デリカD:5の限界値引きとリセールバリューの高いグレード&人気カラーをレポート

デリカD5の限界値引きとリセールバリューの高いグレードを紹介

デリカD5から限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、業者間オークションの相場から算出したリセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、デリカD5の納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、デリカD5購入の参考にしてみてください。

この記事の目次

デリカD:5取り扱いディーラー

ミツビシ店

デリカD5 月販目標台数:1300台

デリカD:5今月の値引き相場

デリカD5値引き難度:緩い
車両からの目標値引き:20万円
オプション値引き相場:20~30%引き
オプションからの値引きを含む限界値引き:25~30万円

デリカD5の値引きは、ビッグマイナーチェンジが行われたため、値引きは渋くなる傾向です。

デリカD5から値引きを引き出すには、デリカD5だけでなくライバル車も検討している事を伝えて商談の主導権を握り、様子見~ある程度の値引きを引き出します。

そこから限界値引きを引き出すには、経営違いの三菱ディーラーへデリカD5の値引き条件をぶつけて、さらに値引きの上乗せを狙いましょう。

新型デリカD:5の限界値引き交渉術!

値引きの神様にお願い

ライバルの先進の安全装備を交渉材料にする

ミニバンの多くの車種に搭載されている安全装備を材料に、値引き交渉を進めるのも効果的です。

残念ながら、デリカD:5には自動ブレーキを始めとした安全装備が搭載されていません。

衝突を吸収するボディ作りだったり、エアバッグなどの装備は付いていますが、ブレーキの制御やハンドル支援などはありませんから、この部分を引き合いに出して値引き交渉を進めてみましょう。

自動ブレーキを搭載する日産セレナやトヨタヴォクシー/ノアなどと比較して交渉するといいですね。

安全装備の点は三菱のセールスマンも重々承知しているので、他社と比較させたながらその点を突くと、値引きしてくれ易くなります。

経営違いの三菱ディーラーと同士競合

三菱ディーラーは、同じ県内に経営が異なるディーラーが点在している地域があります。

同じ会社が経営するディーラー同士の競合は出来ませんが、別会社同士の競合なら、デリカの購入条件をぶつけて、さらに値引きを引き出す事が可能です。

三菱ディーラーの見分け方はこちら

「三菱A店では〇〇万円の値引きでした。予算もあるので、もっと安くなるならこちら(三菱B店)で契約したい」と競合させると、デリカD5の値引きを緩めてきます。

コウさん
コウさん

デリカD5の値引きポイント

デリカD5は、ディーラーオプションを30~40万円以上付けると、現状ではオプションからの値引きを含んで20~25万円の値引きが取れれば成功だ。割安に購入するなら年度末決算セールで一度商談して、それでも渋ければ半年ほど待った方が値引きが拡大するだろう。

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずデリカD5の総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

カーナビ

三菱純正ナビ パナソニック 社外ナビ
本体 クラリオン スーパーワイド2DIN-7.7型 ストラーダナビ CN-RE05WD
画面大きさ 7インチ 7インチ
価格 151,200円 61,290円
(Amazon)
バックカメラ 25,466円 10,718円
(Amazon)
ナビ工賃 19,680円 29,800円
(Amazon)
合計額 196,346円 101,808円
純正との価格差 -94,538円
ETC最安 24,235円 6,719円
(Amazon)
ETC2.0 46,159円 13,506円
(Amazon)
カロッツェリア サイバーナビ

デリカD5に装備するカーナビは三菱の純正品でもいいのですが、性能面でほぼ互角、そして価格で大きく割安となる社外品をAmazon辺りで探すのもおすすめです。

今回ピックアップしたのは操作性とクリアな画像が魅力なパナソニックのストラーダナビと、比較対象としてこちらもスマホライクな操作感と地図の見やすさで人気のあるカロッツェリアのサイバーナビをチョイス。

後方の視界を確保するバックカメラとナビ取りつけ工賃を含めて、純正品だと約19.6万円に対し、社外品だと約10.1万円とおよそ9.4万円も割安になっています。

値引き交渉でデリカD5の車両本体から9万円の値引きを引き出すのは大変ですが、カーナビなら純正品から社外品に選びなおすだけで同じ効果が得られることになるため、是非とも検討したいところです。

ちなみに、デリカD5を新車で購入するタイミングであれば、これらの社外品をディーラーに持ち込み、工賃サービスを契約条件に盛り込ませるよう交渉しましょう。

フロアマット

デリカD5純正フロアマット

  • フロアマット(ブラック、ベージュ) 66,938円

社外品デリカD5用フロアマット


・純正品との差額 4.9万円以上

デリカD5に純正品のフロアマットを敷くのもいいですが、上記の社外品フロアマットを選ぶ事で5万円近くの値引き効果が得られるなら、比較検討の価値は充分でしょう。

こちらの社外品フロアマットは4色から選べる上に機能面でも純正品に見劣りするところはなく、割安なぶんコストパフォーマンスにすぐれています。

3列シートのデリカD5にフロアマットを敷き詰めるのは、やってみると意外と重労働なので、デリカD5の新車購入タイミングでディーラーに取りつけをお願いすれば、工賃無料サービスでやってくれることも多くあります。

ドアバイザー

デリカD5純正ドアバイザー

  • エクシードバイザー 25,876円
  • ROAR エアロバイザー 36,676円

社外品デリカD5用ドアバイザー


・純正品との差額 1.6万~2.7万円以上

デリカD5の窓に純正品ドアバイザーをつけるのもいいですが、約2万円前後も割安となって値引き効果の得られる社外品ドアバイザーもいいものです。

慣れた方ならドアバイザーを自分でつければ手っ取り早いですが、少しコツが要るので、自信がない方はディーラー持ち込みで取りつけをお願いする時、工賃無料サービスを交渉してみましょう。

ドライブレコーダー

デリカD5純正ドライブレコーダー

  • 純正ドライブレコーダー 37,929円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 3.1万円以上

最近、報道でも取り上げられて問題視されるようになった「あおり運転」や、車上荒らしなどの犯罪対策に効力を発揮して注目を集めているドライブレコーダー。

デリカD5に純正ドライブレコーダーを装備するのもいいですが、実力伯仲のスペックと低価格を兼ね備えたハイコスパな社外品ドライブレコーダーを選ぶことにより、デリカD5の総支払額を抑えられます。

慣れない方は無理して自分で取りつけようとしないで、新車購入のタイミングでディーラーに依頼し、工賃を値引きorサービスしてもらえるよう交渉するといいでしょう。

コウさん
コウさん

デリカD5の値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

デリカD:5の安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 全車速追従型

デリカD:5の納期は?

デリカD5の納期1ヵ月~2ヵ月

デリカD5の納期は、在庫車や見込み発注車があれば1ヶ月ほどで可能ですが、新たに注文を受けてメーカーへ発注すると、1~2ヶ月ほど掛かっています。

デリカD5の価格と各グレードのリセールバリューは?

価格と各グレードのリセールバリューは?

新型デリカD5のグレード名 3年後の買取相場 新車価格(円) リセールバリュー
2.0 M [8人乗り] 148万円 2,408,400 61.4%
2.2 アクティブギア [7人乗り] 4WD* –万円 3,936,600 %
2.2 M 4WD –万円 3,842,640 %
2.2 G 4WD –万円 3,942,000 %
2.2 G-PowerPackage 4WD –万円 4,082,400 %
2.2 P 4WD –万円 4,216,320 %
2.2 URBAN GEAR G 4WD –万円 4,055,400 %
2.2 URBAN GEAR G-PowerPackage  4WD –万円 4,055,400 %
2.4 M [8人乗り] 4WD –万円 2,855,520 %
2.4 G-パワーパッケージ [7人乗り/8人乗り] 4WD 227万円 3,177,360 71.4%
2.4 G-プレミアム [7人乗り/8人乗り] 4WD –万円 3,731,400 %

※新型デリカD5のリセールバリューは、まだ中古車が流通していないので不明です。確認出来次第更新します。

参考までにビッグマイナーチェンジ前のデリカD5では、どのグレードが売却時により高く売れるのか?3年落ちデリカD5のリセールバリューを、グレードごとに調査しています。

※3年落ち走行3万キロ前後、修復歴なし、色白黒、年式なりの車両状態のデータです

デリカD5のグレード名 3年後の買取相場 新車価格(円) リセールバリュー
2.0 M [8人乗り] 148万円 2,408,400 61.4%
2.0 G-パワーパッケージ [7人乗り/8人乗り] 153万円 2,761,560 55.4%
2.2 D-パワーパッケージ [7人乗り/8人乗り] 4WD 261万円 3,534,840 73.8%
2.2 シャモニー [8人乗り] 4WD 256万円 3,834,000 66.7%
2.2 アクティブギア [7人乗り] 4WD –万円 3,936,600 –%
2.2 D-プレミアム [7人乗り/8人乗り] 4WD 265万円 4,055,400 65.3%
2.4 M [8人乗り] 4WD –万円 2,855,520 %
2.4 G-パワーパッケージ [7人乗り/8人乗り] 4WD 227万円 3,177,360 71.4%
2.4 G-プレミアム [7人乗り/8人乗り] 4WD –万円 3,731,400 %

3年落ちデリカD5のリセールバリューの傾向は、まずガソリン車とディーゼルでは、ディーゼルの方がリセールが安定して高くなっています。

ガソリン車の2000ccと2400ccでは、2400ccの方がリセールが高いですが、流通台数が少ないので相場がブレる可能性があります。

相場の安定度で言えば、2000ccモデルの方が安定して上記のリセールバリューで推移するでしょう。

7人乗りと8人乗りでは、7人乗りの方が若干リセールが高くなっています。

デリカD5の人気グレードとリセールバリューから見たおすすめのグレードは?

デリカD5の売れ筋人気グレードは、「2.2 D-パワーパッケージ」です。流通台数は最も多く、人気の売れ筋グレードとなっています。

次いで大分差が開きますが、2.4Gパワーパッケージ→2.0Gパワーパッケージと売れ筋が続きます。

リセールバリューから見たおすすめグレードは2.2 D-パワーパッケージ

リセールバリューから見たデリカD5のおすすめグレードは、ディーゼル車の「2.2 D-パワーパッケージ」です。(新型なら2.2Gパワーパッケージ)

リセールランキングでは1位、流通台数も多いので相場にブレが少なく、他グレードと比べて安定した高リセールを維持していくでしょう。

他のディーゼルグレードは、リセール数値は悪くありませんが、新車価格が高いため2.2 D-パワーパッケージよりも売却時の損失額(新車価格ー買取相場)が多くなってしまうので、損失額も考慮に入れながらグレード選びをすると良いでしょう。

リセールバリューから見たデリカD5のおすすめカラーは?

リセールバリューから見たおすすめのカラーは、「ウォームホワイトパール」「ダイヤモンドブラックマイカ」「ツートンカラー」です。

基本はホワイトパールとブラックが強いのですが、シルバーやグレー、グリーンでも2トーンカラーだと、ホワイトパールとブラックと同等の取引価格になっているケースがあります。

シルバー単色は、おすすめカラーと比べて、5年以内の売却で10~20万円ほど安い相場となっています。

リセールバリューから見たデリカD5のおすすめオプションは?

  • エレクトリックテールゲート

メーカーオプションで取り付け可能な、電動でリアゲートが開閉するエレクトリックテールゲートです。

あればとても便利な装備なので、中古車市場での需要は高く、装備されていればプラス査定になります。

オプション価格は54,000円ほどなのでそれほど高い訳でもなく、確実なプラス査定が見込めるので、付けて損は無いオプションです。

下取り車があるなら相場を調べておこう

値引き相場や欲しいグレードが決まってこれからディーラー巡りをするなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るでしょう。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。


デリカD5は機械式の立体駐車場に入る?

三菱デリカD5の車体寸法は以下の通りとなっています。

全長4,790mm
全幅1,795mm
全高1,850-1,875mm

となっており、ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています(横幅は1,850mm)。

デリカD5の全高は1,850-1,875mmなので、機械式の立体駐車場には停められません。

ハイルーフ対応の機械式立体駐車場なら、問題なく入庫出来ます。

デリカD5の実燃費は?

デリカD5 2.0ガソリン車の実燃費

カタログ燃費:13.0km/L

渋滞を含む街中の燃費:6-8km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:8-10km/L
高速道路の燃費:10-12km/L
デリカD5の平均実燃費:8-9km/L

デリカD5 2.2ディーゼル車の実燃費

カタログ燃費:13.0km/L

渋滞を含む街中の燃費:8-10km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:10-12km/L
高速道路の燃費:10-12km/L
デリカD5 ディーゼル車の平均実燃費:10-11km/L

三菱デリカD5の実燃費は気温によって大きく左右され、一般的に低いほど悪くなります(エンジン暖機に燃料を多く消費するため)。

その一方で、夏はエアコンを使うため、電気=燃料を多く消費してこれも冬に次ぐ燃費の悪さとなりやすいです。

これを図にすると、デリカD:5の実燃費は以下のようになります。

燃費 悪い:冬 < 夏 < 秋 <春:よい

その他、アクセルワークなど運転のソフトな方が燃費も良くなりますから、日頃からやさしく安全運転を心掛けましょう。

デリカD5の最新モデルチェンジ

2018年11月21日 デリカD5をフルモデルチェンジ

三菱 デリカD5

今回のフルモデルチェンジ(ビッグマイナーチェンジ)ではエクステリア、インテリアデザインの一新に加え、安全装備の充実、走行性能の向上を図りました。

エクステリア

三菱自動車のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」とマルチLEDヘッドライトを採用。

リヤコンビネーションランプはリヤゲートガーニッシュと連続性を持たせ、テールランプを最外側まで光らせることで、特徴的なデザインとしました。

インテリア

インパネにサバ杢(原木が二又に分かれるサバ部分)柄の立体木目を採用。シート表皮には凹凸のあるラミ付エンボスを施し、丈夫で上質な仕立てとしています。

安全装備と快適装備

予防安全技術「e-Assist」を新規採用。また遮音材と吸音材の採用箇所を増やすことで、静粛性を大きく向上させました。

走行性能

2.2Lクリーンディーゼルエンジン&新開発8速スポーツモードA/Tの組み合わせにより、よりパワフル且つ静かで滑らかな走りへと進化しました。

また、ディーゼルエンジンの排出ガスをクリーンに浄化する尿素SCRシステムを三菱自動車として初採用しました。

もう一つの新しい個性

専用エクステリア/インテリアデザインの「デリカD:5 URBAN GEAR(アーバンギア)」を新規設定しました。

なお、現行『デリカD:5』のガソリンモデルは継続販売します。

デリカD5のモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

当面予定なし

モデルチェンジ推移

2018年11月21日フルモデルチェンンジ、「URBAN GEAR(アーバンギア)」を追加
2018年4月25日一部改良、特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」「JASPER(ジャスパー)」
2017年10月26日特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」
2017年4月21日一部改良、特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」
2016年10月27日特別仕様車「ROADEST ROYAL TOURING」 「CHAMONIX」
2015年11月26日一部改良、特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」
2014年12月25日特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」
2014年8月7日一部改良
2014年5月22日特別仕様車「M-Limited」
2014年1月23日特別仕様車「ROYAL EXCEED(ロイヤル エクシード)」
2012年12月26日ディーゼル追加
2012年7月12日一部改良
2011年12月22日一部改良、特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」
2010年12月20日一部改良、特別仕様車「Navi Collection M」
2010年10月7日特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」
2010年7月8日特別仕様車「ROADEST Limited Edition(ローデスト リミテッド エディション)」
2010年6月3日一部改良
2009年12月24日マイナーチェンジ
2009年11月5日一部改良(4WD)特別仕様車「シャモニー」
2009年7月2日特別仕様車「EXCEED II」
2009年2月4日特別仕様車「EXCEED」
2008年12月24日一部改良
2008年10月30日特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」
2008年5月28日一部改良
2007年12月25日冬季特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」
2007年10月17日4WDに「ROADEST」を追加
2007年5月22日2WD車追加
2007年1月21日デビュー

 

コウさん
コウさん

デリカD5の値引きポイント

デリカは、今後一部改良やマイナーチェンジなどされるだろう。モデルチェンジのタイミングで値引きが拡大するので、現行デリカD5を限界値引きで購入するのもアリだ!

デリカD:5の競合車は?

日産 セレナ

日産セレナ

先進的な安全技術を搭載した日産『セレナ』

2016年には、フルモデルチェンジがされ、最新技術である「プロパイロット」が装備されました。

インテリジェントクルーズコントロールやハンドル支援といった機能が搭載されています。

また、手を使わずにスライドドアの開閉ができる「ハンズフリー機能」も搭載され、使い勝手の良い一台となっています。

このような使い勝手や安全面の良さを引き合いに出して、デリカD5の値引き交渉をすると効果的です。

セレナの限界値引きはこちら

トヨタ ヴォクシー/ノア

トヨタヴォクシー

便利な機能や装備を搭載したトヨタの『ヴォクシー』

ロングスライドできるキャプテンシートやシートバックに設置されたシートバックテーブルなど、車内をより快適に過ごすことができる装備が多く取り付けられています。

車内を広くできるシートアレンジに優れていますので、小さいお子さんであれば立ったまま着替えができたり、多くの荷物を載せることができたりと、使い勝手が優れています。

また安全性能も充実しており、ヴォクシーには「トヨタセーフティセンスC」が装備されています。

ヴォクシーを競合車に選ぶ場合は、車内の使い勝手の良さに重点を置いて値引き交渉するといいですね。

デリカD5にはない、優れた機能を引き合いに出して値引き交渉を進めてみましょう。

ヴォクシーの限界値引きはこちら

ホンダ ステップワゴン

ホンダステップワゴン

新たに進化したホンダの『ステップワゴン』

2017年にマイナーチェンジがされ、進化したステップワゴンに注目が集まっています。

ウィンカーがLEDに進化したことや安全装備が強化されたこと、ハイブリッドモデルが追加されたことなどが大きな変更点です。

ハイブリッドモデルが用意されたことで、燃費が良くなりカタログ燃費で約25.0km/Lとなっています。

優れた燃費性能は、数あるミニバンの中でもトップクラスの燃費性能です。

ミニバンは車体が大きく重いため、燃費が悪いと言われていましたが、ハイブリッドの追加は今回のマイナーチェンジで目立って進化した部分と言えます。

デリカD5と比較すると、燃費の面では10km/L以上ステップワゴンハイブリッドにアドバンテージがあるので、燃費を材料にを値引き交渉してみましょう。

また、ステップワゴンには「ワクワクゲート」といったリアゲートが横に開く機能が装備されており、使い勝手も優れています。

ミニバンの欠点でもある重いリアゲートの開閉に関してもステップワゴンは解消していますから、この部分も値引き交渉の材料にできますね。

ステップワゴンの限界値引きはこちら

トヨタ ヴェルファイア

トヨタヴェルファイア

高級感とシャープなデザインが人気のトヨタ『ヴェルファイア』

ミニバン特有の大きなボディを非常にシャープに見せているヴェルファイアは、トヨタのミニバンの中で1,2を争う人気車種です。

フロントマスクのインパクトやメッキパーツをうまく使い、高級感のある一台となっています。

また、内装に関しても非常に上質な仕上がりとなっており、さすがは上級クラスのミニバンと言われるほどですね。

ユーザーの意見をしっかり取り入れられたシートや車内空間は、長距離移動でも疲れることがなく快適に過ごすことができます。

デリカD5の内装は、アウトドアを意識したものとなっており、ヴェルファイアとは対照的であるため、

デリカD:5にはない高級感を引き合いに出して、値引き交渉してみるのもいいですね。

両車の特色の違いを利用して、「どちらも捨てがたく迷っている」と値引き交渉を進めてみてください。

ヴェルファイアの限界値引きはこちら

新型デリカD5を残価設定ローンで購入すると?

三菱デリカD5を残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

グレード名 デリカD5 2.2 D-パワーパッケージ
車両本体価格 3,534,840円
車両本体値引き ▲300,000円
メーカーオプション価格 32,400円
ディーラーオプション価格 278,703円
ディーラーオプション値引き ▲55,000円
諸費用 106,880円
支払総額 3,597,823円
頭金 0円
ローン元金 3,597,823円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 3.90% 3.90%
初回 57,592円×1回 45,244円×1回
2回目以降 57,800円×34回 44,500円×58回
最終回(残価) 1,898,000円×1回
(53.6%)
1,472,000円×1回
(41.6%)
金利を含む支払総額 4,268,232円 4,445,684円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。また、販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

コウさん
コウさん

デリカD5の値引きポイント

残価設定ローンは、据え置く残価にまで金利が掛かるので、利息手数料は多くなる傾向だ。しかし、その分クレジット会社からディーラーへ入るバックマージンは少なくないので、値引きも緩くなるぞ。残クレでデリカD5を買うなら上限値まで値引きを引き出そう!

下取り車の金額で絶対に損しないためにすること【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!弊社で買取る事はしないので、だからこそ本当の相場をお伝えします 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら ...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...