デリカD5の人気グレードを比較!売れ筋のディーゼルやグレードの違いを分析、おすすめも紹介

デリカD5のグレード選びにあたり、迷っている人も多いと思います。特に、

  • 2.2Gと2.2Mはどこが違う?
  • 2.2Pと2.2G-パワーパッケージのどっちを選ぶべき?
  • 2.2アーバンギア G-パワーパッケージと2.2G-パワーパッケージの違いは?

などが気になるところではないでしょうか。

このページではそんな悩みを解決できるよう、デリカD5の売れ筋グレード同士の装備の違いや価格差が妥当かどうかなどを検証しながら、おすすめのグレードを紹介します。

また当社中古車販売店ならではの、業者オートオークション取引台数から割り出した、売れているグレードの人気ランキングと、3年後のリアルなリセール予測も紹介しているので、デリカD5のグレード選びの参考にどうぞ。

デリカD5のグレード一覧

グレード名価格(円)カタログ燃費(km/L)
2.0 M リミテッドパッケージ (8人乗り)2,449,44013.0
2.0 G リミテッドパッケージ (8人乗り)2,802,60013.0
2.4 M リミテッドパッケージ (8人乗り) 4WD2,896,56010.6
2.4 G リミテッドパッケージ (8人乗り) 4WD3,218,40010.6
2.2 M (8人乗り) 4WD3,842,64013.6
2.2 G (7人乗り) 4WD3,942,00013.6
2.2 G (8人乗り) 4WD3,942,00013.6
2.2 G パワーパッケージ (7人乗り) 4WD4,082,40013.6
2.2 G パワーパッケージ (8人乗り) 4WD4,082,40013.6
2.2 P (7人乗り) 4WD4,216,32013.6
2.2 P (8人乗り) 4WD4,216,32013.6
2.2 アーバンギア G (7人乗り) 4WD4,067,28013.6
2.2 アーバンギア G (8人乗り) 4WD4,067,28013.6
2.2 アーバンギア G-パワーパッケージ (7人乗り) 4WD4,207,68013.6
2.2 アーバンギア G-パワーパッケージ (8人乗り) 4WD4,207,68013.6

※グレード名冒頭の数字は排気量です。例)2.2=2200cc

ジュン君
ジュン君

デリカD5のグレード一覧を見ても価格が分かるだけで、グレードの違いや装備は分かりませんね。ここから気になる人気グレードの違いを詳しく説明します!

デリカD5の売れ筋グレードを比較!グレード間の装備の違いと価格差は妥当か?

デリカD5の装備は、三菱自動車発表の公式装備一覧表を基にしています。

デリカD5 2.2Gと2.2Mの違い

比較項目2.2 G
装備の違いアクセサリーソケット(インパネロア/リヤクォーター)
アクセサリーコンセント
両側ワンタッチ電動スライドドア
225/55R18タイヤ
価格3,942,000円
比較項目2.2 M
装備の違いアクセサリーソケット(インパネロア)
助手席側ワンタッチ電動スライドドア
225/70R16タイヤ
価格3,842,640円

価格差:2.2Gの方が99,360円高い

デリカD5の2.2Gと2.2Mの比較です。

99,360円高い2.2Gは、ワンタッチ電動スライドドアが両側に付くほか、家電の使用やスマホの充電などに便利なソケット・コンセント類が充実しています。

ただ、乗り心地の面ではハイトの高いタイヤを履く2.2Mが有利と言えるでしょう。

コウさん
コウさん

赤字で示した装備について詳しく解説しよう!

アクセサリーコンセント

2.2 Gはフロアコンソール後部に、家庭用の電気製品が使えるAC100Vのアクセサリーコンセントが付きます。

容量が100W以下なので使える家電品は限られますが、それでもあるのと無いのでは大違いです。

両側ワンタッチ電動スライドドア

デリカD5のワンタッチ電動スライドドア

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/

ワンタッチ電動スライドドアは、キーレスオペレーションキーをポケットやバッグなどに携帯していれば、ドアハンドルのワンタッチスイッチを押すだけでスライドドアを電動開閉できる装備です。

特に両手が荷物で塞がっている時や、赤ちゃんを抱いている時などに重宝します。

この便利さに慣れてしまうと、手動式のスライドドアを開閉するのが煩わしく感じるので、やはり2.2Gのように両側に付いている方がベターです。

コウさん
コウさん

Gの最大の魅力は、ワンタッチ電動スライドドアが両側に付くこと。買うなら絶対Gだ!10万円弱の出費を惜しんでMを選んでしまうと、後悔するぞ。

デリカD5 2.2G-パワーパッケージと2.2Gの違い

比較項目2.2 G-パワーパッケージ
装備の違い運転席パワーシート
運転席・助手席シートヒーター
エレクトリックテールゲート
価格4,082,400円
比較項目2.2 G
装備の違い
価格3,942,000円

価格差:2.2G-パワーパッケージの方が140,400円高い

デリカD5の2.2G-パワーパッケージと2.2Gの違いです。

140,400円高い2.2G-パワーパッケージだけに付く装備として、スライド/リクライニング/ハイト/チルトの4項目を電動調整できる運転席パワーシートと、運転席・助手席シートヒーター、そしてスイッチを押すだけでテールゲートが電動開閉できるエレクトリックテールゲートがあります。

コウさん
コウさん

赤字で示した運転席・助手席シートヒーターは特にニーズの高い装備なので、以下で詳しく解説しよう!

運転席・助手席シートヒーター

デリカD5のシートヒーター

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/

※2.2 Gは54,000円で運転席パワーシートとメーカーセットオプション設定

運転席・助手席の座面とシートバックをヒーターで暖める装備です。

冬の日はエアコンの暖房がなかなか効かないので、走り出してしばらくの間は寒さを我慢しなければなりません。

しかし、シートヒーターがあれば短時間で身体を直接暖めてくれるので、乗り出しから大変快適です。

最初は温度切替をハイにして、しばらく経ってシートが暖まったらローに切り替えると良いでしょう。

この心地よさに慣れてしまうと、もうシートヒーターの無いクルマには乗りたくなくなります。

コウさん
コウさん

Gにシートヒーターとパワーシートを付けると、G-パワーパッケージとの価格差は86,400円になる。つまり、パワーテールゲートに86,400円分の価値を見い出せるるなら、G-パワーパッケージを買った方がいい。自分ならそこまでパワーテールゲートに魅力を感じないので、Gにシートヒーター&パワーシートを付けて乗るだろう。

デリカD5 2.2Pと2.2G-パワーパッケージの違い

比較項目2.2 P
装備の違いルーフビームガーニッシュ(天井照明)
マルチアラウンドモニター
自動防眩ルームミラー
後側方車両検知警報システム
後退時車両検知警報システム
フォグランプベゼル:高輝度シルバー
アウタードアハンドル&ドアミラー:メッキ
価格4,216,320円
比較項目2.2 G-パワーパッケージ
装備の違いフォグランプベゼル:シルバー
アウタードアハンドル&ドアミラー:カラード
価格4,082,400円

価格差:2.2Pの方が133,920円高い

デリカD5の2.2Pと2.2G-パワーパッケージの違いです。

133,920円高い2.2Pは充実した安全装備が付くほか、外装の仕上げも2.2G-パワーパッケージより若干上質になっています。

コウさん
コウさん

あると特に便利な装備を赤字で示したぞ。以下で解説しよう!

マルチアラウンドモニター

デリカD5のマルチアラウンドモニター

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/

※2.2G-パワーパッケージは59,400円で自動防眩ルームミラーとメーカーセットオプション設定

車両の前後左右4箇所に搭載されたカメラの映像をルームミラーのモニター画面に表示し、運転をサポートする装備です。

車両を上から俯瞰した映像も表示できるので、自車と周辺の状況が手に取るように分かります。

特に、狭い駐車スペースでの駐車や狭い路地での離合の際などに大変便利です。

自動防眩ルームミラー

デリカD5の自動防眩ルームミラー

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/

※2.2G-パワーパッケージは59,400円でマルチアラウンドモニターとメーカーセットオプション設定

後続車のライトを検知して、自動でルームミラーの反射率を無段階調整する装備です。

最近はLEDなどの明るいヘッドライトが付いているクルマが増えているので、眩しい思いをする機会も増えました。

しかし、この装備があれば眩しさから解放されるので、快適なナイトドライブが楽しめます。

後側方車両検知警報システム

デリカD5の後側方車両検知警報システム

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/

※2.2G-パワーパッケージは48,600円で後退時車両検知警報システムとメーカーセットオプション設定

約10キロ以上で走行中、ミリ波レーダーで斜め後方の死角から接近する車両を検知し、ドアミラーインジケーターの点灯でお知らせする装備です。

更にその方向にウインカーを出して車線変更しようとすると、インジケーター点滅とブザー音で注意を促すので、思わぬ接触事故を防ぐことができます。

車線変更時のヒヤリハットは誰にでも経験があるはずですが、この装備があれば安全性が高まります。

後退時車両検知警報システム

デリカD5の後退時車両検知警報システム

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/

※2.2G-パワーパッケージは48,600円で後側方車両検知警報システムとメーカーセットオプション設定

シフトポジションをRに入れて停車または低速で後退時、ミリ波レーダーで斜め後方の車両を検知し、画面表示やドアミラーインジケーター、ブザー音により注意を促す装備です。

バックで出庫する際は、後方左右から接近する車両が見辛いので大変気を使いますが、この装備は大きな味方になってくれます。

コウさん
コウさん

ここで紹介した安全装備が標準で付くことを考えれば、133,920円余分に払ってPを買う価値があるように思える。でも、これらの安全装備はG-パワーパッケージにも108,000円で付けることが可能だ。自分なら内外装のちょっとした差は気にならないので、G-パワーパッケージを買って安全装備を付けるだろう。

デリカD5 アーバンギア G-パワーパッケージと2.2G-パワーパッケージの違い

比較項目2.2 アーバンギア G-パワーパッケージ
内外装の違いフロントグリル:メッキ
フォグランプベゼル:スクエアタイプ(メッキ)
ドアガーニッシュ&リヤバンパーガーニッシュ:エアロタイプ
テールゲートガーニッシュ:クリアタイプ
アウタードアハンドル&ドアミラー:メッキ
内装色:ブラック
価格4,207,680円
比較項目2.2 G-パワーパッケージ
内外装の違いフロントグリル:シルバー
フォグランプベゼル:ラウンドタイプ
テールゲートガーニッシュ
アウタードアハンドル&ドアミラー:カラード
内装色:ブラックまたはベージュ(汚れプロテクト)
価格4,082,400円

価格差:アーバンギア G-パワーパッケージの方が125,280円高い

デリカD5のアーバンギア G-パワーパッケージ(以下アーバンギア)と、2.2 G-パワーパッケージ(以下スタンダード車)の違いです。

安全・快適装備に違いはありませんが、アーバーンギアは外装の加飾がワンランク上になっています。

一方、内装はスタンダード車が2色から選べるのに対し、アーバンギアはブラックしか選べません。

コウさん
コウさん

以下で、アーバンギアとスタンダード車の内外装の違いを解説しよう!

アーバンギアとスタンダード車の外装の違い

デリカD5アーバンギアのフロントビュー

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/

デリカD5アーバンギアのリアビュー

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/

デリカD5のアーバンギアの外装です。

フロントビューはメッキのスッキリしたフロントグリルや、スクエアタイプのメッキ加飾付フォグランプベゼルが特徴になっています。

切削光輝仕上げのアルミホイールはアーバンギア専用デザインで、引き締まったイメージです。

リアビューは、クリアタイプのバックドアガーニッシュやエアロタイプのバンパーを採用し、クールなイメージに仕立てられています。

 

デリカD5のノーマル車のフロントビュー

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/

デリカD5のノーマル車のリアビュー

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/

デリカD5のスタンダード車の外装です。

フロントビューは、シルバーのフロントグリルがややデコラティブに感じられます。

フォグランプベゼルはラウンドタイプで、メッキの加飾はありません。

アルミホイールは切削光輝仕上げという点ではアーバンギアと同じですが、こちらの方が華やかなデザインになっています。

リアビューは、バックドアガーニッシュの上部に赤いリフレクターが付くことや、バンパーがオーソドックスな形状であることがアーバンギアとの相違点です。

アーバンギアとスタンダード車の内装の違い

デリカD5のブラック内装

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/

デリカD5のアーバンギアと、スタンダード車でも選択可能なブラックのシート表皮です。

シックでスポーティな雰囲気が感じられます。

 

デリカD5のベージュ内装

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/

デリカD5のスタンダード車のみで選択できる、ベージュのシート表皮です。

明るくアットホームな雰囲気が感じられます。

汚れが目立ちそうなベージュカラーですが、汚れプロテクト機能付なので、小さいお子さんが居たりペットを乗せる場合でもベージュ内装を選ぶ事ができるでしょう。

コウさん
コウさん

ほぼ外装の違いのみで125,280円の価格差は大きいな。よほどアーバンギアの外装が気に入った場合は別として、マイチェン前のオフローダーのイメージを踏襲したスタンダード車で十分だと思うぞ。

デリカD5の売れ筋人気グレードランキング

デリカD5のグレード選びにあたり、売れ筋の人気グレードや販売比率を参考にしたい人も多いと思います。

ここでは、実際の流通台数を調査してデリカD5の人気グレードをランキングにしてみました。

※売れ筋グレードランキングの根拠は、過去3か月間の中古車オートオークション(USS,TAA,HAA,CAA,JU,アライ,ベイオーク,ミライブ他)での合計取引台数を元にランキングしています。

順位グレード名3年後のリセール
1位2.2 G-パワーパッケージ65-75%
2位2.2 P65-75%
3位2.2 アーバンギア G-パワーパッケージ65-75%
4位2.2 G65-75%
5位2.2 アーバンギア G65-75%
6位2.2 M65-75%
7位2.0 M リミテッドパッケージ55-65%
8位2.4 G リミテッドパッケージ65-70%
9位2.0 G リミテッドパッケージ55-65%
10位2.4 M リミテッドパッケージ65-70%

※2019年式モデルを対象に流通台数を調査

デリカD5 2.2 G-パワーパッケージの流通台数が最も多く、売れ筋のグレードランキング1位となっています。

上位6位までをディーゼルエンジン搭載の新型デリカD5が独占、ガソリンエンジン搭載のデリカD5はデザインが古く装備が劣るため、人気がありません。

3年後のリセールを見ても、現状ではディーゼル車が有利です。

デリカD5のおすすめグレードはコレ

デリカD5の外観

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/

  • デリカD5 2.2 G
  • デリカD5 2.2 G-パワーパッケージ

デリカD5 2.2 Gのおすすめの理由

デリカD5のグレード展開は、基本的にガソリン車が4タイプ、ディーゼル車が6タイプの全10タイプがラインナップされています。

おすすめはやはり装備や燃費が優れたディーゼル車ですが、その中でもコストパフォーマンスが高いのは2.2 Gです。

必要な装備がひととおり揃っていながら400万円を切る価格は、魅力的に感じられます。

オプションのパワーシートとシートヒーターは付けた方がベターですが、その状態で上級グレードの2.2 G-パワーパッケージより割安に感じられるのも良いところです。

デリカD5 2.2 G-パワーパッケージのおすすめの理由

人気重視でデリカD5のおすすめグレードをあげるなら、2.2 Gではなく「2.2 G-パワーパッケージ」になります。

人気ナンバーワングレードという安心感に加え、リセールも期待できることがおすすめの理由です。

また、2.2 Gにはオプションでも付けられないエレクトリックテールゲートが標準装備されますが、小柄な人や力が弱い人には価値の高い装備と言えます。

もし予算に余裕があって、とにかく「全部載せ」のグレードが欲しい場合は、最上級グレードの2.2 Pを選ぶと良いでしょう。

価格は高くなりますが、大きな満足感が得られるはずです。

デリカD5おすすめグレードの乗り出し価格は

デリカD5のおすすめグレードの見積シミュレーションです。

値引きや人気オプションを含めたリアリティのある乗り出し価格なので、参考にしてみて下さい。

デリカD5 2.2 Gの乗り出し価格

グレード名デリカD5 2.2 G
車両本体価格3,942,000円
メーカーオプション名ウォームホワイトパール
メーカーオプション価格43,200円
ディーラーオプション名7.7型ナビ
ETC2.0
サイドバイザー
フロアマット
ディーラーオプション価格375,622円
諸費用124,720円
車両目標値引き▲300,000円
オプション値引き▲75,000円
乗り出し価格4,110,542円

メーカーオプションは人気色のウォームホワイトパールを選択、ディーラーオプションは7.7型ナビなどを選び、値引きを入れて乗り出し価格411万円となりました。

デリカD5 2.2 G-パワーパッケージの乗り出し価格

グレード名デリカD5 2.2 G-パワーパッケージ
車両本体価格4,082,400円
メーカーオプション名ウォームホワイトパール
メーカーオプション価格43,200円
ディーラーオプション名10.1型ナビ
ETC2.0
サイドバイザー
フロアマット
ディーラーオプション価格469,949円
諸費用124,720円
車両目標値引き▲300,000円
オプション値引き▲95,000円
乗り出し価格4,325,269円

メーカーオプションはウォームホワイトパールを選択、ディーラーオプションは上級の10.1型ナビなどを選び、値引きを入れて乗り出し価格432.5万円となりました。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円の差額・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分ほどの入力で買取店への査定申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう