あなたのフィットを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

フィットのガチな査定相場を紹介!

フィットの無料ネット査定

あなたの、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがフィットの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

フィットの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のフィットの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

フィットのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのフィット買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定の利用実例」として車両情報と車の画像をサイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のフィットの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

フィットの無料ネット車査定の事例とご利用者の口コミ

フィット ネット車査定の事例/宮城県/fit1351さん

フィットハイブリッドのネット車査定の事例 フィットの画像 フィットハイブリッドのネット車査定の事例 フィットの画像 フィットハイブリッドのネット車査定の事例 フィットの画像

フィットハイブリッド Lパッケージ 査定相場 78万~88万円
コウさん
コウさん

フィットの査定コメント

お乗りのフィットハイブリッドは、5年落ちとしては走行距離も少な目で、外装の状態も良いお車かと思います。

同等条件の車両をオークションで絞り込んでいくと、概ね上記の査定相場となります。

フィットハイブリッドを高く売るには、複数の買取店に査定してもらうなどして、上記査定相場の上限値を出す買取店を見つけられるといいでしょう。

 

又は、ユーザーが参加できる買取オークションなら、直接小売りする中古車販売店が入札するので、査定相場の上限+αも期待できます。

今後は、距離が伸びていくほど相場は下がり、現状では10万キロ走行で50万円前後の査定相場となっています。

ただ、フィットは来年にもフルモデルチェンジの噂があるので、フルモデルチェンジされれば、多少なりとも相場が落ち込む要因となります。

ネット車査定の実施日 2018年10月10日
ネット車査定利用者プロフィール fit1351さん・宮城県
車名・グレード名 フィットハイブリッド Lパッケージ
車両データ 平成25年(2013年)式・走行36,000㎞・ホワイトパール
ディーラーの査定相場 57万~67万(当サイト予測値)
ネット車査定の相場 78万~88万円
実際に売れた売却金額 –万円
ネット車査定利用者のコメント

フィット ネット車査定の事例/埼玉県/くーたろさん

フィットをネット車査定した査定額の結果 フィットのネット車査定、インパネ

フィット 1.3G 査定相場 19万円
コウさん
コウさん
フィットの査定コメント

フィットは21年式(9年落ち)になると、荒く乗られている車両も多く、内外装の状態が良くないと(評価点3点台)、同年式・同距離でも査定相場10万円を切る車体が出てきます。

お乗りのフィットは状態も良さそうなので評価点4点、ナビ付で査定しました。

評価点4点以上の同様のお車だと、査定相場も10万円台後半~20万円まで見えてきます。

今後は、手放すなら複数の買取店での査定か、ユーザーが参加できる買取オークションでの手放しが、高額売却の期待値が高いです。

乗り続けるなら、10万キロに近づくに連れて査定相場も下がって行き、状態が悪ければ廃車も見えてきます。

また、今後フィットがフルモデルチェンジすると、型落ちとなるので相場が大きく下がる可能性もあります。

売却金額に期待するなら、フィットがフルモデルチェンジするまでの間、10万キロ以内に良い状態を保ったままでの売却がおすすめです。

それ以降は、出来るだけ長く乗った方が、お得感は強くなります。

ネット車査定利用者プロフィール くーたろさん・埼玉県
車名・グレード名 フィット 1.3G
車両データ H21年(2009年)式・走行61,000㎞・ブラック・GE6型
ディーラーの査定相場 0~5万円(当サイト予測値)
ネット車査定の相場 19万円
実際に売れた売却金額 –万円
ネット車査定利用者のコメント

フィット ネット車査定の事例/茨城県 おわさん

フィットをネット車査定した査定額の結果

フィット 1.3L 査定相場 6~9万円
コウさん
コウさん
フィットの査定コメント

GE型フィットは、走行距離が10万キロを超えると、オークション取引価格で見ても10万円を超えている車両は非常に少なくなります。

車両の内外装の状態が良いほど査定相場が残っているので、お乗りのフィットの状態が良ければ良いほど、査定金額は10万円に近づきます。

このお車の売却は、買取店の他にユーザーが参加できる買取オークションでの売却も適しています。

新車への買い替えなら、ディーラーの下取りで値引き分として、上記査定額より高値になる可能性もあります。

※査定金額には消費税や自動車税の戻り分等も加味しております。

ネット車査定利用者プロフィール おわさん・茨城県
車名・グレード名 フィット 1.3L
車両データ H20年(2008年)式・走行110,000㎞・ブラック・GE6型
ディーラーの査定相場 0~3万円(当サイト予測値)
ネット車査定の相場 6~9万円
実際に売れた売却金額 –万円
ネット車査定利用者のコメント

フィットで査定が高くなる組み合わせは?

フィットの高額査定が期待できる組み合わせは?

フィットで高い査定が出るグレードはコレ!

1.3G・F
1.3G・Lホンダセンシング
1.3G・Sホンダセンシング
1.5RSホンダセンシング(6MT)
1.5ハイブリッド・Lホンダセンシング
4WD

全体的に査定相場の高いフィットですが、その中でも高額査定が期待できるグレードが、こちらになります。

1.3G・Fはフィットの基本モデルとして人気が高く、リーズナブルな価格から売却時の相対的なリセールバリューが高く、価値を残し、かつ付加する事によって、高額査定が期待できるグレードの一つです。

1.3G・Lはホンダセンシング(衝突防止システム)はじめ、シャープな目元で視認性を高めるLEDライトや充実したエアバッグシステムの装着によって、フィットの安全性が向上。女性や高齢者からも人気が高く、中古車買取でも高額査定が期待できます。

1.3G・Sは更にスポーティーなバンパーやスポイラー等の装備を充実。アクティブなフィットユーザーからの支持が厚く、初期投資に見合うだけの査定金額が期待できるグレードとなっています。

1.5RSホンダセンシングは走行性と安全性を更に高めるグレードとなっており、中でも6MT仕様は走りにこだわりたいフィットユーザーからの人気が、その査定相場を高水準に支えています。

ところで、ハイブリッド車はその初期費用の高さから相対的なリセールバリューが低くなってしまいがちなので、損得で言えば、あまりおススメできませんが、その静粛性や環境性能の高さから必要とされるフィットユーザーもいると思います。

そういう方には、フィットのハイブリッド車でも比較的リセールバリューの高い1.5ハイブリッドLホンダセンシングをおススメします。

そして、販売台数に比べて雪道や悪路などの走破性から一定の需要が確保されている4WDは、フィットでも査定相場が安定しているため、こちらもおススメできます。

フィットをお得に売却するために、これらのグレード・仕様の選択をおススメします。

フィットで高い査定が出る人気色はコレ!

フィットの高額査定が期待できる人気カラー

プレミアムホワイト・パール
クリスタルブラック・パール

フィットの高額査定を目指す上で、無視できない要素の一つに、ボディカラーが挙げられます。

当然ながらボディカラーはフィットの印象を大きく左右する要素ですから、中古車買取店としても売れ残る心配の少ない人気のカラーを積極的に仕入れたがります。

そこでおススメするのが、上記の人気2カラーです。

清潔感と開放感を演出するホワイト、そして高級感と信頼感を高めるブラックは、昔から日本人の感性にフィットするため、フィットのボディカラーとしても、高い人気を誇ります。

「カラーだけで、そんなに違うモンなの?」

そう思って、試しにフィットの中古車買取相場を調べてみたら、3年以内の売却でフィットの査定相場に10万~30万円以上の査定金額差が出ていました。

「たかがカラー」ではないのです。

フィットの高額査定を実現するためにも、是非ともホワイト&ブラック系の人気2カラーをおススメします。

フィットで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

ホンダセンシング
ホンダインターナビ
LEDヘッドライト

フィットの高額査定を実現する上で、是非とも装着しておきたいメーカーオプションが、こちらになります。

フィットの高額査定が期待できる人気オプション・ホンダセンシング

独自の衝突防止システムとして、フィットの安全運転をサポートするホンダセンシングは、多くのグレードで標準装備となっています(グレード名に「ホンダセンシング」と入っています)が、そうでないものについては、安全に対する信頼性がフィットの買取査定にプラスとなるため、つけておくといいでしょう。

フィットの高額査定が期待できる人気オプション・ホンダ インターナビ

ホンダ インターナビは、工場でフィットを製造する際、一緒に作りつける(ビルトイン)だけあって、その一体感は高いデザイン性を生み出しています。

その人気から、フィットの買取査定時に大きなプラスとなりますが、いかんせんオプション料金が高いため、予算に余裕があればつけておきたいオプションとしておススメします。

フィットの高額査定が期待できる人気オプション・LEDヘッドライト

LEDヘッドライトはフィットの目元をシャープに演出し、昼夜を問わずその視認性を向上させることからセーフティドライブの強い味方となっています。

その経済性(省エネ&長寿命)も合わさって人気が高く、こちらも買取査定のプラスとなるため、つけておくといいでしょう。

フィットの高額査定を実現し、自分で乗る時の満足感を高めるためにも、これらのメーカーオプションを活用したいところです。

フィットの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

プレミアムイエロー・パールⅡ
ルナシルバー・メタリック

せっかく愛車のフィットを売ったのに、その査定金額が安かったら残念ですよね。

買取査定がダウンしてしまう要素の一つとして、ボディカラーが挙げられます。

先ほど「ホワイト&ブラック系の人気2カラーは買取査定が高い!」と紹介しましたが、それは裏を返すと「それ以外のカラーは相対的に買取査定が低い」という事に他なりません。

その中でも、個性的すぎる突飛なカラーや、地味(≠シック)なカラーは「無難」「定番」を好み、「周囲から浮いてしまうこと」を嫌う日本人から敬遠されてしまいがちで、フィットのボディカラーにもあまり選ばれません。

つまり、中古車買取店としても「売れ残ってしまうリスク」が脳裏をよぎるため、そのカラーのフィットを高額査定してくれないことが多いのです。

ホワイト&ブラック系の人気2カラーと比べて、その金額差は10万~30万円

……という話を、フィットの購入を検討している知人にしたところ、

「そんなのつまらない!せっかくカラフルな(12カラーが用意されている)フィットなんだから、好きなカラーを選びたい!」

という反応がありましたが、それもそうだと(個人的には)思います。

なので、この辺りは「楽しみをとるか、お得(高額査定)を選ぶか」の取捨選択となります。

修復歴による査定の減額

フィットの査定がダウンしてしまう修復歴

フィットの買取査定がダウンしてしまう要素としては、「修復歴」も見逃せません。

要するに「過去に大きな修復・修理をした≒事故を起こした履歴」です。

たとえ完璧のピッカピカに修復したとしても、何となく縁起が悪いし(日本人に特有の心理だそうです)、もしかしたら、どこかに致命的なダメージが隠れているかも知れない。

そう思うと、いくら安くても購入をためらってしまう心理は、共感してもらえるかと思います。

ですから、当然あなたのフィットも(もし修復歴があれば)査定相場が大きくダウンしてしまうのです。

5年以内の売却でフィットの査定相場を調べてみたところ、修復歴の有無による査定相場には30万~50万円以上の金額差がでていました。

一瞬の油断で、数十万円の大損害。

あなたのフィットはそんな事にならないよう、日頃からセーフティドライブを心掛けることをおススメします。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

フィットの査定に影響するモデルチェンジ

フルモデルチェンジやマイナーチェンジなど、モデルチェンジはフィットの査定相場に大きな影響を与えます。

フィットの内外装やエンジン等の仕様に大々的な変更を加えるフルモデルチェンジや、フルモデルチェンジまでは行かなくても、一部改良とは違って内外装やエンジン等を大きめに更新するマイナーチェンジは、フィットのデザインやスペック、乗り心地や使い勝手などを大きく変えてしまいます。

その結果ユーザーの人気が動くため、新旧フィットの査定相場に大きな落差が生じるのです。

つまり、モデルチェンジのタイミングを逃してしまうと、フィットの売却で損してしまうリスクがあるのです。

モデルチェンジによって旧モデルとなってしまったフィットの査定相場が下がり始めるのは、モデルチェンジの入るおよそ3ヶ月前からです。

モデルチェンジの情報は事前から出てくる&調べられるので、いざその時にあわてないよう、日頃から意識を高めアンテナを張っておきましょう。

輸出によるフィットの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

【ガソリン車の輸出相場による底値】
現行(2013年9月~)
1,300㏄ 50万~100万円
1,500㏄ 30万~50万円
2代目(2007年10月~)
新車登録から5年以内 30万~50万円
新車登録から5年超過 5万~15万円
初代(2001年6月~)
1.5S(MTのみ) 5万~15万円
それ以外 5万円前後廃車
【ハイブリッド車の輸出相場による底値】
現行(2013年9月~) 50万~100万円
初代(2010年10月~) 15万~30万円

過走行や修復歴など、国内市場では敬遠されてしまいがちなコンディションのフィットであっても、海外市場に出すことが出来れば、上記の底値(輸出相場)で買い取って貰えるチャンスがあります。

が、一つご注意を。

フィットを輸出相場に出すためには、ディーラーではなく買取店に持っていく必要があります。

ディーラー下取りに出すと「価値ゼロ円」どころか「処分手数料」まで取られてしまいかねない状態のフィットでも、買取店だったら上記の底値で査定して貰えるチャンスが残っています。

ですから、「どうせ、年式が古いから……」「どうせ、過走行だから……」などと諦めずに、まずは買取店にフィットを査定して貰いましょう。

フィットの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

フィットの査定相場とリセールバリューデータ

ここでは、当サイトが業者オークションデータを元に独自査定したフィットの査定相場とリセールバリュー推移をまとめています。

皆さんがフィットを売却するタイミングの参考にしてください。

現行型フィットの査定相場(2018年7月査定)

現行型フィットの査定相場とリセールバリュー

2013年9月~販売中

フィット13G・F/色:白黒/修復歴なし/新車価格142.8万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 115万円 80.5% 93万円
2017年 1.0万キロ 98万円 68.6% 74万円
2016年 1.9万キロ 85万円 59.5% 69万円
2015年 3.0万キロ 72万円 50.4% 57万円
2014年 4.6万キロ 60万円 42.0% 42万円
2013年 5.6万キロ 51万円 35.7% 31万円

現行型フィットの査定相場は当年モデルから10万~15万円前後/年ペースで下落していきますが、5年落ちでは下げ幅が10万円を切るなど、次第に緩やかになる傾向が見られます。

3年落ちリセールバリューは50.4%と普通乗用車の平均値(50%~55%)内に収まっており、フィットは標準的な査定相場のクルマと言えるでしょう。

2代目フィットの査定相場(2018年7月査定)

2代目フィットの査定相場とリセールバリュー

2007年10月~2013年9月生産モデル

フィットG/色:白黒/修復歴なし/新車価格123.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2013年 4.8万キロ 28万円 22.7% 16万円
2012年 6.6万キロ 26万円 21.1% 13万円
2011年 7.2万キロ 21万円 17.0% 5万円
2010年 8.3万キロ 18万円 14.6% 2万円
2009年 9.0万キロ 12万円 9.7% 1万円
2008年 10.6万キロ 9万円 7.3% 1万円以下
2007年 11.3万キロ 6万円 4.8% 1万円以下

2013年9月のフルモデルチェンジによって型落ちした2代目フィットの査定相場は大きく低下、5年落ち(2013年式)時点で新車価格の1/4を割り込む心細さです。

しかし、現行型フィットに比べて査定相場の下落は小さく、概ね5万円前後/年ペースで推移しているため、自分の都合に合わせてフィットの売却時期に融通を利かせやすいでしょう。

現行型フィットハイブリッドの査定相場(2018年7月査定)

2代目現行型フィットハイブリッドの査定相場とリセールバリュー

2013年9月~販売中

フィットハイブリッド F/色:白黒/修復歴なし/新車価格181.5万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 151万円 83.1% 130万円
2017年 1.0万キロ 118万円 65.0% 102万円
2016年 2.0万キロ 107万円 58.9% 97万円
2015年 3.0万キロ 99万円 54.5% 86万円
2014年 3.9万キロ 86万円 47.3% 73万円
2013年 5.3万キロ 77万円 42.4% 64万円

フィットハイブリッドの査定相場は、当年モデルから1年落ちの落差約30万円を除いて10万円前後/年の穏やかな値動きを示しており、3年落ちリセールバリューは平均値の上方を示しています。

また、このデータは年式相応の走行距離(1万キロ/年ペース)で算出していますが、過走行であっても海外市場でのニーズから、先ほどの輸出相場によって50万円以上の底値があるため、きちんと乗れる状態であれば、安心して売り時を見計らえます。

初代フィットハイブリッドの査定相場(2018年7月査定)

初代フィットハイブリッドの査定相場とリセールバリュー

2010年10月~2013年9月生産モデル

フィットハイブリッド ベースグレード/色:白黒/修復歴なし/新車価格159.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2013年 4.7万キロ 49万円 30.8% 38万円
2012年 6.2万キロ 37万円 23.2% 26万円
2011年 7.0万キロ 29万円 18.2% 13万円
2010年 8.2万キロ 22万円 13.8% 6万円

初代フィットハイブリッドの査定相場は現行型に比べて値動きが5万~10万円前後/年となだらかになっており、こちらもフィットハイブリッドの売却時期選択に余裕を持たせてくれるでしょう。

5年落ちで新車価格の約3割、8年落ちで新車価格の1/8近くに落ち込んでいるものの、輸出相場によって底値が堅く、10万キロ以上走り続けても15万円程度の査定相場が見込めます。

ところで、表の右端にフィット&フィットハイブリッドをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、いずれも買取店での査定相場に比べて約5万~20万円前後安いのが分かります。

例えば、2代目フィットの2007年式(11年落ち)だとその差額は約5万円、これくらいなら「諸手続きの代行コスト(便利料)」と考えてもいいかも知れませんが、少しでもおカネを残したいのであれば、面倒がらずに買取店でも査定して、両者の見積もりを天秤にかけた方がいいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

11年落ち&22万キロ?古い・過走行のフィットでも売れるのか?

古くても過走行でも、フィットは売れるのでしょうか。

ここでは、業者が利用しているオークションの実データから、旧年式&過走行のフィットを1台ピックアップ。

合わせて中古車市場トレンドも分析し、フィットの査定相場が残る可能性について検証していきます。

フィットの過走行車でも査定相場が残っているか?
2007年式 2代目フィットG 222,000㎞ ホワイトパール 修復歴あり  7万円

今回は11年落ち&22万キロ走行&修復歴ありの2代目フィットGを査定したところ、7万円の査定相場が残っていました。

内容は「前クロスメンバー凹み」「室内すれ&汚れ&ドア内張キズ」「シートしみ」と結構くたびれた感じですが、きちんと走れる状態であれば、輸出相場の底支えによって査定相場が残ることを立証してくれています。

ただ、中には査定相場が残らない=廃車同然のフィットも少なからずあり、2代目フィットの明暗を分ける(査定相場の残りやすい)ポイントをこちらにまとめました。

ボディカラーはパールホワイト&ブラックが有利
走行距離は15万~16万キロを超えた辺りから厳しくなってくる
年式は不問(2代目フィット生産開始の2007年式まで大丈夫)
4WDよりも2WDの方が有利

もちろん、上記の条件を満たしていても、残念ながら廃車同然の査定相場しか残らないフィットも存在しますが、少なくとも表面的なデータだけでほぼ問答無用に「ゼロ円」査定してしまうディーラー下取りよりは査定相場が残る可能性があります。

なので、ディーラー下取りで「これじゃ値段がつきません」「他店(の査定)に持っていくだけムダ足ですよ」等と言われても、鵜呑みにしないで買取店でも査定して貰い、納得してからフィットを手放すようにしましょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら