スペイドの値引き、新車値引き情報

トップ車値引きオールアルバムトヨタ新車値引き情報>スペイド値引き

スペイドの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート


 スペイドから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、リセールバリューの高いスペイドのグレード、スペイドは立体駐車場に入るのか?スペイドの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローンで月々いくらでスペイドが買えるのか?など、スペイド購入の参考にしてみてください。

 

スペイド取り扱いディーラー

カローラ店 ネッツ店
スペイド月販目標台数:4000台

 

新型スペイド今月の値引き相場

スペイド値引き難度:普通
20万円
(車両からの値引き)
オプション値引き相場20~30%引き
25~35万円(オプションからの値引きを含む限界値引き)

 スペイドの値引き交渉では、ホンダのフィットやフリード+、スズキのソリオや日産キューブなどのライバル車と競合させて値引きの条件を詰めていき、最後はカローラ店とネッツ店で、同じスペイド同士の値引き交渉に持ち込むのがセオリーです。

 値引き交渉の成功ラインは車両本体とオプションで計25万円以上に設定、30万円オーバーの値引きなら大成功と言えます。

 ただし、スペイドは早くから買取相場が崩れていくため、リセールは期待せず「長く乗る」ことが前提となるでしょう。

 

スペイドの安全装備・システムは?

 

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者 ×
クルーズコントロール 定速型

 

新型スペイドの納期は?

スペイドの納期:1ヵ月~2ヵ月
トヨタ スペイドの納期は、上記の通りです。

 

新型スペイドの価格は?

 新型スペイドのグレードと価格(税込)、燃費(㎞/L)を一覧表にまとめました。

スペイドのグレード名 価格(税込) 燃費(km/L)
1.5 X 1,828,440 22.2
1.5 F 1,879,200 22.2
1.5 F "Queen III" 1,994,760 22.2
1.5 Y 1,890,000 22.2
1.5 G 1,977,480 22.2
1.5 X 4WD 1,988,280 16.0
1.5 F 4WD 2,030,400 16.0
1.5 F "Queen III" 4WD 2,145,960 16.0
1.5 Y 4WD 2,041,200 16.0
1.5 G 4WD 2,128,680 16.0

 

新型スペイドは機械式の立体駐車場に入る?

 トヨタ スペイドの車体寸法は、

 全長3,995mm
 全幅1,695mm
 全高1,690-1,720mm

となっています。ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています。(横幅は1,850mm)

 スペイドの全高は1,690-1,720㎜なので、残念ですが機械式の立体駐車場には停められません

 

新型スペイドの実燃費は?

【スペイドの実燃費】
渋滞・街中の実燃費 12-13㎞/L
スムーズな一般道・幹線道路の実燃費 17-19km/L
高速道路の実燃費 20-21km/L
 スペイドの平均実燃費 14-16㎞/L

【燃費と季節&速度の関係】
 基本的に、寒いほどクルマの燃費は悪くなりますが、例外としてエアコン=電気=燃料を多く使う夏が冬に次いで燃料を使うため、季節による燃費順位は以下の傾向があります。

燃費悪い:冬<夏<秋<春:燃費よい

 

スペイドの最新モデルチェンジ

2017年12月11日 スペイドに一部改良&特別仕様車「F“QueenⅢ”」を設定

 トヨタはスペイドの一部改良と共に特別仕様車「F“QueenⅢ”」を設定。全国のトヨタカローラ店とネッツ店から発売しました。

 今回の一部改良では、スマートエントリーパッケージを全車に標準装備&ボディカラーにフレッシュグリーンマイカメタリックとブルーメタリックを追加しています。

 また、着脱カンタンで丸洗いできるカバーシートやスーパーUVカット、ドレスアップパッケージなど、機能性とオシャレさを大幅に向上。天井とカバーシートの専用デザイン(千鳥格子柄)にも注目です。

希望小売価格(消費税込み)
・スペイド;1,828,440-2,128,680円
・スペイド特別仕様車F“QueenⅢ”:1,994,760-2,145,960円

 

スペイドの競合車は?

・トヨタ ルーミー/タンク

ルーミー

 「スペイド」の一番の競合車は「ルーミー」と「タンク」。カローラ店は「ルーミー」、ネッツ店は「タンク」をスペイドとともに取り扱っており、それぞれが大ヒットしているために現在は蚊帳の外におかれています。

 顧客にすすめるのも「ルーミー」と「タンク」で、「スペイド」ではありません。

 それでも「スペイド」を求める稀なユーザーに対し、「ルーミー/タンク」より月内登録が確実な「スペイド」なら好条件を提示してくれます。

ルーミー/タンクの限界値引きはこちら

・ホンダ フリード

フリード

 トヨタなら「シエンタ」相当になるフリードが新型になることで、「スペイド」の需要が一気に下がりました。

 3列シートや広い室内スペースとハイブリッドによる低燃費は最大の魅力です。

 しかも1.5L車の価格は「スペイド」と同程度となるのでお買い得感があります。

 同価格帯同士のグレードと競合させて、スペイドの値引きを引き出しましょう。

フリードの限界値引きはこちら

・ホンダ N-BOX

N-BOX

 知り合いやママ友が必ず乗っている、と言っても良いくらい売れている軽ハイトールワゴンですが、中でもこの「N-BOX」はすこぶる評判がいいのです。

 燃費はさほどでもなく軽とはいえけっこう価格も高いのですが、それを払拭する豊富なシートアレンジを含む使い勝手と広大な室内スペースと荷室は、何ものにも代えがたいメリットがあります。

 ただし、値引きは軽であることもあり、あまり多くは望めないので、スペイドとは総額で勝負するか、維持費等の安さのメリットを引き合いに出して、スペイドの値引きを要求しましょう。

N-BOXの限界値引きはこちら

 

新型スペイドの限界値引き交渉術!

 姉妹車の「ポルテ」よりは確実に売れている「スペイド」ですが、現状の月間販売台数は登録車のベスト30にも入らないほど低迷しています。

 プチバンというジャンルを作り上げた「ポルテ」の人気の元、現行モデルから加わった「スペイド」ですが、上のクラスにコンパクトミニバンの「シエンタ」があり、下には「ルーミー/タンク」という「スペイド」の持つ取り回しの良さや高くて開放感のある室内を実現しています。

 そしてスライドドアというメリットがかぶる上、下のクラスに挟まれてまさに四面楚歌に陥っています。

 「ヴィッツ」にハイブリッドが設定されたことにより、気が付くと、トヨタ製の車種の中でハイブリッド車をラインナップしていないのはこの「スペイド/ポルテ」と「マークX」ぐらいしかなく、ハイブリッドの設定のない車種は売れないという、トヨタが自ら造り上げた国内市場の定説の波をまともに受けたのが「スペイド/ポルテ」なのかも知れません。

 

スペイドならコンパクトカーの中でも割安な値引きが狙える

 値引きに関してはトヨタのコンパクトカーの中ではもっとも期待できる車種であり、営業マンも他に検討している車種があることは想定済みですので、特に他車の相見積もりは必要としません。

 営業マンが知りたいのは相手がどの車種かということ。

 軽なのかミニバンなのか。どちらにしても「それでしたらこちらの車種の方が・・・」と勧められる車種がどれでも揃うのがトヨタの強みなのです。
 「スペイド」の値引き交渉から話題を外させず、競合相手によって値引き条件を変えることを防ぐためにも、具体的な競合車をしめさないのも交渉のポイントなのです。

 割高な設定の「スペイド」は、「ルーミー/タンク」より高いのは当然ですからその差額分を値引きとして要求するのも具体的でいいでしょう。

 エントリー価格なら約146万円の「ルーミー」と約177万円の「スペイド」の差は約31万円ですから目標とするには丁度良い差額であり、「スペイド」の限界値引きでもあります。

 簡単には引き出せない数字ですから、一度この要求を振った後で営業マンにすぐ答えを求めるのではなく、条件次第で購入するということが伝わればOKです。

 その後他車との比較などを交渉して、購入するのにはもっと良い条件が必要であるというところで、落としどころとして営業マンの方から「ところでさきほどの・・・」というように、差額の31万円を切り出しやすくするのです。

 こうして交渉をリードすることにより、金額は保証できませんが、「スペイド」の限界値引きを手に入れることが出来るはずです。

 

スペイドのグレード別リセールバリューは?

 新車から3年経過したトヨタ スペイドの買取相場とリセールバリューを一覧表にしました。

 3年後、どのグレードがより高く売れるのか? グレード選びのご参考にどうぞ。

スペイドのグレード名 3年後の買取相場 当時の新車価格 リセールバリュー
1.5 X 69万円 1,828,440

37.7%

1.5 F 86万円 1,879,200 45.7%
1.5 F "Queen III" 118万円 1,994,760 59.1%
1.5 Y 96万円 1,890,000 50.7%
1.5 G 116万円 1,977,480

58.6%

1.5 X 4WD 107万円 1,988,280 53.8%
1.5 F 4WD 115万円 2,030,400

56.6%

1.5 F "Queen III" 4WD 128万円 2,145,960 59.6%
1.5 Y 4WD 122万円 2,041,200

59.7%

1.5 G 4WD 121万円 2,128,680 56.8%


 スペイドのリセールバリューを見ると、下位グレード(1.5X、1.5F)の買取相場下落が大きく、3年落ち普通乗用車の平均値(50~55%)を下回っていることから、スペイドはあまり買い替えに有利なクルマとは言えないようです。

 その中でも特別仕様車1.5F“QueenⅢ”や上方グレードは健闘しているため、スペイドに少しでもリセールを期待するのであれば、これらのグレードをおススメします。

(※2WDと4WDでは、新車価格が高くなるものの、4WDの方が高リセールを期待できる傾向にあります)

 また、初期費用を抑えることがリセールバリューを引き上げることにつながりますから、スペイド購入時の値引き交渉が重要であることは言うまでもありません。

 

新型スペイドを残価設定ローンで購入すると?

 トヨタ スペイドを残価設定ローンで購入した場合の、月々の支払額を3年と5年でシミュレーションしてみました。

スペイド 1.5F
車両価格 1,879,200円
車両値引き ▲200,000円
メーカーオプション価格 32,400円
ディーラーオプション価格 190,782円
ディーラーオプション値引き ▲38,000円
諸費用 168,947
支払総額 2,364,180円
頭金 0円
ローン元金 2,020,982円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 4.50% 4.50%
初回 44,420円×1回 33,252円×1回
2回目以降 42,100円×34回 31,400円×58回
最終回(残価) 732,888円×1回
30.4%)
451,008円×1回
(16.8%)
金利を含む支払総額 2,408,206円 2,681,462円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。
 また、販売店の金利によっても支払額は変わりますから、上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

 

下取り車があれば、さらに新車が安く買える

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙さるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

●当サイト新車購入参考リンク

  • 限界まで車を高く売る方法
  • 新車を安く買う!新車値引き交渉の仕方
  • 新車購入・新車の買い方
  • 車維持費の節約方法
  • 車のガラスコーティングなら神奈川の早野ぴっかり工房へ

  • パーツ・カー用品を通販で安く買うなら!
  • -- スペイド --
    モデルチェンジ情報

    モデルチェンジ予想

    当面の間予定なし

    モデルチェンジ推移
    2017年12月11日最新モデルチェンジ日
    一部改良、特別仕様車「F“QueenⅢ”」
    2016年6月30日
    一部改良、特別仕様車
    「F“Queen Ⅱ”」
    2015年6月30日
    マイナーチェンジ、特別仕様車「F“Queen”」
    2014年4月1日
    特別仕様車「F“Jack”」
    2012年7月23日現行モデル登場日
    スペイドを発売

     

    スペイド値引きの口コミ

    新車値引き情報!

    トヨタ新車値引き情報

    レクサス新車値引き情報

    日産新車値引き情報

    ホンダ新車値引き情報

    マツダ新車値引き情報

    三菱新車値引き情報

    スバル新車値引き情報

    スズキ新車値引き情報

    ダイハツ新車値引き情報

    スポンサーリンク

    ↑ PAGE TOP