あなたのノアを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

ノアのガチな査定相場を紹介!

ノアの無料ネット査定

あなたのノア、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがノアの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

ノアの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のノアの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

ノアのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのノアを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のノアの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】ノアの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

ノアで査定が高くなる組み合わせは?

ノアの高額査定が期待できる組み合わせは?

ノアで高い査定が出るグレードはコレ!

Si
Si GRスポーツ
G
4WD

ノアは全体的に査定相場が高いため、グレードごとのリセールバリューに大きな差はないものの、ノアの中でも高い査定が期待できるのは、SiとSi GRスポーツ、Gそして4WDです。

外観のエアロパーツがシャープなSiとそのスポーツ性を更に高めたSi GRスポーツ、内装の充実により居住性の高いGは中古車市場でも人気が高く、査定相場が高くなる傾向にあります。

そして、ノアの4WDグレードはFFモデルに比べて販売台数が少ないため、比例して中古車市場にもあまり出回りません。その希少性から4WDグレードの査定相場は高くなる傾向にあります。

また、7人乗りと8人乗りでは、2列目シートにゆったり座れる7人乗りの方が人気で査定相場も高く、ガソリン車とハイブリッド車では、購入価格との相対でガソリン車の方がリセールバリューが高いので、高値売却を目指しましょう。

ノアで高い査定が出る人気色はコレ!

ノアの高額査定が期待できる人気カラー

ホワイトパールクリスタルシャイン
ブラック

ノアで買取査定が高く出るカラーは、上記の人気2カラーです。

長年日本人に親しまれているホワイト系・ブラック系の2カラーは人気が安定しており、在庫を抱えたくないお店としても売れ残るリスクが低く、積極的に販売したい事情から、ノアの買取でも高値で査定される傾向にあります。

他カラーと比べると、3年以内の売却で10万~30万円の査定差額が出ています。

ノアで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

ツインムーンルーフ
電動パワースライドドア(両側)
スマートエントリーシステム
ナビゲーションシステム

ノアの高額査定が期待できる人気オプション・ツインムーンルーフ

人気のツインムーンルーフは、オプション代金と同等かそれ以上のプラス査定が見込めるため、装備されているノアは、高値で売却したいところです。

 

ノアの高額査定が期待できる人気オプション・両側パワースライドドア

デュアル(両側)タイプの電動パワースライドドアはミニバンユーザーの需要が非常に高く、プラス査定になるため、高額売却を目指しましょう。

 

ノアの高額査定が期待できる人気オプション・スマートエントリーシステム

スマートエントリーシステムは、グレードによってはオプションとなりますが、実際に使ってみるとそのコストパフォーマンス=人気の高さが実感できます。

中古車市場でもニーズが高い装備なので、売却時にはプラス査定になります。

 

ノアの高額査定が期待できる人気オプション・メーカーナビ

ナビゲーションシステムは、初期費用の高さと比例して買取査定にもプラスに影響するため、メーカーオプション、ディーラーオプション、社外品ナビなど、安価なポータブルナビでなければ、プラス査定となります。

ちなみに、メーカーオプションでもスペアタイヤやエアバッグ、アクセサリーコンセントなど「表から見えない・見えにくい」オプションについては、プラス査定になりにくいです。

ノアの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

ノアの査定ダウンにつながる不人気カラー

シルバーメタリック
アバンギャルドブロンズメタリック

ホワイトパールクリスタルシャインやブラックの人気2カラーと比べると、それ以外のカラーでは買取査定が下がってしまいます。

修復歴による査定の減額

査定ダウンにつながる修復歴

どの車種にも言える事ですが、修復歴があると査定相場は大きく下がってしまいます。

特に価値が高く残っている新車~5年落ち以内のノアだと、修復歴ありに該当してしまうと、30万~50万円の査定金額ダウンが見られます。

元の査定相場が高いほど、修復歴ありによる減額も大きくなってしまいます。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

ノアの査定相場に影響するモデルチェンジ

ノアの査定相場を年式で追っていくと、フルモデルチェンジ・マイナーチェンジの前後では、査定相場に大きな差が出ているのが分かります。

小規模な改良は除いて、内装や外観、エンジン等の仕様が大きく変わってしまうフルモデルチェンジ、大きめの改良が加えられるマイナーチェンジは、ノアの査定相場に大きな影響を及ぼしています。

この傾向は、査定相場が残る高年式ほど相対的に大きくなる=損をしてしまうため、注意が必要です。

ノアを売却するなら、フルモデルチェンジやマイナーチェンジの行われる3ヶ月くらい前からノアの査定相場が下がり始めるので、事前に情報をつかんで早めに売れるようにしたいところです。

輸出によるノアの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

新車登録から5年以内……約100万円以上
新車登録から7年以内……約50万~100万円
新車登録から7年超過……廃車約30万円

輸出は基本的に国内買取相場から外れるような状態のもの(内外装、走行距離、修復歴など)が該当し、上記の輸出買取相場が底値となります。

輸出該当車両は主に2代目ノア(2007年6月~2014年1月販売)以降で、初代ノアは基本的に国内需要のみとなるため、廃車率が非常に高くなり、注意が必要です。

また、基本的にノアの輸出による査定相場は高くありません。

いくら人気車であっても状態が悪ければ価値が残りにくく、不動車では輸出買取相場でも値がつきにくくなるため、高値での買取査定を望む方は日頃から大切に乗られる事をオススメします。

ノアを輸出相場で売るには、ディーラーではなく買取店で売る必要があります。

ディーラーではゼロ円+廃車手数料を取られてしまうようなケースでも、輸出に該当していれば買取店で数万~30万円程度で売れる可能性もあります。

ノアの査定相場とリセールバリューは?ディーラー下取り相場と推移を比較

ノアの査定相場とリセールバリュー

ここでは、実際の業者オークションの落札相場をベースに、当サイトで査定したノアの査定相場とリセールバリューを紹介しています。

現行型(3代目)ノアの査定相場(2018年8月査定)

現行型(3代目)ノアの査定相場とリセールバリュー

2014年1月~販売中

ノア 2.0Si/色:白黒/修復歴なし/新車価格274.5万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 252万円 91.8% 192万円
2017年 1.1万キロ 247万円 89.9% 181万円
2016年 2.0万キロ 223万円 81.2% 155万円
2015年 3.1万キロ 208万円 75.7% 138万円
2014年 4.0万キロ 193万円 70.3% 123万円

現行型(3代目)ノアの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

2017年7月のマイナーチェンジを境に大きな落差が生じている以外は、概ね年式相応の穏やかな下落傾向となっています。

3年落ちリセールバリューは普通乗用車の平均値(50~55%)を大きく上回る75.7%を示しており、売却に有利な状況となっています。

2代目ノアの査定相場(2018年8月査定)

2代目ノアの査定相場とリセールバリュー

2007年6月~2014年1月生産モデル

ノア 2.0Si/色:白黒/修復歴なし/新車価格249.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2013年 4.6万キロ 131万円 52.6% 93万円
2012年 5.9万キロ 122万円 48.9% 81万円
2011年 6.6万キロ 109万円 43.7% 72万円
2010年 8.0万キロ 69万円 27.7% 47万円
2009年 9.1万キロ 40万円 16.0% 28万円
2008年 9.9万キロ 26万円 10.4% 12万円
2007年 10.8万キロ 25万円 10.0% 8万円

2代目ノアの査定相場とリセールバリューを、年式ごとにまとめました。

全体的に年式相応の下落傾向を示す中で、2010年4月のマイナーチェンジを境に大きな相場の落差が生じています。

その後、10年落ちでリセールバリュー10%、査定相場25万円前後で一旦落ち着きますが、タイミングによっては輸出相場によって、さらに高額で査定される可能性もあります。

現行型(初代)ノアハイブリッドの査定相場(2018年8月査定)

現行型(初代)ノアハイブリッドの査定相場とリセールバリュー

2014年2月~発売中

ノアハイブリッド 1.8X/色:白黒/修復歴なし/新車価格301.4万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 241万円 79.9% 193万円
2017年 1.2万キロ 229万円 75.9% 179万円
2016年 2.9万キロ 200万円 66.3% 148万円
2015年 3.1万キロ 198万円 65.6% 137万円
2014年 4.2万キロ 187万円 62.0% 122万円

現行型(初代)ノアハイブリッドの査定相場とリセールバリューを年式ごとにまとめました。

2017年7月のマイナーチェンジで落差が大きくなっている他は、概ね年式相応の下降傾向をしめしています。

ところで、表の右端にノア/ハイブリッドをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べると15万~70万円前後(ハイブリッドは50万~60万円前後)の差額が生じているのが分かります。

これはディーラーが既定のマニュアルによって機械的に(人気カラーやオプション等を考慮しないで)査定するためであり、若干の上乗せはあるとは言えディーラー下取り査定を真に受けると、大きな損をしてしまうリスクを意味しています。

この差額は「諸手続きの代行手数料」と割り切るには少し高すぎるので、買取店でも査定して貰って、本当にその査定金額で納得できるか、じっくり比較検討しましょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

13年落ち&22万キロ超!低年式&過走行&修復歴ありでも初代ノアは売れるのか?

2001年11月にデビューしてからロングセラーとなっているノアですが、低年式(10年落ち以降)や過走行(走行距離10万キロ超)、更に修復歴があっても、査定相場は残るでしょうか。

ここでは、業者オークションを調査して低年式&過走行の初代ノアをピックアップ、その査定相場の残る傾向について分析・紹介します。

低年式&過走行&修復歴ありの初代ノアに査定相場は残っているか?
13年落ち ノア 2.0Xリミテッド 228,000㎞ パールホワイト 修復歴あり
  5万円前後

上記の初代ノアは「前クロスメンバー交換」「前サイドメンバー補修」「コアサポート・アッパーサポート交換」「下廻り傷・凹み」「シートしみ・コゲ穴大」「室内・天張り汚れ大」「ドア内張りコゲ穴大」……等々。

要は修理箇所あり、室内は多分タバコのヤニだらけ(となれば、臭気も)……そんな状態でも、海外市場ではニーズがあるようで、どうにか5万円前後の査定相場が残っていました。

しかし、さすがにどんな状態でも必ず査定相場が残っているという訳ではなく、以下に初代ノアの査定相場が残る傾向についてまとめます。

査定相場が残るのは、全体の約11%(10台に1台)
走行距離の限界値は27.6万キロ(12年落ち&修復歴なし)
比較的多くの台数に査定相場が残る走行距離15万キロ以下
年式の限界値は16年落ち(2002年式)
デビュー年(17年落ち・2001年式)は無条件で全滅
比較的多くの台数に査定相場が残る年式13年落ち以内
ボディカラーはホワイトパール&ブラックが有利
2WDよりも4WDが有利
※ただし、普通に走行できる状態が大前提

これらの条件を満たしていても、なお査定相場が残らない初代ノアも多いですが、少なくともディーラー下取りで問答無用に「ゼロ円&処分手数料」と査定されてしまう(事が多い)よりは、買取店で査定して貰って、最後の最後まで可能性を追求したいところです。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら