タントの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

タントの限界値引きとリセールバリューの高いグレードを紹介

タントから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、業者間オークションの相場から算出したリセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、タントの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、タント購入の参考にしてみてください。

この記事の目次

タント取り扱いディーラー

ダイハツ店

タント月販目標台数:12000台

新型タント今月の目標値引き相場

タント値引き難度:緩い~普通
車両本体値引き:17万円
オプション値引き:20~30%値引き
オプションからの値引きを含んだ限界値引き:20~25万円

現行型タントは、2013年デビューなのでフルモデルチェンジが近いモデル末期の車種です。

そのため値引きは緩くなっており、ライバル車のホンダN-BOXやスズキのスペーシアを競合に出せば、セールスマンも「値引きで対抗するしかない」となる事が多いです。

ライバル車との競合に加えて、別経営のダイハツディーラーとのタント同士の競合、サブディーラーとの競合などを交えて、タントの限界値引きを目指しましょう。

新型タントの限界値引き交渉術!

値引きの神様にお願い

では、実際にどのようにしてタントの値引き限界金額まで引き出すか、商談のポイントを紹介します。

値引き交渉のポイントは主に2つあります。

・ライバル車と競合
・購入の時期

この2つのポイントを中心に、タントの値引き交渉術を習得しましょう!

商談中のポイント・ライバル車との競合

NBOXとの競合

まずは競合すると一番値引きを引き出しやすい、最大のライバルであるNBOXをネタに競合をさせてみましょう。

実際にNBOXの見積もりを貰って、見積もり内容を理解したら交渉を始めます。

ダイハツ:「この条件で是非タントの購入をお願いしたいのですが、他になにか気になる点はございますか?」

ポイントその1:「今ね、正直NBOXと悩んでて、タントの値引きも頑張ってくれてるのは分かるんだけど、どうしてもNBOXの方に気持ちが向いているんですよ。

新型で、室内も広いし周りからも強く勧められてね。タントの方がもう少し安く出来るなら、気持ちを固める事が出来るんだけどね」

ここでのポイント

NBOXが第一候補である事を前提にタントには金額で勝負して欲しい事を交渉してみましょう。

やはりライバル車が出てきたか…とダイハツ側も値引き額を寄せてくる可能性が高いので、まずはここでタントの値引きを上げて貰えるかどうかが鍵になります。

ダイハツ:「NBOXも良い車ですからね〜。ちなみにお客様としては、この値引きなら決めてもいいと言う金額は御座いますか?」

ポイントその2:「そうだね。この値引きでも納得したいけど、○○万円まで値引きをしてくれたら決めますよ。うちの妻はどうしてもNBOXに乗りたいみたいだから、この条件なら納得させる事が出来るからね!」

ここでのポイント

自分の中で目標値引きがあるので、迷わずにその金額を伝えましょう。

ダイハツ側としては、これ以上NBOXに販売台数で差をつけられたくないので、利益が少なくなってもNBOXに勝ちたい気持ちは他のメーカーよりも強い傾向があります。

希望額をしっかりと伝えると値引きは大幅に上がる事が期待出来ますね。

☆NBOXを最大利用!

「NBOXよりも安ければ…」「NBOXに乗りたいけど、この値引きが出ればタントでも…」とNBOXを引き合いに出す事で、交渉も良い方向に持っていける可能性が高いですよ!

購入時期について

新車を購入するにあたって、値引きが多い時期と少ない時期が存在します。

値引きの多い時期にタントを購入するタイミングなら、交渉も楽になり、限界値引きが狙いやすくなります。

タント購入の狙い月

・初売り
・決算
・夏のボーナス

というように必ずディーラーではイベントが開催される月がありますが、当然この月は狙い目です。

しかし、そのイベント月でなくても値引きを引き出しやすい時期があります。

それは…「イベント月の1ヶ月前」です。

基本的にディーラーは、現在ディーラー在庫又はメーカー在庫にある車を特別価格(値引き)で用意できますが、大体イベント月の1ヶ月前には内容が決まっています。

イベント月ではなくても、1ヶ月前から同条件で購入出来るような交渉術を使いましょう!

購入時期で値引きを引き出すポイント!

ダイハツ:「今ならこのくらいお安くなりますので、買い時ですよ?」

最大ポイント:「本当に?来月って初売りですよね?初売りの方がお得に購入出来ると思うし、今そんなに急いでないから、初売りまで待ってもいいんだけど、もし初売りと同条件になるなら今月に契約しても良いですよ!」

☆ここでのポイント

購入を急いでいないように見せて、初売りの値引きを要求する事で、在庫車があれば初売りと同条件で購入出来る可能性があります。

初売り以外にも2、3月の年度末決算期、9月の中間決算期、ボーナス時期、などで平均値引きを上回る限界値引きが期待出来るので、今一つタントの値引きを引き出せない時は、購入時期を調整して値引き交渉してみる事をオススメします。

コウさん
コウさん

タントの値引きポイント

モデル末期とは言え、ダイハツの売れ筋モデルなので、値引きのガードは意外にも固い。しかし、NBOXやスペーシアとの競合を丹念に進めて交渉すれば、攻略可能だ。現状ではオプション値引きを含めて20万~25万円の値引き実例が出ているぞ。

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずタントの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

カーナビ

ダイハツ純正ナビ カロッツェリア 社外ナビ
本体 NSZN-X68D 楽ナビ AVIC-RL902
画面大きさ 8インチ 8インチ
価格 152,280円 117,719円
(Amazon)
バックカメラ 24,840円
(純正ナビ装着用アップグレードパック)
13,035円
(Amazon)
ナビ工賃 18,480円 29,800円
(Amazon)
合計額 195,600円 161,635円
純正との価格差 -33,965円
ETC最安 17,280円 5,600円
(Amazon)
ETC2.0 45,036円 13,980円
(Amazon)
パナソニック ナビ

タントの純正ナビには、ワイドな8インチ高精細ディスプレイでお値打ち価格なスタンダードメモリーナビを選択しました。

バックカメラはステアリングスイッチやリヤスピーカーも一緒についてくる純正ナビ装着用アップグレードパック(メーカーオプション)を選んでいます。

それに対して、社外ナビには人気のカロッツェリア楽ナビを選択、純正に負けないワイドな8インチ液晶画面なのに、バックカメラや工賃込みでも純正より割安となりました。

ETCの最安機やETC2.0も、Amazonで購入できる社外品の方が、純正よりも割安となっています。

社外品でもAmazonで購入したものについては、同じくAmazonで工賃チケットを購入すれば近くのカーショップ等で取りつけてもらえるので安心です。

タントの新車購入時であれば、社外品を持ち込んで取りつけてもらうのが一番手っ取り早くすみます。

その時、タント本体の値引き交渉と同時に取りつけ工賃も値引きしてもらえれば、手間も省けてよりお得になりますね。

フロアマット

タント純正フロアマット

  • フロアマット(グレー、ベージュ) 16,913円
  • フロアマット(高機能タイプ・グレー、ダークベージュ) 25,553円
  • フロアマット(くまのプーさん) 22,313円
  • フロアマット(ディズニー・ホワイト、ピンク、ブラック) 25,553円

社外品タント用フロアマット


・純正品との差額 0.8万~1.6万円以上

タントの純正フロアマットはオーソドックスなタイプに加えてディズニーやプーさんといった楽しいデザインもあるので人気ですが、選べる楽しみであれば、社外品だって負けていません。

豊富なカラーやデザインのバリエーションが用意されている社外品フロアマットは0.8万~1.6万円以上も安いので、コスパが高くおすすめです。

また、最初から安い社外品を購入しておけばその差額分は交渉せずに値引きして貰ったのと同じことになるので、タントの支払総額が下がる上に、浮いたお金で別にオプションを装着してもいいですね。

それと、フロアマットはお手軽に装着できるため工賃を節約できるメリットもあります。

ドアバイザー

タント純正ドアバイザー

  • ワイドバイザー(ステンレスモール付き) 25,186円
  • ワイドバイザー(チェッカー) 23,026円
  • ワイドバイザー(ディズニー) 23,026円
  • ワイドバイザー 18,706円

社外品タント用ドアバイザー


・純正品との差額1.2万~1.9万円以上

タントの純正ドアバイザーはチェッカーやディズニー柄など、いろいろ選べて楽しいですが、よりコスパを高めたいなら、専用設計&スモーク仕様の社外品ドアバイザーもおすすめです。

純正品と比べて1.2万~1.9万円以上も安くなっているため、浮いた分で他のオプションを購入しても、満足感が高まりますね。

ちなみに、ドアバイザーの取りつけはちょっとコツがいるので、説明書や紹介動画などを見ても不安だと感じたら無理せずに、ディーラー等のプロにお願いした方がいいでしょう。

もちろん、新車購入時ならディーラーに持ち込んで工賃サービスや値引きを交渉、みごと成功すればそれだけタントの支払総額を下げることができます。

ドライブレコーダー

タント純正ドライブレコーダー

  • 純正ドライブレコーダー 34,128円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額2.8万円以上

昨今、あおり運転などのトラブル予防や車上荒らし対策などに効果を発揮、その人気が高まっているドライブレコーダーですが、ダイハツ純正品とAmazonで販売されている社外品では、社外品の方がずいぶんと割安になっています。

社外品のドライブレコーダーを購入すれば、純正品との差額ぶんだけ値引きしてもらったのと同じ効果がありますし、新車購入時にディーラーへ持ち込めば、それだけタントの支払総額を下げられます。

タントの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール なし

新型タントの納期は?

タントの納期1ヵ月~2ヵ月

タントの納期は、ディーラー在庫やメーカーへの見込み発注分が希望の仕様に合えば、1ヵ月前後で納車可能です。

新たにメーカーへ発注すると、1ヵ月~2ヵ月の納期となっています。

タントの価格と各グレードのリセールバリューは?

価格と各グレードのリセールバリューは?

3年後、どのグレードがより高く売れるのか?3年落ちタントのリセールバリューを、グレードごとに調査しました。

※3年落ち走行3万キロ前後、修復歴なし、色白黒、年式なりの車両状態のデータです

タントのグレード名 3年後の買取相場 新車価格(円) リセールバリュー
660 L 69万円 1,220,400 56.5%
660 L “SA III” 71万円 1,285,200 55.2%
660 L “リミテッド SA III”* –万円 1,285,200 %
660 X 70万円 1,355,400 51.6%
660 X “SA III” 81万円 1,420,200 57.0%
660 X “リミテッド SA III”* –万円 1,485,000 %
660 X “ホワイトアクセントSA III” –万円 1,485,000 %
660 G “SA III” 86万円 1,533,600 56.0%
660 X ターボ “SA III” 83万円 1,501,200 55.2%
660 L 4WD –万円 1,344,600 %
660 L “SA III” 4WD 86万円 1,409,400 61.0%
660 L “リミテッド SA III” 4WD* –万円 1,414,800 %
660 X 4WD –万円 1,479,600 %
660 X “SA III” 4WD 96万円 1,544,400 62.1%
660 X “リミテッド SA III” 4WD* –万円 1,609,200 %
660 X “ホワイトアクセントSA III” 4WD –万円 1,609,200 %
660 G “SA III” 4WD –万円 1,657,800 %
660 X ターボ “SA III” 4WD 110万円 1,625,400 67.6%
カスタム X –万円 1,528,200 %
カスタム X “SA III” 103万円 1,593,000 64.6%
カスタム X “トップエディション SA III” 105万円 1,652,400 63.5%
カスタム X “トップエディションリミテッド SA III”* –万円 1,684,800 %
カスタム RS “SA III” 113万円 1,706,400 66.2%
カスタム RS “トップエディション SA III” 114万円 1,749,600 65.1%
カスタム RS “トップエディションリミテッド SA III”* –万円 1,749,600 %
カスタム X 4WD –万円 1,652,400 %
カスタム X “SA III” 4WD 112万円 1,717,200 65.2%
カスタム X “トップエディション SA III” 4WD 120万円 1,776,600 67.5%
カスタム X “トップエディションリミテッド SA III” 4WD* –万円 1,809,000 %
カスタム RS “SA III” 4WD 131万円 1,830,600 71.5%
カスタム RS “トップエディション SA III” 4WD 120万円 1,873,800 64.0%
カスタム RS “トップエディションリミテッド SA III” 4WD* –万円 1,873,800 %

*特別仕様車

3年落ちタントのリセールバリューの傾向は、まずタント標準車とタントカスタムでは、タントカスタムの方がリセールが高くなっています。

2WDと4WDの比較では、標準車では4WDの方が高リセール、カスタムではどちらも同程度のリセールバリューとなっています。

タントの人気グレードとリセールバリューから見たおすすめのグレードは?

タントの売れ筋人気グレードは「カスタム RSトップエディションSAⅢ」の流通台数が最も多く、売れ筋の人気グレードとなっています。

次いで、「カスタムXトップエディション」>「標準Lグレード」と売れ筋のグレードが続いています。

リセールバリューから見たおすすめグレードは【カスタム RSトップエディションSAⅢ】

リセールバリューから見たタントのおすすめグレードは、売れ筋でもある「カスタム RSトップエディションSAⅢ」です。

標準系とカスタムを比べると、明らかにカスタムの方がリセールが良く、年数が経っても標準系よりもカスタムの方が価値が残りやすくなります。

カスタムの中なら、基本どのグレードを選んでも損は無いですが、予算があれば装備が充実しているカスタム RSトップエディションがおすすめとなります。

初期費用を抑えたいなら、「L SAⅢ」や「カスタム X SAⅢ」がおすすめです。

リセールバリューから見たタントのおすすめカラーは?

標準系なら、基本はどの色を選んでもリセールに大きな差はありません。

カスタムでは「パールホワイトⅢ」「ブラックマイカメタリック」「ナイトシャドーパープルクリスタルメタリック」の3色のリセールが高いです。

他色と比べて10~20万円ほど高く売れるでしょう。

リセールバリューから見たタントのおすすめオプションは?

  • 両側パワースライドドア

両側とも電動で開閉できるスライドドアはプラス査定が大きいです。

メーカーオプションで付けられるグレードなら、予算に余裕があれば両側にしておくと売却時にプラス査定となります。

  • 大画面ナビ

オークション相場を見ていると、8インチ以上の大画面ナビが付いた車両の相場が高かったです。

オプション代金の元までは取れませんが、予算に余裕があるなら使い勝手も考慮して付けてもいいでしょう。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

タントは機械式の立体駐車場に入る?

ダイハツ タントの車体寸法は以下の通りです。

全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,750mm

ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550~1,600mmとなっています。(横幅は1,850mm)

タントの全高は1,750mmなので、機械式の立体駐車場には停められません

ハイルーフ対応の機械式駐車場には問題なく停められます。

タントの実燃費は?

タント/タントカスタムの実燃費

カタログ燃費:28.0km/L

渋滞・街中の実燃費 10-12㎞/L
スムーズな一般道・幹線道路の実燃費 16-18㎞/L
高速道路の実燃費 18-20㎞/L
タントの平均実燃費 15-16㎞/L

タントの実燃費は気温に大きく影響を受け、一般に気温が低いほど実燃費が悪くなります(エンジン暖機に燃料を消費するため)。

逆に、夏はエアコンを使うため電力=燃料消費が激しく、冬に次いで実燃費が悪化します。

よって、タントの実燃費と気温の関係は、およそこうなります。

【実燃費悪い: 冬 < 夏 < 秋 < 春 :良い

タントの最新モデルチェンジ

・2018年8月20日 ダイハツ「タント」に特別仕様車を設定

ダイハツ タント

タントに特別仕様車「L“リミテッド SAⅢ”」と「カスタム RS“トップエディションリミテッド SAⅢ”」を設定。

パノラマモニター対応カメラを標準装備しながら、お買い得感のある価格を実現しました。

タントのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

2019年中 フルモデルチェンジ

モデルチェンジ推移

2018年8月20日特別仕様車「L“リミテッド SAⅢ”」「カスタム RS“トップエディションリミテッド SAⅢ”」
2017年12月18日一部改良、特別仕様車「X“リミテッド SAⅢ”」「カスタム X“トップエディションリミテッド SAⅢ”」
2016年11月30日一部改良
2015年12月14日マイナーチェンジ
2015年4月27日一部改良
2014年10月1日特別仕様車「トップエディションSA」
2014年5月8日特別仕様車「スマートセレクション」
2013年12月12日ターボグレード追加
2013年10月3日フルモデルチェンジ
2012年9月10日一部改良
2012年5月21日一部改良
2011年11月29日一部改良
2011年6月6日一部改良
2010年9月24日マイナーチェンジ
2009年12月25日一部改良
2009年9月1日特別仕様車「タント X Limited“セレクション”」「タント X“4WD セレクション”」
2008年12月17日特別仕様車「タント ワンダフルセレクション」「タント カスタム Vセレクション」「タント カスタム Vセレクション ターボ」
2007年12月17日タントフルモデルチェンジ
2006年11月13日特別仕様車 グレード追加
2006年9月11日特別仕様車
2005年12月26日特別仕様車
2005年6月30日タントカスタム発売一部改良
2004年6月1日特別仕様車
2003年11月27日デビュー

 

コウさん
コウさん

タントの値引きポイント

タントは今後改良やモデルチェンジが行われるが、そのタイミングで古くなる現行モデルの値引きが拡大するんだ。新しいモデルに拘りが無ければ、現行モデルを限界値引きで購入出来るチャンスだぞ。

値引きに効くタントの競合車は?

NBOX

ホンダNBOX

背高軽ワゴンの中でも、タントの一番のライバルになり得るのがホンダのNBOX。

需要が非常に多く、ユーザーからも安定した高い評価を受けています。

又、「助手席スーパースライドシート」など使い勝手も良いので、使い勝手や値引き後の総支払額などを比較して、タントから値引きを引き出しましょう。

NBOXの限界値引きはこちら

スペーシア

スズキスペーシア

最初は販売台数が伸び悩んでいたスペーシアですが、新型にフルモデルチェンジされ、タントより売れている月があるほどです。

「ヘッドアップディスプレイ」など新しい装備も注目され、モデルの古いタントにとっても脅威なライバル車になります。

また、値引きの幅もあるので競合させるには最適な車種ですね。

スペーシアの限界値引きはこちら

eKスペース/デイズルークス

三菱ekスペース

ハイトール軽ワゴンの中では、ライバル車に比べると燃費等少しだけ劣っている部分もありますが、その分タントよりも値引きが緩く、値引き額や値引き後の総支払額をタントにぶつけて、値引き交渉を進めましょう。

eKスペース/デイズルークスの限界値引きはこちら

新型タントを残価設定ローンで購入すると?

ダイハツ タントを残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

グレード名 タントカスタム X トップエディション SAⅢ
車両本体価格 1,684,800円
車両本体値引き ▲140,000円
メーカーオプション価格 27,000円
ディーラーオプション価格 179,518円
ディーラーオプション値引き ▲35,000円
諸費用 56,110円
支払総額 1,772,428円
頭金 0円
ローン元金 1,772,428円
支払回数 37回払い
(3年)
61回払い
(5年)
金利 3.90% 3.90%
毎月支払額 30,967円×36回 24,784円×60回
最終回(残価) 842,400円×1回
(50.0%)
539,136円×1回
(32.0%)
金利を含む支払総額 1,926,245円 2,001,392円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。また、販売店の金利によっても支払額は変わるので、上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

コウさん
コウさん

タントの値引きポイント

残価設定ローンで購入すると、ディーラーは数年後の買い替え需要まで期待できるので、タントの値引きが甘くなるんだ。残クレでタントを購入するなら、限界まで値引きを引き出して金利分を回収しよう!

残クレ終了後はディーラーへ返却する前に買取店で査定してもらおう

残クレ終了時は、ディーラーへ車を返却するのが当然と言ったイメージがありますが、そうではありません。

ディーラーの残価よりも高く売れる所があれば、そこへ売って構わないのです。

おすすめは、買取店の無料査定サイト「かんたん車査定ガイド」です。

申し込み後の概算相場で、ディーラーの残価と簡単に比較できますし、無料で複数の買取店へ一括査定を依頼できます。

複数の買取店が査定額を競い合う事で、高値での売却が可能です。

かんたんに45秒で申し込みが可能、その後すぐに概算相場が表示されます。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!弊社で買取る事はしないので、だからこそ本当の相場をお伝えします 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら ...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
ガラスコーティング・ポリマー加工・車磨きなら横浜エリア・平塚の早野ぴっかり工房へ