あなたのアルファードを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

アルファードのガチな査定相場を紹介!

この記事の目次

アルファードの無料ネット査定

あなたのアルファード、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがアルファードの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

アルファードの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のアルファードの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

アルファードのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのアルファードを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定の利用実例」として車両情報と車の画像をサイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のアルファードの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

アルファードの無料ネット車査定の事例とご利用者の口コミ

アルファード ネット車査定の事例/静岡県 takaiさん

アルファードの無料ネット車査定で本当の査定相場が分かる

アルファード 3.5 GF 査定相場 520万~530万円
コウさん
コウさん

アルファードの査定ポイント

お乗りのアルファードと同条件の車両は、当方で見れるオークションでは確認出来ず、30年式のマイナーチェンジ後アルファード3.5GFは、過去3ヵ月で未使用車が2台のみ確認できます。

また、マイナーチェンジ後のアルファード3.5SCやヴェルファイア3.5VLの相場も参考に査定額を算出しました。

 

お乗りのアルファードは、オークションでの流通台数が少ないので、買取店によって提示する査定額にバラつきが出ると思います。

データ量が乏しいため、警戒して上記査定相場まで出さない買取店もあれば、それ以上を出す買取店もあるかもしれません。

 

オークションでは確認できませんでしたが、現状で高い輸出相場に該当している可能性もあるので、輸出車両に強い買取店に電話で問い合わせたり、査定を依頼して、輸出により高値になるのか念のため確認するといいと思います。

(3.5SCで見ると、9月末までは相場が高かったですが、10月に入って50万円前後かそれ以上相場が下がっています)

 

輸出車両に強い買取店を含め、複数の買取店に査定してもらう事が、アルファードの高価売却に繋がるでしょう。

 

※ご依頼のグレードはデータ量が少なく、単価も高額、また輸出相場に左右される可能性があるので、算出した査定相場に大きな幅が出る可能性がある事をご了承くださいませ。

ネット車査定の実施日 2018年11月1日
ネット車査定利用者プロフィール takaiさん・静岡県
車名・グレード名 アルファード 3.5 GF
車両データ 平成30年(2018年)式・走行5,800㎞・ホワイトパールクリスタルシャイン
ディーラーの査定額 500万円(実査定)
ネット車査定の相場 520万~530万円
実際に売れた売却金額 –万円
ネット車査定利用者のコメント 価格だけでなく、輸出のことなど的確なアドバイスを頂き誠に感謝いたします。早速、輸出専門店の方にも問い合わせをしてみます!

アルファード ネット車査定の事例/静岡県 くま吉さん

アルファードの無料ネット車査定 アルファードの査定画像 アルファードの無料ネット車査定 アルファードの査定画像  アルファードの無料ネット車査定 アルファードの査定画像

アルファードの無料ネット車査定 アルファードの査定画像 アルファードの無料ネット車査定 アルファードの査定画像 アルファードの無料ネット車査定 アルファードの査定画像 アルファードの無料ネット車査定 アルファードの査定画像

アルファード 2.5S Cパッケージ 査定相場 553万~573万円
コウさん
コウさん

アルファードの査定ポイント

お乗りのアルファード2.5S Cパッケージは、ご存知かと思いますが輸出に強いグレードです。

輸出相場は短期で変動する可能性があるため、あくまで過去3か月分のオークション取引金額から査定相場を算出しております。

お乗りのアルファードと同仕様の車両を絞り込んでいくと、概ね上記の査定相場となります。

 

輸出業者もオークションから仕入れられる金額以上の買取額は基本出さないので、現状出ている560万円は決して安くなく妥当な線だと思います。

ただ、同仕様のアルファードをオークションから仕入れるとなると、560万円以上は掛かってきそうなので、もう少しの上乗せは期待できるかもしれません。

 

新車登録1年以内での買取が可能な、輸出に強い業者に複数当たってみるのが、高価買取に繋がりそうです。

加えて一括査定で登録されているオークション転売を前提とした一般的な買取店にも査定してもらうといいでしょう。

 

仮に直近で輸出相場から外れていたとしても、過去3か月分のオークション相場を見て価格を算出する一般的な買取店なら、上記査定相場を出す可能性があります。

買取店も赤字になるリスクを取って、中々相場ギリギリまでの査定額を出さないので、1店舗だけでなく複数の買取店に査定してもらうのがおすすめです。

 

追伸:先ほどお送りしたアルファード2.5S Cパッケージの査定相場ですが、ヴェルファイアの相場も確認したところ、10月から30年式MC後の相場が落ちているようです。

先ほどの相場よりも30万円以上安くなる可能性もありますので、その旨ご了承いただければ幸いです。
輸出絡みの相場となると変動が激しくなるので、当方としても算出が難しいところではあります・・・
申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。

ネット車査定の実施日 2018年10月10日
ネット車査定利用者プロフィール くま吉さん・静岡県
車名・グレード名 アルファード 2.5S Cパッケージ
車両データ 平成30年(2018年)式・走行6,000㎞・ホワイトパールクリスタルシャイン
他店の査定額 560万円(実査定)
ネット車査定の相場 553万~573万円
実際に売れた売却金額 –万円
ネット車査定利用者のコメント この度は大変お世話になりました。

所有車両が輸出に高値で取引される為に、実際の(リアルタイム)車両の相場が分かりにくい為に、こちらのサイトは大変参考になりましたし、これからも是非利用させ頂きたいと考えております。

今後ともよろしくお願い致します。

アルファードで査定が高くなる組み合わせは?

アルファードの高額査定が期待できる組み合わせは?

アルファードで高い査定が出るグレードはコレ!

2.5S Cパッケージ
2.5S
2.5S Aパッケージ・タイプブラック

全体的にリセールバリューの高いアルファードですが、その中でも特に高い買取査定が期待できるグレードは、2.5S Cパッケージと2.5S、2.5S Aパッケージ・タイプブラックです。

シャープでスポーティーなエアロパーツが特徴的なSシリーズは幅広いユーザーから人気が高く、居住・運転性の満足感を高める重厚かつシックな内装も人気を後押ししている事から、買取査定にプラスとなっています。

更に特別使用車であるAパッケージ・タイプブラックは更に細部にまでこだわったハイグレード仕様(本革、木目調など)となっているため、その特別感が味わえるでしょう。

また、2.5S Cパッケージと2.5S Aパッケージ・タイプブラックはファミリー利用を想定したミニバンユーザーにとっては必須アイテムとなっている電動スライドドアを両側完備していることも大きいです。

排気量では、3.5よりも2.5の方が燃費や維持コストの関係から中古車市場で人気が高く、これもアルファードの買取査定にプラスとなります。

予算が許すのであれば、アルファードを高く売るためにも購入時のグレード選択が重要となるため、ここでは2.5S Cパッケージや2.5S、2.5S Aパッケージ・タイプブラックを特におススメします。

アルファードで高い査定が出る人気色はコレ!

アルファードの高額査定が期待できる人気カラー

ホワイトパールクリスタルシャイン
ブラック

アルファードの中古車買取で高額査定が期待できるのは、こちらの人気2カラーです。

日本人が好きなシンプルかつ定番なホワイト・ブラック系の2カラーは「ハズレがない=売れ残って在庫を抱えてしまうリスクが低い」事から、中古車販売店でも積極的に仕入れたい事情があるため、アルファードでも安定した査定相場を維持しています。

人気カラーとその他のカラーでは、5年以内の売却で査定額に約15万~30万円以上の差額が出てしまうため、人気カラーなら是非高値の売却を目指しましょう。

アルファードで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

両側パワースライドドア
ツインムーンルーフ

アルファードの買取査定アップが見込めるポイントとして、これらのメーカーオプションをおススメします。

アルファードの高額査定が期待できる人気オプション・両側パワースライドドア

ファミリー層の利用ニーズがあるアルファードは、子供たちの安全を確保するためにも両側パワースライドドアの装着はマストとも言えます。

2.5S Cパッケージや2.5S Aパッケージ・タイプブラックでは標準装備ですが、2.5Sでは助手席側しかついておらず、そのままでは需要が低くなる=査定額が安くなってしまうため、ここは是非とも両側につけておきましょう。

アルファードの高額査定が期待できる人気オプション・ツインムーンルーフ

また、空からの光が取り込めるツインムーンルーフは老若男女を問わず人気が高く、5年以内の売却ならオプション料金と同等以上のリセールバリューも見込めるため、実際に乗る上での満足感を高めるためにも、つけておきたいメーカーオプションの一つです。

アルファードの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

アルファードの査定ダウンにつながる不人気カラー

スティールブロンドメタリック
グラファイトメタリック

定番の人気2カラーと比較すると、上記の2カラーではアルファードの査定相場が20万円前後も安くなってしまう傾向が見られるため、あまりおススメできません。

しかし、せっかく長くつき合う愛車なのですから、買取査定にこだわってばかりでも面白くないですし、自分の好きなカラーでカーライフを楽しむことも個人的にはアリだと思います。

修復歴による査定の減額

レガシィのマイナス査定となってしまう修復歴

アルファードに限った話ではありませんが、事故や故障などによる修復歴があると、アルファードの買取査定に大きなマイナスを与えてしまいます。

この傾向は査定相場の高い車種ほど大きく見られ、新車から3年落ち以内のアルファードだと、修復歴によって30万~50万円以上もの金額差が出てしまう事もあります。

そうならないよう、アルファードを高く買い取って貰うためにも、日頃から安全運転や小まめなメンテナンスなど、丁寧に乗ることをおススメします。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

アルファードの査定相場に影響するモデルチェンジ

アルファードの査定相場をモデル別に追って調べていくと、フルモデルチェンジ&マイナーチェンジの前後で、査定相場に大きな差が生じているのがわかります。

アルファードの内外装に大規模な変更を加えたり、エンジンなどの仕様が更新されるフルモデルチェンジや、フルモデルチェンジよりは小規模ながら、内外装やエンジンなどにやや大きな変更が加えられるマイナーチェンジは、ユーザーの目先≒人気が移ることもあって、アルファードの査定相場に大きな影響を及ぼします。

5年以内の売却では、マイナーチェンジで20万~30万円以上、フルモデルチェンジで70万~100万円以上も旧型アルファードの買取相場が下落してしまいます。

この傾向は、元の査定相場が大きく残るアルファードではより顕著に出て来るため、注意が必要です。

モデルチェンジをキッカケにアルファードの売却を検討されているのであれば、少しでも査定相場に影響が出ない早目のタイミングでアルファードを売ることをおススメします。

アルファードの査定相場は、モデルチェンジの入る約3ヶ月前から下がり始めるため、事前に出ている情報を敏感にとらえて、早めに売れるようにしましょう。

輸出によるアルファードの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

海外でも需要の高いアルファードは、輸出買取相場で高く売れるチャンスがあります。

関税規制が緩和されるため、新車登録から1年が経過したアルファードの輸出相場は高くなります。

過走行や修復歴など、国内相場から外れてしまうようなコンディションでも、2代目のアルファードなら、例えば20万キロ以上の過走行であっても50万~60万円程度の底値があるため、古いから過走行だからと早まって廃車にせず、中古車買取店で査定して貰うことをおススメします。

しかし、不動車だと輸出買取相場にも該当しなくなってしまう事があるため、普通に乗れる・走れる状態でアルファードを査定して貰うようにしましょう。

初代アルファードについては、あまりにコンディションが悪いと輸出買取相場にも該当しなくなりますが、買取店でなら5万円前後で買い取って貰える可能性も残されているため、諦めずに持っていくことをおススメします。

アルファードを輸出相場で売るには、ディーラーではなく買取店で査定してもらう必要があります。

ディーラーだと買取ゼロ円+廃車手数料という「泣きっ面にハチ」状態でも、買取店なら上記の輸出買取相場で売れる可能性があるため、古い過走行のアルファードでも、諦めずに買取店に持っていくようにしましょう。

アルファードの査定相場とリセールバリューは?ディーラー下取り相場と推移を比較

アルファードの査定相場とリセールバリュー

ここでは、実際の業者オークションの落札相場をベースに、当サイトで査定したアルファードの査定相場とリセールバリューを紹介しています。

皆さんがアルファードを売却するタイミングの参考にどうぞ。

現行型(3代目)アルファードの査定相場(2018年8月査定)

現行型(3代目)アルファードの査定相場とリセールバリュー

2015年1月~販売中

アルファード 2.5S Cパッケージ/色:白黒/修復歴なし/新車価格436.2万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 513万円 117.6% 426万円
2017年 0.9万キロ 451万円 103.3% 319万円
2016年 1.8万キロ 450万円 103.1% 302万円
2015年 3.2万キロ 440万円 100.8% 288万円

現行型(3代目)アルファードの査定相場とリセールバリューを年式順でまとめました。

マイナーチェンジ後の2018年式では、リセールバリューが100%を大きく超えていますが、これは輸出相場による所の査定相場となっています。

新車価格を超える高値となっていますが、ここまで高値の輸出相場に当て嵌まる条件として、「ツインムーンルーフ」「3眼LEDヘッドライト」「デジタルインナーミラー」「スペアタイヤ」のメーカーオプションがついており、いわゆる輸出仕様のアルファードとなっています。

上記仕様にさらにメーカーオプションナビやモデリスタ等のエアロキットが付いていると、リセールバリューは130%を超えています。

また、マイナーチェンジ前の全年式(2015~2017)でも新車価格超えのリセール100%以上を達成していますが、こちらは「ツインムーンルーフ」「メーカーオプションナビ」「リアエンター又はリアフリップダウンモニター」など、やはり輸出相場に強いメーカーオプションが装備されている車両です。

ちなみに2015年式で走行3.1万キロ、ツインムーンルーフなし、アルパインナビ(10インチ)・フリップダウンモニターの車両は、査定相場358万円となっています。

2代目アルファードの査定相場(2018年8月査定)

2代目アルファードの査定相場とリセールバリュー

2008年5月~2015年1月生産モデル

アルファード 240S/色:白黒/修復歴なし/新車価格348.6万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2014年 3.9万キロ 215万円 61.6% 169万円
2013年 4.6万キロ 211万円 60.5% 165万円
2012年 5.9万キロ 207万円 59.3% 159万円
2011年 7.7万キロ 164万円 47.0% 126万円
2010年 7.4万キロ 153万円 43.8% 117万円
2009年 8.1万キロ 131万円 37.5% 109万円
2008年 9.9万キロ 112万円 32.1% 100万円

2代目アルファードの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

現行モデルの100%超には太刀打ちできないものの、それでも型落ちの3年落ちリセールバリュー60%超は普通乗用車の平均値(50~55%)を上回り、非常に優秀と言えるでしょう。

2代目アルファードは2011年9月にマイナーチェンジが入っており、そこを境として査定相場に大きな落差が生じています。

そして10年落ちリセールバリューは32.1%、多くのクルマが10%前後残るかどうかという中で、こちらも優秀な数値と言えます。

初代アルファードの査定相場(2018年8月査定)

初代アルファードの査定相場とリセールバリュー

2002年5月~2008年5月生産モデル

アルファードG 2.4AS/色:白黒/修復歴なし/新車価格315.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2008年 13.6万キロ 25万円 7.9% 14万円
2007年 10.9万キロ 42万円 13.3% 26万円
2006年 12.9万キロ 21万円 6.6% 9万円
2005年 13.2万キロ 19万円 6.0% 0万円
2004年 14.9万キロ 12万円 3.8% 0万円
2003年 15.2万キロ 13万円 4.1% 0万円
2002年 16.3万キロ 9万円 2.8% 0万円

(※)査定相場が0万円でも、廃車業者に持ち込めば鉄の相場によって約3万円前後+税金・保険の戻りで売却できます。

初代アルファード(G:トヨペット店向け/V:ネッツ店向け)の査定相場とリセールバリューを、年式ごとにまとめました。

2008年式は走行距離が年式相応(1万キロ/年)のクルマがなかった上、2007年式はサンルーフもついていたため、査定相場で大きく逆転されています。

その後、やはり2003年式がサンルーフ付きでやや逆転する以外は、マイナーチェンジの影響もほとんどなく、年式相応の下降傾向が示されています。

そしてとうとうアルファードの発売年までたどり着きましたが、16年落ちとなってもまだ査定相場が残っているところに、アルファードのリセールが優秀な事を実感できます。

一方のディーラー下取りは、12年落ち2006年式までで力尽きてしまいました。

現行型(3代目)アルファードハイブリッドの査定相場(2018年8月査定)

現行型(3代目)アルファードハイブリッドの査定相場とリセールバリュー

2015年1月~販売中

アルファードハイブリッド 2.5エグゼクティブラウンジ/色:白黒/修復歴なし/新車価格735.8万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 839万円 114.0% 532万円
2017年 1.6万キロ 628万円 85.3% 482万円
2016年 1.8万キロ 548万円 74.4% 453万円
2015年 3.2万キロ 466万円 63.3% 425万円

現行型(3代目)アルファードハイブリッドの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

こちらはマイナーチェンジ後の2018年式以外は、順当に値落ちを続けています。

表の2018年式アルファードハイブリッド エグゼクティブラウンジは、ツインムーンルーフやメーカーナビ(標準)、メッキガーニッシュセット、スペアタイヤ等の仕様が輸出相場にハマったのか、又は長い納期を反映してプレミアが付いたのか、新車価格超えの査定相場となっています。

3年落ちリセールバリューは63.3%とガソリン車のアルファードにこそ負けるものの、普通乗用車の平均値(50~55%)は上回っているため、特に損という訳ではありませんし、高い環境&快適性能による満足感では、決して引けを取りません。

2代目アルファードハイブリッドの査定相場(2018年8月査定)

2代目アルファードハイブリッドの査定相場とリセールバリュー

2011年9月~2015年1月生産モデル

アルファード ハイブリッドX/色:白黒/修復歴なし/新車価格406.2万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2014年 6.0万キロ 217万円 53.4% 198万円
2013年 7.2万キロ 196万円 48.2% 177万円
2012年 6.2万キロ 172万円 42.3% 154万円
2011年 15.1万キロ 88万円 21.6% 73万円

2代目アルファードハイブリッドの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

2代目アルファードハイブリッドはマイナーチェンジが入っていないため、年式相応の値下がりを示しています。

ただし、2011年式だけは今回の市場調査で修復歴あり&ボディカラーも白黒でないこの1台しかなかったために急落していますが、それまでの下降推移から、恐らく約150万円(リセールバリュー約35%)前後と思われます。

初代アルファードハイブリッドの査定相場(2018年8月査定)

初代アルファードハイブリッドの査定相場とリセールバリュー

2003年7月~2008年4月生産モデル

アルファードハイブリッド Gエディション/色:白黒/修復歴なし/新車価格445.2万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2008年 13.3万キロ 31万円 6.9% 23万円
2007年 10.9万キロ 54万円 12.1% 34万円
2006年 12.1万キロ 37万円 8.3% 21万円
2005年 13.1万キロ 24万円 5.3% 0万円
2004年 15.9万キロ 15万円 3.3% 0万円
2003年 16.8万キロ 7万円 1.5% 0万円

(※)査定相場は0万円でも、廃車業者に売れば鉄の相場によって約1~2万円で売却する事が可能です。

初代アルファードハイブリッドの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

2008年式は走行距離が1万キロ/年ペース(≒10万キロ)から大きく離れていること、査定評価点が低いこと(3.0点)に加え、ツインムーンルーフがついていないため、走行距離・査定評価点・ツインムーンルーフで勝っている2007年式と、大きく落差を生じています。

走行距離・査定評価点のハンディキャップが解消されれば約30万円くらいのプラス査定が見込めるため、年式相応の2008年式であれば、恐らく約60万円(リセールバリュー約13%)程度の査定相場が残るでしょう。

2代も型落ちしていながら、それでも10年落ちで10%超のリセールバリューを維持するとは、流石はアルファードです。

その後は年式相応に査定相場も下落、最終的には15年落ちで1.5%とギリギリながらおカネを残すことが出来た一方、ディーラー下取りでは12年落ち・2006年式までで降参(査定相場ゼロ円)となってしまいました。

ところで、表の右端にアルファード/ハイブリッドをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べ、約10万~150万円、時にはMAX300万円超も安くなっています。

これは、ディーラーが既定のマニュアルを見て(人気カラーやオプション等は考えずに)査定しているためで、ディーラー査定を鵜呑みにすると、MAX300万円超も損してしまうかも知れません。

面倒だと思っても、一回買取店で査定して貰ってから、本当にその査定金額が適正か、後悔しないか確認した方がいいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

11年落ち&36万キロ超・過走行&修復歴ありでもアルファードは売れるのか?

アルファードは低年式(10年落ち超)&過走行車(走行距離10万キロ超)、そして修復歴ありでも査定相場が残るのでしょうか?

ここでは、中古車市場を調査して低年式&過走行&修復歴ありの1台をピックアップ、アルファードの査定相場がどこまで残るのか、分析していきます。

初代アルファードの過走行&低年式&修復歴ありでも査定相場は残っているか?
11年落ち 初代アルファード ASプライムセレクション 364,000㎞ ホワイトパール 修復歴あり
  13万円

上記のアルファードは「前インナー凹み」「エンジン廻りオイル漏れ」「下廻りサビ」「室内汚れ&臭気(ペット?タバコ?)」「シートしわ・汚れ・破れ」「リアバンパー凹み」「パワースライドドア不良」「パワーバックドア不良」「バンパー下キズ」……等々。

よくもまぁここまでボロボロにしたもんだと感心しますが、こうした日本人ならまず乗りたくないアルファードでも、海外市場(輸出相場)に出せれば、このくらいの査定相場は残ります。

今回の調査で査定相場が残らなかった初代アルファードは調査対象(過走行&低年式)の約2.8%、40台に1台あるかというくらい、アルファードは査定相場が残りやすい車です。

ちなみに、修復歴なしであれば15年落ち43.7万キロ(査定評価点3.5)で7万円、13年落ち44.3万キロ(査定評価点ゼロ)で5万円の査定相場が限界でした。

しかし、ディーラー下取りでは13年落ち以前のアルファードを機械的に「ゼロ円&処分手数料」と査定してしまうかも知れないため、買取店で査定してもらい、本当に査定相場が残っていないかどうか、しっかりと確認した方がいいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら