あなたのコペンを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

コペンのガチな査定相場を紹介!

コペンの無料ネット査定

あなたのコペン、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがコペンの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

コペンの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のコペンの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

コペンのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのコペンを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定の利用実例」として車両情報と車の画像をサイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のコペンの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

コペンの無料ネット査定の事例とご利用者の口コミ

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

コペンで査定が高くなる組み合わせは?

コペンの高額査定が期待できる組み合わせは?

コペンで高い査定が出るグレードはコレ!

セロ
セロS
MT車

ダイハツ コペンの高額査定を目指すなら、購入時のグレード選びが重要です。

コペンには「ローブ」「エクスプレイ」「セロ」の3タイプが、それぞれ無印とSに分かれた計6グレードが用意されていますが、その中でも残価率(購入価格に対する査定相場≒お得の度合い)の高い「セロ」と「セロS」が、高額査定に有利なのでおススメします。

セロは長らくコペンのトレードマークだった丸目ヘッドランプはじめ、生産終了前(2002年~2012年)のスタイルを復刻したグレードで、角型ヘッドランプの他グレードよりも査定相場で10万~15万円以上の差をつけていることから、クラシカル・スタイルに対するユーザーの根強い人気がわかります。

ただ、他のグレードもセロに負けず高めのリセールバリューを示しており、これから紹介するテクニックを駆使することで高額査定を十分に狙えますから、お好みのグレードを選んでも差支えありません。

そして、各グレードにはマニュアル(MT)とオートマ(CVT)が用意されていますが、スポーティスタイルのコペンはアクティブなドライビングを楽しみたいユーザーが多く、MT車の高い人気が査定相場に反映されています。

これらのグレード/仕様を選んで、コペンの高額査定を目指しましょう。

コペンで高い査定が出る人気色はコレ!

コペンの高額査定が期待できる人気カラー

パールホワイトⅢ(※1、2)
ブラックマイカメタリック
【オプション料金】
※1:ローブ、セロ(共にS含む)のオプション料金は21,600円
※2:エクスプレイ(S含む)のオプション料金は64,800円

ダイハツ コペンの高額査定を目指すなら、コペンの第一印象≒人気≒査定相場を大きく左右するボディカラーの選択も軽視できないポイントです。

清潔感と開放感で明るい気持ちになれるホワイト、重厚感と高級感で落ち着きと信頼を与えてくれるブラックは、昔から定番の人気カラーで、コペンのボディカラーにも多く選ばれているため、高額査定が期待できます。

中古車市場を調べると、ホワイト&ブラックの人気カラーと他カラーでは、コペンの査定相場に10万~30万円以上の金額差がついていますから、特にこだわりがなければ、ホワイト&ブラックの人気カラーをおススメします。

コペンで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

ダイハツ コペンを新車で買うなら、後から買えないメーカーオプションを自分で選べるため、高額査定のチャンスが一つ増やせることになります。

とは言え、やたらにつければいいモノではなく、ここでは管理人が厳選したメーカーオプションを紹介します。

BBS製鍛造16インチアルミホイール(コペン専用デザイン)

コペンの高額査定が期待できる人気オプション・16インチアルミホイール

コペンの足回りをよりスポーティに演出し、高強度・軽量化によって燃費とハンドリングを向上させるアルミホイールの中でも、世界最高水準の技術を誇るBBS製鍛造16インチアルミホイール。

オプション料金以上とはいきませんが、買取査定のプラスが期待できるため、予算に余裕があればつけておくといいでしょう。

コペンの高額査定を目指すなら、こうしたメーカーオプションにも意識を向けることでより有利となります。

コペンの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

コペンの査定ダウンにつながる不人気カラー

ブライトシルバーメタリック(全グレード共通、※3)
リキッドシルバーメタリック(ローブ、セロのみ、※4)
【オプション料金】
※3:エクスプレイ(S含む)のオプション料金は54,000円(ローブ、セロは無料)
※オプション料金は32,400円

先ほど「人気カラーのコペンは査定相場アップ」と紹介しましたが、逆に言えば「不人気カラーのコペンは査定相場ダウン」という事になります。

ダイハツ コペンで、特に高額査定の不利となるボディカラーは上記のシルバー系

そう聞いて「マニアックなカラーならともかく、あんなにいっぱい走っているのに?」と疑問を持つ方も多いでしょうが、新車購入時では人気の高いシルバー系も、中古車市場ではユーザー層の若年化によって人気が低下してしまうのです(若者は、渋いカラーを好まない傾向が強いです)。

先ほどの人気カラーと比べて、コペンの査定相場に10万~30万円の落差が生じていますから、よほどのこだわりがない限り、これらのカラーは避けた方が無難です。

修復歴による査定の減額

スペーシアの査定ダウンにつながってしまう修復歴

事故などのトラブルによってフレーム(骨格)部分の修理・交換が必要な状態を「修復歴」と言いますが、修復歴があるダイハツ コペンは、無傷のコペンに比べて査定相場が大きくダウンしてしまいます。

ダメージの大小にもよりますが、中古車市場を調べると、修復歴の有無でコペンの査定相場に30万~50万円以上の金額差が出ていました。

更にフレーム修理もしなくてはならず、その費用10万~50万円以上と合わせて合計40万~100万円以上の大損害となってしまいます。

あなたのコペンはそんな事にならないように、日頃からセーフティドライブを実践しましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

コペンの査定相場に影響するモデルチェンジ

一般的に、モデルチェンジはダイハツ コペンの査定相場に大きな影響を与えますから、売却を検討する大きなタイミングとなるでしょう。

(※モデルチェンジはフルモデルチェンジ>マイナーチェンジに大別され、その大小がコペンの査定相場に比例。実質的なフルモデルチェンジとなった2012年⇒2014年では、コペンの査定相場に30万~40万円の差額を生じました)

しかし、現状において今後コペンにモデルチェンジが入る見通しは立っておらず、そのまま絶版になる懸念もあります。

ただ、モデルチェンジが入る可能性もまったくゼロではないため、事前にコペンのモデルチェンジ情報が入ったら、コペンの査定相場が下がり始めるモデルチェンジの3か月前ごろにはコペンを売却できるようにしましょう。

輸出によるコペンの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

現行 2代目(2014年6月~) 5万円~30万円
初代(2002年6月~2012年8月) 5万円~30万円

過走行や修復歴など、国内市場では敬遠されてしまうようなダイハツ コペンでも、海外市場でニーズが開拓できれば、上記の輸出買取相場(底値)で買い取って貰えるチャンスがあります。

ちなみに、コペンを輸出買取相場に出すためには、ディーラーではなく買取店で査定してもらう必要があります。

ディーラー下取りでは「ゼロ円+処分手数料」と言われてしまうようなコペンでも、買取店なら状態によっては5万~30万円で買い取ってくれるかも知れないので、「どうせダメだろう」と早まらないで、買取店で査定してもらうようにしましょう。

もちろん、コペンの査定相場は状態次第で大きく変わるため、完全に動かないようなコンディションでは底値を割ってしまう(=廃車)危険性もあるため、少しでも査定相場を残せるよう、日頃からコペンを大切に乗りましょう。

10年間のコペンの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

コペンの査定相場と残価率

実際の業者オークションからピックアップした、コペンのリアルな査定相場です。

残価率なども合わせて載せていますので、皆さんがコペンを売却するタイミングのご参考にどうぞ。

現行型(2代目)コペンの査定相場(2018年8月査定)

現行型(2代目)コペンの査定相場と残価率

2014年6月~販売中

コペン ローブ/型式:LA400K/色:白黒/修復歴なし/新車価格185.2万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 –万キロ –万円 –% 122万円
2017年 0.4万キロ 162万円 87.4% 109万円
2016年 1.5万キロ 148万円 79.9% 96万円
2015年 2.9万キロ 137万円 73.9% 84万円
2014年 3.9万キロ 121万円 65.3% 71万円

現行型(2代目)コペンの査定相場と残価率を、年式別にまとめました。

今回の業者オークション調査では2018年式のコペンが取引されていませんでしたが、査定相場の下落傾向とディーラー下取り相場との差額から推定して、175万円(残価率約94%)前後と考えられます。

他にはモデルチェンジ等の大きな変動要因もないため、次にモデルチェンジがあるまでは、このまま年式相応の値下がり推移が予測されます。

初代コペンの査定相場(2018年8月査定)

初代コペンの査定相場と残価率

2002年6月~2012年8月生産モデル

コペン アクティブトップ/型式:L880K/色:白黒/修復歴なし/新車価格169.5万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2012年 6.4万キロ 79万円 46.6% 53万円
2011年 6.1万キロ 62万円 36.5% 49万円
2010年 5.4万キロ 58万円 34.2% 45万円
2009年 8.9万キロ 60万円 35.3% 38万円
2008年 10.5万キロ 23万円 13.5% 12万円
2007年 10.2万キロ 27万円 15.9% 9万円
2006年 16.9万キロ 23万円 13.5% 6万円
2005年 13.1万キロ 21万円 12.3% 3万円
2004年 20.7万キロ 9万円 5.3% 1万円
2003年 16.9万キロ 9万円 5.3% 0万円
2002年 18.0万キロ 8万円 4.7% 0万円

初代コペンの査定相場と残価率を、年式別にまとめました。

約2年間の断絶を隔てた実質的なフルモデルチェンジにより、旧型モデルとなった初代コペンの査定相場は大きく下がっています。

初代コペンの査定相場を年式で追っていくと、査定評価点の差などによって時おり若干の反発が散見されるものの、全体的にはそのまま下落していきます。

そんな中、2008年と2004年に査定相場が大きく下がりながら、それから数年間横ばい状態になる「相場の棚」があり、この期間は走行距離や状態による査定相場への影響がごく小さくなります。

ところで、表の右端にコペンをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べて5万~15万円以上、現行型(2代目)コペンでは50万円以上の差額が出ています。

これはディーラーが既定のマニュアルだけで(人気カラーやオプション等は考慮せず)査定するためで、ディーラー査定を鵜呑みにすると、最大50万円以上損してしまう危険性を意味しています。

これだけの金額ですから、一度は買取店で査定してもらい、コペンの適正な査定相場を理解してから賢く売却したいものです。

買取店へ査定してもらうならこちら

コペンは事故現状車でも売れるのか?

2002年6月のデビューから15年以上にわたるロングセラーのコペンですが、低年式(10年落ち超)や過走行(走行距離10万キロ超)、あるいは修復歴があっても査定相場が残るのでしょうか。

そこで、ここでは業者オークションを調査して低年式&過走行かつ修復歴ありの初代コペンをピックアップ。

コペンの査定相場が残る傾向について分析していきます。

低年式&過走行&修復歴ありの初代コペンに査定相場は残るか?
14年落ち 初代コペン アクティブトップ 28.7万キロ ホワイトパール 修復歴あり
  9万円

このコペンは「後ろインナー凹み」「下廻りサビ」「外装うすい線キズ」「シート破れ・汚れ」「室内汚れ」「左後ろパワーウィンドウ不良」など、年式相応にかなりくたびれた状態ですが、それでも輸出相場に支えられ、9万円の底値(査定相場)が残っていました。

今回の調査では、業者オークションに流通していたコペン500数十台の内、査定相場が残らなかったのはいずれも不動車の3台きり(不動車でも査定相場が残っているコペンもあります)。

まともに動く限り、コペンは年式・走行距離にかかわらず、輸出相場によって5万~30万円の底値が残ることが確認されました。

その中でも、より高く査定相場の残りやすい傾向について、以下にまとめます。

ボディカラーはホワイトパール&ブラックが有利
グレードは丸目ヘッドランプのセロが有利
CVT(オートマ)よりも5MT(マニュアル)が有利
※ただし、不動車でないことが前提

しかし、ディーラー下取りに出すと低年式や過走行、修復歴を理由に大幅減額されたり、最悪「ゼロ円&処分手数料」と言われてしまうかも知れません。

そんな時、何も知らないで鵜呑みにしては大損なので、一度は買取店で査定してもらい、コペンの適正な査定相場を把握しておきましょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら