あなたのアウトランダーを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

アウトランダーのガチな査定相場を紹介!

アウトランダーの無料ネット査定

あなたのアウトランダー、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがアウトランダーの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

アウトランダーの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のアウトランダーの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

アウトランダーのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのアウトランダーを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のアウトランダーの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】アウトランダーの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

アウトランダーで査定が高くなる組み合わせは?

アウトランダーの高額査定が期待できる組み合わせは?

アウトランダーで高い査定が出るグレードはコレ!

20G
24Gセーフティパッケージ
PHEV Gセーフティパッケージ

アウトランダー/アウトランダーPHEVの高額査定を実現する上で、クルマ購入時のグレード選択は重要なポイントとなります。

20Gはその手軽さと初期費用の安さによる相対的なリセールバリュー(購入価格に対する買取査定)の高さが魅力で、人気も高くおススメできるグレードの一つとなっています。

24Gセーフティパッケージは大排気量によるパワーと充実した安全装備で人気が高く、コストパフォーマンス・リセールバリュー共に優れたグレードとして、こちらもおススメです。

電気自動車とハイブリッド車双方のメリットを合わせたエンジン(PHEV)を持つアウトランダーPHEVの中では、安全性とリセールバリューの高さを兼ね備えたPHEV Gセーフティパッケージがおススメのグレードとなっています。

これらのグレードを選択することで、アウトランダーの高額査定を目指すベースが整います。

(※既に上記以外のグレードを所有しているユーザーも、以下に紹介するテクニックを駆使して高額査定が狙えるから大丈夫です!)

アウトランダーで高い査定が出る人気色はコレ!

アウトランダーの高額査定が期待できる人気カラー

ホワイトパール
ブラックマイカ

アウトランダー/アウトランダーPHEVの高額査定を目指すなら、クルマ購入時のボディカラー選択はとても重要です。

ボディカラーはアウトランダーの第一印象を決めますから、その人気を大きく左右します。

当然ながら、人気が高いアウトランダーは売れ残るリスクも低く、中古車販売店も積極的に仕入れたがるため、高額査定につながるのです。

開放感と清潔感を印象づけるホワイト、そして重厚感と高級感でブランド(信頼)性を生み出すブラックは、多くの人に受け入れられて人気も高く、アウトランダーのボディカラーにも多く選ばれています。

実際にアウトランダーの中古車買取相場を調べてみると、ホワイト&ブラックの人気2カラーとそれ以外のカラーでは、アウトランダーの査定相場に10万~30万円以上の金額差が出ていました。

ですから、アウトランダーの高額査定を目指すなら「無難」「定番」「安心」のホワイト&ブラックの人気2カラーをおススメします。

アウトランダーで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

電動ガラスサンルーフ
ルーフレール
メーカーナビ
本革シート

アウトランダー/アウトランダーPHEVの高額査定を目指すなら、新車購入=製造時に工場で取り付ける(後付け不可)なメーカーオプションの選択も重要ポイントとなります。

アウトランダーの高額査定が期待できる人気オプション・ガラスサンルーフ&ルーフレール

天井から空の光を取り込み、アウトランダーの車内空間を明るく開放的に演出できる電動ガラスサンルーフは、年代を問わず人気が高く、オプション料金以上の買取査定プラスが期待できるため、是非ともつけておきたいメーカーオプションの一つです。

アウトランダーの屋根に色々な荷物が固定できるルーフレールは、その使い方次第でアウトランダーの可能性を広げ、ファッション性も高めるために買取査定アップが期待できるメーカーオプションの一つです。

また、アウトランダーを海外市場(輸出買取相場。後述)に出す時の条件となっている事もあるため、保険の意味でもつけておくことをおススメします。

アウトランダーの高額査定が期待できる人気オプション・メーカーナビ

メーカーナビは工場でアウトランダーを製造するとき一緒に作りつけるだけあって、その一体感は(当然ながら)抜群、後付けナビの追随を許しません。

オプション料金が高いため、さすがにかけた費用は取り戻せないものの、アウトランダーの高額査定を後押しする査定アップが期待できるため、予算に余裕があればつけておきたいメーカーオプションとしておススメします。

アウトランダーの高額査定が期待できる人気オプション・マルチアラウンドモニター

また、メーカーナビには運転しているアウトランダーを上空から見下ろしたような視界が得られるバードアイビュー機能もついたマルチアラウンドモニターが一緒になっており、駐車時や狭い路地などでも安全運転をサポートしてくれるため、更なる付加価値が期待できます。

アウトランダーの高額査定が期待できる人気オプション・本革シート

本革シートは、合成皮革や織物シートには出せない座り心地と高級感が特徴で、手間と愛情をかけただけその魅力が高まり、あなたのアウトランダーに対する愛着もより深まるため、高額買取はもちろん、自分で乗る上でもおススメしたいメーカーオプションとして紹介します(シートヒーターもついて来ますから、寒い冬でも快適です!)。

これらのメーカーオプションを活用することで、アウトランダーの高額査定を目指す足場はより一層強固になります。

アウトランダーの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

スターリングシルバーメタリック
クオーツブラウンメタリック

先ほど「人気カラーのアウトランダーは、買取査定のアップが見込める」と紹介しましたが、裏を返せば「そうでない≒不人気なカラーのアウトランダーは、相対的に買取査定がダウン」してしまう事でもあります。

中古車買取市場にあまり数の出回っていないボディカラーのアウトランダーは「人気があまりない≒売れ残るリスクが高い」と見なされ、中古車販売店としても仕入れに消極的になってしまうため、買取査定もダウンしてしまいがちです。

というと、上記のカラーを見て「え?シルバーいいじゃん。いっぱい走っているし、何で人気ないとか言うの?」という疑問が湧いた方もいるでしょう。

確かに、シルバーは汚れも目立ちにくく、いぶし銀とも言われるその渋さから、新車購入時にはとても人気の高いボディカラーなのですが、中古車市場ではユーザー層の移り変わり(若者は、あまり渋いカラーを好まない傾向が見られます)があって、人気が下がってしまうのです。

また、ブラウンのように「ハッキリと渋い訳でも、イマドキなクールさを持つ訳でもない」要するに「中途半端」なカラーは「地味≠シック」と見なされ、こうしたカラーもあまりアウトランダーのボディカラーには選ばれないため人気が低く、買取査定が下がってしまうのです。

これらのカラーは、先ほど紹介したホワイト&ブラックの人気2カラーと比べて10万~30万円の差額が出ていますから、皆さんの個性も尊重したいところですが、アウトランダーの高額査定を目指す上では、これらのボディカラーについては避けた方が無難です。

修復歴による査定の減額

アウトランダーの査定がダウンする修復歴

あらら……そのアウトランダー、ぶつけちゃったんですか?

お怪我がなければ何よりですが、事故などによって「修復歴アリ」となってしまったアウトランダーは、無傷のアウトランダーに比べて、残念ながら査定相場が大きくダウンしてしまいます。

(そりゃ誰だって、ボロボロよりもピカピカのアウトランダーを買いたいですからね)

高年式・低走行の「査定相場が高いアウトランダーほど、買取査定のダメージ(売却損失額)が大きくなる」傾向があるため、注意が必要です。

ダメージの度合いにもよりますが、5年以内の売却でアウトランダーの査定相場を調査したところ、実に30万~50万円以上の損失が出ていました。

一瞬の油断で、数十万円の大損害です。

アウトランダーの高額査定を目指すなら、手放す最後の瞬間まで気を抜くことなく、日頃からセーフティドライブを実践しましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

アウトランダーの査定に影響するモデルチェンジ

モデルチェンジはアウトランダーの査定相場に大きな影響を与えるため、アウトランダーの売却時期を検討する上で大きなポイントとなります。

モデルチェンジは大別するとフルモデルチェンジとマイナーチェンジがあり、それぞれ改良の規模やアウトランダーの査定相場に与える影響度合いが違ってきます(その他、細かな分類は割愛)。

アウトランダーの内外装やエンジン等の仕様がバージョンアップされ、完全な新モデルとして生まれ変わるのがフルモデルチェンジで、アウトランダーに部分的な改良を加え、内外装のデザインやエンジン等のスペックが更新されるのがマイナーチェンジです。

モデルチェンジがアウトランダーの査定相場に与える影響は「フルモデルチェンジ>マイナーチェンジ」となります。

これらのモデルチェンジによって、アウトランダーの外見やスペックはもちろん、乗り心地や使い勝手まで大きく変わってくる事から、ユーザーの人気が動いて新旧アウトランダーの査定相場に大きな影響が及ぶという訳です。

つまり、モデルチェンジのタイミングを逃してしまうと、損してしまう可能性があるという事です。

モデルチェンジによって旧式となるアウトランダーの査定相場が下がり始めてしまうのは、一般的にモデルチェンジの入る3ヶ月前からと言われています。

フルモデルチェンジのタイミングでアウトランダーを売却するなら、モデルチェンジの情報をあらかじめキャッチしておき、モデルチェンジの入る3か月前を目安にアウトランダーを売却できるよう計画的に行動しましょう。

輸出によるアウトランダーの査定相場の底値は?

アウトランダーの輸出相場を査定

【アウトランダー】
・現行(2012年10月~) 不明
・初代(2005年10月~) 15万~30万円

【アウトランダーPHEV】

・現行(2012年12月~) 不明

過走行や修復歴によって、国内市場では敬遠されてしまうような状態のアウトランダーでも、海外市場ではニーズが残っていることがあるため、上記の底値(輸出買取相場)で買い取って貰えるチャンスが残っています。

現行型については、アウトランダー/アウトランダーPHEVのどちらもまだ年式が新しく、国内市場で十分通用するためデータが不足していますが、もし輸出買取相場に出すとしても、初代アウトランダーよりは高水準での査定が期待できるものと思われます。

ちなみに、アウトランダーを輸出買取相場に出すためには、ディーラーではなく買取店に持っていく必要があります。

ディーラーの下取りに出したら「価値なし&処分手数料」と査定されかねない状態のアウトランダーでも、買取店でなら救済の余地があるため、諦めずにアウトランダーを持っていくようにしましょう。

ただし、ピクリとも動かないような状態のアウトランダーでは、さすがに底値を叩き割ってしまうかも知れないため、最低でもキチンと動く・乗れる状態でアウトランダーを売却できるようにしましょう。

アウトランダーの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

アウトランダー査定相場とリセールバリュー

ここでは、当サイトが業者オークションデータを元に独自査定したアウトランダーの査定相場とリセールバリュー推移をまとめています。

皆さんがアウトランダーを売却するタイミングの参考にしてください。

現行型(2代目)アウトランダーの査定相場(2018年7月査定)

現行型アウトランダーの査定相場とリセールバリュー

2012年10月~販売中

アウトランダー 24Gナビパッケージ 4WD/色:白黒/修復歴なし/新車価格328.4万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 –万キロ –万円 –% 233万円
2017年 1.1万キロ 231万円 70.3% 212万円
2016年 1.1万キロ 229万円 69.7% 197万円
2015年 2.9万キロ 216万円 65.7% 177万円
2014年 3.3万キロ 170万円 51.7% 128万円
2013年 6.4万キロ 122万円 37.1% 106万円
2012年 6.9万キロ 109万円 36.5% 92万円

現行型(2代目)アウトランダーの査定相場とリセールバリューを年式別にまとめました。

マイナーチェンジの入った2015年を境に、査定相場が40万円以上の下落を見せており、モデルチェンジの査定相場に与える影響力が窺い知れます。

(※この時のマイナーチェンジは、外観&足回りをメインに、フルモデルチェンジ並みの生まれ変わりを見せました)

ちなみに、2014年式から2013年式にかけての価格差も50万円近く生じていますが、これは(1)走行距離に約2倍(3万キロ)の差が出ていること、(2)2014年式は査定にプラスなメーカーナビな装備されていること、(3)2014年式は車両状態が良好なこと、等の要素が通常の値動きにプラスされたためです。

ところで、3年落ちアウトランダーのリセールバリューは65.7%と普通乗用車の平均値(50~55%)を上回っているため、売却に有利と言えます。

初代アウトランダーの査定相場(2018年7月査定)

初代アウトランダーの査定相場とリセールバリュー

2005年10月~2012年10月生産モデル

アウトランダー24G 4WD/色:白黒/修復歴なし/新車価格268.8万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2012年 5.1万キロ 96万円 35.7% 75万円
2011年 9.6万キロ 79万円 29.3% 58万円
2010年 8.1万キロ 56万円 20.8% 42万円
2009年 9.6万キロ 47万円 17.4% 32万円
2008年 10.2万キロ 38万円 14.1% 24万円
2007年 10.6万キロ 31万円 11.5% 16万円
2006年 12.3万キロ 24万円 8.9% 9万円
2005年 12.7万キロ 20万円 7.4% 6万円

初代アウトランダーの査定相場とリセールバリューを年式別にまとめました。

最初の内は20万円前後の落差があるものの、年式が進むにつれ、次第に穏やかに下がっていく傾向が見られます。

先ほど紹介した輸出相場によって、13年落ちの2005年式でも査定相場が残っているので、安心して乗り続けることができるでしょう(ただし、きちんと走れる状態が大前提です)。

初代アウトランダーPHEVの査定相場(2018年7月査定)

初代アウトランダーPHEVの査定相場とリセールバリュー

2013年1月~販売中

アウトランダーPHEV Gナビパッケージ/色:白黒/修復歴なし/新車価格432.4万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 –万キロ –万円 –% 288万円
2017年 1.0万キロ 299万円 69.1% 255万円
2016年 1.7万キロ 278万円 64.2% 249万円
2015年 3.0万キロ 263万円 60.8% 220万円
2014年 4.1万キロ 163万円 37.6% 149万円
2013年 5.0万キロ 158万円 36.5% 138万円

現行型(初代)アウトランダーPHEVの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

2015年6月のマイナーチェンジを境として、前後モデルで100万円前後の価格差が生じていました。

通常、マイナーチェンジで100万円レベルの差額が生じることはあまり考えられませんが、今回は外観や足回りがフルモデルチェンジ並みに生まれ変わった事により、2015年式の車両状態や充実した装備も相まって、ここまで差が開いたものと考えられます。

ちなみに、3年落ちリセールバリューは60.8%と本家アウトランダーには一歩譲るものの、普通乗用車の平均値(50~55%)は上回っているため、十分に価値が残るクルマと言えるでしょう。

ところで、表の右端にアウトランダーPHEVをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店による査定装備に比べて、約15万~45万円ほど安くなっているのが分かります。

これはディーラーが既定のマニュアルを基に、表面的なデータを機械的に査定するためで、この差額を「手続き諸々肩代わりしてくれる便利コスト」と割り切れる方はいいのですが、少しでもおカネを手元に残したい場合、買取店でも査定して貰い、納得いくまで比較検討したいところです。

買取店へ査定してもらうならこちら

13年落ち&38万キロ?古い・過走行のアウトランダーでも売れるのか?

古くても過走行でも、アウトランダーは売れるのでしょうか。

ここでは、業者が利用しているオークションの実データから、旧年式&過走行のアウトランダーを1台ピックアップ。

合わせて中古車市場トレンドも分析し、アウトランダーの査定相場が残る可能性について検証していきます。

初代アウトランダーの過走行車でも査定相場が残っているか?
2005年式 初代アウトランダー G 4WD 384,000㎞ ディープブルーマイカ 修復歴なし  6万円

13年落ち&走行距離38万キロ(!)に加えて「エンジンルーム内サビ」「エンジンオイル滲み」「ミッション&足回り異音」「左リアフェンダー交換(ぶつけられた?)」「下回りサビ&腐食」という状態でも、初代アウトランダーには査定相場が残っていました。

しかも、旧年式(10年落ち超)&過走行(走行距離10万キロ超)という条件に絞り込んで中古車市場を調査したところ、ほぼすべての初代アウトランダーに5万円前後以上の査定相場が残っていました(残らなかったのは調査対象全体の1.6%)。

そんな状態なので、ここではむしろ査定相場が残らなかった数台の特徴をまとめてみます。

走行距離は10万~21万キロとまちまち
年式は11年~13年落ちとまちまち
1台除き修復歴あり
ボディカラーは大半がグレー(他シャンパン等)
不動車(中には後進のみ可というクルマも)または事故現状車

走行距離と年式、修復歴、ボディカラーについては同じ条件でバッチリ査定相場が残っているアウトランダーが大半なため、査定がつかない原因としては考えにくいです。

やはり、不動車や事故現状車など、まともに走れないことが最大のネックと考えられます。

つまり、まともに走りさえすれば旧年式でも過走行でも、それこそ修復歴ありでも5万前後~20万円以上の査定相場は残っている事になります。

しかし、これがディーラー下取りだったら「旧年式&過走行&修復歴」というトリプルパンチを前に、既定のマニュアルに照らして即座に「ゼロ円(+ディーラーによっては処分手数料)」と査定してしまうでしょう。

こんなもったいない話はないので、面倒でも買取店で一度査定してもらうことをおすすめします。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら