ハリアーの人気グレードを比較!売れ筋のハイブリッドやグレードの違いを分析、アクセルの踏み間違い防止機能の付いたおすすめも紹介

ハリアーの人気グレードを比較!売れ筋のハイブリッドやグレードの違いを分析しておすすめも紹介

60ハリアーのデータを基に、新型ハリアーのおすすめグレードを動画に撮りました。よろしければご参考ください。

ハリアーの人気グレードとリセールバリューから見る新型ハリアーのおすすめグレードを紹介!業者オークション相場と流通台数から分析してグレードランキングとリセールに強い人気オプションも紹介

ハリアーはモデルチェンジでグレード体系が一新されたので、グレード選びで迷っている人も多いと思います。特に、

  • GとSの違いは?
  • レザーパッケージは買いか?
  • ハイブリッドとガソリン車、どっちがお買い得?

などが悩みどころではないでしょうか。

このページではそんな悩みを解決できるよう、ハリアーの売れ筋グレード同士の装備の違いや価格差が妥当かどうかなどを検証しながら、おすすめグレードを紹介します。

更に、主要装備について詳しく解説すると同時に、ペダルの踏み間違いによる暴走事故を抑制する「アクセル踏み間違い防止機能」はどのグレードに付いているのかについても紹介。

また当社中古車販売店ならではの、業者オートオークション取引台数から割り出した、売れているグレードの人気ランキングと、3年後のリアルなリセール予測も紹介しているので、ハリアーのグレード選びの参考にどうぞ。

ハリアーのグレード一覧

グレード名価格(円)カタログ燃費(km/L)
2.0 S2,990,00015.4
2.0 G3,410,00015.4
2.0 G “レザー パッケージ”3,710,00015.4
2.0 Z3,930,00015.4
2.0 Z “レザー パッケージ”4,230,00015.4
2.5 S ハイブリッド3,580,00022.3
2.5 G ハイブリッド4,000,00022.3
2.5 G “レザー パッケージ” ハイブリッド4,300,00022.3
2.5 Z ハイブリッド4,520,00022.3
2.5 Z “レザー パッケージ” ハイブリッド4,820,00022.3
2.0 S 4WD3,190,00014.7
2.0 G 4WD3,610,00014.7
2.0 G “レザー パッケージ” 4WD3,910,00014.7
2.0 Z 4WD4,130,00014.7
2.0 Z “レザー パッケージ” 4WD4,430,00014.7
2.5 S ハイブリッド 4WD3,800,00021.6
2.5 G ハイブリッド 4WD4,220,00021.6
2.5 G “レザー パッケージ” ハイブリッド 4WD4,520,00021.6
2.5 Z ハイブリッド 4WD4,740,00021.6
2.5 Z “レザー パッケージ” ハイブリッド 4WD5,040,00021.6

※グレード名冒頭の数字は排気量です。例)2.0=2000cc

ジュン君
ジュン君

ハリアーのグレード一覧を見ても価格が分かるだけで、グレードの違いや装備は分かりませんね。ここから気になる人気グレードの違いを詳しく説明します!

ハリアーの売れ筋グレードを比較!グレード間の装備の違いと価格差は妥当か?

ハリアーの装備は、トヨタ発表の公式装備一覧表を基にしています。

ハリアー GとSの違い

比較項目G
装備の違い225/60R18タイヤ
リヤバンパーメッキガーニッシュ
アダプティブハイビームシステム
プロジェクター式LEDヘッドランプ
デジタルインナーミラー
スーパーUVカット・IRカット・撥水機能付フロントドアガラス
フロントオートワイパー
電動チルト&テレスコピックステアリング
7インチマルチインフォメーションディスプレイ
ファブリック+合成皮革シート
運転席8ウェイパワーシート
運転席2ウェイ電動ランバーサポート
パネル加飾
イルミネーテッドエントリーシステム (10か所)
ナノイーX
パワーバックドア
価格ガソリン車:3,410,000円
ハイブリッド:4,000,000円
比較項目S
装備の違い225/65R17タイヤ
オートマチックハイビーム
3灯式LEDヘッドランプ
防眩インナーミラー
UVカット機能付フロントドアガラス
マニュアル式チルト&テレスコピックステアリング
4.2インチマルチインフォメーションディスプレイ
ファブリックシート
運転席6ウェイマニュアルシート
イルミネーテッドエントリーシステム (5か所)
価格ガソリン車:2,990,000円
ハイブリッド:3,580,000円

価格差:Gの方が420,000円高い

ハリアーの2WD車のGとSの比較です。

GとSの価格差は、ガソリン車・ハイブリッドとも42万円。

Gは高いだけのことはあり、快適装備などが圧倒的に充実しています。

コウさん
コウさん

特にあると便利な装備を赤字で示したぞ。以下で解説しよう!

アダプティブハイビームシステム

夜間に約15km/h以上でハイビーム走行中、先行車や対向車を検知すると配光範囲を自動で調整し、相手への幻惑を防ぎながらハイビームを維持します。

先行車や対向車と遭遇するたびにハイビームとロービームを切り替えるわずらさしさから解放される上、常時ハイビームが維持されるので、安全性も向上。

夜間に走る機会が多いなら、ぜひとも欲しい装備です。

デジタルインナーミラー

ハリアー人気グレード

toyota.co.jp/harrier

※Sに88,000円でメーカーオプション設定

車両後方に搭載されたカメラの映像をインナーミラーに表示する装備で、レバー操作により通常のミラーモードと切替が可能です。

後席に人を乗せたり、荷室に大きな荷物を積んでも後方視界が遮られないので、安全確認が容易にできます。

また、雨天時にリアウィンドウに水滴が付いてもクリアな後方視界が確保できるなど、メリットの大きい装備です。

更に、前後のカメラの映像を録画できる機能もあるので、ドライブレコーダー代わりに使えるでしょう。

運転席8ウェイパワーシート

ハリアー人気グレード

toyota.co.jp/harrier

運転席の前後スライド / リクライニング / シート上下 / 座面前端上下の4項目を、スイッチ操作で調整できます。

レバーで操作するマニュアル式よりもずっと簡単に調整できる上、微妙な調整もしやすいなど、メリットの大きい装備です。

ナノイーX

ハリアー人気グレード

toyota.co.jp/harrier

エアコン吹き出し口からイオンを放出し、除菌効果や消臭効果をもたらすナノイー。

ナノイーXは、従来のナノイーより遥かに除菌効果・消臭効果が高いので、キレイ好きの人や臭いに敏感な人には嬉しい装備です。

コウさん
コウさん

Gだけに付く数々の快適装備は確かに魅力的だし、42万円高いだけの価値はある。でも、Gの装備は絶対ないと困るというほどでもないので、贅沢を言わなければSでも十分満足できると思うぞ。

ハリアー ZとGの違い

比較項目Z
装備の違い225/55R19タイヤ
リヤクロストラフィックオートブレーキ+BSM
ドアミラー足元照明
後席スマートエントリー
カラーヘッドアップディスプレイ
イルミネーション付ドアスカッフプレート
静電タッチ式ヒーターコントロールパネル
ハンズフリーパワーバックドア
T-コネクトSDナビ+JBLプレミアムサウンドシステム
先読みエコドライブ (※ハイブリッドのみ)
価格ガソリン車:3,930,000円
ハイブリッド:4,520,000円
比較項目G
装備の違い225/60R18タイヤ
ドアスカッフプレート
ダイヤル式ヒーターコントロールパネル
パワーバックドア
ディスプレイオーディオ
価格ガソリン車:3,410,000円
ハイブリッド:4,000,000円

価格差:Zの方が520,000円高い

ハリアーの2WD車のZとGの比較です。

ZはGより遥かに高いだけあり、快適装備や安全装備が充実していますが、価格差52万円分の約7割をT-コネクトナビ+JBLプレミアムサウンドシステムが占めています。

コウさん
コウさん

赤字で示した装備について、以下で解説しよう!

リヤクロストラフィックオートブレーキ+BSM

ハリアー人気グレード

toyota.co.jp/harrier

※Gは68,200円でメーカーオプション設定

リヤクロストラフィックオートブレーキは、バックで出庫する時に起きがちな接触事故を防ぐ予防安全装備です。

左右後方の死角から接近する車両を検知すると、まずブザー音とドアミラーのインジケーターで注意を喚起。

それでも衝突の可能性があると、自動ブレーキを掛けて衝突被害を回避または軽減します。

最近は前向き駐車の指示も多いので、この装備の恩恵を実感できるケースも少なくないでしょう。

そしてBSMは、車線変更時の接触事故を防ぐ予防安全装備です。

ハリアー人気グレード

toyota.co.jp/harrier

隣の車線の後方60m以内に車両を検知すると、ドアミラーのインジケーター点灯でお知らせ。

更にその方向にウインカーを出すと、インジケーターが点滅して注意を促します。

片側2車線以上の幹線道路や高速道路で、大いに頼りになるでしょう。

カラーヘッドアップディスプレイ

ハリアー人気グレード

toyota.co.jp/harrier

車速やナビの案内表示など、運転に必要な様々な情報をフロントウィンドウに表示する装備です。

メーターやナビ画面を見るよりも視線の移動が少ないので、安全運転につながります。

速度違反を気にするあまりメーターばかり気にしてしまう人には、特にメリットが大きいと言えるでしょう。

ハンズフリーパワーバックドア

ハリアー人気グレード

toyota.co.jp/harrier

スマートキーを携帯していれば、足をリアバンパー下部にかざすだけでバックドアが電動開閉する装備です。

両手が荷物でふさがっている時や子供を抱いている時、雨で傘を持っている時などにメリットを実感するでしょう。

Gにもパワーバックドアは付きますが、スイッチ操作が必要な分、使い勝手は劣ります。

TコネクトSDナビ+JBLプレミアムサウンドシステム

ハリアー人気グレード

toyota.co.jp/harrier

ハリアー人気グレード

toyota.co.jp/harrier

※Gに369,600円でメーカーオプション設定

トヨタの通信サービス「T-コネクト」に対応した12.3インチ大画面SDナビと、アメリカの名門オーディオブランド「JBL」がハリアー専用にチューニングした高音質プレミアムサウンドシステムのセットです。

機能はこの他に、フルセグTVやFM/AMチューナー、ブルートゥース対応、アップルカープレイ/アンドロイドオーディオ対応、ETC2.0、バックガイドモニターなど盛沢山。

道案内とエンタテインメントは、この装備に任せておけば大丈夫です。

コウさん
コウさん

Zはナビ+高級オーディオシステムが標準で付くし、Gにはない装備の数々も魅力だ。とは言え、やはり52万円の価格差は大きい。コストパフォーマンスはGの方が高いぞ。

ハリアー レザーパッケージとは?

比較項目レザーパッケージ
装備の違いステアリングヒーター
本革シート
快適温熱シート+シートベンチレーション
助手席4ウェイパワーシート
運転席4ウェイ電動ランバーサポート
ポジションメモリー
運転席オートスライドアウェイ
価格Z レザーパッケージ
ガソリン車 4,230,000円
ハイブリッド 4,820,000円

G レザーパッケージ
ガソリン車 3,710,000円
ハイブリッド 4,300,000円

比較項目ベースモデル
装備の違いファブリック+合成皮革シート
助手席4ウェイマニュアルシート
運転席2ウェイ電動ランバーサポート

価格差:レザーパッケージの方が300,000円高い

ハリアーの2WD車のZ / G  “レザーパッケージ “とZ / G (ベースモデル) の違いです。

レザーパッケージは各ベースグレードの30万円高となりますが、グレード名の由来どおり本革シートが付くほか、快適装備も充実しています。

コウさん
コウさん

赤字で示した装備について、以下で解説しよう。

ステアリングヒーター

ハリアー人気グレード

toyota.co.jp/harrier

ステアリングホイールのグリップ部分を暖めるステアリングヒーターを装備。

冬場に冷たくなりがちな指先も暖まるので、快適にドライブできます。

本革シート

ハリアー人気グレード

toyota.co.jp/harrier

レザーパッケージのハイライトとも言える装備が、本革シート。

高級感あふれる外観や手触りの良さは、本物のレザーでなければ得られません。

メンテナンスは欠かせませんが、高級車に乗っていることを実感するでしょう。

快適温熱シート+シートベンチレーション

ハリアー人気グレード

toyota.co.jp/harrier

運転席と助手席に、座面とシートバックを暖める快適温熱シートと、座面とシートバックに涼風を送るシートベンチレーションを装備。

背中やお尻が冷える冬場や、汗で蒸れてしまう夏場も、この装備があれば快適にすごせます。

どちらも3段階に調整できるので、幅広いシーズンで使えるでしょう。

運転席オートスライドアウェイ

ハリアー人気グレード

toyota.co.jp/harrier

降車時にエンジンまたはハイブリッドシステムをオフにするか、シートベルトを外すと、自動で運転席が後方にスライドするので、楽に降りられます。

また乗車時は、エンジンまたはハイブリッドシステムを始動するか、シートベルトを装着すると、自動で運転席が設定したポジションにスライド。

乗り降りの頻繁な街乗りの際に、大きなメリットを実感するでしょう。

コウさん
コウさん

レザーパッケージは30万円高いが、本革シート以外にもメリットの大きい快適装備が色々付くので、むしろお買い得感がある。お財布との相談になるが、できればレザーパッケージを選びたい!

ハリアー ハイブリッドとガソリン車の違い

比較項目ハイブリッド Z
パワートレインの違い2.5Lエンジン+モーター
装備の違い電子制御ブレーキシステム
車両接近通報装置
6速シーケンシャルシフトマチック
EVドライブモード
ハイブリッドシステムインジケーター
運転席集中モード付フルオートエアコン
先読みエコドライブ
価格4,520,000円
比較項目Z (ガソリン車)
パワートレインの違い2Lエンジンのみ
装備の違い10速シーケンシャルシフトマチック
エコドライブインジケーター
前席集中モード付フルオートエアコン
価格3,930,000円

※青字は同等装備
価格差:ハイブリッドの方が590,000円高い

ハリアーのハイブリッドとガソリン車の違いを、Zグレード同士で比較します。

最も大きな違いはパワートレインで、ハイブリッドが2.5Lエンジン+モーターを搭載するのに対し、ガソリン車はエンジンのみで、排気量も0.5L小さい2Lとなります。

装備面では、ハイブリッドには電子音で歩行者に接近を知らせる車両接近通報装置や、モーターだけで走行できるEVドライブモードなどが付くのが特徴です。

快適装備に限れば、エアコンの機能に違いがある程度で、ハイブリッドとガソリン車に大差はありません。

ハリアーのZのハイブリッドとガソリン車の価格差は59万円もありますが、ほとんどがパワートレインの違いによるものと言えます。

燃費や動力性能はハイブリッドの方が優れていますが、そこに59万円分の価値を感じられるかどうかが、ハイブリッドとガソリン車を選ぶ際の判断基準になるでしょう。

ハイブリッドとガソリン車の価格差は、先代ハリアーよりも5万円ほど小さくなり、ハイブリッドにいくぶん割安感が生まれました。

アクセル踏み間違い防止機能の付いたハリアーのグレードは?

ハリアーは、全車にアクセル踏み間違い防止機能のインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ]が標準装備されます。

ハリアー人気グレード

toyota.co.jp/harrier

インテリジェントクリアランスソナーは、前方・後方に障害物がある状況でアクセルを強く踏んでしまった場合、エンジンまたはハイブリッドシステムの出力を抑制し、急発進を防ぐ装備です。

なおも障害物と接近してしまった場合でも、パーキングサポートブレーキ (自動ブレーキ) を掛けて衝突被害を軽減・回避する機能が付くので安心です。

ハリアーの売れ筋人気グレードランキング

ハリアーのグレード選びで迷ったら、売れ筋の人気グレードやリセールを参考に検討するのもひとつの方法です。

ここでは、実際の流通台数を調査してハリアーの人気グレードをランキングにしてみました。

※売れ筋グレードランキングの根拠は、過去3か月間の中古車オートオークション(USS,TAA,HAA,CAA,JU,アライ,ベイオーク,ミライブ他)での合計取引台数を元にランキングしています。

順位グレード名3年後のリセール
1位2.0 Z レザーパッケージ57.1%
2位2.0 G レザーパッケージ63.0%
3位2.0 Z60.3%
4位2.0 G67.5%
5位2.5 ハイブリッド Z レザーパッケージ58.3%
6位2.5 ハイブリッド G レザーパッケージ63.6%
7位2.0 S70.1%
8位2.5 ハイブリッド Z
9位2.5 ハイブリッド G61.0%
10位2.5 ハイブリッド S54.3%

ハリアー 2.0 Z レザーパッケージが売れ筋グレードランキング1位となっています。

上位4位までがガソリン車で占められるなど、売れ筋はハイブリッドよりもガソリン車となっています。

一方3年後のリセールは、旧型60ハリアーのリセールを基に予想となりますが、価格が安い分リセール有利となるガソリン車 2.0 Sがもっとも高くなっています。

ただ、新型ハリアーがこの傾向に収まるかはまだ未知数なので、業者オークションに新型が出てデータが取れたら、追記していきます。

ハリアーのおすすめグレードはコレ

ハリアー人気グレード

toyota.co.jp/harrier

  • ハリアー 2.0 S
  • ハリアー 2.0 Z レザーパッケージ

ハリアー 2.0 Sのおすすめの理由

ハリアーのグレード展開は、基本的にガソリン車5タイプ、ハイブリッド5タイプの全10タイプです。

もしコストパフォーマンスを重視するなら、ガソリン車の最廉価グレード「2.0 S」をおすすめします。

2WD車ならハリアーで唯一300万円を切る価格設定は、大きな魅力です。

装備も贅沢を言わなければまず十分なので、特に不満を感じることなく乗れるでしょう。

またリセールも高いので、後々手放す時のことを考えてもおすすめできます。

ハリアー 2.0 Z レザーパッケージのおすすめの理由

人気の観点からハリアーのおすすめグレードをあげるなら、ガソリン車の最上級グレードグレード「2.0 Z レザーパッケージ」で決まりです。

人気の理由は至れり尽くせりの装備や、ハイブリッドよりも買いやすい価格設定にあります。

とにかく贅沢な気分を味わいたいが、加速や燃費にはそれほどこだわらないなら、このグレードがベストチョイスです。

でも、どうせならパワフルな加速を味わいたい、距離を乗るので燃費にもこだわりたいという場合は、2.5 Z レザーパッケージ ハイブリッドを選んだ方が後悔しませんよ。

ハリアーおすすめグレードの乗り出し価格は

ハリアーのおすすめグレードの見積シミュレーションです。

値引きや人気オプションを含めたリアリティのある乗り出し価格なので、参考にしてみて下さい。

ハリアー 2.0 Sの乗り出し価格

グレード名ハリアー 2.0 S (2WD)
車両本体価格2,990,000円
メーカーオプション名ホワイトパールクリスタルシャイン
メーカーオプション価格38,500円
ディーラーオプション名ディスプレイオーディオ「いちおしセット」タイプA
サイドバイザー
フロアマット (ロイヤルタイプ)
ディーラーオプション価格270,600円
諸費用238,747円
車両目標値引き▲150,000円
オプション値引き▲54,000円
乗り出し価格3,333,847円

メーカーオプションは人気ボディカラーのホワイトパールクリスタルシャインを選択、ディーラーオプションはナビ・ドラレコ・ETC2.0を含む「いちおしセット」タイプA等を選び、値引きを入れて乗り出し価格333.3万円となりました。

ハリアー 2.0 Z レザーパッケージの乗り出し価格

グレード名ハリアー 2.0 Z レザーパッケージ (2WD)
車両本体価格4,230,000円
メーカーオプション名ホワイトパールクリスタルシャイン
メーカーオプション価格38,500円
ディーラーオプション名サイドバイザー
フロアマット (ロイヤルタイプ)
ディーラーオプション価格63,800円
諸費用255,747円
車両目標値引き▲150,000円
オプション値引き▲12,000円
乗り出し価格4,426,047円

メーカーオプションはホワイトパールクリスタルシャインを選択、ディーラーオプションはサイドバイザーとフロアマットを選び、値引きを入れて乗り出し価格442.6万円となりました。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円の差額・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、ナビクル車査定です。

1分ほどの入力で買取店への査定申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう