あなたのタントを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

タントのガチな査定相場を紹介!

タントの無料ネット査定

あなたのタント、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがタントの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

タントの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のタントの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

タントのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのタントを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のタントの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】タントの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

タントで査定が高くなる組み合わせは?

タントの高額査定が期待できる組み合わせ

タントで高い査定が出るグレードはコレ!

【タント】

X SAⅢ
【タントカスタム】
全グレード(特にX、X SAⅢ)

ダイハツ タント/タントカスタムの高額査定を狙うなら、購入時のグレード選びは重要ポイントとなります。

そこで、管理人は独自調査の結果として、こちらのグレードをおススメします。

タントは家庭の買い物用セカンドカーとしての需要が高く、両手に荷物がいっぱいでもドアの開閉ができるキーフリーシステムが装備され、かつ価格も手ごろな中間グレードのX系に人気が集中。それに比例して、査定相場も高くなっています。

タントカスタムは全体的に高リセール(購入価格に対する査定相場≒お得の割合)なので「全グレード」どれでもおススメできますが、中でも初期費用の安い最下級グレードのX系(タントはその下にLがある)が、買い替えに有利なグレードとしておススメします。

これらのグレード選びに意識して、タント/タントカスタムのお得な売却を目指しましょう!

タントで高い査定が出る人気色はコレ!

タントの高額査定が期待できる人気カラー

☆パールホワイトⅢ (料金27,000円
☆ブラックマイカメタリック

ダイハツ タント/タントカスタムのボディカラーは、タントの第一印象≒人気≒査定相場を大きく左右するので、その選択が重要なポイントとなります。

管理人は長年の経験から上記2カラーをおススメします。

無難・定番を好む日本人の感性にフィットするホワイトとブラックは鉄板の人気≒査定相場を誇り、他カラーと比べて10~30万円以上の査定金額差が出ていますから、タント/タントカスタムの高額査定を有利に進めることができます。

【注意】同じホワイトでも、パールでないただの「ホワイト」もあり、こちらはパールホワイトⅢに比べて査定相場アップが弱いため、注意して下さい。

タントで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

☆パワースライドドア(両側)
☆LEDヘッドランプ

ダイハツ タント/タントカスタムを新車で買うなら、高額査定のチャンスが一つ増えることになります。

ダイハツの工場でタント/タントカスタムを製造する時、一緒に作りつけるメーカーオプションを自分で選べるからです。

と言っても、やたらと付ければよい訳ではなく、ここでは管理人が上記の2つを厳選・おススメします。

タントの高額査定が期待できる人気オプション・パワースライドドア

買い物や家族の送迎に活躍するタント/タントカスタムは、ドアを楽&安全に開閉できるパワースライドドアを両側(片側は標準装備)につけることで、その利便性が飛躍的に高まり、人気に比例して査定相場アップが期待できます。

タントの高額査定が期待できる人気オプション・LEDヘッドランプ

LEDヘッドランプはその安全性(明るさ、オートレベリング機能)と経済性(省エネ&長寿命)から人気が高く、こちらもタント/タントカスタムの高額査定にプラスが期待できるため、おススメのオプションです。

これらのメーカーオプションも活用して、タント/タントカスタムの高額査定をより有利にしていきましょう。

タントの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

【タント/タントカスタム共通】
↷ ブライトシルバーメタリック
↷ プラムブラウンクリスタルマイカ(料金27,000円

先ほど「ボディカラーはダイハツ タント/タントカスタムの査定相場に大きな影響を及ぼす」という話をしましたが、その影響がマイナスに出ることもあり、選択を誤るとタント/タントカスタムの査定相場が大きくダウンしてしまう事もあります。

新車購入時には人気の高いシルバー系ですが、中古車市場ではユーザー層の低年齢化によって人気≒査定相場がダウンしてしまいます(若者は、あまり渋いカラーを好まない傾向が見られます)。

タント/タントカスタムのコンセプトである「かわいい」「かっこいい」のどちらにも中途半端なプラムブラウンクリスタルマイカは、虻蜂取らずで結果的に人気が低く、更にオプション料金27,000円が初期費用にかさんでリセール上も不利となってしまいます。

先ほど紹介したホワイト&ブラックの人気カラーと比較して、10~30万円以上のマイナスとなってしまいますから、タント/タントカスタムの高額査定を目指すなら、これらのボディカラーは避けた方がいいでしょう。

修復歴による査定の減額

タントのマイナス査定となってしまう修復歴

ぶつけたり、壊したりなどで「修復歴あり」となったダイハツ タント/タントカスタムは、無傷のタント/タントカスタムと比べて買取相場が30~50万円以上もダウンしてしまいます。

一瞬の油断で、30~50万円の大損害(高年式や低走行など、買取相場が高いほど、ダメージは大きくなります)をこうむると思えば、タント/タントカスタムを粗末には乗れなくなりますね。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

タントの査定に影響を与えるモデルチェンジ

モデルチェンジはクルマの査定相場に影響を及ぼしますから、ダイハツ タント/タントカスタムの買い替えを検討するキッカケとなるでしょう。

(※モデルチェンジはフルモデルチェンジ>マイナーチェンジに大別され、規模に比例してタント/タントカスタムの査定相場に影響します)

過去データを見ると、モデルチェンジの前後では、タント/タントカスタムの査定相場に5万~10万円前後の金額差をもたらしています。

つまり、モデルチェンジのタイミングを逃すと、タント/タントカスタムの売却でそれだけ損をするリスクがあるのです。

モデルチェンジの影響でタント/タントカスタムの査定相場が下がり始めるのは、モデルチェンジの入る3ヵ月くらい前からと言われています。

なので、事前にモデルチェンジ情報をつかんだら、モデルチェンジが入る3か月くらい前にはタント/タントカスタムを売れるようにしたいものです。

輸出によるタントの査定相場の底値は?

タントの輸出相場を査定

【タント】
現行(2013年10月~) 不明
2代目(2007年12月~) 5万~15万円
初代(2003年11月~) ほぼ廃車5万円前後
【タントカスタム】
現行(2013年10月~) 不明
2代目(2007年12月~) 15万~30万円
初代(2005年6月~) 5万円前後

過走行や修復歴により、国内市場では敬遠されてしまう状態のダイハツ タント/タントカスタムでも、海外市場でニーズを開拓できれば、上記の輸出買取相場(底値)で買い取って貰える可能性があります。

……が、タント/タントカスタムを輸出買取相場で出すには、ディーラーではなく買取店に持っていく必要があります。

ディーラー下取りでは「価値ゼロ&処分手数料」と査定されかねない状態のタント/タントカスタムでも、買取店なら上記の輸出買取相場(5万~30万円程度)で買い取って貰えるチャンスが残っています。

なので、早まって諦めず、ダメ元でもタント/タントカスタムを買取店に持っていくようにしましょう。

ただし、完全に動かないタント/タントカスタムでは、さすがに輸出買取相場でも査定が付かなくなる可能性があるため、日頃からタント/タントカスタムを大切に乗って、少しでも査定相場を残せるようにしましょう。

10年間のタントの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

タントの査定相場10年間推移

ここでは、実際の業者オークションの落札相場をベースに、当サイトで査定したタント/タントカスタムの査定相場推移です。

皆さんがタント/タントカスタムを売却するタイミングのご参考にどうぞ。

現行型タントの査定相場(2018年7月査定)

現行型タントのリセールバリュー

2013年10月~販売中

タント X/色:白黒/修復歴なし/新車価格135.5万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 107万円 78.9% 90万円
2017年 1.4万キロ 88万円 64.9% 79万円
2016年 2.6万キロ 87万円 64.2% 78万円
2015年 3.3万キロ 79万円 58.3% 70万円
2014年 4.2万キロ 74万円 54.6% 66万円
2013年 5.5万キロ 66万円 48.7% 58万円

現行型タントの相場を当サイトで独自に査定、リセールバリューを一覧表にまとめました。

このモデルのマイナーチェンジは2015年12月に入っていますが、軽自動車なので査定相場の落差はほとんど見られず、最初の1年落ち以外は10万円以内の緩やかな下降傾向となっています。

タントのモデルサイクルはこれまで約4~6年、その中間にマイナーチェンジ1回というペースなので、次のフルモデルチェンジまでは、このまま緩やかな値下がりで推移していくでしょう。

2代目タントの査定相場(2018年7月査定)

2代目タントのリセールバリュー査定

2007年12月~2013年10月生産モデル

タント X/色:白黒/修復歴なし/新車価格132.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2013年 4.8万キロ 51万円 38.6% 41万円
2012年 6.6万キロ 49万円 37.1% 35万円
2011年 7.2万キロ 41万円 31.0% 24万円
2010年 8.4万キロ 29万円 21.9% 7万円
2009年 9.1万キロ 16万円 12.1% 6万円
2008年 10.6万キロ 9万円 6.8% 5万円

2代目タントの相場を当サイトで独自査定、リセールバリューを年式ごとにまとめました(2018年7月現在)。

モデルチェンジによる型落ちの影響で、同じ2013年式の同一グレードでも、査定相場に約15万円、リセールバリューに約10%の落差が生じています。

マイナーチェンジ前の2011年式までは緩やかな下落傾向を示していたものの、2010年以降は大きく下落、2008年(10年落ち)時点ではリセールバリューも10%を割り込んでしまいます。

年式が古くなると査定相場の残りにくい軽自動車なので仕方ありませんが、ここまで乗ったら少しでもお金を残すための売却に加え、とことん乗り倒して元を取りつくす選択肢も、検討の価値ありです。

現行型タントカスタムの査定相場(2018年7月査定)

現行型タントカスタムのリセールバリュー査定

2013年10月~販売中

タントカスタム X/色:白黒/修復歴なし/新車価格152.8万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 131万円 85.7% 103万円
2017年 1.3万キロ 117万円 76.5% 98万円
2016年 2.0万キロ 112万円 73.2% 90万円
2015年 2.9万キロ 95万円 62.1% 83万円
2014年 4.4万キロ 90万円 58.9% 78万円
2013年 5.3万キロ 76万円 49.7% 62万円

現行型タントカスタムの相場を当サイトで独自に査定(2018年7月時点)、算出したリセールバリューを一覧表にまとめました。

ここでもタントと同グレードのXを調査しましたが、タントとタントカスタムでは、年式によってはリセールバリューで最大10%以上のアドバンテージが出ています。

タントカスタムはデザイン&装備にこだわるユーザーが多いため、マイナーチェンジで受ける査定相場下落も大きく、2016年から2015年にかけて、15万円以上の落差が生じています。

2代目タントカスタムの査定相場(2018年7月査定)

2代目タントカスタムのリセールバリュー査定

2007年12月~2013年10月生産モデル

タントカスタム X/色:白黒/修復歴なし/新車価格152.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2013年 5.6万キロ 63万円 41.4% 48万円
2012年 6.0万キロ 60万円 39.4% 42万円
2011年 7.0万キロ 51万円 33.5% 38万円
2010年 7.8万キロ 47万円 30.9% 27万円
2009年 8.8万キロ 35万円 23.0% 18万円
2008年 10.0万キロ 31万円 20.3% 7万円

タントカスタムの相場(2018年7月現在)を当サイトで独自査定、リセールバリューを年式ごとにまとめました。

同年式・同グレード(X)のタントと比べると、リセールバリューに最大10%のアドバンテージが生じているため、やはりタントカスタムの方がリセールに有利なことがわかります。

また、先ほどの高年式なタントカスタムに比べて、マイナーチェンジ(2010年9月)の影響も12万円程度と比較的小さく、10年落ちまで乗り倒しても、約20%のリセールバリューが残っていてお得です。

 

ところで、ここまでずっと表の右端にタント/タントカスタムをディーラー下取りに出した場合の査定額を載せていますが、見比べて貰うと判るように、買取店での査定額を大きく下回っています。

この差額を「手続き諸々を一切合切代行してもらう労力コスト」と考えられなくもありませんが、少しでも手元にお金を残したい方は、買取店でも査定して貰ってから、よく比較検討した方がいいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

13年落ち、過走行でもタント/カスタムは売れるのか?

タント/タントカスタムは古くなっても、過走行でも査定相場が残っているのか、以下のタントカスタムを例に見てみましょう。

タントカスタムの過走行車を査定
13年落ち 初代タントカスタムRS 149,000㎞ ブラック 修復歴あり 10
万円

中古車市場を調査したところ、13年落ち&走行距離約15万キロ&修復歴ありの初代タントカスタムでも、約10万円の査定相場が残っていました。

ただし、この条件なら必ずこの価格帯の査定相場が残るという訳ではなく、査定相場の残りやすい主な条件には、以下の傾向が見られました。

車種はタントカスタムが有利
ターボ付きグレードが有利
走行距離は約11万~12万キロ台がリミット
年式は13年落ちまでがリミット

一方、タントのターボ無しグレードで査定相場の残る限界値は、12年落ち/走行距離11万キロ/修復歴なしで5万円前後となっていました。

また、今回の調査でタントカスタムのターボ付きグレードで査定相場の残っていた限界値は、12年落ち/走行距離18.2万キロ/修復歴なしで5万円前後となっています。

決して一般的ではありませんが、これだけ走っていても査定相場が残っている可能性はゼロではありません。

ディーラー下取りでは一緒くたに「もう値段がつかないから、廃車手数料をサービスします」などと言われても、最後まで希望を捨てずに買取店で査定して貰いたいところです。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら