あなたのNBOXを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

NBOXのガチな査定相場を紹介!

NBOXの無料ネット査定

あなたのNBOX、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがNBOXの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

NBOXの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のNBOXの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

NBOXのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのNBOXを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のNBOXの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】NBOXの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

NBOXで査定が高くなる組み合わせは?

NBOXの高額査定が期待できる組み合わせは?

NBOXで高い査定が出るグレードはコレ!

【NBOXカスタム】
G ターボ Lパッケージ/4WD
G ターボ SSパッケージ/4WD
G Lパッケージ 4WD
カスタム G
【NBOX】
G ターボ Lパッケージ/4WD
G ターボ SSパッケージ/4WD
G

現状NBOXは、グレード間で大きなリセールの差はありません。

一番リセールバリューの良いグレードは、カスタム・標準車共に「Gターボの4WD」です。

次いで、Gターボの2WD、他上記のグレードの査定相場が高くなっています。

全体的に4WDの査定相場が強いので、雪の多い地方なら4WDを選んでも大きく損はしないでしょう。

モデューロは新車価格が高いため、リセールでは不利となってしまいます。

NBOX派生のNBOXプラスは、NBOXよりも査定相場は落ちてしまいます。

NBOXスラッシュは、NBOXカスタムより落ちますが、NBOX標準車と同等のリセールとなっています。

NBOXで高い査定が出る人気色はコレ!

NBOXの高額査定が期待できる人気カラー

プレミアムホワイトパール II
クリスタルブラックパール
プレミアムベルベットパープルパール

NBOXでプラス査定が大きい色は、「プレミアムホワイトパールⅡ」と「クリスタルブラックパール」です。

新車から3~5年以内の売却で、他色と比べて10万円前後高く売れるでしょう。

「プレミアムベルベットパープルパール」は、他色より高く売れますが、上記2色と比べると5万円前後査定金額が落ちてしまいます。

NBOXの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

NBOXの査定ダウンにつながる不人気カラー

プレミアムピンクパール
ルナシルバーメタリック

プラス査定になる3色以外の色は、どれも似たような査定相場ですが、上記の色は中古車市場でもあまり人気が無いので、若干マイナス寄りの印象を買取店に与えてしまいます。

修復歴による査定の減額

ステップワゴンの査定がダウンしてしまう不人気カラー

修復歴に該当してしまうと、査定の時の減額幅は大きくなってしまいます。

修復歴ありのNBOXでは、「どの位の大きさの事故だったのか?」「真っすぐ走らないんじゃ・・」「長く乗るとどこか壊れるんじゃないか?」などの不安を中古車購入ユーザーがにはあるので、どうしてもNBOXの査定相場は落ちてしまいます。

NBOXの場合、修復歴なしの車体に比べて、3~5年の売却で15万~25万円ほど査定価格は減額されてしまうでしょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

NBOXの査定相場に影響するモデルチェンジ

モデルチェンジには、外観や内装にほとんど変化がない「一部改良」と内外装まで変わる「マイナーチェンジ」、そしてエンジンも含め内外装とも大きく変更される「フルモデルチェンジ」があります。

この中で一部改良なら、大きな変化が無いのでNBOXの査定相場には大きな影響はありません。

しかしマイナーチェンジやフルモデルチェンジが入ると、NBOXの査定相場にも影響が出ます。

やはりモデルチェンジ後の新型NBOXに需要が集中するので、モデルチェンジ前のNBOXの査定相場は下がってしまいます。

マイナーチェンジやフルモデルチェンジのタイミングでNBOXを売却するなら、モデルチェンジの3ヵ月前にNBOXを売却すれば、査定相場の下落影響が少なく済みます。

輸出によるNBOXの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

現在のところ不明

NBOXは、現在の所国内の需要で回っています。

海外のバイヤーが買い付けに来ている様子もないので、輸出による査定相場はありません。

ただ、今後年数が経って輸出相場に該当する可能性もあります。

10年間のNBOXの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

NBOXの査定相場とリセールバリュー

業者オークションのデータを基に当サイトで独自に査定した、NBOXの査定相場&リセールバリュー推移データです。

皆さんがNBOXを売却するタイミングの参考にしてください。

現行型(2代目)NBOXの査定相場(2018年8月査定)

現行型(2代目)NBOXの査定相場とリセールバリュー

2017年8月~販売中

NBOX カスタムG Lホンダセンシング/色:白黒/修復歴なし/新車価格169.8万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 154万円 90.6% 133万円
2017年 0.9万キロ 143万円 84.2% 122万円

現行型(2代目)NBOXの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

と言っても、フルモデルチェンジからまだ1年しか経っていないためデータが不足しています。

全体的に年数が浅いこともあって、新型の査定相場・リセールバリューも高水準となっており、次のモデルチェンジまではこのまま緩やかに下降していくでしょう。

初代NBOXの査定相場(2018年8月査定)

初代NBOXの査定相場とリセールバリュー

2011年11月~2017年8月生産モデル

NBOX カスタムG Lパッケージ/色:白黒/修復歴なし/新車価格156.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2017年 0.8万キロ 126万円 80.7% 111万円
2016年 2.0万キロ 124万円 79.4% 102万円
2015年 3.0万キロ 115万円 73.7% 98万円
2014年 3.0万キロ 98万円 62.8% 79万円
2013年 4.8万キロ 78万円 50.0% 64万円
2012年 6.3万キロ 72万円 46.1% 53万円
2011年 8.4万キロ 65万円 41.6% 47万円

初代NBOXの査定相場とリセールバリューを、年式ごとにまとめました。

フルモデルチェンジによる型落ちで、同等グレードでも査定相場に30万円(リセールバリュー10%)前後の差が生じているのがわかります。

年式を追っていくと、2015年2月に入ったマイナーチェンジの影響で約20万円の差額が出ている他は、概ね5万~10万円ずつの下落で推移。

まだデビューから年月が浅いため、次のモデルチェンジまではこのまま緩やかに値下がりしていくでしょう。

ところで、ここまで表の右端にNBOXをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べて15万~20万円前後安くなっているのがわかります。

これはディーラーが既定のマニュアルで査定し、人気カラーやオプション等は考慮してくれないために生じる差額で、ディーラー下取りを鵜呑みにすると、これだけ損してしまうリスクを示しています。

一度NBOXを買取店で査定して貰い、適正な査定相場を把握しておくといいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

走行距離21万キロ超!過走行&修復歴ありのNBOXでも売れるのか?

2011年のデビューからまだ新しい、人気車種のNBOXですが、どこまで査定相場が残るのでしょうか。

ここでは、業者オークションを調査して過走行(走行距離10万キロ超)&修復歴ありの1台をピックアップ、NBOXの査定相場が残る傾向について分析していきます。

過走行&修復歴ありの初代NBOXでも査定相場は残るのか?
2012年式 初代NBOX カスタムG Lパッケージ 212,000㎞ パールホワイト 修復歴あり  29万円

今回の1台は「前クロスメンバー凹み」「下廻りキズ・凹み」「エアコン不良」「タッチペン(塗装はげ)跡」「シートへたり・しみ」「室内汚れ・内張りキズ・天張りしみ」「ヘッドライトくもり」「ミラー傷」等々……。

かなりダメージの大きいNBOXですが、それでも年式が浅いため、走行距離21万キロ超でも29万円の査定相場が残っていました。

今回の調査では1台だけ事故現状車に査定相場が残らなかったほかは、すべて5万~70万円前後の査定相場が残っていました。

そこで、以下にNBOXの査定相場がより残りやすい傾向についてまとめます。

NBOXよりNBOXカスタムの方が有利
ボディカラーはホワイトパール&ブラックが有利(+10万円くらい)
※2トーンカラーはオプション料金以上のプラスは見込めない
ナビつきだと5万~7、8万円のプラス
ターボ付きグレードだとボディカラーやナビつきの恩恵が若干アップ
4WDより2WDの方が有利
※不動車ではなく、きちんと乗れる状態が大前提

これらの要素をより多く満たすほど高額査定が見込めますが、ディーラー下取りに出したら過走行や修復歴を理由に、極端に減額されたり、査定相場が残ることを知らなければ最悪「ゼロ円+処分手数料」と査定されてしまうかも知れません。

そんな事にならないよう、自分のNBOXが実際いくらなのか、買取店で適正相場を査定してもらいましょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら