あなたのフリードを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

フリードのガチな査定相場を紹介!

フリードの無料ネット査定

あなたのフリード、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがフリードの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

フリードの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のフリードの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

フリードのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのフリード買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のフリードの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】フリードの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

フリードで査定が高くなる組み合わせは?

フリードの高額査定が期待できる組み合わせは?

フリードで高い査定が出るグレードはコレ!

1.5G
1.5Gホンダセンシング
1.5ハイブリッドGホンダセンシング
4WD

フリードの中で、より高額査定が期待できるグレードが、こちらになります。

1.5Gはミニバンユーザーに必須の両側パワースライドドアはじめ、便利な装備が充実していることから人気が高く、中古車市場でも引き合いが多いため、フリードの中でも高額査定が期待できるグレードとなっています。

同じく、それらの標準装備に加え、安全運転をアシストするホンダセンシング(衝突軽減ブレーキ、歩行者事故低減ステアリング等)をプラスした1.5Gホンダセンシングもその安全性から人気が高く、こちらも高額査定が期待できるフリードの一つです。

また、全体的に初期費用が高いため、相対的にリセールバリューが低くなってしまうフリードのハイブリッド車ですが、その環境性能や静粛性などから必要なユーザーには、ハイブリッド車の中でもリセールバリューの高い1.5ハイブリッドGホンダセンシングがおススメです。

そして、4WDは悪路や雪道などの走行性から需要が高い一方で、生産台数が少ない事からリセールバリューが高買取査定アップが期待できます。

フリードの高額査定を目指すなら、これらのグレードを選ぶことをおススメします。

フリードで高い査定が出る人気色はコレ!

フリードの高額査定が期待できる人気カラー

ホワイトオーキッド・パール
クリスタルブラック・パール

フリードの買取査定で金額アップが期待できるカラーは、ホワイト&ブラックの人気2カラーとなります。

清潔感と開放感を演出するホワイトと落ち着きと信頼感を伝えるブラックの2カラーは、日本人の感性にフィットして昔から人気が高く、フリードの中でも売れ筋となっています。

売れ残るリスクが低いため、中古車販売店でも積極的に仕入れたい事情から、フリードの査定金額アップが期待できるのです。

ホワイト&ブラック系の人気カラーとその他のカラーでは、3年以内のフリードで査定金額に10万~40万円の差がついていました。

カラーを選ぶだけで、数十万円も得/損してしまうって、凄くないですか?

フリードの高額査定を目指すなら、これらの人気カラーを選ぶことをおススメします。

フリードで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

ホンダセンシング
パワースライドドア(両側)

ホンダインターナビ
LEDヘッドライト

フリードに装着するメーカーオプションの中で、高額査定が期待できるおススメオプションはこちらです。

フリードの高額査定が期待できる人気オプション・ホンダセンシング

ミリ波レーダーと単眼カメラで前方の状況を認識し、衝突を回避する先進システム「ホンダセンシング」は、安全かつ快適なドライビングを求めるユーザーからの人気が高く、フリードの買取で査定アップが期待できます。

家族や友達など、大人数での利用が多いフリードはドアの開閉も多く、子供の挟み込み防止や女性・高齢者の負担を大幅に軽減できる両側パワースライドドアの装着がマストとなっています。

多くのグレードで標準装備となっていますが、一部グレードでは助手席側のみとなっており、フリードの高額査定を目指す上ではもちろん、ご自身で乗られる上でも、是非つけておくことをおススメします。

フリードの高額査定が期待できる人気オプション・ホンダ インターナビ

ホンダ インターナビは工場でフリードと一緒に作るだけあって、そのフィット感は群を抜いています。

フリードの高額査定が期待できる人気オプション・ホンダ インターナビ

そのデザイン性から人気が高く、フリードの買取査定にもプラスとなるため、おススメしたいオプションの一つです。

フリードの高額査定が期待できる人気オプション・LEDヘッドランプ

LEDヘッドランプは、そのコストパフォーマンス(長寿命・省エネ性)や視認性(明るさ)から人気が高く、こちらもフリードの買取査定がアップするため、つけておくことをおススメします。

フリードを買うときは、これらのメーカーオプションを活用して、高額査定の実現を目指しましょう。

フリードの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

シトロンドロップ
ルナシルバー・メタリック

フリードを売却する時、これらの不人気カラーを選んでしまうと、残念ながら買取査定はダウンしてしまいます。

突飛なカラーや地味(≠シック)なカラーはどうしても敬遠されてしまいがちですが、中には「あまり乗っている人がいない=個性的!」と思って選んでしまい、後悔する方もたまにいます。

3年以内の売却で比較してみると、ホワイト&ブラックの人気カラーとそれ以外のカラーでは、フリードの買取査定に10万~40万円の差額がついています。

どうしてもフリードのカラーにこだわりたい!という方にはそれ以上言いませんが、この金額差は、是非ともご一考いただきたいと思います。

修復歴による査定の減額

フリードの査定がダウンしてしまう修復歴

事故や故障で修復歴アリに該当するフリードは、どうしても査定相場が大きくダウンしてしまいます。

損傷度合いにもよりますが、高年式など査定相場が高いフリードほど、大きなダメージを受ける傾向が見られます。

3~5年の売却でフリードの査定相場を調べてみたところ、修復歴の有無で50万~60万円の差額が出ていました。

一瞬の油断で、数十万円の大損害。

事故など起こして泣きをみないよう、日頃からフリードを丁寧に乗ることをおススメします。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

フリードの査定に影響するモデルチェンジ

フルモデルチェンジやマイナーチェンジ等のモデルチェンジの前後では、旧モデルとなったフリードの査定相場は大きく下落してしまいます。

フリードの内外装やエンジン等の仕様に大規模な変更を加えるフルモデルチェンジと、フルモデルチェンジよりはやや小規模ながら、一部改良と異なり内外装やエンジン等の仕様が更新されるマイナーチェンジは、そのデザインや乗り心地なども大きく変わります。

よって、ユーザーの人気が動いてフリードの査定相場にも大きな影響を及ぼす訳です。

フリードの査定相場が下がり始めるのは、モデルチェンジの行われる約3ヶ月前からです。

モデルチェンジの情報は事前に調べられるので、いち早く情報をキャッチして、査定相場が下落する前にフリードを売却したいものです。

輸出によるフリードの査定相場の底値は?

フリードの輸出相場を査定

現行モデル(2016年9月~) データ不足
初代モデル(2008年5月~)
新車登録から7年以内 5万~15万円
新車登録から7年超過 5万円前後

過走行や修復歴などによって国内市場では敬遠されてしまうようなコンディションのフリードであっても、比較的規制の緩い海外市場でなら売れる可能性も残されており、輸出買取相場に出せれば、上記の底値で買い取ってもらえるチャンスがあります。

フリードを輸出買取相場に出すためには、ディーラーではなく買取店で査定して貰う必要があります。

ディーラー下取りだったら「価値ゼロ円&処分手数料」という状態のフリードでも、買取店でなら5万円前後で買い取って貰える可能性もあるので、「年式が古いから」「距離を走ってしまったから」と諦めずに、まずは買取店で査定して貰うようにしましょう。

フリードの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

フリードの査定相場とリセールバリュー推移

ここでは、当サイトが業者オークションデータを元に独自査定したフリードの査定相場とリセールバリュー推移をまとめています。

皆さんがフリードを売却するタイミングの参考にしてください。

現行型(2代目)フリードの査定相場(2018年7月査定)

現行型フリードの査定相場とリセールバリュー

2016年9月~販売中

フリード G/色:白黒/修復歴なし/新車価格198.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 172万円 86.8% 129万円
2017年 1.1万キロ 168万円 84.8% 124万円
2016年 2.0万キロ 165万円 83.3% 120万円

現行型フリードの査定相場は、まだマイナーチェンジが入っていない事もあって大きな変動要素もなく、2年落ち時点まででリセールバリュー80%台と、良好な水準を示しています。

今後、マイナーチェンジが入るまではこのまま緩やかな下降傾向で推移していくでしょう。

初代フリードの査定相場(2018年7月査定)

初代フリードの査定相場とリセールバリュー

2008年5月~2016年9月生産モデル

フリード G/色:白黒/修復歴なし/新車価格174.6万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2016年 2.2万キロ 121万円 69.3% 86万円
2015年 2.9万キロ 117万円 67.0% 73万円
2014年 3.8万キロ 104万円 59.5% 54万円
2013年 5.1万キロ 93万円 53.2% 48万円
2012年 6.3万キロ 82万円 46.9% 43万円
2011年 7.5万キロ 51万円 29.2% 28万円
2010年 8.2万キロ 39万円 22.3% 8万円
2009年 8.9万キロ 24万円 13.7% 5万円
2008年 9.3万キロ 22万円 12.6% 3万円

フルモデルチェンジによって型落ちとなった初代フリードのリセールバリューは3年落ち時点で67.0%と普通乗用車の平均(50~55%)を上回る優秀な数値を示しており、4年落ちごろまでなら約100万円以上のおカネを手元に残せそうです。

その後、マイナーチェンジの入った2011年を境に大きな落ち込みを見せているため、2011年の前後で早期の手放しによるおカネの確保か、じっくり乗り倒すことでお得感を引き出すか、あらかじめ考えておくといいでしょう。

現行型(2代目)フリードハイブリッドの査定相場(2018年7月査定)

現行型フリードハイブリッドの査定相場とリセールバリュー

2016年9月~販売中

フリードハイブリッド G ホンダセンシング/色:白黒/修復歴なし/新車価格249.6万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 223万円 89.3% 187万円
2017年 1.0万キロ 211万円 84.5% 173万円
2016年 2.0万キロ 197万円 78.9% 156万円

現行型フリードハイブリッドの査定相場は、発売からモデルチェンジが入っていないため大きな落差や変動要素もなく、今後モデルチェンジが入るまでは穏やかな下降傾向を示すものと思われます。

初代フリードハイブリッドの査定相場(2018年7月査定)

初代フリードハイブリッドの査定相場とリセールバリュー

2011年10月~2016年9月生産モデル

フリードハイブリッド ジャストセレクション/色:白黒/修復歴なし/新車価格236.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2016年 2.4万キロ 171万円 72.4% 129万円
2015年 3.0万キロ 165万円 69.9% 121万円
2014年 3.6万キロ 142万円 60.1% 103万円
2013年 5.1万キロ 140万円 59.3% 98万円
2012年 5.9万キロ 105万円 44.4% 69万円
2011年 7.1万キロ 79万円 33.4% 47万円

初代フリードハイブリッドの査定相場は、2013年から2011年にかけて各年の落差が激しく、最大で25万~35万円の下落を見せています。

つまり、フリードハイブリッドを売却するタイミング等によっては「本当はもっと高く売れるはずだったのに」損してしまっている事もあり得るので、複数の買取店で査定して貰うなど、より慎重な姿勢で臨みたいところです。

ところで、表の右端にフリードやフリードハイブリッドをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店による査定相場と比較すると、約20万~40万円前後も安くなっているのがわかります。

これはディーラーがマニュアルによって機械的に査定しており、人気カラーやオプションなどのプラス要素を無視or軽視しているためです。

この差額を「手続き諸々を代行してくれる手間賃」と割り切れる方はともかく、決して小さくない金額ですから、面倒でもディーラーに丸投げせず、買取店でも査定して貰ってから、よく考えた方がいいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

10年落ち&19万キロ?古い・過走行のフリードでも売れるのか?

古くても過走行でも、フリードは売れるのでしょうか。

ここでは、業者が利用しているオークションの実データから、旧年式&過走行のフリードを1台ピックアップ。

合わせて中古車市場トレンドも分析し、フリードの査定相場が残る可能性について検証していきます。

初代フリードの過走行車でも査定相場が残っているか?
2008年式 初代フリード Lパッケージ 196,000㎞ グレー 修復歴なし  5万円前後

初代フリードは2008年に発売されており、10年落ちを超える旧年式車両がないため、過走行の車両を探したところ、上記の1台を発見。

内容は「下回りサビ大」「エンジン廻り異音」等々あまりよくありませんが、それでもこれだけの査定相場が残っていました。

ただし、すべての初代フリードに査定相場が残る訳ではなく、以下に査定相場の残りやすい条件などを紹介します。

走行距離13万~15万キロくらいまでは査定相場が残りやすい
ボディカラーはホワイトパール&ブラックが有利
4WDよりも2WDの方が有利
エアロ付きグレードの方が有利
※不動車ではなく、きちんと走れる状態が大前提

これらの条件を満たしていれば、約6割前後のフリードに査定相場が残っていました。

もしこれを、何も考えずディーラー下取りに丸投げしたら、年式や過走行を理由に「査定ゼロ円+処分手数料サービス」などと言われてしまい、今回の場合は約5万円前後の損になります。

※もっと高く(全体の約16%が15万円以上で)査定されているフリードもあるため、その場合は更に損失額が大きくなります。

なので、年式や走行距離で「こりゃもうダメだろう」と早合点しないで、買取店でも査定してもらい、納得してからフリードを手放した方が後悔しないでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら