CR-VとアウトランダーPHEVの口コミ・評価を比較!燃費や乗り心地、インテリアや走行性能までユーザーの評判を徹底調査

CR-VとアウトランダーPHEVの口コミの比較・評価

ここでは、ホンダ CR-Vと三菱 アウトランダーPHEVについて、実際のユーザーの口コミや評価をまとめて比較しています。

価格や外装・内装、乗り心地や実燃費など、メーカーサイトやカタログを見ただけでは分からない、欠点や不満があるかもしれません。

CR-VとアウトランダーPHEVの良い所やデメリットも含めて、ユーザーの評判を調査したので、是非参考にしてみて下さい。

この記事の目次

CR-VとアウトランダーPHEVのエクステリアの口コミ・評価を比較

CR-Vのエクステリアの口コミ

CR-Vのエクステリアの口コミ

画像:honda.co.jp

※CR-Vのエクステリアは、ガソリン車とハイブリッド車で大きな違いはありません。

CR-Vのエクステリアの満足度調査

【CR-Vのエクステリア・ここが満足】
アメ車テイストなデザインが好き、という口コミ多数
優雅さと武骨さを兼ね備え、洗練された迫力感が好評
・前後のライトはアグレッシブで先進的なデザインと人気
・流麗で伸びやかなシルエットを持つサイドビューが高評価
全体的に筋肉質だけど、お尻がコロンとチャーミング、という口コミも
・「写真よりも、実車を見た方がカッコいい」という声も
プラチナホワイトパールがよく映えるとの意見あり
【CR-Vのエクステリア・ここが不満】
SUVらしい押し出し感に欠け、新型でも変わり映えしない
・「別に悪くはないが、特別感もない」という口コミが複数
・新型車の筈なのに、悪い意味でホンダの他車種と馴染んでしまう
・「ヴェゼルにエグ味を加えてブスにした感じ。アメリカ人の好み?」
ボディがアメリカサイズなので、日本国内で乗るには取り回しが大変そう
・「デザインの造形が不自然で、無理やり個性を出そうとしてバランスが悪い」
フロント回りの丸さがカッコ悪いので、モデューロエアロをおすすめする意見も

CR-Vのエクステリアに関する口コミをユーザーから集めたところ、アメリカ仕様なデザインに対して賛否が分かれているものの、概ね受け入れられている様子がわかります。

CR-Vのエクステリア・リア廻りの口コミ

画像:honda.co.jp

※けっこう賛否が分かれたCR-Vのリア回り(特にテールランプ)

ただ、北米仕様をそのまま持ってきた感の強いサイズや、デザインのエグ味に抵抗感のあるユーザーも少なからずいて、かと思えば「可もなく不可も特別感もなく、印象に残らない」という口コミも複数上がっており、個性があるようでいてインパクト(押し出し)に欠ける面も見られます。

アウトランダーPHEVのエクステリアの口コミ

アウトランダーPHEVのエクステリアの口コミ

アウトランダーPHEVのエクステリアの満足度調査

【アウトランダーPHEVのエクステリア・ここが満足】
・奇をてらわないシンプルなデザインで、飽きが来ないと評判
・ゴツ過ぎず、丸過ぎずちょうどよい感じ
リアスポイラーが標準装備されていてカッコいい
・改良されたヘッドライトやグリルデザインが好評
・「三菱のモノづくりに対する真面目さを感じられた」という声も
・「写真よりも、実物の方が立体感があってカッコいい
【アウトランダーPHEVのエクステリア・ここが不満】
・2018年8月のマイナーチェンジで変わり映えしていない、との口コミ多数
輪郭が単調に見えるので、もう少しアクセントとワイド感を出して欲しい
・ちょうどよさに物足りなさを感じ、評価が分かれそう
・「ホイールデザインがレクサスを意識しすぎ。三菱らしさを貫くべき

アウトランダーPHEVのエクステリアに関するユーザーの口コミを集めたところ、奇をてらわないシンプルなデザインが好評となっている反面、マイナーチェンジで前期モデルからの変わり映えがしていなかったり、ちょうど良すぎる?デザインが「物足りない」との評価もありました。

アウトランダーPHEVのエクステリア・ホイールデザイン

※ホイールデザインをレクサスと比較。似ているかも?

また、高級感の演出か、ホイールデザインがレクサスに引っ張られがちな傾向が見られますが、せっかくの三菱車ですから、今後もより「三菱らしさ」の追求が期待されます。

CR-VとアウトランダーPHEVのエクステリアの口コミ・比較まとめ

【CR-V】アメ車テイストに賛否あるも、筋肉質で個性的なデザインが人気
【アウトランダーPHEV】シンプルで飽きの来ない、調和のとれたデザインが人気

CR-VとアウトランダーPHEVのエクステリアについて、ユーザーの口コミ評価を比較すると、上記の通りそれぞれの個性が見えてきました。

両車ともに「写真より、実車を見た方がカッコいい」という口コミが複数見られたので、カタログやホームページだけで決めてしまわず、試乗も兼ねて足を運ぶことで、より満足な買い物となるでしょう。

CR-VとアウトランダーPHEVのインテリアの口コミ・評価を比較

CR-Vのインテリアの口コミ

CR-Vのインテリア・インパネ回りの比較

画像:honda.co.jp

CR-Vのインテリア・車内空間の比較

画像:honda.co.jp

CR-Vのインテリアの満足度調査

【CR-Vのインテリア・ここが満足】
全体的な高級感に高評価の口コミ多し
・小物入れなど、収納が多くて便利と評判
室内灯がLEDなので明るい
・ドライビングポジションに2名分のメモリー機能があり、運転の交替が楽
フルフラットにすると車中泊も快適(7人乗り)
・グレード別設定となる本革シートの座り心地が人気
・シフトレバーがなくなり、スイッチ式で手元がスッキリ(ハイブリッド車)
2列目シートは身長185センチでもゆったり座れて快適
電動パノラミックサンルーフ(マスターピース専用装備)が大好評
【CR-Vのインテリア・ここが不満】
各所にプラスチック感が否めない。各部の素材や質感に統一性がなく、安っぽい印象
ウッド調加飾が多いが、色が明るすぎて逆に安っぽい印象
・コンソール回りの凹凸デザインに、ゴミやほこりが溜まりやすい
・エアコンルーバーが邪魔して、7インチのインターナビ(標準装備)しか選択できない
・「ナビはオプションにして欲しい」という口コミ多数
サンルーフと本革シートの相性が悪く、夏は火傷しそう(マスターピース)
3列目シートはあくまでおまけ、座り心地は期待しないとの声(7人乗り)

CR-Vのインテリアの満足度について、ユーザーの口コミを調査したところ、使い勝手の良さに満足する評判が多い一方、標準装備のインターナビをはじめとする選択の幅狭さに対する不満の声も、少なからず上がっていました。

CR-Vのインテリアの口コミ

画像:honda.co.jp

高級感についてはユーザーによって「高級すぎる」から「チープすぎる」まで幅広い評価が見られたものの、全体的には概ね満足している傾向が見られます。

アウトランダーPHEVのインテリアの口コミ

アウトランダーPHEVのインテリアの満足度調査

【アウトランダーPHEVのインテリア・ここが満足】
シンプルで飽きの来ないデザインに定評
・後席がフラットで車中泊に便利、「大災害時の長期停電で大活躍」という口コミも
・キャンプに行っても問題なく荷物がたくさん積める
AC電源(1,500W、100V)が充実、パソコンや家電製品が使えて便利
【アウトランダーPHEVのインテリア・ここが不満】
・小物入れなど、収納が少なくて不便との口コミ多数
・デザインが少しそっけなさすぎる気も
・マイナーチェンジで変わり映えなく、デザイン設計の古さが否めない
各種スイッチ類の配置がバラバラで、ブラインド操作には慣れが必要

アウトランダーPHEVのインテリアの満足度を、ユーザーの口コミから調査したところ、PHEVならではの頼もしい電化性能と高い居住性、荷物の積載性が人気を呼んでいることがわかります。

その一方では、年数が経っていることによるデザイン設計の古さや収納の少なさ、スイッチ類に統一性がなくて使い勝手が悪いなどの不満も出ていました。

CR-VとアウトランダーPHEVのインテリアの口コミ・比較まとめ

【CR-V】全体的な高級感と使い勝手の良さが人気だが、選択肢が狭い
【アウトランダーPHEV】電化製品を豊富かつ便利に使えるが、使い勝手にやや難か

CR-VとアウトランダーPHEVのインテリアに関する口コミを比較すると、CR-Vは主に全体的な高級感と使い勝手、アウトランダーPHEVはAC電源が評価されている傾向が見えてきます。

それぞれに一長一短の個性があるので、長所は評判通りで自分に合っているか、短所は許容できるかどうか、実際に車を見にいくと失敗が少なくなるでしょう。

CR-VとアウトランダーPHEVの運転&走行性能の口コミ・評価を比較

CR-Vの運転&走行性能の口コミ

CR-Vの運転&走行性能の口コミ

画像:honda.co.jp

CR-Vの運転&走行性能の満足度調査

【CR-Vの運転&走行性能・ここが満足】
スポーツモードに切り替えるとパワー感が豹変して刺激的
・サイドミラーの視認性がよく、車体感覚を掴みやすい。取り回しも意外に楽
・硬めだけど心地よい足回りのチューニングでコーナリングに安定感
・ステアリングが軽くてレスポンシブル、女性でも運転しやすそう
ホンダセンシングのクルーズコントロールや自動ブレーキ等が重宝する
パドルシフトが標準装備なので、スポーティな変速感が楽しめる(ガソリン車)
・出足も加速もスムーズで、しっとりとした走り(ハイブリッド)
・時速60キロ辺りからエンジンも加わり、強いGを感じる痛快な加速(ハイブリッド)
【CR-Vの運転&走行性能・ここが不満】
エンジンブレーキがやや弱めに感じる、との口コミ
・車体が大きめで、慣れないと駐車や車庫入れなどで大変かも
ターボが非力でトルク不足、出足や加速がもっさりしている(ガソリン車)
CVT制御に違和感があり、加速時などにつんのめるようなスリップ感が不快(ガソリン車)
・始動時の「ブーン」というモーター音が気になる(ハイブリッド)
i-MMDによる制御にムラがある(ハイブリッド)
・エンジン回転数と加速感のアンマッチが微妙という声も(ハイブリッド)

CR-Vの運転&走行性能についてユーザーの口コミから満足度を調査したところ、運転しやすさや安定感、スポーツモードのアクティブ感にホンダセンシングの安心感に人気が集まっているようです。

一方で、ターボエンジンの「2.4L自然吸気エンジンに匹敵」という触れ込みやCVT制御に対して期待外れという不満も少なからず出ており、ハイブリッドのi-MMD制御にもムラが大きいとの指摘がありました。

アウトランダーPHEVの運転&走行性能の口コミ

アウトランダーPHEVの運転&走行性能の満足度調査

【アウトランダーPHEVの運転&走行性能・ここが満足】
・出だしも加速もスムーズなモーターのトルク感、特に街中はストレスフリーな走り
・「キャンピングトレーラーを牽引しても登坂車線いらず」という口コミも
ブレーキオートホールド機能は非常に重宝しているという口コミ複数
三菱e-Assistのレーダークルーズコントロールや自動ブレーキ等の安全装備が好評
・ステアリングのギア比やボディ剛性など、見えない走行性にMCの改良を実感
・「ずっと運転していたいから、わざと高速でなく一般道を通った」という声も
【アウトランダーPHEVの運転&走行性能・ここが不満】
EV走行での航続距離が短い
エンジンを使っての走行時は充電も兼ねているため、結構うるさい
・スポーツモード切替時に、それとわかる特別感の工夫が欲しい
三菱e-Assistはスバルのアイサイトに比べると信頼性で引けを取っている、との声も

アウトランダーPHEVの運転&走行性能についてユーザーの口コミをまとめると、EV走行時のトルクや安定感、静粛性に定評がある一方で、そのEV走行が可能な距離が短い点やエンジン走行時のうるささ等に不満があるようです。

ちなみに、これまで2018年8月のマイナーチェンジ(MC)であまり変わり映えしない、という口コミが多く出ていたアウトランダーPHEVですが、運転&走行性能など見えないところで着実な進化を遂げていた点も、ユーザーの高い評価のポイントとなっていました。

CR-VとアウトランダーPHEVの運転&走行性能の口コミ・比較まとめ

【CR-V】スポーティな走りのガソリン車、スムーズで安定感の高いハイブリッド
【アウトランダーPHEV】EV走行時のスムーズな力強さ、見えない部分の改良に好評価

CR-VとアウトランダーPHEVの運転&走行性能に関する満足度を、ユーザーの口コミから比較したところ、アウトランダーのEV走行に対して高い評価が集まっているのがわかりました。

ただ、EV走行の航続距離がそこまで長くないこと、ハイブリッド車以上に電気ありきなパワートレインには今後も改良の課題があるようで、自分のドライブスタイルに合っているか、比較検討するのがいいでしょう。

下取り車があるなら相場を調べておこう

値引き相場や欲しいグレードが決まってこれからディーラー巡りをするなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るでしょう。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。


CR-VとアウトランダーPHEVの乗り心地の口コミ・評価を比較

CR-Vの乗り心地の口コミ

CR-Vの乗り心地の口コミ

画像:honda.co.jp

CR-Vの乗り心地の満足度調査

【CR-Vの乗り心地・ここが満足】
静粛性が高く、ロードノイズがかなり抑えられていて高評価
・硬めだけど座り心地がよく、ホールド性の高いシートが人気
・ボディ剛性が感じられ、マルチリンクサスでしなやか&フラットな乗り心地
・家族や友人など同乗者も快適という口コミ多し
・段差などの突き上げもソフトに呑みこみ、不快にならない
【CR-Vの乗り心地・ここが不満】
・3列目シートは「穴倉に押し込められているみたい」と不評
2列目のエアコンは風量や温度調節ができなくて不便、という口コミも
・揺れやロールもよく抑えられているが、もう少し収束が早い方がいい
・全体的に天井がちょっと低く感じる(身長180センチ)
・後席のひょこひょこ跳ねる感じが不快、という評判も複数

CR-Vの乗り心地の満足度を調査するため、ユーザーの口コミを集めたところ、全体的に高い静粛性とフラットな乗り心地に評判がよいものの、後列に行くほど不満が大きくなりやすい傾向は、他の3列シートを備えるSUV車と概ね同じようです。

アウトランダーPHEVの乗り心地の口コミ

アウトランダーPHEVの乗り心地の満足度調査

【アウトランダーPHEVの乗り心地・ここが満足】
高い静粛性を評価する口コミ多数
・浮わつかない重厚な乗り心地が好評
・2018年8月のマイナーチェンジ前後で改善を実感できる、との口コミも
・荒れた路面でも凹凸をうまく吸収し、非常にマイルドな乗り心地が同乗者に人気
・「タイヤの1転がり目から物凄く気持ちいい」という声も
【アウトランダーPHEVの乗り心地・ここが不満】
・静かすぎて、ロードノイズや追い抜く車など周囲の音が気になる
エンジン走行時は乗り心地が悪くなる、との口コミを散見
・マイナーチェンジによる改善が感じられない、という声も
後列シートは狭めで床が少し高いため、脚が長いと深く座りにくい

アウトランダーPHEVの乗り心地についてユーザーの口コミを集めたところ、高い静粛性をはじめとする快適な乗り心地を高く評価する声が多く出ていました。

一方で「静かすぎて気になる」とか「後列シートが窮屈」、後はEV走行の航続距離が短いことから、その後のエンジン走行時では乗り心地が悪くなる、などの不満も出ています。

CR-VとアウトランダーPHEVの乗り心地の口コミ・比較まとめ

【CR-V】高い静粛性とフラットな乗り心地が人気
【アウトランダーPHEV】CR-Vと比肩する乗り心地ながら、EV走行時に限られる

CR-VとアウトランダーPHEVの乗り心地について、ユーザーの口コミをまとめて比較したところ、どちらも静粛性や衝撃吸収力にすぐれ、高い評価を集めていました。

ただし、アウトランダーPHEVについてはエンジン走行に切り替えると途端に乗り心地が悪化するリスクがあるため、安定性ではCR-Vの方が有利と言えるでしょう。

CR-VとアウトランダーPHEVの燃費の口コミ・評価を比較

CR-Vの燃費の口コミ

CR-Vの燃費の口コミ

画像:honda.co.jp

CR-Vの燃費の満足度調査

アウトランダーPHEVの燃費の口コミ

アウトランダーPHEVの燃費の満足度調査

CR-VとアウトランダーPHEVの燃費の口コミ・比較まとめ

【CR-V】平均実燃費:11.9 km/L(ハイブリッド車:17.4 km/L
【アウトランダーPHEV】平均実燃費: 18.5 km/L

CR-VとアウトランダーPHEVの燃費についての口コミを比較すると、普段の街乗りならほとんど電気(EV走行)でまかなえて給油回数が少ないアウトランダーPHEVの方に、より高い満足度が示されていました。

ただし、エンジン走行も必要な環境下では他のハイブリッド車と大差なくなることに対する不満も出ています(アウトランダーPHEVの「どちらでもない」という口コミには、CR-Vのそれと比較して、不満げなニュアンスが若干多く含まれていました)。

実燃費は路面状態や交通状況など走行条件によって変わって来るので、以下に走行条件ごとの実燃費をそれぞれまとめておきます。

【CR-Vの実燃費】
渋滞・街中:8~10 km/L(ハイブリッド車:13~15 km/L
バイパス等:12~14 km/L(ハイブリッド車:18~20 km/L
高速道路:14~16 km/L(ハイブリッド車:20~22 km/L【アウトランダーPHEVの実燃費】
渋滞・街中: 13~15 km/L
バイパス等: 19~21 km/L
高速道路:21~23 km/L

CR-VとアウトランダーPHEVの価格の口コミ・評価を比較

CR-Vの価格の口コミ

CR-Vの価格の口コミ

CR-Vの価格の満足度調査

【CR-Vの価格・ここが満足】
「高額とは思うが、充実した装備や内外装の高級感からすればその価値は充分」
「ベースグレードでも装備が充実しているので、妥当な価格だと思う」
「ナビやETC、ブラインドスポットモニター等が標準装備でコスパが高い」
「革シートはつける気がなかったが、いざ使ってみると満足感」
「最廉価グレードでマットくらいしかつけなければ、安く乗れる」
【CR-Vの価格・ここが不満】
「悪い車ではないが、価格設定が強気すぎる」
「ライバル車に比べて『CR-Vじゃないと得られないメリット』がない」
「装備は豊富だが、ナビをはじめ選択肢が狭すぎる」
「装備を削って価格をもっと下げて、オプションで選べるようにして欲しい」
「価格設定が高すぎて、セールスさんが売るのに困っている」

アウトランダーPHEVの価格の口コミ

アウトランダーPHEVの価格の口コミ

アウトランダーPHEVの価格の満足度調査

【アウトランダーPHEVの価格・ここが満足】
「PHEVの特別感は、高額なだけの価値がある」
「電源車として考えれば、非常にコスパは高い」
「モーター走行の近未来感は、多くの人に楽しんで欲しい」
「もっと売れるべき車。メーカーだけで毛嫌いしたらもったいない」
【アウトランダーPHEVの価格・ここが不満】
「相応に価値があるとは言っても、やっぱり高い」
「悪路走破性などが求められるSUVとして考えるといかがなものか」
「遠乗りが多いと、そこまで燃費がよくないので、お得感が薄い」

CR-VとアウトランダーPHEVの価格の口コミ・比較まとめ

【CR-V】割高感は否めないが「いい車」との評価多く、装備やスペックは充分
【アウトランダーPHEV】PHEVならではの近未来感と電源性能に高評価が集まる

CR-VとアウトランダーPHEVの価格に関する口コミを比較すると、CR-Vは装備の充実やスペックの高さは評価しながら、価格設定が高すぎるという不満が多く出ている一方で、アウトランダーPHEVはEV走行などの特別感に高い満足度が示されていました。

CR-VとアウトランダーPHEVの口コミ評価・比較まとめ

CR-VとアウトランダーPHEVの口コミ比較まとめ

満足度CR-VアウトランダーPHEV
エクステリア55.4%53.6%
インテリア44.9%52.3%
走行性能54.8%72.3%
乗り心地67.2%62.5%
燃費56.9%68.5%
価格27.7%65.4%
総合評価51.1%62.4%

以上、CR-VとアウトランダーPHEVについて口コミを6項目で比較してきましたが、総合評価を含めて2対5でアウトランダーPHEVの勝利となりました。

ユーザーの満足度では全体的にアウトランダーPHEVが有利となっていますが、特に価格に関しては35%以上の開きを見せており、強気すぎる価格設定でハンデを負ってしまったCR-Vは、その満足度を全体的に下げてしまったのが敗因と考えられます。

ただ、CR-Vそのものについては「いい車」という評価が多いため、新車の値引き交渉や下取り車なども活用して、少しでも安くお得に購入することで、コスパをより高めたいところです。

※以下で両車の値引き情報やリセール情報を公開しているので、参考にどうぞ。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

無料ネット査定とおすすめコーティング

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】今あなたの車がいくらで売れるのか?オークション相場から調べて査定額をお伝えする無料サービスです 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!1台1台オークション相場から調べて今の買取金額をお伝えする無料サービスです 夢...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...