あなたのランドクルーザープラドを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

ランドクルーザープラドのガチな査定相場を紹介!

ランドクルーザープラドの無料ネット査定

あなたのランドクルーザープラド、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがランドクルーザープラドの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

ランドクルーザープラドの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のランドクルーザープラドの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

ランドクルーザープラドのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのランドクルーザープラドを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定の利用実例」として車両情報と車の画像をサイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のランドクルーザープラドの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】ランドクルーザープラドの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

ランドクルーザープラドで査定が高くなる組み合わせは?

ランドクルーザープラドの高額査定が期待できる組み合わせは?

ランドクルーザープラドで高い査定が出るグレードはコレ!

2.7TX
2.7TX Lパッケージ
2.8TXディーゼル
2.8TX Lパッケージ ディーゼル
7人乗り

ランドクルーザープラドは、中古車市場でも引き合いが多いため、その査定相場は全グレードにおいて高めとなっています。

その中でも、ガソリン車の2.7TXや2.7TX Lパッケージ、ディーゼルの2.8TXや2.8TX Lパッケージは特に高い査定相場を示しており、ランドクルーザープラドの売却に有利なグレードとなります。

また、ランドクルーザープラドはディーゼルよりもガソリン車の方がリーズナブルな価格で、相対的なリセールバリューが高いためお得となります。

そして、ランドクルーザープラドには5人乗りと7人乗りとがありますが、快適な居住性と使い勝手の良さから7人乗りの方が人気が高いため、査定相場が高くなっています。

ランドクルーザープラドで高い査定が出る人気色はコレ!

ランドクルーザープラドの高額査定が期待できる人気カラー

ホワイトパールクリスタルシャイン
ブラック

ランドクルーザープラドのボディカラーで、買取査定のプラスポイントとなる人気カラーがこちらになります。

明るく開放的な清潔感で好印象のホワイトと、重厚で落ち着きのある高級感が表れるブラックは、昔から日本人の感性にフィットするため、ランドクルーザープラドのボディカラーにも多く選ばれています。

中古車販売店としても売れ残るリスクが低いため積極的に仕入れたがるので、ランドクルーザープラドの買取査定でも高値がつく傾向にあります。

中古車市場を調査してみると、3年以内の売却で、ホワイト&ブラック系の人気2カラーと、その他カラーでは、ランドクルーザープラドの査定相場に30万~50万円以上の差額が出ていました。

こうしたカラーによる金額差は、ランドクルーザープラドのような高級車ほど大きくなる傾向があるため、人気カラーのプラドを売るなら、高額売却を目指しましょう。

ランドクルーザープラドで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

電動ムーンルーフ
メーカーナビ
ルーフレール
寒冷地仕様
クールボックス(TZ-G)

ランドクルーザープラドに装着できるメーカーオプションの中でも、特に人気が高く買取査定アップが期待できるものは、こちらになります。

ランドクルーザープラドの高額査定が期待できる人気オプション・ムーンルーフ

空からの光を取り入れることでランドクルーザープラドの車内空間を明るく、開放感を演出する電動ムーンルーフは年代を問わず人気が高いオプションの一つです。

ランドクルーザープラドでもオプション料金以上の査定アップが期待できます。

 

ランドクルーザープラドの高額査定が期待できる人気オプション・Tコネクトナビ

メーカーナビはその使用感の高さはもちろん、車体と一緒に工場で作りつけるため、そのデザインはランドクルーザープラドのハイグレード感を損ないません。

オプション料金が高額でもあり、さすがに初期費用を上回りはしないものの、ランドクルーザープラドの買取査定アップが期待できます。

 

ランドクルーザープラドの高額査定が期待できる人気オプション・ルーフレール

ランドクルーザープラドの屋根に荷物を固定することができるルーフレールは、ユーザーのアイディア一つでランドクルーザープラドの可能性を高めてファッション性も向上させるため、高い人気を誇るオプションの一つです。

また、輸出相場にも強いプラドではルーフレールの装着が輸出相場に該当する条件となっている場合もあります。

同じく寒冷地仕様もランドクルーザープラドの輸出相場に該当する条件として、入っている場合があります。

 

ランドクルーザープラドの高額査定が期待できる人気オプション・クールボックス

メーカーオプションのクールボックスが付いていると、プラス査定が期待できます。後から付ける事が出来ないので価値が残りやすく、他のプラス査定要因と相乗効果で、査定相場がアップします(TZ-Gのみ)。

ランドクルーザープラドの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

ランドクルーザープラドの査定相場ダウンにつながる不人気カラー

ホワイト・ブラック系の人気カラーと比較して、それ以外のカラーでは、ランドクルーザープラドの査定相場に30万~50万円以上の差がついてしまいます。

一方で、輸出買取相場に強いランドクルーザープラドは、一部カラーの人気が海外で高騰することもありますが、それが永続する保証はありません。

なので、ランドクルーザープラドを買う時は、やはり人気の安定しているホワイト・ブラック系のボディカラーが無難です。

修復歴による査定の減額

査定ダウンにつながる修復歴

いくらパワフル&タフネスな走りを実現してくれるランドクルーザープラドであっても、事故や故障などで修復歴アリとなってしまうと、査定相場が大きく下落します。

ダメージの程度にもよりますが、新車から5年以内のランドクルーザープラドでは、査定相場に30万~70万円以上の金額差がついていました。

一瞬の油断で、数十万円の大損害です。

そんな事で泣きを見ないよう、日頃からランドクルーザープラドを大切に乗るようにしましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

ランドクルーザープラドの査定相場に影響するモデルチェンジ

モデルチェンジ(フルモデルチェンジ/マイナーチェンジ)はランドクルーザープラドの査定相場に大きな影響を及ぼします。

ランドクルーザープラドの内外装やエンジン等の仕様に大規模な変更が加えられるフルモデルチェンジや、フルモデルチェンジよりはやや小規模ながら、一部改良とは異なり内外装やエンジン等に大き目な変更が加えられるマイナーチェンジは、多くのユーザーから注目されています。

そのため、ランドクルーザープラドの査定相場にも大きな影響を及ぼす訳です。

相場の変動にもよりますが、フルモデルチェンジ/マイナーチェンジの前後では、ランドクルーザープラドの査定相場に30万~50万円以上の金額差が生じています。

「ランドクルーザープラドを売却しようかな」と考えているなら、注意が必要です。

なぜなら、ランドクルーザープラドの査定相場は、モデルチェンジの入る約3ヶ月前から下がり始めるためです。

でも、モデルチェンジの情報は予めキャッチできますから、日頃からアンテナを伸ばしておけば大丈夫です。

輸出によるランドクルーザープラドの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

現行(2009年9月~)
新車登録から7年以内 200万円以上
新車登録から7年超過 100万円以上
3代目(2002年10月~)
新車登録から7年以内 100万円以上
新車登録から7年超過 50万~100万円
2代目(1996年5月~) 30万~50万円
初代(1990年4月~) 30万~50万円

海外で人気の高いランドクルーザープラドは、過走行や修復歴など、国内市場では敬遠されてしまうようなコンディションであっても、輸出買取相場に該当すれば、上記の底値で買い取って貰えるチャンスが高いです。

ただし、高年式の場合は修復歴があるとランドクルーザープラドの輸出相場は大きく崩れてしまうため、少しでもお得な売却のためにも、日頃から大切に乗るようにしましょう。

また、ランドクルーザープラドを輸出相場で売るためには、ディーラーではなく買取店にもっていく必要があります。

ディーラーでは下取り査定が大幅に叩かれてしまうようなコンディションのプラドであっても、買取店に持っていけば上記の輸出買取相場で買い取って貰える期待が持てます。

10年間のランドクルーザープラドの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

ランドクルーザープラドの査定相場とリセールバリュー

業者オークションのデータを元に当サイトで独自査定した、ランドクルーザープラドのモデル別&年式別(10年落ちまで)の査定相場データです。

ランドクルーザーを売るタイミングの参考にしてください。

現行型(4代目)ランドクルーザープラドの査定相場(2018年8月査定)

現行型(4代目)ランドクルーザープラドの査定相場とリセールバリュー

2009年9月~販売中

2.7TX Lパッケージ/色:白黒/修復歴なし/新車価格420.2万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 450万円 107.0% 382万円
2017年 0.6万キロ 448万円 106.6% 353万円
2016年 1.8万キロ 353万円 84.0% 334万円
2015年 2.9万キロ 337万円 80.1% 309万円
2014年 4.2万キロ 326万円 77.5% 277万円
2013年 5.0万キロ 310万円 73.7% 241万円
2012年 6.2万キロ 271万円 64.4% 224万円
2011年 6.7万キロ 266万円 63.3% 201万円
2010年 8.4万キロ 200万円 47.5% 178万円
2009年 3.6万キロ 223万円 53.0% 162万円

現行型(4代目)ランドクルーザープラドの査定相場とリセールバリュー(残価率)を、年式別にまとめました。

海外市場でも大人気なランドクルーザープラドは輸出相場によって高い査定相場となっていますが、中でも2度目(2017年9月)のマイナーチェンジを経た後期型は残価率100%超、新車価格を上回っています。

その後、マイナーチェンジを境として中期型・前期型と査定相場は下がっていきますが、3年落ち残価率は普通乗用車の平均値(50~55%)を大きく上回る80%超と、非常に優秀な数値を示しています。

また、新車登録から7年(ここでは2011年式)を過ぎると、輸出先の規制により高い輸出相場から外れてしまうので、査定相場の急落する節目となります。

高い輸出相場で売れる新車登録から7年を過ぎる前にプラドを売るか、それとも乗り続けるか、検討する節目となるでしょう。

※ちなみに、2009年式はこの1台しかなかったため、参考として載せていますが、走行距離や車両状態(査定評価点4.5、内外装共にB)によって、2010年式と査定相場が逆転しています。

3代目ランドクルーザープラドの査定相場(2018年8月査定)

3代目ランドクルーザープラドの査定相場とリセールバリュー

2002年10月~2009年9月

2.7TX/色:白黒/修復歴なし/新車価格310.8万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2009年 8.0万キロ 131万円 42.1% 114万円
2008年 8.2万キロ 118万円 37.9% 90万円
2007年 9.8万キロ 75万円 24.1% 50万円
2006年 10.7万キロ 73万円 23.4% 40万円
2005年 11.2万キロ 79万円 25.4% 22万円
2004年 14.7万キロ 76万円 24.4% 15万円
2003年 15.3万キロ 75万円 24.1% 8万円
2002年 25.0万キロ 79万円 25.4% 0万円

3代目ランドクルーザープラドの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

新車登録から10年(ここでは2008年式)を境に査定相場が急落しています。

10年で何らかの輸出規制が働いているので、10年過ぎる前に高い輸出相場でプラドを売るか、そのまま乗り続けるか、判断したいところです。

10年を過ぎると、年式や走行距離に関わらず、一定の輸出相場の底値に該当しているので、距離を走れば走るほど、お得感が増す事になります。

現行型(4代目)ランドクルーザープラド(ディーゼル)の査定相場(2018年8月査定)

現行型(4代目)ランドクルーザープラドの査定相場とリセールバリュー

2015年6月~販売中

2.7TX Lパッケージ/色:白黒/修復歴なし/新車価格482.2万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.5万キロ 521万円 108.0% 386万円
2017年 0.7万キロ 418万円 86.6% 357万円
2016年 2.5万キロ 375万円 77.7% 334万円
2015年 3.1万キロ 361万円 74.8% 313万円

2015年6月より登場した現行型(4代目)ランドクルーザープラド(ディーゼル)の査定相場とリセールバリュー(残価率)を、年式別にまとめました。

査定額自体はガソリン車(同グレード)より高いものの、新車価格の高さから相対的に残価率では不利となっています。

それでも、3年落ちリセールバリューは普通乗用車の平均値(50~55%)を大きく上回る74.8%を示しており、売却には十分有利と言えるでしょう。

3代目ランドクルーザープラド(ディーゼル)の査定相場(2018年8月査定)

3代目ランドクルーザープラドの査定相場とリセールバリュー

2002年10月~2007年7月

3.0TX/色:白黒/修復歴なし/新車価格345.4万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2007年 11.9万キロ 152万円 44.0% 114万円
2006年 12.1万キロ 116万円 33.5% 86万円
2005年 15.1万キロ 87万円 25.1% 69万円
2004年 13.0万キロ 100万円 28.9% 47万円
2003年 29.3万キロ 85万円 24.6% 33万円
2002年 8.3万キロ 99万円 28.6% 21万円

3代目ランドクルーザープラド(ディーゼル)の査定相場とリセールバリュー(残価率)を、年式別にまとめました。

2005年式は査定評価点が悪い(外装E)に加えて走行距離も1万キロ/年の基準より2万キロほど超えている車両のデータしか無かったため、2004年式に逆転されています。

以降、2003年式のように走行距離29.3万キロまで走っても査定相場は85万円で落ち着いているので、輸出相場による底値に該当しているため、距離を走る人には有利な査定相場となっています。

※ちなみに、2002年式はこの1台しか流通していませんでした。

また、表の右端にランドクルーザープラドをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べて年式次第では約20万~100万円以上も安くなっています。

これはディーラーが既定の査定ブックによって機械的に査定することで生じる差額です。

つまり、ディーラーの下取り査定を鵜呑みにすると、これだけ損してしまうリスクがあるので、買取店でも査定して貰うといいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

21年落ち?57万キロ?低年式&過走行&修復歴のランドクルーザープラドでも売れるのか?

1990年のデビューから25年以上にわたるロングセラーであるランドクルーザープラドですが、低年式(10年落ち超)&過走行(走行距離10万キロ超)、そして修復歴があっても、査定相場は残るのでしょうか。

ここでは、まだまだ流通台数のある2代目ランドクルーザープラド(1996年~2002年)の中から、低年式&過走行&修復歴ありの1台をピックアップ、プラドの査定相場が残る傾向について調査していきます。

低年式&過走行&修復歴ありのランドクルーザープラドでも査定相場が残るのか?
1997年式 ランドクルーザープラド 3.0RZ 570,000㎞ レッド2トーン 修復歴あり 30万円

上記のランドクルーザープラドは「外装色あせ大」「カーペット・シート焦げ」「室内汚れ」「下廻りサビ」など、かなりワイルドに乗り倒されてきたことが想像できますが、それでも海外市場で人気があるため、輸出相場によって30万円という査定相場を残していました。

今回の調査ではすべての2代目ランドクルーザープラドに15万~90万円前後の査定相場が残っていたため、廃車になる心配はまずしなくて大丈夫でしょうが、より査定相場が残りやすい傾向について、以下にまとめておきます。

ボディカラーは「ホワイトパール>ブラック>その他」の順で有利
5人乗りよりも7人or8人乗りの方が有利
メーカーナビがついている方が有利
サンルーフがついていると15万~25万円前後のプラス査定
内装カラーはブラックよりもフラクセン(ベージュ系)が有利
※不動車ではなく走れる状態が前提

こうした要素が多いほど外国人に好まれ、高額査定が期待しやすくなるようですが、ディーラー査定ではマニュアル的に低年式や過走行などを指摘され、ゼロ円とまではいかなくても、極端にマイナス査定されてしまうかも知れません。

そんな時、輸出相場の存在を知らないと損してしまう可能性が高いので、プラドの査定相場をきちんと把握するためにも、買取店で査定しておきましょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら