ムーヴキャンバスの人気グレードを比較!人気のメイクアップやグレードの違いを分析、アクセルの踏み間違い防止機能の付いたおすすめも紹介

ムーヴキャンバスはグレードが多いので、どれを選べばよいか迷っている人も多いと思います。特に、

  • XとLの違いは?
  • メイクアップリミテッドとG SAⅢはどこが違う?
  • 特別仕様車はベースモデルよりお買得?

などが気になるところではないでしょうか。

このページではそんな悩みを解決できるよう、ムーヴキャンバスのグレードごとの装備の違いや価格差が妥当かどうかなどを検証しながら、おすすめグレードを紹介します。

更に主要装備についても詳しく解説すると同時に、ペダルの踏み間違いによる暴走事故を抑制する「踏み間違い防止機能」はどのグレードに付いているのかについても紹介。

また当社中古車販売店ならではの、業者オートオークション取引台数から割り出した、売れているグレードの人気ランキングと、3年後のリアルなリセール予測も紹介しているので、エクストレイルのグレード選びの参考にどうぞ。

ムーヴキャンバスのグレード一覧

グレード名価格(円)WLTCモードカタログ燃費(km/L)
L SAⅢ1,276,00020.6
X SAⅢ1,430,00020.6
X メイクアップリミテッド SAⅢ1,507,00020.6
X ブラックインテリアリミテッド SAⅢ1,507,00020.6
X ホワイトアクセントリミテッド SAⅢ*1,507,00020.6
X ブラックアクセントリミテッド SAⅢ*1,507,00020.6
G SAⅢ1,518,00020.6
G メイクアップリミテッド SAⅢ1,584,00020.6
G ブラックインテリアリミテッド SAⅢ1,584,00020.6
G ホワイトアクセントリミテッド SAⅢ*1,584,00020.6
G ブラックアクセントリミテッド SAⅢ*1,584,00020.6
L SAⅢ 4WD1,402,50019.6
X SAⅢ 4WD1,556,50019.6
X メイクアップリミテッド SAⅢ 4WD1,633,50019.6
X ブラックインテリアリミテッド SAⅢ 4WD1,633,50019.6
X ホワイトアクセントリミテッド SAⅢ 4WD*1,633,50019.6
X ブラックアクセントリミテッド SAⅢ 4WD*1,633,50019.6
G SAⅢ 4WD1,644,50019.6
G メイクアップリミテッド SAⅢ 4WD1,710,50019.6
G ブラックインテリアリミテッド SAⅢ 4WD1,710,50019.6
G ホワイトアクセントリミテッド SAⅢ 4WD*1,710,50019.6
G ブラックアクセントリミテッド SAⅢ 4WD*1,710,50019.6

*特別仕様車

ジュン君
ジュン君

ムーヴキャンバスのグレード一覧を見ても価格が分かるだけで、グレードの違いや装備は分かりませんね。ここから気になる人気グレードの違いを詳しく説明します!

ムーヴキャンバスの売れ筋グレードを比較!グレード間の装備の違いと価格差は妥当か?

ムーヴキャンバスの装備は、ダイハツ発表の公式装備一覧表を基にしています。

ムーヴキャンバス X SAⅢとL SAⅢの違い

比較項目X SAⅢ
装備の違いオート格納式ドアミラー
運転席シートリフター&チルトステアリング
キーフリーシステム&プッシュボタンスタート
両側パワースライドドア&スライドドアイージークローザー
オートエアコン
オートライト
価格1,430,000円
比較項目L SAⅢ
装備の違い電動格納式ドアミラー
キーレスエントリー
マニュアルエアコン
価格1,276,000円

価格差:X SAⅢの方が154,000円高い

ムーヴキャンバスの2WD車のXとLの比較です。

154,000円高いXは、快適装備でLにかなり差を付けます。

コウさん
コウさん

あると特に便利な装備を赤字で示したぞ。以下で紹介しよう!

オート格納式ドアミラー

施錠に連動して、自動でドアミラーを格納する機能を採用。

狭い駐車場では隣の車に迷惑を掛けないよう、ドアミラーをたたむのがマナーですが、うっかりたたみ忘れてしまった経験もあるはずです。

しかしオート格納式ドアミラーが付いていれば、そんな失敗もなくなります。

運転席シートリフター&チルトステアリング

ムーヴキャンバスの運転席シートリフター&チルトステアリング

daihatsu.co.jp/move_canbus

運転席シートリフターは、レバー操作により座面高さを調整できる機能です。

特に小柄なドライバーの場合、シートリフターは必須の装備と言えます。

一方チルトステアリングは、ステアリングの上下位置を調整する機能。

体格 (座高) に合わせてステアリングの位置決めができるので、どんなドライバーでもベストなドライビングポジションが得られます。

この2つは、小柄な人が多い女性には是非とも欲しい装備です。

キーフリーシステム&プッシュボタンスタート

ムーヴキャンバスのキーフリーシステム

daihatsu.co.jp/move_canbus

キーフリーシステムにより、電子カードキーをバッグやポケットに入れておけば、ドアノブにタッチするだけで施錠・解錠が可能。

L SAⅢのキーレスエントリーのように、いちいちキーを取り出してボタン操作する必要がないので、とても便利です。

またプッシュボタンスタートにより、エンジンの始動・停止もボタンひとつできます。

この利便性に慣れてしまったら、もうキーレスエントリーには戻れなくなるでしょう。

さらに、盗難や車上荒らしから車を守るイモビライザー機能も付きます。

両側パワースライドドア&スライドドアイージークローザー

ムーヴキャンバスのパワースライドドア

daihatsu.co.jp/move_canbus

機能紹介ムービー キャンバス パワースライドドア  ダイハツ公式

ドアノブにタッチするだけで電動開閉できるパワースライドドアを、両側に装備します。

手動式スライドドアのように力を使わず、楽に開閉できるのは、特に力の弱いお年寄りや子供にとって大きなメリットです。

また手動でスライドドアを閉めることもできますが、その際ドアを半ドアの位置まで閉めれば、自動で全閉になるスライドドアイージークローザーも装備。

コウさん
コウさん

両側パワースライドドアや、運転席シートリフター&チルトステアリングは絶対付いていた方がいい。154,000円をケチってL SAⅢを選んでしまうと、間違いなく後悔するだろう。

ムーヴキャンバス G SAⅢとX SAⅢの違い

比較項目G SAⅢ
装備の違いフロントドア・スーパーUV&IRカットガラス
バイアングルLEDヘッドランプ
置きラクボックス
スーパークリーンエアフィルター
価格1,518,000円
比較項目X SAⅢ
装備の違いフロントドア・UVカットガラス
マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ
クリーンエアフィルター
価格1,430,000円

価格差:G SAⅢの方が88,000円高い

ムーヴキャンバスの2WD車のGとXの比較です。

Gは88,000円高価ですが、その分ヘッドライトやガラスの性能、収納などが優れています。

コウさん
コウさん

特にニーズの大きい装備を赤字で示したぞ。以下で解説しよう!

フロントドア・スーパーUV&IRカットガラス

ムーヴキャンバスのスーパーUVカット&IRカットガラス

daihatsu.co.jp/move_canbus

フロントドアガラスに、日焼けの原因となる紫外線を約99%遮断するスーパーUVカット機能と、室温上昇の要因となる赤外線を効果的に遮断するIRカット機能を採用。

一方X SAⅢは、紫外線を約90%遮断するUVカット機能しか付きません。

夏場の室内の快適性は、明らかにG SAⅢの方が優れています。

バイアングルLEDヘッドランプ

ムーヴキャンバスのバイアングルLEDヘッドランプ

daihatsu.co.jp/move_canbus

ヘッドランプに、明るくバッテリーの負担も小さいLED光源を採用。

点灯した時のデザイン性にも優れています。

また、荷室に重い荷物を積んだ時に光軸を自動調整するオートレベリング機構も付くので、大変便利です。

さらに、ステアリングを切った方向にヘッドランプを照らすAFSも装備。

ムーヴキャンバスのAFS

daihatsu.co.jp/move_canbus

機能説明 ムーヴ キャンバス AFS機能紹介 ダイハツ公式

夜間走行時、交差点やカーブで歩行者などの発見が早くなり、安全性に大きく貢献します。

置きラクボックス

ムーヴキャンバスの置きラクボックス

daihatsu.co.jp/move_canbus

機能紹介ムービー キャンバス 置きラクレイアウト  ダイハツ公式

後席の座面の下に、スライド式の小物入れを装備。

座面に買い物袋などを置くと、ブレーキ操作時に床にずり落ちてしまうことがあります。

さりとて、フロアに直接買い物袋を置くのも抵抗が・・・。

そんな悩みを解決するのが、置きラクボックスです。

運転席からも手が届くので、使い勝手も申し分ありません。

コウさん
コウさん

88,000円の違いでこれだけ快適装備に差が付くのだから、是非ともGをおススメしたい!Xを選んでしまうと、後で「やっぱりG SAⅢにしておけば良かった」と思うだろう。

ムーヴキャンバス G メイクアップリミテッド SAⅢとG SAⅢの違い

比較項目G メイクアップリミテッド SAⅢ
装備の違いメッキバンパーモール&サイドモール
メッキドアアウターハンドル
LEDフォグランプ
インテリアアクセントカラー
メッキシフトレバーボタン&エアコンレジスターノブ&インナードアハンドル
シートパイピング付専用ファブリックシート
SRSサイドエアバッグ
車速感応式オートパワードアロック
純正ナビ装着用アップグレードパック
2トーンカラードフルホイールキャップ
価格1,584,000円
比較項目G SAⅢ
装備の違いシルバードアアウターハンドル
ファブリックシート
フルホイールキャップ
価格1,518,000円

価格差:G メイクアップリミテッド SAⅢの方が66,000円高い

ムーヴキャンバスの2WD車のG メイクアップリミテッドとGの比較です。

66,000円高いG メイクアップリミテッドは、安全装備や快適装備が充実しているほか、内外装もお洒落になっています。

コウさん
コウさん

付いていると特にメリットの大きい装備を赤字で示したので、以下で解説しよう!

LEDフォグランプ

ムーヴキャンバスのLEDフォグランプ

daihatsu.co.jp/move_canbus

LEDの明るい光で、濃霧や豪雨の際の視界を確保。

ヘッドランプだけ点灯する場合と比べ、より安全に走行できます。

デザイン面でも、LEDフォグランプ無しのG SAⅢより断然引き締まった雰囲気に!

SRSサイドエアバッグ

ムーヴキャンバスのエアバッグ

daihatsu.co.jp/move_canbus

運転席・助手席のSRSデュアルエアバッグに加え、側面衝突から前席の乗員を保護するSRSサイドエアバッグも装備。

交差点などで他の車からボディ側面に衝突されたり、スリップして電柱にボディ側面をぶつけてしまった場合などに、命が助かる可能性が高まります。

いまや、付いているのが当たり前の装備と言えるでしょう。

純正ナビ装着用アップグレードパック

※G SAⅢは58,300円でメーカーセットオプション設定

ディーラーオプションの純正ナビを付けた時に、大変役立つ装備がセットになっています。

アップグレードパックの内容は、以下の4つです。

・ステアリングから手を放さずにオーディオの操作ができるステアリングスイッチ

ムーヴキャンバスのステアリングスイッチ

daihatsu.co.jp/move_canbus

・ルックス面の体裁を整えるオーディオパネル

ムーヴキャンバスのオーディオパネル

daihatsu.co.jp/move_canbus

・高音質で臨場感あふれるサウンドが楽しめる16cmリヤスピーカー&ツィーター

ムーヴキャンバスのスピーカー

daihatsu.co.jp/move_canbus

・TV放送の受信に欠かせないフルセグTVフィルムアンテナ用ハーネス

ムーヴキャンバスのTVフィルムアンテナ用ハーネス

daihatsu.co.jp/move_canbus

コウさん
コウさん

サイドエアバッグの有無は、まさかの時に文字通り死活問題になるぞ。豪華な内外装などに興味がなくても、是非ともメイクアップリミテッドを選ぼう!

ムーヴキャンバス G メイクアップリミテッド SAⅢとG ブラックインテリアリミテッド SAⅢの違い

比較項目G メイクアップリミテッド SAⅢ
装備の違いシートパイピング付専用フルファブリックシート
ウレタンステアリングホイール
インテリアアクセントカラー
クリアベージュ・センタークラスター
価格1,507,000円
比較項目G ブラックインテリアリミテッド SAⅢ
装備の違い専用ブラックファブリックシート
革巻ステアリングホイール
ブラックインテリアパック
プレミアムシャインブラック・センタークラスター
Dアシスト切替ステアリングスイッチ
価格1,507,000円

価格差:0円

ムーヴキャンバスの2WD車のG メイクアップリミテッドとG ブラックインテリアリミテッドの比較です。

価格差はありませんが、内装の仕様が異なります。

またブラックインテリアリミテッドには、ボタンひとつでパワフルな走りを実現するDアシスト切替ステアリングスイッチを装備。

コウさん
コウさん

両グレードの内装の違いを、以下で紹介しよう!

G メイクアップリミテッド SAⅢの内装

ムーヴキャンバスのファインミント内装

daihatsu.co.jp/move_canbus

ムーヴキャンバスのミストピンク内装

daihatsu.co.jp/move_canbus

ムーヴキャンバスのマイルドモカ内装

daihatsu.co.jp/move_canbus

ファインミント、ミストピンク、マイルドモカの3色を設定。

色が異なる部分は、助手席インパネトレイ&カップホルダー、オーディオパネル、ドアアームレストです。

いずれの色を選んでも、ステアリングホイール、センタークラスター、ドア内張、シート表皮はアイボリーになります。

ステアリングホイールはウレタン製です。

全体的に、明るくアットホームな雰囲気が感じられます。

G ブラックインテリアリミテッド SAⅢの内装

ムーヴキャンバスのブラック内装

daihatsu.co.jp/move_canbus

こちらのカラーバリエーションは1色のみ。

ステアリングホイール、センタークラスター、ドア内張、シート表皮はブラックで、ステアリングホイールは上質で手触りの良い革巻です。

ある意味でムーヴキャンバスらしからぬ、精悍な雰囲気が持ち味になっています。

コウさん
コウさん

コストパフォーマンスは同等なので、どちらを選ぶかはお好み次第。個人的には、ほのぼのとしたムーヴキャンバスの外観にふさわしいメイクアップリミテッドを選びたい。

ムーヴキャンバス 特別仕様車ブラックアクセントリミテッドとは?

項目ブラックアクセントリミテッド
特別装備ブラックバンパーモール
ブラックサイドモール
ブラックドアアウターハンドル
ブラックフロントグリル
ブラックドアミラー
ブラックピンストライプ
ブラックリング付LEDフォグランプ
シルバー×ブラックフルホイールキャップ
価格X ブラックアクセントリミテッド SAⅢ:1,507,000円
G ブラックアクセントリミテッド SAⅢ:1,584,000円

価格はメイクアップリミテッド、ブラックインテリアリミテッドと同じ

ムーヴキャンバスのブラックインテリアリミテッドの特別装備の解説です。

特徴は外装の随所にブラックがあしらわれることで、このグレードだけの特別な機能はありません。

コウさん
コウさん

ブラックアクセントリミテッドの外装を紹介しよう!

ブラックアクセントリミテッドの外装

ムーヴキャンバスのブラックアクセントリミテッド

daihatsu.co.jp/move_canbus

フロントグリルやモール類、ドアミラーなど至る所に使われるブラックがアクセントになり、可愛さの中にも精悍さが感じられます。

ムーヴキャンバスの女性的なイメージが薄れるので、特に男性ユーザーに好まれるかもしれません。

コウさん
コウさん

外観の色使いが異なるだけなので、特にお買得というわけでもない。でも、個人的にこの雰囲気は嫌いじゃないぞ。

ムーヴキャンバス 特別仕様車ホワイトアクセントリミテッドとは?

項目ホワイトアクセントリミテッド
特別装備パールホワイトバンパーモール
パールホワイトサイドモール
パールホワイトドアアウターハンドル
パールホワイトフロントグリル
パールホワイトドアミラー
パールホワイトピンストライプ
パールホワイトリング付LEDフォグランプ
シルバー×パールホワイトフルホイールキャップ
価格X ホワイトアクセントリミテッド SAⅢ:1,507,000円
G ホワイトアクセントリミテッド SAⅢ:1,584,000円

価格はメイクアップリミテッド、ブラックインテリアリミテッドと同じ

ムーヴキャンバスのホワイトインテリアリミテッドの特別装備の解説です。

ブラックアクセントリミテッドとの違いは、外装の随所にブラックではなくパールホワイトがあしらわれる点にあります。

コウさん
コウさん

ホワイトアクセントリミテッドの外装を紹介しよう!

ホワイトアクセントリミテッドの外装

 

ムーヴキャンバスのホワイトアクセントリミテッド

daihatsu.co.jp/move_canbus

フロントグリルやホイールキャップなど、随所にパールホワイトのアクセントが入るので、ブラックアクセントリミテッドとは対照的にファンシーな雰囲気を醸します。

ムーヴキャンバスならではの可愛さが強調されるので、女性ユーザーに好まれそうです。

コウさん
コウさん

ファンシー系の外観になるので、男子の自分にはちょっと抵抗があるかも・・・。でも、この雰囲気が好きな人も多いと思う。

アクセル踏み間違い防止機能の付いたムーヴキャンバスのグレードは?

ムーヴキャンバスは、全車に「誤発進抑制制御機能(前方・後方)」と呼ばれるアクセル踏み間違い防止機能の一種が標準装備されます。

コウさん
コウさん

誤発進抑制制御機能はどのようなものか、以下で解説しよう!

誤発進抑制制御機能(前方・後方)

ムーヴキャンバスの前方誤発進抑制制御機能

daihatsu.co.jp/move_canbus

ムーヴキャンバスの後方誤発進抑制制御機能

daihatsu.co.jp/move_canbus

機能紹介ムービー ムーヴキャンバス SAIII_誤発進抑制制御 ダイハツ公式

前方4m以内、後方2~3m以内に障害物がある状況でアクセルを強く踏み込んでしまった場合、エンジン出力を抑制して急発進を防ぎます。

障害物の検知は、前方はステレオカメラ、後方はソナーセンサーを使用。

ムーヴキャンバスの売れ筋人気グレードランキング

ムーヴキャンバスのグレード選びにあたり、売れ筋の人気グレードを参考にしたい人も多いはず。

ここでは、実際の流通台数を調査してムーヴキャンバスの人気グレードをランキングにしてみました。

※売れ筋グレードランキングの根拠は、過去3か月間の中古車オートオークション(USS,TAA,HAA,CAA,JU,アライ,ベイオーク,ミライブ他)での合計取引台数を元にランキングしています。

順位グレード名台数3年後のリセールバリュー
1位G メイクアップリミテッド SAⅢ57482.2%
2位X メイクアップリミテッド SAⅢ35476.3%
3位G ブラックインテリアリミテッド SAⅢ103
4位X SAⅢ9774.2%
5位X ブラックインテリアリミテッド SAⅢ53
6位L SAⅢ5065.4%
7位G ブラックアクセントリミテッド SAⅢ43
8位G SAⅢ2880.5%
9位G ホワイトアクセントリミテッド SAⅢ25
10位X ホワイトアクセントリミテッド SAⅢ23
11位X ブラックアクセントリミテッド SAⅢ17

※2016年式~2020年式モデルを対象に流通台数を調査

ムーヴキャンバス G メイクアップリミテッド SAⅢの流通台数が最も多く、売れ筋のグレードランキング1位となっています。

リセールに関しても現状では売れ筋ランキング同様、G メイクアップ リミテッド SAⅢがもっとも高額です。

ムーヴキャンバスのおすすめグレードはコレ

ムーヴキャンバスのXブラックインテリアリミテッド

daihatsu.co.jp/move_canbus

  • ムーヴキャンバス X ブラックインテリアリミテッド SAⅢ
  • ムーヴキャンバス G メイクアップリミテッド SAⅢ

ムーヴキャンバス X ブラックインテリアリミテッド SAⅢおすすめの理由

ムーヴキャンバスのグレード展開は、基本的にカタログモデル7タイプ、特別仕様車4タイプの計11タイプがラインナップされています。

この中からコストパフォーマンス重視でおすすめをあげるなら、「X ブラックインテリアリミテッド SAⅢ」です。

ベースモデルのX SAⅢより77,000円高価ですが、サイドエアバッグやフォグランプ、気の利いた内外装が付くなど、価格差以上の魅力があります。

また上級のG ブラックインテリアリミテッド SAⅢと比べると、LEDヘッドランプやスーパーUV&IRカットガラスが付かないなど物足りなさもありますが、77,000円安いことを考えれば納得。

総合的なコストパフォーマンスは、ムーヴキャンバスで一番高いと言えるでしょう。

ムーヴキャンバス G メイクアップリミテッド SAⅢおすすめの理由

人気の面でムーヴキャンバスのおすすめグレードをあげるなら、売れ筋ランキングナンバーワンの「G メイクアップリミテッド SAⅢ」で決まりでしょう。

一番多くの人が選んでいる安心感に加え、リセールが高いので売却時の損失が少ないのもメリット。

また装備も非常に充実しているので、買った後の満足度も申し分ありません。

ダイハツ ムーヴキャンバス おすすめグレードの乗り出し価格は

ムーヴキャンバスのおすすめグレードの見積シミュレーションです。

値引きや人気オプションを含めたリアリティのある乗り出し価格なので、参考にしてみて下さい。

ムーヴキャンバス X ブラックインテリアリミテッド SAⅢ乗り出し価格

グレード名ムーヴキャンバス X ブラックインテリアリミテッド SAⅢ
車両本体価格1,507,000円
メーカーオプション名2トーンカラー
メーカーオプション価格66,000円
ディーラーオプション名安心ドラレコプランA (エントリーナビ+ドライブレコーダー)
ETC
ワイドバイザー
カーペットマット
ディーラーオプション価格222,530円
諸費用39,310円
車両目標値引き▲160,000円
オプション値引き▲44,000円
乗り出し価格1,630,840円

メーカーオプションは人気色の2トーンカラーを選択、ディーラーオプションはナビとドライブレコーダーのセット等を選び、値引きを入れて乗り出し価格163万円となりました。

ムーヴキャンバス G メイクアップリミテッド SAⅢ乗り出し価格

グレード名ムーヴキャンバス G メイクアップリミテッド SAⅢ
車両本体価格1,584,000円
メーカーオプション名2トーンカラー
ウォームパック
メーカーオプション価格93,500円
ディーラーオプション名安心ドラレコプランA (スタンダードナビ+ドライブレコーダー)
ETC
ワイドバイザー
カーペットマット
ディーラーオプション価格257,994円
諸費用39,310円
車両目標値引き▲160,000円
オプション値引き▲50,000円
乗り出し価格1,764,804円

メーカーオプションは冬場のドライブを快適にするウォームパックを追加、ディーラーオプションは安心ドラレコプランのナビをグレードアップし、値引きを入れて乗り出し価格176.4万円となりました。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円の差額・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、ナビクル車査定です。

1分ほどの入力で買取店への査定申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう