三菱デリカD:5の値引き、新車値引き情報

トップ車値引きオールアルバム三菱新車値引き情報>デリカD:5値引き

デリカD:5の限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

デリカD5の限界値引き

 このページでは、三菱デリカD:5の限界値引きを引き出すために有効な限界値引き交渉テクニックや、毎月のデリカD:5値引き目標金額、リセールバリューから見たデリカD:5のグレード選び、デリカD:5の基本データ(納期、実燃費、モデルチェンジ情報など)、残価設定ローンを組んでのデリカD:5購入シミュレーションなど、デリカD:5のお得情報を紹介しています。

 これを読んだ皆さんが、デリカD:5の限界値引きを達成できますように。

 

デリカD:5取り扱いディーラー

ミツビシ店
デリカD:5月販目標台数:1300台

 

新型デリカD:5今月の値引き相場

デリカD:5値引き難易度:甘い
車両本体値引き:25万円
オプション値引き:20~30%
デリカD:5限界値引き:35~45万円

 デリカD:5の値引き交渉は、他メーカーのライバル車と競合させて値引き条件を絞り込み、別経営の三菱ディーラーでデリカD:5同士の最終決戦に持ち込むのがセオリーです。

 値引き交渉の競合ライバルとして有力なのはヴォクシー3兄弟(トヨタのヴォクシー、ノア、エスクァイア)や日産セレナ、ホンダのステップワゴン、上級グレードを狙うならトヨタのエスティマやアルファード、日産エルグランドなども候補に浮上します。

 また、オプションを多くつけることで値引き率が上昇する傾向があるので、車両本体からの値引きが限界に近づいたら、タイミングを見計らって欲しい&手ごろなオプションを追加することで、更なる値引きを引き出していきましょう(最初から欲しいオプションをつけて=手の内を見せてしまうと、値引き交渉で不利となります)。

 他にも諸費用のカットや下取り車の活用(最初から下取り前提で臨まない)など、プラス要素はすべて駆使して限界値引きを勝ち取りましょう。

 

デリカD:5の安全装備・システムは?

 

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 定速型

 

新型デリカD:5の納期は?

デリカD:5の納期:1ヵ月~2ヵ月

 三菱デリカD:5の納期は、グレードによって1~2ヶ月の納期となっています。
※生産・受注状況や、一部仕様・オプション等の事情により、別途納期が前後する事もあるため、実際の納期については三菱ディーラーまでお問い合わせください。

 

新型デリカD:5の価格は?

 

デリカD:5のグレード名 価格(税込) 燃費(km/L)
2.0 M 240.8 13.0
2.0 G パワーパッケージ 276.2 13.0
2.0 G パワーパッケージ 276.2 13.0
2.4 M 4WD 285.6 10.6
2.4 G パワーパッケージ 4WD 317.7 10.6
2.4 G パワーパッケージ 4WD 317.7 10.6
2.2 D パワーパッケージ ディーゼルターボ 4WD 353.5 13.0
2.2 D パワーパッケージ ディーゼルターボ 4WD 353.5 13.0
2.4 G プレミアム 4WD 373.1 10.6
2.4 G プレミアム 4WD 373.1 10.6
2.2 D プレミアム ディーゼルターボ 4WD 405.5 13.0
2.2 D プレミアム ディーゼルターボ 4WD 405.5 13.0
2.2 ジャスパー ディーゼルターボ 4WD 374.8 13.0
2.2 アクティブギア ディーゼルターボ 4WD 393.7 13.0

 

新型デリカD:5は機械式の立体駐車場に入る?

 三菱デリカD:5の車体寸法は、

 全長4,790mm
 全幅1,795mm
 全高1,850-1,870mm

となっており、ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています(横幅は1,850mm)。

 デリカD:5の全高は1,850-1,870mmなので、機械式の立体駐車場には停められません。

 

新型デリカD:5の実燃費は?

【デリカD:5の実燃費】
 渋滞を含む街中の燃費:6-7km/L
 流れの良い一般道・幹線道路の燃費:10-11km/L
 高速道路の燃費:12-13km/L
 デリカD:5の平均実燃費:8-9km/L

【デリカD:5 ディーゼル車の実燃費】
 渋滞を含む街中の燃費:8-9km/L
 流れの良い一般道・幹線道路の燃費:12-13km/L
 高速道路の燃費:14-15km/L
 デリカD:5 ディーゼル車の平均実燃費:10-11km/L

 三菱デリカD:5の実燃費は気温によって大きく左右され、一般的に低いほど悪くなります(エンジン暖機に燃料を多く消費するため)。
 その一方で、夏はエアコンを使うため、電気=燃料を多く消費してこれも冬に次ぐ燃費の悪さとなりやすいです。
 これを図にすると、デリカD:5の実燃費は以下のようになります。

【燃費 悪い:冬 < 夏 < 秋 <春:よい

 その他、アクセルワークなど運転のソフトな方が燃費も良くなりますから、日頃からやさしく安全運転を心掛けましょう。

 

デリカD:5の最新モデルチェンジ

2017年10月26日 三菱デリカD:5に特別仕様車「CHAMONIX」登場!

 三菱は、デリカD:5発売10周年記念(累計販売台数約16.3万台)として、冬の特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」を設定。全国の三菱ディーラーを通して発売されました。

 今回の特別仕様車「CHAMONIX」は、ディーゼル車「Dパワーパッケージ」をベースに、白銀の世界をイメージしたシルバー色を内外装に散りばめ、クリアタイプのメッキリアガーニッシュやホワイト天井照明、専用スエード調人工皮革シートを採用することで冬らしい装いを調えました。

 他にも足元を力強く引き締めるダーククローム塗装の18インチアルミホイールや、「CHAMONIX」エンブレムや10th Anniversaryピンストライプの装着による特別感、ドアミラーやドアハンドル、フォグランプベゼルのメッキ加飾等によるハイグレード感を演出しています。

 ボディカラーにはウォームホワイトパール(有料カラー)、ダイヤモンドブラックマイカ、ウォームホワイトパール&スターリングシルバーメタリック(2トーン・有料カラー)の全3カラーを用意しています。

 また、インテリアにはスキー&スノボ等のウィンターレジャーに重宝する撥水機能付きの専用スエード調人工皮革シートを採用、心地よい手触りと滑りにくい立体的ボーダーキルティング形状による座りやすさを兼備しています。

希望小売価格(消費税込み)
特別仕様車3,656,880-3,834,000円

 

デリカD:5の競合車は?

・日産 セレナ

 先進的な安全技術を搭載した日産『セレナ』
 1991年から販売されており、非常に長い間愛されているミニバンです。

 2016年には、フルモデルチェンジがされ、最新技術である「プロパイロット」が装備されました。

 インテリジェントクルーズコントロールやハンドル支援といった機能が搭載されています。

 自動運転に近い操作性で、他のメーカーにはない日産独自の技術が人気の理由です。
 また、手を使わずにスライドドアの開閉ができる「ハンズフリー機能」も搭載され、使い勝手の良い一台となっています。
 このような使い勝手や安全面を引き合いに出して値引き交渉すると効果的です。

 家族で出かけることが多い方は、安全面を重視した値引き交渉がオススメです。

セレナの限界値引きはこちら

 

・トヨタ ヴォクシー

 便利な機能や装備を搭載したトヨタの『ヴォクシー』
 ロングスライドできるキャプテンシートやシートバックに設置されたシートバックテーブルなど、車内をより快適に過ごすことができる装備が多く取り付けられています。

 車内を広くできるシートアレンジが優れていますので、小さいお子さんであれば立ったまま着替えができたり、多くの荷物を載せることができたりと、使い勝手が非常に優れています。
 また安全性能も充実しており、ヴォクシーには「トヨタセーフティセンスC」が装備されています。

 万が一の時のために このような安全装備があると非常に安心です。
 ヴォクシーを競合車に選ぶ場合は、車内の使い勝手の良さに重点を置いて値引き交渉するといいですね。

 デリカD:5にはない優れた機能を引き合いに出して値引き交渉を進めてみましょう。

ヴォクシーの限界値引きはこちら

 

・ホンダ ステップワゴン

 新たに進化したホンダの『ステップワゴン』
 2017年にマイナーチェンジがされ、進化したステップワゴンに注目が集まっています。

 ウィンカーがLEDに進化したことや安全装備が強化されたこと、ハイブリッドモデルが追加されたことなどが大きな変更点です。

 ハイブリッドモデルが用意されたことで、燃費が良くなりカタログ燃費で約25.0km/Lとなっています。

 優れた燃費性能を持ち、数あるミニバンの中でもトップクラスの燃費性能です。

 ミニバンは車体が大きく重いため、燃費が悪いと言われていました。

 今回のマイナーチェンジで目立って進化した部分と言ってもいいですね。

 デリカD:5と比較しても、燃費の面では10km/L以上の差がありますから、この部分を値引き交渉の材料にしてみましょう。

 燃費を気にするユーザーは多いので、最大限の値引きを引き出すことが可能になります。
また、ステップワゴンには「ワクワクゲート」といったリアゲートが横に開く機能が装備されており、使い勝手も優れています。

 ミニバンの欠点でもある重いリアゲートの開閉に関してもステップワゴンは解消していますから、この部分も値引き交渉の材料にできますね。

ステップワゴンの限界値引きはこちら

 

・トヨタ ヴェルファイア

 高級感とシャープなデザインが人気のトヨタ『ヴェルファイア』
 ミニバン特有の大きなボディを非常にシャープに見せているヴェルファイアは、トヨタのミニバンの中で1,2を争う人気車種です。フロントマスクのインパクトやメッキパーツをうまく使い、高級感のある一台となっています。
 また、車内に関しても非常に上質な仕上がりとなっており、さすがは上級クラスのミニバンと言われるほどですね。

 ユーザーの意見をしっかり取り入れられたシートや車内空間は、長距離移動でも疲れることがなく快適に過ごすことができます。
 デリカD:5の車内は、アウトドアを意識したものとなっており、ヴェルファイアとは対照的です。

 デリカD:5にはない高級感を引き合いに出して、値引き交渉してみるのもいいですね。

 両車の特色の違いを利用して、「どちらも捨てがたく迷っている」と値引き交渉を進めてみてください。

ヴェルファイアの限界値引きはこちら

 

新型デリカD:5の限界値引き交渉術!

安全装備を交渉材料にする

 ミニバンの多くの車種に搭載されている安全装備について、値引き交渉を進めるのも効果的です。

 残念ながら、デリカD:5には安全装備が搭載されていません。

 衝突を吸収するボディ作りだったり、エアバッグなどの装備は付いていますが、ブレーキの制御やハンドル支援などはありませんから、この部分を引き合いに出して値引き交渉を進めてみましょう。
 日産セレナであれば「プロパイロット」、トヨタヴォクシーであれば「トヨタセーフティセンス」を比較して交渉するといいですね。
 自動車の安全は非常に重要な項目ですから、人を多く乗せることができるミニバンに安全装備がないのはやや残念に思います。

 より安全に走行するためにも安全装備は重要です。

競合車種を間違えない

 デリカD:5は、オフロードでも走行できるミニバンとして非常に人気があります。

 デリカD:5以外にもオフロードに対応した車種が販売されています。

 しかし、デリカD:5はミニバンとして販売されていますから、競合車にする車もミニバンを選択した方が効果的です。
 また、競合車のボディサイズも合わせておくことも値引き交渉をうまく進めるために重要な部分です。

 ミニバンにはミドルミニバン、ラージミニバンと分かれており、例えば、ミドルミニバンであるトヨタのシエンタやホンダのフリードを競合車としても大きさがやや違うので、競合車に適していません。

 デリカD:5は、ラージミニバンに含まれるサイズですから、今回ご紹介した日産セレナやトヨタヴォクシーなどを競合車に選んで値引き交渉を進めましょう。


デリカD:5のグレード別リセールバリューは?

 3年後、どのグレードがよりお得に売れるのか?3年落ちデリカD:5のリセールバリューを、グレードごとに調査しました。
 三菱デリカD:5の購入時、グレード選びの参考になればと思います。

デリカD:5のグレード名 買取相場 価格(税込) リセール
2.0 M [8人乗り] 2WD 119万円 2,408,400 49.4%
2.0 G-パワーパッケージ [7人乗り/8人乗り] 2WD 188万円 2,761,560 68.0%
2.2 D-パワーパッケージ [7人乗り/8人乗り] 255万円 3,534,840 72.1%
2.2 シャモニー [8人乗り] 258万円 3,834,000 67.2%
2.2 アクティブギア [7人乗り] 262万円 3,936,600 66.5%
2.2 D-プレミアム [7人乗り/8人乗り] 242万円 4,055,400 59.6%
2.4 M [8人乗り] 104万円 2,855,520 36.4%
2.4 G-パワーパッケージ [7人乗り/8人乗り] 234万円 3,177,360 73.6%
2.4 G-プレミアム [7人乗り/8人乗り] 249万円 3,731,400 66.7%


 デリカD:5のリセールバリューは概ね60~70%台となっており、これは3年落ち普通乗用車のリセールバリュー平均値(50~55%)と比べて高いことから、デリカD:5は買い替えに有利なクルマと言えます。

 中でもパワーパッケージ系に人気が集まっていることが、高リセール・ベスト3を占めている事からわかります。

 その一方で、M系(2.0M、2.4M)の極端な低リセールは中途半端な価格と装備・スペックの不満にともなう不人気が影響しているものと推測されます。

 こうした傾向を把握して、自身のニーズや好みとも相談しながら、高リセールが期待できるグレードを選んで欲しいと思います。

※デリカD:5の買取相場は絶えず変動しています。実際にデリカD:5を売却する時は、買取店で査定して貰って、タイムリーな買取相場を把握しておきましょう(ディーラー下取りだけを鵜呑みにするのは危険です!)。

 

新型デリカD:5を残価設定ローンで購入すると?

 三菱デリカD:5を残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

デリカD:5 2.2 D-パワーパッケージ

車両本体価格 3,534,840円
車両本体値引き ▲300,000円
メーカーオプション価格 32,400円
ディーラーオプション価格 278,703円
ディーラーオプション値引き ▲55,000円
諸費用 106,880円
支払総額 3,597,823円
頭金 0円
ローン元金 3,597,823円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 3.90% 3.90%
初回 57,592円×1回 45,244円×1回
2回目以降 57,800円×34回 44,500円×58回
最終回(残価) 1,898,000円×1回
(53.6%)
1,472,000円×1回
(41.6%)
金利を含む支払総額 4,268,232円 4,445,684円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。また、販売店の金利によっても支払額は変わります。
 上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

 

下取り車があれば、さらに新車が安く買える

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙さるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

●当サイト新車購入参考リンク

  • 限界まで車を高く売る方法
  • 新車を安く買う!新車値引き交渉の仕方
  • 新車購入・新車の買い方
  • 車維持費の節約方法
  • 車のガラスコーティングなら神奈川の早野ぴっかり工房へ

  • -- デリカD:5 --
    モデルチェンジ情報


    モデルチェンジ予想

    2019年1月
    FMC

    モデルチェンジ推移
    2018年4月25日最新モデルチェンジ日
    一部改良、特別仕様車
    「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」「JASPER(ジャスパー)」
    2017年10月26日
    特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」
    2017年4月21日
    一部改良、特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」
    2016年10月27日
    特別仕様車
    「ROADEST ROYAL TOURING」 「CHAMONIX」
    2015年11月26日
    一部改良、特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」
    2014年12月25日
    特別仕様車
    「CHAMONIX(シャモニー)」
    2014年8月7日
    一部改良
    2014年5月22日
    特別仕様車「M-Limited」
    2014年1月23日
    特別仕様車
    「ROYAL EXCEED
    (ロイヤル エクシード)」
    2012年12月26日
    ディーゼル追加
    2012年7月12日
    一部改良
    2011年12月22日
    一部改良、特別仕様車
    「CHAMONIX(シャモニー)」
    2010年12月20日
    一部改良、特別仕様車
    「Navi Collection M」
    2010年10月7日
    特別仕様車
    「CHAMONIX(シャモニー)」
    2010年7月8日
    特別仕様車
    「ROADEST Limited Edition
    (ローデスト リミテッド エディション)」

    2010年6月3日
    一部改良

    2009年12月24日
    マイナーチェンジ
    2009年11月5日
    一部改良(4WD)
    特別仕様車「シャモニー」
    2009年7月2日
    特別仕様車「EXCEED II」
    2009年2月4日
    特別仕様車「EXCEED」

    2008年12月24日
    一部改良

    2008年10月30日
    特別仕様車
    「CHAMONIX(シャモニー)」
    2008年5月28日
    一部改良
    2007年12月25日
    冬季特別仕様車
    「CHAMONIX(シャモニー)」
    2007年10月17日
    4WDに「ROADEST」を追加
    2007年5月22日
    2WD車追加
    2007年1月21日現行モデル登場日
    デビュー

    三菱 デリカD5口コミ評価サイト

    新車値引き情報!

    トヨタ新車値引き情報

    レクサス新車値引き情報

    日産新車値引き情報

    ホンダ新車値引き情報

    マツダ新車値引き情報

    三菱新車値引き情報

    スバル新車値引き情報

    スズキ新車値引き情報

    ダイハツ新車値引き情報

    スポンサーリンク

    ↑ PAGE TOP