スペイドの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

スペイドの限界値引きとリセールバリューの高いグレードを紹介

スペイドから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、リセールバリューの高いグレード、スペイドは立体駐車場に入るのか?納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローンシミュレーションなど、スペイド購入の参考にしてみてください。

スペイド取り扱いディーラー

カローラ店 ネッツ店

スペイド月販目標台数:4000台

スペイド今月の値引き相場

スペイド値引き難度:緩い~普通
車両からの目標値引き:24万円
オプション値引き相場:20~30%引き
オプションからの値引きを含む限界値引き:32~37万円

スペイドの値引き交渉では、ホンダのフィットやフリード+、スズキのソリオや日産キューブなどのライバル車と競合させて値引きの条件を詰めていき、最後はカローラ店とネッツ店で、同じスペイド同士の値引き交渉に持ち込むのがセオリーです。

値引き交渉の成功ラインは車両本体とオプションで計25万円以上に設定、30万円オーバーの値引きなら大成功と言えます。

スペイドの限界値引き交渉術!

値引きの神様にお願い

プチバンというジャンルを作り上げた「ポルテ」の人気の元、現行モデルから加わった「スペイド」ですが、上のクラスにコンパクトミニバンの「シエンタ」があり、下には「ルーミー/タンク」という「スペイド」の持つ取り回しの良さや高くて開放感のある室内を実現しています。

そしてスライドドアというメリットがかぶる上、下のクラスに挟まれて、販売面では苦戦しています。

「ヴィッツ」にハイブリッドが設定されたことにより、気が付くと、トヨタ製の車種の中でハイブリッド車をラインナップしていないのはこの「スペイド/ポルテ」と「マークX」ぐらいしかなく、ハイブリッドの設定のない車種は売れないという、トヨタが自ら造り上げた国内市場の定説の波をまともに受けたのが「スペイド/ポルテ」なのかも知れません。

スペイドならコンパクトカーの中でも割安な値引きが狙える

値引きに関してはトヨタのコンパクトカーの中ではもっとも期待できる車種であり、営業マンも他に検討している車種があることは想定済みですので、特に他車の相見積もりは無くても値引きを引き出せるでしょう。

割高な設定の「スペイド」は、「ルーミー/タンク」より高いのは当然ですからその差額分を値引きとして要求するのも具体的でいいでしょう。

エントリー価格なら約146万円の「ルーミー」と約177万円の「スペイド」の差は約31万円ですから目標とするには丁度良い差額であり、「スペイド」の限界値引きでもあります。

また、姉妹車のポルテとの競合で値引きを引き出す方法もあります。

率直に「ポルテは総額○○万円だった。これよりも安くしてくれたらこの場で契約する」と伝えてみましょう。

当サイトの新車値引き交渉術も参考にどうぞ。

下取り車を損なく売って値引きを最大化する!

下取り車を本来ある中古車相場の上限で売って、さらに値引きもMAXまで引き出せれば、これ以上ないお得な車の買い替えに成功しています。

ただ、値引きで成功したと思っても、下取り車で損してしまう人がとても多いのが現状です。

損してしまう多くの例として「これ以上の値引きは見積書に出せないので、下取りの方で調整させてください」と言われる事です。

ここで、当初の下取り額から5万でも10万でもアップすれば、「10万もアップするなら、その分支払額が減るのでかなりの得だな」と思ってしまい、多くのユーザーはそのまま契約してしまうでしょう。

ただ、その当初の下取り額が本来の中古車相場を反映した物なら問題ありませんが、そうじゃない場合、逆に5万、10万を簡単に損してしまう状況になります。

10万円アップしても、本来の中古車相場から見たら「まだまだ、あと20万は行けるでしょ?」などと言う事例は数多くあります。

しかし、一般ユーザーは中古車相場を的確に見分ける事が難しいので、多くの人が下取り車で損をしてしまうのが現状です。

下取り車で損=10~20万円以上の損失を避けるためには、1店舗でもいいので「買取店に査定してもらう」事です。

買取店はディーラーと違い、実際の中古車相場(業者オークション相場)から査定額を算出するので、買取店の査定額と比較すれば、ディーラーの下取り額が妥当なのか?判断する事が出来ます

また、事前に下取り車の相場が分かれば、買い替えの予算も検討出来るでしょう。

おすすめは下記の査定サイトです。おおよその査定相場もすぐに分かります。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずスペイドの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

カーナビ

トヨタ 純正ナビ ケンウッド 社外ナビ
本体 T-Connectナビ NSZT-W68T 彩速ナビ MDV-Z905W
画面大きさ 7インチ 7インチ
価格 145,800円 82,800円
(Amazon)
バックカメラ 30,437円
(ナビレディパッケージ)
9,290円
(Amazon)
ナビ工賃 20,088円 29,800円
(Amazon)
合計額 196,325円 121,890円
純正との価格差 -74,435円
ETC最安 10,800円 5,527円
(Amazon)
ETC2.0 32,400円 20,322円
(Amazon)
パナソニック ストラーダナビ

スペイドの純正カーナビにはトヨタの通信サービスを搭載したT-Connectナビを選択、バックカメラには便利なステアリングスイッチがセットになったナビレディパッケージ、ナビ工賃と合計して約19.6万円になりました。

対する社外品ナビにはハイレゾ音源対応とクリアな高画質でスペードユーザーから多く支持を集めているケンウッドの彩速ナビと、比較対象としてスマホライクで快適な操作フィールと丁寧なルート案内機能で人気が高いパナソニックのストラーダナビを選択。

こちらもバックカメラと取りつけ工賃を合わせて約12.1万円。純正品で買い揃えた場合に比べて約7.4万円も割安となり、値引き交渉の手間なしでスペイドの支払総額を下げることができます。

その他、ETC類など割安な社外品を見つけることができるため、賢く有効活用してお得にスペイドを購入したいものです。

フロアマット

スペイドの純正フロアマット

  • デラックス 21,600円
  • ラグジュアリー 29,160円

社外品スペイド用フロアマット


・純正品との差額 0.9万~1.7万円以上

スペイドのフロアマットに上記の社外品をえらぶ事で、純正品の定価に対して1万~1.5万円前後の割安=値引き効果が得られます。

こちらの社外品フロアマットは3カラーを選べる上に国内生産とあって品質面でも見劣りせず、純正品よりもハイコスパと言えるでしょう。

フロアマットは簡単に敷けるので、ディーラーに持っていくのが面倒だと思ったら、自分で作業してしまってもいいでしょう。

ドアバイザー

スペイド純正ドアバイザー

  • サイドバイザー(RVワイドタイプ) 23,760円

社外品スペイド用ドアバイザー


・純正品との差額 1.7万円以上

スペイドにこちらの社外品ドアバイザーをえらべば、純正品の定価に対して1.5万円前後の割安となり、スペイドの支払総額をそれだけ下げられます。

取りつけは自分でやってもいいのですが、新車でスペイドを購入するのであれば、ディーラーにお願いすれば交渉次第で工賃をサービスor値引きして貰えるチャンスがあります。

ドライブレコーダー

スペイド純正ドライブレコーダー

  • カメラ一体型 21,060円
  • カメラ一体型(ナビ連動) 42,660円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 1.5万~3.6万円以上

近ごろ「あおり運転」報道によって注目を集めているドライブレコーダーについても、割安な社外品を選ぶ事により、純正品の定価に対する差額が値引き効果として得られます。

ドライブレコーダーの取りつけは技術が要るため無理しないでディーラーにお願いし、工賃サービスor値引きを交渉したいところです。

コウさん
コウさん

スペイドの値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

スペイドの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者 ×
クルーズコントロール 定速型

新型スペイドの納期は?

スペイドの納期1ヵ月~1.5ヵ月

トヨタ スペイドの納期は、在庫車やメーカー見込み発注分があれば1ヵ月以内、新たにメーカーへ発注となると、1~1.5ヵ月ほどの納期となっています。

スペイドの価格と各グレードのリセールバリューは?

価格と各グレードのリセールバリューは?

新車から3年経過したトヨタ スペイドの買取相場とリセールバリューを一覧表にしました。

3年後、どのグレードがより高く売れるのか? グレード選びのご参考にどうぞ。

スペイドのグレード名 3年後の買取相場 当時の新車価格(円) リセールバリュー
1.5 X 63万円 1,828,440 34.4%
1.5 F 59万円 1,879,200 31.3%
1.5 F “Noble collection”* –万円 1,979,640 %
1.5 Y 66万円 1,890,000 34.9%
1.5 G 72万円 1,977,480 36.4%
1.5 X 4WD 96万円 1,988,280 48.2%
1.5 F 4WD 93万円 2,030,400 45.8%
1.5 F “Noble collection” 4WD* –万円 2,130,840 %
1.5 Y 4WD 86万円 2,041,200 42.1%
1.5 G 4WD 101万円 2,128,680 47.4%

*特別仕様車

スペイドのリセールバリューを見ると、下位グレード(1.5X、1.5F)の買取相場下落が大きく、3年落ち普通乗用車の平均値(50~55%)を下回っていることから、スペイドのリセールバリューは高いとは言えません。

その中でも4WDのリセールバリューはスペイドの中では高くなっています。

(※2WDと4WDでは、新車価格が高くなるものの、4WDの方が高リセールを期待できる傾向にあります)

また、初期費用を抑えることがリセールバリューを引き上げることにつながりますから、スペイド購入時の値引き交渉が重要であることは言うまでもありません。

長く乗るにはいいですが、5年以内の買い替えでは売却時の損失額(購入時との差額)が少なくないので、3年落ち以上のスペイドの中古車を買うのも、コストパフォーマンスの高い買い方と言えるかもしれません。

下取り車があるなら相場を調べておこう

値引き相場や欲しいグレードが決まってこれからディーラー巡りをするなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るでしょう。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。


スペイドは機械式の立体駐車場に入る?

トヨタ スペイドの車体寸法は、

全長3,995mm
全幅1,695mm
全高1,690-1,720mm

となっています。

ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています。(横幅は1,850mm)

スペイドの全高は1,690-1,720㎜なので、残念ですがハイルーフ非対応の機械式立体駐車場には停められません。

スペイドの実燃費は?

渋滞・街中の実燃費 11-12㎞/L
スムーズな一般道・幹線道路の実燃費 15-17km/L
高速道路の実燃費 16-18km/L
スペイドの平均実燃費 14-15㎞/L

基本的に、外気温が低いほどエンジンが暖まるまでにエンジン保護により燃料を多く吹くので、燃費は悪くなります。

夏はエアコンを利用するので、コンプレッサーを頻繁に回すために燃料を消費します。

季節による燃費順位は以下の傾向があります。

燃費悪い:冬<夏<秋<春:燃費よい

スペイドの最新モデルチェンジ

2018年11月5日 スペイドに特別仕様車「F“Noble collection(ノーブルコレクション)”」を設定

トヨタ スペイド

特別仕様車「F“Noble collection(ノーブルコレクション)”」は、「F」をベースに、革調シボ付ルーフフィルム、本革巻きのステアリングホイール&シフトノブ、専用シート(合成皮革×ファブリック)を採用。

また、内装パーツ色をブラックに統一するとともに、内外装の各所にメッキ加飾を施すなど、上質感を高めた仕様としました。

ボディカラーは5色を設定。

スペイドのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

当面予定なし

モデルチェンジ推移

2018年11月5日特別仕様車「F“Noble collection”」
2017年12月11日一部改良、特別仕様車「F“QueenⅢ”」
2016年6月30日一部改良、特別仕様車「F“Queen Ⅱ”」
2015年6月30日マイナーチェンジ、特別仕様車「F“Queen”」
2014年4月1日特別仕様車「F“Jack”」
2012年7月23日スペイドを発売

スペイドの競合車は?

トヨタ ルーミー/タンク

トヨタルーミー

「スペイド」の一番の競合車は「ルーミー」と「タンク」。

カローラ店は「ルーミー」、ネッツ店は「タンク」をスペイドとともに取り扱っており、それぞれが大ヒットしているために現在は蚊帳の外におかれています。

顧客にすすめるのも「ルーミー」と「タンク」で、「スペイド」ではありません。

同じ販売店なので競合は出来ませんが、「ルーミー/タンク」より月内登録が確実な「スペイド」なら好条件を提示してくれる可能性が高いです。

ルーミー/タンクの限界値引きはこちら

ホンダ フリード

ホンダフリード

トヨタなら「シエンタ」相当になるフリードが新型になることで、「スペイド」の需要が一気に下がりました。

3列シートや広い室内スペースとハイブリッドによる低燃費は最大の魅力です。

しかも1.5L車の価格は、グレードによっては「スペイド」と同程度となるのでお買い得感があります。

同価格帯同士のグレードと競合させて、スペイドの値引きを引き出しましょう。

フリードの限界値引きはこちら

ホンダ N-BOX

ホンダNBOX

知り合いやママ友が必ず乗っている、と言っても良いくらい売れている軽ハイトールワゴンですが、中でもこの「N-BOX」はすこぶる評判がいいのです。

燃費はさほどでもなく軽とはいえけっこう価格も高いのですが、それを払拭する豊富なシートアレンジを含む使い勝手と広大な室内スペースと荷室は、何ものにも代えがたいメリットがあります。

ただし、値引きは軽であることもあり、あまり多くは望めないので、スペイドとは総額で勝負するか、維持費等の安さのメリットを引き合いに出して、スペイドの値引きを要求しましょう。

N-BOXの限界値引きはこちら

新型スペイドを残価設定ローンで購入すると?

トヨタ スペイドを残価設定ローンで購入した場合の、月々の支払額を3年と5年でシミュレーションしてみました。

グレード名 スペイド 1.5F
車両本体価格 1,879,200円
車両本体値引き ▲200,000円
メーカーオプション価格 32,400円
ディーラーオプション価格 190,782円
ディーラーオプション値引き ▲38,000円
諸費用 168,947円
支払総額 2,364,180円
頭金 343,198円
ローン元金 2,020,982円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 4.50% 4.50%
初回 44,420円×1回 33,252円×1回
2回目以降 42,100円×34回 31,400円×58回
最終回(残価) 732,888円×1回
30.4%)
451,008円×1回
(16.8%)
金利を含む支払総額 2,408,206円 2,681,462円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。
また、販売店の金利によっても支払額は変わりますから、上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

下取り車の金額で絶対に損しないためにすること【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】今あなたの車がいくらで売れるのか?オークション相場から調べて査定額をお伝えする無料サービスです 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!1台1台オークション相場から調べて今の買取金額をお伝えする無料サービスです 夢...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...