ホンダステップワゴンの値引き、新車値引き情報

トップ車値引きオールアルバムホンダ新車値引き情報>ステップワゴン値引き

ステップワゴンの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

ホンダステップワゴンから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、リセールバリューの高いステップワゴンのグレード、ステップワゴンは立体駐車場に入るのか?ステップワゴンの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローンで月々いくらでステップワゴンが買えるのか?など、ステップワゴン購入の参考にしてみてください。

 

ステップワゴン取り扱いディーラー

ホンダ全店

ステップワゴン月販目標台数:5000台

 

新型ステップワゴン今月の値引き相場

ステップワゴン値引き難度:激安

27万円(車両からの値引き)

オプション値引き相場20~30%引き

35~40万円(オプションからの値引きを含む限界値引き)

ステップワゴンの値引き交渉では、定番のトヨタノア、ヴォクシー、日産セレナなどとの競合が非常に有効でしょう。他にも三菱デリカD5、マツダビアンテなども有効です。これらライバル車との競合である程度値引きを引き出したら、最後は経営の異なるホンダディーラー同士の競合で値引きの上乗せを引き出しましょう。

 

ステップワゴンの安全装備・システムは?

 

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 全車速追従型

 

新型ステップワゴンの納期は?

ステップワゴンの納期:2ヵ月~3ヵ月

ステップワゴンの納期は、グレードによって長めの納期となっています。

 

新型ステップワゴンの価格は?

 

ステップワゴンのグレード名 価格(税込) 燃費(km/L)
1.5 B 2,288,520 17.0
1.5 B・ホンダセンシング 2,455,920 17.0
1.5 G 2,540,160 16.2
1.5 G・ホンダセンシング 2,661,120 16.2
1.5 G・EX ホンダセンシング 2,862,000 16.2
1.5 スパーダ 2,731,320 16.0
1.5 スパーダ・ホンダセンシング 2,852,280 16.0
1.5 スパーダ・クールスピリット ホンダセンシング 3,051,000 15.4
2.0 スパーダ ハイブリッド B 3,136,320 25.0
2.0 スパーダ ハイブリッド B・ホンダセンシング 3,300,480 25.0
2.0 スパーダ ハイブリッド G・ホンダセンシング 3,350,160 25.0
2.0 スパーダ ハイブリッド G・EX ホンダセンシング 3,559,680 25.0
1.5 B(4WD) 2,547,720 15.4
1.5 B・ホンダセンシング(4WD) 2,715,120 15.4
1.5 G(4WD) 2,777,760 15.4
1.5 G・ホンダセンシング(4WD) 2,898,720 15.4
1.5 G・EX ホンダセンシング(4WD) 3,078,000 15.4
1.5 スパーダ(4WD) 2,968,920 15.0
1.5 スパーダ・ホンダセンシング(4WD) 3,089,880 15.0
1.5 スパーダ・クールスピリット ホンダセンシング(4WD) 3,245,400 15.0
1.5 モデューロX ホンダ センシング 7人乗り 3,419,280  
1.5 モデューロX ホンダ センシング 8人乗り 3,440,880  
1.5 モデューロX ホンダ センシング(10インチナビ) 7人乗り 3,694,680  
1.5 モデューロX ホンダ センシング(10インチナビ) 8人乗り 3,716,280  

 

新型ステップワゴンは機械式の立体駐車場に入る?

ステップワゴンの車体寸法は、

全長4760mm~4690mm
全幅1695mm
全高1840mm~1855mm

となっています。機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmのものが多いです。

ステップワゴンの全高は1840mm~1855mmなため、機械式の立体駐車場には停めることができません。

ハイルーフ対応の機械式立体駐車場の場合、高さ幅共に制限内のため、問題なく入ります。

 

新型ステップワゴンの実燃費は?

渋滞を含む街中の燃費:9~11km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:12~14km/L
高速道路の燃費:15~17km/L
ステップワゴンの平均実燃費:13km/L

 

新型ステップワゴンハイブリッドの実燃費は?

渋滞を含む街中の燃費:10~12km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:15~16km/L
高速道路の燃費:17~18km/L
ステップワゴンの平均実燃費:14.6km/L

ステップワゴンの燃費性能は、季節によって以下のような傾向になります。

悪い:冬<夏<秋<春:良い

始動時にエンジンやハイブリッドシステムを早く温めようと、燃料を多く必要とするため、冬の実燃費が一番悪くなります。次いでエアコンを頻繁に使う夏、そして秋、春の順で実燃費数字は良くなります。

 

ステップワゴンの最新モデルチェンジ

2017年9月28日 ステップワゴンをマイナーチェンジして発売&ハイブリッド追加

今回のモデルチェンジでは、SPADA(スパーダ)の外観を変更するとともに、SPADAに2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)」搭載仕様を設定しました。

また、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプに標準装備とし、機能面をさらに充実させています。

 

ステップワゴンの競合車は?

・日産 セレナ

最新技術を搭載した日産『セレナ』
自動運転支援機能を装備し、非常に安全面に優れた一台となっています。

この自動運転支援機能は「プロパイロット」と呼ばれ、同一車線を維持しながら走行できたり、先行車との車間距離を保ちながら走行できたりと、自動運転に近いシステムです。

また、ハンズフリーオートスライドドアも装備されており、両手がふさがった状態あっても足をスライドドアの下に入れることで開閉できます。これまでにないシステムが搭載され、セレナは大きな注目を集めています。
2017年上半期にはミニバンの中で販売台数1位になるなど、勢いがある車種です。「e-パワー」も導入され、さらに注目を集めること間違いなしですね。
セレナは安全面が重視されていますから、この部分を引き合いに出して値引き交渉を進めるのが効果的です。

ステップワゴンにもホンダセンシングという装備がありますが、ステップワゴンにはない自動運転支援機能(プロパイロット)を交渉材料にしてみましょう。

セレナの限界値引きはこちら

・トヨタ ノア

2001年から販売されているトヨタの『ノア』
「ライトエース・ノア」の後継車として登場し、長く販売されている一台です。

デザインや内装が似ているヴォクシーは姉妹車です。

販売店の違いから名前が異なり、パワーや燃費などの基本性能は同じで、デザインが少し違います。

ステップワゴンの競合車として「ノア」と「ヴォクシー」どちらを選んでも差はありません。
ノアハイブリッドはエンジンとモーターを使い、非常にスムーズな加速ができるので、フル乗車していても安定した走行が可能です。

さらに、低床設計で乗り込み口の高さが360mmであることやシートアレンジが多彩で、ユーザーの使い勝手を最優先した作りとなっているのが好印象です。
ステップワゴンにもワクワクゲートなどが採用され、使い勝手が重視されるようになりました。このような使い勝手の良さを比較して値引き交渉するのもいいですね。

ノアの限界値引きはこちら

・トヨタ エスクァイア

高級感を重視したトヨタ『エスクァイア』
ノア・ヴォクシー・エスクァイアと共に「ミドルミニバン3兄弟」と呼ばれています。

その中でもエスクァイアは高級感を重視したモデルです。
ノアやヴォクシーの内装は、ややシンプルでプラスチック感がありますが、エスクァイアはドアやシートにホワイトステッチが施されるなど、細かい部分に高級感を感じます。ノアやヴォクシーと比較しても質感に違いがありますね。

また、ステアリングに木目調加飾がされるなど非常に高級感があります。
外装を見てもインパクトのあるフロントグリルや引き締まったアウトラインなどが印象的です。ステップワゴンにも流れるLEDウィンカーが導入され、高級感を感じることができますが、車全体の質感はエスクァイアの方が上です。

この部分をうまく使って値引き交渉してみましょう。
上級グレードになれば、当然内装も豪華になってしまうので、価格が似ているグレードと比較すると効果的です。

エスクァイアの限界値引きはこちら

・三菱 デリカD:5

オールラウンダーミニバンと呼ばれる三菱『デリカD:5』
ボディの剛性や優れたサスペンションにより、悪路での走破性がミニバンの中ではナンバ−1です。

4WD走行から2WD走行へ切り替えることができ、路面状況に合わせて対応できるのが特長です。

特に雪道でも走破性は素晴らしいですね。

車高が高くなり走行に不安定さがあると言われるミニバンですが、デリカD:5はどっしりとした足回りで非常に安定感があります。

また、2WD走行もできるため街乗りでも快適に走行できます。アウトドアにも街乗りにもどちらも対応出来るオールラウンダーな車です。

デリカD:5の限界値引きはこちら

 

新型ステップワゴンの限界値引き交渉術!

競合させる車種を間違えない

ミニバンカテゴリは、車種が豊富です。

ステップワゴンの値引き額を最大限に引き出すには、競合車種を間違えないことが大切です。

ステップワゴンは「ミドルミニバン」という種類になります。

このカテゴリーの中には先程紹介したセレナやノア、ヴォクシー、エスクァイアなどが該当します。

これよりも少し大きなミニバンをラージミニバンといい、エルグランドやステップワゴンがこれにあたります。

また、シエンタやフリードといったスモールミニバンもありますから競合させる車種には注意が必要です。
ステップワゴンに競合させる車種は、価格帯が似通っているミドルミニバンの中から選ぶようにしましょう。

ラージミニバンやスモールミニバンを競合車にしてしまうと、うまく値引きを引き出せなくなってしまうので、競合車選びは慎重に行ってくださいね。

 

使い勝手の良さを比較する

ステップワゴンには「ワクワクゲート」が装備され、テールゲートが縦開きになります。

後方のスペースが少ない場所でも無理なく開けることができるので、非常に便利です。

日産セレナにも特徴的な「デュアルバックドア」が採用されており、リアガラスの部分だけが開閉できます。狭い空間での開け閉めが可能となっていますし、デザイン的にもすっきりとまとまりのあるセレナの方が人気があります。

この部分をうまく使って値引き交渉するのもいいですね。

「使い勝手はステップワゴンだけど、デザイン的にセレナかな……」といったような交渉も可能です。

また、収納の数やシートアレンジなどにも着目してステップワゴンの値引き交渉を進めてみましょう。

○ 安全性能の違いで交渉する
ステップワゴンには、ホンダセンシングという安全装備が導入されていますが、セレナにもプロパイロットが導入されています。

安全機能の内容を見てみるとわずかにセレナに軍配が上がります。
「家族で使用することが多いので、安全面を重視したい」といったように安全面を引き合いに出して値引き交渉するのも効果的ですね。
セレナにはパーキングアシストも装備されているので、駐車が苦手な女性の方でも安心して乗ることができます。このことをうまく利用して交渉を進めてみてください。

 

ステップワゴンの各グレードのリセールバリューは?

 

ステップワゴンの新車から3年経過後の各グレードのリセールバリューです。

どのグレードが3年後に高く売れるのか?グレード選びの参考にしてください。

ステップワゴンのグレード名 3年後の買取相場 当時の新車価格 リセールバリュー
1.5 B 127万円 2,288,520 55.5%
1.5 B・ホンダセンシング

132万円

2,455,920 53.7%
1.5 G 126万円 2,540,160 49.6%
1.5 G・ホンダセンシング 131万円 2,661,120 49.2%
1.5 G・EX ホンダセンシング 208万円 2,862,000 72.6%
1.5 スパーダ 203万円 2,731,320 74.3%
1.5 スパーダ・ホンダセンシング 208万円 2,852,280 72.9%
1.5 スパーダ・クールスピリット ホンダセンシング 212万円 3,051,000 69.4%
2.0 スパーダ ハイブリッド B -- 3,136,320 --
2.0 スパーダ ハイブリッド B・ホンダセンシング -- 3,300,480 --
2.0 スパーダ ハイブリッド G・ホンダセンシング -- 3,350,160 --
2.0 スパーダ ハイブリッド G・EX ホンダセンシング -- 3,559,680 --
1.5 B(4WD) 189万円 2,547,720 74.2%
1.5 B・ホンダセンシング(4WD) 194万円 2,715,120 71.4%
1.5 G(4WD) 184万円 2,777,760 66.2%
1.5 G・ホンダセンシング(4WD) 189万円 2,898,720 65.2%
1.5 G・EX ホンダセンシング(4WD) 189万円 3,078,000 61.4%
1.5 スパーダ(4WD) 203万円 2,968,920 68.3%
1.5 スパーダ・ホンダセンシング(4WD) 208万円 3,089,880 67.3%
1.5 スパーダ・クールスピリット ホンダセンシング(4WD) 212万円 3,245,400 65.3%

 

3年落ちステップワゴンでは、スポーティで迫力あるエアロフォルムを搭載している「ステップワゴンスパーダ」の買取相場が高水準です。

3年落ちでは2WDよりも4WDの方が高いリセールバリューがありますね。

ミニバンとして人気が高いステップワゴンですが、2WDのGはリセールバリューが50%を割っているので、3年落ちのステップワゴンの中ではお買い得なグレードと言えるでしょう。

※買取相場は常に変動します。実際に売却される際は、買取店での査定をおススメします。

 

新型ステップワゴンを残価設定ローンで購入すると?

ステップワゴンを残価設定ローンで購入した場合の、月々の支払額です。

3年と5年でシミュレーションしてみました。

スパーダ ホンダセンシング(2WD)

 
車両価格 2,890,080円
車両値引き ▲270,000円
メーカーオプション価格 37,800円
ディーラーオプション価格 191,289円
ディーラーオプション値引き

▲38,257円

諸費用 179,940円
支払総額 3,081,369円
頭金 0円
ローン元金 3,081,369円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 1.9% 1.9%
初回 50,213円×1回 40,180円×1回
2回目以降 48,100円×34回 36,400円×58回
最終回(残価) 1,391,520円×1回
(45.1%)
990,120円×1回
(24.1%)
金利を含む支払総額 3,077,133円 3,141,500円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

 

下取り車があれば、さらに新車が安く買える

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙さるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

●当サイト新車購入参考リンク

  • 限界まで車を高く売る方法
  • 新車を安く買う!新車値引き交渉の仕方
  • 新車購入・新車の買い方
  • 車維持費の節約方法
  • 車のガラスコーティングなら神奈川の早野ぴっかり工房へ

  • パーツ・カー用品を通販で安く買うなら!
  • -- ステップワゴン --
    モデルチェンジ情報


    モデルチェンジ予想

    2018年9月
    一部改良

    モデルチェンジ推移
    2018年4月19日
    一部改良「Modulo X」
    2017年9月28日
    マイナーチェンジ、ハイブリッド追加
    2016年10月20日
    グレード追加「モデューロ エックス」
    2016年5月12日最新モデルチェンジ日
    一部改良
    2015年12月17日
    特別仕様車「アドバンスパッケージ α/β」
    2015年4月23日現行モデル登場日
    フルモデルチェンジ
    新型ステップワゴン発売
    2013年12月5日
    一部改良
    2012年11月22日
    特別仕様車
    「Sパワーエディション」
    「Sインターナビ パワーエディション」

    2012年9月27日
    グレード追加

    2012年5月31日
    マイナーチェンジ(4WD)
    2012年4月5日
    マイナーチェンジ
    2011年8月1日
    一部改良
    2010年10月14日
    特別仕様車
    「G HID エディション」
    「スパーダ Z クール スピリット」
    2009年10月9日
    フルモデルチェンジ
    2008年8月21日
    特別仕様車
    「スマートスタイル エディション」
    「HDDナビ スマートスタイル
    エディション」
    2007年11月1日
    マイナーチェンジ
    2007年6月7日
    特別仕様車
    2007年2月15日
    一部改良
    2006年10月5日
    特別仕様車
    2006年5月18日
    一部改良
    2005年5月26日
    デビュー

    ホンダ ステップワゴン口コミ評価サイト

    新車値引き情報!

    トヨタ新車値引き情報

    レクサス新車値引き情報

    日産新車値引き情報

    ホンダ新車値引き情報

    マツダ新車値引き情報

    三菱新車値引き情報

    スバル新車値引き情報

    スズキ新車値引き情報

    ダイハツ新車値引き情報

    スポンサーリンク

    ↑ PAGE TOP