あなたのステップワゴンを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

ステップワゴンのガチな査定相場を紹介!

ステップワゴンの無料ネット査定

あなたのステップワゴン、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがステップワゴンの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

ステップワゴンの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のステップワゴンの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

ステップワゴンのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのステップワゴンを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のステップワゴンの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】ステップワゴンの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

ステップワゴンで査定が高くなる組み合わせは?

ステップワゴンの高額査定が期待できる組み合わせ

ステップワゴンで高い査定が出るグレードはコレ!

1.5スパーダ ホンダセンシング
1.5スパーダクールスピリット ホンダセンシング
1.5Gホンダセンシング
4WD

ステップワゴンの中でも、特に高い買取査定の期待できるグレードが、こちらになります。

バックドアをタテ・ヨコに開けられる「わくわくゲート」はじめ、便利で快適な機能が充実した1.5Gホンダセンシングはステップワゴンの中でも売れ筋グレードの一つで、中古車市場でも引き合いが多いため、高額の買取査定が期待できます。

専用フロントグリルやバンパー・スポイラーなど、スポーティな外観でアクティブなユーザーから人気の高い1.5スパーダ ホンダセンシング、更に内外装の充実によりクールさを際立たせた1.5スパーダ クールスピリット ホンダセンシングは、いずれもそのハイグレード感から人気が高く、こちらも高額査定が期待できるグレードとなっています。

また、雪道や悪路などの走行性から一定の需要がある4WDは、販売台数が少ないことから、常に求められている状態にあり、安定した査定相場が期待できます。

ステップワゴンの高額査定を目指すなら、これらのグレードをおススメします。

ステップワゴンで高い査定が出る人気色はコレ!

ステップワゴンの高額査定が期待できる人気カラー

プレミアムスパークルブラック・パール(スパーダ限定)
クリスタルブラック・パール
プラチナホワイト・パール

ステップワゴンのボディカラーで、買取査定時のプラスとなるのはこちらの人気カラーとなります。

落ち着きや重厚さが高級感や信頼感を演出するブラック、そして明るさや清潔さにポジティブな開放感が味わえるホワイトは、安定・安心を求める日本人のセンスにフィットするため、ステップワゴンのボディカラーとしても多く選ばれています。

ステップワゴンの中古車市場を調べてみると、ブラック・ホワイト系の人気2カラーとそれ以外のカラーで、ステップワゴンの査定相場に10万~30万円の差額が出ていました。

カラー選び一つで、ステップワゴンの買取査定がこれだけ違って来ます。

たかがカラー、されどカラー。

ステップワゴンの高額査定を目指すなら、ブラック&ホワイト系の人気2カラーの選択をおススメします。

ステップワゴンで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

LEDヘッドライト
ホンダインターナビ
マルチビューカメラシステム(スマートパーキングアシストシステム等)
リアエンターテインメントシステム
両側パワースライドドア

ステップワゴンの高額査定を目指す上で、おススメしたいメーカーオプションがこちらになります。

ステップワゴンの目元をクールに演出するLEDヘッドライトは、その視認性(明るさ)と経済性(省エネ&長寿命)から人気も高く、買取査定時もプラス効果が期待できるため、おススメしたいオプションの一つです。

ステップワゴンの高額査定が期待できる人気オプション・ホンダインターナビ

ホンダインターナビは、ステップワゴンと一緒に工場で作りつけるだけあって、抜群のフィット感とデザイン性に高い人気があるため、こちらも買取査定アップが見込めますから、おススメします。

ステップワゴンの高額査定が期待できる人気オプション・マルチビューカメラシステム

ステップワゴンを停める時やバックで出庫する時、その死角をなくす視界を確保できるマルチビューカメラシステムは、安全性を飛躍的に向上させる事から人気も高く、高額査定を目指す上ではもちろん、自分で乗る上でも是非ともつけておきたいところです。

ステップワゴンの高額査定が期待できる人気オプション・リアエンターテイメントシステム

後部座席に独立したモニターをつけて、長距離のドライブでも同乗者が快適に過ごせるリアエンターテインメントシステムは、アクティブなユーザーから人気が高く、ファミリー層での利用が多いステップワゴンには、自分で乗る上でもつけておきたいオプションです。

ステップワゴンの高額査定が期待できる人気オプション・両側パワースライドドア

女性や子供、高齢者でもドアがらくらく開閉できて、挟み込みも防止して安全性も高める両側パワースライドドアは、ステップワゴンのマストアイテム。

多くのステップワゴンで標準装備となっていますが、中にはメーカーオプションとなるグレードもありますから、こちらも是非つけておきたいものです。

これらのメーカーオプションを活用して、ステップワゴンの高額査定を目指しましょう。

ステップワゴンの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

スーパープラチナ・メタリック
ミルクグラス・パール

ステップワゴンの買取査定がダウンしてしまう要素として、ボディカラーが挙げられます。

上記の不人気カラーは、先ほど紹介したブラック・ホワイト系の人気2カラーと比べると、ステップワゴンの査定相場に10万~30万円の差がついてしまいます。

ステップワゴンのお得な売却を考える上では、これらの不人気カラーは外されることをおススメします。

しかし、せっかくの愛車ですから、これらの差額を気にしないで、自分の好きなボディカラーでドライビングを楽しむ、という考え方も、個人的にはアリだと思います。

修復歴による査定の減額

ステップワゴンの査定がダウンしてしまう不人気カラー

事故とか故障・トラブルで修復歴アリとなってしまったステップワゴンは、残念ながら査定相場が大幅にダウンしてしまいます。

ダメージの度合いにもよりますが、元の査定相場が高いステップワゴンほど査定相場のダウンが大きくなる傾向が見られます。

5年以内の売却でステップワゴンの中古車査定相場を調べてみたのですが、修復歴の有無による差額は30万~70万円となっていました。

一瞬の不注意で、数十万円の大損害。

そんな事で泣きを見ないよう、日頃からステップワゴンを大切に乗るようにしましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

ステップワゴンの査定相場に影響するモデルチェンジ

フルモデルチェンジやマイナーチェンジなど、モデルチェンジの前後では、ステップワゴンの査定相場に大きな金額差が生じます。

ステップワゴンの内外装やエンジン等の仕様を大規模に更新するフルモデルチェンジや、フルモデルチェンジよりはやや小規模ながら、一部改良とは違って内外装やエンジン等に大きめの変更が加えられるマイナーチェンジは、ステップワゴンのデザインや性能、乗り心地などを大きく変えてしまいます。

その結果、ユーザーの人気が移り変わって、ステップワゴンの査定相場にも大きな影響を及ぼすことになります。

モデルチェンジにともなってステップワゴンの査定相場が下がり始めるのは、モデルチェンジが行われるおよそ3ヶ月前からです。

「え、そんなの事前にわかるの?」不安な方もいるでしょう。

大丈夫です。

ステップワゴンのモデルチェンジ情報は事前から出てきますし、当サイトやネットでも調べられますから、ステップワゴンをモデルチェンジのタイミングで買い替えたい方は、日頃からアンテナを張っておきましょう。

輸出によるステップワゴンの査定相場の底値は?

ステップワゴンの輸出相場を査定

現行モデル(2015年3月~) 不明
4代目(2009年10月~) 15万~30万円
3代目(2005年5月~) 5万円前後
2代目以前は廃車

過走行や修復歴などにより、国内市場では敬遠されてしまうようなコンディションのステップワゴンでも、比較的基準がゆるい(少しくらい汚くても気にしない?)海外市場でなら販売できる可能性もあるため、輸出買取相場に出すことが出来れば、上記の底値で買い取って貰えるチャンスが残されています。

ステップワゴンを輸出買取相場に出すには、ディーラーではなく買取店で査定してもらう必要があります。

ディーラー下取りだと

「こんなの価値ゼロ。むしろ処分手数料払って下さいよ」

と言われてしまうようなステップワゴンでも、買取店だったら上記の底値で買い取って貰える可能性もありますから、「年式が古いから」「距離を走っちゃったから」と諦めないで、まずは買取店で査定して貰いましょう。

10年間のステップワゴンの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

ステップワゴンの査定相場10年推移データ

業者オークションのデータを基に当サイトで独自に査定した、ステップワゴンの査定相場&リセールバリュー推移データです。

皆さんがステップワゴンを売却するタイミングの参考にしてください。

現行型ステップワゴンの査定相場(2018年7月査定)

ステップワゴンの査定相場とリセールバリュー

2015年3月~販売中

1.5スパーダクールスピリットホンダセンシング/色:白黒/修復歴なし/新車価格305.1万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 255万円 83.5% 222万円
2017年 0.8万キロ 250万円 81.9% 213万円
2016年 2.0万キロ 214万円 70.1% 188万円
2015年 2.9万キロ 206万円 67.5% 172万円

現行型ステップワゴンの査定相場は、2017年9月にマイナーチェンジが入っている影響から2016年式との間に30万円以上の落差を生じている以外は、5万~10万円以内の比較的緩やかな下落傾向を示しています。

ステップワゴンのモデルサイクルはこれまで4~6年、マイナーチェンジをもって折り返しとしている事から、次のフルモデルチェンジまではこのまま緩やかに値下がりしていくものと予測されます。

ところで、3年落ち(2015年式)のリセールバリューは67.5%となっており、普通自動車の平均値3年落ちリセールバリュー平均値(50~55%)を上回っている事から、ステップワゴンは優秀な数値と言えるでしょう。

4代目ステップワゴンの査定相場(2018年7月査定)

4代目ステップワゴンの査定相場とリセールバリュー

2009年10月~2015年3月生産モデル

ステップワゴンG Eセレクション/色:白黒/修復歴なし/新車価格239.7万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2015年 3.5万キロ 111万円 46.3% 92万円
2014年 4.1万キロ 110万円 45.8% 89万円
2013年 4.9万キロ 107万円 44.6% 84万円
2012年 5.9万キロ 103万円 42.9% 81万円
2011年 6.9万キロ 76万円 31.7% 57万円
2010年 8.2万キロ 58万円 24.1% 39万円
2009年 9.1万キロ 45万円 18.7% 24万円

フルモデルチェンジによって一代型落ちとなった4代目ステップワゴンのリセールバリューは、3年落ち時点で50%を割り込み、モデルチェンジが査定相場に与える影響の大きさがわかります。

その後は2012年4月(4WDは5月)のマイナーチェンジまで40%台を維持しており、ステップワゴンの底堅さを感じさせるものの、マイナーチェンジ以前の査定相場は約15万~30万円前後/年ペースで下落していきます。

この時の下落幅は高年式ほど大きいため、このタイミングを過ぎた場合は、急いで売却すると相対的な損失額が大きくなりやすいでしょう。

3代目ステップワゴンの査定相場(2018年7月査定)

3代目ステップワゴンの査定相場とリセールバリュー

2005年5月~2009年10月生産モデル

ステップワゴンG/色:白黒/修復歴なし/新車価格207.9万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2009年 9.5万キロ 29万円 13.9% 4万円
2008年 10.1万キロ 17万円 8.1% 2万円
2007年 11.0万キロ 10万円 4.8% 1万円
2006年 12.2万キロ 7万円 3.3% 1万円以下
2005年 12.9万キロ 5万円 2.4% 1万円以下

3代目ステップワゴンの査定相場代目ステップワゴンの査定相場は更に落ち込み、10年落ちとなった2008年式のリセールバリューは10%を割り込んでいます。

ここまで来たら、輸出相場の5万円前後に落ち着くまで、とことん乗り倒して元をとっても、あるいは少しでもおカネを作るために好きなタイミングで売っても、大きな損はしないでしょう。

ところで、ここまで表の右端にステップワゴンをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店による査定相場と比べると、現行:約30万~35万円/4代目:約20万~25万円前後/3代目:約5万~25万円前後の金額差が見られます。

これはディーラーがマニュアルによってステップワゴンを機械的に査定、人気カラーやオプション等を考慮しないために生じるもので、せっかく高く売れる条件が揃ったステップワゴンでも、非情に「査定金額ゼロ円」などと判断しかねません。

これらの金額差を「手続きもろもろ全部やってくれる便利コスト」と割り切れるお金持ちは別にいいのでしょうが、より高く査定して欲しい方は、面倒でもディーラーに丸投げせず、買取店でも査定して貰った方がいいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

11年落ち&15万キロ?古い・過走行のステップワゴンでも売れるのか?

ステップワゴンは、古くて過走行でも売れるのでしょうか。

ここでは、業者オークションを調査して旧年式&過走行のステップワゴンをピックアップ、査定相場が残る可能性について検証していきます。

3代目ステップワゴンの過走行車を査定
2007年式 3代目ステップワゴンG LSパッケージ 156,000㎞ パールホワイト 修復歴なし  7万円

今回は走行距離15.6万キロ/ホワイトパール/修復歴なしの3代目ステップワゴンに7万円の査定相場が残っていました。

状態は「下回りサビ」「外装キズ・凹み」「シートしみ多」など、あまりよくないものの、国内流通メインとは言え輸出相場による底値もあり、5万円前後のおカネを残せるのはありがたいです。

とは言え、ここまで古く、過走行だと廃車同様の査定しかつかないものも多いため、業者オークションを調査した結果、3代目ステップワゴンの査定相場の残りやすい傾向についてまとめました。

年式(10年落ち以降):11年~12年落ち辺りだと約4~5割の車両に査定相場が残る
走行距離(10万キロ以上):11万~12万キロ辺りでは約4~5割の車両に査定相場が残る
ボディカラー:パールホワイト&ブラックが有利
駆動:4WDよりも2WDの方が有利

もちろん、これらの条件を満たしていても査定相場が残らないステップワゴンも少なくありませんが、少なくともディーラー下取りでマニュアル的に査定され、

「(今回の例では)11年落ちの走行距離15万キロなんてステップワゴンじゃ、とても値段がつきません。本当なら廃車手数料がかかるのですが、特別にサービスしてあげます」

的な事を言われて本当は7万円が手に入ったところを、恩着せがましく(?)ゼロ円なんて結末よりは可能性が持てますので、面倒でもディーラーに丸投げせず、買取店でも査定してもらってから判断した方がいいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら