ハリアーの人気グレードを比較!売れ筋のハイブリッドやグレードの違いを分析、アクセルの踏み間違い防止機能の付いたおすすめも紹介

ハリアーの人気グレードを比較!売れ筋のハイブリッドやグレードの違いを分析しておすすめも紹介

ハリアーはグレードが多いので、どれを選んだら良いのか迷ってしまうと思います。特に、

  • ハイブリッドとガソリン車はどっちがいいの?
  • 最低グレードのエレガンスを買っても後悔しないか?
  • 売れ筋グレードのプログレスとプレミアムの違いは?

などが悩みどころではないでしょうか。

このページではそんな悩みを解決できるよう、ハリアーの売れ筋グレード同士の装備の違いや価格差が妥当かどうかなどを検証しながら、おすすめグレードを紹介します。

更に、主要装備について詳しく解説すると同時に、ペダルの踏み間違いによる暴走事故を抑制する「アクセル踏み間違い防止機能」はどのグレードに付いているのかについても紹介。

また当社中古車販売店ならではの、業者オートオークション取引台数から割り出した、売れているグレードの人気ランキングと、3年後のリアルなリセール予測も紹介しているので、ハリアーのグレード選びの参考にどうぞ。

ハリアーのグレード一覧

グレード名価格(円)カタログ燃費(km/L)
2.0 エレガンス2,749,48016.0
2.0 エレガンス “GR スポーツ”3,398,760
2.0 プレミアム3,249,72016.0
2.0 プレミアム “スタイル ノアール”*3,299,40016.0
2.0 プレミアム “メタルアンドレザー パッケージ”3,599,64016.0
2.0 プログレス3,780,00016.0
2.0 プログレス “メタルアンドレザー パッケージ”4,129,92016.0
2.0 ターボ エレガンス3,380,40013.0
2.0 ターボ プレミアム3,519,72013.0
2.0 ターボ プレミアム “メタルアンドレザー パッケージ”3,850,20013.0
2.0 ターボ プログレス4,050,00013.0
2.0 ターボ プログレス “メタルアンドレザー パッケージ”4,380,48013.0
2.0 エレガンス 4WD3,143,88015.2
2.0 エレガンス “GR スポーツ” 4WD3,593,160
2.0 プレミアム 4WD3,444,12015.2
2.0 プレミアム “スタイル ノアール” 4WD3,493,80015.2
2.0 プレミアム “メタルアンドレザー パッケージ” 4WD3,794,04015.2
2.0 プログレス 4WD3,974,40014.8
2.0 プログレス “メタルアンドレザー パッケージ” 4WD4,243,32014.8
2.0 ターボ エレガンス 4WD3,574,80012.8
2.0 ターボ エレガンス “GR スポーツ”3,996,000
2.0 ターボ プレミアム 4WD3,714,12012.8
2.0 ターボ プレミアム “メタルアンドレザー パッケージ”4WD4,044,60012.8
2.0 ターボ プログレス 4WD4,244,40012.8
2.0 ターボ プログレス “メタルアンドレザー パッケージ”4WD4,574,88012.8
2.5 ハイブリッド エレガンス3,774,60021.4
2.5 ハイブリッド プレミアム4,074,84021.4
2.5 ハイブリッド プレミアム “メタルアンドレザー パッケージ”4,424,76021.4
2.5 ハイブリッド プログレス4,604,04021.4
2.5 ハイブリッド プログレス “メタルアンドレザー パッケージ”4,953,96021.4

*特別仕様車
※グレード名冒頭の数字は排気量です。例)2.0=2000cc

ジュン君
ジュン君

ハリアーのグレード一覧を見ても価格が分かるだけで、グレードの違いや装備は分かりませんね。ここから気になる人気グレードの違いを詳しく説明します!

ハリアーの売れ筋グレードを比較!グレード間の装備の違いと価格差は妥当か?

ハリアーの装備は、トヨタ発表の公式装備一覧表を基にしています。

ハリアー ハイブリッドとガソリン車の違い

比較項目2.5 ハイブリッド プレミアム2.0 プレミアム
(ガソリンノンターボ・4WD)
パワートレインエンジン+フロント用モーター+リヤ用モーター(電気式4WD)エンジンのみ(機械式4WD)
装備の違いECB(電子制御ブレーキシステム)
車両接近通報装置
ノーマルモード+エコドライブモード+EVモード
ハイブリッドシステムインジケーター
前席集中モード付フルオートエアコン
パワーモード+ノーマルモード+エコドライブモード
エコドライブインジケーター
フルオートエアコン
価格4,074,840円3,249,720円
価格差+825,120円

青字は同等装備

ハリアーの2.5 ハイブリッド プレミアムと2.0 プレミアム(ガソリンノンターボ・4WD車)の比較です。

最も大きな違いは搭載されるパワートレインで、ハイブリッドがエンジン+モーターのハイブリッドシステムで前輪を、モーターで後輪を駆動する電気式4WDを採用するのに対し、ガソリン車はエンジンのみで前後輪を駆動する機械式4WDとなっています。

装備面を比較すると、ハイブリッドにはECBや車両接近通報装置など、ハイブリッド車ならではの機能が付くのが特徴です。

しかし、こと快適装備に限って言えばエアコンの機能が違うくらいで、ハイブリッドとガソリン車に大差はありません。

ハリアーのプレミアムのハイブリッドとガソリン車の価格差は825,120円もありますが、ほとんどがパワートレインの違いによるものと思って間違いないでしょう。

燃費や動力性能はハイブリッドの方が優れていますが、そこに825,120円分の価値を感じられるかどうかが、ハイブリッドとガソリン車を選ぶ際の判断基準になります。

ハイブリッドとガソリン車の価格差は、レクサス版ハリアーとも言える「NX」より若干小さく、妥当な範囲です。

ハリアー プレミアムとエレガンスの違い

比較項目2.0 プレミアム(2WD)2.0 エレガンス(2WD)
装備の違い235/55R18タイヤ
スーパーUVカットガラス
アダプティブハイビームシステム
LEDヘッドランプ
LEDシーケンシャルターンランプ
LEDコーナリングランプ
LEDデイライト
雨滴感応式間欠フロントワイパー
自動防眩インナーミラー
カードキー
電動チルト&テレスコピックステアリング
パワーバックドア
ナノイー
イルミネーション付ドアスカッププレート
225/65R17タイヤ
UVカットガラス
オートマチックハイビーム
ハロゲンヘッドランプ(※ロービームはLED)
時間調整式間欠フロントワイパー
防眩インナーミラー
スマートキー
マニュアルチルト&テレスコピックステアリング
ドアスカッププレート
価格3,249,720円2,749,480円
価格差+500,240円

ハリアーのガソリンノンターボ車のプレミアムとエレガンスの比較です。

グレードはワンランク違うだけですが、価格は500,240円も差があります。

しかしプレミアムは高いだけのことはあり、装備がかなり充実していることがこの表から分かることでしょう。

コウさん
コウさん

特にあると便利な装備を赤字で示したぞ。以下で解説しよう!

アダプティブハイビームシステム

ハイビームで走行中に対向車や先行車を検知すると、自動でLEDヘッドランプの照射範囲を調整し、対向車・先行車への幻惑を防ぐ装備です。

エレガンスに付くオートマチックハイビームは、対向車や先行車の有無に応じてヘッドランプのハイビームとロービームを自動で切り替える装備ですが、それと比べハイビームで走行する時間が長くなるので、夜間走行時の安全性が高くなります。

LEDコーナリングランプ

ハリアーのLEDコーナリングランプ

toyota.jp/harrier/

ヘッドランプを点灯しながら走行中にステアリングを大きく切ったり、ウインカー操作をすると、その方向にLEDランプを照射する装備です。

交差点やカーブで歩行者などが発見しやすくなるので、事故のリスクが減ります。

また、後退時には左右同時に点灯するので、うっかりミスからフロント部分をぶつけてしまう可能性も減ることでしょう。

電動チルト&テレスコピックステアリング

ハリアーの電動チルト&テレスコ

toyota.jp/harrier/

スイッチ操作により、ステアリングの上下・前後の電動調整が行える装備です。

エレガンスのマニュアル式と比べ、よりスマートにベストポジションが設定できます。

更に、乗降時にステアリングが自動で移行する機能も付くので、スペースが広くなり楽に乗り降りができるのもメリットです。

パワーバックドア

ハリアーのパワーバックドア

toyota.jp/harrier/

スイッチひとつでバックドアを電動開閉および一時停止できる装備です。

ハリアーのバックドアは大きくて高さもあるので、小柄な女性が自分の腕力で開閉するのは結構大変ですが、この装備があればそんな苦労から解放されます。

また、バックドアが閉まりきる前に施錠を予約できる予約ロック機能も付くので、大変便利です。

コウさん
コウさん

プレミアムだけに付く安全装備や快適装備は魅力的だが、約50万円という大きな価格差は気になる。自分が買うならコストパフォーマンスを優先し、装備は割り切ってエレガンスにするだろう。

ハリアー プログレスとプレミアムの違い

比較項目2.0 プログレス(2WD)2.0 プレミアム(2WD)
装備の違いインテリジェントクリアランスソナー
パノラミックビューモニター
足元照明+カメラ付ドアミラー
TコネクトSDナビゲーション+JBLプレミアムサウンドシステム
補助確認装置
オーディオレス+6スピーカー
価格3,780,000円3,249,720円
価格差+530,280円

ハリアーのガソリンノンターボ車のプログレスとプレミアムの比較です。

530,280円高価なプログレスは安全装備が充実しているほか、メーカーオプションナビが標準で付けられています。

コウさん
コウさん

赤字で示した装備について、以下で解説しよう!

インテリジェントクリアランスソナー

ハリアーのインテリジェントクリアランスソナー

toyota.jp/harrier/

※プレミアムは28,080円でメーカーオプション設定

トヨタが従来から採用している「クリアランスソナー」は、前進または後退中に車体の前後に装着されたセンサーが障害物への接近を検知すると、表示とブザーでお知らせする装備です。

インテリジェントクリアランスソナーは、それに加えエンジン出力抑制や自動ブレーキにより衝突被害を軽減または回避する機能をプラスした装備になります。

ペダルの踏み間違いによる暴走事故を防ぐ効果が期待できるので、高齢ドライバーならずとも是非とも欲しいところです。

パノラミックビューモニター

ハリアーのパノラミックビューモニター

toyota.jp/harrier/

ナビ画面に車両を上から俯瞰した映像や、車内からボディやシートを透かして外を見るような映像を表示し、駐車をサポートする装備です。

駐車時に障害物や他の車にぶつけてしまったり、枠からはみ出して停めてしまったりするミスを減らすことができます。

更に、側方にいる車や人を検知すると音と表示でお知らせする機能も付くので、出庫時の安心感が高まるのもメリットです。

TコネクトSDナビゲーション+JBLプレミアムサウンドシステム

ハリアー メーカーナビ

toyota.jp/harrier/

ハリアーのJBLプレミアムサウンドシステム

toyota.jp/harrier/

※プレミアムは432,000円でメーカーオプション設定

高精細の9.2型ディスプレイに静電式のタッチパネルとスイッチで操作するメーカー標準装備のSDナビと、アメリカの名門オーディオメーカー、JBLが設計した高級オーディオシステムです。

新車組み立ての工場で一緒に付けられるナビと言う事もあり、ナビ画面の収まりは後付けのディーラーオプションナビや社外品ナビよりも、デザインに統一感が生まれます。

またJBLプレミアムサウンドシステムは、高音質8チャンネルアンプと車内各所に設置された11個のスピーカーにより、臨場感と迫力に溢れるサウンドを奏でます。

プレミアムでディーラーオプションナビや好きな社外品ナビを入れるか、最初からメーカーナビ+JBLシステムが付いたプログレスを選ぶか、好みにもよりますが難しいところですね。

コウさん
コウさん

プログレスは駐車をサポートしたり暴走事故を防止する装備が付く上、メーカーナビ+高級オーディオシステムが付くのが魅力だ。でも約53万円の価格差は大きいので、プレミアムに30万円前後のナビを付ければ、コストを抑えられて性能的にも十分満足できるぞ。

ハリアー メタル&レザーパッケージとは?

比較項目プレミアム/プログレス メタル&レザーパッケージ(2WD)プレミアム/プログレス(2WD)
装備の違いプレミアムナッパ本革シート
快適温熱シート+シートベンチレーション
運転席&助手席パワーシート
運転席4ウェイ電動ランバーサポート
マイコンプリセットドライビングポジションシステム
運転席オートスライドアウェイ
ピアノブラック加飾付ドアスイッチベース
アルミへアライン加飾付シフトパネル&フロントコンソール
ファブリック+合成皮革シート
運転席パワーシート&助手席マニュアルシート
運転席2ウェイ電動ランバーサポート
価格3,599,640円(プレミアム メタル&レザー)
4,129,920円(プログレス メタル&レザー)
3,249,720円(プレミアム)
3,780,000円(プログレス)
価格差+349,920円

ハリアーのプレミアム/プログレスに設定されているメタル&レザーパッケージと、ベースグレードのプレミアム/プログレスの違いです。

価格はプレミアム、プログレスともメタル&レザーパッケージの方が349,920円高価ですが、グレード名の由来どおりレザーシートやメタリックな加飾が付くほか、快適装備が充実しています。

コウさん
コウさん

赤字で示した快適装備について、以下で解説しよう。

快適温熱シート(シートヒーター)+シートベンチレーション

ハリアーの快適温熱シート

toyota.jp/harrier/

快適温熱シートは運転席・助手席の座面とシートバックを直接暖める装備で、エアコン暖房だけの場合よりも冬場のドライブが快適になります。

比較的暖かい冬の日なら、エアコンを切って快適温熱シートだけで済ませることも可能です。

また、夏場にエアコンで顔を冷やしながら、冷えやすい腰や背中を暖めるといった使い方もできるなど、かなり有用な装備と言えます。

ハリアーのシートヒーターは、メタル&レザーパッケージを付けないと、どのグレードにも装備されません。

 

ハリアーのシートベンチレーション

toyota.jp/harrier/

シートベンチレーションは、座面とシートバックに涼風を送り、お尻や背中の蒸れを防ぐ装備です。

夏場のドライブが快適になるだけでなく、シャツに汗染みができるのを防ぐ効果もあります。

運転席&助手席パワーシート/運転席4ウェイ電動ランバーサポート/マイコンプリセットドライビングポジションシステム

ハリアーのパワーシート

toyota.jp/harrier/

シートポジションがスイッチ操作でスマートに調整できるのがパワーシートの魅力ですが、メタル&レザーパッケージは運転席だけでなく助手席にも付きます。

また、特に腰痛持ちの人にはメリットが大きい電動ランバーサポートは、メタル&レザーパッケージの場合、よりきめ細かい調整ができる4ウェイ方式を採用。

更にメタル&レザーパッケージのみの機能として、2種類のシートポジションとステアリングポジションを記憶できるマイコンプリセットドライビングポジションシステムが付くので、家族に免許所有者が2人いる場合などに大変便利です。

運転席オートスライドアウェイ

ハリアーのオートスライドアウェイ

toyota.jp/harrier/

エンジンやハイブリッドシステムを切ってシートベルトを外すと、運転席が自動で後ろにスライドすると同時にステアリングが上がるので、楽に降りられます。

また、乗車時は自動で運転席とステアリングの位置が復帰するので、手間いらずです。

コウさん
コウさん

メタル&レザーパッケージは約35万円も高いが、ここで紹介した快適装備に加え、本革シートなども付くので決して割高とは言えない。予算に余裕があるなら、メタル&レザーパッケージを選んでリッチな気分を味わうのも悪くないぞ。

ハリアーのターボは買いか?

比較項目2.0 ターボ プレミアム(2WD)2.0 プレミアム(2WD)
パワートレインの違いターボエンジン
(最高出力231ps/最大トルク35.7kg・m)+6速トルコンAT
ノンターボエンジン
(最高出力151ps/最大トルク19.7kg・m)+CVT
装備の違いパフォーマンスダンパー
マフラーカッター
価格3,519,720円3,249,720円
価格差+270,000円

ハリアーのプレミアムのターボ車とノンターボ車の比較です。

27万円高価なターボ車はノンターボ車と比べ圧倒的にパワフルで、最高出力で80ps、最大トルクで16kg・mも勝ります。

また、パワーアップに伴い足回りの強化が図られていることも特徴です。

コウさん
コウさん

赤字で示したパフォーマンスダンパーについて解説しよう!

パフォーマンスダンパー

ハリアーのパフォーマンスダンパー

toyota.jp/harrier/

ボディのたわみを防止して剛性を高め、直進安定性や操縦安定性を向上させる装備です。

特に高速道路走行時やワインディング走行時に、恩恵が感じられることでしょう。

コウさん
コウさん

街乗りメインなら、ノンターボ車でも十分だ。でも高速道路やワインディングを走る機会が多いなら、27万円余分に払ってターボ付を選んだ方が後悔しないぞ。

ハリアー 特別仕様車プレミアム スタイルノアールとプレミアムの違い

比較項目2.0 プレミアム スタイル ノアール(2WD)2.0 プレミアム(2WD)
装備の違いインテリジェントクリアランスソナー
アルミホイール:切削光輝+ブラック塗装
フード&サイドプロテクションモール:漆黒メッキ
ヘッドランプ:スモーク調メッキ加飾
ステアリングホイール:ディンプル加工
ステアリングスイッチ:ダークシルバー塗装
ディンプル加工+シルバーステッチ本革シフトノブ
ピアノブラック加飾オプティトロンメーター
シート表皮:ブラック&シルバーステッチ
インパネガーニッシュ等:ダークシルバー塗装
ドアスイッチベース/シフトパネル:ピアノブラック塗装
アルミホイール:スーパークロムメタリック塗装
フード&サイドプロテクションモール:メッキ
ヘッドランプ:メッキ加飾
ステアリングホイール:黒木目×幾何学柄
ステアリングスイッチ:シルバー塗装
本革シフトノブ
オプティトロンメーター
シート表皮:ブラック&アイボリーステッチまたはダークサドルタン&アイボリーステッチ
インパネガーニッシュ等:シルバー塗装
ドアスイッチベース/シフトパネル:黒木目×幾何学柄
価格3,299,400円3,249,720円
価格差+49,680円

ハリアーのガソリン車の特別仕様車プレミアム スタイルノアールと、ベースモデルのプレミアムの比較です。

プレミアム スタイルノアールは49,680円高価ですが、プレミアムではオプション扱いとなるインテリジェントクリアランスソナーが標準装備されるほか、内外装に差別化が図られています。

コウさん
コウさん

プレミアム スタイル ノアールとプレミアムの内外装の違いを見てみよう!

プレミアム スタイル ノアールとプレミアムの外装の違い

ハリアープレミアムスタイルノアールの外装

toyota.jp/harrier/

プレミアム スタイル ノアールの外装です。

ヘッドランプの加飾はスモーク調メッキ、フード&サイドプロテクションモールは漆黒メッキで、アルミホイールは切削光輝+ブラック塗装となります。

光ものを最小限に抑えた、シックな仕上がりが特徴です。

ハリアープレミアムの外装

toyota.jp/harrier/

プレミアムの外装です。

ヘッドランプの加飾とフード&サイドプロテクションモールはメッキで、アルミホイールはスーパークロムメタリック塗装です。

プレミアム スタイル ノアールと比べ光ものが多くなっていますが、派手というほどではありません。

プレミアム スタイル ノアールとプレミアムの内装の違い

ハリアープレミアムスタイルノアールの内装

toyota.jp/harrier/

プレミアム スタイル ノアールの内装です。

ステアリングホイールはディンプル加工、インパネガーニッシュはダークシルバー塗装で、シート表皮はブラック&シルバーステッチとなります。

外装同様、シックで精悍な雰囲気です。

ハリアープレミアムの内装

toyota.jp/harrier/

プレミアムの内装です。

ステアリングホイールは黒木目+幾何学柄、インパネガーニッシュはシルバー塗装で、シート表皮は画像のブラック&アイボリーステッチのほか、ダークサドルタン&アイボリーステッチを選択できます。

プレミアム スタイル ノアールと比べ、若干明るい雰囲気です。

コウさん
コウさん

プレミアム スタイル ノアールは、約5万円の価格差でインテリジェントクリアランスソナーと特別な内外装が付くわけだ。個人的にはプレミアム スタイル ノアールの内外装に魅力を感じるので、お勧めしたくなる。

アクセル踏み間違い防止機能の付いたハリアーのグレードは?

グレード名標準装備メーカーオプション
2.0 エレガンス(4WD含む)〇(28,080円)
2.0 エレガンス “GR スポーツ”(4WD含む)
2.0 プレミアム(4WD含む)〇(28,080円)
2.0 プレミアム “スタイル ノアール”(4WD含む)
2.0 プレミアム “メタルアンドレザー パッケージ”(4WD含む)〇(28,080円)
2.0 プログレス(4WD含む)
2.0 プログレス “メタルアンドレザー パッケージ”(4WD含む)
2.0 ターボ エレガンス(4WD含む)〇(28,080円)
2.0 ターボ エレガンス “GR スポーツ”〇(28,080円)
2.0 ターボ プレミアム(4WD含む)〇(28,080円)
2.0 ターボ プレミアム “メタルアンドレザー パッケージ”(4WD含む)〇(28,080円)
2.0 ターボ プログレス(4WD含む)
2.0 ターボ プログレス “メタルアンドレザー パッケージ”(4WD含む)
2.5 ハイブリッド エレガンス〇(28,080円)
2.5 ハイブリッド プレミアム〇(28,080円)
2.5 ハイブリッド プレミアム “メタルアンドレザー パッケージ”〇(28,080円)
2.5 ハイブリッド プログレス
2.5 ハイブリッド プログレス “メタルアンドレザー パッケージ”

アクセル踏み間違い防止機能が標準装備されるハリアーのグレードは、ガソリンノンターボ車/ガソリンターボ車/ハイブリッドのプログレスとプログレス メタルアンドレザー パッケージ、及び特別仕様車プレミアム スタイル ノアールの全7タイプです。

それ以外のグレードは、エレガンス GRスポーツを除きメーカーオプションのインテリジェントクリアランスソナー(28,080円)を選ぶと、アクセル踏み間違い防止機能が付いてきます。

エレガンス GR スポーツは走りに特化したグレードのためか、オプションで付けることもできません。

シーケンシャルウインカーの付いたハリアーのグレードは?

シーケンシャルウインカーの付いたハリアーのグレードは、エレガンスを除く全グレードに標準装備されています。

エレガンスには、オプションでもシーケンシャルウインカーは用意されていないので、シーケンシャルウインカーをハリアーに付けたい場合は、プレミアム以上のグレードを選ぶか、エレガンスに社外品のシーケンシャルウインカーを付ける必要があります。

ハリアーの売れ筋人気グレードランキング

ハリアーのグレード選びで迷ったら、売れ筋の人気グレードや販売比率を参考に検討するのもひとつの方法でしょう。

ここでは、実際の流通台数を調査してハリアーの人気グレードをランキングにしてみました。

※売れ筋グレードランキングの根拠は、過去3か月間の中古車オートオークション(USS,TAA,HAA,CAA,JU,アライ,ベイオーク,ミライブ他)での合計取引台数を元にランキングしています。

順位グレード名台数3年後のリセール
1位2.0 エレガンス74568.9%
2位2.0 プレミアム70768.7%
3位2.0 プログレス39365.0%
4位2.5 ハイブリッド プログレス31159.4%
5位2.5 ハイブリッド エレガンス17363.6%
6位2.5 ハイブリッド プレミアム17061.0%
7位2.0 エレガンス “GR スポーツ”8973.2%
8位2.0 ターボ プレミアム41
9位2.0 プログレス “メタルアンドレザー パッケージ”28
10位2.0 ターボ プログレス “メタルアンドレザー パッケージ”27

※2013年式~2019年式モデルを対象に流通台数を調査

ハリアー ガソリンノンターボ車の2.0 エレガンスの流通台数が最も多く、売れ筋のグレードランキング1位となっています。

続いて2.0 プレミアムと2.0 プログレスがそれぞれ2位、3位にランクインするなど、ガソリンノンターボ車が売れ筋です。

3年後のリセールは、GRスポーツが1位となっており、標準グレードの中ではプレミアムとエレガンスがほぼ同等でリセール上位となっています。

ハリアーのおすすめグレードはコレ

ハリアーお勧めグレードの外観

toyota.jp/harrier/

  • ハリアー 2.0 プレミアム スタイル ノアール
  • ハリアー 2.0 エレガンス

ハリアー 2.0 プレミアム スタイル ノアールのおすすめの理由

ハリアーのグレード展開は、基本的にガソリン車が7タイプ、ターボ車が6タイプ、ハイブリッドが5タイプの全18タイプがラインナップされています。

この中から、まずコストパフォーマンスの観点からおすすめグレードをあげると、ガソリン車の特別仕様車「2.0 プレミアム スタイル ノアール」です。

価格と装備のバランスが良い2.0 プレミアムに数々の特別装備を付けながら、価格アップは約5万円に収まっているので、お買い得感があります。

リセールもプレミアムに準じた高リセールが期待できるでしょう。

ハリアー 2.0 エレガンスのおすすめの理由

人気の観点からハリアーのおすすめグレードをあげるなら、最廉価グレードの「2.0 エレガンス」で決まりです。

憧れのハリアーが200万円台の車両価格で手に入ることや、リセールも高いことなど、魅力に溢れています。

価格が安い分装備はシンプルですが、最低限必要な装備は揃っているので不便で困ることはないでしょう。

価格はかなりアップしますが、爽快な加速感を望むなら2.0 ターボ エレガンスを、力強い走りや燃費の良さを望むなら2.5 ハイブリッド エレガンスを選ぶのも悪くない選択です。

ハリアーおすすめグレードの乗り出し価格は

ハリアーのおすすめグレードの見積シミュレーションです。

値引きや人気オプションを含めたリアリティのある乗り出し価格なので、参考にしてみて下さい。

ハリアー 2.0 プレミアム スタイル ノアールの乗り出し価格

グレード名ハリアー 2.0 プレミアム スタイル ノアール(2WD)
車両本体価格3,299,400円
メーカーオプション名ホワイトパールクリスタルシャイン
メーカーオプション価格32,400円
ディーラーオプション名9インチTコネクトナビ
ETC2.0(ナビ連動タイプ)
一体型ドライブレコーダー
サイドバイザー
フロアマット(ロイヤルタイプ)
ディーラーオプション価格339,660円
諸費用272,957円
車両目標値引き▲280,000円
オプション値引き▲68,000円
乗り出し価格3,596,417円

メーカーオプションは人気ボディカラーのホワイトパールクリスタルシャインを選択、ディーラーオプションは人気のドライブレコーダー等を選び、値引きを入れて乗り出し価格359.6万円となりました。

ハリアー 2.0 エレガンスの乗り出し価格

グレード名ハリアー 2.0 エレガンス(2WD)
車両本体価格2,949,480円
メーカーオプション名ホワイトパールクリスタルシャイン、インテリジェントクリアランスソナー
メーカーオプション価格60,480円
ディーラーオプション名9インチTコネクトナビ
ETC(ナビ連動タイプ)
一体型ドライブレコーダー
サイドバイザー
フロアマット(ロイヤルタイプ)
ディーラーオプション価格339,660円
諸費用264,257円
車両目標値引き▲280,000円
オプション値引き▲68,000円
乗り出し価格3,267,877円

メーカーオプションはホワイトパールクリスタルシャインとインテリジェントクリアランスソナーを選択、ディーラーオプションはドライブレコーダー等を選び、値引きを入れて乗り出し価格326.7万円となりました。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円の差額・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分ほどの入力で買取店への査定申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう