エスクァイアの値引き、新車値引き情報

トップ車値引きオールアルバムトヨタ新車値引き情報>エスクァイア値引き

■ エスクァイアの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート


 トヨタ エスクァイアから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、リセールバリューの高いエスクァイアのグレード、エスクァイアは立体駐車場に入るのか?エスクァイアの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローンで月々いくらでエスクァイアが買えるのか?など、エスクァイア購入の参考にしてみてください。

 

エスクァイア取り扱いディーラー

トヨタ店 トヨペット店
エスクァイア月販目標台数:2300台

 

新型エスクァイア今月の値引き相場

エスクァイア値引き難度:緩い~普通
車両本体の値引き:28万円値引き
オプション値引き:20~30%値引き
エスクァイア限界値引き:35~45万円値引き

 トヨタ エスクァイアの値引きは、以前の強気とは打って変わって、何もしなくても20万円くらい値引きしてくれる事も多くなりました。

 しかし、それは「これだけ値引きしたのだから即決して欲しい」という攻めの姿勢と同時に「それだけ値引きしても、まだ利益が出る金額を上乗せしている」という内情を物語っており、これしきで満足してはいけません。

 エスクァイアの値引き交渉では他メーカーライバル車との競合で値引き条件を引き出し、最後は同じトヨタ3兄弟(ヴォクシー/ノア/エスクァイア)の「巴戦」で決着をつけるのがセオリーとなります。

 値引き交渉の競合ライバルとしては、日産セレナやホンダのステップワゴン、それらのハイブリッド車(セレナならe-POWER)などが候補に挙がりますので、これらのディーラーもじっくり回って、相性の良いセールスマンからより好条件の値引きを引き出していきましょう。

 

エスクァイアの安全装備・システムは?

 

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者 ×
クルーズコントロール 定速型

 

新型エスクァイアの納期は?

エスクァイアの納期:1ヵ月~2ヵ月

 トヨタ エスクァイアの納期は、グレードによって1~2ヶ月の納期となっています。
※納期はグレードやオプション、受注・販売状況などによって前後するため、実際の納期については、トヨタ販売店までお問い合わせください。

 

新型エスクァイアの価格は?

 新型エスクァイアのグレードと価格(税込)、燃費(㎞/L)を一覧表にまとめました。

エスクァイアのグレード名 価格(税込) 燃費(km/L)
1.8 ハイブリッド Xi <7人乗り> 3,151,440 23.8
1.8 ハイブリッド Gi <7人乗り> 3,300,480 23.8
1.8 ハイブリッド Gi "プレミアムパッケージ" <7人乗り> 3,358,800 23.8
2.0 Xi <8人乗り> 2,675,160 16.0
2.0 Xi <7人乗り> 2,705,400 16.0
2.0 Xi "サイドリフトアップチルトシート車" <7人乗り> 2,864,000 16.0
2.0 Gi <8人乗り> 2,892,240 16.0
2.0 Gi <7人乗り> 2,922,480 16.0
2.0 Gi "プレミアムパッケージ" <7人乗り> 2,980,800 16.0
2.0 Xi <8人乗り> 2,880,360 15.0
2.0 Xi <7人乗り> 2,910,600 15.0
2.0 Xi "サイドリフトアップチルトシート車" <7人乗り> 3,054,000 14.8
2.0 Gi <8人乗り> 3,097,440 14.8
2.0 Gi <7人乗り> 3,127,680 14.8
2.0 Gi "プレミアムパッケージ" <7人乗り> 3,186,000 14.8

 

新型エスクァイアは機械式の立体駐車場に入る?

 トヨタ エスクァイアの車体寸法は、

 全長4,695mm
 全幅1,695mm
 全高1,825-1,865mm

となっています。ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています。(横幅は1,850mm)

 エスクァイアの全高は1,825-1,865mmなので、機械式の立体駐車場には停められません

 

新型エスクァイアの実燃費は?

【エスクァイアの実燃費】
 渋滞・街中の実燃費 8-10㎞/ℓ
 スムーズな一般道・幹線道路の実燃費 14-16㎞/ℓ
 高速道路の実燃費 17-19㎞/ℓ
 エスクァイアの平均実燃費 14-16㎞/ℓ

【エスクァイア ハイブリッドの実燃費】
 渋滞・街中の実燃費 12-14㎞/ℓ
 スムーズな一般道・幹線道路の実燃費 18-19㎞/ℓ
 高速道路の実燃費 20-21㎞/ℓ
 エスクァイア ハイブリッドの平均実燃費 15-17㎞/ℓ

 

 トヨタ エスクァイアの実燃費は気温に大きく左右され、一般に低いほど燃費は悪くなります。
 一方、エアコンを使う夏は電気=燃料の消費が大きく、冬に次ぐ実燃費の悪さとなります。
 そこで、エスクァイアの実燃費と気温=季節の関係はこうなります。

【実燃費悪い: 冬 < 夏 < 秋 < 春 :良い

 また、アクセルワークなど運転の仕方によってもエスクァイアの実燃費は大きく変わりますから、日頃から丁寧な運転を心掛けるといいでしょう。

 

エスクァイアの最新モデルチェンジ

・2017年7月3日 エスクァイアをマイナーチェンジ!

 トヨタはエスクァイアをマイナーチェンジ、全国のトヨタ店ならびにトヨペット店から7月3日に発売しました。

 今回のマイナーチェンジでは、エスクァイアの個性である「高級感」をより一層引き立てるスタイルへと進化を遂げ、センターコンソールボックスや助手席シートバックテーブル、充電用USB端子など使い勝手重視の車内装備を充実。

 さらにスライドドアの遮音性、ボディ剛性&ショックアブソーバー改良による静粛性&居住性の向上など、エスクァイアの魅力をより一層高めました。

 そして、エスクァイア専用シート表皮や加飾など、車内にハイグレード感あふれる最上級パッケージ「Giプレミアムパッケージ」を新たに設定しています。

 また、ベース車「Xi」にもパッケージオプションとして「サイドリフトアップチルトシート(セカンドシートが回転&前傾することで乗降が楽になる)」を設定、2017年10月の発売を予定しています。

希望小売価格(消費税込み)
2,675,160-3,358,800円

 

エスクァイアの競合車は?

・日産 セレナ

日産のセレナは新しい技術を次々に搭載をしてきています。
高速道路でもサポートをしてくれるプロパイロット機能や駐車をワンプッシュでサポートしてくれるインテリジェントパーキングアシストなど、新しくなる度に進化しています。

最近は上級志向な要素も取り入れてきているので、エスクァイアのライバル車として競合させる事で値引きを引き出せそうです。

セレナの限界値引きはこちら

・ホンダ ステップワゴン

5ナンバーミニバンのスタンダードと言っても良い歴史のある、ホンダのステップワゴン。

8つの先進機能(ホンダセンシング)も搭載されていて、安心且つ快適な運転を実現してくれます。

加速するミニバン競争に遅れる事なく人気も安定しており、エスクァイアのライバル車とも言えますね!

ステップワゴンの限界値引きはこちら

・デリカ D5

アウトドアなミニバンと言えば、三菱のデリカD5でしょう。
車高も高く、走破性もずば抜けているのでキャンプやアウトドア派のユーザーから愛されています。

最近では、値引き額も上がってきているので値引き対決をする上ではエスクァイアとの競合も有効になります。

デリカD5の限界値引きはこちら

 

新型エスクァイアの限界値引き交渉術!

エスクァイアの限界値引きを引き出すためには、兄弟車のノアとヴォクシーが有効と考えますが、上級志向の車種であるためノアやヴォクシーよりも、セレナやステップワゴンスパーダを競合でぶつけた方が、限界値引きを引き出しやすくなります。

又、エスクァイアの取り扱い店舗は「トヨタ店」「トヨペット店」となっているので、ディーラー同士の競合も効果がありそうですね。

エスクァイアのライバル車

エスクァイアと競合させる時に、一番適しているのは「セレナ」だと思われます。
日産では、新型セレナとして発売してからある程度値締めも落ち着いて、最近は値引き幅もかなり上がってきているので、値引き対決ではかなり有利になります。

※交渉を有利にするためには、セレナの見積もりを貰い、良い条件を日産から出して貰うとより交渉がしやすくなります。値引き額が載った見積書をもらえなければ、口頭で伝えてもOKです。

交渉例

実際に交渉をする際は

➡︎「エスクァイアも良い条件だし、高級感も文句なしです。
ただ、今セレナもかなり好条件で提案して貰っていて、値引きは日産が上なんですよ。
安い方からとは言わないので、セレナよりは良い条件で購入したいと思っています。」

このような感じで、実際に見積もりを相手に見せて、値引きの上乗せを狙いましょう。
ここで、相手がしっかりと上乗せをしてくれば交渉は成功です!

トヨタ店対トヨペット店

前述のように、エスクァイアはトヨタ店とトヨペット店の競合も効果的です。
どちらもライバル視して、より販売台数を上げたいと思っているディーラー同士なので、あと少し値引きをして貰えるなら決めたい!という場面では、この競合を利用してみましょう。

交渉例

仮に、トヨタ店で交渉をして行き詰まった状況だとしたら

(トヨペット店)

➡︎「今エスクァイアを検討しているのですが…」

トヨペット「有難う御座います!現車はご覧になりますか?」

➡︎「いえ!もうすでにトヨタ店で見積もりは貰っていて、あと少し値引きして貰えれば購入したいと思っています。
ただ、条件が行き詰まってしまったのでトヨペットさんで頑張って貰えるなら、ここで契約したいと思っていますがお願い出来ますか?」

こう交渉する事で、少しの値引き上乗せであれば対応してくれる可能性が高いので、試してみる価値は十分にありますよ!

 

エスクァイアのグレード別リセールバリューは?

 新車から3年経過したトヨタ エスクァイアの買取相場とリセールバリューを一覧表にしました。

 3年後、どのグレードがより高く売れるのか? グレード選びのご参考にどうぞ。

エスクァイアのグレード名 3年後の買取相場 当時の新車価格 リセールバリュー
1.8 ハイブリッド Xi <7人乗り> 227万円 3,151,440

72.0%

1.8 ハイブリッド Gi <7人乗り> 239万円 3,300,480 72.4%
1.8 ハイブリッド Gi "プレミアムパッケージ" <7人乗り> 241万円 3,358,800

71.7%

2.0 Xi <8人乗り> 200万円 2,675,160 74.7%
2.0 Xi <7人乗り> 202万円 2,705,400

74.6%

2.0 Xi "サイドリフトアップチルトシート車" <7人乗り> 205万円 2,864,000

71.5%

2.0 Gi <8人乗り> 210万円 2,892,240 72.6%
2.0 Gi <7人乗り> 212万円 2,922,480

72.5%

2.0 Gi "プレミアムパッケージ" <7人乗り> 213万円 2,980,800 71.4%
2.0 Xi <8人乗り> 4WD 206万円 2,880,360

71.5%

2.0 Xi <7人乗り> 4WD 209万円 2,910,600

71.8%

2.0 Xi "サイドリフトアップチルトシート車" <7人乗り> 4WD 214万円 3,054,000 70.0%
2.0 Gi <8人乗り> 4WD 218万円 3,097,440

70.3%

2.0 Gi <7人乗り> 4WD 221万円 3,127,680 70.6%
2.0 Gi "プレミアムパッケージ" <7人乗り> 4WD 224万円 3,186,000

70.3%


 3年落ちエスクァイアのリセールバリューは全グレード70%台となっており、これは3年落ち普通乗用車のリセールバリュー平均値の50~55%を上回っている事から、エスクァイアは買い替えに有利なクルマと言えます。

 その中でも、初期費用(購入価格)の安いグレードほど高リセールとなりやすい傾向があり(ハイブリッド車は概ね横並び)、エスクァイア購入時の参考となるでしょう。

※トヨタ エスクァイアの買取相場は絶えず変動しているので、実際にエスクァイアを売却する際は、買取店で査定して貰ってタイムリーな買取相場を把握しておきましょう(面倒だからとディーラー下取りに丸投げするのは大損のリスクがあります)。

 

新型エスクアィアを残価設定ローンで購入すると?

 トヨタ エスクァイアを残価設定ローンで購入した場合の、月々の支払額を3年と5年でシミュレーションしてみました。

エスクァイア 1.8 ハイブリッド Gi <7人乗り>
車両価格 3,300,480円
車両値引き ▲280,000円
メーカーオプション価格 32,400円
ディーラーオプション価格 198,720円
ディーラーオプション値引き ▲39,000円
諸費用 115,007
支払総額 3,327,607円
頭金 0円
ローン元金 3,327,607円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 4.90% 4.90%
初回 58,202円×1回 44,996円×1回
2回目以降 56,400円×34回 43,500円×58回
最終回(残価) 1,617,235円×1回
(49.0%)
1,221,178円×1回
(37.0%)
金利を含む支払総額 3,987,550円 4,183,687円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。 また、販売店の金利によっても支払額は変わります。
 上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。


下取り車があれば、さらに新車が安く買える

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙さるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

●当サイト新車購入参考リンク

  • 限界まで車を高く売る方法
  • 新車を安く買う!新車値引き交渉の仕方
  • 新車購入・新車の買い方
  • 車維持費の節約方法
  • 車のガラスコーティングなら神奈川の早野ぴっかり工房へ

  • パーツ・カー用品を通販で安く買うなら!
  • -- エスクァイア --
    モデルチェンジ情報


    モデルチェンジ予想
    当面の間予定なし
    モデルチェンジ推移
    2017年7月3日最新モデルチェンジ日
    マイナーチェンジ
    2016年1月6日
    一部改良、特別仕様車
    2014年10月29日現行モデル登場日
    エスクワイアを発売


    トヨタ エスクァイア口コミ値引き情報サイト

    新車値引き情報!

    トヨタ新車値引き情報

    レクサス新車値引き情報

    日産新車値引き情報

    ホンダ新車値引き情報

    マツダ新車値引き情報

    三菱新車値引き情報

    スバル新車値引き情報

    スズキ新車値引き情報

    ダイハツ新車値引き情報

    スポンサーリンク

    ↑ PAGE TOP