あなたのパジェロを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

パジェロのガチな査定相場を紹介!

パジェロの無料ネット査定

あなたのパジェロ、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがパジェロの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

パジェロの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のパジェロの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

パジェロのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのパジェロを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のパジェロの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】パジェロの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

パジェロで査定が高くなる組み合わせは?

パジェロの高額査定が期待できる組み合わせは?

パジェロで高い査定が出るグレードはコレ!

3.2ロング エクシード
3.2ロング スーパーエクシード
ディーゼル車
ロング(5ドア、7人乗り)

パジェロの高額査定を目指す上で、有利なグレードがこちらになります。

力強さと安定感あふれる走りが自慢のパジェロは、トルク感と環境性能に定評のあるディーゼル車と、オンロード/オフロードを問わない多用途性から大人数で乗れるロング(5ドア7人乗り。ちなみにショートは3ドア5人乗り)の人気が高くなっています。

そのため、中古車市場でも引き合いが多く、中古車販売店も積極的に仕入れたがるため、これらのパジェロは高額査定が期待できるのです。

その中でも、ハイグレード感あふれるインテリアや装備を充実させた最上級グレードの3.2ロング スーパーエクシードと、リーズナブルな価格とこだわり装備のコストパフォーマンスに優れた3.2ロング エクシードに人気が集まっているため、こちらのパジェロがおススメです。

これらのグレード・仕様を選ぶことで、パジェロの高額査定を目指しましょう。

(既におススメ以外のグレードを所有しているユーザーも、以下に紹介するテクニックを駆使して高額査定が狙えます!)

パジェロで高い査定が出る人気色はコレ!

パジェロの高額査定が期待できる人気カラー

ウォームホワイトパール
ダイヤモンドブラックマイカ

パジェロの高額査定を目指すなら、ボディカラーの選択にも気が抜けません。

遠くから見たパジェロの第一印象を決めるのはボディカラーですから、人気を大きく左右します。

人気が高ければ売れ残るリスクが低いため、中古車販売店も当然人気カラーのパジェロを仕入れたがり、高額査定につながります。

清潔感と開放感で明るい印象を与えるホワイトと、重厚感と高級感でブランド(信頼)をイメージするブラックは、昔から日本人の感性にフィットして人気が高く、パジェロのボディカラーとしても多く選ばれています。

実際にパジェロの中古車査定相場を調べてみると、ホワイト&ブラックの人気2カラーと他カラーでは、査定相場に10万~30万円以上の金額差が出ていました。

なので、ここでは「無難」「定番」「安心」のホワイト&ブラックの人気2カラーをおススメします。

パジェロで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

本革内装
ルーフレール
電動ロングサンルーフ

パジェロの高額査定を目指すためには、これらのメーカーオプションを活用(新車購入時に装着)することも有効です。

パジェロの高額査定が期待できる人気オプション・本革内装

パジェロ車内のハイグレード感を最大限に引き出す本革内装は、高額査定はもちろん、自分で乗る上でもおススメしたいオプションの一つです。

合成皮革や織物シートには出せない質感と座り心地(長く乗るほどフィット感が高まります)は、ちょっとメンテナンスの手間をかけても余りある価値があります(ただし冬は冷たいため、個人的にはシートヒーターもあわせておススメ)。

パジェロの本革内装にはブラックとベージュがありますが、ベージュは汚れが目立ちやすく、かえって買取査定のマイナス要素になってしまうリスクもあるので、汚さないように乗りたいものです。

パジェロの高額査定が期待できる人気オプション・ルーフレール

車内に入らない荷物も屋根に固定・運搬できるルーフレールは、使い方・アイディア次第でパジェロの可能性を広げ、ファッション性も向上させるため、人気の高いオプションとしてパジェロの買取査定アップが見込めます。

また、後述するようにパジェロは海外市場での人気も高く、ルーフレールの装着が輸出買取相場に出す時の条件となっていることもあるため、保険の意味でもつけておくことをおススメします。

パジェロの高額査定が期待できる人気オプション・電動ロングサンルーフ

そして電動ロングサンルーフは、空からの明かりを取り込んでパジェロの車内を明るく、開放感を演出できるため、老若男女を問わず大人気なオプションの一つです。

オプション料金以上の買取査定アップが期待できるため、ここは是非ともパジェロに装着しておきましょう。

これらのメーカーオプションを活用して、パジェロの高額査定を目指すと共に、自分で乗る上でも快適なドライブを楽しんで頂ければと思います。

パジェロの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

パジェロの査定ダウンにつながる不人気カラー

スターリングシルバーメタリック
ディープブロンズメタリック

先ほど「人気カラーのパジェロは、買取査定アップが期待できる」と紹介しましたが、逆に言えば「不人気カラーのパジェロは、買取査定がダウンしてしまう」ということになります。

中古車買取市場にあまり台数の出てこないボディカラーのパジェロは「人気がない≒売れ残るリスクが高い」と判断され、中古車販売店も仕入れに消極的になってしまうため、買取査定もダウンしてしまうのです。

先ほど紹介したホワイト&ブラックの人気2カラーと比べて10万~30万円の差額が出ているため、お得を追求するか、自分の好きなカラーを楽しむか、よく検討してもらえればと思います。

修復歴による査定の減額

パジェロの査定ダウンにつながる修復歴

事故などを起こして「修復歴アリ」となってしまったパジェロは、ノーダメージなパジェロに比べて査定相場が大幅にダウンしてしまいます。

高年式・低走行の「査定相場が高いパジェロほど、買取査定のダウン(損失額)が大きくなる」傾向が見られるため、注意が必要です。

中古車市場を調査したところ、ダメージの度合いにもよりますが、5年以内の売却でパジェロの査定相場に30万~50万円以上の金額差(≒損失)が出ていました。

一瞬の油断で、数十万円の大損害。

あなたのパジェロはそうならないよう、手放す瞬間まで気を抜かず、セーフティドライブを徹底しましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

パジェロの査定相場に影響するモデルチェンジ

パジェロは最近10年間にモデルチェンジが入っていないため、過去のデータに基づく一般論になりますが、モデルチェンジはパジェロの査定相場に大きな影響を与えます。

モデルチェンジには大きく分けてフルモデルチェンジとマイナーチェンジの2つがあり、それぞれ意味合いやパジェロの査定相場に与える影響が違います。

パジェロの内外装やエンジン等の仕様が一新され、完全な新モデルとして生まれ変わらせるのがフルモデルチェンジで、パジェロを部分的に改良し、内外装のデザインやエンジン等の仕様が更新されるのがマイナーチェンジです。

パジェロの内外装などが変わる度合いの大きさとしては「フルモデルチェンジ>マイナーチェンジ」となります。

これらのモデルチェンジはパジェロの外見やスペック、使い勝手や乗り心地を大きく変えることから、ユーザーの人気が移り変わって新・旧パジェロの査定相場に大きな差額を生み出します。

つまり、モデルチェンジのタイミングを逃してしまうと、パジェロの買い替えで大きなダメージ(損失)を受ける危険性が高いのです。

フルモデルチェンジによって旧式となるパジェロの査定相場が下がり始めるのは、一般的にモデルチェンジの入る3ヶ月前からと言われています。

フルモデルチェンジのタイミングでパジェロを買い替えるなら、モデルチェンジの入る3か月前を目安にパジェロを売れるよう、計画的に行動した方がいいでしょう。

輸出によるパジェロの査定相場の底値は?

パジェロの輸出相場を査定

【ディーゼル車】
現行(2006年10月~) 50万~100万円
3代目(1999年9月~) 15万~50万円
2代目(1991年1月~) 15万~30万円
初代(1982年5月~) 5万~30万円
【ガソリン車】
現行(2006年10月~) 30万~50万円
3代目(1999年9月~) 5万~30万円
2代目(1991年1月~) 5万~15万円
初代(1982年5月~) 5万円前後

過走行や修復歴などにより、国内市場では敬遠されてしまうような状態でも、海外市場でも引き合いが多いパジェロは、上記の底値(輸出買取相場)で買い取って貰えるチャンスがあります。

こうして見ると、ディーゼル車の方がガソリン車よりも需要が高く、輸出買取相場も高くなっているのがわかります。

ちなみに、パジェロを輸出買取相場に出すためには、ディーラーではなく買取店で査定してもらう必要があります。

ディーラー下取りだと「価値ゼロ&処分手数料」と言われてしまうようなパジェロでも、海外市場では十分に価値があるため、諦めずに買取店へ持って行くようにしましょう。

ただし、完全に動かないような状態のパジェロだと、たとえ海外市場に出せたとしても、底値を割ってしまうかも知れません。

基本的に、パジェロは「動きさえすれば買手が(現れることが)期待できる」クルマなので、日頃から「価値を少しでも残す」よう、大切に乗りましょう。

パジェロの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

パジェロの査定相場とリセールバリュー

ここでは、当サイトが業者オークションデータを元に独自査定したパジェロの査定相場とリセールバリュー推移をまとめています。

皆さんがパジェロを売却するタイミングの参考にしてください。

現行型(4代目)パジェロの査定相場(2018年7月査定)

現行型パジェロの査定相場とリセールバリュー

2006年10月~販売中

パジェロ ロングエクシード (ディーゼル車)/色:白黒/修復歴なし/新車価格428.2万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ 343万円 80.1% 326万円
2017年 –万キロ –万円 –% 292万円
2016年 3.9万キロ 288万円 67.2% 266万円
2015年 3.0万キロ 289万円 67.4% 247万円
2014年 3.9万キロ 281万円 65.6% 232万円
2013年 7.3万キロ 213万円 49.7% 194万円
2012年 5.1万キロ 191万円 44.6% 177万円
2011年 7.3万キロ 179万円 41.8% 159万円
2010年 –万キロ –万円 –% 131万円
2009年 10.6万キロ 127万円 29.6% 118万円
2008年 10.6万キロ 133万円 31.0% 115万円
2007年 –万キロ –万円 –% –万円
2006年 –万キロ –万円 –% –万円

現行型(4代目)パジェロの査定相場とリセールバリューと、年式別にまとめました(–の部分は業者オークションで取引が一台もなかったため、査定不能)。

中古車市場に流通していた台数が全体的に少なく、走行距離が年式とかけはなれた車両を充てたり(例:2013年式)、白黒のボディカラーがなく、シルバーを充てたり(例:2012年式、2009年式)などしています。

そうした事情に加え、車両状態や装備の充実度なども影響して、時おり年式と査定相場が逆転している部分があるものの、大局的に見れば査定相場は下落していきます。

ただ、3年落ちリセールバリューは67.4%と普通乗用車の平均値(50~55%)を上回っているほか、10年落ち時点で30%以上のリセールバリューを残しているというのは、他の車種にあまりないパジェロの強みと言えるでしょう。

(※2009年式で30%を切っているのはシルバーの車両を充てているためで、これがホワイトパールかブラックなら、確実に10万円以上はプラス査定となり、リセールバリューも30%を上回るでしょう)

ところで、表の右端にパジェロをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べて約20万~50万円も安くなっています(この差額から、取引台数がゼロだった年式の査定相場も推測できます)。

これはディーラーが既定のマニュアルに従って機械的に査定する(人気カラーやオプション等を加味してくれない)ため、せっかく高額査定の好条件が揃ったパジェロでも、大幅に減額されてしまうリスクを意味しています。

そんな事にならないよう、買取店でも査定して貰って、どっちがお得か十分に比較検討することをおすすめします。

買取店へ査定してもらうならこちら

29年落ち&24万キロ?古い・過走行のパジェロでも売れるのか?

古くても過走行でも、パジェロは売れるのでしょうか。

ここでは、業者が利用しているオークションの実データから、旧年式(10年落ち超)&過走行(走行距離10万キロ超)のパジェロを1台ピックアップ。

合わせて中古車市場トレンドも分析し、パジェロの査定相場が残る可能性について検証していきます。

過走行のパジェロでも査定相場が残っているか?
1989年式 初代パジェロ メタルトップDX(ディーゼル) 240,000㎞ ブルー 修復歴なし  16万円

29年落ち(!)&走行距離24万キロに加えて「右フロントインナー腐食穴」「右センターサイドメンバー腐食穴大」「後フロア腐食穴」「左右サイドメンバー&後クロスメンバー修整粗い」「フロアメンバー腐食穴」「排気もれ」「外装キズ・凹み」「外装各部ペイント補修粗い」……等々。

もう聞くだけでボッコボコ状態ですが、それでもこのパジェロには16万円という査定相場が残っており、海外市場ニーズ(輸出相場)に支えられたパジェロの底力を感じさせます(査定相場の残らない車両は2台だけでした)。

ただし、初代パジェロは流通台数が少ないのであくまで参考にとどめ、流通台数が豊富な2代目パジェロのより高く査定相場が残りやすい条件をこちらにまとめます。

走行距離は40万キロ超でも査定相場が残っている
年式は15年落ち(2代目パジェロ発売年)でも査定相場が残っている
ショート(3ドア)よりもロング(5ドア)が有利
ボディカラーはホワイトパール&ブラックが有利
ディーゼル車とガソリン車ではディーゼル車の方が有利
排気量は2,800㏄、3,500㏄が有利
※不動車でなく、きちんと走れる状態が大前提

これらの条件が満たされていれば、ほとんどのパジェロに5万~30万円前後の査定相場が期待できます。

しかし、ディーラー下取りでは年式や走行距離を理由として大幅に査定を減額されてしまうかも知れません。

それを鵜呑みにしては5万~30万円以上も損してしまうため、買取店でも査定して貰って、適正な査定額か十分に見極めましょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら