-HRにも4WD車はありますが、1,200㏄のターボエンジンなので燃費や排気量、パワーにやや不満が残ります。

 更にマツダのCX-3には、トルク感あふれるディーゼル車も用意されている事から、パワー面の不安からこれらの車種を値引き交渉にチラつかせるのも効果的です。

 C-HRは街乗り性能を重視しており、トルクやパワーと言ったアウトドア性能でやや引けをとるものの、ディーラーとしても「ではそちらのクルマをどうぞ」とはなかなか言えない手前、値引きで勝負してくる可能性も十分にあります。

 更にアウトドアに欠かせないラゲージルームの広さなどもアピール、いかにディーラーに「性能面での引け目&でも頑張れば何とか勝てる感」を与えるかがポイントとなります。

 

オプションから値引きを引き出す

 さて、C-HRの値引き交渉も大詰めとなって来て、あるいは車両本体価格からの値引きが渋い場合は、オプションからの値引きを狙うのも手です。

 オプションからの値引きには、純正ナビなど高価なオプションから値引きしてもらう方法や、フロアマットやメンテナンスパックなど、細かいオプションをまとめて値引きor無料にしてもらう方法などがあります。

「ネッツ店はアレを30%値引きしてくれるって言っている」「トヨペット店はオプションの工賃を無料にしてくれた」など、先ほど紹介したトヨタ同士を競合させる値引きテクニックと合わせることで、最大限の値引き金額を引き出しましょう。

 

C-HRの各グレードのリセールバリューは?

 トヨタC-HRの新車から2年経過後の各グレードのリセールバリューです。

 どのグレードが2年後に高く売れるのか?グレード選びの参考にしてください。

C-HRのグレード名 2年後の買取相場 当時の新車価格 リセールバリュー
1.8 S 203万円 2,646,000 76.7%
1.8 S "LED Edition" 216万円 2,670,000 80.8%
1.8 G 233万円 2,905,200 80.2%
1.8 G "LED Edition" 238万円 2,929,200 81.2%
1.2 S-T 4WD 206万円 2,516,400 81.8%
1.2 S-T "LED Edition" 4WD 208万円 2,540,400 81.8%
1.2 G-T 4WD 241万円 2,775,600 86.8%
1.2 G-T "LED Edition" 4WD 242万円 2,799,600 86.4%

 

 全体的に高水準で横並びとなっているC-HRのリセールバリューですが、初期費用の安いガソリン車(S-T、G-T系。いずれも1,200㏄・4WD)の方が相対的に高リセールとなる傾向が見られます。

 また、ガソリン車の中でも装備がより充実した上級グレードのG-Tに人気が集まっており、それが買取相場にも反映されているのがわかります。

※C-HRの買取相場は常に変動しますから、実際に売却される際は、買取店での査定をおススメします。

 

新型C-HRを残価設定ローンで購入すると?

 トヨタC-HRを残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

C-HR ハイブリッドG
車両本体価格 2,905,200円
車両本体値引き ▲250,000円
メーカーオプション価格 32,400円
ディーラーオプション価格 284,364円
ディーラーオプション値引き ▲56,000円
諸費用 113,777
支払総額 3,326,330円
頭金 0円
ローン元金 2,968,884円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 3.90% 3.90%
初回 48,816円×1回 43,609円×1回
2回目以降 48,400円×34回 38,800円×58回
最終回(残価) 1,539,756円×1回
53.0%)
1,074,924円×1回
(37.0%)
金利を含む支払総額 3,496,648円 3,631,409円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

 

下取り車があれば、さらに新車が安く買える

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙さるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

●当サイト新車購入参考リンク

  • 限界まで車を高く売る方法
  • 新車を安く買う!新車値引き交渉の仕方
  • 新車購入・新車の買い方
  • 車維持費の節約方法
  • 車のガラスコーティングなら神奈川の早野ぴっかり工房へ

  • パーツ・カー用品を通販で安く買うなら!
  • -- C-HR --
    モデルチェンジ情報


    モデルチェンジ予想
    2018年5月7日
    一部改良
    モデルチェンジ推移
    2017年11月2日
    特別仕様車「LED Edition」
    2017年8月2日
    ツートーンカラーを追加
    2016年12月14日現行モデル登場日最新モデルチェンジ日
    C-HRを発売

     

    新車値引き情報!

    トヨタ新車値引き情報

    レクサス新車値引き情報

    日産新車値引き情報

    ホンダ新車値引き情報

    マツダ新車値引き情報

    三菱新車値引き情報

    スバル新車値引き情報

    スズキ新車値引き情報

    ダイハツ新車値引き情報

    スポンサーリンク

    ↑ PAGE TOP