タントの人気グレードを比較!売れ筋のカスタムやグレードの違いを分析、アクセルの踏み間違い防止機能の付いたおすすめも紹介

タントのグレード選びに当たり、迷っている人も多いはずです。特に、

  • カスタムLと標準車Lの違いは?
  • カスタムRSとカスタムX、どっちを買うべき?
  • XとL、お買得なのはどっち?

などが気になるところではないでしょうか。

このページではそんな疑問を解決できるよう、タントの売れ筋グレード同士の装備の違いや価格差が妥当かどうかなどを検証しながら、おすすめのグレードを紹介します。

さらに主要装備について詳しく解説すると同時に、ペダルの踏み間違いによる暴走事故を抑制する「アクセル踏み間違い防止機能」はどのグレードに付いているのかについても紹介!

また当社中古車販売店ならではの、業者オートオークション取引台数から割り出した、売れているグレードの人気ランキングと、2年後のリアルなリセール予測も紹介しているので、タントのグレード選びの参考にどうぞ。

タントのグレード一覧

グレード名価格(円)WLTCカタログ燃費(km/L)
L (スマートアシスト非装着車)1,243,00021.2
L1,331,00021.2
X1,490,50021.2
X ターボ1,589,50020.0
カスタム L1,578,50021.2
カスタム X1,699,50021.2
カスタム RS1,782,00020.0
L (スマートアシスト非装着車) 4WD1,369,50020.2
L 4WD1,457,50020.2
X 4WD1,617,00020.2
X ターボ 4WD1,716,00018.8
カスタム L 4WD1,705,00020.2
カスタム X 4WD1,826,00020.2
カスタム RS 4WD1,908,50018.8
ジュン君
ジュン君

タントのグレード一覧を見ても価格が分かるだけで、グレードの違いや装備は分かりませんね。ここから気になる人気グレードの違いを詳しく説明します!

タントの売れ筋グレードを比較!グレード間の装備の違いと価格差は妥当か?

タントの装備は、ダイハツ発表の公式装備一覧表を基にしています。

カスタムLとLの違い

比較項目カスタム L
装備の違いオートレベリング機能付フルLEDヘッドランプ
LEDドアミラーターンランプ
アダプティブドライビングビーム
価格1,578,500円
比較項目L
装備の違いマニュアルレベリング機能付フルLEDヘッドランプ
オートハイビーム
価格1,331,000円

価格差:カスタムLの方が247,500円高い

タントの2WD車のカスタムLとLの比較です。

カスタム LはLよりも247,500円高価ですが、実質的な装備の差は灯火類の機能に限られます。

価格差のかなりの部分を、後ほど解説する内外装の違いが占めると考えて間違いありません。

コウさん
コウさん

特にニーズの大きい装備を赤字で示したので、以下で解説しよう!

アダプティブドライビングビーム

安全装備 次世代スマートアシスト ADB(アダプティブドライビングビーム) ダイハツ公式

夜間にハイビームで走行中、対向車を検知すると自動で部分的に遮光するヘッドライトです。

対向車への幻惑を防ぎながら、ハイビームならではの視界を確保できる点がメリットになります。

Lに付くオートハイビームは対向車を検知するとロービームに切り替わり、その間視界が低下してしまうので、安全性の面ではアダプティブドライビングビームの方が上です。

オートレベリング機能付フルLEDヘッドランプ

タントのLEDヘッドランプ

daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

カスタム LのフルLEDヘッドランプは、後席に人を乗せたり荷室に重い荷物を積んだ時に、ヘッドランプの光軸の上下方向を自動調整するオートレベリング機能付きです。

Lの場合、手動で光軸調整しなければならないマニュアルレベリング機能なので、利便性に劣ります。

コウさん
コウさん

続いて、カスタム LとLの内外装の違いを解説しよう!

タント カスタム LとLの外装の違い

タントのカスタムLの外装

カスタム L

タントのカスタム Lの外装です。

フロントマスクは吊り目のヘッドランプや大型のフロントグリル、エアロバンパーなどが付き、アグレッシブな雰囲気です。

ボディ側面下部には、サイドストーンガードが付きます。

タントのLの外装

L

タントのLの外装です。

フロントマスクは水平基調のヘッドライトや小振りのフロントグリル、シンプルな形状のバンパーなどにより、マイルドな雰囲気となっています。

ボディ側面下部にサイドストーンガードは付かないため、良くも悪くもプレーンなイメージです。

タント カスタム LとLの内装の違い

タントのカスタムLの内装

カスタム L

タントのカスタム Lの内装です。

色はブラック基調で、シート表皮はフルファブリックとなります。

インパネセンターシフトにはメッキボタンとメッキ加飾が付くほか、エアコンレジスターノブやドアハンドルもメッキ仕上げです。

全体的に、精悍かつ上質な雰囲気が感じられます。

 

タントのLの内装

L

タントのLの内装です。

色はグレー基調で、シート表皮は撥水加工が施されたファブリックとなります。

カスタム Lと異なり各所にメッキ処理は施されていないため、質素な雰囲気です。

コウさん
コウさん

カスタム Lは内外装がLよりも上質に仕立てられているが、247,500円も高いので割高感は否めない。自分ならアダプティブドライビングビームなどの機能は諦め、お買得感の高いLを選ぶだろう。

タント カスタムRSとカスタムXの違い

比較項目カスタム RS
エンジンの違いターボ(最高出力64ps/最大トルク10.2kg・m)
装備の違い革巻ステアリングホイール
本革インパネセンターシフト
15インチアルミホイール+165/55R15タイヤ
価格1,782,000円
比較項目カスタム X
エンジンの違いノンターボ(最高出力52ps/最大トルク6.1kg・m)
装備の違いウレタンステアリングホイール
14インチアルミホイール+155/65R14タイヤ
価格1,699,500円

価格差:カスタムRSの方が82,500円高い

タントの2WD車のカスタムRSとカスタムXの比較です。

最大の違いはエンジンで、カスタムRSがターボ付を搭載するのに対し、カスタムXはノンターボを搭載しています。

装備面でも、カスタムRSは革巻ステアリングホイールや15インチアルミホイールを採用するなど、カスタムXよりワンランク上級です。

ただし乗り心地の面では、ハイトの高い(エアボリュームの大きい)タイヤを履くカスタムXの方がマイルドになっています。

コウさん
コウさん

街乗りメインならノンターボのカスタムXで十分だが、高速や山道を走る機会が多い場合はターボ付のカスタムRSをおススメしたい!コスパを考えても、82,500円の価格差で圧倒的なパワフルさが手に入るのだから、むしろカスタムRSの方がお得感と言える。

タント XとLの違い

比較項目X
装備の違いオート格納式ドアミラー
フロントベンチシート
運転席・助手席アームレスト
運転席ロングスライドシート
助手席リクライニング
TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ

標識認識機能
キーフリーシステム
左側パワースライドドア
スライドドアイージークローザー
タッチ式リクエストスイッチ
オートエアコン
D アシスト切替ステアリングスイッチ
USBソケット
価格1,490,500円
比較項目L
装備の違い手動格納式ドアミラー
フロントセパレートシート
キーレスエントリー
マニュアルエアコン
価格1,331,000円

価格差:Xの方が159,500円高い

タントの2WD車のXとLの比較です。

159,500円高いXは、Xと比べ快適装備が格段に充実しています。

コウさん
コウさん

特にニーズの大きい装備を赤字で示したぞ。以下で解説しよう!

運転席ロングスライドシート

タントのロングスライドシート

daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

インパネまたは運転席シートバックのスイッチを押すと、運転席が最大540mmスライドする装備です。

運転席から直接後席にアクセスできるので、後席に乗せた子供の世話をする際などに大変重宝します。

TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ

タントのマルチインフォメーションディスプレイ

daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

スマートアシストの作動や燃費スコア、タコメーター、時計、エアコンの作動状況といった様々な情報を、4.2インチ高精細画像に表示する装備です。

ドライブ時の利便性が高まる、嬉しい装備と言えるでしょう。

標識認識機能

タントの標識認識機能

daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

約60キロ以下で走行中、ステレオカメラが進入禁止の標識を検知すると、TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイに表示して注意を促す機能です。

進入禁止の標識を見落としてしまい、そのまま進入してしまった経験のある人も多いのではないでしょうか?

思わぬ交通事故やトラブルに発展する可能性もあるので危険ですし、警察官に見つかれば反則切符を切られてしまいます。

しかし、この機能があれば標識を見落とすリスクが減るので、無用なトラブルを回避できるはずです。

キーフリーシステム

タントのキーフリーシステム

daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

電子カードキーをポケットやバッグなどに携帯していれば、フロントドアハンドルのリクエストスイッチにタッチするだけで施錠・開錠ができる装備です。

手が荷物で塞がっている時や子供を抱いている時などは、特に重宝します。

Lに付くキーレスエントリーが、ポケットからいちいちキーを取り出してスイッチを押す必要があるのに対し、利便性の差は明らかです。

左側パワースライドドア

タントのパワースライドドア

daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

タントのパワースライドドアタッチ&ゴーロック機能

daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

Xは左側(助手席側)のスライドドアが、ワンタッチで電動開閉できるパワースライドドアになっています。

それだけも十分便利ですが、更に電気カードキーを携帯してタントに近づくだけでドアが解錠・オープンする「ウェルカムオープン機能」や、ドアが閉まった後の施錠を予約できる「タッチ&ゴーロック機能」も付くなど、至れり尽くせりです。

Lの手動開閉式スライドドアと比較すると、利便性は圧倒的に優れています。

スライドドアイージークローザー

タントのスライドドアイージークローザー

daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

左右のスライドドアを手動で半ドアの位置まで閉めると、後は自動で全閉する機能です。

力の弱い子供やお年寄りの場合は半ドアになりがちですが、その際は閉め直すよう促したり、ドライバー自らが降りて閉め直す必要があります。

この機能があればそんな手間もなくなるので、大変便利です。

コウさん
コウさん

XはLよりも159,500円高いが、装備の充実ぶりを考えると納得できる。買った後の満足度を考えると、多少無理してでもXを選びたい!

アクセル踏み間違い防止機能の付いたタントのグレードは?

タントの安全運転支援システム「次世代スマートアシスト」には、アクセルの踏み間違いを防ぐ「ブレーキ機能付誤発進抑制機能」が付いています。

次世代スマートアシストが標準装備されるタントのグレードは、「L (スマートアシスト非装着車)」を除く全車です。

コウさん
コウさん

ブレーキ機能付誤発進抑制機能の性能について、以下で解説しよう!

ブレーキ機能付誤発進抑制機能とは

安全装備 次世代スマートアシスト ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方) ダイハツ公式
タントの誤発進抑制機能

daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

約10キロ以下で前進または後退時、ステレオカメラやセンサーが障害物を検知している状態でアクセルを踏み込んでしまうと、エンジン出力を抑制すると同時にブザー音と表示でドライバーに注意を促します。

更に衝突の危険性があると判断すると、自動ブレーキを掛ける機能も付くので安心です。

普通車でも後退時には作動しなかったり、エンジン出力の抑制のみで自動ブレーキが付かない車種も多い中、機能性に大きなアドバンテージがあります。

タントの売れ筋人気グレードランキング

タントのグレード選びにあたり、売れ筋の人気グレードや販売比率を参考にしたい人も多いと思います。

ここでは、実際の流通台数を調査してタントの人気グレードをランキングにしてみました。

※売れ筋グレードランキングの根拠は、過去3か月間の中古車オートオークション(USS,TAA,HAA,CAA,JU,アライ,ベイオーク,ミライブ他)での合計取引台数を元にランキングしています。

順位グレード名3年後のリセール
1位カスタム X59.2%
2位カスタム RS60.9%
3位X56.7%
4位カスタム L
5位L51.9%
6位L (スマートアシスト非装着車)
7位X ターボ55.5%

※2019年式モデルを対象に流通台数を調査

タントのカスタム Xが、売れ筋グレードランキングの1位となっています。

2位と4位にもカスタム系グレードがランクインするなど、ノーマル系よりもカスタム系が人気です。

3年後のリセールを見ると、現状ではカスタム RSが1位となっています。

タントのおすすめグレードはコレ

タントXの外観

daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

  • タント X
  • タント カスタム RS

タント Xのおすすめの理由

タントのグレード展開は基本的にノーマル系が4タイプ、カスタム系が3タイプの計7タイプがラインナップされています。

この中からコストパフォーマンス重視の観点でおすすめグレードをあげると、ノーマル系ノンターボ車の最上級グレード「X」です。

ワングレード下のLと比較すると価格はかなりアップしますが、快適装備が圧倒的に充実しているので、コストパフォーマンスではむしろ上回っています。

またカスタム Xと比較した場合も、20万円以上安いのは大きなメリットです。

タント カスタム RS のおすすめの理由

人気とリセールの観点からタントのおすすめをあげるなら、カスタム系の最上級グレード「カスタム RS」です。

売れ筋ランキングではカスタム Xの方が上ですが、リセールが一番良いことや、ターボならではのパワフルな走りがおススメのポイントになります。

コストパフォーマンスの観点で見ても、カスタム Xよりも勝ると言って良いでしょう。

タントおすすめグレードの乗り出し価格は

タントのおすすめグレードの見積シミュレーションです。

値引きや人気オプションを含めたリアリティのある乗り出し価格なので、参考にしてみて下さい。

タント Xの乗り出し価格

グレード名タント X
車両本体価格1,490,500円
メーカーオプション名右側パワースライドドア
メーカーオプション価格55,000円
ディーラーオプション名ナビ
ドライブレコーダー
ETC2.0
サイドバイザー
フロアマット
ディーラーオプション価格258,665円
諸費用41,210円
車両目標値引き▲80,000円
オプション値引き▲50,000円
乗り出し価格1,715,375円

メーカーオプションはリセールが有利になる右側パワースライドドアを選択、ディーラーオプションは人気のドライブレコーダーなどを選び、値引きを入れて乗り出し価格171.5万円となりました。

タント カスタム RSの乗り出し価格

グレード名タント カスタム RS
車両本体価格1,782,000円
メーカーオプション名シャイニングホワイトパール
メーカーオプション価格27,500円
ディーラーオプション名ナビ
ドライブレコーダー
ETC2.0
サイドバイザー
フロアマット
ディーラーオプション価格258,665円
諸費用41,210円
車両目標値引き▲80,000円
オプション値引き▲50,000円
乗り出し価格1,979,375円

メーカーオプションは人気カラーのシャイニングホワイトパールを選択、ディーラーオプションは先ほどと同じものを選び、値引きを入れて乗り出し価格197.9万円となりました。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円の差額・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分ほどの入力で買取店への査定申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう