あなたのハリアーを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

ハリアーのガチな査定相場を紹介!

ハリアーの無料ネット査定

あなたのハリアー、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがハリアーの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

ハリアーの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のハリアーの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

ハリアーのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのハリアーを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のハリアーの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】ハリアーの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

 

ハリアーで査定が高くなる組み合わせは?

ハリアーで高い査定が出るグレードはコレ!

2.0 プレミアム(ガソリン車)
2.0 エレガンス(ガソリン車)
2.0 プログレス(ガソリン車)
2.5 ハイブリッドプレミアム

ハリアーは査定相場が高く、リセールバリューが非常に優秀な車種として有名です。

基本はどのグレードでも高水準の査定が出る車ですが、「国内相場」と「輸出相場」に注意しなければいけません。

国内相場で高い査定が出るグレードは、売れ筋の「ハリアー2.0プレミアム」です。

上位グレードのプログレスや、価格帯が上がるターボよりも国内中古車市場での人気は安定していて、極端に相場が下がる事は無いでしょう。

仮にプログレスやターボと同等のリセール割合でも、新車時の価格が安いため売却時の損失はトータルで少なく済みます。

ターボなら同様に「2.0ターボプレミアム」の査定相場が安定します。

以上のように売却時の損失を少なくしたいなら、長期間相場が安定する「プレミアム」がおススメです。

また、輸出相場により国内相場よりも高値で売れるタイミングがあります。

ただこれは海外需要により予測が付かないので、ハリアーを売却する時に該当していればラッキー程度に思っていた方が良いかもしれません。

過去の該当条件は、「新車登録から1年経過後の廉価グレード以外のグレード」「新車登録から1年経過後の最上級グレード(革シート)」などです。

輸出に該当中は新車価格を超える査定額も可能でしたが、輸出から外れれば、通常の国内相場に落ち着きます。

国内相場になると、最上級グレード(プレミアムアドバンスドパッケージ・現行ではプログレス)はプレミアムよりもリセールバリューの割合が落ちたので、やはりおススメグレードは無難な「プレミアム」となります。

なお、2WDと4WDでは、輸出相場も国内相場も「2WD」の方が高いです。

ガソリン車とハイブリッドでは、ガソリン車の方がリセールバリューが高くなっています。

ハリアーで高い査定が出る人気色はコレ!

ハリアーで高い査定が出るカラー

ホワイトパールクリスタルシャイン
ブラック

ハリアーで高値で売れる人気色は、上記のホワイトパールとブラックです。

新車から3~5年以内の売却で、他色と比べて20~25万円前後高く売れるでしょう。

スパークリングブラックパールクリスタルシャインは「ブラック」が入っていますが、通常のブラックより査定は落ちてしまいます。

ハリアーで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

電動ムーンルーフ
メーカーオプションナビ
インテリジェントクリアランスソナー
モデリスタ・TRDエアロキット

後からは付ける事が出来ないメーカーオプションは、売却時にプラス査定になりやすいです。

特に電動ムーンルーフが付いていると、ハリアーではオプション代金以上のプラス査定が見込めます。

メーカーオプションナビは、オプション価格が高い事もありますが、ディーラーオプションの純正ナビや社外ナビよりも査定額が高くなる傾向です。

同じくメーカーオプションのインテリジェントクリアランスソナーも相応のプラス査定が見込めるでしょう。

付けた時のオプション代金までは厳しいですが、モデリスタやTRDのエアロキットが付いていると、プラスになる査定額は大きいです。

ハリアーの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

シルバーメタリック
ダークレッドマイカメタリック
ダークブルーマイカメタリック

ホワイトパールクリスタルシャインとブラック以外は査定が落ちてしまいますが、特に上記のカラーが、上から順番に下落幅が大きいです。

ダークブルーマイカメタリックは上2色と比べると下落幅は少なめですが、シルバーメタリックとダークレッドマイカメタリックの査定は落ちてしまいます。

修復歴による査定の減額

マイナス査定になるポイント 修復歴有

通常どの車でも修復歴に該当すると、査定相場は大きく下落します。その分修復歴ありの中古車なら割安に買えますが・・

ハリアーの場合、人気車と言う事もあり、修復歴に該当すると査定相場は大きめに下落します。

輸出でも修復歴車は輸出相場に該当しないケースがあります。

修復歴ありのハリアーでは、3~5年後の売却で30万円前後のマイナス査定となります。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

ハリアーのモデルチェンによる査定相場の影響は?

人気モデルの査定相場ほど、フルモデルチェンジやマイナーチェンジによる影響が強く出ます。

ハリアーは当然人気モデルなので、フルモデルチェンジやマイナーチェンジが行われると、査定相場は大きめに下がってしまうでしょう。

まれにフルモデルチェンジ前のモデルの方が人気が高く、もう新車販売されていない旧型にプレミアが付いたりするケースもありますが、ハリアーでは現状ありません。

ハリアーの場合、マイナーチェンジの時点で20万~30万円ほど、フルモデルチェンジの時点で30~50万円ほど査定相場が下がる傾向にあります。

ただ、ハリアーは輸出相場に該当するケースがあるので、輸出相場により査定相場が高い状況なら、マイナーチェンジやフルモデルチェンジで、50万円以上相場が下がるケースもあります

こう言ったハリアーのモデルチェンジによる査定相場の下落を避けるには、モデルチェンジの半年ほど前に売れば、査定相場の下落を避けられるでしょう。

ちなみに、2017年6月のマイナーチェンジの時は、2016年11月からハリアーの査定相場が下がっています。

長く乗るなら気にする必要はありませんが、マイナーチェンジやフルモデルチェンジのタイミングでハリアーを買い替えるなら、早めの売却も視野に入れた方が損は少なくなります。

輸出によるハリアーの査定相場の底値は?

ハリアーの輸出相場は?

現行型ハリアー(100万円以上)
2代目ハリアー(30~100万円)
初代ハリアー(5~15万円)

ハリアーの輸出相場は、国内相場より高く売れる輸出と、過走行など国内相場から外れるケースに対して該当する輸出の2種類があります。

ここでは、国内相場から外れたハリアーの輸出相場による底値を見てみましょう。

輸出相場よりも国内相場の方が高ければ、国内相場でハリアーが買取されますが、過走行や修復歴車などで国内相場よりも安くなる場合、輸出相場により上記の底値で売る事が出来るイメージです。

現状では、過走行や低年式車、修復歴車であってもハリアーには上記の底値があるので、他の車種と比べて高い査定相場を長期にわたって維持していると言えるでしょう。

10年間のハリアーの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

ハリアーの査定相場・下取り相場表

当サイトで実際に業者間オークションの相場を見て出した、ハリアーの査定相場推移です。ハリアーを売るタイミングの参考にしてください。

現行型ハリアーの査定相場(2018年7月査定)

現行型ハリアーの査定相場
2013年12月~販売中

ハリアー 2.0プレミアム/色:白黒/修復歴なし/新車価格324.9万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 1千キロ以下 309万円 95.1% 275万円
2017年 1.1万キロ 282万円
MC後
86.7% 250万円
2016年 1.9万キロ 262万円 80.6% 228万円
2015年 3.2万キロ 267万円 82.1% 221万円
2014年 4.1万キロ 245万円 75.4% 210万円

2018年7月現在の現行型ハリアーの査定相場は、上記の通りです。

通常3年落ち普通車の平均リセールは、50~55%と言われているので、ハリアーは非常に高い水準で査定相場が推移しています。

しかし、現状では2017年MC後のハリアーは、特別な輸出相場には該当していなく、国内相場を基にした相場となっています。

反対にマイナーチェンジ前のハリアーの方が、高い相場で海外へ運ばれているので、値落ちがとても少なくなっています。

2代目ハリアーの査定相場(2018年7月査定)

2代目ハリアーの査定相場
2003年2月~2013年7月生産モデル

ハリアー 240G Lパッケージ/色:白黒/修復歴なし/新車価格280.3万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2013年 万円 % 万円
2012年 5.2万キロ 150万円 53.5% 112万円
2011年 7.9万キロ 171万円 61.0% 85万円
2010年 8.8万キロ 84万円 29.9% 70万円
2009年 9.6万キロ 66万円 23.5% 50万円
2008年 10.8万キロ 45万円 16.0% 33万円
2007年 11.1万キロ 38万円 13.5% 24万円
2006年 12.4万キロ 39万円 13.9% 22万円
2005年 13.7万キロ 37万円 13.2% 19万円
2004年 14.5万キロ 33万円 11.7% 17万円
2003年 15.5万キロ 32万円 11.4% 10万円

2018年7月現在の2代目ハリアーの査定相場は上記の通りです。

2013年式は、ハリアーが生産されていない空白の1年なので、相場がありません。

7年落ちの2011年と、8年落ちの2010年では、80万円以上の査定相場の開きがありますが、これは輸出相場による7年規制のためです。

新車登録から7年を経過したハリアーは、輸入元の関税のため輸入する事が出来ません。

7年規制前なら、輸出相場により171万円の査定相場がありますが、7年を過ぎると80万円以上一気に査定相場が下がってしまいます。

2011年式のハリアーを売却するなら、7年が経過する前に売った方がいいでしょう。

2010年式以降の査定相場は、年式なりに落ちて行き、2007年以降とても穏やかな下落にとどまっています。

ハリアーを輸出相場で売るには買取店へ売る必要があります。

ディーラーでは上記の表の通り、7年規制による輸出相場を全く考慮していないので、80万円以上損してしまいます。

買取店へ査定してもらうならこちら

15年落ち?15万キロ?古い・過走行のハリアーでも売れるのか?

ハリアーの査定相場は高く、リセールに強い車種ですが、古くなっても査定相場が残っているのか、見てみましょう。

15年落ちハリアーの査定相場
2003年式 ハリアー240G Lパッケージ 4WD 227,000㎞ シルバー 修復歴なし

15年落ち、20万キロ走行している初代ハリアーのオークション取引価格を見ると、査定相場は約30万円あります。

内容は「エンジン廻りオイル漏れ」「下回り錆」「ダッシュ破れ大」など、散々な状態ですが、それでもこのハリアーは約30万円で売る事が出来ます。

この車両は国内で再販されずに、ほぼ海外へ輸出されると思いますが、ハリアーはこのように年式が古くても過走行でも、不動車や事故現状車でなければ、修復歴有でも輸出により査定相場は一定の底値が確保されます。

今後輸出相場から外れる事も考えられますが、現状では長らく輸出されているので、今後もしばらくは安泰でしょう。

20年落ち・39万キロでも10万円以上の査定相場があるので、ハリアーを売却する時は間違っても廃車にはしないで、買取店で査定してもらいましょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら