ノアとステップワゴンの口コミ・評価を比較!燃費や乗り心地、インテリアや走行性能までユーザーの評判を徹底調査

ノアとステップワゴンの口コミの比較・評価

このページでは、トヨタの売れ筋ミニバン・ノアと、ホンダの人気ミニバンであるステップワゴンの口コミ・評価をまとめて比較しました。

ノアとステップワゴン、それぞれの魅力や欠点について、実際に乗ったユーザー達の評判を紹介しているので、皆さんが新車購入を検討するご参考にどうぞ。

この記事の目次

ノアとステップワゴンのエクステリアの口コミ・評価を比較

ノアのエクステリアの口コミ

ノアのエクステリア

画像引用:toyota.jp

ノアのエクステリアの満足度調査
【ノアのエクステリア・ここが満足】
・ミニバン3兄弟(ノア、ヴォクシー、エスクァイア)の中で最も落ち着いたデザイン
・スポーティさとマイルドさのバランスがよく、飽きがこない
ノーマルでも十分に高品質感で、お値段以上に満足できる
【ノアのエクステリア・ここが不満】
目新しさに欠ける、もっと攻めたデザインにもチャレンジして欲しい
・人によってはスポーティさとマイルドさが「中途半端」という意見も
リア廻りのコンビランプやリフレクターがダサい、という評判も

ノアのエクステリアについてユーザーの口コミを調査したところ、ミニバン3兄弟の中で最も落ち着いたデザインが、スポーティでありながらファミリーユースにも通用して評判のようです。

また、余計なオプションがなくても十分にカッコよく、それがコスパ感の高さも評価につながり、実に7割近くのユーザーが満足していました。

ノアのエクステリア・リアコンビランプとリフレクター

画像引用:toyota.jp

※ノアのリアコンビランプ/リフレクター

ただ、一部にはそんなエクステリアに「目新しさがない」「中途半端」という口コミや、リア廻りのコンビランプやリフレクターのデザインがダサい、という声も出ています。

ステップワゴンのエクステリアの口コミ

ステップワゴンのエクステリアを比較

画像引用:honda.co.jp

ステップワゴンのエクステリアの満足度調査
【ステップワゴンのエクステリア・ここが満足】
・「写真映りは悪いが、実物を見て気に入った」という口コミが複数
・横~斜め前から見ると、どっしりとした重厚感がカッコいい
わくわくゲートの左右非対称やフレームは、利便性を考えれば気にならない
・先代より「丸くなった」デザインが、スパーダのスポーティ感とマッチしてクールに
【ステップワゴンのエクステリア・ここが不満】
・スパーダのギラギラ感が苦手という声が複数
先代に比べて、デザイン的に「丸く」なってしまったことに不満の声も
標準ボディのもったりしたデザインが好きになれない
・フェンダー、バンパー回りにデザインの古さを感じる

ステップワゴンのエクステリアについて口コミを調査したところ、スパーダのスポーティさが好きか嫌いかで評価が分かれている印象ながら、全体的にマイルド傾向に推移していくデザインは概ね評価されているようです。

ステップワゴンのわくわくゲート

画像引用:honda.co.jp

また、ステップワゴンならではの「わくわくゲート」はその利便性もさることながら、デザイン的にもその個性を引き出し、多くのユーザーから人気を得ています。

また「写真(カタログやHP)より実物の方がカッコいい」という評価が複数出ているので、写真や画像だけで判断するのはもったいないかも知れません。

ノアとステップワゴンのエクステリアの口コミ・比較まとめ

ノア:スポーティさとマイルドさのバランスがよく、飽きがこないデザイン
ステップワゴン:スパーダのギラギラ感が中和傾向にあり、クールになったと評判

ノアとステップワゴンのエクステリアについて口コミ・評価をまとめると、ステップワゴンの方が比較的スポーティと評価される傾向があり、よりマイルドさを求めるユーザーはノアを選んでいるようです。

ただし、ステップワゴンの実物を見て気に入った(気が変わった)という口コミや、わくわくゲートの便利さに対する定評もあるため、頭から決め込むより、実際に両車を比較検討した方が、より満足できる選択ができるかも知れません。

ノアとステップワゴンのインテリアの口コミ・評価を比較

ノアのインテリアの口コミ

ノアのインテリア・インパネ回り

画像引用:toyota.jp

ノアのインテリア・車内空間

画像引用:toyota.jp

ノアのインテリアの満足度調査
【ノアのインテリア・ここが満足】
車内が広くてウォークスルーも楽
汚れが目立ちにくいカラーリング(ブラック)
・ドリンクホルダーや収納に出し入れしやすい工夫がされている
【ノアのインテリア・ここが不満】
プラスチッキーでチープだけど、他社もこんなものだからしょうがない
・3列目シートは狭く、全体的に収納が少ない
シートデザインがダサい、メーター回りに近未来感がない
・ルームランプの発光が弱く、室内が暗い(ブラック内装だと余計に)

ノアの車内空間は広くて快適と口コミが集まる一方で、インテリアについてはプラスチッキーでチープと評判が悪く、妥協しているユーザーの多さが目立ちました。

また、シートデザインやメーター回りのデザインに加えて、ノブ類も「線が細くて頼りなげ」などの声もあり、今後の充実に期待したいところです。

ステップワゴンのインテリアの口コミ

ステップワゴンのインテリア・インパネ回り

画像引用:honda.co.jp

ステップワゴンのインテリア・車内空間

画像引用:honda.co.jp

ステップワゴンのインテリアの満足度調査
【ステップワゴンのインテリア・ここが満足】
シンプルなデザインで飽きがこない。オプションの木目調加飾も好評
・便利な収納(フックやドリンクホルダー等)やUSB充電等が多く、使い勝手がいい
メーター類は見やすく、ハンドル上にあるので視線移動が少なく、運転が楽
・窓が広くて明るく、2・3列目の足元も余裕がある、解放的な室内空間
【ステップワゴンのインテリア・ここが不満】
エンジンスタートスイッチがハンドルの左側にあり、なかなか慣れない
プラスチッキーでチープだが、妥協できる範囲
・無駄にドリンクホルダーが多いが、A4サイズ書類の収納が欲しい
3列目シートが狭くて薄い

ステップワゴンのインテリアについてユーザーの口コミをまとめたところ、シンプルで飽きのこないデザインや木目調加飾のコスパ感、収納や充電などの使い勝手や、広く解放的な室内空間が高く評価されているようです。

その一方で、ユーザーの不満として多かったのがエンジンスタートスイッチの位置で、多くの車で右側についているため、つい探してしまうという意見が散見されました。

他にもA4サイズ書類の収納が欲しいとか、3列目シートをもう少し広く・厚くして欲しいなどの意見も見られました。

ノアとステップワゴンのインテリアの口コミ・比較まとめ

【結論】満足度の高さ・収納や使い勝手により、ステップワゴンが大差で有利

ノアとステップワゴンのインテリアについてユーザーの口コミ・評価を比較すると、全体的な満足度の高さでステップワゴンがノアに大差をつけていることがわかりました。

収納の多さやUSB充電の使い勝手、中でもエクステリアでも言及した「わくわくゲート」の利便性はユーザーの評判が高く、ステップワゴンを選ぶ大きな魅力となっています。

ノアとステップワゴンの運転&走行性能の口コミ・評価を比較

ノアの運転&走行性能の口コミ

ノアの運転&走行性能

画像引用:toyota.jp

ノアの運転&走行性能の満足度調査
【ノアの運転&走行性能・ここが満足】
・視界が広く、見切りがいいので運転しやすい
・コーナリング時の接地性が高く、足腰に粘りを感じる
街乗りでは問題ない走りができる
クルーズコントロールがとても楽、と好評
【ノアの運転&走行性能・ここが不満】
・出だしに「もっさり感」、加速も悪い
ステアリングが軽すぎてカーブが怖い、高速での直進安定性にも欠ける
ECOモードにすると、もたつきが顕著に
センターコンソールが左足に当たって運転しにくい、という声も複数

ノアの運転&走行性能に関する口コミ・評価をまとめたところ、視界や見切りのよさ、コーナリングの足腰などから、街乗りなど小回りのいい運転に適していると言えそうです。

その一方で、出だしのもっさり感や加速の悪さ、軽すぎるステアリングや直進安定性、追従機能が無いクルーズコントロールなど、高速走行はやや苦手な傾向が見られます。

普段使いはともかく、帰省やレジャーなど遠出が多い方は、こうした点についてよく確かめておいた方がいいでしょう。

ステップワゴンの運転&走行性能の口コミ

ステップワゴンの運転&走行性能を比較

画像引用:honda.co.jp

ステップワゴンの運転&走行性能の満足度調査
【ステップワゴンの運転&走行性能・ここが満足】
ホンダセンシングが便利(過信は禁物)
・スムーズに加速が伸び、時速100~110キロくらいまでなら快適な走り
取り回しが楽で死角が少ないため、車庫入れなどもしやすい
・ECOモードでも十分に走れる
【ステップワゴンの運転&走行性能・ここが不満】
・ターボの割にはトルクが感じられず、パワー不足や車重感が否めない、という声も
・全グレードにパドルシフトが欲しい
ホンダセンシングが期待外れ、要らなかったという声も

ステップワゴンの運転&走行性能についてユーザーの口コミ評価をまとめると、5ナンバーサイズのミニバンらしく取り回しが楽で、死角も少ないため女性でも運転しやすく、ファミリユースなど、マイルドに走るには充分なスペックを持っているようです。

ノアとステップワゴンの運転&走行性能の口コミ・比較まとめ

【結論】街乗りでは互角だが、高速走行やホンダセンシングでステップワゴンにアドバンテージ

ノアとステップワゴンの運転&走行性能を比較したところ、街乗りではどちらも支障なく乗れますが、高速走行時の加速や安定性、そして先進安全装備「ホンダセンシング」の利便性&目新しさなどを総合して、ステップワゴンがアドバンテージをとっていると言えそうです。

下取り車があるなら相場を調べておこう

値引き相場や欲しいグレードが決まってこれからディーラー巡りをするなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るでしょう。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。


ノアとステップワゴンの乗り心地の口コミ・評価を比較

ノアの乗り心地の口コミ

ノアの乗り心地を比較

画像引用:toyota.jp

ノアの乗り心地の満足度調査
【ノアの乗り心地・ここが満足】
・シートが硬めで足回りもしっかりしており、低速時の段差ショックが小さい
天井が高く、解放感があって気持ちいい
・ロードノイズが抑えられ、静粛性が代々向上していて好評価
・2列目シートが1列目より乗り心地がよく、同乗者に好評
【ノアの乗り心地・ここが不満】
・室内が静かなぶん、エンジン音がうるさい
・高速走行時は段差ショックが大きく、高速道路で酔いやすいという声も
横風に弱く、揺れが大きい

ノアは硬い乗り心地としっかりした足回りに定評があり、その好き嫌いによって賛否が分かれる傾向が見られるものの、高い天井の解放感や静粛性が概ね受け容れられているようです。

ただ、高速走行時はエンジン音や段差ショック、横風による揺れなどが指摘されており、長距離移動時には注意が必要かも知れません。

ステップワゴンの乗り心地の口コミ

ステップワゴンの乗り心地を比較

画像引用:honda.co.jp

ステップワゴンの乗り心地の満足度調査
【ステップワゴンの乗り心地・ここが満足】
・ロードノイズが静かで快適
・座面が高くて座るのが楽
硬めの乗り心地、足回りはしっかりしている
【ステップワゴンの乗り心地・ここが不満】
・シートアレンジの多機能性と引き換えに、2~3列目シートが窮屈
アームレストが小さく、滑りやすくて使いにくい
突き上げが強い

ステップワゴンは足回りがしっかりして硬めの乗り心地という口コミが多く、座りやすい座面の高さや静粛性が好評でした。

一方で、多機能性と引き換えに後列シートが窮屈となっており、アームレストの使いにくさや路面からの突き上げに関する低評価が目立っています。

ノアとステップワゴンの乗り心地の口コミ・比較まとめ

【結論】満足度ではノアの勝利。室内の解放感や後列シートの座り心地でリード

全体的に口コミ・評価をまとめると、低速走行時はノアの快適性が際立ち、高速道路などではステップワゴンの方が不満の少ない印象を受けます。

ただ、ステップワゴンは窮屈とは言え、後列シートにも便利な機能が充実しているため、乗り心地をとるか、便利機能を活用したいか、によって実際のドライブにおける快適性は違ってくるでしょう。

ノアとステップワゴンの燃費の口コミ・評価を比較

ノアとステップワゴンの燃費を比較

画像引用:toyota.jp

ノアの燃費の口コミ

ノアの燃費の満足度調査

ステップワゴンの燃費の口コミ

ステップワゴンの燃費の満足度調査

ノアとステップワゴンの燃費の口コミ・比較まとめ

ノア:平均実燃費 12.4 km/L
ステップワゴン
:平均実燃費 12.2 km/L
【結論】
平均実燃費ではノアが若干有利、満足度ではステップワゴンの勝ち

燃費に関する口コミ・評価を比較し、まとめたところ、平均実燃費はノアが若干優勢、満足度はステップワゴンの方が優勢となっていました。

口コミ・評価を調査したところ、それぞれ先代モデルの燃費と比較しているユーザーが多く、どちらも3割前後の実燃費向上が見られているとのことです。

ちなみに、実燃費は走行環境によって大きく違うので、ユーザーの口コミから集計したそれぞれの実燃費データを参考までに載せておきます。

【ノアの実燃費】
渋滞:街中:9~11 km/L
バイパス・幹線道路:13~15 km/L
高速道路:15~17 km/L

【ステップワゴンの実燃費】
渋滞・街中:8~10 km/L
バイパス・幹線道路:13~15 km/L
高速道路:14~16 km/L

ノアとステップワゴンの価格の口コミ・評価を比較

ノアとステップワゴンの価格を比較

画像引用:honda.co.jp

ノアの価格の口コミ

ノアの価格の満足度調査

【ノアの価格・ここが満足】
・「ミニバンに求めているファミリーユース性能は備えており、良い買い物だった」
・「価格は高いけど、そのぶん立派だし、リーズナブルだと思う」
・「大きく値引きしてもらえたので、満足している」
【ノアの価格・ここが不満】
・「外観が気に入ったから購入したが、安全&快適性能に不満
・「性能よりトヨタブランドの値段と思って買うしかない」
・「高いと思うが、他車もこんなものだし、妥協して購入」

ステップワゴンの価格の口コミ

ステップワゴンの価格の満足度調査

【ステップワゴンの価格・ここが満足】
・「高いと思うが、オプションや車自体の性能が上がっているので、妥当では」
・「ホンダセンシングなどの安全装備は値段以上の性能と安心感で、むしろ割安」
・「全体的にコスパが高く、買って満足
【ステップワゴンの価格・ここが不満】
・「ミニバンに多くは求めないから、機能や装備を削ってでも値下げして欲しい」
・「各部にコストダウンが見られ、どこに金がかかっているか解らない

ノアとステップワゴンの価格の口コミ・比較まとめ

【結論】ステップワゴンの方が満足度は高いが、ノアの方が「無難な買い物」かも

ノアとステップワゴンの価格(コストパフォーマンス、買った時の満足感など)について、それぞれ口コミ・評価をまとめたところ、満足度ではステップワゴンの方が優勢です。

ただし、不満の声もノアを上回っており、車としての「クセ」がユーザーの好き嫌い≒満足度の賛否を分けている印象です。

良くも悪くもマイルドなノアの方が、買い物としては失敗が少ないかも知れません。

ノアとステップワゴンの口コミ評価・比較まとめ

ノアとステップワゴンの比較まとめ

画像引用:toyota.jphonda.co.jp

満足度ノアステップワゴン
エクステリア68.7%65.6%
インテリア43.2%60.1%
走行性能52.1%63.8%
乗り心地63.7%35.6%
燃費54.8%61.3%
価格42.3%51.5%
総合評価54.1%56.3%

以上、ユーザーの口コミ・評判をまとめてノアとステップワゴンを6項目で比較してきましたが、総合評価を加えて2対5でステップワゴンの勝利となりました。

全体的にノアを上回る評判となっていたものの、乗り心地に関しては評価が低くなっており、ファミリーユースを主目的の一つとするミニバンとしては、ライバル車に引けを取ってしまうかも知れません。

また、ノアもいざ乗ってみるとユーザーの評判以上の満足感が得られることも多いため、ステップワゴンともどもしっかりと比較・検討したいところです。

※以下で両車の値引き情報やリセール情報を公開しているので、参考にどうぞ。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

無料ネット査定とおすすめコーティング

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】今あなたの車がいくらで売れるのか?オークション相場から調べて査定額をお伝えする無料サービスです 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!1台1台オークション相場から調べて今の買取金額をお伝えする無料サービスです 夢...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...