アウトランダーPHEVの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

アウトランダーPHEVの限界値引きとリセールバリューの高いグレードを紹介

この記事の目次

アウトランダーPHEV取り扱いディーラー

ミツビシ店

アウトランダーPHEV月販目標台数:1000台

アウトランダーPHEV今月の値引き相場

アウトランダーPHEV値引き難度:普通~渋い
車両からの目標値引き:16万円
オプション値引き相場:20~30%引き
オプションからの値引きを含む限界値引き:25~30万円

アウトランダーのプラグインハイブリッドEVです。

アウトランダーPHEVの値引きのガードは固いですが、同じプラグインハイブリッドのプリウスPHVやハリアー、プラド、ホンダのCR-V、マツダCX-8、レクサスNXなどと競合させると突破口が開けるでしょう。

アウトランダーPHEVを購入すると補助金も出ますが、補助金とは別に上記の限界値引き達成を目指して商談しましょう。

アウトランダーPHEVの限界値引き交渉術!

値引きの神様にお願い

ライバル車を利用して値引き交渉する

アウトランダーPHEVと競合出来る車種は、トヨタのハリアー、ランドクルーザープラド、レクサスのNX、ホンダの新型CR-Vなどがあります。

この中から興味のある車種や値引きの大きい車種を選んで、アウトランダーPHEVと競合させましょう。

「新型のCR-Vハイブリッドが総額○○万円で買える。これよりも安くなるならアウトランダーを購入したい」などとやると効果的でしょう。

その際、ライバル車でアウトランダーPHEVよりも優れている部分を引き合いに出して、「だからどちらにするか迷っている」とした状況で商談を進めるのがポイントです。

経営違いの三菱ディーラー同士を競合させる

ライバル車との競合でベースとなる値引きを引き出せたら、又はライバル車との競合では三菱のセールスマンが全然話しに乗ってこない!のであれば、経営違いの三菱ディーラー同士の競合がおすすめです。

同県内に異なる会社が経営している三菱ディーラーがある点在している地域があります。

経営する会社が違えば、三菱同士を競合させて「三菱A店では総額○○万円だった。これより安くなればこちら(三菱B店)で契約したい」と言った値引き交渉が出来ます。

これは競合効果が高いので、おすすめの値引き交渉です。

また、県が違えばテリトリーが変わり、経営する会社も異なるので、越境しての競合も有効です。

経営違いの三菱ディーラーの見分け方が分からない方はこちら

決算期と四半期が値引き交渉のチャンス!

購入時期によっても、アウトランダーPHEVの値引き交渉がやり易いタイミングがあります。

三菱の決算期は3月ですが、決算前に少しでも販売台数を稼ごうと、ディーラーでは決算セールを行って売り込みを図ります。

同時に新車の値引きを緩めて契約に結びつけようとするので、この時期にアウトランダーPHEVの値引き交渉をすると、限界値引きが狙えるでしょう。

3月の年度末決算なら1月中旬~3月末まで、9月の中間決算なら8月中旬~9月末まで、それぞれ決算セールが行われるので、このタイミングでアウトランダーPHEVを買うなら値引きのチャンスです。

また四半期報告がある6月と12月も値引きを緩めて来る傾向にあるので、こちらの時期もおすすめです。

コウさん
コウさん

アウトランダーPHEVの値引きポイント

マイナーチェンジをしてから値引きのガードが固くなり、現状ではオプションからの値引きを含めて25万円前後取れれば、合格ラインだ。今後は年末~年明けの年度末決算に向けて徐々に値引きが緩んでいくだろう。

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずアウトランダーPHEVの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

カーナビ

三菱純正ナビ パナソニック 社外ナビ
本体 クラリオン スーパーワイド2DIN-7.7型 ゴリラナビ CN-G1200VD
画面大きさ 7.7インチ 7インチ
価格 151,200円 49,680円
(Amazon)
バックカメラ 31,190円 11,126円
(Amazon)
ナビ工賃 19,680円 29,800円
(Amazon)
合計額 202,070円 90,606円
純正との価格差 -111,464円
ETC最安 22,075円 6,719円
(Amazon)
ETC2.0 44,431円 13,506円
(Amazon)
カロッツェリア サイバーナビ

アウトランダーPHEVの純正ナビは、クラリオンのスーパーワイド2DIN-7.7型メモリーナビが採用されています。

バックカメラとナビの取りつけ工賃で合計約20.2万円と、機能相応な値段になっていますが、社外品で同じ項目を揃えた場合、いくらになるでしょうか。

今回、Amazonで探したのは地図の見やすさ、操作しやすさで人気のあるパナソニックのゴリラナビと、比較対象として、機能の充実さと画質の高さで好評なカロッツェリアのサイバーナビを選択。

純正と同じくバックカメラと、Amazonで購入した社外品を近くのカーショップ等で取りつけてもらえる工賃チケットを合わせて、こちらは約9万円と、純正品で揃えたパターンの実に半額以下に収まりました。

実質的に約11.1万円も安くなったことになり、値引き交渉で11万円を上乗せさせるのは大変ですが、カーナビを社外品に変えるだけで同じ効果が得られるなら、やらない手はありません。

他にも、高速道路の乗り降りで大変役立つETC類も社外品の方が大幅に安くなっており、こうした差額を積み重ねて、アウトランダーPHEVの支払総額を削り込んでいきましょう。

フロアマット

アウトランダーPHEV純正フロアマット

  • フロアマット 30,369円

社外品アウトランダーPHEV用フロアマット


・純正品との差額 2.0万円以上

アウトランダーPHEVに純正品のフロアマットを敷いてもいいのですが、より低価格で品質面でも遜色ない社外品フロアマットを選ぶと、純正品の定価に比べて2万円以上割安となり、それだけ値引きと同じ効果が得られます。

こちらの社外品は14カラーを選べる上に作りも純正品に劣らないもので、コスパにもすぐれています。

アウトランダーPHEVなら、フロアマットを敷くのもそこまで大変でもありませんが、ちょっと億劫だと思ったら新車購入のタイミングでディーラーに持ち込んでお願いすれば、工賃サービスで取りつけしてくれることもあります。

ドアバイザー

アウトランダーPHEV純正ドアバイザー

  • エクシードバイザー 23,932円

社外品アウトランダーPHEV用ドアバイザー


・純正品との差額 約1.7万円以上

アウトランダーPHEVの窓にこちらの社外品ドアバイザーをつけると、純正品の定価に比べて約1.7万円の割安となり、値引きしてもらったのと同じ恩恵にあずかれます。

慣れている方ならドアバイザーを自分でとりつけてもいいですが、心配な方は無理しないでディーラーに持ち込んで取りつけを頼むついでに、工賃の無料サービスや値引きを交渉すれば、応じてくれる可能性があります。

ドライブレコーダー

アウトランダーPHEV純正ドライブレコーダー

  • 純正ドライブレコーダー 37,929円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 3.1万円以上

最近問題となっている「あおり運転」や、車上荒らしなどの犯罪・トラブル対策として威力を発揮しているドライブレコーダーは、アウトランダーPHEVにもぜひ装備しておきたいもの。

三菱の純正品でも悪くはありませんが、ここでは割安かつほぼ同性能な社外品ドライブレコーダーを選ぶことで、コストパフォーマンスを高めていきたいところ。

ドライブレコーダーの取りつけは慣れていないと難しいため、新車でアウトランダーPHEVを購入するタイミングでディーラーにお願いし、同時に工賃のサービスや値引きを交渉しましょう。

コウさん
コウさん

アウトランダーPHEVの値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

アウトランダーPHEVの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 全車速追従型

アウトランダーPHEVの納期は?

アウトランダーPHEVの納期1ヵ月~2ヵ月

アウトランダーPHEVの納期は、ディーラーが見込み発注している仕様に合致すれば、1ヵ月前後に可能です。

新たにメーカーへ発注すると、1ヵ月~2ヵ月の間の納期となっています。

アウトランダーPHEVの価格と各グレードのリセールバリューは?

価格と各グレードのリセールバリューは?

アウトランダーPHEVでは、どのグレードが売却時により高く売れるのか?3年落ちアウトランダーPHEVのリセールバリューを、グレードごとに調査しました。

※3年落ち走行3万キロ前後、修復歴なし、色白黒、年式なりの車両状態のデータです

アウトランダーPHEVのグレード名 3年後の買取相場 新車価格(円) リセールバリュー
2.4 Gリミテッドエディション 4WD* 235万円 3,939,840 59.6%
2.4 G 4WD 244万円 4,182,840 58.3%
2.4 Gプラスパッケージ 4WD 263万円 4,479,840 57.7%
2.4 Gプレミアムパッケージ 4WD 279万円 4,793,040 58.2%
2.4 Sエディション 4WD 305万円 5,090,040 59.9%

*特別仕様車

3年落ちアウトランダーPHEVのリセールバリューの傾向は、グレード間で大きな差はなく、上下差2%内で収まっています。

リセールバリューが同じだと、初期費用が低いほど売却時の損失額(新車価格ー買取相場)が少なく済むので、オプション込みの総支払額から損失額を割り出して、グレード間の損得勘定をしてもいいでしょう。

アウトランダーPHEVの人気グレードとリセールバリューから見たおすすめのグレードは?

アウトランダーPHEVの売れ筋人気グレードは「Gプレミアムパッケージ」の流通台数が最も多く、売れ筋の人気グレードとなっています。

次いで「Gプラスパッケージ」が売れ筋グレードで続いています。

リセールバリューから見たおすすめグレードは2.4 Gプラスパッケージ

リセールバリューから見たアウトランダーPHEVのおすすめグレードは、2.4Gプラスパッケージです。

リセール数値は一番低いですが、ほとんど差がなく誤差の範囲と言えるでしょう。

リセール数値が同じであれば、初期費用が安いほど損失額が少なく済みますが、Gプラスパッケージ以下のグレードはナビがオプションなので、ナビを付ければ相応に初期費用が上がり、実際のリセール数値も下がってきます。

プラスパッケージなら、ナビの好みはありますが標準装備なので、上記リセールを保ったままなので、他グレードよりお得感が強いと言えます。

リセールバリューから見たアウトランダーPHEVのおすすめカラーは?

リセールバリューから見たおすすめカラーは「ホワイトパール」と「ブラックマイカ」です。

シルバーやレッド、ブラウンと比べて、15万~20万円以上高く売れるでしょう。

オプションカラーのルビーブラックパールは、シルバー等と比べてそこまで落ちませんが、リセールの安定度で言えば上記2カラーより劣ってしまいます。

リセールバリューから見たアウトランダーPHEVのおすすめオプションは?

  • 電動ガラスサンルーフ

メーカーオプションのサンルーフが付いていると10万円以上のプラス査定が期待出来るので、5年以内の売却ならオプション代金の元は取れてしまうでしょう。

  • ロックフォード プレミアムサウンドシステム

このメーカーオプションが付いていると、メーカーナビとセットで価値が上がり、プラス査定が期待できます。サンルーフのように元までは取れないので、好みと予算で検討するといいでしょう。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

アウトランダーPHEVは機械式の立体駐車場に入る?

三菱アウトランダーPHEVの車体寸法は以下の通りです。

全長4,695mm
全幅1,800mm
全高1,710mm

ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550~1,600mmとなっています(横幅は1,850mm)。

アウトランダーPHEVの全高は1,710mmなので、ハイルーフ非対応の機械式の立体駐車場には停められません。

ハイルーフ対応の立体駐車場なら、問題なく停められます。

アウトランダーPHEVの実燃費は?

アウトランダーPHEVの実燃費

カタログ燃費:16.4km/L(ハイブリッドWLTCモード)

渋滞・街中の実燃費:13-15km/L
スムーズな一般道・幹線道路の実燃費:19-21km/L
高速道路の実燃費:21-23km/L
アウトランダーの平均実燃費:18-19km/L

アウトランダーPHEVの最新モデルチェンジ

三菱 アウトランダーPHEV

2018年8月23日 アウトランダーPHEVをマイナーチェンジして発売

今回のマイナーチェンジでは、プラグインハイブリッドシステムを大幅にアップデートしました。さらにエクステリアデザイン、インテリアデザインの変更とともに車体剛性を高め走行性能の向上、また安全機能の充実を図りました。

主な改良点

  • エンジン排気量を従来の2.0Lから2.4Lに拡大
  • 駆動用バッテリー容量を12.0kWhから13.8kWhに増大するとともに最高出力を10%向上
  • 車両運動統合制御システム「S-AWC」に「SNOW」と「SPORT」の2つのドライブモードを新たに追加
  • ボディパネル接合部に構造用接着剤を塗布し、車体剛性を強化
  • ラジエターグリル、LEDフォグランプベゼル、フロントスキッドプレート、リヤスキッドプレート、アルミホイールのデザイン変更
  • オーナメントパネルやハザードスイッチパネルのデザインを変更
  • 後席用エアコン吹き出し口をフロアコンソール後部へ追加
  • 衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]と誤発進抑制機能(前進及び後退時)を標準装備など

アウトランダーPHEVのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

当面予定なし

モデルチェンジ推移

2018年8月23日マイナーチェンジ
2017年11月16日特別仕様車「G Limited Edition」
2017年2月9日一部改良
2015年6月18日マイナーチェンジ
2014年10月23日特別仕様車「SPORTS STYLE EDITION」
2014年4月25日一部改良
2012年12月26日アウトランダーPHEVを発売

 

コウさん
コウさん

アウトランダーPHEVの値引きポイント

今後改良やモデルチェンジが行われると、古くなる現行モデルのアウトランダーPHEVの値引きは拡大するんだ。新しいモデルに拘りが無ければ、現行モデルを限界値引きで購入出来るチャンスだぞ

値引きに効くアウトランダーPHEVの有効な競合車

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー

プレミアムSUVとして、人気の高いハリアーです。

価格帯は、ガソリン車でもハイブリッドでもアウトランダーPHEVと競合出来るので、抵当なグレードをピックアップしてアウトランダーPHEVと競合させましょう。

ハリアーは値引きが緩んできたので、値引き額や総支払額を三菱のセールスマンにぶつけて、アウトランダーPHEVの値引きを引き出しましょう。

同じトヨタのランドクルーザープラドレクサスNXとの競合も有効です。

ハリアーの限界値引きはこちら

トヨタ プリウスPHV

トヨタプリウスPHV

ボディのタイプは違いますが、同じプラグインハイブリッドとして競合出来るプリウスPHVです。

価格帯は上位グレードしかアウトランダーPHEVと競合出来ませんが、プラグインハイブリッドの車に乗りたい面を強調して、アウトランダーPHEVと競合させましょう。

プリウスPHVの限界値引きはこちら

マツダ CX-8

マツダ CX-8

こちらも価格帯的に4WDの上位グレードとしか競合出来ませんが、アウトランダーには無いディーゼル+3列シートのパッケージングで競合出来るCX-8です。

スタイリングの好みや3列シートのメリットを三菱のセールスマンに伝えつつ、「どちらにするか迷っている」としながら、値引き交渉を進めましょう。

CX-8の限界値引きはこちら

ホンダ CR-V

ホンダ CR-V

上位グレードならアウトランダーPHEVと競合出来るホンダの新型CR-Vです。

モデルが新しく、力強い走りと燃費の良いハイブリッドが競合なので、競わせることでアウトランダーPHEVの値引きを引き出せるでしょう。

CR-Vの限界値引きはこちら

アウトランダーPHEVを残価設定ローンで購入すると、支払額はいくら?

ここでは、アウトランダーPHEVを残価設定ローンで購入した場合、毎月の支払額がいくらになるか、3年と5年でシミュレーションしています。

グレード名 アウトランダーPHEV Gナビパッケージ
車両本体価格 4,479,840円
車両本体値引き ▲150,000円
メーカーオプション価格 286,200円
ディーラーオプション価格 167,851円
ディーラーオプション値引き ▲33,000円
諸費用 125,770円
支払総額 4,876,661円
頭金 0円
ローン元金 4,876,661円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 1.90% 1.90%
初回 72,812円×1回 62,022円×1回
2回目以降 74,300円×34回 59,800円×58回
最終回(残価) 2,488,000円×1回
(55.5%)
1,659,000円×1回
(37.0%)
分割手数料 210,351円 312,761円
金利を含む支払総額 5,087,012円 5,189,422円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。また、販売店によっても支払額は変わるので、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

コウさん
コウさん

アウトランダーPHEVの値引きポイント

残価設定ローンで購入すると、据え置く残価まで金利が掛かるので、支払う利息手数料は多くなってしまう。しかし、その分クレジット会社からディーラーへ入るバックマージンは多くなるので、値引きが甘くなるんだ。残クレでアウトランダーPHEVを買うなら、限界まで値引きを引き出して金利分を回収しよう!

残クレ終了後はディーラーへ返却する前に買取店で査定してもらおう

残クレ終了時は、ディーラーへ車を返却するのが当然と言ったイメージがありますが、そうではありません。

ディーラーの残価よりも高く売れる所があれば、そこへ売って構わないのです。

おすすめは、買取店の無料査定サイト「かんたん車査定ガイド」です。

申し込み後の概算相場で、ディーラーの残価と簡単に比較できますし、無料で複数の買取店へ一括査定を依頼できます。

複数の買取店が査定額を競い合う事で、高値での売却が可能です。

かんたんに45秒で申し込みが可能、その後すぐに概算相場が表示されます。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!弊社で買取る事はしないので、だからこそ本当の相場をお伝えします 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら ...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
ガラスコーティング・ポリマー加工・車磨きなら横浜エリア・平塚の早野ぴっかり工房へ