ランドクルーザー200の限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

ランドクルーザー200の限界値引きとリセールバリューの高いグレードを紹介

ランドクルーザー200から限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、業者間オークションの相場から算出したリセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、ランドクルーザー200の納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、ランドクルーザー購入の参考にしてみてください。

当サイトはリンク・引用フリーです
当サイトのリンクやデータ・数字・記事内文章は、ブログやまとめサイト、SNSなどで引用OKです。その際は当サイト(夢あるカーライフ)のサイト名とURLを掲載の上ご利用くださいませ。
>>当サイトに掲載している情報やデータの根拠について

この記事の目次

ランドクルーザー取り扱いディーラー

トヨタ店

ランドクルーザー月販目標台数:250台

新型ランドクルーザー今月の値引き相場

ランドクルーザー値引き難度:緩い
車両本体からの値引き目標:38万円
オプションからの値引き目標:20~30%
オプション値引きを含んだ限界値引き:45~55万円

ランドクルーザーは現在モデル末期のため、大胆な値引き交渉が可能となっています。

ランドクルーザーの値引き交渉では、国内には適当なライバル車が見当たらないため、新車や中古の輸入SUVとの競合で揺さぶりを掛けましょう。

中古輸入車の候補としては、BMWのX5やベンツのGLE、アウディのQ5、ポルシェのカイエンなどが候補に挙がります。

国内でしいて競合車を挙げるなら、レクサスのRXが価格帯でバッティングします。

また、別経営のトヨタ店が行ける範囲にあるなら、最後はランドクルーザー同士の競合に持ち込むことも可能です。

車両本体からの値引きが難しくなったら、オプションや諸費用からの値引き、下取り車があるならその高額買取によって限界までお得感を引き出しましょう。

ランドクルーザーの1年間の値引き推移

ランドクルーザーの1年間の値引き推移

実際の値引きはいくら?ランドクルーザーの実例値引き

1年間の実例値引き件数=11件
ディーラーオプション額の平均:33.8万円
オプションを含んだ1年間の平均値引き:40.9万円

※実例値引きは、毎月価格コムやツイッターなどネット上・SNS上での口コミ収集と、当サイト(夢あるカーライフ)に寄せられる値引き報告を含めたものです。

毎月コツコツと情報収集しているランドクルーザーの実例値引きは、1年間で件の値引き口コミが集まりました。

11人のユーザーが付けたディーラーオプションの平均額は33.8万円、そのオプションからの値引きを含めた値引き総額の平均は40.9万円となりました。

ランドクルーザーの限界値引き交渉術!

値引きの神様にお願い

コアなファンの多いランドクルーザーは、競合車をいくつか挙げてみましたが、ディーラーに行く時点では、最初から「ランクルを買う!」と決めてくる人が圧倒的に多いです。

価格帯もスペックもランクルの持つ歴史も含めて、対等に比較できる車種のいない、オンリーワンのモデルゆえの特殊なケースになります。

そんな特殊な車種ですから値引き交渉も通常とは異なり、価格で比較するのは輸入中古SUVやレクサスRXなどが多いようです。

いくら引くかというより、どっちがいいかという話しが主となり、マニアックな話題が尽きないので、ディーラー側が早く本題に入りたいために値引きを提示したり、オプションのサービスを持ちかけてくのです。

とはいえ、車両価格だけでも400万円台後半~500万円を越え、オンライン見積もりをしてみると、中間グレードの「AX」の支払い総額は約544万円にもなりますから、500万円を切るような交渉はしたいところ。

あるいは、10.8万円のムーンルーフ、21万円のエアロキット、または7万円近くもするフロアマットをサービスさせてもいいでしょう。

オプションも割高なので、後で買い足すよりも購入時のどさくさに紛れてサービスさせるのもありです。

下取り車はしっかりと高値で売却する事

また、この位の価格帯の車を購入する際には、それなりの下取り車があるケースがほとんど。

値引き交渉の時には下取り査定価格と、車両本体からの値引きはきちんと分けて提示させるようにしましょう。

さらに、ディーラーでの交渉前に、買取り専門店で査定してもらい、愛車の相場を知っておくことで、ディーラーの査定額の的確さを図ることが出来ます。

下取りが200万円で値引きが40万円だと言っても、実際には下取り車が220万円で、値引きは20万円程度ということはよくあるケースです

下取り車の価値をしっかりと見定めてから、ランドクルーザーの値引きを含めて損得勘定をしましょう。

コウさん
コウさん

ランドクルーザーの値引きポイント

ランドクルーザーは値引きのガードが固めだ。しかし、モデル末期と言う事もあり交渉次第で限界値引きも見えて来るぞ。値引きの合計40万円以上の実例が出ているので、しっかりと交渉して限界値引きを目指そう!

下取り車を損なく売って値引きを最大化する!

下取り車を本来ある中古車相場の上限で売って、さらに値引きもMAXまで引き出せれば、これ以上ないお得な車の買い替えに成功していると言えます。

ただ、値引きで成功したと思っても、下取り車で損してしまう人がとても多いのが現状です。

損してしまう多くの例として「これ以上の値引きは見積書に出せないので、下取りの方で調整させてください」と言われる事です。

ここで、当初の下取り額から5万でも10万でもアップすれば、「10万もアップするなら、その分支払額が減るのでかなりの得だな」と思ってしまい、多くのユーザーはそのまま契約してしまうでしょう。

ただ、その当初の下取り額が本来の中古車相場を反映した物なら問題ありませんが、そうじゃない場合、逆に5万、10万を簡単に損してしまう状況になります。

10万円アップしても、本来の中古車相場から見たら「まだまだ、あと20万は行けるでしょ?」などと言う事例は数多くあります。

しかし、一般ユーザーは中古車相場を的確に見分ける事が難しいので、多くの人が下取り車で損をしてしまうのが現状です。

下取り車で損=10~20万円以上の損失を避けるためには、1店舗でもいいので「買取店に査定してもらう」事です。

買取店はディーラーと違い、実際の中古車相場(業者オークション相場)から査定額を算出するので、買取店の査定額と比較すれば、ディーラーの下取り額が妥当なのか?判断する事が出来ます

また、事前に下取り車の相場が分かれば、買い替えの予算も検討出来るでしょう。

おすすめは下記の査定サイトです。買取店の査定は無料、さらに無料で出張査定にも来てくれます。

ネットで申し込み後に、おおよその査定相場もすぐに分かります。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずランドクルーザーの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

ETC

ランドクルーザーの純正ETC

  • ETC車載器(ベーシック) 10,800円
  • ETC車載器(ボイス) 14,040円
  • ETC車載器(ボイス、ナビ連動) 17,280円
  • ETC2.0ユニット(ボイス) 24,840円
  • ETC2.0ユニット(ナビ連動) 32,400円

社外品ランドクルーザー用ETC

・純正品との差額 0.5万~1.8万円以上

ランドクルーザーのETCを上記の社外品に変えると、純正品との差額で5千円から2万円近くの割安となり、それだけ値引き効果を手間なく得られます。

ETCや電装系の取りつけは知識がないと厳しいため、ランドクルーザーの新車購入時に他の社外品と一緒にディーラーへ持ち込み、工賃サービス又は値引きを交渉したいところです。

フロアマット

ランドクルーザーの純正フロアマット

  • RVバケット(5人乗り)33,480円/(8人乗り)41,040円
  • エクセレント(5人乗り)56,160円/(8人乗り)69,120円

社外品ランドクルーザー用フロアマット


・純正品との差額 1.5万~5.0万円以上

ランドクルーザーのフロアマットに上記の社外品を選ぶことで、純正品の定価に対する差額約1.5万~5万円が割安となり、値引き交渉の手間なしにランドクルーザーの支払総額を下げられます。

こちらの社外品フロアマットは安くても品質面で純正品に見劣りするものではないため、相対的にコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

取りつけも簡単ではありますが、2列シート5人乗りならともかく、3列シート8人乗りともなるとその広さで結構な重労働となってしまうため、新車でランドクルーザーを購入するタイミングでディーラーにお願いすれば、たいてい気持ちよく工賃サービスでやってくれるでしょう。

ドアバイザー

ランドクルーザー純正ドアバイザー

  • サイドバイザー(RVワイド) 32,400円

社外品ランドクルーザー用ドアバイザー


・純正品との差額 2.7万円以上

ランドクルーザーにこの社外品ドアバイザーを装備することで、純正品(定価)との差額分が値引きしてもらったのと同じ価値となります。

ドアバイザーは自分で取りつけてもいいですが、面倒な方や工作系が苦手な方は、ランドクルーザーを新車購入するタイミングで他の社外品と一緒にディーラーへ持ち込み、工賃のサービスor値引きを交渉するのがいいでしょう。

ドライブレコーダー

ランドクルーザー純正ドライブレコーダー

  • カメラ一体型ドライブレコーダー 21,060円
  • カメラ一体型ドライブレコーダー(ナビ連動) 42,660円
  • カメラ別体型ドライブレコーダー(ナビ連動) 62,100円
  • カメラ別体型ドライブレコーダー(スマホ連動) 62,100円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 1.5万~5.6万円以上

最近、報道などによって注目されてきた「あおり運転」など交通トラブル対策として需要が急伸しているドライブレコーダーですが、ここでも割安な社外品を選ぶ事によってランドクルーザーの総支払額を下げられます。

ドライブレコーダーや電装系パーツの取りつけは知識がないと厳しいため、ランドクルーザーの新車購入時であれば、ディーラーで取りつけ工賃の無料サービスor値引きを契約条件に盛り込みたいところです。

コウさん
コウさん

ランドクルーザーの値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

ランドクルーザーの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール全車速追従型

ランドクルーザー200の納期は?

ランドクルーザーの納期1~2ヶ月

ランドクルーザー200の納期は通常どおり、1~2ヶ月の納車期間となっています。

ランドクルーザーの価格と各グレードのリセールバリューは?

価格と各グレードのリセールバリューは?

ランドクルーザーでは、どのグレードが売却時により高く売れるのか?2年落ちオランドクルーザーのリセールバリュー(残価率)を、グレードごとに調査しました。

※2年落ち走行2万キロ前後、修復歴なし、色白黒、年式なりの車両状態のデータです

ランドクルーザーのグレード名2年後の買取相場新車価格(円)リセールバリュー
4.6 GX [5人乗り]455万円4,826,80096.2%
4.6 AX [8人乗り]499万円5,247,00097.0%
4.6 AX “Gセレクション” [8人乗り]542万円5,979,60092.4%
4.6 ZX [8人乗り]711万円6,974,000104%

2年落ちランドクルーザー(マイナーチェンジ後のモデル)のリセールバリューの傾向は、2年落ちながらいずれも高リセールで推移しています。

リセールバリューが100%を超えているZXは、高価なメーカーオプションナビ等が付いているので、リセールでは新車価格を超えていますが、実際には新車購入価格より高く売れている訳ではありません。

ZXには、ほとんどの車両でメーカーオプションナビやリヤエンターテイメントシステムが付いているので、付いていない車両のリセールは落ちるかもしれません。

ランドクルーザーの人気グレードとリセールバリューから見たおすすめのグレードは?

ランドクルーザーの売れ筋人気グレードは「4.6 ZX」の流通台数が一番多く、売れ筋の人気グレードとなっています。

次に売れ筋のグレードは、「4.6AX」となっています。

リセールバリューから見たおすすめグレードは【4.6 ZX】

リセールバリューから見たランドクルーザーのおすすめグレードは、最上級グレードの4.6ZXです。

メーカーナビやリヤエンターを省けば、おおよそ他グレードと同等の90%台のリセールが予想されますが、やはりランクルで人気のグレードはZXです。

今後輸出相場によって、高値の査定相場に該当するチャンスが高いのもZXと言えるでしょう。

初期の購入費用は高いですが、所有感を満たしてくれ、さらに高値売却も期待出来るので、おすすめのグレードとなります。

出来るだけ初期費用は抑えたい、のであれば4.6AXがおすすめです。

予算と相談して4.6AX Gセレクションを選んでも良いでしょう。

リセールバリューから見たランドクルーザーのおすすめカラーは?

リセールバリューから見たおすすめのカラーは、「ホワイトパールクリスタルシャイン」と「ブラック」の2色です。

他色と比べて40万円以上リセールが高いので、こだわりの色が無ければ、また乗り潰す前提でなければ、無難な上記2色がおすすめカラーです。

リセールバリューから見たランドクルーザーのおすすめオプションは?

  • 電動ムーンルーフ

ランドクルーザーの中古車市場では、国内・海外含めて人気の装備なので、出来れば付けておきたいオプションです。

メーカーオプションのため、後から付ける事が出来ないので価値が高くなり、売却時はオプション代金以上のプラス査定が期待できます。

  • メーカーオプションナビ(マルチテレインモニター)

ランクルほどの高級車になると、高価なメーカーオプションナビの需要が高く、リセールバリューも良くなります。

比較的高年式での売却なら、メーカーナビの評価が高く査定相場も高くなりますが、10年以上長く乗るならメーカーナビの価値も落ちていくので、載せ替えが簡単なディーラーオプションナビや社外ナビでも良いでしょう。

  • モデリスタエアロ

オプション代金の元までは取れませんが、オークション相場を見ていて高いと思う車両には、モデリスタのエアロが付いている事が多いです。

プラス査定幅は大きいので、予算と好みで選択するといいでしょう。

下取り車があるなら相場を調べておこう

値引き相場や欲しいグレードが決まってこれからディーラー巡りをするなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るでしょう。

買取店の査定はもちろん無料、さらに無料で出張査定にも来てくれます。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。


ランドクルーザーは機械式の立体駐車場に入る?

トヨタ ランドクルーザーの車体寸法は以下の通りです。

全長4,950mm
全幅1,980mm
全高1,870-1,925mm

ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています。(横幅は1,850mm)

ランドクルーザーの全高は1,870-1,925mmなので、残念ながらハイルーフ非対応の機械式立体駐車場には停められません

ただ、ハイルーフ対応の立体駐車場には入る場合もあるので、事前に駐車場の寸法や問い合わせるなどして、確認しておきましょう。

ランドクルーザーの実燃費は?

カタログ燃費:6.7km/L

渋滞を含む街中の燃費:3-5km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:6-8km/L
高速道路の燃費:7-9kmL/
ランドクルーザーの平均実燃費:6-7km/L

ランドクルーザーの燃費はその車格からあまり良好とは言えませんが、急発進・急停止を控え、アクセルワークをやさしくするなどのエコドライブによって多少伸ばすことが出来ます。

また、燃費は気温の影響が大きく、寒いほど悪くなる一方で、夏はエアコンを使うため電気=燃料の消費が多く、冬の次に燃費が悪くなりがちです。これを図にすると、以下のようになります。

燃費悪い:冬 < 夏 < 秋 <春:よい

ランドクルーザーの最新モデルチェンジ

・2017年7月20日 ランドクルーザーを一部改良

今回の一部改良では、ランドクルーザーシリーズの最上級モデルらしいハイグレード感をより高めるべく、サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラーや、ステアリングの自動スライドによってスムーズな乗降りをサポートするパワーイージーアクセスシステムを採用。

さらに、ヒッチメンバーの全車オプション設定により、トレーラー等の牽引を可能とした他、インテリアカラーへのニュートラルベージュ採用、ランドクルーザーのロゴを入れたスマートキーも導入しています。

ランドクルーザーのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

2020年8月 フルモデルチェンジ

モデルチェンジ推移

2017年7月20日一部改良
2016年8月29日特別仕様車「G-FRONTIER」
2015年8月17日マイナーチェンジ
2014年8月25日特別仕様車「ZX Bruno Cross」
2013年1月8日一部改良
2011年12月19日マイナーチェンジ
2010年7月13日特別仕様車「60th Black Leather Selection」「G 60th Black Leather Selection」グレード追加「GX」
2009年4月16日一部改良
2007年9月18日フルモデルチェンジ
2006年4月特別仕様車
2005年4月20日マイナーチェンジ
2003年8月一部改良
2002年8月マイナーチェンジ
2000年5月一部改良
1999年8月一部改良
1998年1月19日デビュー

 

コウさん
コウさん

ランドクルーザーの値引きポイント

今後、ランクルが改良やモデルチェンジされるタイミングで、現行モデルの値引きが拡大するぞ。新しいモデルに拘らなければ、現行モデルを限界値引きで購入出来るチャンスだ!

ランドクルーザーの競合車は?

三菱 パジェロ

三菱パジェロ

ランクルのライバルと言えば、パジェロが思いつきますが、80年~90年代に大ヒットした後は国内の販売台数も減少しています。

しかし、現行モデルもクリーンディーゼル車や、ショートボディなど、ランクルとは一味違うオフローダーとして根強いファンもまだ多く存在する車種です。

400万円前後が中心となる三菱ディーラーで一番の利益車種であるため、値引きは柔軟に対応してくれ、40~50万円ほどは期待していいでしょう。

その値引き条件をランドクルーザーにぶつけて交渉します。

パジェロの限界値引きはこちら

レクサス RX

レクサスRX

シティユースがメインのRXには、本格RVのランドクルーザーとは性格が違いすぎますが、実際には両車とも候補に車種選びをするユーザーも少なくありません。

コアなランクルファンではなく、高級SUVを求めている層の中では競合出来るので、RXも検討している事をセールスマンに伝えれば、値引き交渉で効果が得られるかもしれません。

RXの限界値引きはこちら

ジープ グランドチェロキー

ジープグランドチェロキー

ランドクルーザークラスの輸入車というと、GLEやディスカバリーといった700万円台から1000万円超の高額車になり、割高イメージのランドクルーザーでさえ安く見える車種ばかり。

その中で比較的手頃で、SUVファンにも文句ないと思わせるのが、4WDの老舗「ジープ」のグランドチェロキーです。

悪路走行性は言うまでも無く、ブランド最高級の装備を誇り、しかも400万円台から選べるので、ランドクルーザーの購入前に検討する価値はあるでしょう。

新型ランドクルーザーを残価設定ローンで購入すると?

ランドクルーザーを残価設定ローンで購入した場合の月々の支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

グレード名ランドクルーザー 4.6ZX
車両本体価格6,836,400円
車両本体値引き▲300,000円
メーカーオプション価格32,400円
ディーラーオプション価格404,125円
ディーラーオプション値引き▲80,000円
諸費用362,267円
支払総額7,628,280円
頭金0円
ローン元金6,955,706円
支払回数36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利4.90%4.90%
初回99,217円×1回85,595円×1回
2回目以降97,600円×34回83,800円×58回
最終回(残価率)4,375,296円×1回
(64.0%)
3,281,472円×1回
(48.0%)
金利を含む支払総額8,124,367円8,558,921円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。また、販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

コウさん
コウさん

ランドクルーザーの値引きポイント

残価設定ローンで購入すると、据え置く残価にまで金利が掛かるので、支払う金利手数料は多くなってしまう。しかし、その分クレジット会社からディーラーへ入るバックマージンは多くなるので、値引きが甘くなるんだ。残クレでランドクルーザーを買うなら、限界まで値引きを引き出して、金利分を回収しよう!

下取り車の金額で絶対に損しないためにすること【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約につなげる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円の差額・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも査定してもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分ほどの入力で買取店への査定申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

新車購入・車売却の人気記事

ツイッターで最新のリセールや値引きの大きいお買い得な新車などつぶやいています。フォローしてくれるとうれしいです!

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】今あなたの車がいくらで売れるのか?オークション相場から調べて査定額をお伝えする無料サービスです 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!1台1台オークション相場から調べて今の買取金額をお伝えする無料サービスです ※...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...