アクアの値引き、新車値引き情報

トップ車値引きオールアルバムトヨタ新車値引き情報>アクア値引き

新型アクアの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

トヨタアクアから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、リセールバリューの高いアクアのグレード、アクアは立体駐車場に入るのか?アクアの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローンで月々いくらでアクアが買えるのか?など、アクア購入の参考にしてみてください。

 

アクア取り扱いディーラー

トヨタ店 トヨペット店 ネッツ店 カローラ店

アクア月販目標台数:10000台

 

新型アクア今月の値引き相場

18万円(車両からの値引き)

オプション値引き相場20~30%引き

20~25万円(オプションからの値引きを含む限界値引き)

現行アクアの値引きは、過去最高レベルまで達しています。人気モデルなのでディーラーの値引きのガードは固めですが、トヨタディーラー同士の競合で値引きは拡大するでしょう。

 

新型アクアの値引き達成難易度は?

アクア値引き難度:普通

アクア登場から丸6年が経過して、値引きは緩んでいます。目標値引き達成までは、デミオやスイフト、ノートとの競合や、トヨタディーラー同士の競合で目標値引きを達成できるでしょう。

 

アクアの安全装備・システムは?

 

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者 ×
クルーズコントロール 一定速型

 

新型アクアの納期は?

アクアの納期:1ヵ月~2ヵ月

アクアの納期は、現在落ち着いていて標準的な期間となっています。

 

新型アクアの価格は?

 

アクアのグレード名 価格(税込) 燃費(km/L)
1.5 L 1,785,240 38.0
1.5 S 1,886,760 34.4
1.5 S "Style Black" 1,979,640 34.4
1.5 G 2,052,000 34.4
1.5 G "ソフトレザーセレクション" 2,079,000 34.4
1.5 クロスオーバー 2,052,000 34.4

 

新型アクアは機械式の立体駐車場に入る?

アクアの車体寸法は、

全長4050-4070mm
全幅1695-1715mm
全高1440-1500mm

となっています。機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています。

アクアの全高は1440~1500mmなので、機械式の立体駐車場に停められる寸法となっています。

 

新型アクアの実燃費は?

渋滞を含む街中の燃費:19-20km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:28-29km/L
高速道路の燃費:27-28km/L
アクアの平均実燃費:23-25km/L

アクアの燃費性能は、季節によって以下のような傾向になります。

悪い:冬<夏<秋<春:良い

始動時にエンジンやハイブリッドシステムを早く温めようと、燃料を多く吹くため、冬の実燃費が一番悪くなります。次いでエアコンを頻繁に使う夏、そして秋、春の順で実燃費数字は良くなります。

 

アクアの最新モデルチェンジ

2017年11月21日 アクアGR SPORTを発表

 トヨタはアクアなど4車種にスポーティグレード「GR」の導入を発表しました。

 「走り感」あふれるデザインはもちろん、パワーと操作レスポンスを両立した直列4気筒1.8Lエンジン、ボディの高剛性化や専用チューニングのザックス製アブソーバ、トルセンLSDによって路面との一体感を高め、路上でもサーキットのようなスポーツドライビングが楽しめるようになっています。

 アクアGR SPORTの発売は11月27日、全国のトヨタ販売店で税込み価格2,332,800-2,538,000円。

 

アクアの競合車は?

・日産ノートe-POWER

マイナーチェンジでノートe-POWERが設定されました。ガソリンエンジンで発電して、その電力を使ってモーターを駆動して走らせます。100%モーター駆動により、トルクフルな走りと力強いアクセルレスポンス、そして電動による優れた静粛性により、ノートの人気がとても高まっています。この人気のノートをぶつけてアクアの値引き交渉をしましょう。

ノートの限界値引きはこちら

・ホンダ フィットハイブリッド

アクアのライバルとして低燃費性能も互角な上に、センタータンクレイアウトの採用による広い室内スペースで圧倒.。しかもアクアには設定のない4WD車やガソリン1.3L車もあるラインナップの多さも魅力です。
最近はノートe-POWERなどの新型車の登場で販売台数も伸び悩んでおり、相見積もりを取るには最適の競合車ですから、アクアの値引き交渉の前には必ずホンダの販売店で値引きを引き出しておくことが重要です。

フィットハイブリッドの限界値引きはこちら

・マツダ デミオ

価格的にはハイブリッド車に近いのが1.5Lクリーンディーゼルエンジン搭載車の「XD」です。2.0L車並みの高トルクでハイブリッド以上の走行性能が期待出来ます。最近のマツダの値引きゼロ販売は徹底しており、現金値引きはまず不可能ですが、クリーンディーゼル車なら補助金がもらえるので、その額が値引きと考えてアクアの交渉に使いましょう。

デミオの限界値引きはこちら

・トヨタ ヴィッツハイブリッド

アクアとまったく同じハイブリッドシステムを搭載し、デビューしたてで話題性のあるのが武器。アクアより価格が低めの設定なので、その差額を埋める交渉が基本です。ポイントは取扱店がネッツ店だけということです。アクアも扱うネッツ店ではヴィッツハイブリッドだけの話をして、他店でアクアの交渉をした方が良いでしょう。

ヴィッツハイブリッドの限界値引きはこちら

 

新型アクアの限界値引き交渉術!

最近はさすがのアクアも販売台数も減少気味ですが、まだまだ月間1万台以上を売り上げる大ヒット車種ですから、そう簡単には値引きには応じてくれません。

値引き交渉するにはただ、「安くしろ」では相手にされません。交渉には具体的な根拠が必要となってきます。

それは競合車種の見積と値引き条件を元にして、アクアと比較する相見積もりが効果的です。

交渉は競合車との相見積もりが基本となりますが、何社もまわる必要はありません

例えばフィットハイブリッドの見積と値引きを引き出したら、あとは「他にも見てみたい車種がある」などと匂わせれば十分です。

それだけでアクアの営業マンは、「ノートもかな?」などと勝手に想定してくれます。

「フィットハイブリッドがこのような価格でこれだけ引いてくれる」という話しから交渉が始まります。「だからアクアはもっと引け」では出るはずの値引きも出なくなります。

アクアは、ライバル車より売れていて燃費も良いのですから値引く必要はないのです。「それでもお得ですよ」とやんわりと返されるのがオチです。

「でも交渉なんて苦手だし」と思われる方もいるでしょう。こちらは何年に一度かの交渉なのに、対する営業マンは日に何回も交渉をこなすプロなのですから、勝ち目は薄いです。

ではどうしたらいいかというと、時間を味方にすることです。営業マンは出来るだけ早く結論を欲しがります。しかし、こちらは急ぐ必要はありません。

「また今度」でも「来週にまた」でもいいのですが、約束になってしまうので、「検討しておきます」というのがもっとも効果的でしょう。

実はこの「検討」というのが営業マンが一番嫌がるセリフで、どうとでも取れるので断り文句でもあることから「検討」というセリフが出ないうちに、成約まで持ち込むのが理想とされています。

営業マンは「検討する」といって客が立つ前に、「どのようにしたら決めてくれるのか?」と詰め寄るはずです。

あるいは「今日決めて頂けるならこの条件で」と、条件を下げてくる可能性もあります。

貴方は何も言わず、営業マンが勝手に躍ってくれたらしめたものです。きっと良い値引き条件が提示されるでしょう。

一点、注意することがあるとするならば、アクアをとにかく欲しいという意思をしっかりと伝えておくことでしょうか。

「この人はアクアをほんとに好きなんだな、何とか買ってもらいたいな」と営業マンに思わせることが最大のポイントと言ってもいいかも知れません。

もし、良い条件が出なくて交渉が停滞したら、系列違いのトヨタディーラー同士の競合も試してみましょう。ネッツ店、トヨタ店、カローラ店、トヨペット店の四つ巴の競合も大変有効です。

 

アクアの各グレードのリセールバリューは?

アクアの新車から3年経過後の各グレードのリセールバリューです。

どのグレードが3年後に高く売れるのか?グレード選びの参考にしてください。

アクアのグレード名 3年後の買取相場 当時の新車価格 リセールバリュー
1.5 L 91万円 1,785,240 50.9%
1.5 S 107万円 1,886,760 56.7%
1.5 S "Style Black" 127万円 1,962,360 64.7%
1.5 G 115万円 2,062,800 55.7%
1.5 G "ソフトレザーセレクション" 128万円 2,089,800 61.2%
1.5 クロスオーバー 119万円 2,062,800 57.7%

 各グレードを調べてみると、特別仕様車である1.5S“Style Black”が最も高いリセールを実現していますが、充実した装備と価格のコストパフォーマンスに優れていることが人気≒買取相場に反映されたものと思われます。

 一方、最もリセールの低かった1.5Lですが、装備(スマートキーなし)などの見劣りから、他グレードと比べて人気がなく(そもそも新車も流通台数が少ない)、買取相場が下がってしまったものと思われます。

※買取相場は常に変動します。実際に売却される際は、買取店での査定をおススメします。

 

新型アクアを残価設定ローンで購入すると?

アクアを残価設定ローンで購入した場合の、月々の支払額です。

3年と5年でシミュレーションしてみました。

アクア1.5G  
車両価格 2,062,800円
メーカーオプション価格 32,400円
ディーラーオプション価格 164,160円
諸費用 114,437円
支払総額 2,255,205円
頭金 0円
ローン元金 2,319,840円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 4.9% 4.9%
初回 52,211円×1回 38,989円×1回
2回目以降 49,300円×34回 37,200円×58回
最終回(残価) 825,120円×1回
(40.0%)
447,444円×1回
(21.6%)
金利を含む支払総額 2,553,531円 2,671,033円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙さるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

●当サイト新車購入参考リンク

  • 限界まで車を高く売る方法
  • 新車を安く買う!新車値引き交渉の仕方
  • 新車購入・新車の買い方
  • 車維持費の節約方法
  • 車のガラスコーティングなら神奈川の早野ぴっかり工房へ

  • パーツ・カー用品を通販で安く買うなら!
  • -- アクア --
    モデルチェンジ情報


    モデルチェンジ予想

    当面の間予定なし

    モデルチェンジ推移
    2018年4月3日
    一部改良、特別仕様車「S“Style Black”」
    2017年11月21日
    グレード追加「GR SPORT」
    「GR SPORT 17インチパッケージ」
    2017年11月14日
    特別仕様車「S“Style Black”」
    2017年6月19日最新モデルチェンジ日
    マイナーチェンジ
    2016年5月12日
    特別仕様車「S“Style Black”」
    2015年11月4日
    一部改良、特別仕様車「X-URBAN Solid」
    2014年12月8日
    マイナーチェンジ
    2013年11月26日
    一部改良
    2013年5月31日
    一部改良
    2011年12月26日現行モデル登場日
    デビュー

     

    トヨタ アクア口コミ値引きサイト

    新車値引き情報!

    トヨタ新車値引き情報

    レクサス新車値引き情報

    日産新車値引き情報

    ホンダ新車値引き情報

    マツダ新車値引き情報

    三菱新車値引き情報

    スバル新車値引き情報

    スズキ新車値引き情報

    ダイハツ新車値引き情報

    スポンサーリンク

    ↑ PAGE TOP