あなたのNONEを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

NONEのガチな査定相場を紹介!

NONEの無料ネット査定

あなたのNONE、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがNONEの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

NONEの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のNONEの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

NONEのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのNONEを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のNONEの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】NONEの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

NONEで査定が高くなる組み合わせは?

NONEの高額査定が期待できる組み合わせは?

NONEで高い査定が出るグレードはコレ!

G(スタンダード)
G・Lパッケージ(スタンダード L)
プレミアムツアラー
4WD

「見た目が可愛い軽ワゴン」として女性からも支持を得ているNONEですが、グレードによって買取査定額も変わってきます。

スタンダードモデルのG(スタンダード)は廉価グレードでありながら、実用的には差しさわりがない装備が搭載されているため、中古車市場でも人気が高く、査定額も高値が付くクルマです。

G・Lパッケージ(スタンダード L)は、Gをベースに運転席ハイトアジェスターやLEDドアミラーウインカーなどを搭載し、お手頃ながら装備がワンランクアップしています。

その為、中古車市場で値が落ちた頃に買おうというユーザーからの需要があり、比較的高値で査定される傾向です。

プレミアムツアラーは、ターボ搭載モデルということに加え、上級装備が備わっていることもあり、高いリセールバリューが期待できます。

NONEの4WDは燃費が良いことに加え、雪路等の悪路走行を余儀なくされているユーザーなどから一定の需要がある割には、市場に出回る台数が少ないため、査定相場は高水準になっています。

上記のグレードのように、中古車市場で人気が高い車には、必然的に高い査定が付きます。

リセールバリューを意識して、NONEを購入される場合は、このことを頭の片隅に入れておくと、売却の際にお得感を感じられるでしょう。

NONEで高い査定が出る人気色はコレ!

NONEの高額査定が期待できる人気カラー

プレミアムホワイトパールⅡ
クリスタルブラックパール

上記カラーのNONEは、中古車買取で高額査定が期待できます。

飽きのこない、ホワイト・ブラック系のカラーは「無難さ」を求める日本人のニーズにマッチしています。

そのため、国内中古車市場では人気が高く、良く売れるので、査定金額は他のカラーよりも高い水準で推移しています。

実際、5年以内のNONE売却データを見てみると、ホワイト・ブラック系の人気カラーとその他のカラーの間では買取査定に約10万円以上の金額差がありました。

リセールバリューを意識してNONEを購入する際は、ホワイトやブラック系のカラーを選ぶと有利になります。

NONEで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

あんしんパッケージ(自動ブレーキを含む)
ナビ

上記のオプションが付いていることによって、NONEの買取査定額がアップします。

NONEの高額査定が期待できる人気オプション・あんしんパッケージ

ホンダのあんしんパッケージは、自動ブレーキに加え、全席にエアバックが付いていたり、急ブレーキを踏んだ際は後続車にお知らせするランプが点灯するなど、付いていれば安心・安全のシステムです。

近年、自動ブレーキへの関心は幅広い年齢層のユーザーに広がっており、需要も高まっていることもあって、あんしんパッケージ搭載のNONEは査定アップが期待できるでしょう。

NONEの高額査定が期待できる人気オプション・ナビ

ナビは現代の車には欠かせないアイテムになっています。

地図が最新などと、査定アップに繋がる条件はあるものの、ナビが付いていないNONEよりもナビが付いているNONEの方が、買取店からの評価が高いのは間違いありません。

ご自身が乗られている間も便利ですし、売却時もプラス査定を受けられるので、得をした気分を味わえますね。

NONEの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

NONEの査定ダウンにつながる不人気カラー

ルナシルバーメタリック
プレミアムイエローパールⅡ

上記のカラーは、定番のホワイト・ブラック系カラーと比べると、NONEの買取査定が10万円前後も安くなってしまう可能性があります。

NONEはデザインが可愛く、女性から人気があるクルマなので、上記のような個性的なカラーでも需要自体はあります。

しかし、その需要は、ホワイトやブラックに比べると圧倒的に少ないこともあり、買取店も個性的なカラーの在庫を置くことには慎重です。

そのため、買取査定も高値が付きにくく、ホワイトやブラックという人気のカラーに比べると査定額は低い傾向にあります。

修復歴による査定の減額

ステップワゴンの査定がダウンしてしまう不人気カラー

NONEに限った話ではありませんが、修復歴があることにより、買取査定にマイナスが入ることは避けられません。

新車登録から日が浅い、3年以内のまだまだ査定金額に高値が付くNONEの場合、修復歴があることで10万~25万円以上のマイナス査定が入る傾向にあります。

日本人は修復歴があるクルマを好まないために、修復歴ありのNONEは中古車市場でも敬遠されがちです。

「修復歴あり」と査定を受ける条件は色々ありますが、事故をすると売却時に損をすることだけではなく、自分にとっても、周りの人達にとっても、何一つ良いことがないので、日頃から安全運転を心掛けていきたいですね。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

NONEの査定相場に影響するモデルチェンジ

NONEは2012年に発売開始されたクルマのため、フルモデルチェンジは今のところまだ行われていません。

しかし、マイナーチェンジが行われた後に10%程度リセールバリューが落ちているため、マイナーチェンジがNONEの査定相場に与える影響は大きいと言えるでしょう。

モデルチェンジが行われる約3ヶ月前からNONEの査定相場が下がり始めるため、フルモデルチェンジのタイミングでNONEの売却を検討されている方は、情報を見逃さないようにしていただきたいと思います。

輸出によるNONEの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

通常、年式が古かったり、過走行や修復歴ありなどで、国内相場から外れたクルマが輸出に出されています。

しかし、NONEの場合は発売開始が2012年なため、まだ日が浅いという事もあって、現状は国内相場がメインです。

今後、年数が経つに連れて、国内相場から外れるNONEが出てくると思いますので、NONEが輸出相場に該当してくることもあるかもしれません。

その際はまた更新していきますね。

NONEの査定相場は?リセールバリューとディーラー下取り相場の推移を比較

NONEの査定相場とリセールバリュー

業者オークションのデータを基に当サイトで独自に査定した、NONEの査定相場&リセールバリュー推移データです。

皆さんがNONEを売却するタイミングの参考にしてください。

現行型(初代)NONEの査定相場(2018年8月査定)

現行型(初代)NONEの査定相場とリセールバリュー

2012年11月~販売中

NONE プレミアムツアラー/色:白黒/修復歴なし/新車価格164.1万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 –万キロ –万円 –% 116万円
2017年 0.4万キロ 122万円 74.3% 109万円
2016年 2.3万キロ 107万円 65.2% 94万円
2015年 1.7万キロ 88万円 53.6% 76万円
2014年 4.9万キロ 79万円 48.1% 66万円
2013年 5.0万キロ 59万円 35.9% 48万円
2012年 7.1万キロ 45万円 27.4% 35万円

現行型(初代)NONEの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

2018年式は流通台数がゼロでしたが、査定相場の下落傾向とディーラー下取り相場との差額から、140万円前後(リセールバリュー約85%)と推定できます。

NONEの査定相場を年式で追っていくと、2017年12月と2015年7月に入ったマイナーチェンジの前後でやや落差が大きくなっている以外は、概ね年式相応の値下がりを示しています。

3年落ちリセールバリューは普通乗用車の平均値(50~55%)に収まっていますが、走行距離の少ないNONEでこの査定相場なので、年式相応の走行距離であれば83万円前後(リセールバリュー50.5%)と、若干下がるものと見られます。

ところで、表の右端にNONEをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べて10万~15万円ほど安くなっているのがわかります。

これはディーラーが既定のマニュアルによって(人気カラーやオプション等を考慮せずに)査定するためで、黙っていたら10万~15万円も損しかねません。

査定相場が本当に適正なのか、一度NONEを買取店で査定してもらうといいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

走行距離24万キロ超!過走行&修復歴ありのNONEでも売れるのか?

2012年のデビューからまだ年月の浅いNONEですが、過走行(走行距離10万キロ超)や修復歴ありでも査定相場は残るでしょうか。

ここでは、業者オークションを調査して過走行NONEをピックアップ、修復歴ありも含めて、NONEに査定相場が残る傾向について分析していきます。

過走行&修復歴ありでもNONEの査定相場が残るのか?
2013年式 NONE プレミアムLパッケージ 243,000㎞ パールホワイト 修復歴あり 13万円

上記の車両は「前サイドメンバー&クロスメンバー&コアサポート補修」「下廻りサビ」「エンジン廻り異音」「シートしみ・室内汚れ・内張りキズ」など、かなりのダメージを受けたことが窺われますが、それでも年式が新しいため13万円の査定相場が残りました。

今回は調査対象(過走行のNONE)すべてに5万~38万円の査定相場が残っており、年式が新しい内は普通に乗っていればまずおカネにならない事はないでしょう。

その中でも、より査定相場が高く残りやすい傾向を以下にまとめます。

ボディカラーはホワイトパール&ブラックが有利
イエローやレッドもいい勝負(女性に人気)
2WDよりも4WDの方が若干有利
グレードはツアラー系が若干不利
※不動車ではなく、ちゃんと乗れる状態が大前提

これらの要素を多く満たせば高額査定が期待できますが、輸出相場による底値が確認できない現状では、油断禁物です。

また、ディーラー下取りに出したら過走行や修復歴を理由に査定ダウンされたり、そもそも査定相場が残ると知らなければ、最悪「ゼロ円+処分手数料」と査定されてしまうかも知れません。

そうなったら大損なので、自分のNONEが実際いくらなのか、適正な相場を買取店で確認したいところです。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら